« 焼き芋 | トップページ | 禍福はあざなえる縄のごとし »

2008年10月23日 (木)

2線式のウインカーリレー

1023 最近XS1を買った知人のウインカーリレーが壊れたらしい。私のも壊れた。30年以上前の大型のコンデンサ容量に依存している機器なのだから、まあ壊れてもおかしくはない。
 作ってあげる事にしたのだけど、自分のと同じでは面白くない。と言うことで自分の時からもう一段階頭を捻り、アースの要らない2線式で動作する回路をでっち上げた。
 基本的には良く似た考え方だけど、コンデンサに溜める電荷はFETがOFFの時に電球経由でアースに流れる電流から取る。
 そんな理屈からあまり小ワットの電球は難しいかな?とも感じていたけど、手持ちのメーター球で3.4Wでも動いたので実用上は問題無さそう。
 アース線が要らなくなると、シート下がほんの少しだけすっきりとする。XS1のオリジナルは、ラバーマウントのバッテリーボックスにアース線が繋がっていて、そこにアースの必要な「見かけ上2線式のウインカーリレー」が金属バンドで固定してある。真の2線式に交換すれば、この辺のアース線が不要に成ってすっきりする。

 体調の悪いのは明らかに風邪っぽい。ピークは昨日だった感じだけど、今日も良いとは言えない。走ったりするのは止めにして、ウインカーリレーの実験を終えた後はガレージの作業机の配置換えをした。
 この調子なら明日くらいから気持ちよく動けるような気がする。

 やっと明日から新しいUSBケーブルを発送できるように成った。お待たせして済みません。でも溜まっている分を先に出すので、PICプログラマに使えるような単体基板とかチップ部品を自分で半田付けするキット(ホントに出すのか?)とかは来週以降に成りそうな気配。

|

« 焼き芋 | トップページ | 禍福はあざなえる縄のごとし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼き芋 | トップページ | 禍福はあざなえる縄のごとし »