« 取りあえず火は飛んだ(若干の演出有り) | トップページ | ヤングSSのタコメータは電気式だった »

2009年1月23日 (金)

これしかないやろ?

0123 ここ数日は何時も赤・茶・緑の線のことばかり考えていた。そう、ヤマハのフライホイールから出てCDIユニットに入っていく配線のこと。
 手元に有るのは壊れているらしいRZVのCDIと、昔所有していたRZ350のサービスマニュアル。あとは海外のサイトで拾ってきたRD500LCの配線図、などなど。その辺をベースに想像力をフルに働かせてたどり着いた結論がこれ。
 昔のヤマハの技術者と言うか日本電装の技術者が考えた内容と同じかどうかは解らないけれど、これなら電圧の高い組み合わせでコンデンサを充電できるし、赤をグランドに落とすことでキルスイッチにも成る。2個のコイルの位置がずれていて、交流的な位相がずれていても対応できる。。。と思う。
 宝くじに当たるよりも低い確率だけど、この辺を担当した日本電装の技術の人、見ていたら教えてください(笑)。

 今日はプールの日。天気予報は雪雪雪と騒いでいる。空模様も少し怪しいのでノーマルタイヤの軽トラは止めてスタッドレスのランティスで行った。
 流石に人が少ない。全部で4名しか来ていなかった。楽が出来るかと思ったら中学生が1名居たので楽は出来なかった。
 今までのスクールの中で5本の指に入ると思えるほどキツいのが有った。半分まで水中をドルフィンで行き、そこから浮上して全力のクロールで向こうまで。と言うヤツ。
 3本目か4本目くらいから半分まで息が続かなくなり、10mくらいで浮上してしまった。情け無いという気持ちなど一切浮かばず、兎に角キツいだけだった。死ぬかと思った。
 顔を上げて足を使わずに平泳ぎの手だけで進むのもキツかった。始めてモトクロッサーに乗ったような感じで、肘から先がパンパンに成ってしまう。でも手で水を掴むというかなでていく感じが良く解る。
 寒いからだろうか、今日は珍しく先生が最後を泳いだりした。体型は魁皇みたいに成ってしまったけど、泳ぐ姿は太めのアザラシのように素晴らしい。流石に元オリンピック選手だけ有る。
 更衣室で口を開けて身体を拭いていたら、一足先に着替えた先生が笑っていた。

スイム 1.3km

|

« 取りあえず火は飛んだ(若干の演出有り) | トップページ | ヤングSSのタコメータは電気式だった »

コメント

RZRやRZVとは違いますが、RD400のCDIを分解したら(物凄く苦労しました/非常に硬い粒状プラスチックでモールドされていました)
茶色の低速チャージコイルからの配線がCDI内でダイオード→アースに行っていました!

なんで?せっかく作った電圧をアースに落とすのか?
理系じゃない者には理解出来ませんでした(笑)

でも、試しに回路図を起こし、そのとおりのモノを作ってみると、きちんと動作するしフィーリングも当然ノーマル(笑)

だったら低速チャージコイル要らないじゃん(笑)という感じですが、これとは逆に↑上記の回路図のように低速チャージコイルからも電圧をコンデンサに入れるとトルクがドンと出ます(爆)
ただ、電圧が高過ぎてプラグがすぐにダメになります。
ハッキリ言って免許取り立てのアンチャンが乗ったらカーブ曲がり切れないかと(笑)

いろいろ試して感じたのは、低速チャージコイルをアースに落とすタイプはスムーズで乗りやすい(電気の流れがイイ?)かと。
電圧が高ければイイってもんじゃないなと体感で憶えました。

投稿: あつし | 2009年1月24日 (土) 16時23分

 アースに落とすと言うよりは、一番低い電位の所を選んでアースとするイメージじゃ無いかと考えてます。電位の高い方も同じで良いと思うのですが、あのコイル配置では茶の電位が赤よりも高く成ることは考えなくて良い様な気がして、今の配置なら茶からプラスへのダイオードは付ける意味が無いかな?と思ってます。
 最初は全波整流で考えていたのですが、それだと赤をアースに落とすだけではキルスイッチに成りにくくて、半波整流に考え直して今の状態に至ってます。しばらくしたら考えが変わるかも。

 RDとかRZ関係は全て処分してしまったので、今になって後悔してます(笑)。

投稿: みつやす | 2009年1月24日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取りあえず火は飛んだ(若干の演出有り) | トップページ | ヤングSSのタコメータは電気式だった »