« 素性の知れない電流計 | トップページ | 衰え »

2009年1月27日 (火)

混合水栓の修理

0127 台所の蛇口の水漏れが秋頃から気になり始めていて、先週は嫁さんから「なんとかしておきなさい」と言われていた。
 ここ数日は寒くてホームセンターに行く気力も湧かなかったけど、今日は少し気温が上昇したのでグッデイに行ってきた。何が必要なのか解らないのであらかじめ分解して。
 この手の水栓は買うと結構高い。分解して高い理由が解った。オンオフとか冷水と温水の混合割合を決めているのは、一対のセラミック?みたいな感じの平面バルブ。車のウォーターポンプのシールをもっと複雑にしたようなヤツ。
 この摺動面に鉄系の水垢が付いていたので、まずはこれの摺り合わせ。セラミック用のラップ剤とか有るわけ無いので、そのままの状態で2個の部品をゴシゴシと。しばらくやっていると目出度く両側の主要部が鏡面に輝きだしたのでこの部分は完了。
 あとは接続部のゴムパッキンを交換し、丈夫のスライド機構部分にシリコーングリスを塗って組み立てた。
 操作はかなり重くなったけど漏れは止まった。新品の時の重さを知らないけれど、一番軽い状態から変わったわけだからこんな物だろうと。。。

 天気がよいので久し振りに外で走る。自転車と同じようにリラックスして力を抜いて、廻りのランナーの中で自分が一番エネルギーを使わずに楽をしていると言うイメージで。
 西中で水を飲んで裏の峠を越えトヨタグランドに行って流しを数本。ここでも力まずに軽くそれで居て速度はそれなりに出ている状態を心掛けた。
 倉久経由でトヨタの中を抜けて帰ってきた。中山運輸の前が活気がない。トヨタ減産の影響だろうか。明らかに日が長くなってきた。

ラン 11km

|

« 素性の知れない電流計 | トップページ | 衰え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素性の知れない電流計 | トップページ | 衰え »