« 家のことを色々と | トップページ | eTrex Camoの電極修理 »

2008年9月29日 (月)

F大は遠いなぁ

 先日変な電話がかかってきて、「面白そうな事をやっているから一度話をしたい」と。相手はF大の先生らしいけど、電話の雰囲気では先方もちょっと変わった変な人(笑)の雰囲気がある。何となく感じる物が有ったので、今日の昼間に研究室まで伺うことにした。
 都市高速を使おうかと思ったけど、どうせ余裕を見て出るのなら下道でも良かろうと思い直し、犬鳴を超えて3号線に出て、空港の国際線のところを左折して、あとはずっと道なりに高宮の駅の近くを通る道で行った。
 滅茶苦茶混むことは無かったけど、筑豊の田舎者にとって"博多の街"は車が多かった。行きが1時間30分、帰りが1時間35分くらいかかった。久山のところまでは家から35分位で行けるのに、その先がなかなか進まない。今度は都市高速で行ってみよう。

 私が間違って広島時代の名刺を出したところ、ロボットの方の先生は"広研"に居られたそうでお互いにびっくり。私が居た建物は駐車場を鋏んでその研究所の向かい側。なんと世間は狭い事よ。
 電話を貰ったシステムの先生と一緒に3人で話をした。話の内容も見せて貰った研究室もなかなかに面白くて、時間が許せばもっと各部を詳細に見せて貰いたかった。
 「機械工学科を出て機械の設計をしているくせに、スパナでボルトを締めた事が無いヤツが居た」と私が言えば、「電子工学科の4年生なのに"はんだってどんなものですか?"と言う学生が居る」と先生が返す。感性が近い様な感じがした。
 無人の車を学生に作らせて、陸上のトラックを1周するタイムを競わせてそれで成績を付けましょう等と、馬鹿な話をしていたら直ぐに時間が過ぎた。うーん、もう一度行きたい。
 帰りの車の中では、無人の車を作るとしたらどういう構成にするべきかをずっと考えていた。仕事に直結するわけでも無いし、日常生活の役に立つわけでも無い。でもこう言うのを考えるのは楽しい。

 帰ってから急いで今日の発送分を梱包した。慣れない都会の車の運転でくたびれたのか、何となく身体が重たい気がした。
 天気も悪いので久し振りにガレージで3本ローラ。最初の10kmはアップ。次の10kmはアウタートップでグイグイと。最後の10kmは1km毎のインターバル。
 最後のインターバルはキツかった。4本目くらいから1kmを終わった後に頭がクラクラしてしまい、ローラの上でちょっとヤバイ感じになった。

バイク 30km

|

« 家のことを色々と | トップページ | eTrex Camoの電極修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家のことを色々と | トップページ | eTrex Camoの電極修理 »