« 思わず30km | トップページ | リサ風 »

2008年7月13日 (日)

芦屋トライアスロン

0713 玄海トライアスロンクラブ主催の練習会に参加。例年なら皆生の2週間前なので選手として参加しているのだけど、今年は1週間前なのでボランティアで参加。
 往復の40kmだけを自転車で走って軽い練習にしてみた。速度グラフを見る限りでは、平坦路なら32km/hくらいは維持できるように思える。35km/h維持はよほど条件が整わないと難しそう。それ以上の速度はまだまだの世界。
 客観的なデータで見る限りでは、去年とあまり速さが変わってないような気がする。でも体感的には去年よりもかなり力が付いたようなきがしているのだけど・・・本当の所はどうなんだろうか。

 仕事の内容はスイムのブイの設置を手伝った後、バイクの誘導をして、最後はランの給水の手伝いをした。選手的なキツサや疲れは無いけれど、何というか怠いというか辛いというか、そう言った感じの重い感じが残る。ボランティアも大変だと実感した。今日はこれでも時間が短い。皆生のエイドなんか21:00過ぎまでやっているわけで、ただただ頭が下がる。
 今日は一般の交通の中で、この手のバイクが走っているのを客観的に見る機会でも有ったのだけど、自分が走っている時とは違うことも色々感じた。
 まず自転車の信号無視などの交通ルール違反が多い。交通規制された大会じゃ無いのだから、交通法規を破ってまでタイムを縮めても仕方が無かろうと思う。まあこの辺は当人の考え方次第だけど、車のドライバーに取っては少し意味合いが異なる。
 パッシングしたりホーンで威嚇したりするドライバーを数名見たけれど、それまで道の横を走っていて鬱陶しい自転車が、信号にさしかかると一転して歩道を走ったり斜めに走ったり信号を無視したりして自分の前に出る。気の短いドライバーなら頭に血が上っても不思議じゃない様な気がする。
 ブルベの師範(笑)的な走りをすべきだとまでは思わないけれど、そこまで軽車両として道を走ってきたのなら信号でも軽車両として振る舞うべきじゃなかろうか。チンタラ走るママチャリがふらっと横断歩道を渡るのとは意味が違う様な気がした。
 もう一つは車側の感情。上とも少しかぶるけど、走っているときに感じている以上に悪意のあるドライバーの行為を感じた。クラクションやパッシングだけでは無く、幅寄せ気味に無理に自転車の前に出ようとしたり、はたから見て危ないなぁと感じる場面が何回も有った。ドライバーの顔が明らかに「バカヤロー」とか「しぇからしい!」と言っている。
 解っていたつもりでいたけど、自分の考え以上に自転車を取り巻く環境は良くないことが解った。こういった環境下で乗っていると言うことを日々感じていないと命が危ない。

 もう一つの目的?でもあった友人のトライアスロンデビューは無事終わった。この大会に申し込むにあたって、今ここでウェットスーツを注文しなかったら、お前は来年までトライアスロンの大会に出ることはない。そうすると来年の春も今年と同じように過ごし、夏になって今年と同じ様な感情を持ち、どうしようかと悩んでいるうちに秋が来ると。。。
 こうやって彼を脅して無理矢理にウェットを注文させた。その後はプールでウェットの慣熟をしたりしたようなので、初めての海スイム2kmも無事にクリヤしたらしい。
 こういう事に時間を費やし始めたので、彼の家庭内では不和とまでは行かないけれど、何となく彼だけが浮いているという噂(笑)。めでたしめでたし。

 身体のだるさは想定内。右の大胸筋と思っていた痛みだけど、もしかしたら肋骨か肋骨の集合部の軟骨かもしれないと思い始めた。クシャミでも痛い・・・。

バイク 40km

|

« 思わず30km | トップページ | リサ風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思わず30km | トップページ | リサ風 »