« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

楕円でぶっちぎり

0831 レーザー屋さんに頼んでいた楕円のスプロケットが出来てきた。2.3tのSPCCから抜いただけなので、そのまま使うことは出来ない。
 取付ボルトの穴に10.0mmのリーマを通し、歯元の厚さを2.0mmに、刃先はお手本を見ながら適当に、ディスクグラインダで削って修正。
 取り付けたらフロントディレーラが干渉したので5mmほど上に上げて付け直し。これで取付が終わった。
 時間がかかったら明日走ろうと思っていたけど、30分もかからなかったので着替えて試運転に行くことにした。

 最初はちょっとだけ違和感。敢えて言えば下死点が「クルッ」と回る感じか?。でも500mほど漕いだらその違和感は消えてしまった。
 泉水越しを超えて鞍手町に抜け、ゆめタウンの近くまで行って往復してきた。劇的な変化は無いだろうな・・・とは思っていたけど、まあ、予想通りに大きな差はなかった。
 敢えて言えば、踏みが重くなった感じが少しあり、最初で頑張りすぎるのか、キツくなるのが早い気がしたくらい。
 真円に比べて長径・短径ともに5%だけしか変化していないので、そのままの変化が現れても5%程度の差が出れば御の字なのかもしれない。
 取りあえずこの状態でしばらく乗ろう。そしてもう少し弄りたい部分が見えてきたら、また図面を書いて自作しよう。そしてまた乗ればよい。
 こういう事が出来るのは私の強みだと思う。普通の選手は2万とか3万円を出して人が決めた形状のスプロケットを試すしかない。私はその辺りが自由になる。
 両親がスポーツ選手だとか、身体がデカいとか、小さい頃から運動をしていたとか、性格が素直とか、粘り強いとか、人はそれぞれ独自の強みを持っている。私の場合はこんな方向だと言うことなのだろう。
 この状況を素直に受け取って色々と工夫し、最終的にはぶっちぎりでゴールしよう(笑)。

バイク 31km

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

海岸清掃と草刈

 毎年恒例の勝浦浜の海岸清掃。玄海100kmでこの海岸を走るので、せめてもの罪滅ぼしとして?大会前にゴミ拾いでもしましょうと。
 日本人の意識が高くなってきたと言うよりも、たぶん台風が来ていないからゴミが少なかった。用意されたボランティア用ゴミ袋が少し残ったくらい。
 とは言ってもかなりの量のゴミが有るのも確か。種類的には、漁具、プラスチックの家庭用品、ペットボトル、缶飲料の缶、等がほぼ全てを占めている。
 ハングル文字のボトルや、「上海」と言うブランドのスリッパなども有ったけど、1-2%くらいでは無かろうか。韓国のゴミが漂着したと報道するなら、その100倍くらいの頻度で自国のゴミで海岸が汚れていることも報道する必要があると思う。
 また、それと同じくらいの比重で、太平洋上に日本のゴミが多量に漂流している事実も皆で考えないといけない。

 ゴミ拾いのあとは弁当を貰って食べて一息入れた。午後からはトヨタ廻りの草刈。大会で走ると言う事も有るけれど、私にとっては地元の道でもあるから参加しない訳にはいかない?
 先日刈った形跡が無いほど草が伸びている。今日は21号線バイパスからグランドまでの歩道を刈っていった。ここは法面側から太くて分厚い草の層が攻めてきているので、草刈機を振り回して法面に草を持ち上げるようにして刈っていった。
 メチャキツかった。キツそうなことが解っていたのでペースを落として始めたけど、その予想を上回るキツサでクタクタになった。
 山下さんとか江口さんとかShinakoさんもヘロヘロに成っていた。でも一番大変だったのは手鎌で蔓草と格闘し続けた二升瓶の大将ではなかろうか。
 前日も深夜(未明?)まで店を開け、当日は赤間から勝浦まで走ってきて、弁当と一緒にトヨタまで拉致され、鎌だけを渡されて道ばたに放置された(笑)。酷い仕打ちで御免なさい。そしてお疲れ様でした。

 帰ってから少し走るか自転車に乗ろうと思っていたけど、そんな元気も時間も残っていなかった。ホッとしてから晩飯を食べて1日が終わった。
 そして夜、3日連続でムカデに噛まれた。最近はムカデ毒に対して耐性が出来てきたのか、余り腫れない。でもさすがにむかついてきた。
 この3日で小さいとの大きいのを合わせて、家族全員で10匹以上捕獲している。風呂場とトイレの床下に通気口を開けよう。寝室の前に置いてある腐りかけの物置二つ、こいつはユンボ操作を誤ったふりをして壊してしまおうか・・・。

| | コメント (2)

2009年8月29日 (土)

soaring.co.jp らしい仕事

0829 うちの会社のドメインはsoaring.co.jpな訳で、まあこれを取った段階では色々と考える事もあった。でも考え通りに進まないのが人生の面白さだったりする(笑)。
 久々に少しそれっぽい仕事が有ったので写真を撮ってみた。ケンブリッジのGPS。ごく一部の人だけが知っていて、ごく一部の人だけが仕方なく?使っている機械。
 これのアンテナが駄目になったらしい。ついでだから位置が自由になるアンテナを見繕ってくれと言うのが、今回の仕事。
 電圧と駆動能力を軽く調べて、在庫のアンテナの中から適当なのを繋いでみたら受信した。希望の長さを聞いてコネクタを付け直し、コンパスに影響が無いように磁石を外して完了。
 オリジナルのアンテナは、どう見てもGARMINのGPS48系の物。と言うことは内部のGPSユニットもGARMIN製かな?と思うけど、開けると使えなくなるらしいので開けるわけにはいかない。
 口紅型のアンテナは、技術的な興味から展開して切れたパターンを繋いだら復活した。電気的な修理と言うよりも、半田付の技能検定みたいな作業内容。
 動くことは動くけど、フレキシブル基板の上のパターンが切れていたので、上に半田を盛って修理している。この部分のインピーダンスなんか無茶苦茶に成っていると思う。でも受信だからまあ良かろうと。
 こっちは依頼じゃ無いけど、まあ技術的な興味から遊ばせて貰ったという感じ。もし純正のアンテナじゃ無いと記録を認めない。なんて事になったら使えるかな?と。

 通常よりも1時間ほど速く仕事を終わりにした。ちょっと長めに走る予定。まだ十分に暑かったので、給水ポイントを結ぶようなコースにした。
 スタートして西中で給水。次は本城のトイレで給水。通行止めの峠を越えて鞍手町に抜け、旧5差路のあたりで松尾さんの会社の水道で勝手に給水。あとは泉水を超えてトヨタを横断して帰ってきた。
 玄海100kmを見据えて、頑張らない事を第一の目標とした。暑いときの長丁場では頑張ったら負け。と言うか頑張るような状況に追いやったら負け。
 前半は凄く良かった。いつもよりも1-2割ペースが落ちている位なのに、身体にはほとんどダメージが無い。直ぐにスタートして鞍手町を目指した。
 10kmを過ぎた辺りから脚が怠くなってきた。走り込んでないから当然と言えば当然のこと。これ以上怠くならないように、だましだましフォームとか脚の動きを考えて走った。
 約24km走った。本番では脇田温泉を越えて間夫峠に入るくらいか?こんな地点で脚が怠いなんて感じていたら、最後は死んでしまう。とは言っても今更走り込みも無いしなぁ・・・。

ラン 24km

| | コメント (2)

2009年8月28日 (金)

徐々に距離が伸びる

 今日はスイム。仕事のきりが悪かったのでギリギリまでデータ取りをしていた。18:30に家を出て軽トラでプールまで行ったらピッタリだった。でも先生は遅れてきたのでアップだけは勝手にやった。
 前回に続いて心拍をコントロールしながらクロールで泳ぐ。25mx10本の4セット。45秒サークルで楽に回して良いのだけど、最初から最後まで一定の心拍をキープしろと言われるので難しい。
 私の場合は呼吸をしっかりするのが第一だと思った。意識しなかったら口を水面に出してから「プハッ」と息を吐き、その反動で「ハッ」と息を吸う事が多い。
 でもこれでは十分な換気が出来て居らず、練習でも大会でも筋肉よりも先に息がキツくなる。今回の練習でもこういう息継ぎをしてしまうと、一気に心拍が上がってNGとなる。
 仕方なしに?水中で「ブクブク」と吐きながら、口を出しながら「パッ」と最後を吐き、「ハァア」と息を吸う。こんなスタイルが心拍を低く維持するには効果的だった。
 45秒サークルなので25秒くらいでたどり着くように泳いだ。心拍は10秒で21拍くらい。6倍して126拍となり、水中を考慮して+10して陸上のトレーニングと比較したら良いらしいので126+10=136拍が今回の心拍数と成る。
 今日はキックの速い小学生の女の子が来ていた。最初のキック200mで100mくらいで周回遅れにされた。150mの手前ではエイミーちゃんが「ヘヘヘ」と笑いながら横を抜いていった。
 悔しい。小学生2名に抜かれた。後半のスイムの時に潜って彼女たちの脚の動きを観察した。確かに廻りの大人と動きが違う。特に葉月ちゃんの脚はグニャグニャ動いて凄すぎる。
 今日は1時間のレッスン中に1750m泳いだ。先生が言うには最終的に2500mを泳ぐくらいの練習に持って行きたいらしい。なんか憂鬱だねと、帰りの車の中でエイミーちゃんと話した。

スイム 1.8km

| | コメント (2)

2009年8月27日 (木)

忘れていた

 夜中までゴソゴソやっていたので、書くのを忘れていた。

 肩の怠さはほぼ無くなったので、普通に動ける。今年は楽しんで走ろうと思っているけれど、長距離を全く走って居ないのでさすがにヤバイ。このままじゃ楽しめない(笑)。
 と言うことで少しでも長い距離を走ろうという気持ちが有ったのか、西中経由で本城のトイレ往復のコースを走ってきた。帰りは羅漢橋から玄海100kmのコースを辿って。
 21号線バイパスの下から、トヨタグランド、そしてその先、位までの草が伸びている。そこから先のガソリンスタンドまでは、行政の草刈が終わったところで綺麗。
 前日に走っていないからだと思うけど、身体が割りとよく動いていい感じに走れた。とは言ってもこれでも18km。100kmは長い。

ラン 18km

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

さすがに肩が怠い

 昨日は泳ぎすぎたと思う。選手コースのヤツなら1日に10000mくらいは平気で泳ぐと思うけど、素人が4200mも泳いだら肩が怠い。
 痛いとか動けないとかそういう感じは無いけれど、何となくドーンと厚さ2mmの鉛のショールを掛けられているような感じがある。
 どうしようかと悩んでいたら、丁度よい具合に作って居るものでボルトが足りないのが出てきて、宗像のナフコに買いに行くことにした。往復で20km。ママチャリで行ってくれば適度な運動になる。
 M6x18Lの六角穴付きボルトを30本買い、ぶらっと店内を回ってレジに行こうとしたら草刈機の刃を見つけた。チップソーが全部駄目に成っていたので「刈丸」と言うヤツの2枚組を買った。今までの実績ではこれのコストパフォーマンスはなかなか宜しい。
 帰ってからツナギに着替え、ユニクロのメッキを剥いで六角ナットをTIGで取り付けた。これはさっき買ってきたボルトの相手。
 ウェルドナットもスポット溶接機も無いから、普通のナットを3箇所ほど点付けするしかない。意外とホームセンターには生地のナットが無いので、メッキを剥ぐのが面倒くさい。センター出すのに皿ビスを使ったら具合がよかった。

バイク 20km

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

最長記録更新

 仕事で使うボルト類で足りないのがあったので、宗像のナフコまで買いに行った。軽トラで行こうかと思ったけど、まあトレーニングと考えてママチャリで行った。快晴だったけど08:00前と言うことも有って気温が低く、凄く気分のよい往復だった。
 気温が少し低めなのに加えて湿度も低かったのか、今日は昼間もかなり快適な1日だった。あんまり秋っぽくなると何となく気持ちが寂しくなるけど、夏の終わりの過ごしやすい気候は悪くない感じ。

 14日の金曜日は盆でスイミングが無かったので、4回を消化するために火曜日のコースに行くことにした。
 夏休みの間は学校とか塾?のタイミングが変わるからか、元気のよい中学生はずっと来ていない。1時間ほど前に行って持久系の自主トレとして距離を稼いだ。
 極力脱力して力は使わずただただ浮かぶ。最後のプッシュの一瞬だけ力を入れるイメージ。前半の力を抜くと呼吸が難しい。と言うことは素直な呼吸動作が出来ていないと言うことだろう。
 取りあえず2600mほど泳いだ。それなりに疲れてはいるけれど、今までのような疲労感は無い。最後だけ力を入れるイメージはよい感じ。
 レッスンが始まる前にトイレに行った。更衣室に人影が見えたので確認したら司君だった。かなりショックを受けた。彼が来ないから2600mも泳いだのに、これからハードな1時間が始まるのかと・・・。
 レッスンはクロールのドリルと個人メドレーだった。全部で1600m泳いだ。特に最後の個人メドレーを4本が厳しかった。
 今日の合計は4200mになる。これは私の1日に泳いだ距離の最長記録だと思う。記念すべき1日になった。

スイム 4.2km
バイク 40km

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

すみ肉が少し安定してきた

0824 TIGでも手棒でも、すみ肉溶接が苦手だった。まあ他が上手という訳でも無いのだけど、他よりもかなりレベルが低かった。
 ここの所、部品の製作ですみ肉溶接を多用していたおかげだと思うけど、だいぶ安定して出来るように成ってきた。特に下手だった脚長の短い溶接が安定している。
 何でもそうやな、最初のうちはとにかくやること。回数をこなすことが一番の特効薬のような気がする。

 今までなら休養の日だけど、リズムを変えようとしているので今日はトレーニング。ランニングでいつもよりも長めのコースを走ることにした。
 結構暑いので脱水とか体温の上昇に気をつけて、そちらがボトルネックに成りそうなら迷わずペースを落とすつもりで走った。
 本城のトイレで折り返して、帰りは羅漢橋から玄海100kmのコースを辿って帰ってきた。試走会前に草刈りした所がもう伸びている。凄く走りにくい。大会前に刈っておくか。。。

ラン 13km

| | コメント (2)

2009年8月23日 (日)

鞍手町でデュアスロン

 朝は地域の廃品回収が有った。小学生と中学生(の親)が持ち回りで各家を廻り、廃品を回収して回る。今回の我が家は物が多かったので自主的に自分ちの軽トラを出して持って行った。
 今回のメインは修理を断念したと言うか、修理の意欲が湧かなかったCM125T。これはブレーキが死んでいるので三男と二人で坂道を引きずりながら降ろした。
 あとは壊れたテレビとパソコンのモニター。仕事で出た多量の段ボール等々。この廃品回収はテレビとかエアコンとかバッテリーとか、捨てるのに金が必要な物を引き取ってくれる。
 最終的には業者が買い取って、それを輸出・修理してリユースされるのだけど、こういうシステムが金儲けの手段として成り立つと言うことは、政府がやっている消費者から金を取ったうえで、潰して材料としてリサイクルするシステムより進んでいるような気がする。

 結果的に今日は午後からの練習に成った。ちょうど鞍手町の松尾さんが練習会をするからと誘ってくれたので、そっちに参加することにした。松尾さんは私の水泳の先生の会社の事務所の大家さん。なんか複雑に繋がっている。
 旧5差路の辺りをスタート地点として、交通量の少ない道を中心にバイクとランのコースが設定してあった。基本的に平地なので楽と言えば楽だけど、休むところが無いのでキツいと言えばキツい。
 今日は意外と風が強く、コースが風に正対していることも有って行きと帰りとではギヤが3段も違った。メーターは付けてなかったのでどのくらいのペースかは不明。
 ランは火葬場とか役場の近くを通る道。こちらも田舎道なので車は少なくて走りやすい。基本的に平坦。日が少しだけ陰ってきて走りやすかった。
 途中で自分はケニヤ人に成った事を思いだした。首を傾けて前歯を覗かせて走ったら本当にペースが上がった。この方法は使えると思う。
 水泳の先生から「大家さんには勝て!」と言われていたので練習会だけどマジで走った(笑)。その甲斐あってバイクラン共にぶっちぎりだった。でも相手はエイジが2個上なので当然と言えば当然か。速い弟子が居るらしいので次回は油断できん。
 最後にバイクを10kmほど乗ってお終い。7-11でアイスクリームをおごって貰って解散と成った。松尾さんと他の参加者の方、お世話になりました。

 帰ってからバイクを洗って片付けをした。勝手反対の部品を少しだけ作り直した。女子マラソンを見ながら夕食を食べた。尾崎の位置取りとかスパートのタイミングとか考えていると、自分が走っているような気分になって緊張した。

バイク 50km
ラン 10km

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

勝手反対

0822  朝食後にゆっくりしていたら高校から電話がかかってきた、「模試が始まったけど鉄也君が教室に入ってません」。嫁さんが適当に「7時過ぎに出たと思います」と言って電話を切った。
 電話を切ったあとで、「7時過ぎには飯を食っていたから、早くても7時40分くらいかね?」とか話した。ヤツは模試の開始時刻を忘れていたらしい。
 その後にもう一回電話がかかってきたので、今度は嫁さんが「見に行きます」と言って電話を切った。先日シュワルベのマラソンプラスを買ってやったばかりなので、パンクは無かろうと思いながらも、私が軽トラで通学路を辿ってみることにした。
 学校までの道には息子はいなかったし潰れた自転車も無かった。学校に入って駐輪場を見て回ったら、一番奥に息子の自転車が有った。
 取りあえず先生に挨拶だけして返ろうとしたら、職員室は2階で直ぐには行けず、1階の受付経由で話をするシステムに成っていた。受付のオッサン経由でお騒がせしましたと伝言ゲームして帰った。なんか変なシステム?
 バカ息子とクソ真面目な先生のおかげで、出鼻を挫かれた感じ。重要な判断とかアイデアとかは、この時間にコーヒーを飲みながらボーッとしているときに浮かぶことが多いのに。

 昼間は、こないだとは別の機械の動作検証用の部品を作った。3.2mmあると3x6では持てないので、半分の3x3に切って貰ってから買っている。それをジグソーで切ってヤスリで仕上げる。ああ、儲かったらプラズマカッタが欲しい。
 昼過ぎに久し振りに佐賀のお客さんが来られた。この人も色々と面白いことをしている人なので、話は尽きずに何だかんだとずっと二人で喋っていた。
 お客さんが帰られてから、切り出した部品を溶接した。TIGだとらくだねえ・・・と思いながらスイスイ付けたつもりに成っていたら、勝手反対の部品が出来ていた。ガーン。
 自分で図面を書いて、自分で切り出して、自分で溶接している訳だから、誰にも文句は言えない。全ての責任は自分に有るわけで、一番ストレスが貯まるシチュエーションだったりする。もう仕方ないので晩飯をしっかり食べた。
 そう言えば「勝手反対」と言う言葉は普通に通用するのだろうか?機械の図面屋さんとか鉄工所には通用すると思うけど、そうじゃない人には通用しないような気もする。

 週末のトレーニングリズムを変える意味もあって、今日は特に何も無し。マラソンを見ただけ。「ケニア人に俺は成る!」と思った。

| | コメント (4)

2009年8月21日 (金)

国際化の練習

0821 盆前のことだった。こんな感じにきちんと整理されていた。。。いくらでも場所はあるのに、何を好き好んで窓の前に新たに掛ける必要があるのかと・・・。
 もう半分は諦めている。価値観が違うのだから仕方ない。相手は軒下に物を積む習性があるし釘が大好き。異なる文化や価値観の人間が共存すると言うことはこういう事なのだ。
 俺の意見は違うよ、どうしてそう言うことをするかねぇ、そんなことを感じながらも、空間と時間を共有しながら生きていく。島国日本に居ながら、ヨーロッパに住んでいるかのような緊張感が味わえる。田舎も捨てたもんじゃない(笑)。
 広島のマンションで年代や価値観の近い人と平和に暮らし、「両親は田舎で元気にしています」と言うよりも、田舎の妙なシステムに戸惑いながら、糞ジジイ糞バアアがバカ息子バカ嫁と暮らしていく方が、子供の国際的な感覚を養うには良いかも?と感じる事が有る。まあ、屁理屈と負け惜しみだけどね。

 今日は花火大会が有るので少し早い時間にスイミング。元気のよい小学生と中学生は来ていなかったので楽かな?と思ったけど、難しげなドリルが主体で楽では無かった。
 最初が200mの板キック。最初の頃のような本当に半死に状態では無いけれど、まあそれなりにキツくてたまらない状態で進んだ。悲しいことに3名後からスタートしたエイミーちゃんに抜かれた。下克上である。
 エイミーちゃんは体格が全く違うので仕方がないのだけど、それを言い出すと今村優は私と全く体格が変わらない。でも彼女は女子エリートのスピードで泳ぐ。と言うことは今村優と同じ速さで泳げるように成るまでは、体格を言い訳に使うことは出来ない訳だ。なんか苦しい環境に成ってしまったなぁ(笑)。
 先生にパドルで左肩を痛めた話をしたら、「力で掻こうとするから」「前半は進めるだけ、力を入れるのは最後だけ」等と言われた。まあ予想していた答えだった。情け無いけどそこを直せば速くなる訳だから解りやすいとも言える。

スイム 1.1km
バイク 20km

| | コメント (2)

2009年8月20日 (木)

楕円に望みを託して

0820 縮小画像では真っ黒で解らないけど、クリックして拡大したら52Tのチェーンリングが見えてくるはず?の画像。
 CADを使う仕事が少しあって、楕円を掻いていてふと思いついて掻いてみた。買うと2万くらいするけれど、鋼板で自作すれば安く出来そうな気がする。
 私の楕円使用歴は40年くらい前にさかのぼる。中学の通学に使っていた自転車はブリヂストンのセミドロップタイプ。コイツのフロントがオーバルギヤだった。その時は何も感じなかったけど、違和感も覚えなかったので、私の脚は楕円ギヤに適しているのかもしれないわけだ。
 この自転車のリヤはオーテル?と言う外装5段変速に自動変速の内装2段を組み合わせた物だった。ローギヤの外側のリングを回すと、自動変速する速度の閾値が5段階?で変更できた。これはたまに変更しては差を楽しんでいた。
 タイヤは三角断面のトリクルだったかトリアルだったか、そんな名前のタイヤ。コイツは直ぐに減ったし交換タイヤは普通のヤツだったので違いは良く解らなかった。
 丁度、電池を何本も入れてフラッシャーがピカピカ流れるような自転車が主流になりかけていた頃。でもそう言うのは本物じゃない気がして、ピカピカは無いけど屁理屈っぽいギミック満載の自転車を買って貰った。今にして思えば平均的じゃない中学生だったのかもしれない。

 今日も走った。世界選手権に影響されてトヨタグランドで。グランドに行ったらいつものRCの人に加えてルーカス君が来ていた。気に入ったスパイクが半額だったので買ったらしい。金色の限定モデルでカッコイイ。触ったらメチャ軽かった。
 スパイクピンが段々短くなってきている話など、長距離には余り関係の無い話をしてからダラダラとスタート。
 100mを5本。と400mを5本走った。本当は100mを10本くらいやるつもりだったけど、暑さとキツサでギブアップした。でも横でルーカス君が走っていたので止めるわけにはいかず、400mに切り換えてみた。
 400mはかなり押さえて入ったつもりだったけど、この気温と今の体力に対して無謀だった。3本目で目の奥が白くなって止めたくなった。でも溶材屋のお姉さんが来てアップを始めたので止めるわけにはいかなくなった。仕方なく残りの2本を終わらせて半死にで終了。
 帰り道は意外と脚が動いて不思議な感触だった。明日か明後日には筋肉痛がやってくると思う。

ラン 13km

| | コメント (5)

2009年8月19日 (水)

やっぱ筋肉でしょ

0819 陸上の世界選手権を息子達と見ている。競技が変わっても感じることは同じ。息子達の感想も同じ。「筋肉量が違う」「違う競技の選手みたい」。。。
 水泳の時はこういう感想を持たなかった。そして陸上よりも世界のトップと対等に戦っている場面が多かったように記憶している。
 アメリカのハイスクールに行ったルーカス君、次男が向こうのメニューを聞いて相当違うと驚いていた。雨降りじゃ無くても相当筋トレをやっていると。
 異論反論有るとは思うけど、まずは同等の筋肉量からスタートだろう。排気量の少ないエンジンでレースに出るヤツは居ない。

 写真は整備中のボール盤。ユンボとか増えてきたので、ホームセンターの13mmボール盤では刃が立たない作業が増えてきた。と言うことでアシナの16-19mmクラス。新品は買えないので当然古ーーーーい中古。
 安いから期待してなかったけど、届いてから驚いた。100kgくらい有りそう。卓上なのに地面に置いて胸元まで来る。ホビー用の大きめのフライス盤よりも剛性が高いんじゃ無かろうか。
 精度とか使い勝手とか耐久性とか言う前に、まずはでっかいベースにぶっといコラムだろ。そんな声が聞こえてくる。

 そんなわけで筋トレでもしようかと思ったけど、なんか面倒だったので単純に走ってきて終わりにした。ハハハ、やっぱり駄目だ。これでは。
 救いは調子がそれほど悪くなかったこと。この気温で昨日も走っているわけで、その状態から想像するよりもずいぶん調子よく走れた。特に峠の登りの感じがよい。

ラン 13km

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

巻き貝三昧

0818 サザエとアワビを貰った。いつも書いているけど私と我が家はもらい物で生きている感があるなあ(笑)。ありがとう御座いました。
 下の家の人がこう言うのが好きなので、お裾分けして残りは晩飯に消えていった。色々考えたけど直ぐに食べたかったので、アワビは薄切りの刺身に。サザエは醤油かけて焼いた。
 どれも美味しかったけど、小さめのサザエを全部いっぺんに口の中に入れて食べるのが一番美味しいような気がした。
 写真を撮ってみたのだけど、何が何だか分からない絵になってしまった。そう言えば海の中でサザエはこんな感じで見える。凄く大きいと思って浮かんでみたら意外と小さかったりして。高校生の頃は大島に良く採りに行った。

 最近の流れではスイムの日だけど、左肩が少しだけ変なので走ることにした。それなりに暑いけど身体も慣れてきたのでまあ良いかと。
 スカイセンサージャパンを裸足ではいた。雨降りの日にゲルフェザーで作ったマメが気になるけど、どうにも成らなかったら歩いて帰ろうと思ってスタート。
 西中までは何ともなかった。水を飲んで裏の峠を越えるあたりから左足の土踏まずに違和感が出てきて、トヨタグランドに着く頃には痛みに変わっていた。
 グランドでもう一回水を飲み、溶材屋のお姉さんが来ていたので直鞍一周駅伝の話をした。今年は「のおがたレディース」でチームを作るので助っ人に来て貰えないらしい。残念だけど仕方ない。筑豊の女性ランナー達に負けないように走ろう。
 マメが痛かったけどいつもの峠道を越えて帰ってきた。帰ってから足の裏を見るとはっきりとマメが出来ていた。ゲルフェザーで出来たマメは白くなっている。その5mmほど横に新しいマメが有る。

ラン 13km

| | コメント (2)

2009年8月17日 (月)

再メッキ

0817 朝一にメッキ屋さんに行って、黒色クロメート処理する部品を渡してきた。ひきかえに出来上がっていたレギュレータの部品を受け取り。
 このレギュレータはヤマハDX250のレギュレータらしい。DXと言えばRDの一つ前で、リードバルブの無いピストンバルブのモデル。クランクケースや空冷フィンのデザインなどは、丸みを帯びたRDよりもシャープなDXの方が好きだったりする。
 そう言えばこの時代までは車名のアルファベットと排気量や用途がはっきりと意味づけられていた様な気がする。F;50cc、H;90cc、A;120cc、D;250cc、R;350cc、と。
 その次はXがロードモデルでTがトレールモデルだったか?そしてなぜか初代だけAT-1で次はAT-125と数字も併記されるように成っていたような。

 普通の機械式レギュレータの整備では、リレーのコイル芯や接点がベースプレートにカシメて有るので、ベースプレートの再メッキは困難。でもこれは内部を撤去して半導体式に入れ替えるのでベースプレートをバラバラにして再メッキできた。
 メッキはオリジナルに忠実に(黄色の)クロメート処理。大まかにはユニクロとかと一緒の電気亜鉛メッキの仲間で、最終的な表面処理の関係で黄色というか金色がかった風合いに仕上がる。
 比較的コストが安くて防錆能力に優れているけど、黄色の見栄えが好まれないのか、見えない所に使われている事が多いような気がする。

 今日は予定の休養日。トレーニング的な事はしなかった。でも家の廻りの事でチョコチョコ動き回っているので、適度な運動には成っていると思う。
 夕方に滅茶苦茶腹が減った。本当のところは良く解らないけれど、順調に回復している身体が栄養を欲して居るのだと思いこんでいる。

| | コメント (4)

2009年8月16日 (日)

練習のメリハリを考えよう

 午前中はバイキングの練習会。今日は長崎から池形さんが来ている。彼がバイクに参加すると速度が若干上がるし、それ以上に速度変動が大きくなる。増田明美が「この揺さぶりが世界の10000mなんですねぇ」等と言いそうな感じ。
 前回は早々にちぎれてしまった。そこで今回はイベントが発生しそうなタイミングの前には、集団の前に位置するように心掛けた。
 神湊まではそれほどキツくないペース。でも以前の私ならここでちぎれていたはず。神湊の信号を左折した所から最初の揺さぶりが始まる。そう予想していた私はこの時点で2番手位をキープするように動いた。
 緩い上り坂だというのに集団の速度が一気に上がった。必死で食らいついて一つめの登りを超えた。ここで池形さんが仕掛ける。下りで信じられないような速度に成るが、ここでちぎれたら次の登りで追いつける筈が無いのでがむしゃらに付いていく。
 なんとか作戦は成功し、4名の先頭集団に残ることが出来た。例の優チャンはここでちぎれた。勝った。でも力の差ではなくて作戦勝ち。
 あとも何とかついて行けて、成田山のヒルクライムも死なずに3本こなせた。さすがに今回は酒見さんに追いつけなかった。いつかは実力で追いつけるように成りたい。

 ランはユリックスの外周路で、5km、3km、2km、の合計10km。10kmのペース走を分割するようなイメージで、と言われたので、平地ならキロ4分。起伏があるから4分15秒くらいか?と思いながら走った。
 最初の5kmが21分05秒?だったと思うので、キロ4分13秒となる。まあ予定通りかと思う。でも、来週がインカレということで、JPNマーク入りのハイレグ水着に成って本気モードの優チャンには完敗だった。年の差も有るけど彼女の追い込みかたには感心した。

 帰り道で考えた。バイキングの練習会は私にとって強度の高い、良い意味でのポイント練習に成っている。しかし土曜日の夜に13kmの起伏走をやったりしているので、51歳の身体は全然回復できていない。
 ポイント練習と考えるのなら、前日の疲れを残したままでは効果が低いような気がする。もっと疲労を回復させて、ベストに近い体調で練習に望むべきでは無かろうかと。
 と言うことは土曜日の夕方から夜にかけての練習は止めにして、最低でも24時間を空ける意味で土曜日は早朝に走るのが良いかもしれない。

 帰ってから直ぐに昼飯を食い、ガレージの工具の整備や整理をした。少し疲れが有ったので、アイスクリームを食べながら食卓のテーブルで30分くらい寝て、家の前の坂の生け垣を剪定ばさみで切った。
 そのあとは裏の土地の石垣が壊れている場所が合ったので、ユンボに乗って行って一旦石を壊してしまい、或る程度掘り起こしてから石を置いてみた。
 石積みもユンボ操作も素人がやるのだから上手くできない。でも崩れたままよりは良かろうと思ってやってみた。また崩れたらやり直したらよい。何回かやっていれば何とか成ると思う。
 久し振りにヤブ蚊の大群に刺された。短パンでやっていたのでえらい目にあった。太腿から下だけで30箇所以上は刺された。でも暑さの方が酷かったのであまり痒くなかった。

バイク 70km
ラン 10km

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

違法行為かもしれない

0815 今日は仕事と家のことを色々やったわけだけど、その一つとしてユンボのバケットにフックを付けた。
 掘り起こした木の根っこを運んだり、バケットに乗らない物をワイヤーで吊るため。バケットの角にワイヤーを引っかけた状態では少し危ない感じがしたので、買ったときからやりたかった。
 フックは以前にナフコで買っていた0.3tか0.35t用の外れ止めが付いたヤツ。これの背面をバケットに合うように少し削り、三角のリブを追加して溶接した。
 ちょっと使ってみたけど凄くよい感じ。外れ止めのスプリングを付けたままで溶接したので、焼き鈍しされてバネ性が無くなってしまったのは失敗。ピンを抜いてピアノ線ででも作り直そう。

 順序が逆だけど(笑)、付けたあとで調べてみると、あまり宜しくない行為だと言うことが解ってきた。まず基本的にユンボで吊ってはいけない。まあこれは解る。シリンダの横にカウンタバランス弁が付いている訳でも無いし、吊ることなんか想定外だろう。
 とは言ってもそう言う作業が出てくるのは作業をやっていれば当たりまえで、例外的に色々条件を付けて認められているらしい。
 その中に、認定を受けたフックを認定を受けた作業者が溶接しろと言う文章がある。こまったぞ。。。我が家のユンボはナフコのフックを素人が溶接てしまったのだが。
 個人の敷地内で個人的な用途に使うなら良いのかもしれないけれど、最低でも認定品とやらを使った方が良かったのかもしれない。
 B-12のバケット容量は0.06立米。土の比重を2とすれば120kgに相当する。実際に石をバケットで運んだりした感じでは、半分の60kg程度なら割りと安定して居るように感じた。
 買ってきたフックは300kg用なので、60kgまでの物を吊るとすればスペックに対する安全率は5倍。下手な溶接や設計と違う向きの荷重に依って5倍の応力集中が起こって、やっとスペック通りの荷重条件に成る。
 作業は基本的に一人でやる。自分でワイヤーをかけて操縦席に戻り、ブームをジワッと持ち上げる。心の緩みが無ければ大丈夫じゃ無かろうか?というのが今の気持ち。

 今日も走った。本当は暑いので泳ぎたかったのだけど、左の肩が痛くて泳ぐのはしばらく止めた方が良さそうな気配がある。
 走り出して直ぐに肩の痛みを感じた。止めるほど痛い訳じゃ無いけど、はっきりと痛いのを感じる。泳いでいるときと場所が少し違っていて、走ると肩の後の方が痛い。
 小雨が降っているので肉体的には楽。なかなか良いペースで走ることが出来る。でもペースを上げて腕振りが大きくなると痛みも大きくなる。
 悩ましい。明日はバイキングの練習会が有るのだけど、あそこでマジの練習をしたらもっと痛く成りそうな気もする。ユルユル走るならいく意味が無い気もする。悩むなぁ。

ラン 13km

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

肩が痛い

 昨日組み立てた機械を試運転。ゼロ次試作とでも言う部品で動かしているので、基本的な動作には不安は無いのだけど、全体的な見栄えとか使い勝手とかメンテナンス性とか、そんな分野を考えながら弄ってみた。
 暑いガレージでやっているので、30分くらいでTシャツがビショビショになる。機械の耐熱試験になって良いかも?

 とは言ってもあまりに暑いので昼過ぎから泳ぎに行くことにした。走るのが手っ取り早いのだけど、ケツがデカくて自転車の速い某選手が、今年はランを真面目に練習しているのが気になる。私も苦手種目を克服しようと。
 クロモリのロードでB&Gまで。最短距離を通ろうとしたけど、思い直していつもの如来田越しの遠回りコースで。
 子供が多いかと心配していたけど、私以外に5名しか居なかった。そのうちの3名は最近いつも見る若いお母さんと幼児2名。あとは小学生と中学生の女の子が1名ずつ。
 一番端っこのコースで泳いだ。パドルを使って手の軌跡を確認し、しばらくして慣れたら後半力強いプッシュを意識してみた。
 意識し始めた直ぐくらいの時、左の肩に違和感が走った。違和感と言うよりも痛みに近かった。そのあとは特定の動きをすると痛くなってしまった。
 ああ、私もとうとうスイムで肩を痛めるように成ってしまった。これも一流選手への通過点かもしれない。帰ってから嫁さんと息子に言ったら予想通りにバカにされた。
 肩が痛いので、きをつけの姿勢でキックのみで進み、クロールの息継ぎをやるドリルを練習してみた。私の苦手とするドリルのひとつ。
 かなり難しくて苦しい。25mを行くのがやっとだったりする。でもこれを4本くらいやってからかるーくクロールを泳ぐと、息継ぎが短く綺麗に出来るように成った気分が・・・少しだけ。

スイム 1.6km
バイク 20km

| | コメント (2)

2009年8月13日 (木)

組立

 昨日の夕方引き取ってきた板金部品を組み立てた。1組はうちで組み立てて検証し、もう一組は客先で組み立てて試験してもらう。
 設計的に手抜きというか、微妙な干渉部の取り合いとかは現合で決めようと思っていたので干渉が多発(笑)。
 詳細に図面を書いて検討するよりも、目の前に物があって二次試作くらいまでやるのであれば、現物を見て形状とかデザイン性などを考慮しながら決めるのもアリだと思う。
 何十トンもある製鉄機械とかでそれをやると、大変な事になってしまうけど・・・。

 用途とか製品の使われる世界によって違うと思うけど、今回の製品で考えていたのはシンプルな設計。
 誰が見ても構造が直ぐ解る。故障しても故障箇所が直ぐに特定できる。壊れても自分で部品を作れそうな形をしている。こんな単純な構造なら誰でも思いつくわと思う。そりゃここまでバカみたいな構造にしたら安くなるでしょと言いたくなる。で、普通に動く。そんな機械を私は作りたい。

 雨が降っていたけど走ることにした。今朝だったか昨日の夜だったか、夏見円選手の小特集を見たから。彼女は雨の中を走っていた。彼女が広島にいた頃グラススキーを履かせて貰って握手して貰った記憶がよみがえる。
 濡れた靴下が嫌なのと新しいスカイセンサージャパンを汚したくなかったので、裸足にゲルフェザーを履いて出た。やっぱりこっちの方がしっくり来る。
 昨日よりも体温を低く保てるので、ペースは若干速い。肉体的な負荷は同じくらいか?胃腸の負荷は今日の方がずいぶん軽いと思う。
 室木に抜ける峠を登っていたら、左足の土踏まずにマメが出来始めた感触が出始めた。やな感じ。私は扁平足なので土踏まずにマメが出来ることが有る。
 だましだまし帰ってきたけど、靴を脱いでみたらしっかりとマメが出来ていた。同じ様な事をしなければ、2-3日でくっついで2週間くらいで皮が剥がれてくると思う。

ラン 13km

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

レーザーが壊れた

0812 いつも鈑金物をお願いしているところ、今回はなかなか完成の連絡が無いのでこちらから電話してみたら、「実はレーザーが壊れて抜きだけ他所に出してるんです・・・」だと。
 それでも何とか盆前にと頑張ってくれたみたいで、今日の夕方になって完成の電話が来たので取りに行ってきた。いつもありがとう御座います、早川プレテックの社長と従業員の皆様。
 その足でメッキ屋に寄ってみたけど、盆前で17:00を過ぎて居たのでさすがに締まっていた。うちの分は缶スプレーで塗っても良いけど、客先に送る分は黒色クロメート処理しないといけないので、こちらは盆明けにでも依頼しに行こう。

 汗で身体がベタベタする。Tシャツが自分で解るくらい臭い。ついでなのでそのままの格好で走り出した。
 笠松小学校の信号で、向こうから来た黒いデカい車の運転手がこちらを見ている。良く見たら森下さんだったので軽く挨拶。今は久住で合宿の筈では??
 いつものコースで西中経由の給水。夏休みで中学生が使わないからか、水道水が温くてかび臭い。全然美味しくないけど飲まないとぶっ倒れてしまうので飲む。
 室木に抜ける峠の登りだけは少し意識して走った。先日のユリックスの周回路ランで、登りで引き離される事が多かったから。
 ペースを押さえていたけど、それでも汗がダラダラでてきりがない。エイミーちゃん家のプールで涼ませて貰おうかと思ったけど、そうすると最低でも30分は出てこられない気がしたので止めた。

ラン 13km

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

汗の入ったFR301

0811 たまには仕事の事も書いておかないと、「毎日気晴らしでいいですね」とかメールで書いてくる不届き者が居るので(笑)、ちょびっとだけ。
 電源が直ぐ切れるというForerunner301の修理。中を開けてみるとこんな感じで腐食し始めていた。
 左側のコネクタ部分は最悪はジャンパでも飛ばせば良いけど、右の方は嫌らしいな・・・と思いながら温水で洗浄して作業を進めていくと、コネクタ部の腐食の方が凄いことが解ってきた。
 黒いプラスチックのカバーをはぐってみると一面錆だらけ。右端の端子は真ん中が無くなっていた。スルーホールと裏面のパターンは生きていたので、別の部品取りから端子を剥がしてきて半田付。
 あとは接着剤で根本を補強し、他の部分の損傷を調べていくことになる。普通は端子が無くなる程の腐食だと、見た目ももっと広範囲に凄い事に成っているのだけど、今日のはピンポイントの腐食だったみたい。

 スイムの自主トレ。行く前になって或る程度強い雨が降り出したので軽トラで行くことにした。何となく脚に疲労感が残っているような気もしていたので、神様がそういう風にし向けたのだと思う。
 昨日の薪割りで、手のひらの筋肉と脇の下あたりの筋肉の一部が筋肉痛。薪割り程度と思っていたけど、久し振りにやるとそれなりの強度に成っているらしい。
 珍しくプールには20台から30台と思われる男性が2名泳いでいた。そのうちの1名から話しかけられたので話してみると、近所の人だった。小さい頃にイトマンで泳いでいたらしく、真面目に練習したそうだったので宮若スイムクラブへの入会を勧めておいた。
 基本的にパドルを使って腕の軌跡を矯正して、そのあとで普通に泳ぐことをやってみた。やっぱり左の息継ぎの方が綺麗に泳げる。でも片手クロールだと左手の方が遅い。
 話したお兄ちゃんが横にいるので、何となく気合いが入る。そう言えば強度の高い泳ぎをしてないなと思い、25mを力を入れて泳いでみたら19秒くらいだった。数本泳いだけどだいたいそれくらい。
 タッチしてから顔を上げて自分で時計を見ての19秒なので、人に計測して貰ったら18秒くらいが出ていると勝手に思いこむ事にした(笑)。このペースで1500mを泳いでやっと18分。。。はぁ。。。としか言えない。

スイム 1.2km

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

オーバーサイズピン

0810 ユンボのブームとアームを繋いでいる所のピンを作った。前回のスイングみたいに楕円にする必要は無かったので、製作自体は簡単だった。
 強いて言えばアームに圧入してあるブシュの内径を、アジャスタブルリーマで拡大/修正するのが肉体的に大変だったくらい。
 寸法的にはブーム側の受けをΦ30.30mm、アーム側のブシュをΦ30.35mm、ピン外径をφ30.30mm。くらいのイメージで加工した。
 客先の検収が有る訳じゃ無いので、まあいい加減と言えばいい加減(笑)。でもほぼ狙い通りに出来た感じ。ゼロゼロの所はシリンダを操作して穴を合わせ、大きめのハンマーで叩き込んだらしっくり嵌った。次にバラすときには適度なガタが出来ているはず?
 1箇所ずつだけどピンのガタが無くなってスムーズに成っている。するとおかしな事に残っている未作業のピンのガタが大きくなったと感じてしまう。次はバケット廻りか。

 今日の疲労は休む程じゃ無かったけど、ちょうど薪割りの仕事があったので上半身の筋トレがてら薪割りをした。
 節があったり曲がっていたり、変なのしか残ってないから凄く苦労した。しかも蚊が多くて何カ所も刺されて腹が立った。

 昨日の練習会。バイクは勝ったけどランの1000mで負けた丸顔のオネエチャンが気になったので調べてみた。Tシャツの下に「JPN」と書いた水着を着ていたので只者じゃ無いことだけは解っていたけど。
 今村優、JTUの強化C指定だと。。。強いはずだ。身長と体重が私とほとんど同じなので良い目標になる。スイムが速いらしいので、今のままだと3種目の合計で負けてしまう。
 女子のエリートと競うのは分不相応にも思えるけど、50代エイジの上位と女子のトップとは同じくらいのタイムに成る事が多い。
 と言うことは、エリート女子に勝てるくらいじゃないと、50代で勝てないことを意味する。書くのは簡単だけど、具体的に考え出すとなかなか厳しい話だったりする。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

犬を轢く

 道の駅宗像の少しだけ波津よりのところ。ゴルフ場とか魚料理屋とかがポツポツと有る辺り。私にしては珍しく先頭に出てガンガン漕いでいた。45km/hくらい出ていたと思う。
 左手の駐車場にオッサンが立っているのが見えた。その横を通り過ぎようとしたとき、オッサンの横から白い中型犬がのそのそと道を横断し始めた。
 反射神経とか迅速な操作とか、そんな次元のタイミングじゃ無かった。犬が気がついて急いだのか、私が無意識にハンドル操作したのか、その両方なのか解らないけれど、身体の中心ではなくて右の太腿の付け根辺りに私の前輪がぶつかった。
 ドンッという嫌な衝撃が手に伝わった。無意識のうちに必死で立て直した様で幸いにも転倒はしなかった。チェーンが外れたのでディレーラを操作してゆっくり漕いで何とかはめた。

 気が動転していたけど、他にも人が居たので平静を装って軽く各部をチェックした。大きな問題はないけど前輪が振れている感じ。クラックとかは家に帰ってから見るしかない。
 私は犬好き人間。犬のことが気になったし、もし自転車に大きな問題が有ったら費用の相談もしないといけないので、衝突場所まで戻って犬と飼い主かな?と思われるオッサンを探した。
 でも誰もいなかった。店からも誰も出てこなかった。駐車場の車にオッサンが乗っていてこちらをチラチラ見ていたけど出てこなかった。仕方ないので帰ることにした。
 落車しなかったのは不幸中の幸いだった。後の2台?も巻き込まれずに済んだのも良かった。犬も死にはしてないと思う。大腿骨頸部骨折くらいで済んだんじゃなかろうか。
 心配なのは、私のよそ行きホイールのエアロネロとふぇすちな号のカーボンフォーク。買い換える金など無いから、無事を祈りながらチェックしよう。

 練習内容的にはバイクの前半で先頭集団からちぎれた。これは力が無いのが主因だけど、それをカバーする判断力も無かった。力の弱い者は集団の後方で展開してはいけないことを実感した。特に登りが始まるタイミングとか、誰かが仕掛けそうなタイミングでは前に居ないとヤバイ。
 そのおかげで単独走行だったり、第2集団を引っ張ったりの経験が出来たのは良かった。たまには金魚の糞と違った走りも悪くない。
 ランは2kmを2本。1kmを3本のインターバル。途中で大腿四頭筋の膝頭よりが痙攣しかけてしまい、1kmを1本だけサボった。
 軟弱では有るけれど、そうなってしまってからの判断としては良かった。前回は攣った状態で無理して走り、数日間はトレーニングが出来ないくらい痛めてしまったから。攣りかけはごまかせるけど、攣った状態で走ってはいけない。
 取りあえず、犬の無事と早期の回復をお祈りしております。ワン!

 あっ、書き忘れた。成田山のヒルクライムで酒見さんに勝った。じわじわ追いついてきて追い越すとき、付いてこられたら嫌なので「ぐぁー!!!!!」と大声で威嚇して一気に追い越した。普通は勝てる相手じゃ無いので、勝ったときくらい大きく書いておこう(笑)。

バイク 75km
ラン 6km

| | コメント (2)

2009年8月 8日 (土)

道をひらく

0808 小学生の時だったと思う。家にあった「道をひらく」を読んで面白いなと思い、ランドセルに入れて学校に持って行って休み時間に読んでいた時期があった。
 でも経営の神様には成れなかったし、人の道を説くような人物にも成れなかった。唯一の成果?と言うか不思議な縁は、PHP研究所に勤めていた嫁さんと結婚したことくらい。

 何処かに書いたけど、庭の1段下にある敷地には梅の木がびっしり植えてある。その中の5-6本が駄目になったようで、爺さんが切った。土地が空いていると我慢が出来ないタイプなので(笑)、空いた空間にはミカンの苗木が植えてある。
 切られた梅の木の根っこが気になるのでユンボで全部掘り起こした。掘った跡には何となく見通せる線が出来た。その線に沿ってバケットと排土板を駆使して?造った道がこれ。
 写真では斜度が全く解らないけれど、ブームを伸ばして上に向けてじゃ無いと通れないくらいの斜度が有る。コブがあったら滑り始めるまでに5秒かかるくらい。
 やってみて解ったけど、道を造るのはユンボがあっても結構大変な作業だった。裏の敷地も道を通したい所があるし、石垣が崩れている所もある。かなり時間がかかりそう。

 夕方になっても暑いのでプールにでも行こうと思っていた。取りあえずシャワーを浴びて扇風機の前に寝そべったら気持ちいい。そのままボーッとしていたら眠たくなってきた。
 子供は動くときは動く。腹が減ったらガツガツ喰う。眠たくなったら所構わず寝る。そんな生活パターンだから、どんどん成長するんじゃ無かろうか・・・そんな言い訳みたいな事を考えていたら、1時間くらい眠っていた。起きてからは家の廻りの草刈をしてお終い。
 最近は寝るばっかりやなあ・・・と思う。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

夏が来た

 暑い。久し振りに35度前後の気温に成った。夏らしくないなあと思っていたけど、成ってみるとやっぱり暑い。なんもやる気が起きない。
 こんなときに限って、ドリドリ3号の減速バージョンの仕事をしている。45度を超えるガレージで必要な寸法をスケッチして、PCの前に戻ってきてCADで検討図を書く。スケッチしている紙に汗がポタポタ落ちる。
 ドリドリ1号の時に悩んだのが肥やしになっていて、3号はわりとスムーズに案が出てくる。なかなか宜しい。これで気温が30度前後ならもっと宜しいが。。。

 今日はスイミングの日。自転車で行くのは止めようかと思ったけど、皆生はもっと暑いと思い直して自転車で出掛けた。ちゃんと如来田越しの遠回りで行った。
 行くだけでヘロヘロに成ったのでバリューでジャイアントコーンを買って食べた。ここだと98円なので助かる。
 今日は速い組がほとんど居なかったのと人数が少なかったので、各コースに並んで一斉に同じドリル。肉体的にキツクはない。でも身体が固くて動きが悪いので出来ないのが多い。

スイム 1.4km
バイク 20km

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

今日から裸足

 仕事が終わってから走りに行った。新しく買ったスカイセンサージャパンもだいぶ馴染んできたので、今日は裸足で履いてみることにした。何となく身体もだるくてペースが上がりそうに無かったので、慣熟には丁度よかろうと。
 最初は右の甲の内側よりの部分が擦れる感触が有った。でもこれはそれ以上悪化することはなく、甲の皮が擦れてしまうような問題も起こらなかった。
 10kmを過ぎた辺りから、左の拇指球の一番内側寄りにマメができはじめの感触が出てきた。嫌だなあと思いながら走り終えたけど、マメまでは行かずに済んだ。
 今日の感じだとハーフ以降でマメが出来始める位かと思う。合ってないことは無いけれど、やっぱりゲルフェザーの方が私の足の形には合っている気がする。ただ、スカイセンサージャパンの方が実測も感触も軽いのは良い。

 帰ってからシャワーを浴びて、まだ明るかったのでユンボで下の敷地に行って抜根作業をした。
 10本くらい植えてあった梅の木のうち、3本くらいが切り倒してある。理由は解らない。その直ぐ横にはミカンの苗木が4本ほど植えてある・・・。ミカンは気に入らんけど、梅の木の根っこは邪魔になるので抜いておこうと。
 ここは屋敷から一段下がっていることもあり、少しじめじめしていて表面がぬかるんでいる。ゴムキャタだとかなり滑ることが体感できた。丁度力丸君に荷物を満載して登る感じ。同じ構造だから当然か。
 近所の何でも屋の車屋のオッチャンが「山で使うなら絶対に鉄キャタ!!」と言っていたのが少し解った。でもゴムしか無いからゴムで工夫して行こう。

ラン 13km

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

2tで8,400円

 昼過ぎに廃棄物の業者が来た。年配のオッチャンと30代くらいの男性の組み合わせ。電話したときから感じていたけど、礼儀正しい態度ときちんとした仕事ぶりに驚いた。値段はアオリの高い2トン車一杯で8,400円だった。
 昔、広島で大型ゴミを処分場まで持ち込んだとき、横柄で、面倒で、やる気が無い、業者か市の職員か知らないが、そんな対応が記憶に残っていたから。
 植木鉢を積む間、爺さんが縁側からずっと見ていた。ちょっと心が痛むけど仕方ない。爺さんと婆さんだけが暮らして居る訳じゃない。私たちの世代も、子供達の世代も、一緒に暮らしている家であり、町である。ちょっと泣いて貰おう。親鸞聖人も許してくれると思う。
 別のことも考えた。蔵を壊した廃コンクリートブロックを、爺さんは「使うから降ろせ」と言って業者のトラックから降ろさせた事を。私が居なかったら今回も「降ろせ」と言ったかもしれない。。。ああ、あのブロックも処分しないといけない。

 数日走ってないので順番的にランの日。ちょっと距離を伸ばしたかったので本城のトイレまでのコースを走ってみた。暑いので西中経由にしてきっちりと4km毎に給水した。
 今日のペースは胃腸基準。胃腸で水を吸収し、それが汗となって体表面に吹き出し、それが気化して身体から気化熱を奪う。その奪われた熱量と走ることによる発熱が等しくなるイメージ。簡単に言うと酷暑のトライアスロンとかウルトラマラソンを延々と走り続ける事が出来るペース。
 最初はどうしても飛ばしすぎてしまうけど、後半になったらまあまあ納得できるペースに落ち着いてきた。途中から玄海100kmのコースを走ってみた。草は少ないけど凹凸が有って走りにくい。
 帰ってから直ぐの晩飯も問題なく食えた。なかなか良いペース設定だったと思われる。ただ、これで10時間走れるかどうかは解らない。
 "走るのが速くなる"とか出ていたので、コーヒーを飲みながらテレビを見ていた。内容は目新しい事は何も無かったけど、一瞬だけ見覚えのある黒い女の子が出てきてコーヒーを吹いた。
 この記事を書きながらブログを見たけど、どうやら見間違いでは無かったらしい。そうか、年寄り相手にああいった運動指導をしているわけか。競技とは違うけどそう言った分野の専門家でも有るわけね。こりゃ勉強もしないと追いつけないな。。。

ラン 17km

| | コメント (1)

2009年8月 4日 (火)

少し病んでいると思う

0804 朝食後にユンボで作業していたら、婆さんとちょっとゴチャゴチャあった。いい加減頭に来たので、以前から気になっていた植木鉢関係を全部捨てることにした。
 庭の横と納屋の裏と木小屋の横と軒下に置いてある。1/3くらいは土に埋もれていて、残りの1/3くらいは草が覆っている。こちらに帰ってきたときに捨てようとしたら、「植木市に行くたびに買うて来たと!!」と言い張って捨てさせなかった品々。
 敷地が広いから目立たないけれど、前から限度を超えていると思っていたし、今日のゴチャゴチャで少々頭の血管が切れかけていた。ツナギを着て手袋をして草の中から植木鉢を運び出した。
 想像を超える量だった。この写真は一休みしたとき。まだまだ残っている。纏めて買って来て、そのまま放置してあるのが大半なので、5個とか10個の組に成っている。ざっと数えたら、ここだけでも500個以上ある・・・。吐き気がしてきた。
 近くに置いてあった波板とかトイレの手洗いとか、排水管とかも凄い。波板はかつて新品だったと思われる物が40枚以上出てきた。
 爺さんと婆さんが来て、何か言っていたけど無視した。今日は私の目が殺気立っていたのか、いつもの様に高圧的でガミガミとは言わなかった様な気がする。と言うか聞こえなかった。

 一区切り付いたのでツナギを脱いでシャワーを浴びた。嫁さんが息子用に買っていたアイスクリームを勝手に食べた。畳の上に寝そべったらしばらく動けなかった。業者に電話してダンプを手配した。
 困難な内容であっても、物事にじっくりと向き合ってコツコツと進めることが出来る人は心の強い人だ。
 困難な部分を放置しておいて、後で勢いとか怒りの力を借りて一気に片付けてしまおうとするのは心の弱い人だ。
 買っただけの多量の植木鉢。どう考えても少し病んでいるとは思うけど、両親にとっては大事な物だったのかもしれない。。。
 年寄りの言動を気にしながら、自分の思うことも出来ずにウジウジと暮らしているお前は、典型的な日本の田舎の駄目男だ。。。
 色々な事を考えすぎると鬱に成りそうだったので、取りあえず今朝のことは全て忘れたふりをして仕事に取りかかった。

 今日は自主トレのスイム。火曜日のスクールが始まるまでの1時間強、B&Gのプールで泳いできた。
 SKPSのアップの後はパドルを使ってみた。筋トレ的な目的ではなく、正しい腕の動きを習得する方向での目的で。
 後半になって、キックを意識的に強く大きく打つと身体の線が安定する感じがした。パドルを外すとそうでもない。と言うことはパドルを使うときは普段よりも強いキックが要るのだろうか?
 今日の収穫としては、息継ぎの感じは良くなったかな?と言うところ。

 植木鉢の件に関しては、嫁さんだけが私を誉めてくれた。少し気持ちが落ち着いた。

スイム 2.1km
バイク 20km

| | コメント (12)

2009年8月 3日 (月)

バケットの肉盛溶接

0803 バケット底の大穴は先日塞いだので、今日は先端部の補修をちょびっとだけ。
 3本の爪を外したら、中央の1本の写真では下側になっている二股になっている部分が折れていた。ここは大きめに開先をとって溶接。
 爪の取付ボルトがナットよりも出ていて、外すときに難儀したのでディスクグラインダでツライチまで削った。
 バケット先端で爪と爪の間の部分が摩耗で海岸線みたいにへこんでいたので、ここは5kg500円で買った肉盛溶接棒(HF-330)で肉盛りして再生した。
 バケット側面の爪みたいな板の先端も激しく摩耗していたので、こちらもHF-330で肉盛溶接してオリジナルと思われる形状まで補修した。
 肉盛用の溶接棒を使うのは初めてだったけど、HF-330は凄く使いやすくて拍子抜けした。ただコイツは肉盛りしただけで耐摩耗性が高いタイプではなく、後で焼き入れ出来ますよ・・・的なヤツ。と言うことはそのままならゼロードと大差ないのかもしれない。

 今日はこれだけ。予想通りに土日の疲れが押し寄せてきたので、トレーニング系はなにもしなかった。水泳の最終日を見ながら手を動かして「1500mを14分半ばなら、25mを14.5秒ペースかあ・・・」等と考えただけ。

| | コメント (2)

2009年8月 2日 (日)

筑豊緑地

 午前中は地域の草刈。早めに終わったらバイキングの練習会の後半のランだけでも参加しようと思っていた。
 ところが予想以上に時間がかかった。汗でびっしょりに成った作業着を脱いで、水のシャワーを浴びてホッと一息ついたら行っても仕方ない時間になっていた。

 残りの時間はユンボのピン穴用として買った、中古のアジャスタブルリーマを手入れした。直ぐに昼飯になって、遊びに来ていたルーカス君と一緒に食った。
 昼からは家の廻りの草刈とか、家の廻りに放置してある薪になりそうな木をチェンソーで縦横に切っていった。
 下の方は土に同化しかかっていて、半分くらいは蟻の巣に成っている。見るだけで痒くなりそうな光景なので、取りあえず日なたに並べて蟻が居なくなったら割っていこう。

 夕方に成るにつれて段々と暑くなってきた。水泳の世界選手権をみているせいなのか、久し振りに50mプールで泳ぎたくなったので筑豊緑地へ。
 大会は一息ついたのか日曜日だからか、魚みたいな若いのは居なかった。同じ様な年配のオッサンばかり。これはこれでなんだかなあ・・・と言う雰囲気。
 200mのアップの後、50mを1分30秒サークルで回した。50秒で帰ってくればかなり楽。一人でも30分以上続ける事が出来そう。48秒くらいで帰ってくると、一人だと6本くらいで止めたくなりそう。司君と一緒なら10本くらい行けるかも?
 水の透明度が高い。泳いでいて凄く気持ちがよい。そしてB&Gよりも泳ぎやすい気がする。明らかに波はこっちの方が少ないし低いと思う。もっと頻繁に来たいけど、少々高いし遠いのがネック。

 帰ったら直ぐに晩飯だった。今日は自転車なので直ぐでも食える。皆で上田春佳のガタイの良さに感心していたらエイミーちゃんの話になった。
 とにかく良く食うらしい。そして食ったら寝るらしい(笑)。成長するためのお手本のような生活では無いか。「来年帰ってきたときは腕相撲で負けるかもしれない」とルーカス君が言う。半分はマジだと思う(笑)。
 遺伝子とか環境の話になり、次男が「設計図が有ってもコンクリートが足りないと大きなビルは建たないよ」と言った。なるほどね。

スイム 1.8km
バイク 43km

| | コメント (2)

2009年8月 1日 (土)

福岡トライアスロンフェスタ出ませんか?

 

福岡トライアスロンフェスタ(リンクは2008年の資料)参加選手募集します。このレースは3名のリレーです。今年は私と近所のトライアスリートでチームを組む予定ですが、もう一人がまだ決まってません。どなたか一緒にレースに出てくれる人は居ませんか?
 リレーですが1名の選手が3種目やります。距離はオリンピックディスタンスのさらに半分くらいです。初心者にとって一番のネックであるスイムは子供用の流れるプールです。水深は1m位しかなくてウェットの着用義務も有りません。自転車はロードレーサー以外での参加も居ます。
 トライアスロンをやってみたいけど敷居が高そうだ。海で1.5kmなんて泳げない。続くかどうか解らないのにウェットは買えない。スリックを履いたMTBしか持たない。。。こんな感じの初心者にピッタリの大会で、どのチームもシーズン最後の楽しみのためのレースとして出てきます。
 ちゅうことで、「ここは俺しか居ないだろ」「私が適任者でしょ」と言う人が居られましたら、この記事のコメント欄か、私に直接メールで連絡下さい。
 今年は10月4日(日曜)に開催です。参加費はJTU未登録者で11,000円です。裕福じゃないので自分の参加費は出してください(^^)。誰もいない場合は適当に声をかけて決めます。

****************************************************************
 昨日、板金工場に打ち合わせに行ったとき、「明日は休みですよね?」と聞いたら「工場は休みですけど私は出てますから、データはメールして貰ったら対応します」と言われてしまった。
 仕方なく(笑)、必死で図面を修正して昼頃に4枚のdxfデータとpdfデータを送った。久し振りにCADでぶっ続けに集中して作業した。疲れた。
 あとは少しだけ有った発送などを処理して、今日の仕事はお終い。16:00からインターハイの中継が有ったので見ていた。
 エリサちゃんのマイルリレーの予選が映るかな?と思っていたけど、まあ予想通りに各種目の決勝だけの放送だった。フィールド種目に成ったところで走りに行く。

 曇りで気温も低めなので走りやすい日だった。調子に乗って西中から本城のトイレ経由でルミエールに抜け、通行止めの道を通って鞍手町に出た。片側車線が全部流出しており、復旧にはかなりの時間がかかりそう。
 室木線跡を追うように走って行き、泉水越しを超えて倉久に抜けてからトヨタを横断して家まで帰ってきた。涼しいと思って本城のトイレ以降では給水をしなかったけど、帰ってから酷く喉が渇いていることに気がついた。
 時計を見るとペースもかなり速かった。脚も相当怠い。22kmでこの調子ではフルは当分走れないなと感じた。玄海100kmに申し込んでしまったけど、今年は途中でリタイヤするかもしれない。そのくらい走り込めてない感触がある。
 ただ、動きが良くなったのか10kmくらいまではえらく軽快にスピードが出る。でも走り込みが足りてないからそれ以上になると、ガツンと身体に負担が来る。こんな構図か?
 飯がなかなか食えなかった。やっとの事で1食分を食べたけどおかわりが出来ない。デニッシュっぽい食パンが有ったのでジャムを塗って食べた。これでも22km分のカロリーは摂れてない。
 喉は渇くので水分はガンガン取った。悪循環で胃が疲れてしまってさらに食欲が無くなる。まだ血糖値が低い感じがあってやる気が出てこない。
 嫁さんが散歩に行こうというので、帰りにローソンでアイスクリームを買って貰うことにした。ローソンからの帰り道にアイスクリームを食べた。これでようやく最低限のカロリーが確保できた感じ。
 本気で、こんな状態じゃ100kmなんか走れんぞ・・・。どうしよう。

ラン 22km

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »