« LabVIEWが来た | トップページ | ラナケイン »

2010年1月14日 (木)

18F14K50は手強い

0114 仕事の関係でPICの資料を見ていたら、新しいPICには乗算命令が追加されていることを知ってしまった。
 私が作るプログラムなんかちゃちなヤツばかりだけど、分野的に掛け算割り算が出来たら楽な用途が多かったりする。
 こう書くと「AVRにしなさい」とアドバイスを貰うことが多いのだけど(笑)、老化が始まった頭に新しい事は億劫だったりする。
 そのシチュエーションに現れた乗算命令付きのPIC。該当する型番と価格を調べてみると、18F14K50が入手できる中では一番安くて使いやすそうな気配。早速データシートをダウンロードして印刷したところ。。。
 何時まで経っても印刷が終わらない。片面印刷にしてしまったか?と思ったけど両面になっていた。それでも終わらない。2部とか3部とかの指定に成ってないか?と思ったけど、そうでもない。仕方なく待ち続けて居るととんでもない量になった。
 右はよく使う12F629のデータで、左が18F14K50のデータ。厚みで4倍から5倍は有る。読むのが嫌になってきた。最初の呪いみたいな部分が増えているんだろうな・・・と思うと、さらに気分が落ち込んだ。でもMUL命令に期待を込めて少しだけ読んだ。

 今日も一日中雪が降ったり止んだりの1日だった。昨日よりは少し気温が高かったけど、5度までは上がらなかった感じ。夕方に成ると少し雨っぽい感じで降り続いている。
 走るのは止めようかと思ったけど、今日でも走っているヤツがいたら負けた気がするので走ることにした。
 ウインドブレーカを着ていたけど、撥水が死んでいるので直ぐに水が染みてきた。完全に雪なら良かったのに・・・と思いながらいつものコースを。
 今日もモンロー走りで行く。ウエストとか腰の筋肉を意識して走る。やっぱり登りで明らかに速くはしれる。下りは余り変わらない。と言うかモンロー走りが出来ない。
 夜に嫁さんと散歩に行ったときにも試してみた。今度は歩きなのでモンローウォーク。この状態で速度を上げていくと、何となく競歩のイメージに成ってきた。ちょっと面白い感触だったので、しばらくやってみるつもり。

ラン 12km

|

« LabVIEWが来た | トップページ | ラナケイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LabVIEWが来た | トップページ | ラナケイン »