« 痛いはずだわ。。。 | トップページ | 焼き芋 »

2008年10月21日 (火)

疑似オルタネータ

1021 先日から作っている装置の関係で、ふとひらめいて作ってみたのがこの「疑似オルタネータ装置」。
 自ら発電するわけでは無くて、レギュレータがフィールドコイルに電流を流してやると、それに応じてプラス端子に発電したかのように電圧を返してくる。最終的に電流制御にしたので、正確にはフィールドコイルの電流値に応じて出力端子に繋がったバッテリーに電流を流そうとする。
 するとバッテリー電圧が上がってくるので、レギュレータが「おっとっと」とフィールドコイルの電流を減らす。すると疑似オルタネータも出力電流を減らすのでバッテリー端子電圧が下がってくる、するとレギュレータが「おっとっと」とフィールドコイルの電流を増やす。すると・・・。
 こんな装置。レギュレータを試験するしか用途が無いけれど、全て電子化されているので機械的にオルタネータを回したりする必要が無い。まあ、こんな物を今更欲しがっているのは、日本中にも私を含めて2-3人しか居ないと思う(笑)。

 今日は先々週に行けなかったスイムの代わりに行こうかと思っていたけど、夕方に成るにつれて鼻がムズムズしてきたので止めにした。ただでさえ鼻がグチュグチュに成って帰ってくるのに、こんな状態で行ったら大変なことになる。
 走ると小指が痛いので、暗くなるまでは廃材をチェンソーで切っていった。薄暗く成ってからは台所の外側に、LPガスのボンベを置く場所を作った。
 場所自体は先日コンクリで大まかな形を作ってレベルを出して居たので、今日はモルタルで凹凸を埋めて小綺麗になでなでしただけ。

 あぁ。。。それにしても鼻の具合がおかしい。

|

« 痛いはずだわ。。。 | トップページ | 焼き芋 »

コメント

いつも興味深いお話、楽しみです。擬似オルタネ-タはすごい!部品点数が極端に少ないですね、PICでしょうか? 私は擬似単相発電機が欲しいです(笑)

アドレス110というスク-ターに乗っているのですがステータコイル巻き替え、レギュレートレクチファイアの自作などにより自動車の35W HIDプロジェクターライトを常時点灯できています。Wrong Stuffの高効率レクチ等の記事がとても参考になりました。どうも有難うございます。自作のレギュレータはサイリスタ短絡式なのですがアイドリングより少し高い回転数で14.5V、回転が上がれば13.5Vです。もう少し電圧変動を抑えたいのですが・・・バッテリ容量が小さいせい? 波形を見たら原因がわかるでしょうか?オシロが欲しいな~、擬似単相発電機も。

投稿: タケ | 2008年10月22日 (水) 00時57分

 この記事に反応が有るとは思ってませんでした(笑)。
 磁力固定の場合(スクーターの発電機のシミュレーションなど)、私は古い内田洋行の電源装置を使っています。これはAC出力が有るので捨てられないんです。新たに買うと高いですが、ジャンク品でスライダックと24Vくらいのトランスを買ってくれば出来ると思います。
 自作されたレギュレータの回路が解りませんが、電圧検出をAC側でやっているかDC側でやっているか、検出電圧のリップルやスパイクノイズに比較する素子が過剰に反応して居ないか、消費電流が増えたときの電圧降下が絡んでいないか、等を調べるともう一段階安定するんじゃ無いでしょうか。
 アナログの一番安いので良いから、オシロが有ると無いとでは雲泥の差です。お勧めします(^^)。

 今回の回路はOPアンプとFETによる単純なアナログ回路です。仕事絡みで電源を作っていたときに良いアイデアが浮かんだので、一気に作ってしまいました。

投稿: みつやす | 2008年10月22日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛いはずだわ。。。 | トップページ | 焼き芋 »