« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

ディスクリートなのか!?

0331_2  ちょっと仕事に行き詰まってしまい、10:00から昼飯ぐらいの間は現実逃避(笑)。と言っても内容は仕事と良く似た作業。
 例の CCPのパジェロに電子コンパスを搭載するため、制御基板が見えるまで分解して大まかに解析してみた。
 開けてみて驚いたのはディスクリート構成 だったこと。そう言えば100円ショップのラジオもディスクリートだったりして、こっちの方が安いんだろうか?
 雰囲気的に右上の部分が高周波回路 らしい。左側の板状の部品が唯一の集積回路。良くある塗料を1滴落としたような感じのICが乗っかっている。これは高周波回路から出た生の信号をデコード して、モータドライブ回路に送っていると想像。
 下の方にずらっと並んだトランジスタがドライブ回路。PNPとNPNを使ったHブリッジに成って いる。駆動モータと旋回モータでトランジスタのIcが変えてあったりして芸が細かい。駆動側の上側PNPは別の小信号用NPNで駆動されているけど、旋回 用の上側PNPは下側NPNのコレクタ電位を使って駆動してあった。昔こんなやり方で作ったことが有ったけど、ノイズでうまく動かなかった記憶が有る。あ とで良く見てみよう。
03311  送信機のアンテナに線材を5回ほど巻き付け、1N60?と書いた袋から出したダイオードで検波した信号。
 右、左、前、後、でそれぞれ太いパル スと細いパルスの位置関係とか間隔が違う。私の頭ではパッと見ただけで法則が解らなかった。
 上の方のギザギザはデジタルなので嘘の波形が出てい る。横軸を伸ばしたら綺麗な27MHz帯の信号が出ていた。変調は送信のオンオフだけなのでCWと言うのだろうか?
03312  これは高周波部からデコード基板に入るところの信号。送信機のアンテナ部分の信号と良く似ている。当然だけど。
 同調用のコイルとコンデンサ、あとはトランジスタが3個くらいしか見えないのに、ちゃんとこんな波形が出てくる。
 どんな回路なのだろう?トランス類は見あたらないのでスーパーじゃ無い?、もしかして超再生とか?
03313  これはデコード基板から旋回用Hブリッジの片側に行く信号。デコード基板からは右、左、前、後、の4種類の信号が出ていて、それぞれがこんな感じで97%くらいのデューティー比というか、ほぼオンの命令。
 このパジェロはプロポじゃ無いので常時オンでも良いのだけど、若干でもオフがあるのが良く解らん。
 もしかしたらデコード基板自体はPWMでコントロールする機能が有るのかもしれない。それとも送信パルスを弄ればデューティー比が変わるだろうか?
 だとしても旋回側はフィードバックが無いから、まともに考えたら無理そうな感じ。。。

 などと、午前中に2時間もサボってしまったので(笑)、夕方になって時間が無くなって暗くなった作業場で半田付作業をしていた。仕事の神様とトレーニングの神様御免なさい。
 でも、午前中の2時間はいつか仕事の役に立つと信じてます。。。?

| | コメント (0)

2010年3月30日 (火)

これくらいなら合間に出来た

0330 作業予定として昨日のブログに書いていたヤツを作った。まだまだ不慣れだけどこの程度なら仕事の合間に出来る。
 北を0として時計回りに北東が1、東が2、南東が3、と1周を3bitで出力するユニット。写真は南と東のLEDが点灯していて、出力データには3が出ている所。
 中の磁石は液体に浮いているらしいけど、カーショップのヤツよりも小さいので揺れが激しいみたい。生の出力を変換しただけではチラチラして五月蠅い。
 チャタリングを消すようなイメージで、間を置いて2回読み、さらにデータ出力後も少しの間は休んで新たな入力を控える様にした。これで人が持って動き回った感じではOK?と言う感じにまとまった。
 取りあえずこれをパジェロに載せて、「北に20m進め」「南に20m進め」とかの命令をプログラムして動く様にしてみる予定。プログラマブルな指南車。

 何となく身体が重い。何もせずに食べ過ぎているだけかもしれないけど、日曜日の疲れが抜けきって居ないのかもしれない。両方を頭に置いて軽めのジョグにした。
 まだまだ肌寒さを感じたので、ウインドブレーカに軍手で出掛けた。ちょっと暑い気もしたけどペースが遅かったので丁度よかった。
 小学6年生あたりが10名くらい自転車で走っていた。新しい自転車も多いので4月から中学生に成る奴らだろう。「宿題無いとか?」と聞いたら「有りま~す!」と答えが返ってきた。
 なんか楽しそうでいいな。

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

分解能45度の方位センサ

0329 昼休みに例のパジェロを初めて走らせた。銘柄は違うけど単三電池が6本と、使用期限の切れた006Pが出てきたので。
 意外と速いなあ・・・、でも止まらん・・・、ステアリングはプロポじゃ無いんかい・・・、砂利に乗り上げたら一瞬で方向変わるわ・・・、ホイールベース短すぎちゃうんか・・・、とか思いながら。
 現在位置と目的地の相対的な座標としての位置関係は、GPSだけでも大まかに把握できるけど、今自分が向いている方向は解らない。
 進行方向はGPSでも解るし位置を微分しても解るかもしれない。でもそれには必ず移動が必要な訳だし、厳密には向きとイコールじゃ無い。将来的に?船とか飛行機の偏流的な考えまで進むとすれば、自分の向きも解っている必要があるんじゃ無かろうか?
 そんなことをぼやっと考えていたら、かなり昔にプリミティブな方位センサを使った記憶がよみがえってきた。中で磁石が回って周囲に配置したホールセンサICが順にオンオフすると言うもの。
 ガレージの二階に上がって段ボール箱を片っ端から開けていった。引っ越しの後から何年も触ってない箱を。かなり時間がかかったけど見つけた。試験基板も予備のセンサも。電源を入れたら動作した。当たり前か。
 4個のホールICがオンオフで4種類。それぞれ隣り合ったセンサのオンが重なるように配置してあるのでさらに4種類。合計で8種類のパターンが有る。360÷8=45度と言うわけ。
 制御のやり方によるとは思うけど、この基板に最近は出番の少ない16F84あたりを1個乗せて、3bit出力の方位センサに仕立ててしまうのが良いかもしれない。

 このセンサ、006Pと電子ブザーとプッシュボタンSWを組み合わせただけで、「ほぼ北を向いたときにピーッと鳴る」装置が出来る。北だけならカーショップに売っている丸い磁石にホールICが1個でも良い。
 早足で歩きながら見なくても使えるコンパスとか、盲人用のコンパス付き杖とか、そんな使い道が無いかな?とか思って居たのも思い出した。
 でも視覚障害者は私が感じているような、北とか南とか言う概念とは違ったイメージで頭の中に地図が構築して有るのかもしれない。盲学校にでも行って聞いてみたら面白いだろうな・・・。
 行動力の無い人間だから、数年前もこんな辺りまで考えてそこでストップしたまま。ハハハ。
 おっ、今思いついた。OWS用に大まかな方位が音で解る防水コンパスとかどうだ?スイムキャップの中に入れておいて、±25度から外れたら「ピー、ピー」とか「ピピピ、ピピピ」とか言って知らせてくれる装置。
 でも、時々ヘッドアップすれば解るし、回りの人でも見ていた方が早いな。。。

 何となく今日のトレーニングは休み。たぶん超回復中。

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日)

漁夫の利

 午前中はバイキングの練習会。シューズカバーは使うけど、死ぬほど寒い時期は脱したみたいで気分が少し楽になってきた。
 池形夫婦は休みで、武友さんと酒見さんも体調不良で休み。古賀さんと酒井さんに引っ張って貰って走った。この二人なら取りあえず付いていけるかな?と言う感じ。でも前に出ることは難しい。
 今日はバイキングカップの参加者だったと思うけど、初めて練習会に参加の人が居た。津屋崎の折り返し後でその人が後に付くまで待っていたら、速い二人と長濱に先に行かれてしまった。
 単独走で追いつけるほど速くないけど、レースのつもりで淡々と頑張って後を追いかけた。長濱との差は少し縮まったけど、先頭の二人との差は広がった。
 宗像大社からの帰り道、今日はほとんど前に出てない事が気になってきたので、思い切って前に出てみた。後にいるといけそうな気がするけど、意外と風があって先頭に出た瞬間に「御免なさい」状態になる。
 それでもなんとか最後の力で漕ぎ続けて、東郷橋までの7割くらいは先頭を引いた。その後は最後の直線で古賀さんと前後して走り、最後に二人ともヘロヘロに成った所で、後で力を貯めていた長濱に一気に前に出られて負けた。。。古賀さんも私も全く力が残ってなかったのでなすすべが無かった。

 ランは前日に20km走をやったらしい古賀さんがペースを落としてくれたので、並走して話しながら走ることが出来た。ギリギリ会話が出来るペース。遅いペース走というか速すぎるジョグというか、そんなところ。
 意外と調子が良かった。前日の焼き肉のせいで朝から腹の調子が良くなかったのだけど、走り出すとランの調子は良い。脚が疲れにくい気がする。
 以前から何となく感じていたのだけど、前日に肉系を腹一杯詰め込んだときは翌日のランが調子よい様な気がする。気のせいかもしれないけど。

 帰ってから久し振りにユンボに乗り、裏山に行って道を造った。下の方は割りとよい感じに成ってきたのだけど、途中で酷い急坂が有って悩み中。
 土を削って斜度を緩くして直登坂するべきか、つづら折れみたいにするべきか、大きく迂回して全体的に緩いルートにするべきか。
 ユンボに飽きたので夕方からプールに行った。50分ほどジョグ的に泳ごうと思っていたけど、今日は人が多くて1レーンに2-3名入っていた。
 こんなときはビビって遅い人の所に入ると泳ぎにくい。邪魔にならないタイミングで速い人の後に入って泳ぎ、追いつかれたら止まって譲る。その方がずっと気楽に連続して泳ぐことが出来る。
 泳ぎ出すとなんか進みが悪い。速度も出ないし疲れ方も酷い。午前中の練習会で身体全体の疲れが有り、それが姿勢とかに悪影響を及ぼしているのだろうか?腕はほとんど使って無いはずだから。
 30分ほど泳いだらなんかキツくなったので一旦休止。1分ほど休んだ後はドリル的に50m単位の泳ぎを繰り返した。こっちも何となくイマイチでぱっとしなかった。
 水泳の先生に依れば、私らのレベルでは必死に泳がなくても「浸かっている」だけのレベルでも良いから、沢山プールに来た方が良いような事も言っていた。
 イマイチの時も有ると思う。でもそんな時でも水に浸かっていた実績が積み重なって行けば、何時かはそれなりの位置でスイムアップ出来るように成るはず??と信じよう。

スイム 2.0km
バイク 80km
ラン 12km

| | コメント (2)

2010年3月27日 (土)

花見で焼き肉

0327 空いた時間にポツポツと弄っていた液晶表示部。なんとかまともに動くように成ってきた。
 初期化が上手く行かない原因は、PICに比べて液晶の立ち上がりがかなり遅いせいだった。しっかりと待ってから処理を始めると安定して動き始めた。
 場合によっては後からソフト的にリセットする必要があるかもよ?とデータシートに書いてあったけど、うちに有る液晶はどれも必要無いみたいだった。
 川鉄千葉の出張を繰り返して居たときに、千石か鈴商で買っていた40文字x2行の液晶を引っ張りだしてみた。これをシリアルデータのモニタにしてしまおうと思っている。オシロのプローブでは信号が出ているしか解らない。パソコンのcomポートから引っ張ってくるのは面倒。TTLレベルだったら変換器が必要・・・。
 そんな時にこの液晶を使ったモニタをポケットからサッと出してきて、先端の針を端子に当てると、「$GPRMC・・・・」と言った感じで文字列が出ていると(^^)。
 初期化の部分が流れ出したら、あとはそんなに苦労しないで動き出した。試しにGPS基板を繋いでみたらちゃんと信号が見えた。ハハハ、愉快愉快。当たり前だけど。
 改行が来たら下の行を上に持ってきて、下の行には新しい文字列が入っていく・・・的な制御にしたかった。液晶にそれっぽいコマンドとかメモリが用意して有るかな?と思って探してみたけど見つからなかった。
 仕方ないのでマイコン側に文字数分のメモリ空間を用意して、そこに貯めたデータを上の行に書き出すようにした。なんかスマートじゃ無い気がする。

 今日は毎年恒例の花見の日。数軒先の高台にある桜の木の近くに集まり、肉とか魚とか適当な物を食いながら花見する日。
 晩飯代わりと言うことで我が家は息子達まで全員参加。晩飯が無いのだから強制参加というか仕方なく参加とでも言うべきかもしれない(笑)。
 いつもの様に食い過ぎた。しかもトレーニングはしてない。デブになってしまう気がするけど、まあ1日くらい良いじゃないの?と自分に甘い私。

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

独自性を捨てたヤツ

0326 本当はヤフオクの"1/6ハマー"とかいう、無意味にデカくて質が悪そうで、バカっぽいトイラジコンが欲しかった。
 中国山地の奥深い所に住む変態技術者さんにメールを出したら、自分も欲しかったらしいのに、妙に否定的な意見ばかり言ってくる。
 これはたぶん心理学で言う酸っぱいリンゴだか葡萄だか、そう言った気持ちなんだろうと思う。自分が無難なサイズのパジェロにしてしまったから、私がデカいハマーなんかを買うと悔しい。
 そこまでは解ったし、6,000円位を捻出する段取りは付いたので購入しようとしていたのだけど、直ぐ近くにパジェロとエスティマと手押しのダンプがセットになったヤツが1,000円で出ているのに気がついてしまった。
 20代の私なら絶対に70cmのハマーにしたと思う。出来が悪くて大半の部品を作り替える事に成ったとしても、それはそれで面白い。それが独自性と言うものだ。人と同じ事をして何が面白い!?
 でも、その夜の私は少しだけ違っていた。液晶の初期化が上手く行かなくて少しだけ弱気だったのかもしれない。70cmも有ったら広場まで運ぶのも大変だ。試験的に近所で走らせたときにバカっぽさ全開だ。差額の5,000円で色々買えるぞ・・・そんなことが何となく引っかかってしまい、パジェロのセットを購入してしまったのだ。
 つまらん人間に成ってしまった。年はとりたくないものだ。

 今日のスイムは久し振りにキツかった。エイミーが4月から中学生で陸上部に入る。スイミングは取りあえず終わりになって今日が最後の日。先生がサービスしてくれたのだろう。
 前半は個人メドレー。しかも大半がキックで4種類。ここで私は順位が徐々に下がってきて、後には3年生の女の子と長濱だけに成ってしまった。腕が入ってきて少し挽回。
 後半はクロールのドリル。呼吸とストロークの制限有りで繰り返すヤツ。最初は4回に1回だったのでボチボチいけたけど、途中から6回に1回に成って苦しくなった。
 なんとかこなしたらサークルが5秒短くなった。かなりキツかった。呼吸制限は苦手なドリル。でも何とかサークル落ちせずにこなせた。
 最後は25mを全力で6本。しかもサークルが35秒なので休む時間があまりない。やけくそになって腕をブンブン回して付いていった。この時点で司君の次まで挽回したのでまあ許す。
 帰った瞬間に、嫁さんから顔が死んでいると笑われた。自分でもかなりぐったりして居るのが解った。ご飯が少なかったけど、何故かロールケーキが有ったので嬉しかった。

スイム 2.5km

| | コメント (4)

2010年3月25日 (木)

配達

0325 昼飯を食ったら直ぐに配達に出た。光安輪業は少数精鋭主義なので忙しい。
 中間経由で八幡駅の近くに出てから、あとはずっと3号線で配達先のガレージへ。近所の地図を印刷して行ったら直ぐに解った。GPSとか要らんな(笑)。
 予想通りに変な人だった(笑)。古い民家の中を取っ払って、自分の手でガレージに改装中だった。柱を抜いたり梁を入れたり、結構本格的にやっている。
 足元は編み上げの安全靴だった。私はマジックテープの安全靴。長濱はプールに安全靴を履いてきたりする。彼のはベロがゴムで伸びるヤツ。編み上げが一番カッコイイけど脱ぐのが面倒。
 この手のオートバイは初めてらしく、混合油の事とか色々話をした。パーツリストのコピーを渡した。空冷の古い車を弄ったりする人らしいので、寝る前にパーツリストを眺めていれば構造は解ると思う。
 配達したCR80は私のよりも一つ新しいモデルみたい。タンクのキャップの所までシートが伸びている。サスの程度がだいぶ良い。リンクが錆で固まったりはしてない感じ。キックも降りて圧縮も有るので、キャブを簡単に掃除してプラグをチェックすれば取りあえず使えそう。
 帰りも同じ道を通って帰ってきた。三ヶ森のトンネルから遠賀川までが渋滞していた。こんな事なら黒崎駅の前を通ってでも3号線で帰った方が早かったかも。

 配達のお駄賃として、ガソリン代に追加でデコポン?を沢山頂いた。帰ってから直ぐに食べたら濃厚な味で美味しかった。気を遣っていただいてありがとう御座いました。

 仕事が終わった頃に晴れ間が見えてきた・・・様な気がした。気分も盛り上がっていたので薄手のタイツに長袖ジャージ。スカイセンサージャパンを履いて出掛けた。
 西中までは問題なかった。小雨は降っていたけどまあ濡れるほどじゃ無い。室木に抜ける峠を越えるあたりから怪しくなってきて、四郎丸に降りたら左前方は真っ白だった。
 本格的な雨が降り出した。一瞬で濡れて脚は冷たくなった。軍手をはめた手もかじかんできた。クリヤのサングラスも水滴で見えにくい。
 毎回雨に降られる。走っているときの雨は嫌いじゃ無いけど、冬の雨は嫌いだし辛いランは嫌い。2足目の靴がビチャビチャに成ったのも悲しい。

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

脇の下の背中側

 今日は延々と泳いでみた。なんとなくそんな気分だったから。そしたら今までと違う変化があってちょっと嬉しかったりして。
 水泳の先生から「この辺りが発達する様な泳ぎをしないと、クロールは速くならない」的な事を言われて居た。確かに肩の上の方は丸く発達してきた様な気がするけど、脇の下は変化が無かった。
 ところが今日50分弱泳いだ後に、脇の下の背中側がかなり疲れている事に気がついた。肩の上の方はそれほどでもない。何処が一番かと言われたら脇の下の背中側の筋肉。
 ハハハ、俺様の泳ぎも少しだけ改善してきたか?と嬉しくなり、受付を出るときも何となくニヤニヤして居たような気がする。
 何が良かったのかどういう変化が有ったのか解らない。練習の成果で徐々に変化してきたのか、ジョグ的にユルユル泳ぐ意識が良かったのかもしれない。
 ちょっと気分がよい。

スイム 2.6km

| | コメント (0)

2010年3月23日 (火)

FURUNO binary データの整形

0323 GH-82関係の実験がしやすいように、I/F部を作って露光に失敗した基板の上にセットした。3.3VのCMOSレベルとRS232Cの両方が使える。
 取りあえずこれでマイコンとかPCに取り込めるので、次はデータの取扱に関して考えておく必要がある。
 仕様書を見ていくと緯度は8x4=32ビットで表すことに成っている。でも最上位は必ず0「ゼロ」らしいので、実際は7x4=28ビットという事になる。
 取り込んだデータをそのままでは最上位にポツポツと0が入っていて、たぶん処理がやりにくいと思われる。その為に右詰でぴっちりと詰めておく。
 下位からLAT0、LAT1、LAT2、LAT3、とデータを取り込んだとすれば、LAT0,7とかLAT3,7には不要な0が入っている。これを除いてデータを右に詰めたい。しばらく考えて浮かんだのは。
    rlf      LAT2
    clrf    STATUS,C
    rrf     LAT3             ;ここでLAT3,0がキャリーに出て
    rrf     LAT2             ;LAT2,7に入っていく
 と言うヤツ。これでLAT3とLAT2の間は埋まるので、同じ要領であと2セット操作を続ければ8x4の中に右詰で7x4のデータが揃うことに成る。
 処理とは関係ないけど、最上位を0にしているのは何故だろうか?ヘッダとかに数字以外の最初が1に成るデータを持ってきているので、簡単にエラーが解るから??

 ずっと雨だった。夕方になって少し空が明るくなり、ほとんど雨が止んだ一瞬が有った。この位なら問題なく走れる。昨日は休んだし今日は走ろう。そう思って走り出した。
 笠小くらいまでは良かったけど、それ以降は徐々に雨が強くなってきて、芹田あたりで普通の雨降りに成ってしまった。
 昨日休んだ割りには身体も重いし、雨でウインドブレーカは身体に張り付いて冷たい。なんかやだな・・・と思いながらも、酒見さんに負けそうなので室木の峠経由で帰った。
 帰ってから直ぐにシャワーを浴びた。手と足の先が冷たい。靴が濡れてしまった。乾くのが遅いから臭くなる。これがいや。

ラン 13km

| | コメント (2)

2010年3月22日 (月)

模様替え

0322 最近は仕事が忙しくて家の事をほとんどやってなかった。ホイールバランサも来たことだし、ここらで整理というか模様替えでも。
 オートバイ用のガレージにしている灰屋の横は牛馬小屋だったところ。ここは適当な物置にしていたけど、ここを整理してバランサ類を置いてみた。
 バランサは100kgくらい?だったので何とか成った。難関だったのはプレスの方。こっちは150kg以上はある。ユンボで近くまで持ってきて後はパイプなどに乗せて引きずった。
 なんとか搬入は出来たのだけど、残念な事に圧力計を当ててしまいガラスが割れた。ケースも少しへこんだ。気持ちもへこんだ。。。漏れはないし針は動いているので使えるけど悲しい。
 その横にはグラインダを持ってきてみた。グラインダは最初はガレージ内に置いていたけど、砥粒が部品とか旋盤に降り掛かる気がして軒下に出していた。でも軒下は雨がかかることも有るし照明が無いので暗い。
 と言うことでこちらの部屋に設置してみることに。悪くは無い感じ。でも照明がまだ付いていないしコンセントも無いので使えない。
 CR80とか電動スクータも軒下に置きっぱなしだったので、こっちの部屋に入れてみることにした。でもここまで詰め込むと中での作業が窮屈になる。改善の余地有り。

 色々やっていたら16:00頃に成ってしまった。お彼岸の頃に成ったら筍を掘りに行っていた事を思い出し、唐鍬を持って竹山に行ってみた。
 この時期の筍は直接は見えない。笹が盛り上がっている"気がする"所を踏んで歩く。足裏の感触で何かを感じたらそこを漁ってみる。こんな感じで探して歩く。
 暖冬のおかげなのか、直ぐに4本ほど見つかって掘って帰った。嫁さんが直ぐに茹でて晩飯のおかずに追加された。
 筍を掘った後は薪ストーブ用の玉切りをしていった。これも最近は全然やってなかった。久し振りにやったら背筋が直ぐに怠くなった。
 今日は祭日の関係でスイミングが有るらしい。朝は行こうかな?と思っていたけど、作業的な事ばかりやっていたら行くのが億劫に成ってしまった。
 と言うことで、今日はトレーニングなし。でも何となく身体は疲れた感じ。

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

予想通りの構造だった

0321 昨日の影響で多少は眠かったけど、寒くはなかったので練習会に行くことにした。よく考えたら大会は何時もこんな感じで移動しているわけだし。
 人数は少なめ。年度末で色々と忙しい人が多いのかもしれない。でも強そうな人達はちゃんと来ているので嫌らしい(笑)。
 昨日ほどじゃ無いけど風が強い。前後ともエアロネロにしていったけど、リム高さ30mm程度でも今日くらいの風なら十分に影響を受けた。途中で何回かヒヤッとした。
 今日は165mmクランクのデビュー戦でも有る。不安と言うよりもワクワクした気持ちで漕いでいった。極端に遅れることはない。今までと大差ない出力は出ている。
 全てのレグで池形さんには逃げられたけど、酒見さんと古賀さんには最後までついて行けたのも有った。でもほぼ全てを引いて貰っているので、出力的には3割くらい違うような気がする。
 疲れは少し傾向が変わった。今までは大腿四頭筋の下の内側が攣るほど疲労していたけど、今日は腿の付け根の内側が怠くなっていた。
 直後のランでもいつもの場所が吊りそうには成らず、代わりに上記の場所が怠くてたまらない状態になった。取りあえず何らかの変化は有った。

 帰ってから昼飯を食い、ホイールバランサの梱包を解いて色々と弄ってみた。ビリビリするとか怖い話を聞いていたので、取りあえずカバーを開けて中の確認。
 構造は自分で作るならこうするかな?と考えた通りの構造だった。子供じゃないので構造を知っていたり思いついたから、それを作ったり実現したり出来るとは思っていないけど、このメーカの技術者と同じ様な思考で考えていった事を想像してニヤッとした。
 スイッチが壊れていた。取りあえずオンに成りっぱなしだけどフレーム側に漏電とかは無いのでそのまま。電源ケーブルが1箇所傷んでいた。修理してあったけど圧着が良く無かったのでやり直し。
 酷いところは無くなったと思ったので電源ON。しばらく弄っていたら使えそうな感触を得たので軽トラのタイヤを測定してみた。
 前は5g~20gまでのアンバランスでなかなかよい感じ。問題は引きずり回したような変摩耗の後輪。こちらは30gとか平気で出る。そのせいで中古の錘が無くなってしまい、左の後は未チェック状態。
 しかも回転中にタイヤの外周が相当波打っているのが解るほど真円じゃない。確かに止まる前に振動がくるもんなあ。。。
 やっぱり後は別のタイヤに交換しないと駄目だろうか。冬のことを考えるとスタッドレスが良い。気長にオークションでもチェックして2本だけ交換しよう。

 夕方に成ってプールに行くつもりにしていたけど、今日は眠くて仕方が無かったので行くのを止めにした。
 水泳は技術なので、眠いときに無理して頑張っても効果が無いと思う。。。と言い訳(笑)。

バイク 80km
ラン 12km

| | コメント (6)

2010年3月20日 (土)

山本さん、風が強すぎです。

0320 江の川は山陰らしい川である。決して広い川では無いが、その与える印象が山陰的なのだ。
 河口から直ぐに両側を山に囲まれる。その山は見上げるほどの高さは無いが幾重にも連なり、川に沿って単線の鉄道と地方道が伸びていく。私が勝手に構築してきた山陰の姿がそこに有る。。。
 最初の頃はそんな調子で走っていたが、やがて道は細くなって中央線すら無くなった。かろうじて鋪装はされているようだが、車1台通るのがやっとの幅しかない。
 これでは離合すら出来ないと不安になったが、よく考えれば対向車自体が存在するのであろうか?それでも最大限の注意をはらいながら4駆の軽トラを上流に向かって走らせた。
 この辺りで引き返そうと5回くらい考えた頃、目の前にその集落は現れた。ここだ!ここが私の友人が暮らす集落だ。安堵感と言うよりも達成感とか征服感とでも表したい気持ちで一杯になった。
 集落で1件と思われる商店が有った。軒に朱が塗ってある。つたない字で書かれた"ぽぷら"が屋号か。中に入り老婆に話しかける。友人の名を伝えると直ぐに解った様だ。この地方独特の方法なのか、拍子木のような機械を使って連絡をしてくれた。

 久し振りに会った友人は活き活きしていた。成れぬ都会の大企業勤めの時は浮かれない様子だったが、田舎の水が合うのか本来の姿を取り戻したようで安心した。
 娘と息子を紹介してくれた。親に似ず聡明そうな子だった。娘は同世代の友人達と鞠を投げる遊びをしていた。息子は自転車に乗っていた。スペシャに見えたけど、SpecialRideと書かれた中国製だったかもしれない。
 自分用の荷物と、小倉の人に届ける荷物を積み込んだ。帰りも遠いので帰ろうとしたら友人の母親が昼食を御馳走してくれた。最初の量だけで十分だったし美味しかったのだが、追加でご飯を持ってきてくれた。
 炭水化物を多量に摂取してしまうと、帰りの運転で確実に眠くなるので避けたかったのだが、好意を無にしては申し訳なかったので全部頂いた。

 帰りの9号線も退屈だった。大学の時に京都からXSで帰ったことを思いだした。その時もこの道を通った筈だけど、全然記憶にない。一人で長距離を運転していると色々な事を考える。
 右下に津和野の町並みが見えた。こんなとき若い頃の予定では、助手席には黒木瞳に似た彼女が座っていて、「この車暑いからイヤ」とか言いながらスカートをパタパタしている姿を横目で見ながら、アクセルを軽く踏んで6個のピストンに渇を入れる・・・筈だった。
 でも現実は軽トラに廃棄品のタイヤバランサとCR80を積み込み、風と勾配に喘ぎながら、必死に踏み込んだアクセルで4個のピストンに祈りを伝えている訳だ。何処で何を間違ったのだろう?
 帰りも小郡から高速に乗った。それほど運転が好きでも得意でも無いので、全部下道では体力が持ちそうに無かったから。
 でもこの判断は良かったのか悪かったのか解らない。滅茶苦茶風が強い。行きも強くて空荷の軽トラはフラフラと不安定だったけど、帰りは質量こそ増えたものの別のコントロールしにくい不安定さと言うか収束のしにくさが出てしまった。
 何度も怖いよ怖いよと思いながら、こんなときだけ神様にお祈りしながら左端の車線を80km/hで必死で走って帰ってきた。
 帰ってからニュースを見たら風の事を伝えていた。私の運転が下手な訳じゃ無かったし、スバルサンバーが不安定な訳じゃ無かった。今日は本当に風が強かったらしい。

 夜になって息子達と一緒に荷物を降ろした。CR80は手でもって降りたけど、バランサは流石に重い。仕方ないので裏の方からユンボを持ってきた。夜中にユンボで何を始めるのか??と、近所の婆さん達に思われたに違いない(笑)。
 吊る場所が無くて悩んだけど、なんとか吊って降ろして軒下の濡れない場所に置いた。今は雨が降っているけど、明日は晴れるみたいなのでここでも良かろう。

| | コメント (6)

2010年3月19日 (金)

FURUNO binary

0319 SSRコネクタの圧着に取りあえず成功したので、今日の仕事の合間にGH-82を起動してみた。
 バイナリモードしか無いらしいので、PICで受けて液晶に測位状態とか緯度経度を表示するようなツールでも作れば良いのだろうけど、そんな物を合間に作るほどのスキルは無い(笑)。
 簡単に検索しただけでは古野バイナリを表示できるパソコンソフトも見つからなかった。仕方ないので取りあえず普通の通信ソフトで受けて、16進表示にして何となく眺めてみることにした。
 GH-82はGN-80に比べたらハード的には使いやすい。リセットとかモードとか、あまり悩みたくない端子は内部で軽く処置してあり、オープンで使っても取りあえず動く。電源のプラスとマイナスを繋ぎ、データ出力に受信線を繋いだら何かが見える。
 将来的にコマンドも送ってみたかったので、MAX3232を使って送信も出来るように組んでみた。私にしては割りと真面目な作業。。。
 当然だけど、仕様書に書いて有るとおりのデータが流れてきていた。初期状態だとこの情報だけ。日時などは出ていない。でもおもちゃをグルグル走らせるこが目的ならこれで十分。
 と、ここまでで今日はお終い。明日は早朝から忙しいし、明後日は練習会。明明後日はちょっと時間が取れるか?

 今日はプールの日。いつもの様に早めに行って泳ごうとしたら、長濱が既に泳いでいた。うーん。。。
 人が少なかったので隣のコースに入り、アップとしてSKPSで800mを泳いだ。その後は片手の姿勢のドリルを100mしてお終い。
 人が少ないしなかなか来ない。エイミーと床屋のオバチャンとキックの速い姉妹に司君だけ。先生がもしかしたら来られないかもしれないと連絡が有ったらしい。
 取りあえずアップしよう。取りあえずキックで50x2本、取りあえずドルフィンキックで50x2。。。等とやっていたけど先生は来ない。こりゃ来ないね、と言うことになり、司君にメニューを考えさせてそれに従って練習をした。
 最初は嫌がっていたけど、「宮中のキャプテンやろうが!」と言うと渋々メニューを考えて指示を出した。なかなか真面目なヤツでよろしい。
 私は心が弱いので、先生から怒られないことが解ったら強度を上げることが出来なかった。キツいことはキツいのだけど、あたり構わず「ハアー!!」とか声が出てしまうほどは追い込めなかった。
 そのおかげで自分の姿勢などは普段よりもよく見えたかもしれない。

スイム 2.2km

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

気が狂いそうな小ささ

0318 午前中は私にしてはアカデミックな例の客先に行ってきた。前回のヤツが上手く行かなかったお詫びをして、新しい試作機を見て貰うために。
 ハード・ソフト共にだいぶ見直した事が功を奏したのか、行きのデータも全て取れているし、研究室の部屋の中でもなかなか良い反応を見せてくれた。
 初期化ルーチンのブザー音とかも好評で、次回は汚名返上成るか?と言ったところ。次回も失敗したら次は無いもんね(笑)。
 帰りの強い雨で自作のパッチアンテナが水を被ってしまい、それにともなうトラブルが出たけど概ね順調な雰囲気で終わった。

 ちょっとこっちは置いといて、残りは久し振りに機械系の仕事を処理した。トレーニングした後は例の小さなコネクタに挑戦。
 FURUNOのGH-82に使う日圧のSSRコネクタの圧着。ケーブルの仕上がり外径が0.52mmから0.56mmを圧着していくという、何とも信じられない仕様のヤツ。
 線は買おうかと思っていたけど、ジャンク箱を漁ったらPDA用の通信ケーブルとSCSI-2のケーブルが出てきた。どちらも0.55mm位なのでいけそう。これで挑戦。
 色々な道具を試してみたけど、最終的には「爪」と「小さいマイナスドライバ」での作業に落ち着いた。
 仕組みはフラットケーブルの圧着と同じで、細いスリットの有る金属板に、外皮が付いたままの配線を押し込む。金属板が刃のように作用して食い込んで芯線に接触する仕組み。
 そのために或る程度の力が必要。コネクタが割れてしまいそうでビクビクしながら作業した。こういう作業は緊張するしドキドキするし心身共に良くないと思う。

 トレーニングは自転車。直方の図書館に本を返しに行きがてら、鞍手町をぐるっと回って帰ってきた。ライトが付いたクロモリのロード。後半は暗くなったけどこれなら安心。
 少し厚着だったので汗ばんだ。

バイク 32km

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

錦帯、天草、宮島、皆生、玄海

 今年の大会の予定を考えている。去年は足の小指を曲げてしまってほとんど参加できなかったけど、今年は明かな不調は無いのでいくつかは出たい。
 出るにはそれなりの準備もいるし、大会後の疲労回復も必要。そして直接的な時間もかかるしお金もかかる。中途半端な状態で出るわけにはいかないわけで、なかなか悩ましい。

 取りあえず、岩国基地の錦帯マラソンには申し込んだ。これは回りのトライアスロン仲間が盛り上がっていて、それに引きずられた感があるかも?フルマラソンを完璧に走るような練習はしていないので、皆生に向けてフルを破綻無く走ることを目標にしよう。
 あと、皆生に申し込んだ。通るかどうか解らないけど、一昨年の年代別2位のままで終わるのは悔しいのでリベンジ。でも加齢による衰えがあるし下から新しい人も来ているわけで、実際の所は壇上に上がれたらよいな・・・と言うところかも。
 宮島は考え中。面白いコースだし懐かしいメンバーも出てくると思うので出たいけど、時間とか金銭的な事を思うとまだ決め切れていない。
 天草は出たことが無いけど、ショートのマジの大会という物に一度くらい出ても良いかな?と言う気持ちが有る。今の私のスイム能力では全く通用しないけど。
 8月は何も無い。お盆なので休みか?
 9月は玄海100km。今年で一応の終了らしいので、体調がどうであれ出ておきたいと思っている。

 寒さが逆戻りしてきた感じ。自転車は寒そうだったのでランにした。いつものコースをぐるっと回って。虫が出てきたのでクリヤのサングラスをかけて。
 クリヤなのにサングラスはおかしいか?でも紫外線をカットするのなら、やっぱりサングラスで良いのかも?

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

試走

 また寒くなってきたけど、昨日交換したクランクの具合を試してみたくて試走に行ってきた。私みたいな性格の人間にとっては、目新しい機材は練習量が増える効果があるかもしれない。。。とか思いながら。
 コースはいつもの鞍手町のコース。漕ぎ始めから軽いのが解る。それと同じくらい腿と腹が窮屈なのも感じる。プラマイゼロかな?
 泉水越しを超えたところでも、以前よりも踏みが軽くなっているのを感じた。やっぱり8%も変わると感じることが出来るみたい。でも後半になると慣れてしまって解らなくなったのも事実。
 室木線跡の道を走っていると風が強かった。1mくらい横に流されることが続いたので、怖くなって山沿いの道に逃げ込んだ。ここから火葬場・遠賀高校経由で帰ってきた。

 第一印象的には、踏み自体は軽くなった。下死点の遠さはそれほど感じなかった。でも少しだけ踵を中心につま先側を動かしてストロークを稼いでいる動きが増えた感じも有る。上死点の窮屈さは明らかに感じる。
 上死点は確かに窮屈なのだけど、下死点基準でサドル高さを合わせたらもっと窮屈に成るはず。そして165mmのクランクは私よりも小柄な女の子が使っていたりもする。窮屈さは柔軟性や動きの改善で対処可能な範囲かもしれない。私が最も苦手としている分野だけど。
 踏力は明らかに軽くなっている。あとは軌跡が8%増えた部分を上手に身体を騙して感じ無くさせてしまうこと。そうすれば中を取って4%くらい出力が増えるかも??と言う怪しい皮算用(笑)。

バイク 28km

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

クランク長変更

0315 自作の152.5mmクランクから息子用のロードに付いていた105の165mmに交換してみた。
 色々と理由を説明することは出来るけど、一番大きな理由は昨日の練習会で脚が疲れていてやることが無く、プールも休みで何となく暇だったから、かもしれない。
 同じギヤ比で走った場合、ペダル踏力は8%ほど軽くなる。その分はペダル部分の軌跡が長くなってしまうけど、取りあえずメリットの方だけ見ておきたい。
 サドル位置はそのまま。と言うことは下死点基準ならサドルを12.5mmも上げたことになる。3時の位置基準なら上下位置は変わらないけど、サドルとハンドルを後に12.5mmも引いたことに成る。上死点基準なら、12.5mmも腹と腿が近づいた事になる。
 特にキツいシチュエーションにおいて、下死点まで踏んでしまう傾向が有る私にとって、脚さえ届けば下死点が遠くなるのは悪いことでは無いように感じている。
 3時の位置は余り変化が無いので、純粋に8%だけ軽くなる踏力のメリットを得られるんじゃ無かろうか。
 上死点ではかなり窮屈な感じに成るから、長距離を乗った後で腿を持ち上げないといけない意識に成ってしまうかもしれない。
 副次的な効果として、使う筋肉や脚の疲労感が変わってくると思うので、最近よく発生している大腿四頭筋内側下部の痙攣にも何からの良い方向の変化が有るんじゃ無かろうか??とか。色々と考えてみた。

 晩飯を食って少しだけ仕事の残りをして、15分ほどこのままの状態で3本ローラに乗ってみた。
 確かにサドルの高さを感じる。でも踏めない感じではない。はたから見たらつま先立ちで乗る不細工なオッサンかもしれないけれど、今よりも速くなるならそれで良い(笑)。
 下死点での届きにくさが下死点まで踏み続ける悪い癖の矯正に繋がり、軽くなったペダルが生み出す余裕トルクが更なる加速を生み、使い方が変わった筋肉はランになっても信じられないスピードを生み出す。。。。
 そんな都合の良いことばかり有るわけ無いけど、まあ何らかの変化は有ると期待してこのままでしばらく行ってみよう。

バイク 7km

| | コメント (2)

2010年3月14日 (日)

年代別優勝だ!

0314 バイキングカップの日。年代別優勝を目指すとか言っていたので、取りあえず結果だけは出さないといけない。
 私が勝手に作った50-54歳のクラスには1-2名しか居ないはず。でも健司さんとか他から強い人が来たらヤバイのも確か。
 コース説明で事前予告の大嘘が発覚。「基本的にフラットなコースです」とか案内しておきながら、実際は垂水峠を4周回!!もするという宮島に匹敵するようなコースだった。池形さんも酒見さんも嘘つきだ。嫌いになった(笑)。

 結果は4位。メダルには惜しくも手が届かなかったが、自分で作ったクラス別の優勝は果たした。ハハハ。1位は力が相当違うけど、2位と3位はバイクで大きく離されなかったら追いつけた可能性が有るだけに若干悔しいし改善点が見えてくる。
 全体的に72点。良い方は久し振りのレース形式にしては、全般的に強度の配分とか給水とか補給とかが順調だったこと。バイクで健司さんよりも先に帰ってこれたこと。大腿四頭筋が攣りかけた状態で走ったけど、上手に尻の側の筋肉だけを使ってみたりして、最悪の事態に陥らずにゴールまで持ってこれたこと、等々。
 反対に悪い方の28点は、バイクで2位と3位に大きく離されすぎたこと。最近の傾向だけどバイクで大腿四頭筋の内側を使いすぎてしまい、続くランでそこが攣り始めてしまうこと。また、そのことが制限になって心拍的には楽なペースで走るしか無かったこと、等々。
 でも良い練習に成ったし楽しめた。弁当と商品にボトルを貰ったので参加費の元は取った(笑)。運営に徹してくれたスタッフの方々、ボランティアの方々、ありがとう御座いました。

 帰ってから一息ついた。今日はデュアスロンだったことを思い出した。上位は口をそろえてスイムは苦手と話していた気がする。彼らに追いつくにはスイムしかない??
 プールに行った。キック系は脚が攣ると思ったので止めにして、ゆったりと泳いだ後に片手のドリルとか伸びた瞬間の姿勢を意識した泳ぎを繰り返した。
 ちょっとは追いつけたか?

スイム 1.5km
バイク 70km
ラン 18km

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

LM35とLM358

0313 温度を取り込む用途があって、LM35でも使おうと思って検討開始。10mV/1℃なので25度では250mVの出力に成る。
 センサとしては大きいような気もするけど、そのままADコンバータに突っ込むには小さいしレベルの換算もしにくい。と言うことでOPアンプでも噛まそうと探したらLM358が出てきた。
 なんか兄弟とか改良版みたいな名前だけど、内容は全然違うわけで、もうちょっと系統だった名前にならん物かと考えてみたり。
 1kと15kで16倍にしてみた。max.を5Vとすれば312.5mVで31.3℃程度が上限になる。取りあえずこの位で実験を開始。もしかしたら12kで13倍の方が良いかも?とか思いながら。
 でもLM358はレイルトゥーレイルでは無いから、5V出すには6.5Vくらい要るなあ。安定化前のバッテリーからそのまま持ってくるか。OPアンプやから理屈的には関係無いやろ?とか考えてみたり。

 明日はバイキングカップ。タイムが悪かったらやり直しとか言われているので(笑)、調整的な練習にすべきかどうするか迷う。
 赤間の本屋に行きたい用が有ったのと、トランジット時間短縮のためにシューロックのような物を手芸用品店で買おうと思い立ち、ママチャリで出掛けた。
 誰かの影響でラジコン技術を数年ぶりに買い込んで、サンリブの手芸用品店で凝り性っぽい主婦に混じってコードストッパーと書かれた用品を買った。
 帰りは国際CC経由で帰った。暗くなってしまった。脚も結構疲れた。帰ってからスカイセンサージャパンにコードストッパーを付けてシューロックの代わりにした。NBが売っているのにそっくりの形状。

バイク 24km

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

えっ、1.8Vですか?

0312 中国山地の奥深くに住む変態技術者さんが、最近変なビデオを送ってくる。今の時代だからβのカセットが郵送で来るわけは無く、flvとか言うファイルをアップしたから見て見ろとメールが来る。
 忙しいとか言いながら、こんなのにはどうしても反応してしまって繰り返し見てしまう(笑)。
 子供のおもちゃみたいなヤツが、ウィーンウィーン言いながらあっちに行ったりこっちに来たりを繰り返している。
 そんなのが頭の片隅に有ったからか、イリジウムちゃんの機嫌がよくなって1時間毎の送信試験中にこんな事をして遊んでみた。
 旬を過ぎて数個が売れ残っていたUSB接続のGPS。たしか4Hz出力が有ったはずだけど、マイコンに繋ぐにはUSBはめんどくさい。仮想COMポートを使っているから中身はシリアルの筈・・・と思って分解。
 ほぼ予定通りだったけど、ただ一つ違っていたのはレベルが1.8V系だったこと。ガーン。1.8V用のICなんか持ってないわな。取りあえずパソコンの232Cに繋ぎたいのに。
 1.8Vから232Cへの変換ICとか、変態的なICが多い?MAXIMでも作ってないだろうな。。。なら1.8Vから3.3Vとか5Vへの変換用なら沢山あるだろう。。。と思って探したら結構出てきた。
 ADG3304とか手頃そうで良さそうな感じ。双方向の変換が出来るとか凄い。と言うか懲りすぎちゃうんか?と言う感じ。でもRSの受付時間終わったから週末には間に合わんな。
 トランジスタで作るか?1.8VじゃDTC114でベース電流が120uAくらいしか流れんから、2SC1815で作るしかないか?でもめんどくさいな・・・と、ここまで考えたらプールに行く時間になった。

 何時もより着く時間が遅かったので、今日はSKPSで800mを泳いだらお終い。トイレに行って帰ってきてホットしたらレッスンが始まった。
 前半はいじめのようなキック主体のメニュー。疲れたところで例の片手クロールが始まった。自主トレをしていたので死ぬほどキツクは無いけど、上手には出来ない。毎回色々と直される。
 肩廻りがほとんど死にかけた状態で、最後は50mを8本。1分30秒サークルなので楽勝と思っていたら、1本目が終わったところでもっと必死で泳げと。
 回転を上げて帰ってきたら45秒。でも不満そう。40秒くらいで帰ってこいと言われてしまった。出来るわけ無いやん。。。とか思いながら泳いでいたら、左足の指が攣った。
 攣ったと言っても止めて良いとは言ってくれなかったので、脚は2ビートで手だけ必死で残りをこなした。キツかった。

スイム 2.3km

| | コメント (5)

2010年3月11日 (木)

バイキングカップに向けて

 今度の日曜日はバイキングカップが開催される。たいそうな名前だけど、たぶん「エイドが有ってタイムの計測をしてくれる練習会」的なものじゃなかろうか?と。
 でも参加者はいつもの様に強力なメンバーが揃っているはずだから、前の方を走れる訳じゃない。仕方ないから「年代別優勝を狙います」とか書いていたら、池形さんからタイムが悪かったらやり直しとか言われてしまった。
 こまったな。寒い時期はモチベーションが上がらないし、フィジカル的にも体温が低いと動きが悪い。でもこの年になってやり直しは避けたいし(笑)。

 と言うことで今日はバイクとランを繋いで練習してみた。寒かったのでバイクは3本ローラで勘弁して貰ったけど、それから直ぐに靴を履き替えてランに向かった。
 大会の時のように、股のあたりが痺れたような感じがある。太腿が人の筋肉のようで動きが変。こんなときに無理に動かしたら悪そうな気がしたので、ゆっくり走っていたら500mくらいで治った。
 あとはいつものペースで走ってみたけど、バイクの疲労感が徐々に襲ってきて、走った距離以上に脚が怠くなってしまった。続けて練習なんかしてないから今日は良い確認になった。
 走りながら色々と考えた。バイク80kmで時速40km/hと38km/hでは6分19秒の差になる。40km/hと35km/hでは17分9秒もの差になる。
 ランの16kmをキロ4分15秒と4分30秒では4分丁度の差。キロ4分05秒とキロ4分30秒では6分40秒の差。キロ4分と4分30秒では8分丁度の差になる。
 酒見さんクラスに勝とうと思ったら、バイクを最低でも38km/hで走りきり、キロ4分30秒まで落ちた相手をキロ4分05秒くらいで追い上げるしか無いわけだ。
 相手がキロ4分15秒とかで走ってしまうと、もうどう考えても、計算しても勝ち目はない。なかなか厳しいな。。。やっぱりバイクを1-2分の差に収める様な走りが必要か。ハハハ。

バイク 17km
ラン 11km

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

チャレンジャー

 昨日に続いてロケットの話じゃない、挑戦者の方。次男が大学の試験に落ちたらしい。彼もまたチャレンジャーであった(笑)。
 そう言えば2年前、長男も同じようにチャレンジャーとして砕け散った事を思い出す。兄弟で同じ様な事をしてくれるので面白い。面白いけど同じ行動パターンと言うことは、何かが有ったときに両方とも滅んでしまう可能性が高いので宜しくないかも。
 二人とも度胸があるなあと思う。私よりも学力が上なのも有るけど、少なくとも安定志向の選択じゃ無いのは確か。まあ、安定志向で道を選んで、5年後くらいに後悔するよりも面白い人生では有るけど。
 考えてみれば、私自身がそんな傾向の選択ばかりしてきたので何も言えない(笑)。色々な分岐点で安定した生活を選ぶ道は有ったのだけど、ことごとく、変な方、不安定な方、怪しい方、未知な方、を選んできたような気がする。
 新品のアナログオシロを買うよりも、中古保証無しのデジタルオシロを買ってみたり、横道に逸れてジャンクのネットワークアナライザとかスペアナを物色してしまうタイプ。嫁さんも私と結婚したのだから同じ様なものと思われる。
 そう考えていくと彼らの行動は遺伝子のせい。これはもう仕方ない。好きにしなさいと言うしかない。

 雪が降ってとんでもない天気に逆戻りしてしまった。これはもう室内でスイムしか無いやろうと思ってプールへ。絶対に人が少ないと思っていたら多かった。1レーンに2名。
 割りと安定して泳いでくれる人だったので2名でも泳ぎやすい。間に入って時間を調整しながらアップしてドリルした。
 SKPSのアップの後は例の片手だけのドリル。伸ばした瞬間の姿勢とその時の顔の位置と呼吸のタイミング。難しい。でも上手く行ったときは少しだけ滑空している感がある。
 スイムで同じ感覚が得られたときは確実に進む感じになる。上手く行かないときと全然進み方が違うのは解る。
 そう言えばこういった違いは今まで感じることが出来なかった。ほんの少しずつだけど、感覚的な能力も向上しているのかもしれない。

 帰りに更衣室で着替えていたとき、たまたま靴下が一番上だったので靴下を先に履いた。素っ裸に靴下だけ。
 一瞬で場の雰囲気が変わり、非常に怪しいムードに成ってしまった(笑)。黒くて膝下まで有る靴下。これは凄いなと思いながら、誰もいなかったのでしばらく感動して眺めていた。監視カメラで係員が見ていたら、変態と思われたに違いない。
 白い靴下はアグネスチャンかもしれんけど、プレイメイトには黒い靴下かストッキングやな・・・とか、妙に納得してしまった。

スイム 1.6km

| | コメント (2)

2010年3月 9日 (火)

国産ロケットはなぜ落ちるのか

 借りてきた本を仕事の合間にパラパラと読んでいる。世界各国の優秀な人達が結集しても、色々と失敗を繰り返している様を読んでいくと、作者の意図とは違うと思うけど勇気づけられる。
 でも、この本を読んで一番興味深かったのは、日本と中国の政治トップの「理系」と「文系」の極端な棲み分けだった。そう言えばトヨタとホンダも同じ様な感じで「理系」と「文系」で纏まっている資料を見た。
 そんな集団だという見方も出来るけど、人は自分の回りに同じ様な種類の人間を集めたがる傾向が有るのかもしれない。
 その方が安心感が有るし話しも通じやすいと思う。私自身もそのような傾向がある。でも組織として、中の人として、なんか面白くない画一的な方向へ向かってしまうんじゃ無かろうか。
 新しい団地に同じ様な家が建ち、同じ様な構成の家族が一斉に入っていく。子供のお友達も沢山いて公園も賑やか。やがて子供達は巣立っていき、老人が主体の街に変わっていく。
 宗像あたりで一般的に見かけるこの手のストーリーを、住みやすそうだけど私はなんか面白くないと感じてしまうのに似ているかもしれない。

 寒いし何となく気分が盛り上がらなかったので、いつものコースをぐるっと走ってきただけ。これじゃ今の力を維持することが出来ても、今以上の位置に登る事はできんだろうな・・・

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

エイシンの充電器

0308 気分転換に毛色の違った作業でもしようと、エイシンの充電器の修理をやってみた。
 依頼を受けて預かっていたのだけど、パターンが焼き切れていたりトランジスタの型番が解らなかったりで意外と面倒そうで、後回しに成っていたもの。
 構成的にはトランスの1次側にタップが設けてあり、高電圧側から「セルスタート」「12V-15A」「12V-2A」「6V-15A」と4段階の出力が得られる様になっている。
 出力はブリッジで全波整流されて制御回路に入る。マニュアルだと制御無しの素通しでバッテリーへ。電圧モニタ用のLEDが点くだけ。
 オートモードだと簡易的な定電圧充電回路になっている模様。これから良く見てみようと言う感じ。
 トランスと切り換えスイッチの質が最悪じゃ無ければ、買っても良いのかな?と思う。部品で買うと絶対にエイシンの値段には成らないから。とは言ってももう存在しないけどね(笑)。

 手袋が出てきたので自転車に乗ることにした。必死じゃなくてユルユルと。でも考えながら。水泳の先生から時々言われる。池形さんも同じ様な事を言っていた。
 アウタートップ実験で感じたように、回転力が無いような気がする。別の言い方をすれば回転させるだけで疲れている感じ。トルクゼロなら160rpmくらい回したい。
 インナー固定で走ってみた。確かに緩い下りでは脚の回転が追いつかない。トルクはゼロなのに必死になって太腿がパンパンに成っている。うーーん、練習の余地有り。

バイク 33km

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

図書館

0307 寝る前には結構雨が降っていて、ヤナ感じだなと思いながら寝た。朝は自然と05:45頃に目が覚めた。パジャマのままで外に出たら細かい雨が降っていた。せっかく目が覚めたのに中止やな。。。と思って布団の中へ。
 次に起きたのは07:00過ぎ。外を見たら雨は降ってない。ちょっと悩んだけど神様がそうしろと言っている訳だから、朝ご飯を食べた。
 プールが開くまでの間はプログラムを考えた。1時間を256に展開して、59分59秒なら255にセットする様なスマートなやり方が浮かばない。泥臭いやり方なら思いついたけど。
 時間になったのでプールへ。片手クロールは自分なりに練習していたけど、先生から言われたポイントは少し違っていた。今までずれたところを見て練習していた様だ。そのへんに気をつけて片手クロールと普通のクロールを交互に。
 相変わらず手と反対側の呼吸が難しい。でもこれの後の普通のクロールは綺麗に息継ぎが出来ている気がする。地道に練習を続けようと思った。
 バタ足の練習をしているとき、隣のコースのお姉さんと並んだ。お姉さんの約半分のスピードしか出ていなかった。反対側には"いかにも"な小学生が居た。クロールで泳いでいたら平泳ぎで抜いて行った。スポーツは残酷やなあ。。。と思う(笑)。

 家に帰って昼飯を食べ、コーヒーを飲みながら琵琶湖マラソンを見た。他の奴らはバイクとランをやったのかな?と気になったので、自転車に乗ることにした。
 準備をして手袋を探すけど出てこない。先週の練習会の後で洗濯に出した。家中を探すけど出てこない。嫁さんは晩飯の用意をしていたので、あまり言うと機嫌が悪くなりそうで軽めに探して諦めた。
 仕方ないから図書館に行くことにした。カードが更新だったので丁度よい。いつもの様に限度の5冊を借りたけど、そのうちの2冊はこんなの。ちょっと読んでみたい気がしたけど、読んだら気分が落ち込みそうな気もする。

 帰ってから本を読もうかと思ったけど、やっぱり落ち込みそうな気がしたので走ることにした。いつものコースをぐるっと1周。脚が怠い気がしたけど意外としっかりと走れた。
 晩飯を食った後にもう一度考え直したら、少しだけスマートなフローが出来た。PC上のシミュレータでは真面目に動いた。良かった。

スイム 1.8km
ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

やり直し

0306 昨日のコメントに書いていて気がついた、5.6÷5=1.12Ωを試してみた。纏めて半田付けしたらほぼ1.12Ωでにんまり。まあ当たり前か。
 カーボン抵抗しか無いのでそれを使ったけど、まあ良かろう。ちょっとゆっくりしたら福岡に出来たらしいマルツに行ってみるつもりなので、金属被膜の5.6Ωが有ったら買ってきて交換しよう。
 岩通のVOAC7413と直列にして検証してみたら、まあ1-2%くらいの差に収まっている感じ。十分十分。

 昨日のスイムの前半で、50mのキックを数本やらされた。ちょっと速いオバチャンに追いつけそうだったので、1本目と2本目を全力でやったのが効いた。脚が凄く重たい。
 自転車を漕ぐ気分には全然成らないので、軽めのジョグでぐるっと回ってきた。暖かくなってきたので薄手のタイツにした。虫が出てきたので透明のサングラスも使うことにした。
 走り出したら割りと調子が良かった。筋肉の一部だけが疲労して居る感じか?たまには全力のキックもやらんといかんなあ。。。

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

流石にもう有りません

0305 色々あったし今も色々継続中だけど(笑)、あまり気にしても仕方ないので一旦リセット。
 新たな気持ちで実験をしていたところ、バラック状態での実験を一旦終了した直後に変な匂いがした。例の匂い。しかも古いタイプの例の匂いだった。
 ブツを見たけど電源からは配線が明らかに離れている。バッテリーを見ていくと、電流を測定していたテスターのリード線がワニ口の金属部分の上に乗っかってしまい、ショート状態になっていた。
 急いで外したけど時既に遅し。長年使ってきた三和のSP-6Dが臭い。中を開けてみると抵抗が1個焦げていた。500mAレンジ用の分流抵抗か?裏蓋に抵抗の数値だけは書いてあるので見てみたら、1.12Ωのヤツらしい。
 500mA用の分流抵抗と思われる。このテスターは500uAレンジまであるので、500mAと言ったらそお1000倍。能力から言ったら分流と言うよりも、抵抗に電流を流して電圧降下を測定する。的なイメージか。
 こんな数値の抵抗は有るわけ無いので、箱を探したら1Ωのセメント抵抗が出てきた。見た目のサイズも近いし、0.5Ax1.12Ωx0.5A=0.28Wに対して2WならまあOKか?と思って付けてみた。
 予想通りに指示値が低め。100mAを流したら85mAくらいだと表示する。やっぱり1.12Ωを探し出してくるか、作るかしないと駄目か。。。ダメ元で三和に聞いてみたら、「1982年に廃止された製品で・・・」と予想通りの回答が。

 レッスン前に自主トレで、片手クロールの練習をしていたのを見られたせいでは無いと思うけど、今日はその手のドリルがメインだった。
 一人でも出来ないけど、先生の前でもやっぱり出来ない。息継ぎの瞬間の顔の位置とか角度とか、毎回直される。何度やっても出来ない。でもその後で普通のクロールをしたら息継ぎの時に進む感触がちょっとだけ有る。
 最後の方でやらされた顔を正面を向けてあげたままのヤツも苦手。25mを折り返した段階で意欲と体力の両方が消耗しているのが解る。

スイム 2.2km

| | コメント (2)

2010年3月 4日 (木)

GODIVA

 長男が帰ってきていると言うことと、遅れたひな祭り?と言う事で、寿司桶にちらし寿司が作ってあった。おかわりして食べた。桜餅も有ったので食べた。
 早見優が宣伝していた、クッキーにチョコが載っているようなヤツも食べた。貰い物でGODIVAと書いてあった。テレビではゴディバと言っていたけど、アメリカに住んでいる嫁さんの妹はゴダイバと発音していた様な気がする。まあどうでも良いけど、早見優のヤツの方が好きかもしれん。
 そのほかにも「せんと君せんべい」とか「昆布チョコ」とか、なんか訳の解らん物を沢山食べた。血糖値が上がって一時的に落ち着いた幸せ状態になったけど、冷静に成ったら何となく鬱になりそう。

 先日のアウタートップ実験を受けて、今日は3本ローラで軽く回す練習。明らかに回転数を上げたらキツくなって効率が悪いのが解る。教科書的な直流機とは効率曲線が対象の位置に有るような雰囲気。
 ちゅうことは、回転数が上がったら指数関数的にトルクが減って居るのかもしれない。しかもトルクと電流(エネルギーの供給)が比例せずに、回転が上がると無負荷でも莫大なエネルギーを消費しているとか。

バイク 35km

| | コメント (2)

2010年3月 3日 (水)

ずっと実験

 夕方にひとっ走りしてきてから、晩飯を食っている時間を除いてずっと実験をしていた。ちょっと問題が有ってそれを検証したり、対策の有効性を確認するための物。
 同じ様なことは問題が発生する前にもやっているのだけど、ポイントがぼやけていると得られる物は薄っぺらい。今回は幸いにも?問題点がはっきりしているので、何を見たら良いかがしっかりと解る。
 なんでもそうやな。。。と思う。取りあえず何々について知識を得たい。的な勉強だと効果は薄い。何となくトレーニングしておこうでは、やっぱり効果がないんだろうな。

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

半分成功

 昨日からヤバそうな気配の案件。先日納品したイリジウムちゃんなのだけどハラハラして見ている。既に自分が手を出せない所に居るので祈るしかない状態。
 2台入れて1台はほぼ想定通りの動きをしている。でももう1台の方が明け方から動いていない感じ。信号が来ない。何が悪いのか解らない。自分を信じるしか無いのだけど、納期的にかなりの突貫工事だったので強く信じる事も難しい。。。
 夜になるにつれて1台は死亡している確率が高まってきた。胃が痛い。こんな事で胃が痛く成っていては何も出来んぞ、とか思うけど、やっぱり気になる(笑)。
 期待のオリンピック選手とか、ロケット打ち上げの責任者とか、相当図太い精神じゃないと勤まらないだろうなと思う。

 まあ、思い悩んでいても何にも成らないので、次の制御方案とかシステム構成とかを考えながら走った。心拍数が上がると嫌なことは忘れる。運動は精神の健康にこそ必要だと思う。
 走って帰ってきて、晩飯を食べて、嫁さんと散歩に行って来たけど1台は無言のまま。もう諦めよう。御免なさいと謝りに行くしかない。
 取りあえずもう1台は順調に動いている。データをプロットして眺めていると、少しだけ嬉しくなって来る。まあ良いじゃないか。完璧な人間でも無いし素晴らしい会社でも無い。半分くらいは結果を出せる人間と言うことで(笑)。
 だいぶ気分が軽くなってきた。明日も仕事をしてトレーニングをしよう。

ラン 13km

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

休養日は鉄工所

 昨日の超回復の日として、今日は休養日。色々と細かいことがいっぱいあったけど、取りあえず何とかして終了。
 終わった後は頼まれ物のアルミの塊を削った。ちょっと変な格好をしていて、途中から固定に手こずった。でも何とか形にはなったので良しとしよう。
 本当はやっかいそうな問題が発生しつつあるのだけど、まあ気にばかりしていては自営業は勤まらないので、忘れて寝ることにする。

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »