« 大きなマイナスドライバ | トップページ | 少しずつ進むRZV500のCDI »

2009年2月11日 (水)

ストレートエルボ?

0211 今日は残っていた仕事やら家の事やら色々片付けていったので、1日中あっちに行ったりこっちに行ったりの状態だった。そのお陰で気になっていたことがだいぶ片付いた。

 新しいコンプレッサの配管を使いやすく手直しするために、継ぎ手が必要に成ったので買いに行ったときのこと。
 「1/4のオスメスエルボで白が2個」と注文した私。事務所の中のおばちゃん2名が在庫ノートみたいな物をめくって調べてくれた。その時に出てきた名前が「ストートエルボ」だった。
 この手のエルボを「ストートエルボ」と呼ぶのは知っていたけど(理由とか語源は知らない)、形状的に「ストート」と呼んじゃまずかろう・・・と思いながら話を聞いていた。ノートを見ながら二人ともそう呼ぶので、多分紙にそう書いてあるのだと思う。
 この手の話は他にも沢山あって、鋼材に「38パイ」とか書いて有ったりするのは多い。郷にいれば郷に従えで私はそのまま使ってしまうけど、「メオーム」と言っただけで怒られたりすることも有るので、工学部の先生からは怒られるかもしれない(笑)。
 そういえば某トラクター会社の仕事をしていた頃、先輩に面白い人が居た。「光安さん、ご飯を食べるのが茶碗で、お茶を飲むのが湯飲みって、なんか可笑しくねえか?」こんな話を振ってこられて困った。

 夕方からふと思い立ち、飯塚のプールへ行くことにした。私がキックが下手なのは回数が少ないから理論。妙に気合いが入っていたので2時間券を買って入る。
 始めると少し調子が良い感じがしたので、今日は30秒縮めて1分30秒サークルで行く。50mじゃない。25mを。。。少し慣れてきたのかこのままで1時間を泳ぎ切ってしまった。我ながら少し感心。嬉しい。
 途中から隣のコースに武友さんが来た。チラチラ見ながら泳いだけど、一人で色々なドリルをやっていた。あのくらいのレベルになっていても、地道にドリルを繰り返したりしているのか。
 キックを1時間やった後は、スイムに切り替えて全体のバランスを何とかしようと試みた。でもこっちは全然駄目だった。
 キックだけなら太腿から動かすというか、プールの底に対して膝蹴りをするようなイメージで動かす事が出来ている。その結果足首の固い私でも脛から指先が良い方向を向いて推力を出し始めている。
 ところがスイムに成ってしまうと、以前のように膝から下をコクコク曲げるだけのキックに戻ってしまう。その結果は足首から先が逆方向を向いてしまって抵抗になる。
 はっきりとプルだけの方が速い状態。この状態を何とかしたい。絶望的と思われたキックが改善されつつあるのだから、スイムも何とか成ると信じて取り組もうと思う。

スイム 1.7km

|

« 大きなマイナスドライバ | トップページ | 少しずつ進むRZV500のCDI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きなマイナスドライバ | トップページ | 少しずつ進むRZV500のCDI »