« 女子高生は別の生き物 | トップページ | ちょっと嬉しいカレンダー »

2008年12月18日 (木)

バンドソーの手直し

1218 毎日便利に使っているバンドソー。来た日に手直しした部分がここ。鋸歯をガイドする部分が、材料に応じて伸縮できるように成っている。
 鋼材屋さんのバンドソーでは、この部分がアリ溝を使った構造に成っていた。素人向けの工作機械よりもゴツイ感じ。この部分の重要性がうかがい知れる。
 対して我が家のガイドは鋳物の肌が擦れ合っている。薪ストーブの空気取り入れ口では無いのだから、これは無いやろ・・・と言う所。万力に咥えてヤスリで凸部を削り、増大した隙間にアルミの板を張り付けたのがこの状態。
 本当は鉄系の板を張りたかったのだけど、1.0mmという板厚は手持ちではアルミしか無かった。無いよりマシなのでこれを貼った。
 そのほかにも3-4点の手直しをしたら、非常に調子よく使えるように成っている。鋸歯の経路が無理に直径を大きく取るように成って「いない」ので、落ち着いてからはトラブルが少ないのでは無いかと期待している。

 先日の先生が休みだった日の振り替えレッスン日。でも先生は来なかった。師走は忙しいみたいなので、しばらくは駄目かもしれない。
 SKPSの800mのアップを終え、後は基本的にクロールのキックのドリルを一人で続けた。今日は自分の癖というか特に悪い部分が解った。
 右足は脛や足の甲で水を押している感触が有る。その時には水が足の甲を指の先に向かって流れていく感触が有る。
 しかし左足は違う。同じようにキックしているつもりだけど、左足はつま先から水に入っている感触がある。当然、水はつま先に向かって逃げて行かず、つま先から踝に向かって流れる。
 航空工学科に入れなかった私でも(笑)、これでは推力が出ないことくらい解る。原因は足首の硬さが違うことだと思う。陸上でも5度から10度くらい違うから。

スイム 1.2km

|

« 女子高生は別の生き物 | トップページ | ちょっと嬉しいカレンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女子高生は別の生き物 | トップページ | ちょっと嬉しいカレンダー »