« 強・弱・強・弱 | トップページ | ヘッドライト・テールライト »

2008年2月20日 (水)

背中の心拍数

0220 最後のほうになって電話がかかってきたりして忙しかった。出るのが遅れたので今日は短めにピリッとした練習でもしようと思い、久し振りにトヨタグランドに行ってみた。
 天気も良いしグランドコンディションも良いのに誰もいない。ガンガン走りたかったけど、ここまでの道で既に脚が怠くて仕方ない状態になっていた。どうも昨日の揺さぶりが効いて居るみたい。
 じゃあ、それなりに走ってから帰るかと思い直し、フットポッドの精度検証などをやりながらトラックを何周か走った。実業団もRCも居ないので好きに走れて好都合。
 最初に500mの外周路で補正を行い、次に色々なペースで400mのトラックを走ってみた。今までと同じ様な感触で、ペースが遅いと甘めの表示になって、ペースが速いと厳しい表示に成る傾向がある。
 キロ4分10秒くらいで走ったら400mトラックが395mくらいに成ってしまい、キロ7分くらいで走ったら415mくらいに成る。400mの5%が20m。2.5%が10m。まあスペック内に入っている感じ。

 帰りは試験ついでに心拍センサを背中側に付けてみた。実はこの状態で走ったことが無い。GARMINを初めとして各社の説明書には、旨く行かないときの例として「背中に付けてみろ」と言うのがある。最初に読んだときは英文の意味を取り違えて居ると思ったけど、何回読んでもそう読める。
 家の中で試してみたら、確かに背中からでも心拍を拾ってびっくりしたことがある。今日はその状態で峠を越えて帰ってみた。
 最初の2本の細いピークは100mの流しの部分。その後の180くらいまで上がっている部分は峠の登りなので、そんな物かもしれない。でもその後に190どころか200を超えている部分が有るけれど、ここは下りの所なので何か可笑しい。
 私の身体に対しては、背中よりも胸のほうが綺麗に心拍数が拾えるような感じではある事が解った。これからも何回かやってみて、試験データを積み重ねてみようと思う。

ラン 13km

|

« 強・弱・強・弱 | トップページ | ヘッドライト・テールライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強・弱・強・弱 | トップページ | ヘッドライト・テールライト »