« 肩廻りパンパン | トップページ | 少しだけ戻ってきた »

2009年11月 7日 (土)

バッテリーパック製作

1107 プールの往復なんかに使っている古いクロモリのロード。コイツにはハブダイナモとフローティング充電のニッカド電池とLEDヘッドライトとLEDテールライトを装着している。
 で、このニッカド電池が駄目になってしまった。これの歴史は凄い。広島にいた頃、松本無線の本体の方のジャンク扱いで数個買ってきたラップトップパソコン用の電池パック。
 これを分解して色々な用途に使っていたけど、こちらに帰ってきてLEDライトを作ったときに、良さそうなセルを寄せ集めてパックを作り、その後はずっと付けっぱなしで使っていたもの。
 容量こそ1700mAhと少ないけれど、いったい何年持っているのかと呆れるくらいの寿命が有った事になる。

 秋月に頼む物が有ったので、サイズは一緒でニッケル水素のタイプを注文してみた。容量は4300mAhもある。でもタフさとか寿命はどうだろうかと心配。
 数年前の単三型の容量競争の果てに、エネループを新型みたいなイメージで売り出してきたけど、1500mAhとかその辺りの時にはそこまで自己放電は激しくなかった。それが2300とか2500とかエスカレートしてきて、それにつれて自己放電が激しい製品が出てきたように感じる。
 そんな流れが頭に有るから、今回のような用途にはそれほど高容量は必要なかった。でも同じサイズで端子付きで探したらこの容量。時代の流れは凄い。
 前回と同じように6本を直列に半田付けしていたとき、1個の端子がポロッと取れてしまった。レーザーかスポットか知らないけれど、電池に溶接してある薄い板が。
 さすが秋月と思ったけど、返品して交換して貰うのも面倒なので電池の表面を磨いて半田を盛って、半田鏝で両側の電池の頭の半田を溶かして一気に押しつけた。
 なんか端子付きにした意味が無い気がする。暗い峠の下りなんかで、この半田が外れてしまいそうな気がする(笑)。

 トレーニングは無し。でも今日はもの凄い量の薪割りをした。1日で割った量で行くと今までの最大だと思う。走ってないのに相当水を飲んだ。

|

« 肩廻りパンパン | トップページ | 少しだけ戻ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩廻りパンパン | トップページ | 少しだけ戻ってきた »