« ゆっくりでも痛い | トップページ | スライディングハンマー »

2009年9月21日 (月)

体型が違いすぎる

0921 今日は東京と広島からそれぞれ、ブログのネタ2日分くらいのオバサンが来た。正の葛藤と言うべきか負の葛藤と言うべきか解らないけれど、どちらとも決められなかったので別の話題で。

 お世話になった方から昨日の写真を数枚貰ったので見ている。その中の1枚。たぶん見坂峠の登りじゃ無いかと思う。
 先を走るのは8番の選手。フォームは一瞬を切り取っただけなので何とも言えないけれど、彼の方が軽快に走っていて、私は力ずくで走っているような印象が有ったりする。
 それ以上に感じたのは体型の違い。自分ではランナーだと思っていたけど、これを見る限りではランナーとは言えないような気がしてきた。この体重ではウルトラの途中で脚が痛くなっても仕方なかろう(笑)。
 昔の写真と比べてみた。全体の筋肉量が増えたような気がする。膝から下が細くなって、太腿が太くなった気がする。肩幅が増えたけど、背中の筋肉は薄いままの感じ。
 筋肉量の増加は、長距離のランニング以外では悪い要素では無い。トライアスロンの場合はロングでも42kmしか走らないので、この程度ならまあ問題ないような気がする。
 脚の太さの分布に関しては、速いランナーの太さ分布に近い方向への変化なので好ましい。昔の写真だと脹ら脛お化けに見える写真が有ったりして、はっきりと今よりも膝から下が太かった。
 肩幅が広くなったと感じるのは、肩の関節廻りの筋肉量が増加した為では無かろうかと思う。水泳の先生によると、肩甲骨の後ろ側あたり、広背筋というのか、そのへんが増えてくると速くなるらしい。増やすと速いと言うよりも、そのくらい練習したら速くなると言う意味かも?

 昨日の夜は膝が相当痛かった。寝返りも満足に打てない時があり、赤間でリタイヤするべきだったか?と少し後悔したくらい。
 でもよく考えると、一昨年は椅子に座って脚が持ち上がらないとか、車に乗るときに手で持ってあげないと脚が動かないとか、色々書いていた。と言うことは今年の方が軽いと言うことらしい。
 それを裏付けるかのように、時間と共に痛みがほんの少しずつ引いてきて、夕方には「滅茶苦茶痛くて歩けない」程度まで引いた。この調子なら今夜は気付かずに寝返りが打てそう。

|

« ゆっくりでも痛い | トップページ | スライディングハンマー »

コメント

写真判定では~と・・・。

>ゆっくりでも痛い<
は、水ぶくれはともかく出来る人の足指はなんか妙だな~遺伝かな~

>体型が違いすぎる<
は、マッチョ体型だな~電気技師には見えないな~背も体格も大きそうに見えるけどな~
肉体労働者に見えるな~違う筋肉が付き過ぎて水泳が得意そうな感じには見えないな~
持続力と言うよりは瞬発力の必要がある競技の選手みたいに見えるんだけどな~
機嫌が悪かったりすると殴られそうだな~悪口は書けないな~<爆

勝手な事書いてごめんなさい。

投稿: 少年C | 2009年9月22日 (火) 04時01分

 走りだと靴下無しで何ともないのですが、歩きになると途端に大きなヤツが出来始めました。なんででしょうね?

 トヨタで走っている時、「短距離ですか」は、何回か言われたことが有ります。昨日来た嫁さんの友人は、「褌が似合いそう」と言ったそうです。本人は知的なエンジニア&孤独な長距離走者のつもり何ですが・・・。

投稿: みつやす | 2009年9月22日 (火) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆっくりでも痛い | トップページ | スライディングハンマー »