« わしたポーク | トップページ | XSでプールへ »

2008年4月18日 (金)

シガレットケーブル修理

0417 GARMIN純正のeTrex系用シガレットケーブルの修理。回路的にはMC34063Aを使った標準的な物で、出力電圧とかターゲットにする電流値を自社の製品に合わせてある感じ。
 降圧型のDC-DCコンバータなのでコイルが使われていて、それが取れてしまったトラブル。安い携帯電話用の機器ではチャチなコイルが使われている事が多いけど、純正品だけ有ってトロイダルタイプのそれなりの物が使ってある。
 でもその質量が悪かったのか固定が悪かったのか、片方の脚の半田付部分がちぎれるように取れていた。他の回路には異常が無かったのでこの部分だけを修理する。
 そのままでは基板の裏まで脚が届かないので、半巻戻して被覆を剥いでから半田付。インダクタンスが微妙に減っているけど誤差の範囲だし、DC-DCコンバータの特性的には測定しても解らない程度と思われる。
 半田付け後は接着剤で強固に固定して完成。今度は簡単には外れないと思う。

 雨が降っているのでガレージで3本ローラ。前半は力まずに、かつ回転は上げるイメージで漕いでみた。85rpmくらいから始まって身体が温まってきたら105rpm位を維持していた。最終的には115rpmまで上がった状態で20kmを走ってお終い。
 良い感じでは無かろうかと思った。一旦止まって汗を拭いて再スタート。今度は強弱をつけて色々な回転を試してみる。DHポジションでは回転が上がりにくいけど、135rpmで30秒くらいは何とかなった。
 DHポジションというか深い前傾姿勢を取ると、太腿を上げる行為がすこし難しくなってしまう。柔軟性なのか筋力なのか単純に脚が短くてクランクが長いのか。。。

バイク 30km

|

« わしたポーク | トップページ | XSでプールへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わしたポーク | トップページ | XSでプールへ »