« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

無くなるのか?

 一日中気温が高かった。Visorのケーブルよりも古い宿題に成っていたGPS3+の修理にトライしたのだけど、やっぱりCPU部分が起動しないままでどうにも成らない。凄く悔しいけど交換用の基板も無いし、仕事として預かっているので趣味的にICを張り替えたりする訳にもいかない。と言うことで、泣く泣く不動のままでGPS3+を返送した。
 量としてはこなしていても、内容に達成感が無い時には全体的な士気が低下する。何となくダルーッという感じで17:00に成った。

 十分に水を飲んで短パンにTシャツ姿で走りに出た。西中に寄って水を飲んだ。新入部員が入ってきたようで練習が賑やか。しばらく眺めさせてもらった。
 裏の峠を越えてトヨタグランドに抜けた。久し振りにトヨタグランドは様相が激変していてびっくり。以前に外周路の工事が始まったときまでは見ていたけど、水濠が出来るかも?と言う予想は大はずれだった。
 クロカンコースが全くなくなってしまい、その場所には山のような盛り土が置いてある。将来的にはここにビルでも建てるつもりだろうか?
 土の外周路の一部は横のヤードへの導入路のために削られてしまい、形も長さも中途半端になっている。森下さんとコーチが居たので話を聞いたら500m丁度が488m?に成ってしまったらしい。
 雰囲気的にはこのままグランドが無くなってしまうの?と言う印象を受ける。森下さんに依れば「そこまでは聞いてない」との微妙なニュアンスの答え・・・。自らも故障して引退し、練習中でも「土は良いよ!」と言っていた人。ワンジルもクロカンコースを良く走っていた。今回の縮小は陸上部として本意では無い様に感じる。
 トヨタはやっぱり儲けが一番なのかもしれない。それも会社としては当然の判断とおもう。いや、別の見方も出来る。トヨタは先日赤間の教育大にグランドを作った。そこを拠点に市民レベルのランニングクラブも始めた。
 もしかして宮若を出て行って宗像側を拠点にするんじゃなかろうか?そう考え出すとますますそんな気がしてきた。宮若市民だから言えるけど、宗像に比べてネガティブな部分が沢山ある。
 私が選手だとしても、板深のあたりの寮に住んで、ごみの落ちた山道を走ってグランドに行き、風向きによっては塩酸の臭いがする環境で練習するよりは、赤間の近くの寮に住んで、路側帯や歩道がしっかりとした道を通り、大学近くのグランドで練習する方が嬉しい。
 なんかマイナス思考に成ってきた。いかんなぁ。。。地元に文句ばかり言っても仕方ない。かといって市長になって改革するほどの力量は無い。出来るところから少しずつ何かをやるしか無いのかも。

ラン 11km

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

オルベアが来た

0429 注文してから早3ヶ月。待ちに待ったオルベアが来た。フルカーボンのフレームにアルテグラとMAVICのAKSIUM RACEの組み合わせ。
 超軽量と言うよりも、接合部の形状を見ても解るように強大なパワーを高剛性のフレームで受けてガンガン進む感じ。
 まだボトルケージもパンク修理道具も付けていないけれど、嬉しいのでトヨタの廻りを何周かグルグル回ってきた。。。
 昼前に息子達と台所の壁を壊していたら、近所のランナー改めトライアスリートがオルベアに乗ってやってきたので、フレームをナデナデしながらこんな話をした。それにしてもデカいフレーム。ヤツは背が高いし足が長いのでこうなるのか。

 今日は基本的に台所の壁を壊す作業の日。この連休中に壁をやり変えようと考えている。大きな作業はなかなかスタートが出来ないものだけど、壊してしまえばやるしかない。
 本当は昨年の秋にやりたかったのだけど、既に肌寒い季節に成りつつあって、やっぱり止めようと言うことに成った。今からは段々と暑くなる季節。最悪はブルーシートで暮らしても良い(笑)。

 月の初めに体調不良でプールを休んだので、今日は日にち調整で火曜日のレッスンに入ることにした。
 曜日が変わってもメンバーはあまり変わらない。と言うことは私以外の大半のメンバーは火曜日と金曜日の2日泳いでいるのだろう。
 今日は嬉しいことが有った。あまりに嬉しかったので帰りの更衣室で先生にも話したくらい。"ねえねえ先生、キック8本のメニューで始めてサークルから落ちずに最後までついて行けたよ。"
 出来る人にとってはバカみたいなメニューだけど、12.5m地点でバックした私にとってはマラソンを2時間30分で走るに等しいメニューだった。
 ところが人間は変わるもので、足首が真っ直ぐにすら成らない私でも、練習していれば廻りのオバチャンや中学生にバタ足で着いていけるようになってしまった(^^)。
 今後は「絶対に無理!」という言葉は極力使わないようにしよう。何かの間違いで何時か可能になるかもしれないから。

スイム 1.6km
バイク 28km

| | コメント (8)

2008年4月28日 (月)

車検

0428 今日も筍掘りと山椒取りは止めて、朝一から車検場にXSを持って行った。前回は「中古新規」だったので少しだけ面倒だったけど、今回は普通の「継続」なので凄く楽。作成する書類の内容が5倍くらい違っていた。
 検査場ではエンジン廻りをえらく時間をかけて見られた。革ジャンのポケットに手を突っ込んで「俺の整備したエンジンに文句が有るのか!」と言う態度で居ようかと思ったけど、印象が悪くなると困るので(笑)、軽いキオツケ姿勢で「如何でしょうか?」的な顔で見ていた。
 相当時間が経過してから「エンジン番号は何処でしょう」と聞かれた。力が抜けた。それなら最初から聞いてくれたらこんなに緊張しなかったのに。
 それ以外の検査はスムーズに終了。光軸も車検対応としてハイビーム基準で設定し直していたので1発で通った。詰め所みたいな所ではんこをもらって、事務所に出したら2分くらいで車検証が出来た。
 外に出たら青い綿のツナギで、いかにも「**モータース」のオッサンが話しかけてきた。古いバーチカルツインに乗っているとこういったオッサンと知り合える。「ねぇ、私の島に来ない?」等と言う女の子とは知り合えたことがない。
 帰って仕事を始めたら10時だった。かかった費用も2万円ちょっと。本当に良い時代になった。

 先週末からやっているVisorのケーブルをなんとかしないといけない。例のオートシャットダウン対策の分。きちんとした電源が取れてスペースが有ってコストの制限が無ければ簡単な作業。でも現実はそんなに単純じゃない。
 色々悩んで試験して何とか昼過ぎには出来上がった。色々と試してみてOKだったので夕方の便でお客さんの元へ発送した。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 土日の筋肉への負荷が高かったのか、何となく脚が重たい感じがある。GPSなど持たずに軽くジョグだけしておくことにした。
 西中経由の10kmコース。西中は昨日が参観日だったので誰もいない。水だけ飲ませてもらって裏の峠経由で帰ってきた。後半になってからは脚の重さが取れてきた。

ラン 10km

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

Let's learn braille.

0427  午前中は中学校の参観とPTA総会と陸上部の総会がある。議長をやってくれと言われていたのでサボるわけにもいかず、朝から中学校へ行ってきた。
 英語の授業だった。"Let's learn braille."と言う単元で私は「点字」と言う英語を始めて知った。
 そう言えば数日前にふりかけの袋に点字が印字されていることを知り、ソースのキャップにも有ると家族で話した事を思い出した。ふりかけは無くなっていたけどソースは有ったので記念に撮影。
 総会などで結構時間が掛かって家に帰ったのは12時を過ぎていた。昼食を食べてホッとしたら既に14:00。あまり時間は無いけど天気は良いので自転車に乗ろう。

 山に行くか海にいくか迷ったけど、山は下りの分を休むことに成るので損したような気がして海にした。時間的に志賀島をぐるっと回って帰ってくることに。
 旧3号では少し車が多いくらいだったけど、志賀島に入ると車が多い多い。渋滞が嫌いな私は、これからの季節は車で来ることが出来ない。

 脚の筋肉に上手に負荷をかけることとか、心拍数を極端に外すことが無いこと等を考えながら漕いでみた。午前中の西中の往復では必死で漕いだ。その後遺症で脚が動かないかと思っていたら意外と動いてくれた。
 平均心拍は140拍丁度。ほとんどの心拍数は130から150の間に入っており、一般道路にしては良い感じにコントロール出来ている。
 平均速度は26.7km/h。渋滞の横を走ったりしたことを考慮すると悪くはない数値。特に良い感触が有ったのは志賀島の平地区間。風が有ったので行きと帰りで速度が変わってしまうけど、32km/hと36km/h等とそこそこの数値が出せるようには成っている。これが平均して35km/hを超えるように成れば良いのだけど、なかなかそこまでは難しい。

 帰ってくると四季菜館から電話が有ったと言われた。今日は朝堀りの筍は出さないのかとお客さんから聞かれたらしい。待ってもらって有り難いけれど、今日は打ち合わせで早めに中学校へ行ったので出す時間が無かった。明日は朝一番にXSの車検に行こうかと思っているので、明日も出せないかもしれない。御免なさい。
 夕食をしっかり食べた。フェルプスのシリーズで走り高跳びをやっていたので息子達と見た。やったことのない内容なので、驚きはするけど具体的に感じる物は少なかった。息子達と「やっぱりバーベル買おう!!」と盛り上がった。

バイク 101km

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

風強し

0426 インシュロックが無くなってしまったので、午前中にママチャリでグッデイに買いに行った。はっきり言って失敗だった。風が滅茶苦茶強い。進まないだけじゃなくて風の息で倒れそうになる。
 それでも昨夜は変なブログを読んで、バイクモードで気分が盛り上がっていたので、ガンガン漕いでいった。店内では一人で額から汗して変な感じ。良い感じの安全靴が有ったので、これからの作業用に買おうかとちょっと悩んだけど止めた。

 夕方からは再びバイク。こんどはスペシャで鞍手町から宗像にかけて走ってきた。依然として風が強いけど、午前中ほどじゃなかった。でも速度グラフはグチャグチャ。確かに起伏は有るけどそれ以上に風の影響が強すぎ。強くなったのか弱くなったのか全く解らん。
 行きに赤木峠を越えていった。試しにタイムを計ってみると先日のHARPで登ったときより6%くらい速くなっていた。向かい風は明らかに今日の方が強い。自転車は多分今日の方が重い。一番重要な体調の部分を除外して無理に結論づければ、今日のクランクが152.5mmだったことが好結果をもたらしたと思われる。
 全然理系的じゃない1回だけの雰囲気による結論だけど、やっぱり152.5mmの方が脚が楽に感じる。無理矢理に太腿を持ち上げる運動をしなくて良いのが体感で解る。

 晩飯を食べてから5月のブルベに申し込んだ。部落の草刈と重なりそうな気配なのだけど、重なって居ない場合でも申し込んでおかないと走ることは出来ない。
 もし参加できれば、シーズンインの刺激入れとして丁度良いかなと思っている。しばらく使っていないクロモリのロードも整備しておこう。

バイク 59km

| | コメント (2)

2008年4月25日 (金)

山椒の花

0425 昨日と一昨日は筍を10本持って行って全て完売だった。トレーニング代わりに山の中を動き回り、ちょっとした収入があるのだから悪くないなと感じていた。
 ところが今日は3本しか売れなかった。何が原因なのか解らない。単純にムラなのかもしれないし、絶対数の少ない客に飽きられたのかもしれないし、もう筍の時期じゃないと思われたのかもしれない。小さいのは売れているので大きすぎたのか?
 なんか山に有るもので売れる物はないかな?とにわか百姓というかにわかマタギに成って軽トラの中で考えた。そう言えば山椒の木が数本有る。山椒だけでも良いし木の芽和えセットとかどうだろうか・・・。
 図鑑を持って山に行ってみた。最近はなるべく図鑑を持って行くようにしている。知らなかったことが沢山載っている。今日も山椒に雄と雌が有るのを始めて知った。
 上の写真は雄花とその廻りを飛ぶミツバチ。図鑑に依れば雄花の雄しべが5個で雌花の子房が2個らしい。周辺を探していたら雌の木を発見した。

04252  丸いふくらみの上に角が生えたような物が2個セットである。これが子房の2個に間違いなかろうと思う。
 どうして雄花と雌花という難しいシステムに成っているのだろう。繁殖は他の虫頼りで不確実。同じ花の中に雄しべと雌しべが有った方が良いじゃないかと思う。
 いや、それだと面白くなかろう。家族としか結婚できないシステムよりも、他の村の娘や他の国の男と知り合った方が楽しいし、種の多様性も増す。山椒がこんなことを考えているかどうかは知らないけれど(笑)。
 それにしても植物図鑑の用語は面白い。「葉は奇数羽状複葉で互生する」とか、普通の生活では使わない。私にとって日本語よりも漢文に近い。

 今日のスイミングはXSで行った。車検前の駄目出しを兼ねて注意深く異常を感じながら走ってみた。特別変なところはない。強いて言えばハイビームの光軸が少し下を向きすぎて居るかもしれない。でもこれ以上上げるとロービームの横の線が車の運転者の顔に来てしまいそう。どうしようか、車検対応として一時的にハイビーム基準で調節しておこうか。
 今日から近所のランナーが教室に参加する。体験の時にキツかったそうで、当分は初心者コースでやっていくらしい。たしかにあっちの方が姿勢とか動きとかを手取り足取り教えてくれる感じはある。
 私の居る方はドリルとかインターバル的な練習が多い気がする。ドリルの途中で指導は有るのだけど、手取り足取りという感じでは無い。ポイントだけ言うから自分で感じて練習しろと言う感じかも。
 今日は特にそんな感じが強かった。初心者コースが10名も居たためにこっちまで目が届きにくかったのか、25mを20本とか50mを8本とか、そんな感じのサークルが多かった。
 内容的には腕廻りのドリルが大半だったので、死ぬほどのキツサは無かった。でも先週のドリルで出来なかった腹の下辺りの掻き方がどうもできない。特に疲れてくると肘が伸びて下の方を手が掻いていた。

スイム 1.5km

| | コメント (5)

2008年4月24日 (木)

光軸調整

 先日の21号線バイパスを経由するコースでラン。なんとなくこのコースが気に入った。今の季節の時間帯に丁度良い距離だからかもしれない。
 適度なアップダウンが有って距離は16km。17:00過ぎに準備して出たら18:30過ぎに帰り着く。シャワーを浴びて着替えたら夕食のタイミング。
 ちょっと刺激を入れる意味で靴を変えてみた。いつものゲルフェザーから今日はRC-800Bへ。私にとってこっちの方が底が相当硬く感じる。体調とか路面にも依るけれど、ソーティージャパンと変わらないと感じるときが有るくらい。
 そのRC-800Bだけど今日は何とも感じない。しばらく休んでいたのでペースはパッとしないけど、靴が硬いとか脚が痛いとかは全くない。RC-800Bとかソーティーを履いて硬いと感じないときは、私の場合は脚の筋力が良い感じに成っている事が多い。本当かどうか解らないけれど、良い方向への思いこみは否定せずにそのままで行こう。

 夕飯を食べてからXSの光軸調整の確認をした。だいたいは合わせているのだけど、それが実走行で不具合が無いかとか、もしこの光軸で車検が通るのなら、実走行での光軸の感じを把握して記憶しておきたいから。
 部屋にいるそのままの格好で出掛けたのが失敗だった。特に下のジャージがスースーする。ドライメッシュみたいな生地で感触は良いのだけど、この時期の夜のオートバイには向かないことが解った。
 ルミエールで498円で買ってきたヤツ。いかにも30年くらい前の暴走族が好みそうなジャージだけど、寒すぎて今の私はこれで夜走ることは出来ない。今の暴走族もジャージで走っているのだろうか?
 なんか気分が盛り上がってきたので革ツナギを着てみた。水泳のせいなのか加齢による肥満なのか解らないけれど、腹から肩にかけて窮屈な感じがしたので脊髄パットを外した。ちょっと楽になった。その格好でこれを書いている。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

XSの車検整備

0423 雨だし休息日にしても良いタイミングだったのでトレーニングは休み。代わりにXSの車検整備をすることにした。
 エンジン関係は後回しで、取りあえず足回りだけを今日やっつける。フロントとリヤのブレーキを開けて清掃、点検、給脂、等々。前回に一通り交換しているので今回は交換部品は無い。
 と思っていたら、最後にリヤのトルクロッドを固定するボルトが変な感じなのに気がついた。そう言えばこのボルトは錆が酷くてねじ山が相当肉痩せしていた。再メッキに出したら見栄えだけは良くなったのと、割りピンがあるから脱落することは無かろうとの判断からそのまま使っていた事を思い出した。
 改めて良く見るとねじ山がほとんど無くなっていた。割りピンが有るとは言え流石にこれはヤバイ。今のM8をM6に切り直そうかとか、M8の普通のボルトにスリーブを被せて使おうかとか、色々と考えたけど正攻法で作り直すことにした。

04232_2  物も小さいし精度が滅茶苦茶うるさい部分でもない。私の技術でも何とかなった。ブレーキパネル側の2面に落として有る部分はグラインダとヤスリで仕上げた。安物でも良いからフライス盤が欲しいと思う瞬間。
 表面処理がされてないけど、今回はこのまま取り付けてしまおう。取りあえず内部はグリスに外は塗装で防錆しておき、次の機会に別の部品と一緒にユニクロメッキに出せば良かろう。
 思わぬトラブルが出てしまったので、夕食を食べている瞬間を除いて17:00からずっとガレージに籠もりっぱなしだった。

| | コメント (2)

2008年4月22日 (火)

良い季節に成ってきた

0422 今日は朝一に嫁さんを駅まで送っていくことになっていて、そんな事を考えていたからなのか、06:00頃にトイレに行きたくなって目が覚めた。
 ちょっと早いけどついでなのでそのまま起きてしまい、唐鍬を持って山に行ってみた。昨日は筍を10個出して6個売れた。今日も10個くらい持って行ってみよう。オマケに糠を1合と能書きを垂れた(笑)しおりでも入れて。

 今日のトレーニングはラン。あまりに天気がよいので今季初の短パン半袖で出発。全く寒くない。直ぐに汗ばんでくるくらい。4km地点の西中では迷わずに水を飲みに行ってしまった。
 そのまま21号線バイパスを通って本城の裏の方に抜け、鞍手方面に左折してから室木に出た。四郎丸へ抜ける峠を越えて醤油屋の道に出て、最後はトヨタの中を横断して帰宅。
 気楽に気楽にと思って走ってみたけど調子がよい。心拍は140前後が多かった。登りでも150拍を超えるとペースを落とすように心がけた。
 凄く調子が良かった。この調子なら「どんなときでも3時間30分は出せます」と言いそうなくらい。でも現実はそんなに甘くないけどね(笑)。

 四季菜館に出した筍は全部売れていた。オマケの糠が良かったのか、私が書いたキャッチコピーが宮若市のオバチャン達のハートを掴んだのか??明日は休みらしいので明後日の朝も仕事前に出荷してみよう。
 朝飯前の丁度良い運動になるし、にわか百姓としては堀りたてを直ぐに茹でて食べて欲しい気持ちもある。スーパーで売っているカサカサに乾いた「**の筍」を茹でるよりは、えぐみも少なくて美味しく食べられると思う。

ラン 16km

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

婆さんに怒られた

 筍がどんどん出てくる。家で食べる分の何倍どころか下手したら何百倍も生えてくる。放っておくと恐ろしい竹山に成ってしまうので蹴り倒しに行くしかない。
 私が高校生の頃は水煮にする工場が買い取ってくれていたので、1日に100kgとか200kgとか掘って良いアルバイトになっていたのだけど、今は一部地域のブランド品か安い海外産に駆逐されてそう言った用途はほとんど無くなってしまった。
 どうせ山に入るなら少しでも売ってみるかと思い立ち、今朝は四季菜館という産直の店に持って行ってみた。昨日の夕方覗いてみたら茹でたのは50袋以上売れ残っていた。茹でる手間をかけてこれでは割に合わないので掘ったままで出荷。取りあえず10本くらいなら朝飯前に30分くらいで掘れてガソリン代+αくらいは出る。
 家で根っこを切っていると婆さんが寄ってきて色々とご指導が始まった(笑)。「ゆがかな売れるわけがない」「そげなこまいとはつまらん」「そこやない、ここを切って」...最後は「言うことぉ聞きなさい!!」と怒鳴られてしまった。いつまで経っても子供なので仕方ない。下の家の爺さんは90を超えた曾爺さんや曾婆さんから何だかんだと言われるらしい。
 どの家も一緒か。。。でも近所ではそう言う言いつけをちゃんと守って両親を大事にしている「良い息子」のところには、嫁さんが来てなかったり逃げられていたりしているし、言うこと聞かんとか、若い頃ぐれた様な息子の所には嫁さんと子供が居たりする。
 動物の雌の立場で考えれば、何時までも両親の支配下にある雄を選ぶ理由は無い。自分の方を見てくれて、自分と自分の子孫にメリットがある雄を選ぶはず。
 うーん、人生はなかなか難しい(笑)。

 と言うことで、筍の欲しい人がいたら差し上げます。と言うか蹴り倒すのが面倒なんで掘ってください(^^)。

 仕事が終わってからは自転車で赤木峠。今日は息子のHARPに乗って最大効率と思われるギヤ比で走ってみることにした。下は短いレーパンにしたけど最後の方は少し寒かった。
 少し軽めからかなり重めまで色々試しながら5本上がってみたけど、ギヤ比による明かなタイム差は感じなかった。凄く不思議な感触。
 急坂の部分で或る程度以上重いギヤだと明らかに進まなく成るけれど、それはケイデンスが30とかそう言う領域の話し。50くらい回っていれば90でも110でも大きな差はない。少なくとも今日のヒルクライムでは。
 と言うことは今の私の脚では、高トルク低回転でも低トルク高回転でも、出力パワーは同じくらいしか出ていないと判断できる。いや、似非アスリート的には「いかなる回転数でも最大のパワーを出せる柔軟性に富んだ脚である」と思いこむべきだろう(笑)。
 確かに変速をサボって走っていても、平均速度はあまり変わらないなと感じたことは何回か有った。私には10速は必要ないって事か?
 あとの機材的なファクターはクランク長。手持ちには152.5mmと165mmが有るので、これらを交換しながら定量的なデータを取ってみたい。感触的には明らかに152.5mmの方が太腿の上下動が楽になる。

バイク 33km

| | コメント (7)

2008年4月20日 (日)

かなり復活か?

0420 昨日からずっと金曜日のスイムで出来なかった手のドリルが気になっていた。スイムのレベルが低い私の中でもキックはさらにレベルが低い。しかしこの部分はトライアスロンの大会ではウェットの浮力で或る程度はカバーされる。
 そう考えていくと腕だけでも或るレベルまで上達しておかないといけない事が解る。それなのに金曜日のドリルは全く出来なかった。
 気になって仕方がなかったのでプールに行くことにした。朝一番に息子を送っていったりしていたら時間が無くなってきて、自転車は止めにしてXSで行くことにした。日曜日だからかけっこう人が多い。
 出来なかった両手で掻くドリルをやってみる。バタ足でやるとキツくなってそっちに気持ちとエネルギーを取られてしまったので、途中からビート板を太腿に鋏んでやってみた。これだと落ち着いて考えたり観察したりしながら出来る。
 肘の角度が難しい。今までの私はどちらかというと肘を伸ばしたままで掻いていたように思う。これだと対水速度が半径によって変化してしまう。先生が言うような角度と動きにしてみると、肘から先はほぼ一定の対水速度に成る感じ。これを肩から先の腕で回す。と言うことで胸の筋肉が必要になる。
 成るほど、肩廻りは結構筋肉が付いてきたように感じていたけど胸はそうでもない。この辺にも原因が有ったのかもしれない。

 昼飯を食べてから一休み。体調も悪くないので走ることにした。強度は低くても良いから出来るだけ長い距離を。「疲れない脚」が目的。ちなみにスイムは「技術」、バイクは「パワー」が今期の目標だったりする。
 心拍が上がりすぎないように気をつけて走る。日射が結構強い。夕方ばかり走っていたので昼の暑さに対して鈍感になっていた。下はタイツで上は長袖ジャージ。暑くて暑くて汗がダラダラ。心拍も夏のように上がってしまう。
 宮田の街中で四季菜館だっったか、産直の店を覗いてみる。筍の水煮が沢山売れ残っていた。皮の付いた筍の方が残っていない。明日にでも山の筍を持って行ってみようかと思う。
 そのまま犬鳴川沿いを走って新入まで出て、そこで給水のために休憩。150mLを飲んだけどちょっと不足気味。そのまま21号線バイパスを通って長井鶴の裏まで出て、倉久経由のいつもの道で帰ってきた。
 予想よりも距離を走っていた。脚が少し怠い。右の薬指に5x5mm程度のマメが出来た。ゲルフェザーでマメが出来るのは珍しい。久し振りに走ったからだろうと思う。
 帰ってから一休みして薪割りをやった。今の時期に割ってしまって夏の期間に乾燥させないといけない。次の冬に苦労することになる。アリとキリギリスみたい。

スイム 0.8km
ラン 30km

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

プラズマ切断機

 今日の昼間に来店いただいた方。RAMの製品を中心に色々と現物を見比べて買っていただいたのだけど、その後の話が面白くて長い間話し込んでしまった。
 設備系の仕事をされているようで、ガレージの旋盤とバイクリフトの前でその手の話を色々と。その中で出てきたプラズマ切断機の話に興味をひかれた。
 鉄板を切るという行為は実際にやってみると意外と大変で、2.3mmくらいでもヒーヒー言ってしまう。以前からプラズマ切断機が欲しいなとは思っていたけど、仕様を見ると大容量のコンプレッサが必要と書かれているのを読んで諦めていた。
 ところが今日のお客さんの話では、切断長さが短ければうちのコンプレッサよりも小さいコンプレッサで使えるらしい。ダイヘンの何とか言う機種らしいけど、実際に使っている人の話は説得力がある。他のメーカでも同じ様な傾向かも知れない。
 確かに私もインパクトを使っている。これも仕様を見ると我が家のコンプレッサではとても使えない。でも一撃か二撃で回すことが出来れば十分に使えている。組み立て工場じゃ無いので連続して使うことは無い。そう言うものかもしれない。
 そこまで解れば後はエイシンの安物でも買ってみようかと言う話になるのだけど、エイシンは潰れてしまったのでどうしましょう。。。と、どうしましょう(笑)。

 日射の割りに気温は低かったけど自転車でOJT筋トレ。赤木峠をアウタートップで行ったり来たり。日が長くなったので今までよりも長く乗れる。今日は7回登った。
 帰りは山崎に降りてトヨタの廻りを廻り、下有木に出てから帰ってきた。帰る途中で近所のランナーの家に行き色々と話した。彼はオルベアの自転車を注文しており、そろそろ到着するらしい。それが来ていれば見たかったのだけど来週らしい。
 フルアルテグラと言うことなので**万くらいはするはず。でも奥さんには「滅茶苦茶高くて6万円もした」とか嘘を言うに決まっている(笑)。
 帰ったら晩飯だった。ちょっと長い間喋りすぎた。最近の日課で水泳を見てコーヒーを飲んでホッと一息。スクールに行きだしてから選手の動きが色々と見えるように成ってきた。
 世の中には或るレベルにならないと見えない物があるのだろう。私がもう一つ先に進めばまた別の物が見えてくるかも知れない。

バイク 41km

| | コメント (2)

2008年4月18日 (金)

XSでプールへ

0418 先週は軽トラでプールに行ったので、今日はオートバイで行くことにした。もらい物のCM125TをのけてXSを引っ張り出す。XSは好調、何も問題なく往復できた。
 革ジャン含めて3枚しか来てなかったのに気温が低く、人間の方は少しブルブルした。
 帰ってから昔の写真が有ったなと思いだしてパソコンのファイルを漁って見つけ出したのがこれ。今は無き八尾の朝日の格納庫の前で、TX650に乗っていた府大のTと一緒に洗車しているところ。21-22歳か?こんな時代から乗っているとは・・・物持ちの良さに自分で驚いた。

 今日は早めに着いたので自分で結構泳いだ。キック系の練習だったら死ぬなと思っていたけど腕廻りのドリルが中心で安心。でも全然出来なかった。
 出来なかったけど多いに収穫があった。全く出来なかったのが平泳ぎの動きを片手だけでやるヤツ。全然推進力がでない。キャッチの部分から前半にかけて、水を下にしか押していない感じがする。
 もう一つ出来なかったのはクロールの腹の下辺りの手の掻き。肘から先を全て使って水を掻く練習だったのだけど、私は肘が妙に上がっているし肘が先行して肘から先が進行方向に対して直角じゃない。
 先生から何回も修正されて直すべき方向は解ってきた。上手に出来た瞬間は肘から先全体に水の反力を感じる。でもトータルな泳ぎの中では出来ない。そこばかりに着目すると泳ぎが小さくなって指摘される。
 うーん、難しい。でも相当速くなる余地が残っている事が確認できて嬉しくもある。腕の動きが上手に成っただけで25mで2秒くらい稼げそうな気がする。良い感じにモチベーションが上がってきた。

スイム 1.5km

| | コメント (0)

シガレットケーブル修理

0417 GARMIN純正のeTrex系用シガレットケーブルの修理。回路的にはMC34063Aを使った標準的な物で、出力電圧とかターゲットにする電流値を自社の製品に合わせてある感じ。
 降圧型のDC-DCコンバータなのでコイルが使われていて、それが取れてしまったトラブル。安い携帯電話用の機器ではチャチなコイルが使われている事が多いけど、純正品だけ有ってトロイダルタイプのそれなりの物が使ってある。
 でもその質量が悪かったのか固定が悪かったのか、片方の脚の半田付部分がちぎれるように取れていた。他の回路には異常が無かったのでこの部分だけを修理する。
 そのままでは基板の裏まで脚が届かないので、半巻戻して被覆を剥いでから半田付。インダクタンスが微妙に減っているけど誤差の範囲だし、DC-DCコンバータの特性的には測定しても解らない程度と思われる。
 半田付け後は接着剤で強固に固定して完成。今度は簡単には外れないと思う。

 雨が降っているのでガレージで3本ローラ。前半は力まずに、かつ回転は上げるイメージで漕いでみた。85rpmくらいから始まって身体が温まってきたら105rpm位を維持していた。最終的には115rpmまで上がった状態で20kmを走ってお終い。
 良い感じでは無かろうかと思った。一旦止まって汗を拭いて再スタート。今度は強弱をつけて色々な回転を試してみる。DHポジションでは回転が上がりにくいけど、135rpmで30秒くらいは何とかなった。
 DHポジションというか深い前傾姿勢を取ると、太腿を上げる行為がすこし難しくなってしまう。柔軟性なのか筋力なのか単純に脚が短くてクランクが長いのか。。。

バイク 30km

| | コメント (0)

2008年4月16日 (水)

わしたポーク

0416 1週間経過したので病院で白血球を数えて貰った。数えると言っても綺麗なお姉さんが数える訳じゃなくて機械が自動的に数えてくれるらしい。
 4500でやっと無罪放免。既に先週から走ったり泳いだりしているのだけど、そう言う状況下でも普通方向へ回復しているという状況は悪くない。こんな感じで戻していこう。

 仕事が終わったタイミングでは雨が小雨になっていた。どうしようか迷ったけど、4500に背中を押されてウインドブレーカを着て走りに出た。短めのコースと言うことで西中経由でトヨタ外周路のコース。
 西中に着くと丁度修学旅行が帰ってきて解散に成ったところだった。どこもお母さんが車で迎えに来ていたけど、我が息子だけは大きな鞄を肩から下げ、GIOSの自転車に跨ってまさに帰ろうとするところだった。走って近寄って「迎えに来たぞ」と言ったら怒られた(笑)。
 そのまま裏の峠を越えて玄海100kmのコースに抜け、倉久経由で帰ってきた。GPSも心拍計も何も無し。気分だけで軽めに走った。多分キロ5分30秒くらい。ちょっと脚が重い感じ。
 四郎丸の辺りから雨が強くなってきた。ウインドブレーカにしておいて良かったと思いながら走り続けた。最後は結構ビシャビシャに成ってしまい、この季節にしてはちょっと濡れすぎたかも知れない。

 息子のお土産は「わしたポーク」の3点セット。私的にはなかなか良いセンスと思う。明日の朝は卵と一緒に焼いて食べようかなどと考えながら写真を撮った。ちょっと嬉しい。
 夕食の後は水泳の日本選手権を見た。昨日も今日も同じタイミング。なんか落ち着いて見られるなと思っていたらNHKだった。妙なタレントが騒がないので気分がよい。スポーツ中継でタレントに騒がれるとTVに向かって鉄アレイを投げつけたくなる。ちょっと短気かも知れない(笑)。
 水泳が終わってから昨日もらってきたオートバイで遊ぶ。変なハンドルに改造して有るなと思っていたけど、調べてみたらCM125Tと言うアメリカンタイプらしいことが解ってきた。
 メインスイッチが全く導通していなかったので分解して接点を磨いたら復活。バッテリーは6V12AHという高げなヤツなので、中を洗って希硫酸を入れて無理矢理充電。6Vのバッテリー点火なので最低限の電源は必要。
 充電系をざっとみたらレクチファイヤだけでレギュレータは無い感じ。この時代の小型車にはこう言うのが多かった。レギュレータが付いてからも単相の半分しか制御してないのも多い。
 こういう方式ではバッテリーが弱ると電球が切れまくるパターンになる。無理矢理復活させた20年以上前のバッテリーが駄目な場合、秋月のシールタイプでも付けておこうか。。。などと考えながらポイントを磨いてプラグホールからオイルを入れてキックしまくり、キャブに混合油を垂らしてキックしたらエンジンがかかった。
 タンクの中に古いガソリンが残っていたのでそのまま繋いだら回り続けた。古いガソリンもバカに出来んなと思った。キャブは掃除してないので回転は安定しない。でもエンジンがかかると気持ちが落ち着く。
 さて、タイヤとかチェーンとか買ってきて走れるようにするか、それともこのまま処分するか、しばらく置いておくか。

ラン 11km

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

クラウンやるから取りに来い

0415 昨日走ったので今日は軽めに自転車でも。外を走ると気合いが入ってしまいそうなので(笑)、ガレージで3本ローラをクルクル。
 今日は直ぐにやる気がなくなった。キツイとかそう言うのじゃなくてこんな天気の日にハムスターみたいな真似が出来るか!的な気持ちが湧いてきて。
 我慢してやるのも意味がない気がしたので、マウンテンバイクに切り替えて近所の山を走ることにした。「クラウンとバイクをやるから取りに来い」と言われていた家の前に来たのでちょっと見てみた。
 明らかにランティスよりは新しいクラウンだけど、使い勝手が悪いので貰っても仕方がないのでこっちはパス。ジムニーとかロードスターなら欲しかったかも(^^)。
 バイクの方はホンダの125で2気筒のモデルだった。CD125か?良く解らん。普通に見れば解体屋レベルだけど、私のXSよりは程度が良い感触を受ける。フロントブレーキが張り付いて動かないけど、キックは降りる。
 一旦家に帰って工具を取ってきて、動力として長男も連れてきた。フロントのシャフトを抜いて叩いていたら張り付きは剥がれた。チェーンが鉄の棒に成っているので5-56をガンガンかけて取りあえず動くようにする。
 あとは長男に後ろを押させて家まで持って帰った。今日一番のトレーニングになった。125ccにしてはえらく重たいバイクだ。
 家に帰ってからシートとタンクを外し、大まかな部品の状態を確認してみた。オリジナルに拘るつもりは無いけど欠品はほぼゼロ。鍵もある。タンクの中は錆びてない!ワイヤー類は全く動かないのがある。タイヤはひびだらけだけど空気は入る。
 綺麗には成らないと思うけど、普通に使えるくらいまではなるんじゃ無かろうかと思う。暇な時間に少しずつ修理してみよう。

バイク 10km

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

♪走り始めた・・・♪

 良い天気。17:00に成ったら直ぐに外に出た。夜中にメールの返事を書いたりする事が有ったりしても、こういうタイミングでトレーニングを開始できるのは恵まれていると思う。まぁ、自分なりに苦労して作り上げた環境では有るんだけどね(^^)。
 無理をして体調が悪い方向へ戻ったら意味がないので、軽く軽く気持ちよくジョグ。西中を通って裏の峠に抜けた。丁度陸上部の顧問の先生が帰るところだったのでちょっとだけ立ち話。
 帰りはトヨタの外周路をぐるっと回って帰ってきた。この外周路は桜が植えてあるのだけど、ほとんどの桜が7-8割方散っている。もうじき青々とした新緑の雰囲気がやってくる。
 心拍数は130から140くらいの範囲を維持して走る。下りでは130を切ることも有るけれど、今日は無理にペースを速めたりはしない。
 身体のなまりを気にしていたけど、歯磨きの度につま先立ちをやっていたおかげなのか、ほとんど痛みとか違和感とか疲労感を感じずに走り終える事が出来た。
 取りあえず良かった。

ラン 10km

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

再び総会

 今日は小組合と呼んでいる部落の最小単位の集まりの総会。形だけ挨拶と会計報告があって後は宴会スタート。
 割と食べるものが充実していたので、しっかり食べて帰ってきた。帰ってからはコーヒーを飲んでホッと一息。少しだけアルコールを飲んだので家の回りの簡単な仕事でもしよう。

 薪割りを少しだけしたけど、椎の木の又になったような場所しか残っていない。割りにくくて疲れるばかりなので直ぐに止めてしまった。
 次は草刈。取りあえず家の回りの草を刈っておく。私自身は或る程度草が生えていても良いじゃないかと思うのだけど、そうしておくと爺さんが除草剤をかけまくるのでちょっと困る。
 最近はところ構わずとにかく除草剤。畑では農薬が大好き。中国産食材のニュースには毎回反応しているけれど、絶対にそれ以上の薬剤成分が家の回りには有ると思う(笑)。使いかけの薬はその辺に放置。
 子供だと説明して叱っておけば何とかなるけれど、年寄りは金を持っているからいくらでも次の薬を買ってくるのできりがない。言えば「良かと!」と言って最後には怒りまくる。はぁ。。。の世界である。
 と言うことで草刈機でガンガン刈っていく。2タンク分刈ったら晩飯になった。まだだいぶ残っているので来週の空いた時間に刈っておこう。

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

サウンドカードで遊ぶ

0412 丁度良い具合に郵便局で発送する荷物が2個ほど有ったので、ママチャリで赤間の局まで出しに行ってきた。
 赤木峠を越えて赤間まで出て、帰りは古本屋に寄ったりしながら少し遠回りで帰ってきた。必死で漕ぎはしなかったけど、久し振りに自転車で気分良く漕ぐことが出来た。

 帰ってから晩飯を食べた後はサウンドカードとオシロで遊んだ。こんな画像を眺めて悩んでみたりニヤニヤしてみたりして。
 この画像は私は常用しているPCのオンボードサウンド出力を見たところ。10kHzの「正弦波」なのだけど、カクカクでどう見ても正弦波には見えない。やっぱり高級なサウンドカードを買わないと駄目だな・・・と思って眺めていたら、有ることに気がついた。
 カーソルをカクカクの横幅に合わせてみると44kHz相当の幅になっている。オーディオの世界で44kHzと言えばCDのサンプリング周波数が近い。。。
 じっくり考えてみた。CDのデータは44.1kHz毎に記録されている。CDが出たときから今までもの凄く緻密な記録と思っていたけど、これって単純に計算すれば10kHzの正弦波を4個強の点数で記録しているに過ぎない。
 電圧方向は16bitとか24bitとか騒いでいるけれど、16bitでも65536段階に記録できているわけだ。24bitなら計算したくないくらい細かい段々で記録できている。でも、時間軸方向は10kHzを4個強の点数でしか記録できていない。本当か??

 別のPCでも試験をしてみた。するとガレージに持って行ったインテルのMBを使ったPCの出力が凄く綺麗だった。16kHzでも綺麗な正弦波を出力している。やっぱりインテル製は違うね、と思い始めて少しだけ疑う所が有ったので再試験。
 今度は矩形波を出してみた。するとインテルのMBでは高周波側では矩形波が出ずに正弦波になってしまった。三角波も同じで正弦波。要はキツイローパスフィルターかスルーレートの遅いアンプ的な物でカクカクのデータを正弦波に均して居るだけのように思える。
 再度最初のPCに戻って試験してみると、汚いながらもこちらは矩形波らしき物が見えた。なるほど、こちらはDAコンバータの後に割と反応の良いアンプが入っているのだと思われる。
 正弦波で試験しただけなら、インテルのMBは完璧と誤解して居たと思う。しかし中身はDAコンバータの後に「ヌルい」アンプがくっついて居るだけの感じ。ステップ応答的な事は全く対応できていない。音のことは解らないけれど、聞いたら何か差が出るんじゃ無かろうか。

 なかなか面白い結果が出てきた。私は試験装置として使おうと思っていたけど、そのためには電圧軸の分解能よりも時間軸の分解能を何とかしたいところ。
 調べてみると96kHzとか192kHzサンプリングの製品が世の中には有るらしい。こういった製品で後段のアンプが妙に波形を鈍らせて居ないカードが有るならば、私の求める実験用途には最適かもしれない。

バイク 22km

| | コメント (4)

2008年4月11日 (金)

気合いの抜けたスイム

0411 昼飯の後、スピーカの下に置く棒を探しに廃材を見に行ったら、少し細目だけど柱の廃材があった。これを適当に切ってスピーカの下に置いてみたのがこの状態。
 だいぶ雰囲気が変わった。理屈は解らないけど高音側が良く聞こえるような雰囲気になった。会話も聞き取りやすい。感じとしてはヘッドホンの感じに近くなった感じ。
 ここままでは地震が来たときに怖いので、上下に板を付けてそれらしい台にしてしまおう。一瞬だけ物入れを兼ねた箱を作っておこうかと思ったけど、その空間で変に共鳴するとか言う話しに成っても嫌なので棒で行こう。

 1週抜かしたけど今日はスイム。無理せずに自転車は止めて軽トラでプールに行った。ランで言えば軽ーいジョグのイメージで泳ぐつもり。
 先生からは「え~!?」と言われたけど、今日は抜いて泳ぎますからとあらかじめ宣言。ウォーミングアップの後は直ぐにキック系が始まった。
 必死になるつもりは無いので、最後からゆっくりと付いていく。クロールのキックとバタフライのキックを交互に25mを8本。3人ぐらいにはラップされたけど8本を最後まで終えることが出来た。
 泳ぐ速さは今までと変わらない。必死にキックをしても今日みたいに気合いの抜けたキックをしても変化がなかった。これは新たな発見。
 その後のクロールの腕関係のドリルでも気合いの抜けたままで泳いでみた。すると左呼吸の時に身体が曲がって沈みがちな事が解った。右呼吸は脱力しても何とか出来る。良い機会なので無理して力を入れたりせずに、脱力したままで左呼吸を中心に練習してみた。

 1時間が終わった後の疲労感が少ない。緩く練習するつもりだったのだから当然なのだけど、練習した速さというか強度はそれほど落ちていないのだから少し不思議な感覚。
 このあたりが何時も言われる「力が入っている」とか「ガチガチ」に繋がるのかもしれない。私の場合は力を抜こうと思うと力を抜く努力をしてしまい、結果的にへんな力が入ってしまって攣ったりする。
 力を抜くと考えるのではなくて、気合いの抜けたいい加減な泳ぎで良いや、と考えると良いのかもしれない。この辺は人によって違うと思うけど、気持ちの持ち方のきっかけに成った練習だった。

スイム 1.2km

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

3本ローラ

0410 久し振りに3本ローラに乗ってみた。少しだけジョギングしようかと思っていたのだけど、外は酷い雨と風なのでガレージへ直行。
 体調は普通に感じるし乗ってみてバランス感覚が悪くなった感じもない。汗をベトベトにかくのは嫌だったので途中で3回ほど休憩して服を脱ぎながら1時間程度乗っていた。
 取りあえずこの1週間は軽い感じでまとめてみようかと思っている。終わった後の体調は始める前よりも良いような気がするけど、気のせいか?

 夜はスピーカの事が気になってしまったので色々調べていると、サウンドカードを使って周波数特性が測れることが解った。で、やってみたのがこのグラフ。
 全般的に予想よりもフラットで優等生的な特性だった。低音は100Hzあたりでストンと落ちているけど、バスレフの穴で測定してみたら100Hzが同調点らしいことが解った。カンジニアリングで作ってしまったけど、本来なら70Hzあたりで同調するように設計した方が良かったのだと思う。
 高音は全く出ていない。イコライザのバーを高音側は一杯に上げた方が音楽がそれらしく聞こえる感が有ったけど、その感触とも直結している。まあ人の声を聞く分には関係のない周波数では有るけれど。
 高音の低下の理由が知りたくて、ローランドのスピーカと子供が使っている5cm角くらいのスピーカを持ってきて試験してみた。
 ローランドのは妹が勤めていたときに持って帰ったヤツだと思う。金属製?の箱に入った10cmくらいの重いPC用のスピーカ。ところがこれでも高音側は7kHzあたりから落ちていく特性にしか成らない。
 それならと、スピーカ部分は3cmくらいしかないツイータとしか思えない子供のヤツで試してみても、やっぱり高音が出ていない。

 色々悩んだ末に、SP出力を抵抗で分圧してその信号をマイク入力に加えてみた。この状態で同じ試験をした結果がこれ。
04102  サウンドカード単体の状態でも、既に10kHzで12dBくらいレベルが低下している事が解る。オンボードのカードなんてこの程度なのかもしれない。
 実際の測定ではマイクの特性も加味される。マイクはこれまたジャンクで買ってきたコンデンサマイクをケーブルに半田付けしてでっち上げただけだし・・・。

 こんなことをやっていたら直ぐに寝る時間になってしまった。それほど興味の有る分野では無かったけど、それなりに面白い。電子部品の測定なんかにも使えそうな気がしてきた。

バイク 22km

| | コメント (4)

2008年4月 9日 (水)

うちのスピーカは正体不明

0409 朝一に病院に行って白血球の検査。密かに4000をクリヤして無罪放免されるかと思っていたけど、現実は冷酷で(笑)ギリギリアウトの3900だった。
 先生も今日で4000を超えて居るだろうと期待していたようで、クソッ骨髄のなんとか抑制機能が強いなぁ。。。とか何とか独り言を言っていた。まあ個人差も有りますから今度は1週間後くらいに検査してみましょうとの事。
 ぎりぎり標準的なゾーンには成ってきたので、明日から少しずつ動いてみようかと思っている。それで体調が悪くなったり測定値が悪くなればもう少し深いトラブルシューティングに移行すりゃ良かろうと思う。

 で、写真はうちのスピーカ。どこかの年老いた学生(笑)が書いていたので私も同じネタをと思って写真を撮ってみた。スピーカ「ー」と伸ばさないのは工学系の人間の癖だけど、一般的にはなんか変な書き方に見えるかも知れないと始めて気がついた。
 このスピーカは松本無線のジャンク屋で買った12cmのフルレンジ?と思いたい防磁型。元がどんな用途用なのか解らないし、音楽に特別な興味の無い人間なのでどうせメーカ名を見ても解らない。1個が500円。
 エンクロージャーは周波数特性を十分に考慮した・・・と言うのは嘘で、3x6のコンパネから左右が作れる事と言う仕様で設計と言うか板取りされたバスレフ型。
 切るのが面倒なので廿日市のディックで直線部はカットして貰い、丸い穴だけは回し引きで汗を掻きながら必死で開けた。中には建材用のグラスウールが適当に張り付けてある。
 コードはジャンク箱の中に転がっていた正体不明のヤツ。エージングが十分なので枯れた良い音がする(笑)。先にステレオミニプラグを付けてパソコンのオンボードサウンドカード出力に繋がっている。上に載せてある各種のウエイト類は各音域毎のダンピングを調整している。
 このスピーカで一番良く聞くのはWindowsの警告音だし、次に聞くのもMP3にした英語の教材だったりするので、人の会話が聞き取れればそれで十分だったりする。たまに音楽を聴くとしても、竹内まりやのUNIVERSITY STREET聞いてヤベェよ30年くらい経ったよ。と愕然とするくらい(笑)。

 雨で筍掘りも薪割りも出来なかったので、畳の上で柔軟体操と筋トレを少しだけやってみた。

| | コメント (4)

2008年4月 8日 (火)

筍9本

 昨日今日と仕事が忙しかった。いつもは年末の方が忙しいのに何故だろう?

 だいぶ調子が良くなったような気がしたので、少しずつ動き始めている。今日は筍を見に行ってみた。猪の楽園なのは変わりないけれど、気温と雨のおかげか筍の量も少しは増えている感じ。猪の見落としがポツポツと見つかった。
 まだ小さな筍ばかりだけど9本見つけた。食べるにはこの位のサイズと量がよい。1本でkgの単位有るようなヤツだと運ぶのも食べるのも少し嫌になってしまう。
 もっと沢山出てきそうだったけど、薄暗くなって下が見にくくなってきた。籠も袋も持ってきてないので持つのも辛い。今日はこの辺で止め。
 山から出たらまだ明るかったので、裏に置きっぱなしの薪を少しだけ割って今日の仕事はお終い。
 久し振りなのでちょっと疲れた。特に大腿四頭筋あたりが直ぐに疲れるような気がするのは何故だろう。肩廻りはそうでもないのに。

| | コメント (0)

2008年4月 7日 (月)

ダイソーの携帯電話充電器

0407 取りあえずもう少しお休み。これで1週間以上動いていない。最初の頃は調子が悪かったのもあって食事の量も少なく、体重も腹囲もほとんど変化無かった。
 ところが、ここ数日は少しだけ調子が戻ってきたのと、血液の数値を上げたい気持ちがマッチして、食べ過ぎの傾向にある。食事の量はそれほど多くは無いのだけど、運動量が少ないので相対的に余剰分が出る。
 と言うことで結果的に体重が増加して立派なお腹周りに成りつつある。まさに似非アスリートその物の体型かもしれない(笑)。

 これはダイソーに行ったときに買ってみた携帯電話用の充電器。単四電池を4本使って応急的に充電するらしい。どういう回路なのか興味があったし、100円なら最悪でも電池ケースとして使えば良いと思って買ってみた。
 開けてみてびっくり、こんな回路だった。これを回路と呼んで良いのだろうか・・・。逆接防止用に整流用ダイオードが1個、電圧と電流のつじつま合わせ?に0.5Ωの抵抗が1個だけ入っている。やはり電池ケースにしか成らなかった。
 携帯電話の仕様を調べたことは無いけれど、流石にこれはヤバくないかい?と言う感じ。全ては本体側で制御しているからOKなのだろうか?

 こういった内容の商品が有ることは把握しておかないといけない。今の世の中にはこの手の充電器とか(電源としての)USB代用品とかが氾濫しているけれど、しっかりした内容の物も有れば酷いのも有る。
 USBの代用品をいくつか調べてみたけれど、激安品の中には規格をオーバーしていたり、どう好意的に見ても最初から規格なんか頭に無いでしょ、と言うような商品も有った。
 この手の商品を改造して他の用途に使っている人のページが沢山あるけれど、そんな人は中身を確認して把握しているからほとんどの場合問題ない。怖いのはそれを真似て「同じ様な」アダプタを使って同じ事をしてしまう人達の存在。

 同じ様な事はオートバイのレギュレータとか点火装置に関しても言える。たまに相談を受けるのだけど、後者の人達は整流機能の有無、フィールドコイル式か永久磁石式か、単相か三相か、なんて全く考えていない。
 点火装置に関してはもっと凄い状況にあって、最近の若い人達は「点火装置」の事をCDI、CDIと言うから話がなかなか通じない(笑)。それにゲームの影響なのか、高性能な何かをポンッと付ければ性能アップすると考えている感がある。
 こう言うのって理科の時間を増やしたくらいでは解決せんと思う。理科的な「考える力」と言うか「考えようとする力」の部分じゃ無かろうかと。。。
 今日は年寄りっぽい文章で纏まった(笑)。

| | コメント (2)

2008年4月 6日 (日)

徐々に・・・

 今日は上有木の総会の日。こちらに来て最初の年から参加はしているけれど、何となく爺さん達の議会ごっこと酒飲み会のイメージで良い印象は無かった。
 ところが今年は少し違っていた。今までの悪い言い方をすれば「長老に聞く」やり方を改めて規約を作る動きが有った。組合費も見直されて少し減った。関係者の飲み代に消えていた盆踊りの金も会計に入れて公開されるように成った。。。等々。
 総会も少し若い人が議長をやってテキパキと進む。少し気分がよい。新しく制定された規約に関しては、きちんと投票まで行われた。それで居て去年よりも総会の時間は短かった。田舎の村だけど少しは進歩してきている。良かった(^^)。
 今日は99軒の集まり。来週はその下のグループの総会。13軒しかない。こっちは完璧に総会と言う名目で昼間っから飲みに行く集まり(笑)。
 終わった後の小宴には参加せずに帰った。私だけじゃなくて8割くらいは帰った感じ。貴重な日曜の時間を他の事に使いたい人が自分以外にも沢山いて少し気分が楽になった。
 酒が出ているというのに2年前は沢山の車が公民館に止まっていた。でも今日は2台しか止まっていない。素晴らしいじゃないか。こういった部分でも進歩している。

 気分は割と良い。でも無理にトレーニングして次の検査で悪い数値が出たら気になる。それにそう言う状態の時のトレーニングは意味が無いのも事実。そんなときはゆったりと過ごそう。
 納屋の屋根に竹が数本倒れかかって居たので、息子達を引っ張り出してそれを切り倒した。最終的に枯れた竹を4本倒した。納屋の裏だけでも切りたい竹が30本くらいはある。全部の山を合わせるとこれの何十倍有るのだろう・・・気の長い話だ。

 そう言えば昨日の夕方にRAMから荷物が来た。一番長いのなんか半年くらい待った荷物。今までもそうだったけど、良く出るセット物は良いけど変な小物を頼むと納期が滅茶苦茶。今回は特に悪い。オーストラリアのディーラーのページに「アジアパシフィック」なんて書かれ始めたので、これに関係して変な動きでもあるんだろうか。
 以前に某社のUSBアダプタの時には、国内ディーラーが出来た途端に失礼な対応をされたり、その時の販売価格以上の仕切価格を提示されたり・・・と、良い印象は無い。
 と考えながら荷物を整理していたら品物が足りない。インボイスを良く見たら「***は現行商品では有りませんから除外しました」なんてシレーッと書いている。金を送るときには何も言ってなかったくせに。。。やっぱり国が違うと考え方が違うのを痛感する。

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

差動プローブ

04051 朝一番に病院に行き白血球の値を調べて貰った。今朝は3500と順調に増えていて一安心。先生の見解としては新たな検査などはせずに様子を見るらしい。来週の中頃に自分なりの閾値である4000に達しているかを見たいのでもう一回来いと。
 前回の診察で先生が言ったように、何らかの(インフルエンザ?)ウイルスにやられていた可能性が高まった。日曜日には2000を切るくらいまで落ちていたのかも知れないと先生は言う。
 お腹や背中の軽い違和感に関しては、次の検査までに軽くならないようならもう一度相談してみよう。WBCの数値とリンクして軽減するようならそれはそれでよい。

 WBC=3500では普通の最下限なので積極的なトレーニングは止めにした。その分変な実験が進む。
 昨日の心電計はイマイチ綺麗な波形にならないので一旦中止。OPアンプは引き抜いて、当初の目的の差動プローブを作ってみた。
 こっちは出来上がった計装アンプ用ICを使ってゲインを1で組み上げるだけなので超簡単。仮組で使ってみると1:10の方が使いやすいように感じたので、差動入力に2.2M、1M、6.8M、の3個の抵抗を入れて1:10に落としてみた。
 本来なら両側の抵抗は4.5Mを2個準備すべきと思うけど、手持ちが無いし簡単に入手できそうに無かったので、片側は2.2Mで反対側が6.8Mと変則的な配置に成ってしまった。倍率には影響は無いけれど、最大入力値に左右の差が出てくるんじゃなかろうか。

04052  なんでまた、機械屋のくせにこんな変なプローブを作る必要があるかと言えば、このグラフのような実験を直感的にやりたかったから。
 これはコイルに印加された電圧と電流のグラフ。電圧はコイルの両端を測定すれば良いけれど、高級な電流プローブなどを持たない場合の電流は直列に入れた抵抗の電圧降下を測定するしかない。そうすると普通のオシロでは何処かが短絡して旨くない。
 色々と工夫すれば何とかなるけれど、それでは直感的につなぎ替えることや直読する事が出来ないからめんどくさい。と言うことで絶縁プローブ的な意味で差動プローブが欲しかった訳。こうやって書いても、そのシチュエーションを体験した人しか意味が全く分からないと思うけど。。。

 私は「知恵の人」ではなくて「手の人」だと思う(笑)、トランジスタ入門的な本を何回読んでも解らなかった事が、オシロを入手してトランジスタの回りにプローブを当てたら直ぐに理解できた経験がある。
 この差動プローブが出来たことによって、交流理論とかその辺の分野への理解が飛躍的に進むだろう(笑)と自分に期待している。

 取りあえず食事と睡眠と柔軟体操にだけ気をつけて生活しよう。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

自分で心電図

04041 数ヶ月前に簡単なFETプローブでも作ろうと思い、秋月からINA118という計装アンプを買っていたのを思い出した。今日はプールに行かない事にしたので袋を開けてみたら、凄く面白そうなアプリケーション例が載っていた。
 こりゃあ作るしか無かろうと思って、作ってみたのがこれ。腕の電位差を差動アンプで増幅する仕組み。INA118は抵抗がきちんとトリミングしてあるので差動アンプ自体で悩む必要が無いのは嬉しい。
 脚の電極の回路構成が良く解らないけれど、両電極のコモンモードノイズの平均を取ってボルテージフォロワで一旦受けて、それをシールドに注入。同じ電圧をマイナス40倍くらいに増幅して右足にも注入??と言う感じ。
 なんか良く解らんけど、12V電源なので死ぬことは無かろうと思って、自分の身体に電極を張り付けてみた。メーカー品の計装アンプを使ってもノイズが酷い。この辺りはアナログ的な纏め方とかノウハウの世界なのだろうと思う。

04042  しばらく弄っていて一番綺麗に採取できたデータがこれ。1歳の息子が喋った内容に近くて当事者以外には判読不明。でもよくよく見ると5拍が記録されていることが解る。だって私は製作者だから(笑)。
 実は自作心電計に関しては今までにも汎用OPアンプを使って何回か実験はしていて、全くデータが取れなくて諦めて居た分野だったりする。今回は流石にメーカーのアプリケーション例だけ有って。取りあえず心電図の様な物は取れた。
 後はアナログ的にきちんと纏めていけば、凄く汚い心電図くらいは取れるように成るんじゃ無いかと思っている。ちょっと嬉しい。

| | コメント (2)

2008年4月 3日 (木)

取りあえず様子見ましょう

0403 朝一番に血液検査の詳細結果を聞きに行ってきた。診察券には08:30からと書いてあるのに、08:00には患者が集まってきて診察が始まるのが凄い。
 診察室に入りかけたら中から先生が「ミツヤスさん異常ない!」と大声で叫ぶ。WBCの値は病院の機械と同じで2800と出ていた。白血球の組成に関しては変なところは無いらしい。
 CPKが高くないのは数日間激しい運動をしていないので当然か。GOTとGPTも低くは無いけど基準内で取りあえず肝臓は壊れてない。CRPは0.08とかなり低めで変な腫れっぽい反応も無いと。。。
 胸に聴診器を当ててリンパ腺をグリグリ触ったりしながら、「数日前に寒気が来たりせんかった?」は、再度インフルエンザの可能性を疑っての発言か?。金曜日のプールではあまり体調が良くなかったこととか、土日はキツかったけど発熱は感じなかった事などを話した。でも体温は測って無かった。定量的じゃない話で済みません。先生。
 結局、「取りあえず様子見ましょう」と言うことになって、土曜日にもういちと白血球を調べることになってお終い。体調も土日に比べたら相当良いから納得できる指示。

 土曜日の白血球の値とか症状によっては、次の検査を考える事に成るのだろうと思う。何のウイルスでも良いけれど、一過性の白血球値の低下ならまあそれでOK。そうで無い場合は、考えられそうな癌のマーカー検査とか胃カメラ系に移行するのだろうか?
 トラブルシューティング的にはプラントの試運転とかオートバイの故障とかと同じ流れを感じるけど、相手が人間なだけに医者という仕事は神経を使いそう。
 先生の説明とその後の復習(笑)で、ここ数日間で血液検査に関して少し詳しくなった。取りあえず明日のプールは、止めるべきやろうな。昨日は風呂にも入るなと言われたくらいだから。

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

白血球減少

0402 トレーニング出来ない状態に関して、色々と悩むにしても情報は多い方が良い。それなら早めに医者に行って何らかの診察結果を得た方が良かろう・・・と考え、夕方に近所の医者に行ってきた。
 私の症状だけでは色々と考えられるみたいで、取りあえず血液検査しましょうと言うことで検査した結果がこれ。白血球値がかなり低い。それ以外は極端に変な値では無いらしい。肝機能系は明日に成らないと解らないそうで、もう一度結果を聴きに来てくれと言われてしまった。

 カルテには今年の1月に親子で調子が悪かった時の記録が残っており、その時はWBCとHGBだけ検査している。その時のWBCは6700有って正常範囲。と言うとこで1月以前からの慢性的な数値ではない。
 以前入院した時と同じで、肝機能低下と白血球値の急上昇というシナリオに関しては取りあえず否定された。この時期の白血球低下だとインフルエンザウイルスを疑うらしいけど、発熱が酷くは無いのでうーんと言う感じらしい。
 先生はいくつか追加の測定項目に関して指示を出して居たようなので、明日になるともう少し詳細な結果が得られるのだろうと思う。

 明日に一応の結果が出たとしても、追加の検査が必要に成ったとしても、どっちにしろ今の白血球値でトレーニングをする意味は無さそうだと判断した。退屈だけど柔軟体操を中心に繋いでいくしかない。
 日曜日がピークのインフルエンザだったとしても、普通の体調に戻るまではしばらく掛かりそう。と言うことは錦帯マラソンをキャンセルして結果OKだったと言う事だろうか?

| | コメント (4)

2008年4月 1日 (火)

エイシン 自己破産

0401 昨日始めて知った。エイシン本体もツール王国も全部自己破産だと。。。最新カタログが来たばっかりなのにねぇ。
 安物だから後々の部品供給とかは期待していないけど、うちのバイクリフトはここから買ったヤツだったりする。次の半額セールではサンドブラストでも買おうかと企んでいただけに痛い。
 そう言えば去年の度重なるセールのちらしを見て、この書き方って現金が欲しいのかね?と嫁さんと話していたのを思い出す。その時に在庫がありそうな商品を、代引で注文しまくっておけば良かった(笑)。

 体調はあまり良くない。ただの風邪じゃないかもしれない。なんとなくやる気のでない感じとかが、15年ほど前に肝機能が落ちたときの状態に似ているような気もする。でも今回は熱は出ないし食事は取れている。
 あのときは日新呉の連酸改造をやっていた時で、頑張って設計と現地出張を繰り返していたら倒れてしまった。検査して即入院。自己管理の出来ていない典型で情け無い。
 少しは年を取ったのだから、落ち着いて自分の状態を見つめて対処しないといけない。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »