« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

運動神経がよいって事

0630 アルゴンの残りがごく僅かに成ったので、朝食後はアルミ板にビードを置く練習をして空にした。突き合わせはだいぶ上達した。すみ肉は上手く行かない。
 練習した板を見て思った。自分の気持ち的には練習という感覚はない。楽しくて楽しくて仕方が無い程では無いけれど、上手く行かないのが納得できず、色々と工夫したり、上手く行ったら少し嬉しい程度の行為だったりする。
 近所の人から「あんたは器用やもんね」と言われることがある。その度に思う、「あんたが焼酎飲んでいる間に、何回も何回も試行錯誤しているだけだよ」と。

 小さい頃は運動がとにかく苦手で、全員の前でマット運動の試験とかさせられるのが苦痛で、悲しくて、先生が憎くて、学校が嫌で、堪らなかった。こう言うのが得意なヤツには何時も、「**は運動神経がいいもん」と言っていた。
 今になって思う。その頃の私は、デブで、小さい頃から運動らしいことは一切せず、それでも本ばかり読んで、学校から帰ったらマルタイラーメンを食うだけの子供だった。
 それに対して運動神経の良い子供は、小さい頃から子供らしく動き回り、放課後も友達と走り回ったりして身体を動かしていた。彼らには「練習」とか「運動」とか考えは無く、単純にそう言った行為が心地良かっただけだろうとも思う。

 ただそれだけの事。

 プールで泳ぎながら考えた。3周のアクアスロンで私を周回遅れにした選手達。奴らは小さい頃からスイミングに通い続け、私の何十倍どころではない、何千倍も何万倍も泳いで来たわけだ。
 楽しいばかりじゃなくて、泣きながら通った子供だったかもしれない。でも結果的に泳いだ距離や水の中に居た時間は膨大な物になる。
 私は数年前から泳ぎ始めた。上達したいと思い始めた今であっても、週に2回しか泳いでいない。私の"運動神経"が奴らの数百倍くらい良くても、全然追いつけない差だと思う。
 でも、このまま諦めていては差が広がる一方だから、週に2回でも良いから工夫したり楽しんだりして前向きに泳いでみよう。
 最近は泳ぐ行為が嫌じゃない。楽しくてたまらない程でも無いけれど、走ったり、自転車に乗るのと同等の位置づけに成ってきた。これって泳げる人への第一歩かもしれない。

スイム 2.4km

| | コメント (2)

2009年6月29日 (月)

何と戦っているのだろう?

0629 朝起きたら流石に身体の節々が固まった感じがして、全体的にはだるーい感じが充満している。まあ想定の範囲内なので朝食後はダラダラ過ごす。
 身体が硬いのでストレッチとかは苦手(逆か?)。人にマッサージとかして貰うのも苦手。数回、肩とか太腿をグリグリ回してお終いにした。

 仕事が終わってからはアルミのTIG溶接の練習をして、なんとなく納屋の裏に行ってみたら愕然としてしまった。なんなんだ!この景色は!!!
 完璧では無いけれど、私はここに置いてあるゴミを捨てて綺麗にした。大半が腐ってしまっていて、捨てるのにもかなり苦労した記憶がある。しかし数ヶ月でこんな状態になって居るでは無いか。
 あぁ。。。一気に力が抜けた。これだけの物をどこから探して来るのだろう?腰が痛い、足が痛いと言いながら、どうやってここまで運んできて並べているのだろう?無力感というか、自分の力ではどうにも成らない大きな力を感じた。

 一体、私は何と戦っているのだろう?

 裏の廃温室の中にも良く解らない物が溜めてある。屋根が破れてきたのでブルーシートが被せてあり、それも破れてきたので別のブルーシートと寒冷紗がかけてある。
 薪ストーブで使ったので木小屋の中の薪が少なくなった。その空間にもボロボロのビニールとかマルチとか訳の解らない物がゴチャゴチャに突っ込んである。
 嫁さんは「ユンボを買って一気に全部をぶっつぶせ!」と言う。極論だけどたぶん正しい。そのくらいやって、恐れと絶望感くらいを植え付けないと、色んな所に訳の解らないゴミがどんどん増えてくると思う。

 寝る前になったら全身を支配していた軽い倦怠感が消え、身体の動きが少しだけ良くなってきた。風呂に入る前に、息継ぎの時の姿勢を窓ガラスに映して確認した。
 垂直に伸ばしたつもりの前腕が、30度くらいお辞儀した位置にある。絵に描いたような肩の硬い人の姿だった。ストレッチでもやるか。。。

| | コメント (4)

2009年6月28日 (日)

3種目

 午前中はバイキング練習会。07:00にユリックスに着いたら誰も居らず、場所を間違えたかと思った。レース明けと言うことも有って参加は3名だけ。長浜は遅刻で途中から合流。
 ジャパンで疲れている人達に、前回以上に付いていこうと思っていたけど、私の前にはジャパンでランが不調だった武友さんしか居ない。
 しかも調子が悪いのか2名なので私の練習効果を考慮してか、前に出なければ・・・と感じるようなスピードに落ちるときが有る。数回は悩みながらも無視したけど、無視してはいかん様な気がしてきて前に出た。
 今までの一瞬だけ先頭に立ちました。ではなくて、今日はしばらくの間は先頭を引いた。かなりキツかったけどよい経験をさせて貰った。
 自転車の集団走行に於いて、私が弱いと感じていた坂道では積極的にしかけた。前が集団だと置いていかれてしまうけど、ロングから1週間の武友さん一人なら、数回に1回は前に出ることが出来た。フルスペックでは相当力が違うけど、ハンディー有りなら何とか相手にして貰える感じ。

 ランはユリックスの外周路を、3km、3km、2km、2km、の合計10km。最初の3kmでは自分で予想した程度離されて走りきった。これは悪くなかったと思う。次の3kmは少しバテておしまい、1本目よりも5秒くらい遅くなってしまったと思う。
 問題は3本目と4本目の2km。前をいく武友さんがどんどん離れていく。2kmと言うことでペースアップしていると思われる。でも私の身体にはこれ以上ペースアップする余裕は残っていなかった。
 3本目の2kmは3kmのペースで。4本目の2kmはそれからキロ10秒くらい遅れてゴールした。時計を持ってなかったので正確じゃ無いけど、まあ大きくは違わないと思う。

 帰ってから昼飯を食い、少しだけホッとしてからB&Gに行った。気力が充実していると言うよりも、暑い中のランで水が恋しく成ったから。
 子供が沢山いた。係員のオッチャン達が、一番端のコースにロープを張って泳げるようにしてくれた。子供がロープにぶら下がってこっちを見ている。小さなプレッシャー。。。
 呼吸のタイミングを中心に、自分なりにドリルを繰り返してみた。少し解ったかな?と思ったのは、左右の両方で呼吸できるくらい身体と顔を傾けて泳いだとき。
 このリズム「右・左」と泳いでいくと、手が顔の下を掻くくらいのタイミングで口が水から出始める。今までの私のタイミングよりも相当早い。
 先生が言っているのはこのくらいのタイミングじゃ無いのか?と思いながら、左右に口を出すイメージで泳いでみた。そんな泳ぎを続けていると、先日のサイドキックの意味が少しだけ解ったような気もする。

 帰り道は適度な疲労感と満足感で気分がよく、若宮経由で少しだけ大回りして帰ってきた。明日は休もう。でも体重が増え気味なので食べすぎにだけ注意か?

スイム 1.6km
バイク 100km
ラン 10km

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

スカイセンサージャパン

0627 土曜なので仕事は少なめにして、赤間まで本を買いに行ってきた。著者に非常に近い方から紹介して貰っていた「ランニングの科学」と言う本。
 もらい物の図書券が有ったので実店舗で買いたかったのだけど、赤間の本屋にはこの本は売ってなかった。"ふじい"さん御免なさい。今度買います。
 せっかく来たのだからスポーツ用品屋に行ってみた。何時も履いているゲルフェザーがかなりくたびれてきたので、良いのが有ったら買いたいなと思って。
 ゲルフェザーが有ればそれを履いてみるのだけど、その店には在庫が無かった。別の日にランザまで買いに行こうかとも思ったけど、こちらももらい物のVISAのギフト券が有ったのでそれが使える店で買いたかった。なんかもらい物ばかりで生活している様な気がするが・・・。
 取りあえずスカイセンサーのシンプルな色遣いの物を履いてみた。良いのか悪いのか解らない。と言うことは今のゲルフェザーと大差ないのかもしれない。少なくとも足型に酷く合わないと言う事は無い。
 その後で別のスカイセンサーとターサーも履いてみたけど、足裏の感じとか踵のカップの高さとか、微妙な所が気に入らなかった。と言うことで満足した訳じゃないけれど、特に悪い点が見あたらなかったのでスカイセンサージャパンを買ってきた。

 今日は身体がだるくて休みにしようかと思っていたのだけど、新しい靴が嬉しいので走ることにした。子供である。
 暑いのとキツいので短めのコース。西中で給水して裏の峠を越え、トヨタの外周路を通ってそのまま帰ってきた。
 すり減ったゲルフェザーよりも接地とかけり出しは柔らかい感じがした。それ以外は余り感じる物は無い。特に痛いところとかマメが出来たりも無かった。しばらく履いてみよう。

 並べて写真を撮ってみた。右のゲルフェザーは日記によると2006年の10月に講習しているから、なんと2年8ヶ月も使ったことになる。これ以外はRC-800Bを履くことも有るけど、距離にしたら1割も無いと思う。
 純粋なランナーでは無いし、それほど練習熱心でもないので距離は大したことは無い。とは言っても2年8ヶ月も使えたことに驚く。
 靴底を観察すると極端なすり減りはない。強いて言えば踵よりも拇指球の下の方が多めにすり減っている傾向が有るくらい。
 2年8ヶ月も使うことはすなわち貧乏(笑)で有るけれど、2年8ヶ月も使えた事は走り方がスムーズで変な癖が無いと考える事も出来る。自分の走り方の良い部分や強みを見つけて行こう。

ラン 11km

| | コメント (2)

2009年6月26日 (金)

久し振りに旋盤

0626 旋盤の前が少しだけ片付いたので、久し振りに旋盤を使った。頼まれていた部品があって、それの試作的な意味でちょっとだけ。
 物は潤滑油の配管部品らしい。古い主要部品と今の時代のフィッティング類を組み合わせるとき、どうしても市販品だけでは組み合わさらない。
 そんな時のために、両者の間を取り持つ変な?仕様の小物が必要になる。その手の物の製作。
 最初のサンプルではねじの逃がしが無くて厳しいと思ったけど、或る程度は逃がしても良いことに成ったので楽になった。いけそうな感じ。

 今日はプールの日。自転車ですこし遠回りしてプールまで行った。一昨日の筋肉痛が今朝になって出てきて、それに追加で昨日のランの重い疲れが有る。体調的にはあまり良くない。
 始まるまでの間に、注意されている息継ぎのタイミングを重視して数本泳いだ。なんか今日は上手く言った感じが無い。
 今日のレッスンもキツかった。B&Gはレベル毎に別れるから本当にキツい。一番キツかったのはサイドキックで25mを8本。ドリルなのか溺れかけているのか解らない。
 最後の100mを6本はダメダメだった。宮中水泳部に100mで25m弱は差を付けられてしまった。勝つことは無理とは思うけど、せめて12.5mくらいまで持って行きたい。
 最初の1本目は宮中のヤツが足が攣ったので私が追い越した。追い越したら後から付いてきたけど、後半の50mでは追い越されはしなかった。
 しかし2本目からは全然駄目だった。先生から手足の回転を早くして一生懸命泳げと言われたのが逆効果に成ったのか、自分でも解るくらいに力んだ、汚い、抵抗の多い、ジタバタしているだけの、泳ぎに成ってしまった。
 そうなるとガンガン差が付く。しかもこの程度の距離に対応する筋持久力とか乳酸処理能力に乏しいので、体力的にも更に遅れる。
 悔しい。なんとかせねば。。。

スイム 2.0km
バイク 20km

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

懲りすぎたかも

0625 今日、やっと納品したプチ量産品。ケースの上半分はタカチのダイキャスト品を使い、ベースプレートはNC加工したジュラルミン板。
 数量は少ないのに、既存の製品との互換性から寸法の制約が結構ある。だからと言って図面を書いてゼロからプレスとかダイキャストで外注すれば良い訳じゃない。小ロットの難しさというか面白い所だろうか。
 内部の回路を固定する部分で、気持ち的にパワー回路とコントロール用のツェナーとかサーミスタを一緒くたに充填したく無かった。
 そこでサーミスタの頭などを樹脂から飛び出した形で実装してみた。こうすると別の部分でケーブルの固定部がグラグラするところが出てくるので、その部分とサーミスタの表面だけをホットメルト系の接着剤でポッティングした。
 アイデアは悪くなかったけど懲りすぎた、手間がかかりすぎて仕事としては失敗の作業工程だったように思う。次は無いと思うけど、今度同じ様な作業が有ったらもう少しシンプルに処理しよう。
 完成試験もダイナモ試験機が有るからと、実際にBOSCHのダイナモを回して試験してみたので、こちらも時間ばかりかかって仕事的には良くなかった。でもまあ面白かったから許す。

 昨日の自転車で脚への負荷が高かったはずなので、今日は軽めにジョグ。暑いので給水が取れることを重視し、西中から本城の遊歩道のトイレ往復にした。これだと4kmおきに給水できる。
 ちょっとだけ控えめのペースでスタートしたからか、偉く快調に脚が動き続ける。本当に今期はランの調子がよい。昨年の故障で2ヶ月ほど休んだことがプラスに働いて居るのかもしれない。
 帰り道でふと思い立ち、新しい玄海100kmのコースを辿って帰ってみることにした。所田の辺りから何時までも工事中の橋によじ登って渡り、倉久川沿いのコースに出た。
 21号線バイパス下でクランク状に曲がって外周路へ。トヨタグランドへ行く途中で新人の押川君に会った。表情がすぐれないように感じるのは気のせいか?
 グランドのトイレで水を飲んでトラックの方をみると、監督の車があったので行ってみた。ちょうど最後の選手が帰るところで、監督とコーチが居たので少し話す。
 許可のお礼を言って新しく決まったコースの話とか、その後のコースの話などをした。監督に参加を勧めたところ、今はキロ6分がキツいとか言っていた。
 トヨタ選手のロード練習の時、集落によっては走るのが五月蠅いと言うクレームが来て通れない道がいくつかあるらしい。
 五月蠅いと言いたい気持ちも解らんでも無いけれど、この辺りの地域性から他所者が自分たちと違った事をしていると文句を言いたい・・・的な物を感じることは多々ある。そう言った流れも有るんだろうなぁ。。。と思いながら聞いた。
 玄海100kmに於いても、草刈りしたり、看板を付けたり、石灰で矢印を書いたり、大勢のランナーが走ったりする。ちょっとだけ注意点かもしれない。
 そんな時でも、「あんたんがた婆さんの妹が、うちがた隣の家に嫁さんに来ちょうとたい」と言った話しに成れば、「**さんがた息子ね?そんならスイカ食べて行きんしゃい」とか成りがちなのが、逆の意味でこの辺りらしいと言えばらしい。。。

ラン 16km

| | コメント (2)

2009年6月24日 (水)

最大筋力

 昨日のスイムではパドルを使ったりもしたので、上半身の筋肉は休ませたい。と言うことで今日は下半身の筋トレを。
 バイク用の最大筋力を上げたい。でもバーベルやマシンは無いしスクワットは退屈で嫌い。重いギヤで坂を登って誤魔化すことにした。
 赤木峠を通常のギヤで登り、赤間側に降りてからアウタートップに。私のフロントは53じゃ無くて52なので少し軽めだけど、クランク長が152.5mmしか無いのでペダル踏力はそれなりに有るはず。
 登りも下りもアウタートップのままで10本繰り返した。脚よりも先に手のひらが根を上げて、1円玉くらいのマメが出来てしまった。
 踏み方に関して少し疑問が湧いてきた。今の私の身体では、最大トルクは極低速の立ち漕ぎで得られている。同じ回転数でも座るとトルクは落ちる。
 そして、回転が上がってくると徐々に立ち漕ぎではぎこちなさが出てくるので、立ち漕ぎのトルクは急激に低下してしまう。
 漕いでいるときに股間や脚を観察してみると、調子の良い立ち漕ぎではサドルから尻が30-40mm程度上がっており、足首が普段よりも伸びた状態で漕いでいることが解った。
 尻の位置が上がった状態で変動していないなら、これはサドルを上げた状態に非常に近いとも考えられる。サドルを30mmくらい上げたくなってきた(笑)。
 バレリーナと言って笑われそうだけど、笑った人よりも速く走れればそれで良い。

 あっ、でもシートピラーをぎりぎりまで短く切ってしまった様な気がしてきた。

バイク 15km

| | コメント (0)

2009年6月23日 (火)

スイムは太るかも

 結構激しい雨が、降ったり止んだりの繰り返し。17:00を過ぎたけど雨が降っている。仕方ないしタイミング的には悪くないのでプールに行くことにした。
 軽トラでB&Gまで。意外にもプールには人が居る。子供が6人くらいに大人が3人。この時間でここまで人が多いのは初めてかもしれない。
 私よりも年配の人が端のコースで泳いでいたので、その隣のコースに入って泳ぎ始めた。あと2名の大人はエアロビみたいな水着を着たウォーキングの人。
 今日は200m単位で回していく。25mのドリルはスクールでやっているので、自主トレの時はもう少し長いスパンで練習してみようかと思って。
 脚を強く打つタイミングを合わせながら、先日のスクールで言われた息継ぎのタイミングの事を考えて泳いだ。
 両側交互よりも片側でしっかり練習した方が良いと言われたので、取りあえず右でやってみた。確かに言われるとおりに何時までも顔を上げて息を吸っている感がある。伸ばした手で下向きに水を押さなければ成らない事の一因でも有ろう。
 3本目くらいに今度は左でやってみた。左は苦手意識がある。ところがタイミング的には左の方が先生の言うタイミングに近い感じがある。
 ん?ん?ん?と思いながら数本続けてみたけど、やはり左の方が上手に出来ているような気がする。特に両手をきおつけの姿勢でバタ足のみで息継ぎをしているドリルのイメージでやると、掻ききったときによい具合に顔が上がって息が出来ている。

 左が上手に出来ている事以外に感じたこと。それは体重が重いとか身体が重い感じが無かったこと。走るとこの手の事を敏感に感じてしまうのだけど、スイムだと全然感じない。
 理屈から行ってもその通りかと思うけど、実際の感触もまったくその通りで何時もと変わらずに泳げる。
 これは良いことなのか悪いことなのか?。体重のある人の動き始めのスポーツには良いかもしれないが、或る程度やっていって体重が増加傾向に有っても気がつきにくい気もする。

スイム 1.4km

| | コメント (2)

2009年6月22日 (月)

昨日は父の日

0622 昨日の夜、長男をアパートまで送っていった帰り、「ドライフルーツ買ってやるから前のダイエーに寄れ」と息子が言う。
 私が干しぶどうとか干しイチジク等をよく食べて居るからか、父の日のプレゼントとして食品売り場のドライフルーツを数種類買ってくれるらしい。
 普段買わないようなヤツとか、一緒に食べたら美味しそうなヤツとか、総額とか、色々考えてこの4種類を買って貰った。
 嫁さんからは何時も「無駄に運動して無駄に食べる」と文句ばかり言われているけれど、息子の暖かい気持ちに触れて、もう少しだけ頑張って生きていこうと(笑)心に誓った。

 昨日はジャパンとか宮島とか各地で気になる大会が開催された。気になるライバル達の動向を見ながら、ああ自分は怠惰な生活を送ってしまったと少し後悔。
 でもあまりに気にして急に無理すると身体に悪いので、今日はいつものコースを単純にジョグでぐるっと回ってくるだけにした。
 普通の生活で休養では無かったので、予想通りに身体の動きが悪い。偉そうな言い方をすればキレが無い。でも焦らない。ゆっくりと走る。
 明日もこの調子でゆっくりと回復していけば、その次くらいには普通に戻るんじゃ無かろうかと期待している。よし、来年は私も出るぞ!

ラン 13km

| | コメント (2)

2009年6月21日 (日)

飽食の日々

0621 駄目だ、昨日今日と食べるばかり。しかも高カロリーの食事を延々と続けている。こんなのはアスリートじゃ無いし似非アスリートですら無い。
 救いもある。こういう食事を続けていると、何となく体調が良くない気になってくる。食事の前に腹が減って腹が減って死にそうな気分に成らない事がおかしいと感じて来る。こういう感情が生まれてくると言うことは、生物としてまだ正しい位置に居るのかもしれないと思ってみたりして。

 今日はルーカス君の家でピザパーティー。最近の私の交友関係から考えるとエイミーちゃんの家と言った方が良いような気もする。
 朝一番に三男が、中古のモニターを買いたいからハードオフまで連れて行ってくれと言うので、久山のハードオフにモニタを見に行った。
 黙っていたらヤツは三菱のRD21GXというののジャンク品を1,050円で買っていた。何という我が家的な買いものよ。。。帰ったら直ぐにピザパーティーの会場へ。
 この家の主であるハロルドセンさんは色々な事が出来る人で、家の横に小屋を建ててしまい、その中にピザ用オーブンとか色々な機材をセットしてピザ屋を初めてしまった。
 基本的には少人数のグループを招き入れ、ピザを中心に食事を楽しんで貰おうという感じ。写真のピザで2,800円だったか、2,900円とか言う話だった。
 しっかりした生地のピザでボリュームがある。縁の方の食感と味が私の好み。こんなのに興味がある人は行ってあげてください。生地の低温熟成に3日かかるらしいので、予約は3日以上前からお願いします。

 ピザ小屋の横にプールが有ったので、海パンに着替えて泳いだ。直径が5mくらい有るのだろうか?ぎりぎりで円形に泳ぐことが出来る。
 水族館の魚の気持ちに成りながら、グルグル左右が非対称で泳いでいたら気分が悪くなった。しかも凄く疲れる。水族館の魚は長生きできない様な気がする。

 夕方に家に帰ってからは、長男と荷物を軽トラに積んで福岡のアパートへ。人間が一人なのに、どうしてギターが何本も居るのだろう?自転車とかオートバイは用途が違うから、数種類が必要なのは理解できるけど。
 犬鳴峠を1日に2回も往復したので疲れた。でも車に乗ったままなので腹は減らなかった。

スイム 0.3km

| | コメント (0)

2009年6月20日 (土)

取りあえず使えた

0620 朝一から残りの溶接をしたり、空気穴をホールソーで開けたりして、なんとか開始時刻前にはバーベキューコンロが完成した。
 太くて短いパイプを四隅に付けて、700mmくらいの細いパイプを差し込んで脱着式の脚にしようと思っていたけど、とてもそこまでは出来なかった。
 いつもの様にカンジニアリングで作った割りには、ルミエールで買った木炭とのマッチングは素晴らしく、なかなか具合よく焼くことが出来た。

 腹が一杯になってからゴロゴロしてみたり、片付けをしていたら直ぐに15:00頃に成ってしまった。コンロもぎりぎり持てるくらいまで冷えてきたので、灰を捨てて残りの作業スタート。
 と思ったらグラインダの砥石が無かったので、ナフコまで買いに行ってきた。売り場の後を見たらゼロード44の2.0mmが売っていたので、これも買った。
 帰ってから溶接が不足している部分を溶接したし、歪んでいる部分をハンマーでどついて溶接した。
 たったこれだけの箱物であっても、形にするにはそれなりの苦労がある。しかも段取りとか順番が悪いので歪みまくり。
 図面を書くのもそれなりに難しさが有るのだけど、それを形にするのもやっぱり難しい。やってみて初めて解る鉄工所のオッチャンの偉大さよ!

 腹一杯食って何も運動しなかった。その割りに立ちっぱなしだったり、溶接のウンコ座りだったりで脚は凄く怠い。

| | コメント (10)

2009年6月19日 (金)

フラッシュダンス?

0619 明日は客人が来て、昼飯は全員で庭で焼き肉をするらしい。以前に長男の友達が来たときに作ったバーベキューコンロの様なものを使うから。と言われて大慌て。
 余り物のSPHCの板を曲げただけのヤツだったので、その後にどうでも良い板が欲しくなる度に切って使ってしまっていたから。
 網だけは有る。下の方をなんとかしないといけない。ブロックを組むのは重たいし、腹が膨れた後で片付けるのは凄く嫌。
 と言うことで大慌てで作った。正確に言うとまだ完成して居らず、アングルを数本補強で入れて、ホールソーで下の方に空気穴を開けたら完成の予定。
 アルゴンが勿体ないので手棒で付けた。1.6mmなのでそれほど難しくはない。それでも4カ所くらい穴が開いた。あとでTIGで塞ごう・・・。
 夕方に溶接をしていて、もうすぐスイミングに行かなければと思った。これがダンスのスクールならフラッシュダンスだったか、お姉さんが溶接する映画に成るのに。

 今日のレッスンはキツかった。B&Gの場合はプールがフルに使えるので、レッスン内容が細分化されるのを忘れていた。要は楽なグループとかキツいグループが出来ると。
 スクールが始まる前に私が泳いでいるのを見て、何か違うなぁ、呼吸のタイミングが遅いか。と言われていた。その関連で入れてくれたのか、最初の方はクロールの呼吸のドリルだった。
 私は呼吸のタイミングが遅いらしい。呼吸を終えて顔を真っ直ぐにして沈める部分が遅いと。腕と連動するように顔を沈めているけど、顔が先行して腕が追いかけるようなイメージに持ってこいと言われる。難しい。
 後半はバタフライのドリル。最後のほうの、右手で25m、左手で25m、右左両方で25m、普通に25m、これを4セットとか有り得ん。
 もう数えることなんか出来ないので、前をいく宮中の水泳部の10秒後をただただ付いていった。久し振りに死ぬかと思った。

スイム 1.6km
バイク 20km

| | コメント (3)

2009年6月18日 (木)

30過ぎのお見合い写真

06181 今日の朝食後は溶接機のパネルに文字を書いた。元が酷かったのでタッチアップとか言う生やさしい行為ではなくて、文字どおりに「書いた」。
 大ざっぱに書き終えたパネルを、ボルトやビスで固定してみたら何となくよい感じに見えてきた。ちょっと離れて眺めていたら嫁さんが来て「ポカリスエットみたい」と言った。
 そう言う考え方はしたことが無かった。言われてみると確かにポカリの配色では有る。私の方が嫁さんよりも良く買っている筈なのに、パナソニックの溶接機の配色と思いこんでいるからか、言われるまで気付かない。人間の思考回路は面白い。
 それなりに綺麗に見えたので、記念に?写真を撮ってみたのがこれ。お見合い写真として十分に通用しそうな見栄えに写っているではないか。

06182  で、細部の拡大写真がこちら。確かに「書いた」のが解る(笑)。書道を練習しておけば良かったと、今更後悔しても遅い。
 小さい頃の勉強という物は、何らかの意味があるわけだ。先人達はそうやって教科や内容を決めてきた。若いうちは何のためにやるのか解らなくても、取りあえず真面目に取り組んでおく意味はある。。。かも?

 今日は自転車。バイキングの練習会でトップ集団に着いていくために不足して居るもの。それは最大筋力と乳酸処理能力では無かろうかと思っている。ロングのトライアスロンに於いて、私としては比較的プライオリティーが低いと考えていた項目でもある。
 私がちぎれるのは、上り坂とかペースが瞬間的に上がったとき。もう少しグッと踏み込む力が有ったら加速できるし、あと30秒だけ我慢できたらちぎれない。
 今日はそんなことを考えながら、重めのギヤで起伏のある道を選んで走ってみた。インナーは1回も入れなかった。良いことかどうかは解らないけど。

バイク 44km

| | コメント (4)

2009年6月17日 (水)

プチ量産

0617_2  基本的に朝食後とか昼食後とか夕方から夜にかけて、遊んだりトレーニングしたりしているわけで、それ以外は真面目に仕事をしているわけですわ。
 まあ、私の場合は仕事と遊びの見分けが付きにくいからか、近所の人や親にまで「また遊びよる・・・」と言われるわけで(笑)、毎日役場に行ったり田植えしたりするばかりが仕事じゃ無いと主張したいけど、疲れそうなので黙ってヘラヘラ笑うだけ。
 WEB上だけでも真面目な印象を作り上げるために、たまにはこんな写真も掲載しておこうと思ってパチリ。某制御器のパワー部分。この状態でケースに樹脂で固定してしまい、その上に制御回路が乗っかる。
 やった人なら解るけど、数十個とか場合によっては数百個でも、全部を外注すると割に合わない。出来る所と出来ない所、金額の合う所と合わない所、そのへんを見極めて内作と外注を組み合わせるしかない。

 今日はランニング。昨日のキック練習が効いたのか、妙な感じで脚が怠い。大きな筋肉が怠かったり痛かったりする訳じゃなくて、何となく小さな筋肉が疲れているのか?と言う感じ。
 今年は涼しいなと思っていたけど、徐々に暑くなってきて夏らしく成ってきた。最低でも5kmに1カ所は給水が欲しい感じ。
 西中で水を飲んで裏の峠を越え、いつものコースでぐるっと回って帰ってきた。トヨタグランドでも水を飲んだ方が良かったと、後で後悔した。
 四郎丸の辺りで虫が目に入った。サングラスをしているのに腹が立つ。こすったら真っ赤に成るのでコロコロ感を我慢して走っていたら、同じ目にもう一匹入ってきた。
 もう気持ちが切れて走る気が無くなった。しばらく歩いてしまった。車が止まっていたらバックミラーで見て虫を取り出そうと思ったけど、田んぼの中の道なので車は1台も無かった。

ラン 13km

| | コメント (4)

2009年6月16日 (火)

浄化槽の排気ファン修理

0616 昨日の夜の事、「風呂の外で変な音がする!!」と嫁さんが言う。すでに布団に入っていたので寝たふりをしたかったけど、後が怖かったので渋々布団から出た。
 懐中電灯を持って風呂の外に出てみたら、ビィーンという様な音がしていた。音の種類と方向から、浄化槽の排気用ファンだと解った。
 眠たかったので、取り合えず電源を切ってその場は撤収。

 今日の朝食後に庭師が使うような三角形の脚立を立て、一番上まで登ってなんとかファンを外してきた。塩ビ管を2本垂直に繋いで居るのでかなりの高さがある。怖かった。
 このファンはこちらに帰ってきてから3台目。帰ってきてから最初のが直ぐに壊れたので、ライフライン関係はしっかりしたのを買おうと思い、売り場で一番高かった6,000円くらいのを付けた。
 ところがコイツは、内部の臭気が通過する部分に鉄板が多用されており、1年ちょっとでその部分がボロボロに腐食して駄目になってしまった。自分としては珍しく高価な方を買ったのに、このような結果になってかなりショックだった。
 その反省からかその次には、売り場で一番安い2,000円位のを買った。それが今回降ろしてきたコイツ。オーム電機製。
 原因はモータの軸受けのガタだった。軸受け用の含油メタルの外径が球状になっており、自動調心軸受けみたいに偏心を吸収するように成っている。そのメタルを軸受け箱に固定する押さえ金がガタガタに成っていた。
 メタルはまだ大丈夫だったので押さえ金を修正し、フェルトにオイルを染みこませてくみ直した。試運転したら許容範囲で静かに回る。
 コイツは一番の安物だったけど、前回の高級品に比べたら設計がツボを押さえている感がある。プラスチックが多用されているし、ねじ類もユニクロめっきだけど位置が良いので錆びてない。なかなかの設計者だと感心しながら洗浄して再組立した。

 トレーニングはスイムにした。何となく気分で。でもこれが凄く良かった。
 ブールはいつものデブのお姉さんしか居なかったので、4コースに陣取って一人でキックを試してみた。ドルフィンキックだとバタ足よりも良く進む。バタ足に成ると調子が悪い。違いは何か?
 そこで片足だけでドルフィンキックのリズムでキックをしてみた。しばらくやっていると進むように成ってきた。水を後に押し出すと言うよりも、すね毛の方向に水が流れるように、そして最後は指の先の方向に水が逃げていくように。そんな意識で脚を動かした。
 なかなか具合が良いので反対の脚に切り換えて練習を続けた。交互にやってみると、左足の推進力が右の半分も無いことが解った。
 しばらく練習してからは両足でバタ足をした。今までよりも明らかに進むように成っている。スピードの変化よりも楽に進む様になっている違いが顕著。
 またまたこれをしばらく練習し、最後の方は普通のクロールに組み合わせた。バシャバシャやると8ビートみたいに成ってしまうので、ズン・タッタ、ズン・タッタ、と強・弱弱、のリズムを意識して手と組み合わせた。
 今までで一番良く進んだ感じのスイムに成った。太腿にビート板を鋏んで泳いで居るのに近い。ほんのちょっとの事だけど、抵抗になるか推進力に成るかの違いは大きかった。
 この調子なら来年の皆生はスイムで55分位でいけそうな気がしてきた。言うだけなら只なので取りあえず言っておこう(笑)。

スイム 1.1km
バイク 19km

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

監督ありがとう

0615 今日は予定の休養日。中途半端な状態で休もうとすると気持ちが不安に成ってしまうけど、昨日は十分練習できたので安心して休むことが出来る。

 外注先にアルミの部品を取りに行く用があり、その帰りにルミエールに寄って低脂肪乳を買った、さらにその帰りにトヨタ九州の陸上部の事務所に行ってきた。
 先月だったか、柄の悪い酒飲みのオッサンに脅されて、今年の玄海100kmの50kmエイドの件を何とかしろと言われていたから。
 グランドで森下さんに会ったときに話はしていたけど、その後は会う機会が無くてそのままに成っていた。もし事務所に居るなら直接話を聞いてこようと思い、軽トラに短パンTシャツ姿でヘッドオフィスへの坂道を登った。
 監督もコーチも同じ様な格好しかしていないのだけど、事務所がある2階まで行くのがかなりのプレッシャー。だれにも見つからないように小走りで階段を上がり、ドアをノックして部屋に入った。
 日頃の行いがよいので森下さんは在室していた。顔を見ると直ぐに「許可証が車に有るから取ってくる」と言い残し、銀メダルの走りで駐車場の車まで取りに行ってくれた。こちらからお願いしている案件で、さらに監督を走らせてしまって凄く恐縮してしまった。
 許可証を見ると森下さんは自分の名前で使用許可を取ってくれていた。有りがたい。ますます恐縮する。何回もお礼を言い、ウルトラマラソンの話を少ししてから部屋を後にした。

 帰ってから酒飲みのオッサンに第一報を入れたところ、前後はどんなルートが良い?と聞かれたので少し考えてみた。
 赤が去年までのルート。切れている区間は東側の倉久川沿いを走る何の変哲もない平坦なルート。ただ、この区間は暑くなると変化の無いとても苦しい区間に成ってしまう。
 黄緑が一番アップダウンの有るコース。私が名付けた「ワンジルロード」と、トヨタ九州の選手のマラソン練習コースが含まれている。
 青は前者よりは解りやすいコース。こちらにも「ワンジルロード」とマラソン練習コースが含まれて居るけど、最初の小道をクリヤすれば赤木峠まで道なりで一直線のわかりやすさが有る。
 大会前に試走するらしいので、主催者達が良いコースを決めてくれる事と思う。

 嫁さんの帰りが遅いのでカレーが作ってあった。次男につられておかわりしてかなりの量を食べた。カレーだといつもこうなる。中学生のキャンプじゃ無いんだから・・・情け無い。

| | コメント (4)

2009年6月14日 (日)

金魚の糞にすら成れない

0614 バイキングの練習会。来週がジャパンなので強い人達は調整的な練習に成るのでは?と期待しての参加。
 調整の為に超高速のちぎり合いには成らないだろうと予想して、今日は出来るだけ長時間トップ集団に残ることを目標にしてみた。
 ユリックスから神湊を経由して津屋崎へ。ここまでは集団の中に居る。折り返して今度は波津へ。鐘崎の横のバイパスみたいな道のアップダウンが苦手。ここで何時も遅れる。
 なんとか苦手のアップダウンをクリヤして、あとは海岸線の高速巡航に入った。我慢我慢で後の方で着いていった。最後はペースが落ちたこともあり、波津までもなんとか目標クリヤ。
 ここで折り返してふたたび津屋崎へ。鐘崎の横のアップダウンはなんとかクリヤ。松原の中の道は微妙なアップダウンが有ってキツい。なんとか着いていった。神湊はクリヤした。
 でもここまでだった。神湊の交差点の先の緩い登りでちぎれてしまった。情け無いけどこれが今の私の実力。あとは一人で淡々と走った。
 バイクが終わってからは10分休憩後にラン。宗像大社往復の16km。暑くなってきたのでボトルを手に持って走った。
 途中で太腿の筋肉に嫌な感触が有ったけど、走り方や強度を少し調整したら最後まで問題なく走り終えることが出来た。

 帰ってから昼飯を食い、ゴロゴロしたり本を読んだりした。溶接機の側板の錆を落として塗料を塗っていった。ルーバーを切ったところの錆落としがめんどくさい。
 身体も何となく眠怠い感じが有って、ワイヤーブラシでゴシゴシこするような作業は全くやる気が起きない。少し身体を動かしておこうと思ってB&Gへ。

 ゆっくりなのでママチャリで向かう途中の事。後から接近してきた車がペースを落として横に並んだ。大きめのセダンの助手席の窓が開いて男が手を振っている。
 何事か?と思った瞬間にルーフに穴が空き、流線型の赤色灯が飛び出してきた。びっくりした。と同時に中を良く見ると、息子の同級生の親父だった。そう言えば白バイを降りて覆面に乗っていると聞いた気がする。
 次の信号で並んだので話をしたら、「サイレンまで鳴らしたらびっくりして転けると思って止めた」だと。お前は本田か!(笑)。

 スイムは良い感じだった。怠さを取るために超ゆったりと泳いでみたら、それが何となく新しい動きというか、力を入れない姿勢というか、そう言う物の手がかりの様な感じを得た。
 上手く説明できないけれど、息継ぎの時に手で顔を押し上げなくても、身体をローリングさせてその流れに乗って息を吸う。その時に横を向いたままキックを続けると良い感じ。
 実際の身体が思った通りに成っているとは限らないけれど、今日はそんな感じの時が凄く楽に泳ぐことが出来た。

スイム 1.1km
バイク 95km
ラン 16km

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

小トランジスタの固定

0613 今日やったことは、ダーリントンの小トランジスタの固定だけ。色々とやることがあって、なかなか付きっきりで溶接機だけの作業は出来ない。
 固定しているアルミの厚板は、入り側インバータの出力端子でも有る。写真に写っている方がプラスで、左側の写っていない方がマイナス。最大で200Vを超える電圧がかかっているので、稼働中はちと怖い。
 パッケージが絶縁タイプでは無かったので、絶縁シートを入れ放熱用のグリースというかシリコーンコンパウンドを塗った。「コンパウンド」と言うと塗装を磨くような気持ちに成ってしまうので、私的には「練り物」とでも和訳して欲しい気がする。
 200Aクラスのトランジスタには、電子工作用の小さなチューブに入っているのでは足りない。かといってリチウムグリースを塗るわけにはいかないよなぁ。。。と思ってウロチョロしていたら、東芝の碍子用シリコーンというのが出てきた。
 500gか1kgか解らないけれど、電子工作ならひ孫の代まで使ってもまだ余るくらい有る。用途は違うけど、東芝の説明ページでは放熱用と同じページに掲載がある。と言うことはライオンとヒョウくらいの違いだろうと勝手に判断し(笑)、緑色の気色悪い練り物を塗った。
 どうしてこんな物が我が家に有るのか、全く解らない。親戚に九電か国鉄勤務の人が居たのだろうか?

 なんか身体がだるかった。軽くジョグだけしておこうと思い、西中経由でトヨタグランドへ。グランドには誰もいない。トラックの上に大の字に寝転がり、色々と考えた。気候的にも時間的にも非常に気持ちの良い瞬間だった。
 いつもの峠は通らずに、近道のトヨタ外周路を通って家まで帰ってきた。最後は何となくペースが上がってしまい、家に着いたときは結構疲れてしまった。
 晩飯の後はいつもの様に嫁さんと散歩へ。蛍がだいぶ少なくなってきた。数匹が小川の近くをフラフラ飛んでいる、今くらいが丁度良い気もする。

ラン 10km

| | コメント (2)

2009年6月12日 (金)

We shall overcome

0612 昨日の続きで出側インバータの、ダーリントンの子亀?トランジスタを付けた。朝飯を食べて直ぐにガレージに行き、仕事を始めるまでになんとか付いた。
 被覆アークの棒と自作の遠隔スイッチを使って取り合えずの試験をする。直流TIG、交流TIG、手棒、パルス、クリーニング幅、全てOKに成った。ハハハ。愉快愉快。
 電流値などの微調整は出来ていないので、それは昼飯の後にやった。クランプ式の電流計を溶接ケーブルに噛ませ、本体の電流計とか設定VRとの整合性を調整した。
 古いままのVRを交換していないので、今の段階であまり厳密に調整しても意味がないかもしれない。クリーニング幅のVRなんか10kが実測で22kまで変化してしまっていた。
 かなり苦労したけど、インバータTIG機を修理して使えるようになるまであと一息。最初は駄目かと思いかけたけど、地道に回路を追いかけてトラブルシューティングをやっていったら光が見えた。
 この先も壊れるかもしれないけれど、もう今までの私とは違う(^^)。基本的な構成とかこの手のトランジスタをドライブするノウハウとか、大まかにだけど把握できてしまった。高い確率で修理できる。
 この機械が壊れないで安定して稼働を始めたら、今のアーク溶接機に高周波回路と電磁弁を追加して、自作のTIG溶接機でも作ってみようかと思う。

 今日は通常日程のプールの日。ちょっと不安なことがある。エイミーちゃんの送り迎えをしないといけない・・・。
 若干緊張しながら(笑)家まで軽トラで迎えに行った。「スポーツカーで迎えに来ました」と言ってみたけど、小学6年生にはイマイチ受けが悪かった。。。心拍数が少し上がった。
 学校のこととか色々話していたら、意外と普通に会話が繋がってプールまで到着してしまった。良かった。無言の時間が延々と続いたらどうしようかと思っていた。2年目の皆生のスタート前よりも緊張していた。ホッとした。
 今日はレッスンの前に結構泳いだ。クロールで肩を回す、肩から回す、と言われる感触が少し解ったような気がしたから、なんとか物にしたいと思って続けて泳いでみた。時々良い感じの時がある。
 今日はクロールと平泳ぎのドリルが主体だった。平泳ぎは手が悪い。身体の前でお祈りするようなタイミングの時、もっと胸の前の方で肘と肘が合わさるイメージに成るらしい。私は身体の横に肘が着いていた。キックのドリルもイマイチ出来なかった。
 反対にクロールの腕のドリルは良い感じだった。ドリルの出来は解らないけれど、片側が2回腕回しのドリルの後、普通に泳ぐと腕がグルグル軽快に回った。宮中の水泳部のヤツも同じ感想を持ったらしい。
 帰りもカボチャの馬車でエイミーちゃんを家まで送った。蛍の話とか、方向音痴の話をした。もう緊張しなかった。

スイム 2.0km

| | コメント (4)

2009年6月11日 (木)

こう言うのを電機と言うのか?

0611 入力側インバータのベース駆動波形がおかしい件、調べてみたらドライバ基板上のFETが半死に状態になっていた。
 ゲートが0VでもDS間が中途半端に導通している。ゲートに電圧を印加してもスペック通りの抵抗まで下がらない。こんな感じ。
 しかも制御の都合なのかFETが2個直列に入っていたので、ますます変な感じに成っていた。
 スペックはだいぶ違うけど、8.4kHzのスイッチングならまあ良かろうと思い、手持ちのFETの中からピン配置が一緒のヤツに交換した。交換後はオシロで見ても綺麗な波形になった。

 入力側のインバータが動き、その次のダイオードまでは生きていることが確認できた。ぶっとい線の直流280Vを測定するのはちょっと緊張する。次は出力側。
 部品の共通化のために入力側と同じ200Aのモジュールが2個並列で使ってある。片一方のモジュールが死んでいる。2個とも交換したら5万か・・・。
 仕方ないのでここもジャンクの100A品を取り付ける。オリジナルの設計に習って2個を並列に。形状が違うから簡単には付かない。
 タップ加工とか銅板の電極製作とか、やっている作業は電気じゃなくて機械部品の製作。確かに電「機」と言う言葉がピッタリ来る気がする。
 時間が1時間くらいしか取れなかったので、今日の作業はここまで。明日はダーリントンの1段目の小さいトランジスタを取り付ける予定。

 今日は自転車に乗った。なんか久し振りな気がする。こないだプールに行ったときの良い感触を思い出そうとしたけれど、なんかイマイチな感じで良くなかった。
 コースは泉水越しを越えて室木線の跡の道を北上し、途中で左にそれて海老津の駅の横を通って旧3号を横切り、高倉神社経由で地蔵峠へ。
 下ってからは赤間の方に出てそのまま平山口まで抜け、倉久経由でトヨタを回って帰ってきた。
 ちょうど西日が横からあたり、自分の陰が綺麗に見える区間が有った。上体の空気抵抗が少なくなるように色々と形を変えてみた。
 腹をへこまして背中の上の方をググッと曲げ、首と顔は低いのだけど顔の向きはしっかりと正面を向いている。こんなイメージを持つとシルエットが格好良く成る。

バイク 49km

| | コメント (6)

2009年6月10日 (水)

先は長い

0610 爆発した200Aのパワーモジュールの代品として、ジャンクの100A品が有ったので先週買ってみた。時間がなくて今日になって取り付けたのがこの画像。
 オリジナルと形状が違うので、取付穴から開け直さないといけない。ブスバーと言う言葉が似合いそうな銅の板も部分的に新作。ここまでやっても100Aなら25,000円出して新品買えって?
 しかもオリジナルはダーリントンで買ったのはそうじゃない。と言うことで10Aくらい流せそうなトランジスタを左側に追加した。
 間違っていたら恐ろしいことになるので十分にチェックしてスイッチオン・・・。爆発はしないけどなんかおかしい。
 チェックしていくと下側のベースドライブ波形が変なことが解った。そこでドライブ基板を外して単独でチェックすると、無負荷でも少し変。抵抗で軽い負荷をかけたらはっきり変。と言う所まで解った。
 ふぅ。。。これで今日は終わりと思ってハアハア言ってタッチしたら、「はい、最後に200mを8本」とか言われた気分(笑)。

 時々小雨がぱらつく天気だったけど、まあ走れないことは無いので走りに出た。途中で少しだけ降られたけど濡れた感じは無いくらい。
 いつものコースをぐるっと回る。心肺的には結構厳しかったけど、体幹部と脚が良い感じに回っている気がした。ペースもなかなかよろしい。

ラン 13km

| | コメント (2)

2009年6月 9日 (火)

短気は損気

 朝一番に昨日の商社さんから電話があった。同じ事ばかり言うなぁ。。。とうんざりしていたら今度は上司。昨日と同じようにお詫びとお断りを言って電話を切った。
 しばらくしてもう一度電話がかかってきて、「こちらで書類を作って送りますので、必要な箇所にはんこだけ押して返送して貰えませんか」と。
 商社なら当たり前の仕事やろが!と思ったけど、丁寧にお礼を言ってはんこを押して返送する旨を伝えた。
 時間はかかったけど、最終的に商売としては落ち着くべき所に落ち着いた訳だ。どちらかが「そら、あんたの所の仕事やろうが!」と言うスタンスで望んでいたら途中で破綻していたはず。
 お互いに1,000円レベルの粗利の仕事ではあったけど、ブチ切れなくて良かったね(笑)と。

 先週の金曜日の代わりにスイムに行くことにした。エイミーちゃんに電話したら宿題が終わったら行くという。今日はお母さんがいるので私は一人で自転車で行った。
 なんか自転車が調子良い。何時もと同じケイデンスなのに回転が遅く感じて、クランクの各位置で思った方向に思っただけの力を印加することが出来ている。結果的に疲れが少ない状態で速度が出てくる。
 プールに着いてからスクールが始まるまで練習していたらエイミーちゃんが来た。宿題が終わったのか聞いたら「何となく・・・」とか中途半端な事を言う。多分何もやってない(笑)。
 始まる前に先生にアクアスロンの結果を話したら喜んでくれた。それなりの選手を沢山教えて来たみたいだけど、オッサンの微妙な結果に喜んで貰えるとこっちも嬉しい。
 火曜日はメンバー的にちょっと緩いのでキツクは無かった。でもきちんと出来ないドリルがいくつも有るので、別の時間に復習しておかないと遅れてしまう。
 帰りの自転車も行きと同じように楽だった。ゆっくり進んでいる訳じゃない。緩い下りだとアウタートップに入っている。いつもよりも速いくらい。
 大会で神経系に刺激が入り、その割りに自転車の筋肉は疲労していないのが原因だろうか?

スイム 1.2km
バイク 28km

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

昨日の選手は誰?

 なんか疲れる電話ばかりだった。仕事の方も家の方にかかってきた勧誘も。。。仕事の方は商社さんみたいで、2本送ったケーブルが(官公庁の?)エンドユーザーの検収で引っかかったらしい。
 性能面じゃなくて書類的な話だった。単発の取引で、個人と同じ通販扱いで、数千円の商品で、そこまでの資料とかデータとか作れないのが正直な所。100倍の値段で転売して貰って構わないから、あんた商社ならその辺のところは自分で作るか、相手の担当者を上手に丸めこんでよと口から出かかった。
 何回も電話がかかってきたけど、今のをクリヤしてもその次には特性図とか色々面倒な話が来そうな気配がした。後ろ向きかもしれないけれど「うちの説明が悪いし、ご期待に添えるようなしっかりした会社でも無いので、申し訳ないけど返品していただけませんか」と言ってしまった。
 言った後で更に気分が鬱になったけど、こっちも商売なので仕方ない訳よ。

 昨日の疲れがあるからと、今日は予定の休養日。伸びてきた家の回りの草を刈ったり、山の際の草とか細い雑木を切ったりした。でも食事は何時も通り。体重増え気味。

 昨日のアクアスロンでしばらく併走した選手の事が気になっている。誰なんだろうか?結果が出たからタイムを見ているけど解らない。
 私が1時間15分29秒。もし同一周回とすれば彼女は私の少し後でゴールした事になる。女子は私の4分後のスタートのはずだから、タイムは1時間11分40秒とかそんな感じになる。でもその前後には該当する選手は居ない。
 あの体型と走りから想像すると、私が周回遅れにされかけたと考えるのが妥当と思われる。そうすると4分にさらに2.5km分を引かないといけない。キロ4分のペースと考えると4分+11分=15分と成る。そうするとトータルタイムは1時間0分29秒となり、1位の野田純那選手が一番近い。
 しかし彼女のランタイムは41分30秒で私は43分06秒とラン区間の総タイムから逆算したペースがかなり違う所が合点がいかない。かなりの距離を併走した筈なので。
 別の観点から見てみると、女子3位でサル似の(笑)まいたけが41分20秒で走っている。彼女と私はほとんど何時も同じ場所ですれ違っていた。と言うことはトランジットのタイムを除いたランニング中はほぼ同じペースで走っていたと思われる。
 と言うことは、ランタイム41分30秒の野田純那選手のお尻を追いかけて、給水で取りあえず引き離したけど彼女はその周回でゴールした。と考えるのが正しいような気がしてきた。
 これから導き出される結論としては、昨日のスイムが遅すぎる事にプラスして、この手の距離のレースに対して「トランジットも遅すぎる」と言うこと。上手に着替えれば41分30秒くらいのタイムが出せたと思われる。少し残念だったりする。

| | コメント (4)

2009年6月 7日 (日)

エイジ1位だけどタイムがねぇ

0607 05:20に起きて軽トラに荷物を積み込み、近所のローソンでいつもの助六寿司メインの朝食を買った。くじが当たったと言われたけど、これ以上食べたくなかったので券だけ貰った。
 都市高速を使う予定だったけど、道が空いていてスイスイ進んだので最後まで下道で行った。家から百道まで65分。
 到着して直ぐに今までの大会史上、最上最大量のウンコが出た。成績とリンクしているわけでは無いけれど、何となく気分がよい。

 小雨が降って寒い。それ以上にスタートが近くなるにつれて波が荒くなってきた。嫌だなあと思いながらスタート。これが今期初めてのウェットでのスイムになる。
 想像以上に泳ぎにくい。最初のブイを過ぎたところで平泳ぎをしてしまった。競泳の平泳ぎじゃ無くて素人の平泳ぎを。水泳の神様御免なさい。
 先頭はそれなりのスピードで進んでいる。流石だ。でも私の回りは皆苦労している。ウェーブスタートは申告タイム順。私程度のスイム能力の選手にとって、この荒れようはかなり堪える。
 このまま溺れてしまうんじゃ無いかとか、ここで止めてしまおうとか、この周回でお終いにしようとか、スイムに関しては色々と気弱な事ばかり考えてしまう。気持ちの問題と言うよりも実力不足から来るものだろうと思うけど。
 取りあえず泳ぎ終えてランのトランジットへ。ロングの癖なのかゆったりと着替えすぎたかもしれない。同時に到着した数名に抜かれてしまった。
 この時点でタイムも順位も解らない。でもランは割りと調子良く脚が動いている感触がある。故障が有ったけどそれ以上に動きの改善などが効果的に影響している感じ。ランに関しては老化の衰えをなんとか食い止めて居る程度かと思う。
 かといって死ぬほど必死に成っている訳じゃなく、死ぬ気ならハーフが走れるくらいで走っていた。すると女子選手にスッと抜かれてしまった。抜いていったのはトライアスロンをやっている女性じゃなくて、明らかに女子選手。テレビに出てくる様な体型とユニフォームが素晴らしい。
 しばらく後ろ姿に見とれて居たけど、このまま負けてはいかん様な気がしてきたので後に付いてみた。今までよりもペースが上がったのでキツい。
 ここでふとトヨタグランドでの話を思い出した。日本の誇る男子マラソンメダリスト、森下広一氏直伝の「オネエチャンのお尻を見ながら走る」方法を。この方法は外周路をジョグしているときに直接聞いたもので有り、彼の名誉のためにここには書けない(笑)。
 数キロ先、不思議なことに速いペースについて行っている自分がいた。メダリスト恐るべし。そうなると彼女をランナーとして真面目に観察する余裕が出てくる。
 軽量な事もあると思うけど、登りでは明らかに彼女が先行する。しかし酸素摂取量の収支は私と大差ないようで、登ってしばらくすると私が並んでくる。
 状況に依っては前に出ることが出来るかも?と言う時も出てきた。ドームの横の給水所で彼女が水を取るために左にそれた。直感的に今だ!と思った。ペースを5%くらい上げて彼女を振り切りにかかった。
 増田明美が早口で解説している所だろう。。。等と考えて苦しい呼吸を紛らわし、そのまま必死で走り続けたら彼女に抜かれることは無かった。ハハハ。総合では勝てんけどランだけなら勝った(笑)。

 結果は昨日の予告に非常に近くて、50代の2位では無くて1位だった。1位と2位は実力的には大差ないけれど、表彰は1位だけなので大きな差がある。NBのサンダルと、良く解らんTシャツと、焼酎と、マクドナルドの只券が20枚くらい。やっぱり2位では駄目だ。1位に成らないといけない。
 順位は悪くないけどタイムが悪すぎた。特にスイム。リタイヤが結構出たくらい状況は酷かったけど、それでも上位はそれなりのタイムで泳いでいるわけだ。かなり悔しい。
 何となく気持ちがムラムラしながら帰路についた。帰りは初体験の都市高速。確かに速い。福岡IC近くまで15分もかかかっていない感じ。下道に降りてからはラーメンと炒飯を食べた。
 家の近所のローソンで朝の当たり券を交換した。私の好きな「爽のバニラ味」だった。少し気分が回復した。
 家に帰ってアイスクリームを食べ、コーヒーを飲んでホッとした。靴とウェットを洗って干した。ゴミとかも片付けた。何となく気持ちがムラムラしてきた。
 仕方ないのでB&Gまで行ってきた。50mをガンガン泳いでみたり、300m位をのびのび泳いでみたりした。でもあまりに寒すぎで40分くらいでギブアップした。

 家に帰ったら大きな鮃が有った。もらい物らしい。嫁さんが料理しろと言う。困ったけど嫁さんの顔には「私はしません」と書いてあったので観念した。
 出刃包丁の刃先だけを軽く研いで鮃を5枚におろした。縁側がグチャグチャに成ったけど仕方ない。料理の神様御免なさい。
 皮を剥いで薄い刺身にした。残ったアラはぶつ切りにして唐揚げにした。丁度ルーカス君が泊まりに来ていたので一緒に食った。かなり旨かった。

 おしまい。

スイム 2.6km
ラン 10km

| | コメント (4)

2009年6月 6日 (土)

明日は何の調整?

 

どこかの掲示板に書いてあったので真似してみた。
****************************************************************
ももちのレースはアイアンマンには出ないけど調整で行きますので、ご了承下さい。スイム30分台、ラン42分で年代別2位の予定です。しかしこれだと女性の入賞ラインすら外れてしまうのでプライドが許さないのですが・・・それでもマイペースで行きます。なぜなら皆生しか出たこと無いから
****************************************************************
 うーん、なんか違うな。だって私の場合はこれが全力の精一杯だから(笑)。
 今年はまだウェット着て泳いでないけど大丈夫だろうか?シューズは裸足で履くべきか?都市高速使った方が良かろうか?駐車場って高いんだろうか?
 取りあえず今日は何となく休みの日に成ってしまったので、11.5km分くらいのエネルギーは溜まった。なんとか成るでしょ。

 長男が「米が無くなった、脇机を持ってきてくれ、ギターも欲しい、あと寝袋も・・・」とかうるさいので、朝一にアパートまで荷物を運んできた。
 4kmほど北上したら明日の会場。明日の大会後じゃ駄目なのかと言ったら明日は忙しいらしい。めんどくさいヤツだ。でも一応親だから無料で運んでやった。
 その後は細切れの仕事をポツポツと処理し、残りはこないだから悩んでいる大電流の機械を解析していった。少しだけ進展があった。

 動いてないのに晩飯はおかわりして沢山食べた。シチューと一緒にキムチを沢山食べた。なんか韓国の食堂で食っているような錯覚に陥った。
 「オルマー」「パルチョン・クーペク」の辺りまでは聞き取れるけど、続いて「イルボンサラム・・・」とか言われても全く解らないから、「ト・マンナヨ」とか適当に言って店を出る。

| | コメント (4)

2009年6月 5日 (金)

毎年言うけどB&Gは寒すぎ

 先生の都合で今日のスクールは中止になった。実は少しだけホッとしている部分も有ったりする。今日はお母さんの仕事の都合でエイミーちゃんを私が連れて行くことに成っていたから。
 小学6年生の女の子なんかと話したのは39年くらい前か?プールまでの20分くらいがとてつもなく長い時間になりそうで少しだけ憂鬱だったわけだ。エイミーちゃんが嫌いなわけでも苦手な訳でも無いのだけど、何となく・・・。

 気持ちは泳ぐつもりだったのでB&Gのプールに行ってみた。午前中は薄着だと肌寒いくらいの気温だったので、プールは寒いだろうなと思いながら。
 予想は当たった。寒かった。と言うよりも冷たかった。1500mは泳ごうと思っていたので続けて泳ぎ切った。一度でも止まると嫌になりそうだったから。
 終わってからダウンがてら平泳ぎでゆっくりと泳いだけど、もうその時点で寒くて鼻水が出てきていた。それ以上水の中に居る気にはなれずに上がって温水のシャワーを浴びた。
 室内とは行っても立派な温室のような建物。太陽熱を遮るだけ完全屋外のプールよりも水温の上昇が遅いかもしれない。
 体温を維持するために泳いだ感じで、フォームとかあまり考える余裕が無かった。

スイム 1.6km

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

ケセラセラ

0604 トランジスタのパワーモジュールが爆発した。200Aモジュールの爆発は凄い音だった。田舎の3件くらい向こうまで聞こえたと思う。
 うすうす値段の想像はついたけど、ネットで値段を調べて$249.00とか出てきて落ち込んだ。鬱病に成りそうだった。
 気を取り直して調べてみると、出力側のモジュールも半死にの状態で有ることが解った。と言うよりも出力側に高周波が回り込んで中途半端に上下フレームが短絡してしまい、それによって電圧異常がでていたのだろう。
 それをきちんと修理しないで何だかんだと試していたから、入力側のモジュールに過大電流が流れてこんな事態に陥ってしまったと思われる。
 制御回路も結構ややこしい。なんとか乗り越えれば血や肉となる事は想像できるけど、取りあえず今は精神的に落ち込んだから少し休憩。
 ソーラーボートの時はFETを10個以上焼いた。しっかりと勉強してから回路を組めばそこまで焼かなかったと思う。でもそんな順番では私の性格的に今でもこの手の事は全然出来るように成っていないと思う。
 失敗しながら勉強して改善していく。いつものやり方でなんとかのりこえたいなぁ。。。と。

 気持ちが落ち込んでいたので走りに行った。江利チエミで日本語的なケセラセラ。何となくパワーがあって嫌なことを忘れさせてくれそうな気がする。
 昨日と同じコースでぐるっと一周。西中でルーカスに会った。作っている舟がだいぶできたと言っていたので、帰りはルーカスの家に寄ってみた。
 側板と座るところまで出来ていた。後は床板を貼るだけ。アメリカ人のくせに構造は五平太舟に似ているのが面白い。最後はFRPで仕上げるらしいので、最低限の強度と防水性は確保できるのだろう。
 昨日は調子が良かったのでかなり強度を上げて走った。流石に今日は脚が怠い。今日は全般的に軽い感じでジョグ。でもフォームは崩れないように。

ラン 13km

| | コメント (7)

2009年6月 3日 (水)

忙しかったので翌日更新

 週末の歪みに加えて荷物が来たりして大変だった。でも夕方は走った。いつもの13kmのコース。
 凄く珍しい車が西中と飯塚のプールに止まっているのを見る。筑豊にそんなに沢山あるはずがない。聞いてみたら保健の先生だった。

ラン 13km

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

リズムを取り戻そう

0602 リズムが乱れてしまった。平常時のリズムを取り戻して静かな日常を過ごそう。
 条件を変えてアルミの溶接を試してみた。板は1.5mmのままで電流やら移動速度やら溶加棒を足すタイミングやらを色々と試した。滅茶苦茶な時期は脱して、試行錯誤の時期に入っていると思う。
 今、一番難しいと感じているのはアルミの仮付け。薄めの板の突き合わせの仮付けが出来ない。溶けたアルミが表面張力で両方に別れてしまい、ああぁぁ。。。と思っていると大きな穴が出来ている。
 トーチを傾けてみたり板自体を傾けてみたり、左手で振動を与えてみたり色々試してみた。その中で一番効果が有りそうなのはトーチを「ブルブルッ」と振ること。
 「ビビビッ」とアークが光るのに合わせて「ブルブルッ」とやる。アークの風?なのかアルゴンの風圧なのか解らないけれど、こうやると別れていく溶けたアルミがちょびっとだけ接触する。
 この状態を数カ所作ってやれば、あとは注意深くビードを置いていくというか、別れていくアルミの水滴を熱で溶けかけた溶加棒で橋渡しをしていくイメージで行ける。

 6月に成ったのでB&Gに行ってみた。去年は水が冷たくて死にかけた記憶が有ったけど、取りあえずオープンなので挨拶がてら泳いでおこうと。
 行ってみて驚いた。小学生が20名位泳いでいる。ほぼ全員が赤のスイミングキャップをかぶっている。何処かの学校か何かの団体だろう。
 一番端のコースに入った。思ったほど冷たくない。係員に依れば24度とのこと。軽く泳いだら良い感じだったので、今日も1500mを泳ぐことにした。
 今日のイメージは「グリスの海」水の密度は空気の800倍。理屈では解っていても身体や感覚は付いていけない。それを無理矢理理屈に近づけるために、極端なイメージを自分に植え付ける。
 水を水と思わない。これはグリースだと思いこむ。グリースの中を進むのだから、出来るだけ真っ直ぐに身体を保つ必要がある。
 馬鹿みたいに手を振り回しても進まない。グリースを掴んで後へ追いやる。その反力ででっかい抵抗のある身体を少しだけズズッと前にずらす。そんなイメージ。
 物理量をそのまま表すのではなくて、Logなどの値で表す手法が有る。その方が人間の増減の感覚に合うからと。まさにそれの逆の方法だと思う。私の泳ぎが洗練されてきたら、グリース泳法の考え方が正しかったと言うことに成るわけだ。

スイム 1.6km
バイク 16km

| | コメント (3)

2009年6月 1日 (月)

疲れたけど終わった

 葬式が終わった。その前後の色々も終わった。100件くらいの集落なのに爺さん婆さんは100名以上居る。しばらくは葬式の時代が続く。
 会社の決算書類も出した。関連の送金も終わった。
 発送が2個有ったので、葬式の後は途中で帰って仕事をした。こちらもなんとか間に合って発送した。飲みに来いとうるさかったけど無視した。
 客先にデータを送らなければ成らない。添付ファイルを付けたら固まったようになって最後はタイムアウトになる。時間がない。焦る。データを縮小しても駄目。FTPで64kB以上が調子が悪いときが有ったので、それ以下のサイズで試したけど駄目。添付データが有ると兎に角駄目だった。結局解らなかった。
 明るい内に終わったというか時刻が過ぎてしまったのでどうにも成らなくなった。着替えて走りに行っても良かったけど、精神的に疲れてそんな気分に成れなかった。
 アルミ溶接の練習をしてみたけど、気持ちが揺らいでいるので巧く行かなかった。
 晩飯を食べて嫁さんと散歩に行った。公民館の前の蛍が一気に増えていた。ちょっとだけ気持ちが和んだ。

 明日から普通の生活に戻るぞ! 今日はもう寝よう。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »