« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

草刈

 家の北側の栗の木とキウイが植えてあるあたりの草が酷くなってきた。秋になったら枯れるのだから必死になってまで刈らなくても良いとは思うけど、入るのが憚られる位まで伸びてしまったので一旦刈っておこうかと。
 何時も使う方の草刈機は、2週間ほど前に爺さんが混合油事件を起こし、それでしばらく使ったみたいなので何となく使いたくない。予備機になっていたマキタの22ccを使ってみることにした。

 思い出したくない混合油事件とは。。。最近はホームセンターで25:1位に「オイルを混合したガソリン」が売られている。ちょっと紛らわしいのだけど、これを買ってきてさらに25:1に薄めて混合油を作ったらしい。
 いつもは私が混合油を作るのだけど、先日使おうとしたら既に誰かが作っていた。でも色合いと感触がなにか変。ただのガソリンじゃ無いのか?と感じたので爺さんに聞いてみたところ、「ちゃんとCCISオイルで作った!」と言い張る。家にはオードルーブの古いのしか無いので詳しく聞いてみたら、ナフコで買ってきた「混合済みガソリン」をさらに25:1に薄めて作ったことが判明した。。。これって1:625に成るの?
 草刈機にはこの「混合油」を継ぎ足してしばらく使ったらしい。スタータを引いたら取りあえず回る。正規の混合油に入れ替えてエンジンをかけたら回った。容器の中の「混合油」にはオイルを混ぜて「混合油」にした。大変だった。
 間違いや勘違いは若者にも有るけれど、自分は正しいと思いこんで主張し続ける所が悲しかった。こういう事をするような人では無かったのに。これが老いと言うものか。私は気をつけようと思うけど、やっぱり同じ道をたどるのだろうと思う。息子がガソリンを隠すように成ったら、そう言う時期が来たと悟らないといけない。

 22ccの草刈機は少し力が無かった。でも普通に草を刈るくらいなら問題は無い。なかなかガソリンが終わらないなと思いながら刈っていくと、栗の木の下が全部終わってキウイの下も1/3位まで刈れた。使っていた時間もいつもの機械より明らかに長い。
 こんなに燃費が違うとは驚いた。細い竹とかが無い環境であれば、今後はこっちの草刈機を使おうと思う。フロートキャブでタンクが上に付いていて、燃料コックが壊れていてOFFに出来ない。毎回燃料を使い切る必要が有るのが面倒なので、マキタに注文してコックだけでも交換しておこう。

 キウイの下に潜ったときに首の後ろがムズムズした。草まけなのか虫なのか解らないけれど、帰ってから夕食中にじんましんみたいな発疹が出た。範囲が狭かったので放って置いたらかゆみはじきに引いてきた。まだ台地状の緩い凹凸が残っている。明日の朝には消えているかな?

| | コメント (0)

2008年5月30日 (金)

多足類読本

0530 強く欲しいと思ったわけでは無いのだけれども、何となく引かれる物があって(笑)こんな本を買ってしまった。新品は2,800円もするので古本で。
 予想はしていたけど変な本。それなりに資料的な価値は有るのだけど、それ以上に作者の文章というか気持ちというか、その辺の異常さに引かれてしまう。
 「静かな杉の林の中でヤスデと私だけになったような心持ちになる」「・・・アオムカデ属の青い体色はめまいがするほど素晴らしい・・・」。。。ついて行けん。
 なかなかに素晴らしい作者では有るけれど、一つだけ不満がある。それはムカデに1回も噛まれたことが無いという部分。噛まれたときの対処方などを書いておきながら、自分は噛まれた経験すらないとはいかがなものか?私なんか1年に2桁は噛まれていると言うのに(笑)。

 昨日の夜、半井さんは夕方から雨が降ると言っていた。言いつけを守ってプールは軽トラで行った。結果的に自転車でも問題のない天候だった。
 今日のメニューは嫌らしくてキツイのばっかり。プルブイを鋏んで背泳ぎの腕だけとか全く出来ん。25mを進むだけで鼻からコップ1杯くらい水を飲む。鼻が痛くて苦しい。
 25mのキックを50秒サークルで8本も私的にはあり得ん。だいたいスイムが45秒サークルなのにキックだけで50秒サークルは無いやろうと思う。予想通りに4本目から60秒サークルに自動的にスペックダウンした。まだまだやなぁ。。。
 バタフライの右手、左手、両手、のパターンも難しい。後半は腕が水から出てこない。とにかく全てのドリルが満足に出来たという感触が無かった。

 軽トラで家の近くに来たとき、ふと思いついて川の横でエンジンを切ってライトを消してみた。期待通りに数十匹の蛍が舞っていた。もうすぐ夏が来る。
 帰ってから晩飯を食い、ほっとしてからパソコンを点けて江口さんの掲示板を見た。時間が早くて元気が有れば私も走ろうかと思っていたけど、既に福岡市の近くまで進んでいる模様。と言うことでこっちは諦めた。このブログをアップしている頃には到着しているんじゃなかろうか。

スイム 1.2km

| | コメント (0)

2008年5月29日 (木)

ムカデとの戦い

0529 今日も家の中でムカデを2匹殺した。でも今までと少しだけ意味合いが異なる。それは玄関横の縁側に出てきたから。
 ムカデの出る場所は結構決まっていて、家の北東の角あたりに集中している。そこにはトイレと風呂場があり、外には物置小屋があり、その横には私たちの寝室がある。。。
 うちの婆さんは蛇もムカデも蜘蛛も大嫌いなので、出てきたら大騒ぎになる。それがあまり大騒ぎに成らないわけは、婆さん達の部屋は玄関の横で日当たりが良くて廻りが乾燥しているという理由がある。このあたりでムカデを見かけることはほとんど無かった。
 最近は裏の方で家や木の整理をやっているからだろうか、ムカデが生息地や餌の確保に困って家の表側に移動しているとすれば悪い傾向じゃない。
 写真は朝食後に整理した洗面所横の床の下。この2m弱の範囲にこれだけのごみが溜め込んであった。いかにもムカデが好みそうな環境。家全体では膨大な量が有るけれどボチボチ整理していくしかない。
 うちの爺さんと婆さんは何故か床下や軒下に物を溜め込む習性がある。物と言うよりも実際はごみに近い。作業した残りの切れっ端、空になった瓶、割れた瓦、肥料の袋、割れたポリバケツ、そんな物が多い。
 現実的な作業に関しては、ムカデとの戦いと言うよりも彼らが置いていくごみとの戦いなのかもしれない(笑)。

 自転車のサドルを弄ったので試験走行を兼ねて走ってきた。ここのところトルクをかけて漕いでいると尻が浮きたくなる傾向があった。気持ちに素直に調整してみようと思って、サドルを上げてみることにした。
 10mmくらい上げて変化を感じようと思ったけど、少し極端かな?と思い直して実際は8mmにした。2mm減らすあたりが中途半端な私の性格を反映している。
 乗って10kmくらいまでは軽い違和感を感じていたけど、泉水越しを超えてからはほとんど違和感を感じなくなった。泉水越しでは明らかにトルクが良く掛かる感じがある。でもこれは自分で作業した後なので本当の結果とは違うかもしれない。
 後半は何も感じなくて普通のイメージで漕げた。脚は下死点でも少し曲がっているので限界値では無い。しばらくこのままでいってみようと思う。

バイク 38km

| | コメント (0)

2008年5月28日 (水)

雨の中を走る

 ぐずついた天気で1日中パッとしない。仕事が一段落付いた時は空が少しだけ明るく感じた。雨は降り続いていたけどそれほど強くないので走ることにした。
 部屋から外を見るとほとんど降っていないように感じたけど、外に出てみるとそれなりに降っていた。気温も高いので体調を崩すような事は無いと思う。
 いつもの21号線のコースを走る。途中で息子の自転車とすれ違った。この自転車にはシマノのLP-600が着いているけど、この時間帯なら常時点灯のLEDがけっこう目立つことが解った。メインのライトも常時点灯にすれば良いと思うのだけど、今の中学生はライトが点いていることを嫌うそうなので、そうなると売れないかもしれない。

 芹田の交差点でトヨタ九州の若手?と思われる選手とすれ違った。流石に本職は雨でも走っている。私も走っていて良かった。そうじゃないとますます差が開いて行く所だった。
 体調は何か良くない。足が重い。まあそれなりに進むから16kmのコースをたどる。室木から四郎丸に抜ける峠に入ったら、200mくらい先に2名のランナーが居た。何処かの学生なのか、トヨタの実業団なのかクラブなのか解らない。
 何とか追いつけないかとペースを上げてみた。少しだけ差が縮まったけどそれ以上は進展がない。結構速い。。。と言うか私が遅いだけかもしれない。下りでもう一度ペースを上げたけど追いつけなかった。下りきった右に抜けたら彼らを見失った。

 帰ってからシャワーを浴びた。濡れた靴を洗って脱水しないと行けないけれど、なんか面倒に感じてそのままにしてしまった。明日は臭くなっているだろうな。。。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

地蔵峠

 週末に根っこを掘ったり大阪に行ったりしてから、なんか身体がだるい。昨日は時間的にトレーニングが出来なかったけど、時間があってもやる気分に成れなかったかもしれないくらい。今日は少しだけ怠さが軽減したので動いてみることにした。
 廿日市トラも近いので登りの練習でもしておこうと思い、いつもの鞍手町のコースを少し変えて地蔵峠を組み込んでみた。遠賀高校から海老津駅の横を通って旧3号線を横切り、高倉神社の所に出る。あとは地蔵峠を登って下って赤間に出る。冨地原から平山口に抜けてトヨタの中を通って帰宅のコース。
 出て直ぐに脚が怠くて怠くてたまらなかった。赤木峠を1周して帰ってこようかと思ったけど、取りあえず倉久まで出てみることにした。相変わらず脚は怠いけど漕ぐことは出来る。速度もそんなに遅くない。そこで泉水越しを超えてみた。
 このあたりから何となく身体が目覚めてきたような感覚があり、怠いながらも脚が動き始めた。このまま行けそうな気配がしてきたので室木線跡の道で力を入れて漕いでみた。良い感じに速度が出て行く。怠かったのは数日間身体を動かさない生活を続けたたために、色んな部分がさび付いたような感じに成ってしまったのかもしれない。
 そう言えば工場保全関係の話で、休み明けの月曜日の朝は機械の動ききが悪くてトラブル・・・的な話が有ったように思う。丁度そんな状態だったのかもしれない。
 漕いでいる途中にサドルをもう少し高くした方がトルクが出そうな気がしてきた。本当かどうか解らないけれど、ちょっと試してみよう。

バイク 41km

| | コメント (2)

2008年5月26日 (月)

早起きは眠たい

 ふっと左手に違和感を感じて反射的に手を振った。布団の上を見ると100mmくらいのムカデが逃げていくところだった。今日は噛まれていないなとか、スリッパで叩いた後は2枚重ねのティッシュで頭を潰そうとか、一瞬の間に冷静に考えてその通りに処置した。ムカデとの戦いにもだいぶ慣れてきた。
 今年も既に沢山のムカデを殺してきたけど、就寝中に襲ってきたのは今日のヤツが始めて。雨が降ったし気温も高めが続いているので好条件ではある。先が思いやられる。。。
 時計を見ると04:00ちょっと前。今日は例のテレビを見るために06:00には起きないといけない。丁度眠たくなるような嫌な時刻に起こされてしまった。気持ちを静めながら再び眠りについた。

 06:00過ぎから息子と一緒にテレビを見た。画面で見るとイイ感じの普通のお嬢さんに見えるでは無いか。私の記憶の中のなおチャンよりも、太腿が細くなってほっぺたが丸くなったような気がしたけれど、それは私の記憶が変化したのかもしれない。
 紹介のプロフィールに依るとなおチャンも28歳。普通に考えれば「チャン」とか「花屋の小娘」とか呼ばれるような年でも無かろうと。心を入れ替えて今度から「今井さん」と呼ぶことにしよう。「今井さんこんにちは。ご無沙汰しております。練習の進捗状況は如何ですか。。。」ハハハ。

 夕方は大阪から帰ってくる嫁さんを赤間まで迎えに行かなければならない。電話を待って居る間に裏に置いてある割って無い薪とか廃材を片付けた。これもムカデの繁殖を助ける役目をになっていると思う。これを出来るだけ家から遠い所に持って行く。
 ムカデ達が「家の中に入っても何も無いもん」「何にも面白くない家」と感じるようにし向けなければ成らない。そのためにはムカデ達に取って不快で餌の少ない家と周辺を作り上げる必要が有る。
 半分くらい動かして赤間まで迎えに行った。ゆめタウンで一緒に食材の買い物をしてランティスで帰ってきた。両方の両親の行動や判断が年老いてきて、老人然としてきた事に話題が集まる。まあ、時の流れで仕方ないね。

| | コメント (4)

2008年5月25日 (日)

Congratulation!

0525 アトランタに居る嫁さんの妹が、新しい旦那を連れて日本に来ているらしい。私も子供達も長期間の休みが取りにくいので、日帰りでお祝いに行ってきた。
 朝の05:30に車で家を出て、小倉から新幹線で新大阪へ。あとは大阪、京橋、星田と乗り付いて10:00頃には嫁さんの実家に着いた。
 出前のフランス料理?とでも言うのだろうか、料理人と食材と食器と調理器具は準備してくれて、キッチンだけ使ってその場で料理して出してくれた。私的には目新しくてちょっと面白かった。
 デルタ航空で整備士をやっていたと言う物静かな紳士と言った風情。こっちを向いて話をしてくれると或る程度聞き取れるけど、妹と二人で話し出すと全く聞き取れない。初対面で共通の話題も見つけにくいので、チャールズ達と自転車の話をするよりは何倍も気疲れした。

 私の嫁さんが着たウェディングドレスが取ってあって、昨日は妹がそれを着て記念写真を撮ったらしい。そう言う美味しいところ(笑)に立ち会いたかったのだけど、今日しか時間が取れなかったので凄く残念。
 本人はこの年で恥ずかしいと言っていたけど、写真を見る限りではそれなりに新郎新婦みたいな顔で写っていた。
 56歳でそれほど屈強にも見えない彼だけど、ドレスを着た彼女を抱きかかえたりしてポーズを取る。このあたりのサービス精神は流石にアメリカ人で感心する。なかなか真似が出来ない。

 帰りも来たルートを逆にたどって帰ってきた。来た列車に乗る感じで帰ってきたので行きよりも少し時間がかかった。22:30頃に帰り着いて、コーヒーを飲んで風呂に入ってお終い。
 明日は花屋のテレビが有るから早く寝ないと・・・。

| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

ムカデの楽園

0524 木を切った後の切り株を何とかしないといけない。仕事の合間を縫って3本を処理した。死ぬかと思うようなキツサじゃ無いけれど、1月続けたら肩廻りの筋肉量が5割増えそうな作業だった。
 おかげで後は何も作業やトレーニングをする気分に成れなかった。あぁ、ユンボ欲しい。ユンボ欲しい。ユンボ欲しい。

 トレーニング無しなら以前から気になっていた風呂場の床下を見てみることにした。
 理由はムカデ。こっちに帰ってきてから毎年ムカデに悩まされているけれど、昔の事を思い出すとなんかおかしい。昔は土間で年に数匹見かけるだけだったし、子供の頃は今と同じ部屋で寝ていたのに噛まれた経験は無い。
 ところが今は、凄い数のムカデを見かけるし噛まれる回数も軽く2桁は行っている。なんか理由が有るはずだと思い、色々と調査したり小変更をしたりしてみた。
 その中で今思っているのは、風呂場とトイレのリフォームが怪しいんじゃ無いかと言うこと。ここは私たちが帰ってくる2年位前にリフォームしてある。ムカデの分布を考えると、どうも風呂とトイレが起点に成っているように思える。床下はこの辺の大工の決まりなのか?換気口は一切無しで3方向が囲ってある。
 ここの一部に穴を開けて、デジカメを入れて撮影した画像がこれ。PC上で見てぶったまげた。戸袋の水を抜く配管から水が漏れていて、湿気という段階ではなくてビチャビチャの状態。しかも布基礎なんか何もなくて、古い風呂場を解体したコンクリ屑が散乱している。
 まさにムカデの楽園ではないか(笑)。こんな素晴らしいムカデ環境にリフォーム工事してくれて大工さんありがとう。ハハハ、たまらんなぁ。。。
 さてさてどうしようか。外に面した3方向はコンクリで密閉してある。部屋側の床下から這っていけば何とか行き着くけど、残骸のコンクリで床下が相当狭いので作業が出来るだろうか。
 しかも排水管はユニットバスの下は見えているけれど、それ以外の場所は給水管と一緒に、外からは全く見えないようにコンクリで固めてある。何か有ったら相当量をはつらないと作業できない。どうも施工の思想が解らん。
 また悩みが増えてしまった。どうやって修理するのが一番良いのだろうか。

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

まだ気分が晴れんなあ

0523 昨日手前の木を切って少しだけ見晴らしが良くなった裏の庭。左手の二つの物置も本当は処分したいのだけど、全部要ると!!との事で手を付けさせてくれない。そればかりか軽トラの向こうにはブルーシートで温室状の新たな物置まで作られてしまった。。。あぁぁ。
 どれだけ物を手に入れて保管しておいたら気が済むのだろうか。しかも全てがじめじめした中途半端な保管なので、10年くらいしたら全て腐っている。そんなに捨てられないなら物を買わなければ良いのに、新しい物は買いたくて仕方がない。。。物の無い時代と高度成長時代が悪い方向に融合したような感じ。見ていて全てが虚しい。

 憂鬱な気持ちで1日を過ごし、夕方からはプールに行った。今日は1時間早いので生徒が少ない。私のクラスは中学生と2名だけだった。
 メニューはクロールと平泳ぎで動きを洗練させるようなメニューが中心。どれも上手に出来た感じがしない。特にクロールの手の最後の方が駄目。
 前半に力を入れすぎていて、後半は必要速度まで加速できていない。しかも肩を頭の方に持ち上げるような動きが出ていて、気持ちは頑張っているけど水を掻く部分の速度では遅くなってしまうような変な動きになっている。
 先生からも言われるし、自分でもこれは感じている。最後に肩が前に出る。手を後ろに押すんじゃ無くて肩を前に出して気分だけ頑張っている。確かに意味のない頑張り方に思える。これの矯正が難しい。

スイム 1.2km
バイク 32km

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

かなり鬱

 朝一番に裏庭の木を数本切って見晴らしが良くなったなと爽快な気分で居たら、仕事中に婆さんが来てえらく怒られた。例によって勝手に切るなとか、私に相談してから枝だけ切りなさいとか、いつもの話し。
 どうせ何やっても気に入られないのだからと、表の庭の車を回すのに邪魔になる木を夕方切った。そしたら夕食後に怒り心頭の形相で再び怒鳴られた。自分の親だからと遠慮していたけど、あの年になっても「私の言うとおりにしなさい!」の姿勢に我慢が出来なくなり、しばらく大声で怒鳴り合いの喧嘩をしてしまった。
 凄く気分が落ち込んで胃が痛くて鬱になった。「クソババア、はよ死ね」と言いながらチェーンソーで邪魔な木を一気にぶった切ることが出来る人なら問題無いのだろうけど、私の心はそこまで強く割り切る事が出来ないみたい。何処かに親の言うことを尊重してやりたいと言う気持ちが残っている。
 家の廻りを整理しては嘆かれ、古着を捨てては悲しまれ、木を少し切っては怒られて。。。こういう生活を何時まで続けるのだろうかと考えていたら全てが嫌に成ってきた。
 やけ食いで袋菓子を1袋食べたけど収まらず、ブログに面白おかしく書こうかと思ったけど文章を考える余裕も無く、バイクで走りに行くほど若くもなく、もう風呂に入って寝てしまうしかないとは思うけど、多分しばらくは寝付けないのだろうな、と。

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

ピックアップコイル試験

0521 今日は忙しかった。忙しい中を縫って昼飯の時にこんな治具を作り、ヤマハの4気筒用らしいピックアップコイルの試験をしてみた。
 純正のイグナイタのピン配置と動作がだいたい解明できたので、次の段階としてどんなピックアップコイルと組み合わせる事が出来るのかを知りたくなった。
 取りあえずどんな波形かは解った。次の段階としては今のイグナイタとこのコイルを組み合わせることが出来るのか、出来ないなら間にどんな回路を入れるべきなのか、その辺を考えていくことになる。

 夕方からもピックアップコイルの続きをやりたかったけど、スイムも何とかしないといけないのでプールに行ってきた。
 いつもの様に自主トレは泳ぎっぱなし。今日は最初からゆるーく入ってみた。ランでも自転車でもそうだけど、どうも最初は力みがちでペースが速いことが多い。意識して緩くして丁度だったりする。今日もスイムもそれが当たったみたいで、最後までイイ感じで泳ぎ終えることが出来た。
 最高の効率で進むことを考えながら、身体のポジションとか手の掻きとかを考えた。今日は最後までプルブイ無しのキック有りで行ってみた。少し強度を落としたからか、力を抜いたキックが出来るように成ったからか、最後まで特にキツイとか進まないと言う感じは無かった。
 どうしても脚が沈みがちに成るので、手の1ストロークに1回は足の先が水面を叩いて音を出す事を心掛けてみた。気持ち的には背中を反らせた姿勢を維持しているのだけど、側面図を想像してみるとこれで水平なのかもしれない。

スイム 2.4km
バイク 28km

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

久し振りに軽い感じ

 書いたと思っていたのに出来ていなかった。何故だろう??と言うことで今日になって書いている。

 走り出して直ぐに脚が軽い感じがある。ここのところずっと重い感じばかりだったので少し気分が良い。天気も良くて嬉しい。
 ここの所定番と成ってしまった21号線バイパスから鞍手町に抜ける道を走る。このコースは軽いアップダウンが連続しており、トータルで5個の起伏が有る。今日は登りと下りで綺麗に走ることを心掛けて走ってみた。
 綺麗というか最も効率の良い動きをイメージして。当然、登りと下りでは動きが異なってくると思うのだけど、その辺をどのようなイメージで走ったらよいのかは良く解らない。
 今の段階で感じて実戦しているのは、登りは意識して上半身を前に倒し、前に脚がひとりでに出てくる状態を意識的に作ること。下りは肘をキツく曲げて肩廻りの慣性モーメントを最小にして、腕を極力早く振ってその勢いで脚もクルクル回し、接地の瞬間にブレーキに成らないようにしている。
 その辺の意識を中心に。必死ではないペースで色々と考えて試しながら走ってみた。最後の平地になってからはビルドアップ的にペースを上げて終了。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

点火コイルの2次側を探る

05191 1年くらい前に手に入れたまま、ズルズルと放置状態だった高圧プローブがやっと稼働し始めた。オシロ用の高圧プローブはジャンク扱いでも数万はするので、古いテレビ用?でテスターと組み合わせて使う高圧プローブのジャンクを改造した。
 正確な波形や電圧の測定は難しいとは思うけど、本当にプラグにはマイナスの電圧が印加されているのか?とか、点火コイルの1次側波形は2次側波形と相似形なのか?とか、教科書に書いてあっても自分の目で確認していないことは沢山ある。正確でなくても良いからそう言う部分を自分で確認したかった。
05192  詳しくは例のページに纏めようと思うけど、取りあえず1次側と2次側波形の様子の対比がこれ。
 上の段が500:1のプローブで測定したコイル1次側=ポイントの波形。下の段が今回自作した1150:1のプローブで測定した2次側の波形。1000ではなくて1150なのは入っていた抵抗が1150MΩだったから仕方なくこうなってしまっただけで深い意味はない。
 取りあえず1次側の波形と2次側の火花が飛んでいるところの波形は、相似形であると言っても良かろうと感じた。
05193  次は時間軸をぐっと引き延ばして容量成分が立ち上がっていく部分の波形。
 15μsくらいかかって2次側のコンデンサ成分が充電されていき、20kVくらいまで上昇したところで放電している様が良く解る。
 適当なコイルが無いのでCDIは作っていないけど、それなりのコイルでCDIを作ればこの部分が数倍の角度で立ち上がっていくはず。
 ノロジーとかのハイテンションコードにコンデンサ成分を追加するデバイスの場合は、この傾きがもっと寝てきて、放電エネルギー中にしめる容量成分の割合が増加する傾向に成るのだろう。
 こんな感じで実際の火花の部分の電圧が見えるようになったので、これからは今まで以上に踏み込んだ検証が出来そうな気がする。

 トレーニングは軽め。雨が降っていたしイマイチやる気が起きなかった。体調の維持的にガレージで3本ローラを30分くらいやってお終いにした。

バイク 16km

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

凄い爺さんが居たもんだ

0518 数ヶ月前にGPSを買って貰ったお客さん。買う前から普通の人じゃ無いとは思っていたけど、言っていたとおりに広島を往復して帰ってきたらしい。しかもホームページ作りましたとメールが来た。
 最初は冬の寒い日に電話が掛かってきた。GPSに関して質問が有るから行っても良いかと。待っていたら爺さんが普通の顔で飯塚からママチャリでやってきた。住所に依るけど飯塚からうちまでは片道18km以上はある。。。
 その時は話だけで、その後2回目か3回目で購入。ありがちな「どれが一番良いのか?」とか、「一番良いヤツをくれ」等の話しはなくて、使用目的と要求仕様がはっきりしている。安い英語版のGPSとRAMマウントを買って行かれた。
 その後も何回も何回も電話が掛かってきて、サポートが大変だった記憶がある。ちょうど同じ時期に同じくらいの年配の人にもGPSを売っていた。そちらからも同じくらい電話が掛かってきた。でも両者の内容は相当違っていた。
 解りの悪い方(失礼)は「**をしたいからボタン操作を教えろ」的な話が多くて、最初にこういう事を試したり体験して理解して欲しいと思って話をしておいても、そう言う部分は何もやってくれない。「で、どうしたらよいの!?」とか「何もしてないのに動かない!」とか、典型的なお年寄りの主張がほとんど。
 でもこっちの人は「目的地を1点だけ作って歩いてみてくれ」と言えばやってくれるし、何故そうなるかの話をきちんと聞いてくれる。年寄りっぽく無い人だなとは思っていたけど、ここまで使ってくれるとは想像も出来なかった。驚いた。
 73歳でGPSを使い始め、カシミールでポイントを作り、それを使いながら自転車で広島を往復する。結果をインターネット上に公開する。相当する行為を23年後の私が出来るとは思えない。
 だいたい、この位の年齢になってくると人の話を聞かない。結果的に物事が解らないし新しい事にも接することが出来ない。私はこういった普通の爺さんの道を歩みそうな気がする(笑)。

 1日休みだったけど、台所の壁を弄ってみたり嫁さんがやっている会計の話を聞いたり、何だかんだとやっていたら長時間のトレーニングは出来なかった。まあ仕方ないので普通に走った。
 いつもの21号線バイパスのコースをぐるっと回ってきた。スタート前は脚が怠くて怠くてたまらなくて、8kmくらいで止めようかと思っていた。でも4kmくらいまで走ったら怠さが消え去っていたので、普通にコースを回って帰ってきた。
 最後の方は気分が盛り上がってきたので、ビルドアップ的に強度を上げながら家まで帰り着いた。喉が渇いていたので下の畑に行き、苺をちぎって次から次に食べた。30個くらい食べたら腹が落ち着いたので家に帰って夕食にした。

ラン 16km

| | コメント (2)

2008年5月17日 (土)

3年

 中村教官の事故から3年経った。3年前の今日、メールを何回も読み直したのを思い出す。あれから3年。時の経つのは早い。
 事故の後からずっと、一度はXSで久住に行きたいと思っていた。私が中村教官と始めて会ったのは大学4年?の今頃だったと思う。今の山岳滑翔大会の様な感じで全国から久住に学生が集まるイベントがあった。そのイベントに京都から私ともう一人が参加した。
 もう一人はCB50に乗る佐賀県の新入生。二人で阪九フェリーで小倉まで行き、その後は10号線を経由して久住まで自走した。確か集合時刻に遅刻してしまった記憶がある。
 その時に乗っていったオートバイが今のXS650。だから亡くなった後のお別れにも、XS650で行きたい。。。と言うか行くべきじゃないのかと思っていた。

 色々と都合があって今まで行けなかったけど今日は何とかなりそうなので、朝出て昼までに帰ってくる予定で出発した。
 人もオートバイも年なので飛ばせない(笑)。車と一緒に安全運転で久住に向かった。行きは出来るだけ昔通った道をトレースしてみた。嘉麻峠から日田に抜ける最後の所で、ぶどう園やラブホテルの横を通る道がなかなか見つからなかった。やっと見つけた道は凄く狭い。こんな道を通っていたのかと驚く。
 日田から久住にかけてはかなりの区間がバイパスが出来ている。旧道は民家の前の小さな道だったりするので、この区間は出来るだけバイパスを通るようにした。
 最後の自販機で缶コーヒーを買い、革ジャンのポケットに入れて滑空場の墜落地点まで持って行った。半分飲んで半分は地面にかけた。
 Uターンするために格納庫の所まで行ったら、学生が整列して何か式典が有っていた。道に出ようとしたらプリウスが通り過ぎた。中村家のプリウスだった。追いかけてちょっとだけ奥さんと話をして、来た道を引き返して滑空場を後にした。

 帰りに三愛でガソリンを入れた。6.9Lしか入らなかった。リッター29km強走っていた。古い650ccでこの燃費は悪くない。点火と燃料系がだいたい旨く纏まったのだと思う。
 帰り道は出来るだけ標識のままに素直に帰ってみた。至る所に新しい道が出来ていた。こうやって道も環境も変わっていく。思わず"時代"を口ずさんでいた。適度に流されながら生きるのが良いのかもしれないと思った。
 途中で尻や肩が痛くなってきた。そう言えば最近はXSで長距離を走っていない。この位の距離までなら、今は自転車の方が身体が楽かもしれない。

 途中で昼飯を食べて、13:00過ぎに帰宅した。コーヒーを飲んでボーッとして、嫁さんの会計の話しに付き合って、今日発送の分を梱包して、1個だけ間に合わなかったのでママチャリでヤマトの営業所まで持って行って1日が終わった。

バイク 12km

| | コメント (1)

2008年5月16日 (金)

タイヤ交換

 普段使いの自転車のタイヤがすり減ってしまったので、納屋の上に投げてあった古いタイヤに交換した。古いとは言ってもあまり使ってないので、カーカスが見えている今のよりはずいぶん良い。
 記憶通りIRCのペーパーライトアクアだった。プールに行く前に交換した。厚みがありそうな方を後輪に着けた。初代メガミウムの23Cに比べると相当細くなった。乗ってみたけど鈍いからあまり変化は感じなかった。

 今日のメニューはキツかったけど割と安定してこなせた。私的には2番目のビート板無しのキックで50mx8本をこなせたのが大きかった。明らかにキックが良くなっている。まだまだ素人クラスの平均にも達していないけど、途中でサークルから落ちることは無くなった。人間やればやれるもんだ。
 残りのメニューも50m単位が多くて楽では無かったけど、自分的には他よりも得意なクロールのプルが入っていたので比較的楽だった。クロールのプルだけなら中学生に勝てる(^^)。

 最近は如来田越しの所に野犬らしき犬が数匹いる。基本的に相当な犬好きなのだけど、向こうからガン付けてくる野犬はあまり好きじゃない。しかも真っ暗な峠を越えているときに、不意に横がガサガサ言ってワンワン言い出すとびっくりする。
 今日も茶色いのが1匹いた。じっとこちらを見ていたので、にらみ返して「カーッ」と牙をむいて威嚇しておいた。ヤツはちょっとビクッとしていたので、今日は私の勝ちと判断した。

スイム 1.3km
バイク 28km

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

ケイデンスセンサ修理完了

0515 どう言ったタイプが良いのか解らないので、リードスイッチを5種類も買ってしまった(^^)。おかげでリードスイッチの微妙な特性とかGARMINに適したヤツとかが解って良かった。
 リードスイッチとアーム内の配線類を交換して仮に試験。OKなので穴や割った部分を再接着して完了。見栄えの問題とマグネットの干渉の問題から、ホイール側センサのスイッチ部分には熱収縮チューブを被せて保護した。
 息子のHARPに付けて試験したら良好。Edgeをあり得ないくらい遠ざけてみても受信している。証拠?写真と試験時の短いデータを付けてお客さんに発送した。

 今日はラン。ここの所ピリッとした練習が出来ていないけど、まあ焦らずにボチボチ距離を伸ばしていれば何とかなるでしょう。そんな感じで何時ものコースをぐるっと回ってきた。ここ数日は朝夕が涼しい。おかげであまり喉が乾かなくて助かる。
 少しだけ脚の特定の筋肉が痛怠い。原因は昨日の自転車だと思う。坂道の途中で数回だけダッシュを入れてみた。その時の軽い刺激というか軽い筋肉の破壊が今日の痛みの原因だと思う。それなら予想通りなので問題はない。

 嫁さんの帰りが遅いと言うことで、作ってあったカレーを温めて息子達と喰った。中学生でも無いのにカレーになると喰う速さや量を競いたくなってしまって(笑)、山盛りの1杯目に加えて冷凍のご飯まで追加した2杯目まで食べてしまった。
 中学生の三男には負けたけど、上の二人には勝った。明らかにカロリー取りすぎ。多分2,300kcalくらい食べたと思う。情け無い。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年5月14日 (水)

くも膜下出血

 昼前後に仕事を抜けて葬式に行ってきた。嫁さんも別の用で居なかったので電話の対応が出来ない。でも小さな零細企業なんだから割り切るしかない。出来る部分で貢献する。出来ない部分まで無理して大きな会社の真似をする必要はない。そう考えて自分の気持ちを納得させた。
 死因はくも膜下出血。帰ってから調べたけど、航空身体検査くらいでは発見できない感じ。初心者とのフライト中に起こらなかっただけでも良かったと思うしかない。
 何時死ぬか解らないのだから、何時もやりたいことをやろうとか、何か一つでも人様の役に立つことが出来たら嬉しいとか、こういう瞬間だけ前向きな考えが出来るのは凡人の証拠である(笑)。
 面白いなと感じたのは、読経の間以外はずっとユーミンが流れていた事。故人が好きだったからと親族からリクエストが有ったのか、それとも50歳の死と言うことで、葬儀屋にもその世代向けのBGMセットのような物が有るのだろうか。
 出棺で外に出ると真上を飛行機が飛び去った。この斎場の位置は福岡空港に着陸する機体の第4旋回地点の真下に当たる。飛行機の写真を撮ることも好きだった彼女にとって、最適な場所かもしれないと思いながら霊柩車を見送った。

 式が終わって貰ったメロンパン。葬式まんじゅうの代わりなのかそう言う風習なのか解らないけれど、それを囓りながら軽トラを運転して帰ってきた。
 まだ前向きな気持ちが残っていたので、仕事が終わってからは自転車でプールに行ってスイムの自主トレ。スクールは小刻みなドリルが主体なので、自主トレでは長距離を泳ぐようにしている。
 1時間券を買ったので50分は泳げる。最初は普通のスイムで泳いでいたけど、3kmを泳ぎ切るくらいのペースだと25mが32秒くらい掛かってしまう。頑張ると速くなるけど今度は息が持たない。短い距離はかなり速くなったけど、長い距離はほとんど速くなって居ない気がして悲しい。
 残り半分でプルブイを使った腕だけの泳ぎに変えてみた。キックが少し上達したとは言え、まだまだこの方が楽。これだと25mを28秒くらいで泳ぐことが出来る。残りはこの状態で泳ぎ終えた。
 今日は両隣にそれなりのレベルの人が来た。身体がたるんだけど昔は競泳やってました的な男性。軽く泳ぐけど私の1.5倍は速い。ターン前後の動きもいかにも玄人的。反対側は競泳水着を来た細目の現役競泳体型の女性。こちらは25mを25秒から28秒くらいで泳いでいた。
 両方に共通して言えるのは、対向してきたときに前面投影面積が小さいこと。身体の後半が沈んでいないし、頭とか肩廻りの納め方が旨いのだろうか、凄く小さな面積でこちらに向かってくる。
 理屈通りで恐れ入る。水の密度は空気の800倍。解ってはいるけど身体をそれに対応させて抵抗を減らすことが難しい。出来ない。

スイム 2.4km
バイク 28km

| | コメント (2)

2008年5月13日 (火)

寿命

0513 気温が低めなのか、昼飯の後に日向が恋しくて外でコーヒーを飲んでいた。ブルベで使った自転車のタイヤをクルクル回していたら何か変。良く見ると中のコードが見えていた。
 初代メガミウムは丈夫だなと思いながら使い続けていたけれど、こんな状態になっていたとはつゆ知らず(笑)。ミシュラン様御免なさい。
 今年は皆生にプラスして廿日市にも出る。交通費とか宿泊費とか考えると、普段使いの自転車に高いタイヤを買う余裕はない。納屋の上に投げたままになっていた数年前のペーパーライトアクアでも付けようか。。。

 等とタイヤの寿命の事を考えていたら、ほぼ同期のヤツが死んだと電話が掛かってきた。「ほぼ」なのは彼女も私も浪人とか留年を経験していて「ほぼ」同い年だったから。
 同じ福岡出身で学校は違うが同じ関西の大学に進み、航空部に入って同じ時代に木曽川や福井で飛んだ。私は在学中に教証を取ったけど彼女は卒業して教証を取った。社会人になってからの受験はかなり苦労したと思う。
 確かに頭の硬い変なヤツではあったけど、所々に似た境遇があって何かと気になる存在ではあった。しばらく会って無かったけど、こんなに簡単に死ぬとは思っていなかった。
 同じ時代や環境を共有した人間の死は簡単に受け入れにくい。タイヤの寿命どころではなくて、一気に人間の寿命とか生き様を考え始めてしまう。

 ちょっと悩んだけど、今晩の通夜は止めにして明日の葬式に行くことにした。決めたら着替えて走りに出る。短パンにTシャツでは少し肌寒いくらいの気温。いつもの21号線バイパスのコースを走って帰ってきた。
 日曜日の疲労は何も無い。やっぱり少し軽めだったのか、回復力が素晴らしいのか、反応が遅くて明日くらいにどっと来るのか、、、走っている間中、死んだヤツの事ばかり考えていた。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年5月12日 (月)

人間の燃費

0512 最近の私が気にしている事の一つに人間の燃費が有る。去年の夏だったか、ランニング中に飲み食いした費用を計算してみたら、車で同じ距離を走るよりも遙かに高額で驚いた事がきっかけに成っている。
 補給は大事とばかりに色々と飲み食いしながらランニングをしていると意外に費用がかかる。それはそれで悪いことでは無いのだけど、燃費が車よりも悪い事に何となく居心地の悪さを感じたのは事実。
 動かずにじっとしていても食費はかかるので、長時間の運動中にかかった費用を全て計上するのは本来は正しくない。でも基礎代謝の分を除いて計算とか言い出しても面倒なので、取りあえず纏めてのどんぶり勘定で計算しては「うーん」とか言っている。

 昨日のブルベでは前後の移動を含めて240km走った。PCとして設定してあるコンビニ4軒で買い物をし、合計で702円の買い物をした。結局1km走るのに2.93円かかった計算になる。
 1Lで10km走る車に1Lが155円のガソリンで計算すると、こちらは1km走るのに15.5円必要となる。プリウスが30km走ったとしても1Lが5.17円なので、それでも昨日の私の方勝っている(笑)。
 これには理由がある。一番大きな理由はドリンク類を買わなかったこと。買い物の時にボトルを持って行き、トイレや洗面所の手洗いの水をボトルに詰めさせてもらった。よほど省エネ思想が進んだビルでも無い限り、普通はトイレの手洗いにも上水道の水が来ている。
 スポーツドリンクの成分を取らなくても良いのか?とも感じるけど、一緒に甘いものとか塩辛いものとか買って食べている訳なので、胃の中ではそれらしい成分のドリンクが出来上がって居るんじゃ無かろうか??
 誰かにヤレと言われてするのは苦痛だけど、自分でメニューを考えながら、ランティスには勝ったとか、カリウムが足りないんじゃ無かろうか、とか考えて買い物をするのは悪くない。

 流石に今日は脚に怠さを感じたので下半身は何も無し。薪割りをして薪を作り、表の庭に置いていた薪棚を裏の庭に移設して中に詰めた。

| | コメント (4)

2008年5月11日 (日)

平尾台ブルベ200km

0511 AJ福岡主催のブルベに参加。早めに目が覚めたら自走で行こうと思っていたら、ギリギリくらいのタイミングで目が覚めた。急いで朝食を食べて飛び出した。
 朝は肌寒い。上はTシャツに長袖ジャージ。下はレーパンにタイツという重装備で出発。それぞれ薄手なので全然暑すぎるという事はなかった。
 津屋崎の会場に到着したのは07:35で予定よりも5分遅れてしまった。距離が16kmくらいと思っていたけど20kmも有ったのが一番の原因。

 家から会場まではそれほどでも無かったけど、出発したら風が強い。この風はゴールするまで止むことはなく、終日この風に苦しめられた1日となった。
 取りあえず昨日の夜に決めた目標通り、人の後ろは走らない事だけは気をつけた。トライアスロンの練習も兼ねて出ているので、その過程でドラフティングをしたら強度やペースメーキングの面で意味が無いし、そう言った車間距離が無意識のうちに大会でも出てしまうかもしれない。
 先日の北九州空港行きは話したりくっついたりして走ったけど、あのときは友人の慣熟ツーリングなので目的が違う。今日は結果的に人の前を走ったり単独走行は有ったけど、ドラフティングゾーンでの走行は無かったと思う。取りあえず目標は達成。
 とは言ってもあまりに遅すぎないだろうか、特に登りが。毎回感じるのだけど登りになるとガクンとペースが落ちる。もう少しパワーが出せないものかともどかしい。地道に筋肉量を増やすしか無いのだろうか。
 家の往復を除いて、200km部分の時間が8時間58分くらい。平均速度は22.3km/h前後か。いくら風があったとは言え、平均値もなんかパッとしない。うーーん。課題山積みか。。。

 天気は自転車で走るには丁度良く、コース設定も良くて気持ち良く走れるコースだった。特に平尾台から合馬を抜ける辺りは、キツいけど走っていて気持ちの良いコース。何台もの「モーター」バイクを見た。今度はXSで行ってみよう。
 ゴールしてからAJスタッフ特製の豚汁を頂いた。疲れた身体にこれが一番美味しかった。参加者やスタッフと少しだけ話をして、走る気持ちが消えないうちに家路についた。
 見坂峠を越えて若宮IC経由で帰る。制限時間もないしまだ十分に明るい。全然急ぐ理由はない。力を抜いた情け無い走りで帰ってしまった。

バイク 240km

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

GSC-10ケイデンスセンサの修理

0510 Edgeと組み合わせて使われていたGSC-10の修理が入ってきた。GSC-10はホイールの回転とクランクの回転の両方をワイヤレスで検出できる。便利だけど取付と調整がちょっと面倒。
 メールで伺った症状ではケイデンス側の問題かと思っていたけど、実際はホイール側のリードスイッチが粉々に割れて居る模様。まだアームを分解まではしてないので、出てきた破片からの想像。
 この部分の修理はやったことが無いけれど、お客さんのGOが出れば中を割って相当品のリードスイッチを探してきて交換する予定。
 最初の1個は数種類の部品を手配したり試行錯誤も有るので利益は出ないけど、あそこに言えば何とかなるかも?と思って貰える事は嬉しいのでやってみたい。また将来的な仕事にも繋がると思いたい。。。と理由を探してはいるけれど、こういう作業が嫌いじゃないと言うのが本心かも(^^)。
 でも、どうしてホイール側が割れているのにケイデンス側の不具合のような症状が出るのだろう?2個のリードスイッチの入力を、なにかの形でミックスして処理しているのかもしれない。それならば一方が短絡したり開放のままに成った場合に、もう一方にもなにか影響が出る可能性は有る。。。かな?

 今日は凄く寒い1日だった。うちは3月末が決算なので、今、嫁さんが書類を作っている。色々と確認することが有るようで外に出ることが出来なかった。
 設立してから数年間は全部自分でやっていた。確定申告書を書き上げるまでにもの凄い時間が掛かっていた。嫁さんが簿記の資格を取るまで勉強してくれて、今は全部やってくれる。ありがたい。ありがたい。

 やっとGPSにデータを転送し終えた。やっぱり今のカシミールとVistaCXは具合の良くないところが有る感じ。使うのが先決なのでどう具合が悪いかまでは検証できていないけど、私の問題じゃ無いことがはっきりすればDANさんに連絡しておこう。
 それにしても寒い。明日は長袖長ズボンでユルユル行くしかないな(笑)。能力的にもT田さん達みたいに平均速度30km/hなんて出せない。峠が2つ有るから23km/hくらいか?。
 取りあえず目標を決めておこう。できれば長距離走を楽しむ事とトライアスロンの練習を両立させたい。そのためには、速くなくても良いから人の後ろは走らない。コンビニで買い物したら直ぐに出る。終わった後にマラソンを走れるくらいの余裕が有ること。。。ハハハ、最後は無理か。

| | コメント (5)

2008年5月 9日 (金)

足の攣るメニュー

 雨が降っていたので軽トラでプールに行った。キック中心で色々。クロールのバタ足だけじゃ無かったので、涙が出るほどキツいことはなくて良かった。
 今日のメニューで平泳ぎのキックはそれほど遅くないことが解った。一人だけ平泳ぎが速い中学生が居て、そいつには周回遅れにされないことが目標。その彼の次にはついて行けた。
 それにしても今日のメニューは脚が攣りかけることが多かった。平泳ぎとバタフライのキックが続いたり混ざったりすると、太腿の内側とか後ろ側が攣り気味になる。あとは脛の筋肉も。今日もその通りで最後の方はキツサと言うよりも攣るか攣らないかの境目で泳いでいたような感じだった。

 帰ってから日曜日のブルベに向けてGPSデータを用意した。VistaCXにカシミールからデータを転送しようとしたら旨く行かない。延々やっていたらブログを書く時間が無くなった。
 カシミールの掲示板を見に行ったら近い状況の記述が有る。試しにMapSourceからやってみると問題なく転送できる。うーん、なんか有りそう。めんどくさいので日曜日はGeko301にしようか。

スイム 1.1km

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

単相交流用レギュレータ

0508 CM125Tの充電系は単相交流6Vでレギュレータが無い。レクチファイヤ出力がそのままバッテリーに接続されている。それなりのバッテリーが接続されていれば悪いシステムじゃない。
 でも今回はバッテリーがインチキ再生品だから電圧安定にはあまり寄与してくれないかもしれない。勉強の意味で単相交流用のレギュレータを作ってみた。
 方式は過電圧時に発電コイルを短絡する方式。三相ならサイリスタを3個使うのがまともかと思うけど、単相で2個使うのもなんか勿体ない気がしていた。色々考えていくとトライアックを使えば1個で済みそうな気がして試験した回路がこれ。

05082  ツェナーを2組使っているのが美しく無いような気がするけれど、1個でカッコイイ回路が思いつかなかったので仕方ない。
 取りあえずトライアックで正逆の両方向をコントロールできるように成った。あとは電圧を合わせ込み、細部を煮詰めればできあがり。
 今回の電圧検出は交流側で行ってみた。本来なら直流側で行った方が精度が良いとは思うけど、CM125Tには検出用に直流6Vが来ていない。新たに線を引くのも面倒くさい。かといって常時バッテリーに接続しても良いような、μA以下しか流れないような洗練された検出回路も設計できない。
 と言うことで素直に交流側で検出。後段のブリッジダイオードの電圧降下とか配線の電圧降下とかは全て概算で盛り込んで高めに設定しないといけない。

 トレーニングは今日もラン。昨日と同じ21号線バイパスをぐるっと走ってきた。今年になってランが強くなった広島のライバルの事を考えていると、今日も後半は自然とペースが上がってしまった。
 私が日本猿なら彼はゴリラくらいの体格差がある。バイクは圧倒的に速い。その彼が今年はランでもサブスリーを狙うくらいまで力を付けてきた。こうなるとスイムで先行してバイクでとことん追いつかれないようにするしか無かろうと思う。
 宮島大会はスイムの力試し的な位置づけて試してみようか。。。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

LEDメータ球

0507 連休明けで忙しかった。身体の方は遊び回ったわけではなかったので、普段通りで特に変化はない。昨日のLSDライドの影響が少しあるのかな?と言う程度。

 今日は強度低めでランニング。最近お気に入りの21号線バイパスから室木に抜ける道を走った。コースは非常によいのだけど、給水面では難がある。
 4km地点の西中で給水が可能だけど、それ以降は無料の水を発見できていない。毎日自動販売機では破産してしまうし、ボトルを持って出るのは毎日だと少し億劫。8kmくらいの地点で給水ポイントを見つけたい。
 最後まで強度低めで行く予定だったけど、途中からレースのことが頭に浮かんできて、何となく気分と強度が盛り上がってしまった。最後の方は結構な強度で帰り着いた。少しだけ太腿に昨日の疲労感がある。

 夜はCM125Tの電気系の整備。あまりにボロボロでどうするか決めかねているけれど、取りあえず機能面ではまともに動くまでやってみようと思った。お金をかけずに。
 15年以上放置したバッテリーは水で中を洗って稀硫酸を入れ、充電を繰り返したら何となく復活した。その勢いで他の電装品も弄っていくとほぼ全てが復活した。残るのはニュートラルランプとパーキングランプの球切れだけ。
 どちらも6V-3Wと言う最近では少なくなってきた電球なので、そのためだけに買いに行くのはめんどくさい。でもニュートラルランプくらいは点いて欲しい気持ちもある。
 そう言えば先日長男のLEDライトを改造した時に、キャットアイの純正LEDが3個出てきたのを思い出した。試験してみると20mAくらい流すと十分に光る。
 電球部の印加電圧を7.0Vとし、LEDのVfを3.0Vとすれば残りは4.0V。電流が20mAなら抵抗は200Ω。と言うことで手持ちの220Ωを直列に入れて口金に半田付けし、エポキシで固定して終了。
 取り付けてみると少し明るすぎる位に点灯した。青系の色は良く出ていると思われるので、ニュートラルランプやハイビームインジケータに使う場合は10-15mA位でも良かったのかもしれない。
 取りあえずこれで電装関係は完璧になった。セルまで回る。レギュレータ無しのバッテリーの電圧安定度に依存した充電系なので、ハブダイナモ用に作った交流用のレギュレータというか過電圧防止回路でも追加してみるか・・・と考え中。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年5月 6日 (火)

北九州空港から平成筑豊鉄道

0506 オルベアを買った近所のランナー改めトライアスリートが、150kmくらい走りに行きたいと言うので一緒にツーリング。GWの最終日なので家族サービスに徹したいのは山々なんだけど、トライアスロンの普及を願って泣く泣く自転車を引っ張り出した(^^)。
 コースは泉水越しを越えて植木に出て、長崎街道をたどって畑の貯水池経由で福智山を超えて合馬に抜けた。志井公園の辺りからは新しくできた道を通って北九州空港へ。
 連休最終日でごった返していると思っていたら、いつもと変わらずに普通の空港だった。座席は満席かもしれないけれど、便数が少ないので当たり前の現象なのかもしれない。
 空港近くのでっかいポプラで補給して行橋へ。10号線よりも東にあるバイパスみたいな道を通ったら走りやすかった。一旦201号線を経由して市内に入り、後は今川の横の道を延々と走る。この川に沿って平成筑豊鉄道も走っている。運良く途中の田園風景の中で1両編成の列車にであうことが出来た。1両編成なのに列車と書くのはなんか変な感じがする。
 赤村のあたりで線路から離れる。大任町から川崎を経由して国道322号に出て2回目の補給。山田を経由して西郷の陸上競技場に曲がる信号の所に出た。あとは飯塚から幸袋、脇野、福丸のルートで帰ってきた。

 始めて通ったけど平成筑豊鉄道沿いの道は走りやすくて良いコースだった。行橋方面からは仲哀トンネルを抜けて烏尾峠経由で帰っていたけど、ちょっと遠回りになっても今回のコースの方が自転車にとっては面白くて安全だと思った。
 今日は1日中強度低めで通した。福智山を超えるところでも145拍くらいまで。それ以外は130拍前後を維持し、彼が遅れ始めてからは125拍キープのイメージで走った。身体が楽でもしっかりと動いた感触は有る。動いているときには色々と考えることが出来る。この位が効果的なLSD強度なのかもしれない。
 20年以上前のロードは持っているけど、最近のロードは初めての彼。150kmは難しいんじゃ無いかと思ってショートカットのコースも考えていた。でも流石はハーフを1時間30分切りのランナー。行橋あたりから遅れ始めたけど最後までしっかりと完走した。
 しかも彼は今夜のスイミングに行くという。なんか凄い。頑張りすぎて故障しがちなパターンか、グングン上達して廻りを一気に追い越すパターンか、どっちだろう。

 早めに帰って来られたので、昨日の作業の残りをやろうとした。ドライバービットの先が駄目に成っていたので、取りあえず交換用のピットを買いにママチャリでグッデイへ。
 帰ってきてからコーヒーを飲んで、もらい物のCM125の配線をたどったりしていたら晩飯になった。コーヒーを飲んで再びCM125の配線を弄っていたら一日が終わった。

バイク 150km

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

台所の壁

0505 去年の秋からの宿題で台所の壁。そろそろ気温が上昇してきたので着手開始。
 昨日の夜、概略の構造を考えて部品を拾い出していたので、朝一にナフコに行って必要な材料を買ってきた。その間に息子達には壁の撤去作業をやらせた。
 以前にも書いたような気がするけれど、この一画だけは土壁が壊されていて何もない。胴縁で細い骨組みが組まれていて、その上に鉄板の外壁材が打ち付けてある。要は構造部材が何もない。大工がやったのか若き日の爺さんがやったのかは解らないけれど、あまりに大胆な手法で言葉がない(笑)。
 ほぼ外壁材を撤去した所がこの画像。この後は骨組みを撤去して柱を清掃し、新たに構造用合板を取り付ける骨組みというか、柱の耳とでも言う部材を取り付けた。
 柱の耳に構造用合板を釘やコースレッドを使って止めていく。窓がなかったのと、この区画だけ全面に合板では剛性が不均一に成りそうな気がしたので、明かり取りの窓を一カ所設けてみた。
 柱や土台が結構痛んでいたけど、見て無ぬ振りをして作業を進める(笑)。この辺は古いバイクのインチキレストアと一緒。ほとんどの強度は新たな骨組みと構造用合板で負担するようなイメージ。
 柱と土壁の従来構造の中に、一カ所だけモノコック的な部分が有って良いのか対辺疑問に感じるけれど、まあサイディング材だけの壁よりは良いんじゃ無いかと思って作業を続けた。
 晩飯の時刻になってやっと外側だけが終わった。内側はガスコンロが来ることに成っているので、ケイカル板を主体に張っていく予定。ここまでは手が回らなかった。取りあえずブルーシートの生活は免れたのは良かった。

| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

草刈

 今日は部落の草刈の日。さらに公民館廻りの草刈も追加になった。午後は全部潰れる。午前中は物置を改造した部屋の引き戸を付ける事にした。
 去年床を張ったとき、この引き戸は取りあえずその場所に置いて釘で固定しただけ。そろそろここも開閉できるようにしたくなってきた。レールを付けたり戸車を交換したり鴨居の部分を作ったりした。
 引き戸の上の突起部。鴨居の溝に入る部分をミゾキリで削っていたとき、力のかけ方が悪くてえぐれて削ってしまった。始めて使ったけどミゾキリは結構難しい。刃も沢山出ているので危なさもかなりの物。気をつけて使おう。
 錠前も付けて取りあえず扉として使えるようになった。開放したら外の新緑が眩しいくらいに見えた。気持ちいい。早くやれば良かった。

 午後一番からは草刈。早飯を食べて出掛けた。まずは公民館から。公民館が終わったら山に続く小さな道の草刈と溝掃除。
 私は草刈機を持って行ったので草刈だったけど、鍬を持ってきた人の溝掃除は悲惨だった。10年くらいやっていない溝らしくて、ほとんど原型を留めてなかった。鉄板からフェンダーを叩き出す様な感じ。
 終わった後は組合長宅で外にござを引いて飲み。なんかこういう生活にも慣れてきた。田舎のオヤジとか爺さんに成ってきたのかもしれない(笑)。
 母親の代わりに来ましたという始めて見る若い人。若いと言っても35位か?高校の時は3000m障害で県大会まで行ったらしい。これはチャンスと思えたので、言葉巧みにランニングの良さを説いて直鞍一周駅伝への参加を半ば強制的に了承させた。
 彼は今でもやせ形だし若い。真面目に走れば今年の12月には私よりも速くなっている可能性が高い。期待が高まる。

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

赤兎馬at英彦山

0503 赤兎馬の会長さんに誘っていただき、1年ぶりの英彦山ツーリングへ。ハマダさんと若宮IC近くのローソンで合流して一路小石原へ。去年は漕がなくて良いくらいの追い風だったけど、今年は無風。平地はDHポジションで軽めに漕いでいく。
 嘉麻峠の頂上を越えたくらいから渋滞が始まった。ここから道の駅まで2kmは有ると思うけど、その間延々と車が詰まっている。まさにゴールデンウィーク。否定はしないけど私の一番嫌いな光景(笑)。
 道の駅で福岡組と合流し、あとは添田まで下ったり英彦山HCのコースを上ったり降りたりの一日。時間があれば太宰府経由で福間に出て帰ろうと思っていたけど、そこまでは余裕が無かったので来た道を引き返した。

 去年と同様に佐賀大のデカいのが来ていた。英彦山の登りでは彼が抑えめのペースで引いてくれたので、2/3くらいまではついて行けた。最初は自分が思うよりも低い強度だったけど、中盤からキツくなって成るほどと思えるペース配分だった。参考になりました。ありがとう。
 この登りでは行ける所まで付いていこうと頑張ったのだけど、2/3地点でズルズルと離されてしまった。赤兎馬の2名は付いていく。やっぱり私は弱い。。。
 後ろには61歳がピッタリと付いてくる。彼はただの爺さんではない。次のジャパンでハワイを狙うという爺さん。一度はちぎったと思ったのだけど最後の方で追いつかれてしまい、抜かれはしなかったけどピッタリ後ろでゴールされてしまった。61歳と同じ実力か。。。

 自分の力のなさを感じる登りだったけど、良い部分も少しは有った。去年はもっともっと早いタイミングで佐賀大が見えなくなっていた。今年はかなり長い間彼の姿が見えていた。去年よりは力が付いたかもしれない。
 もう一つは脚の疲れ方。去年は大腿四頭筋を中心に「もう動けません」的な疲れ方だった。事実ストンとペースが落ちるような感じ。対して今年はハムストリングスや大臀筋を中心にジワッと来る疲れ方で、ズルズルとは差が開くけど1%とか2%の速度差では無いかと言う感じが維持できていた。
 帰り道は32km/h位を維持して帰ろうと思っていたけど、走り出してみると結構な向かい風でそこまでスピードが出ない。最大でも30km/hが維持できただけで、悪いときには平地でも26km/hくらいしかでない。心拍から考えてもサボっているわけでは無いのでよしとした。

 自分一人では追い込めないところまで追い込めた。やっぱり人と走らないといけない。佐賀大、赤兎馬の皆さん、ありがとうございました。

バイク 140km

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

HL-EL100の改造

0502 火曜日だけ帰りの遅くなる長男は、22時頃に赤木峠を越えなければ成らない。明るいライトが欲しいというのでこんな物を作ってみた。
 大昔に買ったけど、どのライトよりも暗くて使わなくなっていたキャットアイの初代LEDライト。こいつにCreeの余ったLEDを入れたら良いんじゃ無いかと。
 オリジナルの回路は単三4本から抵抗経由でLEDを点灯させているだけ。それに習って改造品も抵抗によるコントロールにしよう。4.8V電源でLEDが使うのが3.3Vとすれば効率は3.3/4.8=68.8%となる。このスペースにこの効率のDC-DCを押し込むのは面倒くさいし時間が無いから止め。
 電池が4.8VでLEDが3.3V。その時の電流が0.35Aとすれば抵抗は4.29Ω。抵抗の消費電力は0.525Wとなる。こんな抵抗は持ってないので、1/4Wの18Ωを4本並列で使うことにした。
 LEDの後ろには固定用を兼ねて気持ちだけアルミ板の放熱版を付けた。計算上はもっと大きくないと良くないけど、1回の使用が30分くらいなのでなんとか頑張ってもらおうという考え。発熱でLEDが死んだら対策しよう。

 要らんことをやっていたのでプールに行くのが遅れた。今日はスクールは無いけど自主トレをやるつもり。自主トレは長めの距離を泳ぐことにしている。
 1時間券を買って約50分ほど連続して泳いだ。比較的楽なペースで泳ぐと50mが65秒くらい掛かっている。3kmに換算すると65分。あまり速くなってない・・・。でもウェットを着たらきっと早くなると信じて泳いだ。
 先生から言われた25mのストローク数を意識してみた。意識しないと27回くらい。意識して泳ぐと24回くらいで到達する。やっぱりどうしても右手の中盤から後半が良くない気がする。

 家に帰ってLEDライトに電池を入れて外に出た。かなり明るい。Creeにコリメートレンズを付けて350mA駆動しているのだから当然と言えば当然。計算上は長男が持っていた2150mAHのニッケル水素で6時間くらい持つことになる。十分じゃなかろうか。
 充電が面倒だと言い出したらハブダイナモを付けたらよいし、もっと明るくと言い出したら、先日某氏から頂いた広角のコリメートレンズで2灯目を追加してやろう。

スイム 2.3km
バイク 28km

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

北海道よりは涼しい

 北海道では30度を超えたとニュースで言っていた。しかも最低気温は4度とか。砂漠じゃないんだからこの日変化は凄すぎる。幸いにも福岡はそこまで気温が上がらなかったので、普通の体調で過ごすことが出来た。
 17:00からはランニング。今日も脚が重いなと感じていたけど、そう言えば昨日の夕方に西中に寄ったとき、バーベルを借りて筋トレをしていたことを思いだした。
 今日は21号線バイパスから鞍手町へ抜けて室木経由で四郎丸、トヨタと回って帰るコース。良い感じに歩道や路側帯が有って走りやすい。アップダウンは適度以上に有るので結構な負荷にも成る。良いコースだ。
 しばらく走って汗ばんできたら脚の重さが抜けてきた。でも滅茶苦茶にはペースを変化させずに、今までのペースを維持して良い感じで走った。登りでは前傾気味に荷重をかけて斜め下に蹴るようなイメージを持って。
 下りでは接地の瞬間がブレーキにならないように脚をクルクル回した。どちらかというと脚よりも腕の慣性モーメントを感じてしまったので、肘を鋭角に曲げて肩廻りの慣性モーメントを小さく保ち、小刻みに腕振りを続けてみた。割と良い感じで効果が有るように思う。
 最後は少しずつペースを上げていき、何処かの大会のゴールシーンを頭に置いて家の坂を登るつもりだったけど、女の子達が犬を数匹連れて家の下にいたので、しばらく犬達と遊んだ。
 2匹はえらく臆病な犬で、なかなか近寄ってくれない。向こうを向くとこっそり脹ら脛をにおってみたりするのだけど、私が彼らを見つめると2歩下がってワンワン吠える。大半の犬とは仲良くなれるのだけど、今日は難しくて少し悲しかった。

ラン 16km

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »