« よくもこんなくたびれたバックホウが現役でいられるものだな | トップページ | 逆タップの成功率は低い »

2009年7月 5日 (日)

池形・武友・野崎・酒井・酒見・光安

 05:40に起きて朝飯を食べ、荷物を積み込んで近所のローソンで買いだし。ポカリの2Lと薄皮アンパンの「苺練乳」とか言うヤツ。薄皮シリーズ中ではこれが運動中に食べやすいような気がする。
 今日の目標はスイムを一生懸命泳ぐこと。スピードは遅くても良いから、スイムの肉体的な限界とか、その後の身体の変化を確認したかった。
 今までの私はスイム・バイク・ランの割合を、2:3:5みたいな感じで配分していた。スイムは頑張っても遅いし、最初で潰れたら後が大変、それに溺れてしまっても困るし・・・的なイメージで。
 でもこのままではスイムの限界が解らない。限界が解らないと言うことはどのくらい頑張ったのかとか、次はどの程度に設定すべきなのかとか、そのへんが把握出来ない事にも繋がる。
 その為に今日は、8:1:1とか6:2:2くらいのつもりで行こうと思っていた。バイクやランでリタイヤするのも覚悟の上で。

 しかし現実は甘くなかった。スイム能力が低い私の泳ぎでは、8割まで追い込むことなど出来なかった。ちょっと力むと直ぐにハアハア言って死にそうになるし、力を抜いたら今までと一緒。ジワーッと力を出し切って8割消耗するなんて、まだ100年早かった。
 今までと変わり映えがしないなあと思いながらスイムアップし、普段よりもゆっくりと着替えてバイクへ。暑くなり始めていたのでランのエネルギーを残しながら練習時の7割くらいの感じで漕いだ。
 今までは垂水峠を抜けて、宗像の道の駅が先に見えてくる辺りで先頭とすれ違っていた。今回は池形さんが居るのでもっと手前ですれ違うかと思っていた。ところが神湊を過ぎて勝浦の辺りで池形さんとすれ違った。ちょっと嬉しい。
 その後もポツポツと速い人とすれ違った。健司さんに抜かれたけど追いつけなかった。池形さんの奥さんにも追いつけなかった。
 必死になれば追いつけるくらいのパワーは有ったように思うけど、この暑さのなかで水分や食料の吸収速度を考慮すると、私の胃腸では今のペースが限界な気がしたので、そのペースを維持した。
 最近の2年間ほどは裸足で靴を履いている。100kmマラソンでも裸足。でも今回は新しいスカイセンサーなので靴下を履くことにした。シューロックも付けてないので紐も結んだ。
 ドリンクを1杯貰って落ち着いてスタート。相当暑い。バイクと一緒でボトルネックは吸収の速度。と言うことは脚や心拍にとってかなり楽なペースを維持しないと行けない。
 1週目はウォーミングアップ。2週目は我慢我慢。3週目に少しだけペースアップしてみる?位の気持ちで走った。結果的にこのペースは正解だった。
 強度を落としているので非常に楽に走れる。吸収も出来るので喉も渇かない。梅干しを食べても胃が吸収しているのが解る。ほとんどキツい感じが無いままで走り続けた。
 3週目になって酒見さんを抜くのは絶望的になったけど、前の方の見月君は抜けそうな気がしてきた。ペースアップしようと思ったけど、今のままで楽に綺麗なフォームで走った方が良いような気がしてきて、そのままのペースとフォームで走り続けた。結果的にこれが良かったのか、徐々に差が縮まって見月君も捉えることが出来た。

 タイトルの着順はすれ違った記憶で書いた。途中に一人か二人は入ってくるかもしれないけど、大きく違っては居ないと思う。先頭とのタイム差は大きいけど、こうやって並べてみるとそれなりの位置に入ったように見えるから不思議だ、ハハハ。
 スイムは不甲斐なかったけど、トータル的には年寄りクラスとして頑張ったと思ったので、帰り道でアイスを買って食べた。「爽」は変なヤツしか無かったのでジャイアントコーンにした。チョコが甘すぎた。

 帰ってから1時間ほど寝て、ユンボの作動油を買いに行った。ユンボの先生に聞いたところ、乳化したようなオイルは論外なので直ぐに交換しろと言われたから。
 農機用でギヤとか作動油と兼用油が有ったのでそれを買った。最適じゃ無いかもしれないけれど、少なくとも今の水が入ったようなヤツよりは良かろう。
 ドレーンの位置とかフィルターの構造とかサイズとか、色々見ていたら時間がなくなった。今日の所はここまで。

スイム 2.0km
バイク 80km
ラン 16km

|

« よくもこんなくたびれたバックホウが現役でいられるものだな | トップページ | 逆タップの成功率は低い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よくもこんなくたびれたバックホウが現役でいられるものだな | トップページ | 逆タップの成功率は低い »