« 結局、走らなかった | トップページ | 筋肉痛でイージーライダー »

2009年9月13日 (日)

プチダンディスク侮り難し

0913 嘘かと思われるかも知れないけど波津漁港の手前で45キロ位でマジでVIPERに乗った池形成信を抜いた。つまりは池形成信ですらプチダンディスクには勝てないと言うわけで、それだけでも個人的には大満足です。(酒見さんに怒られそうなので続きも書きました)
*********************************

 午前中はバイキングの練習会。プチダンディスクを初めて実戦投入する日が来た。試験したので緊張はしないけど、少しだけワクワク。
 走る前と後に数名から聞かれたけど、こちらから言わないと怪しいカバーだとは誰も気がつかなかった。素晴らしい!こうなったら派手で怪しいロゴを入れよう。
 性能的には悪くないような気がする。エアロネロの後輪に比べたら2倍くらいの重さに成ってしまったのだけど、津屋崎のバイパスの起伏くらいでは重さを感じることは無かった。車軸のゴリゴリ感に関しても、理屈通りに走りに何ら影響は無かった。
 と言うことは、車軸の回転とか、ホイールの重さとかよりも、空力を重視した方が良いという事では無かろうか・・・これが今日の結論。
 まあ異論反論有ると思うので、違うと思う人はセラミックボールなり軽量ホイールなりを装着すれば良いと思う。私は同じ労力とコストを空力中心に注ぎ込むと言うだけの事。

 今日の速い人は池形さん、酒見さん、黒子?さん、の3名。とにかく80kmの間はずっと先頭集団に居続ける事を第一とした。金魚の糞で構わない。とにかくちぎれないこと。
 筋力なのか根性なのかディスク様々なのか解らないけれど、幸運にも80kmの間中先頭集団の中で走ることが出来た。その間で先頭に出たのは2回か3回だけ、しかも数秒。。。さらにゴールした後はしばらく気分が悪かった。
 それでも良い。取りあえずこうやって毎回先頭集団に残るように努力し続けて、隙を突いて前に出る回数と時間を長くして行けばよい。
 ランは趣向を変えて山登りだった。近くの許斐山に登ってきた。軽くジョグしながら登って降りて、もう一回別ルートで登って降りた。
 結構キツかった。特に階段のある部分の登りは自転車漕ぎに動きが近く、今さっき使った筋肉が悲鳴を上げた。

 帰ってから直ぐに昼飯を食い、コーヒーを飲んでから家の仕事をした。秋の雰囲気が漂ってきたので、薪の備蓄量が気になってきた。
 ついでなのでユンボで山に入る部分の道を綺麗にした。チェンソーに混合油とオイルを入れて力丸君に積んで出掛けようとしたら、力丸君のガソリンが無かった。
 買い置きも無かったのでガソリンを買いに行き、力丸君に給油してやっと出発。間伐と言うよりも立ち枯れの檜を2本倒した。その場で玉切りにして力丸君で持って帰る。
 持って帰った丸太を斧で割って薪棚に積み上げた。薪の量が少し増えて気持ちが少しだけ裕福になった。
 さっき使ったマッカラーのチェンソーの刃を目立てして片付けた。中国製の52ccをしばらく使ってないので、こっちもエンジンを掛けてチェーンにもオイルを行き渡らせた。ちょっと時間が有ったのでこっちも目立てした。

バイク 80km
ラン 8km

|

« 結局、走らなかった | トップページ | 筋肉痛でイージーライダー »

コメント

平坦基調だと重さはほとんど関係ないですわね。たしか20何年前にモゼールがアワーレコード出したときには、後輪が2キロぐらいのディスクだったはずです。一度回りはじめればオッケーといい感じで。あとはディンプルがかなり効いているということですね〜〜

投稿: 鬼 | 2009年9月13日 (日) 21時25分

 ディンプルは効いているんでしょうかね?見た目のハッタリは十分なんですけど。
 P3にZIPPのsub-9の人が居たので、その人の近くには行かないようにしてました(笑)。

投稿: みつやす | 2009年9月13日 (日) 22時27分

レーシングカーでも、最近は空力重視でサスペンションのレイアウトを犠牲にしたりします。
エンジンの出力と、人間の出す力の相対的な関係では、より低い速度域で空力効果が出てくることは想像できます。

自転車版のボーテックス・ジェネレーターと考えると、回転するディスクホイールについているディンプルは、ゴルフボールと同じ効果でしょう。固定されたレーシングカーの空力デバイスとは、この点で事情が異なります。

気流が剥離してくれることによって、粘り着く空気がホイールの抵抗を減らしてくれる、その実戦での効果が見られることに期待してます。

投稿: いとう | 2009年9月14日 (月) 19時57分

 身体やフレームの影響で、既に乱れまくった気流に対して、ディスクとかディンプルがどの程度効果があるのか疑問では有りますが、大きなマイナス点は無かったので今後も使っていきたいと思ってます。
 質量・回転抵抗・空気抵抗・この辺りの計算値と体感が一致してきた事が一番大きなメリットのように思います。今の私にとってHARPフレームとSORAにZIPPのディスクはアリです。

投稿: みつやす | 2009年9月14日 (月) 23時36分

自転車の上のほうは乱れまくっても、下のほうはわりとスムーズに流れているはずなので、ディンプル効果高そうですね。全体の形状はレンズ状ですか?なんかで読んだけど、チャリの場合相対的に15°までの横風しか考えなくていいらしく、そうなるとほとんどの場面で揚力がアシストしてくれることになりますね。なんか近づいてもカッコ良さそうです。

投稿: 鬼 | 2009年9月15日 (火) 00時10分

 形状は普通のホイールのスポークの上に貼っているだけなので、おちょこ分だけ左右非対称なレンズ状です。
 単独でも集団でも感じたのですが、向かい風区間で人より楽に走っている印象があります。揚力まで行かなくても、この辺りに抗力の激減ゾーンが有るのでは?とか、いやいや、そう言った考えを持った人間が漕いでいるのだから、そんな風に感じて当たり前だろ?とか、まあ色々と楽しませてくれるホイールです。

投稿: みつやす | 2009年9月15日 (火) 09時34分

僕のはいつ完成しますか。

楕円とセット販売ですか?

投稿: 酒見 | 2009年9月15日 (火) 16時19分

 毎度ありがとう御座います。楕円アウターとセットで9,800円となります。バイクラップ4時間40分くらい行けます。

投稿: みつやす | 2009年9月15日 (火) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局、走らなかった | トップページ | 筋肉痛でイージーライダー »