« 電動機=発電機? | トップページ | 突切りバイトホルダ改良 »

2009年1月10日 (土)

修学旅行

 台風並みに発達した低気圧の影響で千歳空港が閉鎖にならないかと心配していたけど、、使用機材が少し遅れたくらいで大きな影響はなく、次男が北海道のスキーから帰ってきた。
 なんか今の時代は凄いなと思う。田舎の公立高校のくせに飛行機で北海道にスキー旅行に行ったりする。父親は新婚旅行で始めて北海道のスキーを体験したというのに。(笑)。
 ほぼ全てがスキー練習のみという、体育大出の先生か管理が大変と思う生活指導の先生が計画したとしか思えない行程。高校生の私なら嫌で嫌で仕方が無かったと思うけど、次男は赤ん坊の時からスキー場に連れて行って居た事が幸いしてか、楽しくて仕方が無かったらしい。
 経験のあるごく一部の生徒だけは別のクラスで練習したらしい。先生は日の丸飛行隊の時の監督かコーチかそんな位置づけだった人。もう爺さんだったけど滅茶苦茶巧かったと感心していた。
 大勢の生徒は板に慣れたら自由時間などが有ったらしいけど、経験者のクラスだけは2日間ずっと練習漬け。そのお陰で最後の方は片方の板を外して片足スキーの練習までやったというから驚いた。私は外エッジだけで滑るなんて何年かかっただろう。
 「あんな修学旅行は絶対に嫌とか」、「酷い旅行やったね」そんな会話が飛び交っている家庭も有るだろうなぁと思いながら、ハイテンションな次男の話を聞いた。

 今日は部落の新年会の日。仕事は16:30までにして走りに行った。時間が早いので少しだけ遠回りして、柴田アスリートクラブの前を通って羅漢橋経由でぐるっと回ってきた。柴田アスリートクラブは再開しないのだろうか?
 水泳の時の感じを思い出し、肩から先だけじゃなくて胴体側の筋肉を使って肩の付け根から全体を揺動させるイメージで動かした。
 どうも私はそういった動きが出来ていないような気がする。筋肉も肩の廻りばかりに付いてきて、胴体側はそれに比較すると増加していない。鏡で見たバランス的にもこの辺りを強化するべきかと思い始めている。
 走り自体は凄く調子が良かった。最後の方まで疲れて動かなくなる感じが無く、一定の強度とペースで走り終えることが出来た。
 帰ってからシャワーを浴びてから着替え、公民館にバスが来ていたのでそこまで歩いていった。今日の場所は波津の店らしい。自転車で何時も休憩するトイレのところ。
 特に何という事も無い料理と時間が過ぎてお終い。会場の扉が凄かった事だけが印象に残っている。一畳以上有る大きな引き戸が1枚の板から削りだしてあるように見える。こんな板を取るには、樹齢何年くらいの木が必要になるのだろう。

ラン 13km

|

« 電動機=発電機? | トップページ | 突切りバイトホルダ改良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電動機=発電機? | トップページ | 突切りバイトホルダ改良 »