« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

走り納め

 昨日の餅つきの片付けとか、仕事場の片付けとか、ちょこっとだけ仕事とか、色々していたら簡単に1日が終わった。
 昨日は始終食べ続けていたので胃の具合が悪い。今日も腹の下がりが悪い。と言いながらも普通に食べ続けている。
 少しでもこの状態を改善したいと思い、軽く走ることにした。腹の具合が悪いのに無理をしても良くないので軽ーく軽ーく。
 西中で水を飲もうと思って居たけど、流石に正月なので門が閉めてあった。仕方ないので外周路をぐるっと回って峠を越えた。
 そのまま飯ノ倉の方へ降りて新笠松の前を通り、倉久を経由してトヨタの中を通って帰ってきた。
 トヨタが休みなので静まりかえっている。20年くらい前のこの辺りの状況が帰ってきた感じ。
 中国人労働者向けの宿舎に明かりが点いていた。出稼ぎに来ている訳だから、正月だからといって帰る訳にはいかないのだろう。

 寒かったけど厚手の手袋をしていたので快適に走れた。帰ってから蕎麦を食べ、コーヒーを飲みながらお菓子を摘んだ。
 見たいテレビも無いので薪ストーブの前で本を読んだりして過ごす。いつ頃からテレビに興味が無くなったのだろう。
 そういえば息子達もほとんど見ない。見ているのは爺さんと婆さんだけ。番組や宣伝も老人向けが増えてきたような気もする。

ラン 10km

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

餅つき

1230 今日は餅つき。09:30頃からポツポツと人が集まり初め、10:00頃から搗き始めた。
 昨晩量ったときに一斗のつもりだったけど、途中で解らなくなって11升に成ったかもしれない。搗いてみたら解ると思っていたけど1割の増減は解らなかった。
 息子達も大きくなったし、後期?結婚組の子供達が丁度小さくて可愛いタイミングなので、何だかんだとやっていたら昼過ぎに終わっていた感じ。"りんチャン"は可愛いなぁ・・・。

 途中でおろし餅ときなこ餅とあんこ餅も食べた。終わってからはいつもの様にカレーを2杯食べた。体育会系の某奥様は3杯食べていたような気がする。エクレアも食べた。クッキーも食べた。
 T君が準備してきた焼きリンゴが美味しかった。普通の焼きリンゴの様に下準備をした物をアルミホイルに包み、ピザ窯の中に入れて焼いてくれたヤツ。うちでも真似して作ってみよう。
 餅つき機材の片付けをしたり、ガレージの片付けをした。腹が一杯だったけどリズムが崩れる気がしたので、晩飯としてカレーを1杯食べた。コーヒーを飲みながらお菓子も食べた。
 1年で1番メタボな1日が終わった。

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

ハムとNSRのミッション

1229 「どうなっても良いから削れ」と言って送りつけられてきたNSR用らしいミッション。気が乗らないし簡単に削れる材質でも無いので放って置いたけど、早く削れとハムが送られてきたので渋々作業開始。
 普通のハムならやる気も起きないけれど、真ん中に太い骨が通った、本物のハムで作ったハムだったから少し感動した。やらざるを得ないか・・・
 研削盤は無いので、旋盤にセットしてゴリゴリと。超硬の中ぐりバイトでもなかなか簡単には削れない。ミッションのギヤなら、SCMの鍛造に侵炭くらいしてあるんじゃ無かろうか。
 作業もめんどくさいけど、強度的にもあまりやりたくない。ミッションから後輪までのトラブルは、クラッチを切ってもどうにも成らない。状況によっては死んでしまうかもしれない。
 とは言っても一緒に仕事をしていたヤツだし、強度面の問題は解っているし、どうなっても良いから兎に角薄く削れ!と言っている。家族もアイツがバカだというのはよく知っているので(笑)、削ることにした。
 1速と2速のドリブンギヤの内側を削ったらバイトが切れなくなった。寒いし今日の作業はこれでお終い。

 明日の餅つきの準備をしたり、1年の終わりなので工具類を少しずつ手入れしてみたりしていたら1日が終わった。
 走ったり何も出来なかった。でもこの数日は仕方がないので例年諦めている。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

モールステーパを考えたヤツは嫌い

1228 今日は午前中にXS1を買ったS氏が来た。その時の写真を掲載しようと思っていたのに、写真を撮るのを忘れた。
 凄く調子が良さそうに見える。見た目も綺麗。そして私が一番羨ましかったのは自作のミニキャリヤが付いていたこと。
 普通に使い出すとキャリヤとか小物入れとかが欲しくなる。大きな物は入れなくても、本屋に寄って本を買うことも有る。そんな物をサット入れる箱が欲しい。
 欲しいなと思って数年経つけど、S氏は1ヶ月くらいで作ってしまった。しかもクロームメッキまでしてある。うーん、実行力の差を感じる。同じ年数生きたとしても濃さが違うなぁと言う感じ。

 布団干し用の竹竿が無くなったらしいので納屋の裏に有った間伐材の細いのを磨き、ちょっと重くなったけど布団干しを作った。以前の1.5倍くらい干せる。その替わりに片付けるのが大変。
 薪割りの残りをやったら廃材がだいぶ片付いた。もう一回くらいチェンソーで玉切りをしたら無くなりそうな気配。年内に終わるか?

 15:00頃からは旋盤で部品を作った。MT3の主軸に取り付けるアーバ。本当はもう少し中央部が太い方が良かったのだけど、φ38の材料しか無かったのでそれから削った。
 テーパ削りはめんどくさい。モールステーパとか誰が考えたのだろう。もう平行軸にキーでも良かろう。数値で拾おうとしても中途半端な数値だし、太い方と細い方の両方が密着する訳ないやん。。。とか思いながら削った。
 工具が付く方は25.4mm。こっちは今までで一番良い感じのハメアイに成った。細心の注意をはらって丁寧に入れたら入るけど、普通に入れたら引っかかる。入ってしまえばするする回る。ああ、気分がよい。
 よく考えずにここまで削ったけど、トルクを伝えるキーを何とかしないといけない。これがまたテーパ削りと変わらないくらいめんどくさい。ふぅ。。。

 晩飯の時間を除いて、さっきまでずっとこれを削っていた。疲れた。寒い。キーの事まで考える余裕が無くなった。風呂に入ってもう寝ようと思う。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

DNAの引力

 今日は土曜日なので少しだけ早めに仕事を終わり、明るいうちに走りに行った。西中で水を飲んで裏の峠を越え、倉久経由の11kmコースを走ってみた。
 途中で次男の同級生の外人さんの家に寄り、ピザ屋を始める為に自分で立てている小屋を見せて貰った。普通の家だった。窓は二重ガラスだった。薪ストーブの後ろには乱れた感じの石が組んであった。とても個人が作ったとは思えない。
 工作方法とか材料の入手方法とか色々と話を聞き、寒くならないうちに帰路についた。私も同じ様な事をしているつもりだったけど、作業の質がプロと子供くらいの差があった。私ももうちょっときっちりとした作業を心掛けよう。

 今日は嫁さんが遅いので息子達と晩飯を食べた。長男が「"I鉄工"と言うところに部品を頼みに行ったか?」と聞いてきた。どうして知っているのか不思議だった。
 今日会った同級生から、「お前のオヤジは機械の設計とかしているか?」と聞かれたらしい。と言うことはそいつは"I鉄工"の息子と言うことか。。。
 なんか運命というか、遺伝子と言うか、好みというか、とても不思議な物を感じてしまった。
 数ある鉄工所の中から、私は何となく雰囲気でいくつかの鉄工所を選んだ。その中で飛び込みの試作部品を受けてくれたのは"I鉄工"だった。私も悪くない印象を持った。
 息子は息子で3年間の高校生活を過ごし、卒業して1年経過して会うような友達の一人が"I鉄工"の息子だった。特に明確な理由で彼を選んだわけではなく、何となくそういった関係に有るのだろうと思う。
 私の遺伝子がその鉄工所のオヤジを選び、その鉄工所のオヤジの遺伝子を受け継いだ息子が、私の遺伝子を受け継いだ息子を選ぶ。とても不思議で興味深い。

ラン 11km

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

全然付いていけない

 今日のスイム、早めに行ってキックの練習をした。もう足首が曲がらないのは「仕方がない」では無くて、「軽い障害である」と思うようにした。そう思いこむことで或る程度思い切った動きが出来るようになり、それが先に繋がらないかというかすかな期待。
 足首が真っ直ぐには成らない。「く」の字になったまま。その状態で水を後ろに押すには、膝を大きく下に曲げて膝からリードするような動きにしたら良さそう。
 そんなイメージで何回か往復していると、以前よりも疲れずに往復できていることが気がついた。少し気分が良くなった。

 今日の最初はAとBのクラスが混合。お婆ちゃんに近い人も居るのでキツクはないけど、ドリルの内容が正確に出来るかと言われたら出来てない。
 平泳ぎのドリルだけは凄く良く解った。プルブイを太腿に鋏んだ状態で軽いバタ足。その状態で水を掻く意識を持たずに動きだけで平泳ぎをする。
 途中で先生が手を掴んで動かしてくれる。なんか解った感じがした。手のひらや肘の辺りに水の流れを感じた。ああ、こんな角度なら良いのだな、と思うことがあった。

 最後は3クラスに別れた。人が少なかったので私は宮中の水泳部のヤツと二人。200mのメドレーリレーを3セット連続。合計600mを休まずに。と言うメニュー。「誰に向かって言いようとか!?」と言いたくなるようなメニューで泣きそう(笑)。
 中学生が勢いよく飛び出すので仕方なく付いていく。最初のバタフライで大きく差を開けられた。背泳ぎは差を確認する余裕もない。平泳ぎで差を確認しながら何とか付いていき、クロールは遅れながらも何とか纏める。
 2本目のバタフライは既に腕が水から出ない。喘いでいるような泳ぎでのたうち回っていると、中学生が直ぐ後ろに来ていた。背泳ぎに切り替わるところで先に行って貰った。
 そのままズルズルと遅れ続けた。2本目を終わった中学生が止まっていた。キツいので休んでいるのかと思ったら、3本では時間が足りないと思ったのか、能力が不足していると思ったのか、先生からストップがかかったらしい。
 良かったという気持ちと情けない気持ちで一杯に成った。ちょうど時間だったのでそこで終わったけど、終わった後にバタ足の練習と、出来なかったメドレーリレーの最後の3本目200mを泳いだ。

スイム 1.8km

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

キウイはどの段階から雄と雌なのか?

1225 先日ある方とこの話になった。キウイは雄の木と雌の木があるのは知っていたけど、どの段階から雄と雌が別れているのだろうかと。
 雄の苗、雌の苗として売っているのは見たことが有るので、数十センチに成長した段階では別れていると思われる。
 では発芽の段階なのだろうか。と言うことはイコール種の段階で別れていると言えるのかもしれない。
 しかしこの画像の1個の果実の中には、数百個は黒いごま粒ほどの種が詰まっている。その1個1個に雄と雌があるのだろうか?種の数だけ受粉しているのならこの可能性がある様に思える。
 いや、種じゃなくて果実では無かろうか?一つの実に含まれている種はぜーんぶ雄か雌に別れている。花1個に最低1回の受粉が必要で、それによって1個の実が出来るならこの可能性もありそうな気がする。良く解らん。
 それとは別に、今年はちぎらずに木になったままにしている。いつもはちぎってビニール袋に入れ、バナナとかリンゴと一緒にしてエチレンガスだったか?それで熟成させていた。
 たまたま今年は木になっているのを摘んでみたら柔らかいのがあり、それを囓ってみたら旨かった。もしかして木になったままで熟れるんじゃないかと思い、それの検証のために成ったまま放置している。
 食べたいときには適当にちぎって食べているけど、かなり酸っぱい。しかしビニールで熟成したときのような、傷む曲線上に乗っている感じの味ではない。まだ成長過程にある甘酸っぱい味がする。
 霜とか寒に当たって一部の果肉の色が悪くなってしまったけど、こう言うのが無い気候のところなら木になったままにしておいたら熟れないのかな・・・とも思っている。

 今日はランニング。いつもの西中往復のコース。ほんの少しだけ雨がぱらついているけど気にも成らない程度。
 調子は悪くも良くもない。普通と言えるように成ってきた。ああ良かった。普通が一番良い。帰り道は少しだけペースが上がった。

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

一躍全国区

1224 今日は寒かった。あまりに寒いので気温を見ると4度だった。普段着ている防寒着は洗濯中なので、代わりにこんなのを着て仕事中。
 下はダウンじゃないベスト。その上はトヨタ九州陸上部のジャンパー。本来なら新春の実業団駅伝で、トヨタ九州の選手を応援する為に作られた物だろうと思う。
 でも色々と事情が有ったみたいでその計画はボツと成り、我が家の箪笥の中で眠っていた。トレーニングで使うには少し気後れしてしまうので、作業着にさせて貰った。森下さんゴメン。でも参加しない貴方にも原因は有るんだからね(笑)。

 ここ数日はこのマークと「宮若市」が全国ニュースを賑わしている。もう少し良い方面で有名になれば良いとは思うけど、こう言うのは仕方ない。
 これを良い契機として、少々浮かれ気味に感じていた宮若市の市政に変化が有れば良いと思う。数十年前には「貝島」、今は「トヨタ」、なんだかなぁ。。。と感じる今日この頃。
 こんな状態になると中山運輸の社長の言葉が重みを持って響く。「・・・10年か15年で儲け終わるごと考えて仕事をせないかん・・・」的な内容だったと思う。35年ローンで田んぼに賃貸マンションを建てましょうと勧誘してくるマンション屋とはだいぶ違う。

 図書館に本を返しに行き、その足で黒染め屋さんに一部の部品を取りに行った。帰りに樹脂加工屋さんに行って少し話をして帰った。
 話の種にトヨタの廻りを通ってみた。乗用車はそんなに減ってない。通勤時間帯の渋滞は無くなったとは思うけど。トラックは確かに1台も会わなかった。上空をヘリが旋回していた。

 小雨が降っていたので今日はガレージで3本ローラ。横に仕事中の機械が置いてある。樹脂部品の部分でちょっと悩んでいる。トラブルでは無いけれど、スムーズには進んでいない。
 何か旨い案はないかなぁ。。。と考えながら1時間ほどローラ台であせを流した。

バイク 42km

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

N360とバンドソーと餅つきと

12231 午前中は先日のN360のUさんが来られたので、完成したレギュレータの取付と電圧の微調整。と書いたけど取付作業はやって貰った(^^)。
 旧車は想定外の電圧降下が有ったりするので、バッテリーから別配線でも引かない限り、想像と微妙な電圧がずれる場合がある。今回はせっかくサーミスタで温度補正までやっているので、納得のいく数値まで調整させて貰った。
 チャージランプをIG系の電圧モニタと考え、この電圧が13.5V以上で消灯するようにしてみた。最近の車ならアイドリングでも消灯するけど、N360クラスだと正常でもそれは難しい。
 頻繁な点灯がモニタとして有用なのか、はたまた鬱陶しいのかが解らなかった。自分の目でも確認したかったので、助手席に乗せてもらってトヨタの横をぐるっと走ってきた。
 自分で言うのも何だけど、悪くないんじゃないかと思う。信号待ちでウインカーに合わせて点滅したりする事も有るけど、「あぁ点灯時は13.0Vくらいまで落ちているんだな」と判断できる。発進して数百回転も回転が上がれば消灯する。このタイミングで充電系が正常だと判断できる。
 UさんもOKを出してくれたのでこれで完了と成った。あとは初期不良が出ないように祈るだけ?

12232  仕事の残りをするために、バンドソーで樹脂の板を切ろうとしたとき、バイスのハンドルが変な感じになった。
 こんな単純な機械のどこが壊れるのか・・・と思いながら眺めていると、送りナットと一体になったスライド部が割れていた。ねじはM10だからそれなりのサイズが有る鉄のかたまり。
 とは言っても質の悪そうな鋳物だし、ねじは意地悪のように端っこに切ってある。ガタを考慮して構造力学的に眺めてみると、クランプ力はこのねじを倒そうとする。壊れて当然のような気がしてきた。
 こんな大きな台形ねじのタップなんか持ってない。しかも左ねじ。有ったとしてもこのバンドソー本体に近い値段がしそうな気がする。
 ナットだけ生かしてスライド部分だけ作り替える事にした。面倒になるのでここには書けないけど、「エ」型断面でテーブルの長穴を滑るようにして、その下にナットを、上に「L」型のクランプ板を、それぞれボルト締めする構造。
 極力単純にしたつもりだけど、これだけで午後の3時間位を費やしてしまった。3万円なら仕事で元を取るとか書いてしまったけど、所詮安物だった(笑)。と言うことで、笑えない人にはお勧めできない。

 バンドソーが治ったので材料を切り出し、少し作業したらタイムオーバー。17:00からは走りに行った。少し脚に張りが有ったけど悪い感じじゃない。
 いつもの西中往復のコースを行って戻っただけ。だいぶ体調が戻ってきて、8kmよりも遠くに行こうという気持ちを抑えるモードに成ってきた。

12233  最後は業務連絡。今年の餅つきも例年通りに12月30日です。朝の09:00~10:00頃に例年通りダラダラと始まり、量に依るけど13:00頃に終わるんじゃ無いかと言う予定。
 搗きながら、おろし餅、きなこ餅、あんこ餅、を摘み、昼食はワンパターンのカレーと成ります。
 今年はキウイをちぎらずに木に放置してます。酸っぱいのが好きな人は熟成せずにギリギリ食べられるレベルです。欲しい人は適当にちぎって帰ってください。まだ200個、300個は有りそうです。
 焼き芋が欲しい人は納屋の芋を洗って、薪ストーブの上で勝手に焼いて食べてください。今年のは旨いです。
 ピザ窯と薪は有りますが、生地とトッピングが有りません。ピザを焼きたい人は材料を準備して来てください(笑)。
 特別にでっかい鏡餅を作る人は連絡下さい。なんか美味しい食べ方を仕入れた人も連絡下さい。
 と言うことで、今年の最後もよろしくです。

ラン 8km

| | コメント (2)

2008年12月22日 (月)

雨でも走る

 久し振りに小雨の中を走った。調子が良くて気分が乗っているときは走っていたけど、最近は全然そういう気分では無かった。
 ところが今日の仕事が終わったとき、外は小雨が降っているのにウインドブレーカを着て普通に走る準備をしている自分に気がついた。
 まだ小指が痛いというか自由に使えていない感じがあったりするけれど、大きな流れ的には回復の初期段階に有るように思う。日銀の人じゃないので上手に表現できない。

 旋盤で削る物が有ったので、夜中にゴリゴリ削っていた。昨日までと打って変わって寒い寒い。腹も減ってきた。ああ、夕食後に芋を準備しておけば、今頃食べられたのに・・・。等と思った。
 部屋に帰って風呂から上がったら長男が来た。芋を食堂に置いておこう。そうすれば夕食後とかに気楽に焼き始められる。腹が減ったときに直ぐに食べられる。。。
 先ほどの私と同じ様な事を言うので笑った。

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

シンニング

1221 仕事の残りとか、ガレージの雨漏りと結露対策として、波板の内側に簡単な天井を貼ったりしていたら一日が終わった。

 昨日に続いて使えなくなった(と思っていた)ドリルを研いでいる。直ぐに巧くは成らないけど、最低限の切れ味で良ければ高い確率で研げるように成ってきた。
 画像はφ5mmのドリル。2番の逃げの部分が大げさすぎるのだろうか?新品よりもチゼルの部分が大きく感じる。最初は手持ちのグラインダに薄い切断砥石を付けて、それでチョイチョイとやってみたけど巧くできなかった。
 そこでダイヤモンドヤスリでゴシゴシやったのがこの画像。適切な形状かどうかは解らないけれど、取りあえず抵抗にしか成っていないチゼルの部分がだいぶ良さげな形に変わっている。
 試しに穴あけをしてみても、下穴もポンチも無い状態で楽に芯が決まって穴あけが始まる。素人のシンニングでも或る程度の効果は有る事が解った。

 こういう事が出来るように成ってくると、グラインダの振動が気になってきた。一番大きな原因は砥石。モノタロウのオリジナルブランドなのだけど、こいつが目で見て解るくらいうねっている。
 モノタロウのオリジナル品は基本的に安くて気に入っているのだけど、この砥石とニトリル手袋だけは私の用途には合わなかった。
 今度はノリタケかどこかのヤツでも買ってみようかと思っているけど、まだ直径が195mmくらい有るので悩む。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

ドリルが研げるようになった!

1221 残った仕事を片付けながら作業場の整理などをしていたら、昼過ぎに板金屋さんから電話がかかってきた。忙しくて最短でも24日しか出来ないと言われていた部品が出来たと。
 今年中に黒染めまでやるのは無理だろうと思っていたけど、この調子なら出来る。ありがとう!早川プレテックの社長と従業員の皆様。
 やりかけの作業があったけど、直ぐに軽トラで受け取りに行った。出来上がった部品を持ってその足で直方の黒染め屋さんへ。これでやっと一息。

 ドリルを整理していたら、高校生の頃から使っていたような古いのが沢山出てきた。その頃作った刃先角をチェックするゲージも出てきた。懐かしい。真面目に研ごうとしていたのだけど、どうしても出来なかった。
 悔しいからCNCのドリル研磨機でも作ってやろうと思ったけど、老眼も始まったことだしグラインダに虫眼鏡を付けてみようと思った。ダイソーで買っていた一番大きな虫眼鏡を、RAMの部品を組み合わせて装着。刃物台には118度を示す角度をマジックで2本ほど。
 効果絶大だった。ずっと自分には無理と思っていた手作業でのドリル研磨が出来てしまった。鉄工所のオッサンにはかなわない。でも自分で使う分には十分すぎるほどの切れ味。
 面白くなって何本ものドリルを研いでみた。大きい物ほど楽に研げる。6mmくらいまでなら何とか成る。4mmに成ると何回も失敗する。2mmくらい短くなってやっとバランスが取れてくる。それ以下は今の私には無理。
 凄い。感動した。「100円の虫眼鏡」と「マジックの線」、たったこれだけで何十年も出来なかったことが出来るように成ってしまった。他のことに関しても、案外こういう事が多いのかもしれない。その人が引っかかっている「何か」を解決してしまえば、あっけなく前に進む事が有り得る様な気がする。
 ああ、気分がよい。そして嬉しい。この感動を誰か他の人にも与えてあげたい。私が使ったRAMの部品を3点。この週末の間に注文してくれた人にはセットで2,000円で出そう。備考欄に「先端角は118度」と書く事(笑)。

 今日はランニング。昨日のキックのせいで太腿と腰の横が痛い。軽く走ろうと思って走る。ランニングでも力が入りすぎているのだろうか?等と考えてしまう。
 自分では楽に走っているつもりだけど、はたから見たら飛松みたいな感じに見えるのかもしれない。まあ、あのくらい速く走れたら文句はないけど・・・。
 意外と暑かった。ウインドブレーカは要らなかった。中が汗でビチャビチャに成ってしまった。小指は痛くない。でもなんか変な感じ。リハビリ的な走りが続きそうな感じ。

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

ちょっと嬉しいカレンダー

1219 二つのカレンダーを広げずに取ってある。中を見る楽しみは元旦に取っておこうかと思って。
 上は飛行機マニアの部屋にしか無いような、SUBARUの飛行機シリーズ。Y君が毎年送ってくれる。
 かなり偉い人に成ってしまったみたいだから、君などと呼んだら不味いのか?部下の数は違っても私は社長だから許されるのか?(笑)。
 今年は仕事で迷惑をかけてしまった。まあ起こったトラブルは仕方ない面も有るのだけど、その後のフォローで十分な事が出来なかった。手を抜いていた訳じゃ無いけど、会社としての力が足りなかった。申し訳ない。あれから電話とかしにくい。。。カレンダーありがとう。
 下のは鋼材屋さんで貰ったヤツ。1回に315円とか、420円とか、そんな金額しか買わない客なのだけど、今日行って事務所の中にいる犬をヨシヨシしていたら、オバチャンの琴線に触れたのかこれをくれた。
 飛行機とか鉄工所とかに憧れていた少年時代を持つ者にとって、この二つのカレンダーの存在ははかなり重い。だから今年のうちに軽々しく広げたり出来ない(^^)。

 今日もプール。今日こそは先生が来るかな?と思って身体をほぐしながら泳いでいたら、久し振りに先生が登場した。大きな体を小さくして「昨日来た人御免なさい」と。
 何時も書くけど今日の練習もキツかった。特に25mを50秒サークルでキック12本は死んだ。A、Bの両方のクラスの全員に抜かれた。本気で涙が出そうになった。
 どうもおかしい。昨日までの自主トレでは、遅れながらも付いていける予定だった。でも今日の私は今までの私に戻っていた。残り10mでペースが落ち始め、最後のの5mはナメクジの様な速度になる。
 着替えるときに先生に聞いたら、上半身に力が入りすぎて居ることと、足首の柔軟性の事を言われた。
 「僕らでも進まないキックをすることは出来る。足首を立ててキックしたらよい。バックすることも出来る。」うーん。
 帰りのシャワー室に"NTT"と書いたパンツを履いた男が居た。只者じゃないなと思って見ていたら、武友さんの兄の方だった。強い人も地道に練習に来ている。うん。

スイム 1.1km

| | コメント (3)

2008年12月18日 (木)

バンドソーの手直し

1218 毎日便利に使っているバンドソー。来た日に手直しした部分がここ。鋸歯をガイドする部分が、材料に応じて伸縮できるように成っている。
 鋼材屋さんのバンドソーでは、この部分がアリ溝を使った構造に成っていた。素人向けの工作機械よりもゴツイ感じ。この部分の重要性がうかがい知れる。
 対して我が家のガイドは鋳物の肌が擦れ合っている。薪ストーブの空気取り入れ口では無いのだから、これは無いやろ・・・と言う所。万力に咥えてヤスリで凸部を削り、増大した隙間にアルミの板を張り付けたのがこの状態。
 本当は鉄系の板を張りたかったのだけど、1.0mmという板厚は手持ちではアルミしか無かった。無いよりマシなのでこれを貼った。
 そのほかにも3-4点の手直しをしたら、非常に調子よく使えるように成っている。鋸歯の経路が無理に直径を大きく取るように成って「いない」ので、落ち着いてからはトラブルが少ないのでは無いかと期待している。

 先日の先生が休みだった日の振り替えレッスン日。でも先生は来なかった。師走は忙しいみたいなので、しばらくは駄目かもしれない。
 SKPSの800mのアップを終え、後は基本的にクロールのキックのドリルを一人で続けた。今日は自分の癖というか特に悪い部分が解った。
 右足は脛や足の甲で水を押している感触が有る。その時には水が足の甲を指の先に向かって流れていく感触が有る。
 しかし左足は違う。同じようにキックしているつもりだけど、左足はつま先から水に入っている感触がある。当然、水はつま先に向かって逃げて行かず、つま先から踝に向かって流れる。
 航空工学科に入れなかった私でも(笑)、これでは推力が出ないことくらい解る。原因は足首の硬さが違うことだと思う。陸上でも5度から10度くらい違うから。

スイム 1.2km

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

女子高生は別の生き物

1217 取りあえず中国製チェンソーに関して質問があったので、関連の有りそうな画像を張り付けておきます。

 今日は霜が凄かった。庭の廃材を切るか竜徳高校の檜を貰いに行くか迷ったけど、廃材の霜の方が冷たそうだったので竜徳高校へ行くことにした。

 或る程度は先生が切ってくれていたので、その分はどんどん積み込んだ。残りは持ってきたマッカラーで適当に玉切りし、軽トラに満載して帰路についた。

 時間的にはちょうど登校時間。横を高校生達が通り過ぎていく。男子高校生は我が家で見慣れているけど、女子高生を普段見ることは無い。

 彼女らはタイツもストッキングも履かずに、短っかいスカートから2本の足を出して歩いていく。足の表面積って身体の半分くらい有ったんじゃ無かろうか?

 こっちは厚手の防寒着に身を包んでいるというのに、何とも信じられない光景。同じ生き物とは思えない。若い頃からこんなに元気が良いのだから、そりゃぁ男よりも10年くらい長生きしても不思議はない。

 今日はあまりバタバタすることはなく、普通に仕事をしてお終い。少しだけ遅くなったけど18:00前頃から走った。いつもの西中往復の8km。徐々に調子が戻ってきた感じがあって嬉しい。

 何か改行がおかしいぞ。今日のココログ

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

ヤバイ、忙しい

 昨日に続いて近所の工場巡り。近所と言っても北九州市くらいまでは入っているので、行って帰ってを繰り返すと、それだけで1日が終わってしまう。
 まぁ、うちが作るのは電機品にしても機械物にしてもたいした物では無いのだけど、それでも単純そうに見える一つの物を作るには、いくつもの工程が必要になる。
 自社で何とかする場合には、必要な設備とスキルが要る。外注に出すなら対応できる外注先を把握していないといけない。
 設計ばかりをやっていた頃は、こういう部分の重要性がなかなか解らなかった。見積課とか購買課とかは無駄な間接員にしか見えないわけだ。しかし完璧な図面だけでは最終的な物には成らない。
 現地や現場で不具合の対策をやり始めたりして、物や人の手配とか調整とかも重要だと身に染みて解ってきた。

 設計をやっている人の中には、現地とか現場とかが苦手な人も多い。素晴らしい設計をするのに、試運転の段取りとか現地の指揮は出来ないとか、対策図面を持って工場に行ってお願いが出来ないとか、据付業者の棒心のオッサンから怒られるのに耐えられないとか・・・。
 幸いにも?私はそういうのが苦手では無かったので、図面だけを書くタイプの人よりは多くの経験が出来たと思う。そして、その延長線上に今の生活が有るように思う。
 ただ、そっちの道の方が幸せだったか?と聞かれると良く解らない(笑)。

 最後の会社に図面を渡して帰ってきたのが17:30だった。薄暗かったけど着替えてランニングに出た。
 単純に西中往復のコース。まだ数回しか走っていないのに、走り始めたときよりも格段に身体が楽に感じる。
 人の進歩は凄いなと言うか、休んでいる間の劣化が激しいなと。。。

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

ハムの日

 今日はハムの日だった。妹の旦那の両親がハムを持ってきてくれた。息子が3人もいるので有りがたいと思っていたら、宅急便で親戚からハムが届いた。夫婦二人の家庭なら困るところだけど、今の我が家なら数日で無くなってしまう。
 そういえばずいぶん前の正月。鰤が何匹も重なって困ったことがあった。でっかい生のヤツが5匹か6匹重なってしまった。どうしてその年だけ重なるのか解らなかったけど、家族で必死で食った覚えがある。

 今日は工場関係を回っていて、ウロチョロして1日が終わってしまった。夕方に3本ローラをやっただけ。

バイク 40km

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

サービスコール500

 先日の仕事中、宅急便のラベルを印刷しようとしたらプリンタからエラーが出て止まった。メチャ焦った。
 リコーのiPSIO NX720Nという白黒のレーザープリンタ。何処かで聞いたエラーなので、解決策が無いかと検索したけれど見つからない。どうしようかとハードディスクのドライバの所を見ていたら、何かテキストファイルがある。
 開いてみたら「2005年11月21日にサービスマンコール500が出た。電源再投入で直らない場合はサービスマンを呼べと出ている。起動時に回転が悪い。手持ちの予備トナーに交換したら回った。トナーのエラーのようだ。」と自分のメモがあった。
 思い出した!あの日も寒い日だった。今回もこの冬一番の寒さ。キーワードは寒さか?そういえば起動時の回転が重そうな音がしていた。
 取りあえず前回と同じように、交換用のトナーに交換してその場をしのいでいた。トナーも安いので買っても良いのだけど、まだ中に半分くらいは残っているので勿体ない。原因を調べてみることにした。

 感光ドラムが固着したように成っていてびくともしない。これは駄目かな・・・と思いながら眺めていると、片側のカバーの内側にギヤトレーンの様な物が見える。取りあえず開けてみた。
 本体からの動力は感光ドラムを回し、その後数個のギヤを経てトナーを掻き回す機構じゃなかろうか?と思われる部分に繋がっていた。
 個々に試してみると感光ドラムは問題なく回った。トナーを掻き回す軸も回った。途中のギヤトレーンのギヤが固着していた。
 分解して清掃してみると、トナーが軸受けの隙間に入り込んでキツキツに成っている。しかも相当な回数リサイクルしたのだろう、樹脂の摺動面に多量の傷が付いていた。
 酷い傷を修正し。一番近くに有ったハンマーオイルを塗ってから組み直した。何とか指で感光ドラムが回る程度まで回復した。
 プリンタに付けて起動したらエラーは出ない。テスト印刷したらえらく汚れているけれど正常に使えた。その後は新聞紙の上で感光ドラム廻りを何回か綺麗にぬぐってやって修理完了。
 多分、忘れるくらいまで使えるとは思うけど、このトナーが回ってきた人は気の毒な気がする。

 色々と仕事の残りをやっていて一日が終わった。ちょっとお疲れ気味。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

エイシンのバンドソー

1213 「エイシンの」と書いたけどエイシンは潰れてもう無いので買ったのは別の所から。物はエイシンが26,000円位で売っていた物と同じ。
 今回は31,500円で買ったけど、以前の値段とか「ばかじゃなかろか?」セールの事を知っているので中々購入に踏み切れなかった。
 ところが最近、試作の仕事で鉄系の材料を切ったりする事が多くなってきてしまい、金ノコでギコギコ切っていては日が暮れてしまうし、手のひらにマメが出来る。
 仕方ないので中古でも・・・と思って物色してみても、有名メーカー品はボロボロでも結構な値段に成っている。あーーうーーとか言いながら数日悩み、手のひらのマメを見て決心した。
 決心したと言っても、10万、20万の製品をポンと買うほど裕福じゃないので、いつもの様に怪しい中国製を。
 しっかりした製品を買うことが良いのは解っているけれど、全ての判断をそうやっていくと大変なことになる。まず自分自身が無理。修猷館に行って東大に進学し、一流企業に就職して学習院出でミスユニバースの嫁さんを貰わないといけない。マラソン大会は福岡国際で、会場まではベンツのSクラス。。。
 実際は適当なところで手を打つわけだけど、まあその基準が人よりも少し低いところに有るだけの事と割り切っている。

 組立は結構大変だった。重い鋳物の本体の下に、組み立て式本棚の様なボルトで組み上げる構造の脚が有る。寝かせて作業していると本体がバネでパカッと口を開ける。
 何とか組み上げて試し切りをしてみた。近くにあった25mmくらい有る鉄筋。金鋸で切る時の数十分の一で切れた。切り終わったら原始的な構造のスイッチが自動で切れた。
 断面は目で見て何とか解るくらい傾いているけれど、人力で切ったときよりも明らかに綺麗。感動した。今まで何をやっていたのだろう。もっと早く買えば良かったと思った。
 この調子なら旋盤の段取りをしている間に、必要な長さに切れてしまう。今回の試作をやっている間使えれば、もうそれだけで3万の元は取れる。

 取りあえず最低限の使用には問題が無いことを確認したので、確認の意味で少し分解して中を見てみた。
 別の意味で感動した(笑)。先日のチェンソー以上だった。ソーガイドのアームが伸縮できるように成っているのだけど、その摺動面は鋳肌だった。ガイド用のボールベアリングを保持している小さなブラケットも鋳物のままだった。
 普通の機械設計屋なら、2発仕上げにするところが全て鋳肌に成っていた。こんな機械は見たことが無いと思ったけど、これで使えてしまうところが逆に凄いとも思った。
 まあ、取りあえず使える。これだけの金属「素材」を手配するだけでも3万以上かかってしまう。使った後は自分の納得のいくように改善していこう。

 今日はバンドソー部品のヤスリがけをしていたのでトレーニングは無し。技能五輪に出場する選手では無いけれど、私のヤスリがけでも鋳肌よりはまだまし。
 少し滑らかに成ったけど、今度は隙間が空きすぎた。鉄板を切って隙間につめていこうか。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

殻付き牡蠣

1212_2  私の大学時代の下宿の部屋には、ベッドとか炬燵とか定番のカラーボックスとか、ドラフターまで有ったけど、京都に到着した日に買った布団以外は全てもらい物だった。
 先日のサンタさんでは無いけれど、私は何故か良く物を貰う。人徳のお陰と思っているけど、嫁さんは貧乏そうに見えるからではないかと指摘する。
 今日は殻付きの牡蠣が送られてきた。五日市の吉見園にKJと言う女性が住んで居る。一癖も二癖もある奥さんで、こう書いただけで周りの人は誰か解るくらい(笑)。その人が送り主。
 何故か解らないけれど、私のことを「せ~んせい!」と呼ぶ。松並木の道で大声で呼ばれたりしたら凄く恥ずかしかった。
 まあ、そういうのに耐えてきたお礼なのか、立派な牡蠣が来たので有り難く思いながらプールに行った。

 久し振りに先生が来た。頑張って自主トレをしてきたつもりだったけど、やっぱり人から言われるメニューの方がキツかった。
 平泳ぎとバタフライのキック系、クロールのプル系、この辺りの動きに関するドリルが主体だった。
 元気な中学生が先頭を引いてくれるので、サークルの計算とか本数の計算をしなくて良いのが楽。頭の酸素が少なくなると、この辺が全然計算できなくなる。
 後ろの方に少しだけ遅いオバチャンと小学生が居たので助かった。オバチャン達が遅れがちになるので、途中でサークルが伸びたりした。
 クロールのキック練習の余波だろうか、ドルフィンキックも少しだけ速くなっていた。速くはないけど大きく遅れずに済むように成っていた。

 プールから帰って牡蠣を焼いて食べた。薪ストーブの上で焼いてみたけど、上を空けて網を置いても中々焼けない。煙突が強力すぎて網から空気を吸い込んでいた。仕方ないのでガスコンロで焼いた。
 美味しゅう御座いました。ありがとうございました。
 嫁さんと子供達は生で食べたらしい。食べ終えた後、お礼の電話をかけようと宅急便のラベルを見て仰天。「過熱食用」と書いてあった(笑)。。。
 お礼の電話はかけたけど、流石にうちの嫁さんも生で食べたとは言えなかったらしい。今回は大きな問題は無いと思うけど、思いこみの激しい嫁さんなら有り得る話し。
 普段もそう言った物を食べていると思う。私は驚かなかった。

スイム 1.3km

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

何気ない技に感動する

1211 直方の図書館に本を返しに行き、そのついでというか、こっちがメインかもしれないけれど、鋼材屋さんに寄って角材を買ってきた。
 SS400の22角で74mmを2本。事務所のオバチャンが「SSの22角で74を2個!!」と怒鳴ると、オッサンが空いている方のバンドソーで切ってくれた。
 稼働中のバンドソーはアサダ製で値段の想像も出来ないような凄いヤツ。もう一個もアサダで数百万くらい?と言う感じ。
 スケール当てて簡単にセットして切ってくれたけど、帰ってきて測ってみるとシンプルなノギスでは誤差が解らないほどの精度だった。
 こういう感じの日々の何気ない技というか、技までは行かないような技能に触れると感動する。誰かに話したくなるのだけど、こういう事に反応する人は少ないのでブログにでも書いておくことになる(^^)。

 オッサンとは反対に事務所のオバチャンはいかんなぁと思う。以前の電話では「快削材はミガキのことです」と言うし・・・まあ、言いたいことは解らんでも無いけど。
 今日は図面を見せながら20x17が取れる材料と言っているのに、そんな寸法は有りません。有りません。と繰り返すし、ちょっと疲れる。

 今日は2回目のランニング。前回心配していたことが現実になった。
 左足の土踏まずの内側の一番前の方にマメが出来かけた。ゲルフェザーでこんなところに出来たことは無い。やはり小指の影響と思う。
 永久的に形状が変わって居るのか、一時的な変形なのか、かばうから動きが変わっているのか解らないけれど、しばらくはこの悩みが付きまといそうな感じ。
 今日はちょっと暑かったので水を飲んだ。

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

筋肉痛

 1ヶ月以上ぶりに昨日走った。そしたらてきめんに筋肉痛がやってきた。太腿に軽いヤツだけど、やっぱりその動きをしていないと使えなく成るのだなあと実感。
 夕方になっても酷くは成らず、どちらかと言えば忘れるくらいに軽くなってきたのでこのまま消滅すると思われる。
 小指は特に痛いことは無い。でも良く見ると右と左の小指で太さが違う。以前はこういう事は無かった。今は明らかに痛めた左の方が2割くらいは太い。
 炎症が起こっているような色や感触では無いので、これが取りあえず落ち着いた状態なのかもしれない。怪我をしても傷口がくっついて数年は盛り上がっていたりする。
 骨が折れていたのなら、くっつくときに太くなってしまうのは良く聞く。関節が変になっていたとしても、やっぱり以前の太さでは済まないかもしれない。
 起こったことは仕方がないのだから、これが自分の足だと納得して走っていくしかない。ちょっと心配なのは、今までのシューズをはき続けると、この部分か影響を受ける部分にマメが出来たりしないか?と言うことくらい。

 天気は良すぎるくらいだったけど、今日は3本ローラにした。

バイク 40km

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

ちゃんとした人は速いのか

1209 日曜日の直鞍一周駅伝が終わった後、選手に配ったゼッケンを返して貰った。返して貰わなくても良いくらいの、マジックで手書きのみすぼらしいゼッケン。
 ゼッケンは前後で2枚。四隅を留めるので安全ピンが8本。普通に考えればウエアからピンを外し、そのままじゃ危ないからフックを引っかけ直して返すと思うし私もそうする。
 私よりキロ40秒は速い森さんと藤井さんは違った。大会で配布される様な状態に、きちんと纏め直して返してくれた。二人はそれぞれ別のタイミング。どちらかがやっているのを見ていた訳じゃない。
 走り終わってウエアを着替えるときも、脱いだウエアを綺麗にたたんで鞄に入れているのを見た。私なら丸めて放り込むか、鞄にさえ入れずに車の中に投げ込んでしまうところ。
 そういえばトヨタの選手もきちんとした人ばかり。速い人はそういう傾向があるのか?それともそういう生活態度じゃ無いと、地道な長距離の練習を続ける事が出来ないのか?
 いずれにしてもかなりのカルチャーショックを受けた。出来ないとは思うけど(笑)、ちゃんとした人に成ろう。

 今日は午後から天気が回復してきた。気温も上がってきて気分が宜しい。走ってみることにした。
 最近は日常生活でズキズキした痛みを感じる事はない。でも走るとどうなるか不安ではあった。
 ズキズキした痛みはなかった。でも違和感というか重い痛みというか、そんな感じの物は有る。でもこれは動かさなかった為の「こわばり」的な物じゃ無かろうかと、希望的な判断を下しておいた。
 単純な西中の往復。距離はピッタリ8km。上下ともウインドブレーカを着て、軽く汗ばむくらいのペースで走った。所々に痛いところや直ぐに疲れる所がある。徐々に慣らしていこう。

ラン 8km

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

N360の発電系統

1208 今日のお客さんはGPSではなくてこっちの方で旧車の電装品のチェックと再生修理の相談。
 犬鳴峠を超えて来ていただいたUさんの車は適度にヤレたホンダのN360。「完璧にレストアしました!」じゃ無い所がイイ感じ。
 このN360のレギュレータ再生を中心に、充電系のチェックというかリフレッシュというか、そんな感じの作業内容。
 本来のN360だとセルダイナモだけど、このN360にはN600のセルモータとオルタネータが組み込んである。セルダイナモの信頼性というよりは、エンジンの元気が良すぎる感じなので(笑)その対策かもしれない。
 Uさんは私よりも詳しいと思うくらい十分に調査勉強されていて、こういう人が相手だとメールの遣り取りと通販でもスムーズに処理が出来るかもしれないと思った。
 XS1に良く似たレクチファイヤをチェックしていたら、端子から太めの配線がポロッと取れた。あれれ・・・と思って眺めていたら、もう1本も取れた。断面を見たらほぼ全面が切れて腐食している。素線1本程度で繋がっていたと思われる。残りの1本は断面積1/3くらい残っていた。
 セレンみたいな金属板積層構造に見えるけど、6個のダイオードが組み込まれた3相全波整流の構造。6個のダイオードは全て正常だったので、外れた配線を新たに作ってこの部分は完了。
 エンジン側のフィールドコイル、ローターコイルなどの抵抗値は正常。エンジンへの短絡というか絶縁不良も無い。良かった。
 あらかじめ送ってもらっていた資料を元に、仮組みしていたレギュレータを付けてエンジンを始動してみる。14.5Vでピタッと制御された。
 イグニッションスイッチと思われる電圧降下が結構有るので、XS1等のようにIG線で検出すると誤差が大きすぎる。検出点をはバッタリーかレクチファイヤ出口の方が良い感じ。
 あとはチャージランプが点いているので、これのオンオフ回路が必要に成る。仕様に関して大体纏まったので、あとは予備品の機械式レギュレータを仮に付けて今日の作業は完了。

 N360と言えば下宿の隣の部屋に住んでいたS氏を思い出す。この車もセルダイナモが調子悪かったみたいで、良く押しがけしていた。駐車するときは必ず下り坂を選んで止めていた。
 我が家の数代前の軽トラもこの系統のエンジンだった。リフトも無いのに庭で一人でエンジンを降ろし、ボーリングしてワンサイズオーバーのピストンを入れた。
 椿本かどこか知らないけれど、Vベルト屋が良くOKしたなぁと思える独特のベルトの取り回しだけが記憶に残っている。

 ちょっと走ってみようかと思っていたけど、雨が降っていたので外はやめ。いつもの様に3本ローラをクルクル回した。
 今日は何となく調子が出なかった。理由は解らないけどこんな日に無理をしても仕方が無いので早めに止めた。

バイク 28km

| | コメント (2)

2008年12月 7日 (日)

直鞍一周駅伝

1207 私は走れないけど直鞍一周駅伝。人員の配置と回収だけお手伝いさせて貰った。
 練習できなかったので走ることは出来ない。解ってはいるのだけど他人が走っているのをみると、自分に対してイライラしてきてウズウズしてくる。
 チームの成績的には、強力助っ人の効果で昨年よりも順位もタイムも上がったけど、遅くなっても良いからやっぱり自分で走りたい(^^)。
 来年は怪我をしないように注意して暮らそう。そして、順位が落ちても良いから自分で走る。

 写真は助っ人の一人で速くて謙虚な藤井さんと、門司港にイカ釣りに行くShinakoさん(笑)。今年は脱がなかったけど服装間違えとるやろ!と突っ込みたく成るのは私だけでは有るまい。
 来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (4)

2008年12月 6日 (土)

新感光剤

1206 昨日纏めたパターンを基板にしてみた。基板加工機で削り出したかったけど、カッターの形状と材質が敏感で、ピン間1本が実用になってない。
 と言うことで何時も仕事で使っているサンハヤトの感光基板。サイズは100x75の一番小さいサイズ。仕事でもこればっかり。うちの仕事は何かのI/Fとか小物的な内容が多いので、このサイズで十分。
 新感光剤になって色々と脅しというか言い訳というか、そういった紙切れが入るように成ってきた。感光は自作の「ちびライトの様なもの」を使っているけど、これで行く限り従来の感光剤と大差はない。
 今日は2枚作ったのだけど、これは4分でもう一つが5分。現像した段階では5分の方は感光しすぎたかな?と言う感じだったけど、エッチングしてみると5分の方が良いかも?と言う感じだった。
 いずれにしても使えるとか使えないとか、1/2とか2倍とか、そういったレベルではない。エッチング後に残った線はシャープに成ったような気もする。

 今日は部落の忘年会なので、この後の半田付とか色々は出来ない。取りあえず部品を差し込んで、にやにやして写真を写してお終い。
 「もうバラックでは組まない」見延典子 光安恒貴。

 明日は直鞍一周駅伝の日。私は走らない。と言うか走れない。選手の皆様頑張ってください。出発地点への送迎でお手伝いします。
 人が走っているのを見たらイライラするだろうなぁ。。。この駅伝が終わったら、そろそろ走り始めてみようかと思っている。

| | コメント (4)

2008年12月 5日 (金)

ブリザード・ブリザード

 一日中寒かった。こういう日に限って基板のパターンを引くような事をやっていて、暖房のない部屋で体中を固くこわばらせて悩んでみた。
 夕方になって一段と寒さが増してきて、全然身体が動く感じじゃない。床屋のオバチャンから電話がかかってきて、今日のレッスンは先生が休みになる可能性が非常に高いとのこと。
 薪ストーブの前でしばらく悩んだけど、やっぱり身体を動かしておこうと思い直してプールに向かった。
 積もっては居ないけど酷い吹雪だった。如来田越しの辺りでは引き返そうかと思ったくらい。パートタイム4駆なのでスタックしたときは心強いけど、タイヤがプアーだからそれまでの安全率は高くない。
 雪の中を走っていると「ブリザード・ブリザード♪」と必ず口ずさんでしまうのは何故だろう。脇野の信号で止まったとき、ドアを開けて路面を触って「凍ってるね」とやろうとしたけど、軽トラなので座面が高くて手が届かなかった。
 映画を見たときの予定では、50歳の私が乗る車は911カレラで、助手席の黒木瞳に似た彼女が「何やってんの、バカァ」見たいな顔で微笑む事に成っていたはず。
 人生はなかなか予定通りには進まない。

 先生が来ないし雪は酷いし、ほとんど来てないだろうなと思っていたら、普段より多いくらいのオバチャン達が泳いでいて驚いた。
 今日は1時間券を買って、ぴりっとした自主トレの予定。最初は例のSKPSで800mのアップ。それが終わってからは先日に続いてキックの練習をした。
 特段速くなっては居ないけど、明らかに私のキックは変わりつつある。うまく説明が出来ないし、たまにしかうまく進むことも出来ないけれど、明らかに何かを掴もうとしている感触がある。
 つかまり立ちをしていた赤ん坊が、ゆらゆら揺れながら両手をフリーにする瞬間。一輪車で手すりから手を外して、クイックイッと進んだ瞬間。そういった匂いを自分で自分に対して感じる。
 来年の夏はきっと速くなっていると思う。

スイム 1.3km

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

施錠

1204 朝食後に薪割りをしていたら、お寺の横に駐在所のミニパトが来ていた。何か有ったのか?と思いながら予定の量を割って終了。
 婆さんが聞いてきた話によると、お寺の娘さんのスクーターを何者かが200mほど先の方まで持って行き、火を点けて燃やしたらしい。
 悪いヤツがおるなぁ。。。確か横にはTWか何かも置いてあったはずだけど、そっちに手を付けて無いと言うことは中学生か高校低学年くらいだろうか。
 こっちなら何とかなると思って押していったけど、直結も出来ずに腹を立てて蹴倒して火を点けたと。。。悪いことをするにしても、最低限の勉強をしておかないと使い物に成らないという見本かもしれない。
 我が家のガレージは二つあって、木の扉の方にXSと工具を置いている。こっちは普段は開けっ放し。その辺の小僧がバイクリフトからXSを下ろし、配線を直結してキックでエンジンをかけることが出来るとは思わないけれど、火を点けられたりしたらちょっと困る。
 3本ローラを終えてから、グッデイに錠前を買いに行った。とりあえずアピール力が必要なので、50mmの大きめのヤツを買ってきて付けてみた。
 矢が飛び出るような装置でも作ろうかと思ったけど、過剰防衛で逮捕されても困るのでその計画は中止。フラッシュが光って撮影する位がちょうど良い様な気がする。
 これだとうっかり自分が引っかかっても、自分の間抜けな顔を見るだけで済む。

バイク 40km

| | コメント (1)

2008年12月 3日 (水)

薪の整理

1203 ココログ遅い。寝る前にチャチャっと書いて寝ようとすると、最近は反応が無かったり混み合っていますとか出て動かない。一応有料版なのだけど、これって値段相応なのだろうか?

 昨日貰ってきた薪が軽トラに積んだままだったのもあり、家の廻りの薪を整理した。
 ガレージの中のテンポラリーな薪置き場もすこし拡張し、廃材を割ってそっちに積み上げた。
 昨日貰ってきた薪は、直径が25cmくらいの檜が多いのだけど、良く見ると至る所に枝がびっしりと生えていて割るのが大変そうな雰囲気。早めに割って来期の薪として準備しておこう。
 やっぱり日が暮れるのが早い。走るときはヘッドランプを付けて走っているけれど、裏庭でヘッドランプを付けて薪割りをするのは、なんだかなぁ。。。と言う気がする。
 壁から投光器で照らすようにしたら良いかもしれない。それなら夜中に薪を取りに行くときにも役に立つ。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

ヘルメットが有れば怖くない?

1202 竜徳高校の先生から、今年も木を切ったと連絡を貰っていたので軽トラで取りに行ってきた。
 私は基本的にチェンソーを使うときはヘルメットを被るようにしている。特に安全に気を遣っていると言う訳ではなく、使ってみると結構快適だから。
 帽子があまり好きでは無いことも関連しているけけど、ヘルメットを被っていると、おが屑が髪の毛や首の廻りに付きにくい。
 透明のゴーグルを使っているときには汗が溜まって鬱陶しかったけど、草刈用のメッシュのお面を取り付けてからは、通気性も出てきて凄く快適。

 高校生でオートバイの免許を取ったとき、まだヘルメットは義務ではなかった。でも「死ぬ期待値が同じなら、ヘルメットを被ってその分スピードを出した方が良い」等と嘯いていた人間なので(笑)、基本的にこういった物に親和性が高い性格なのかもしれない。
 うちの爺さんを筆頭に、この辺りの人はこの手の物が大嫌い。「そげなもん付けたら笑わるうぞ!」とか「仕事にならん!」とかそう言った雰囲気。
 特にうちの爺さんは激しくて、工具を持ってきて人の草刈機のガードを外すくらいの人だったりする。その反動が私に出ているのだろうか?なんか興味深い。

 暗くなるのが早くて、仕事を終えて直ぐに行っても思ったほど作業が出来ない。朝一に行った方が良いかもしれないなと思った。でも朝は苦手。

バイク 4km

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

初霜

1201 それほど早起きじゃないので「初」じゃ無いかもしれないけれど、朝食後に薪でも割ろうかと外に出たときの画像。
 庭の端に置いてある廃材の上に、雪かと思うくらいの霜が降りていた。色が付いているように感じるのは、木材の色がしみ出て居るのだろうか?

 外は寒そうだったので、家の中で昨日思いついたPICのプログラムを作った。真面目にフローチャートを書いてからプログラムを作っていったら、割りと簡単に最初から動いた。
 遠回りに思えても、きちんとした手順が大事なのかもしれない。いっつもそのままバーッと書き始めてしまうから、グチャグチャしたプログラムにしか成らない。
 基板に追加して試した。定数を変更しながら調整を繰り返し、10回くらい手直しをしたら期待通りの動きになった。
 貧弱なPCでMACHを使っている人しか欲しがらないと思うから、まさに雑居ビルの隙間のような市場か(笑)。いや、そこそこのPCで有っても脱調防止の安全弁として有効かもしれない。。。サンタさんがくれたPCに組み替えて試験してみよう。

 今日も3本ローラを1時間ほど。途中で左の股関節の外側辺りが痛くなった。ちょっとだけ片足ペダリング的な動きをやったのが効いた。
 あまり変なことは考えずに、素直に漕ぎ続けよう。

バイク 42km

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »