« 先生、私嘘つきました | トップページ | 直鞍一周駅伝 »

2009年12月12日 (土)

言霊

 部落の忘年会。バスが迎えに来て店まで行った。それからが長かった。料理を前にして簡単な連絡事項の筈が堂々巡りの話になり、組合長の訳の解らない挨拶が長々とあり、乾杯したのはほぼ1時間!!も経過してからだった。
 家は13軒。今日の参加者は10名。1月の初めには新年会をやると張り切っている。なんかもう嫌になってきたので、新年会には私も不参加にしようかとか、色々考えながら料理を食べた。
 配膳のお姉さんがそこそこ綺麗で愛想のよい人だったので救われた(笑)。凄い美人じゃないけど一人だけ表情がよい。こう言うのって生まれ持った才能だろうか?とか、家庭環境だろうか?とか、例によって色々と妄想して楽しんだ。

 家に帰ってホッとしようと思ったら三男が電話があったと言う。駅伝の件みたい。女の人。。。?!、なんか悪い予感がしてShinakoさんに電話した。予想通りに婆さんが死んで一人参加できなくなったと。代わりを探すしかない。
 数日前に近所の高校生の家に行き、「トラブルがあったら土曜の深夜でも電話するから、お前が絶対に走れよ!」と脅しておいた事を思い出す。
 家に電話しても居なかったので携帯に電話した。「お前、明日走れ!。いや、走って下さい。お願いします。何でも言うこと聞くから。家のモトクロッサーに乗っても良いから。。。」とお願いし、無理矢理OKを取り付けた。
 ああ、これで眠れる。一瞬はもう走れんかと思った。良かった。というか、数日前に変なことを行ってしまったから、それが現実に成ったのかもしれない。

|

« 先生、私嘘つきました | トップページ | 直鞍一周駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先生、私嘘つきました | トップページ | 直鞍一周駅伝 »