« 50歳 | トップページ | ゴーグルの替えゴム »

2008年2月17日 (日)

近所の山

0217 昨日の夜、寝付くまでに明日は自転車に乗ろうと思っていた。出来るだけ長い距離を。でも朝起きたら外気温時計がマイナスを指していて、小雪もちらついている。潔く(笑)遠出はやめ。
 先日の続きで赤木峠の往復をやることにした。ここなら家の目の前なので、寒くなったら帰ることが出来る。
 先日はスチールのロードだったけど、今日は本番用のスペシャ。下から上までDHポジションで行く。当然アウタートップで。
 先日よりも少しだけ楽にあがれるような気がした。時間もあったので今日は5本あがった。後でデータを見てみると、筋力がボトルネックに成っているようで、アウタートップでは心拍数が145拍くらいまでしかあがっていなかった。
 スチールのロードとスペシャのクランク軸の重さを比べてみた。全質量比×Fギヤ比×Rギヤ比=67/64×50/52×13/12=1.09となった。やっぱり先日のほうがクランク軸は重い。
 でもクランク半径まで考慮すると、1.09×152.5/165=1.01と成ってペダル踏面の力はほとんど同じ事が解る。
 この条件で今日のほうが楽に感じたと言うことは、152.5mmのクランクは私にとって悪くない長さと言えるのかもしれない。

 5本で指の先がカチカチに凍ってしまったので、家に帰って昼飯を食べた。食後は薪を作ったりした後、長男のMTBを持ち出して近所の山を走ってみた。
 薪の搬出のために裏山に造った道を走ってみた。赤木峠よりもキツイ。楽しむどころじゃ無かった。裏山は直ぐに止めて近所の橇とか軽トラが通る様な道に進路変更。
 こっちはそれなりに走れるけれど、やっぱりペースを上げると赤木峠よりもキツイ部分が多い。筋トレにはMTBで山に入った方が良いかもしれないと思った次第。

 軌跡はハンドル前に水平に付けたeTrexHのデータ。継続して受信できているので感度の高さが伺える。でも軌跡自体は何らかのフィルターがキツいような、素直じゃない何かを感じる部分が有る。
 この素直じゃ無い部分は受信状況が悪い時に特に感じる。受信が良いときは従来の機種とほとんど差は感じない。受信状況が悪いときに、従来機種はロストするけどeTrexHは受信を続ける。でも60や76の「X」モデルのほうが素直なデータに成ることが多い。
 FR305も受信を続けるのだけど、こっちは山の中だと小さなギザギザが被さった様な軌跡になる。このギザギザは60や76の「X」モデルよりも大きい。
 こうやって書くとeTrexHがあまり良くないようにも思えるけれど、価格とサイズ等を考慮すると十分過ぎるほどの性能が有る。

バイク 37km

|

« 50歳 | トップページ | ゴーグルの替えゴム »

コメント

お誕生日おめでとうございます。
昔は人生50年だったようで,今でも50歳というと,20歳と同じように節目を感じます。
多分,20歳が大人と子供の境目のように,50歳はお年寄りか,そうでないかの境目なのだと思います。(実際,今でも平均寿命が50歳という発展途上国があります。)
しかしあの急な山の中を自転車で走り回っている年寄りってのも,なかなか居ないですね。

投稿: スパイクのいず | 2008年2月18日 (月) 12時04分

 ありがとう御座います。今の50歳はそんな感じですね。だからこそ大まかな大会でも50歳は切れ目に成っているのだと思います。

 あの山はだいぶ整備が進みましたよ。斜めの竹を倒してずいぶん林内が明るくなり、総延長350mくらいの道が出来ました。この道を徐々に延長して行って、最後はクロカンとMTBのコースにするのが小さな夢です(笑)。

投稿: みつやす | 2008年2月18日 (月) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50歳 | トップページ | ゴーグルの替えゴム »