« 足の攣るメニュー | トップページ | 平尾台ブルベ200km »

2008年5月10日 (土)

GSC-10ケイデンスセンサの修理

0510 Edgeと組み合わせて使われていたGSC-10の修理が入ってきた。GSC-10はホイールの回転とクランクの回転の両方をワイヤレスで検出できる。便利だけど取付と調整がちょっと面倒。
 メールで伺った症状ではケイデンス側の問題かと思っていたけど、実際はホイール側のリードスイッチが粉々に割れて居る模様。まだアームを分解まではしてないので、出てきた破片からの想像。
 この部分の修理はやったことが無いけれど、お客さんのGOが出れば中を割って相当品のリードスイッチを探してきて交換する予定。
 最初の1個は数種類の部品を手配したり試行錯誤も有るので利益は出ないけど、あそこに言えば何とかなるかも?と思って貰える事は嬉しいのでやってみたい。また将来的な仕事にも繋がると思いたい。。。と理由を探してはいるけれど、こういう作業が嫌いじゃないと言うのが本心かも(^^)。
 でも、どうしてホイール側が割れているのにケイデンス側の不具合のような症状が出るのだろう?2個のリードスイッチの入力を、なにかの形でミックスして処理しているのかもしれない。それならば一方が短絡したり開放のままに成った場合に、もう一方にもなにか影響が出る可能性は有る。。。かな?

 今日は凄く寒い1日だった。うちは3月末が決算なので、今、嫁さんが書類を作っている。色々と確認することが有るようで外に出ることが出来なかった。
 設立してから数年間は全部自分でやっていた。確定申告書を書き上げるまでにもの凄い時間が掛かっていた。嫁さんが簿記の資格を取るまで勉強してくれて、今は全部やってくれる。ありがたい。ありがたい。

 やっとGPSにデータを転送し終えた。やっぱり今のカシミールとVistaCXは具合の良くないところが有る感じ。使うのが先決なのでどう具合が悪いかまでは検証できていないけど、私の問題じゃ無いことがはっきりすればDANさんに連絡しておこう。
 それにしても寒い。明日は長袖長ズボンでユルユル行くしかないな(笑)。能力的にもT田さん達みたいに平均速度30km/hなんて出せない。峠が2つ有るから23km/hくらいか?。
 取りあえず目標を決めておこう。できれば長距離走を楽しむ事とトライアスロンの練習を両立させたい。そのためには、速くなくても良いから人の後ろは走らない。コンビニで買い物したら直ぐに出る。終わった後にマラソンを走れるくらいの余裕が有ること。。。ハハハ、最後は無理か。

|

« 足の攣るメニュー | トップページ | 平尾台ブルベ200km »

コメント

まいどです!ちょっとお尋ねするんですが,おじさんのところではアルミ小物の加工といったことは受けられてますか?

投稿: 鬼 | 2008年5月10日 (土) 20時56分

 素人細工です(^^)。自社の試作品は自分の所で作っていますが、カメラブラケットとかの売り物は外注に出してます。

投稿: みつやす | 2008年5月10日 (土) 21時34分

そうですか.DHバーのポジション出しに小物を作りたいんですが,やっぱ外注ですね.

投稿: 鬼 | 2008年5月11日 (日) 01時41分

 DHバー廻りだと、調整用のスペーサとかシムとか穴が開いていたりネジが切ってあったり・・・的なヤツは出来ますが、ハンドルにDHバーを固定する直角に穴が開いてすり割りが入ったブロックみたいなヤツは無理です。フリーハンドのマンガでも送ってみて下さい。

投稿: みつやす | 2008年5月11日 (日) 20時45分

後者っぽいので,いろいろ調べてみます(笑)ありがとうございます.出来たら見せますね!

投稿: 鬼 | 2008年5月11日 (日) 21時32分

これ分解しましたスピードが表示されない症状です
リードスイッチは一個しか入っていません。うちの症状はケイデンスはOK。スピードは反応せず。リセットボタンを押すと赤→緑は点灯します。クランク回してケイデンスの赤は点灯しますがホイールの緑磁石通過してもは点灯しません
さらに手持ちの生きてるリードスイッチに交換したけど同じです。
ちなみに一個のリードスイッチ外してもケイデンスは表示されます。壊れたらこんど分解してみて教えて下さい。2008年の日記だからわかんないですよね笑

投稿: ザイマ | 2018年5月 5日 (土) 23時03分

 うん、確かに記憶から消えて解らんです。。。ジャンク部品も全て捨ててしまったから、まあ、諦めてくださいな(笑)。

投稿: みつやす | 2018年5月 6日 (日) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足の攣るメニュー | トップページ | 平尾台ブルベ200km »