« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

Forerunner50

0131  今日到着した荷物にテスト的に取ってみたFR50が入っていた。FR405はまだなので取りあえずFR50を試してみる予定。
 FR50はGPSが無いだけとも言えるけど、GARMINでは初のフットポッドによる距離と速度検出を採用している。この部分への知的好奇心とランナーとしての使えるの?と言う気持ちの検証も兼ねて。

 本体のサイズは普通のスポーツウォッチに成った。キャットアイの腕時計タイプに非常に良く似ている。質量も軽い。スペック上も装着した感じでも軽い。でもフットポッドの重さも足してしまうと、人間一人当たりの質量増加はそんなに減っては居ない(^^)。
 人によってはつま先に近い質量増加の方を嫌う人も居るかと思う。私はそれほど感じなかったけど、「べろ」を介して感じる硬い物が有る感触が少し嫌だった。
 今日のトレーニングは左手にFR305、右手にFR50を装着して走ってきた。何回も両手を見比べながら、必要以上にペースを上げ下げして走りきった。トレーニングに成らない様な気もしたけど、ペースを大きく変化させるのも悪くないような気がした。
 フットポッドはキャリブレーション無しの状態。キャリブレーションは任意で、やれば高精度が期待できると書いてあったので、取りあえずは標準設定で走ってみる。
 家からおりていく坂道では両方のペースはかなり違う。小さくてぐねぐねした道ではGPSのペース表示が乱れがち。自分の感触的にもポッドの方が近いような気がした。
 しばらくはキロ5分前後のペースで走る。この位だと両者は非常に近い値を示す。最大でもキロ10秒違っているくらい。ポッド方式もなかなか実用的じゃ無いかと感じる。
 少し挙動が違うのは信号の停止。止まるときはゆっくりであっても急停止で有っても、両者は同じ様な感じで、身体の動きから1-2歩遅れた感じでゼロになる。
 走り出したときはポッドの方が反応が良い。数歩で実際のペースに付いてくる感じ。GPSの方は20歩くらいでやっと追いつく感じ。
 ペースを変えたら両者の癖というか、私の走り方の癖というか、GPSとポッドの間に差が出てきた。速く走った場合、GPSは3分40秒に対してポッドは3分50秒的な表示になる。速歩き程度の場合、GPSは12分30秒に対してポッドは11分00秒的な表示になる。
 私の走り方の場合、ペースが速いとポッドが厳しい判定を下し、ペースが遅いとポッドが緩い判定を下す傾向に有るように感じた。

 取りあえずファーストインプレッションはこんな感じ。予想以上に大健闘で使えるんじゃないの?と思ったけど、地図に軌跡が出ないし、距離誤差が累積していく本質的な部分はいかんともしがたい。
 名前はForerunnerシリーズだけど、今までのGPSベースのForerunnerではなくて、スポーツウォッチの延長線上に有るような気がした。
 その意味では機材オタクのランナー(笑)ではなくて、ペース感覚を身につけたいと考えている普通の初心者ランナーに受けるんじゃないか?と感じている。
 こんな予想はだいたい外れるけどね・・・。

ラン 14km

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

謙信の塩

0130 何時かのブログに、古いアシックスのシューロックは使えないと書いたからか、我がライバルが送ってきてくれた新しいアシックスのシューロック。
 デザインも透明で以前よりもすっきりしている。指で鋏んだ感じではバネも強い。ちょっと期待できそうな感じだった。早速RC-800Bに装着してみたのがこの写真。
 RC-800BだからNBのシューロックが相性が良さそうな物だけど、私が使っていた3個は3個とも本体が微妙に変形して動きが悪くなっている。材質の問題じゃ無かろうか?と思っている。と言うことでNBにアシックスの組み合わせ。

 今日も寒いけどランニング。ちょっとだけモチベーションが上がってきた感じがある。ウインドブレーカの下はブリーフとTシャツだけ。手袋だけは厚手のヤツだけど、耳を覆う帽子も被っていない。気持ちが高揚すると体温が上がるのか?
 いつもの15kmのつもりで走っていたけど、今度の金曜日に水泳が有るのか無いのかが気になりだした。羅漢橋から宮田の街中までは直ぐなので、ちょっとだけ足を伸ばしてスイムクラブ世話人のオバチャンがやっている床屋に行ってみた。
 「いらっしゃい」と言われかけたけど、直ぐに「あんたか・・・」的な顔に変わる(笑)。ちょっとだけ話をして今月のカレンダーを貰ってから引き返す。
 気分が良い分だけペースが速くなってしまったみたいで、帰りは今までよりも少しだけキツかった。まだまだ強度を上げるつもりは無いので、無理をせずに距離とか時間だけを延ばすように心がけたい。
 新しいシューロックは快調だった。正確に言うと快調なのかどうかは解らないけれど、少なくとも緩むことは無かったし、重いとか妙な装着感が有るとか、そう言ったネガティブな感じは無かった。

我がライバル様。今度はランだけでも負け無いように走り込みます。

ラン 16km

| | コメント (2)

2008年1月29日 (火)

日が長くなった

 なんか寒い。体調が悪かったせいじゃなくて気温自体が低めな感じがする。でも気持ちが前向きなときはそんなときでも走ろうという気持ちになるから不思議。
 今日もゆっくり目に15kmのコースを走る。体調維持とか体重維持とか走る習慣とか、そう言った部分を期待しての15km。きついペースでは無いので気楽に取り組めるのが良い。
 年が明けてから感じていたのだけど、年末に比べたら明らかに日が長くなったと思う。早めに出発する事が出来れば、ヘッドライトが無くても何とか帰ってこれる位の明るさに成ってきた。
 回りが暗いと車とかお化け(笑)が怖いので、どうしても距離が短めに成ってしまいがち。これからは少しずつ距離が伸びて来るものと期待しよう。
 風呂から上がって久し振りに体重計に乗ってみた。怖くて乗っていなかったけど53.7kgと悪くない線を維持できている。でも鏡に映してみた限りでは、お腹の横が弛みがちに見えて格好悪い。同じ体重でも良い調子で動けているときはもう少し締まって見えるのに・・・。

ラン 15km

| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

別大を走るFR201

0128 写真は今度の別大に参加されるお客さんのFR201。別大に間に合うようにとの修理依頼なので、急いで作業中。
 FRやFTシリーズの場合、スピーカ用の小さな穴は筐体を貫通していて、奥の方に薄いシートが貼り付けてある。
 この機械の場合はその部分から汗などが染みこんでしまい、スピーカ本体を腐食して音が出なくなっている。
 別大と言えば森下さんが衝撃的なデビューを飾った大会。「悔しいから、そんな大会に出るほど速い人のは修理してやらない」と言いたかったけど(笑)、商売熱心な私は真面目に修理する(^^)。
 スピーカを交換したら音が出たので他は悪くはない。でも筐体とベルトが擦れる部分が大きく削れている。別大に出るような人の使用時間の長さを物語っている・・・。この部分も程度の良い中古に交換した方が良いかもしれない。

 今日もゆっくりと走ろうと思っていたけど、仕事が終わっても冷たい雨が降り続いていた。かといってパソコンに向かったり旋盤で遊ぶ気分にも成れなかったので、ガレージに3本ローラを準備してみた。
 久し振りに3本ローラに乗る。最初は真剣に怖かった。キョロキョロして落ちるかと思った。手のひらに冷や汗が出た。
 久し振りなので何も考えずに漕ぎ続けた。Tシャツの上にセーターを羽織ってみたけど、流石にじっとりと汗ばんできた。漕ぎながら脱ぐほど巧くはないし、一旦おりたら乗るのがちょっと怖い(笑)。と言うことでそのまま汗を流して漕ぎ続けた。

 自転車にも乗ったしお腹の調子も良くなった。昼間に息子の友人のお母さんが来ていたのでお菓子が沢山ある。調子に乗って少し食べ過ぎた。食事を腹八分目にしていても、お菓子を食べていては意味がない。反省しよう。

バイク 17km

| | コメント (2)

2008年1月27日 (日)

気持ちよく15km

 普通に朝ご飯を食べ、小学校の廃品回収に段ボールとか古新聞とか一升瓶とかを軽トラに載せて持っていき、コーヒーを飲んでから午前中一杯は薪割りをした。
 昼食後は大阪国際女子で福士を見てなんか切なくなり、久し振りにチェンソーを持って山に行って薪を切り出してきた。
 帰ってきたら16:00を過ぎていたので急いで着替え、いつものコースを走り始めた。羅漢橋経由の15kmのコースを軽めに走って帰ってきた。天気も良かったので非常に気持ちの良いランニングが出来た。
 良い気持ちだったけど少し抑えて腹八分で夕食を終え、ガレージに行って旋盤のバイトなどをきちんと整理してから部屋に帰ってきた。

 いつもの毎日が戻ってきた。嬉しい。腹の感じは95%までは回復したように思う。このまま腹八分目を維持していけば、腹にも優しいだろうし年末年始で増えた体重も現象傾向に向かうと思われる。
 MCCSから錦帯マラソンの案内が来ていた。今から調整していけばそれなりの体調で走ることが出来るかもしれない。出るか出ないか迷う。どうしようか。。。

ラン 15km

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

復調の兆し

 腹の調子がだいぶ良い。このまま治らないんじゃないかという気持ちがほぼゼロになり、代わりに何時までかかるんだろう?と言う気持ちが大半を占めるように成ってきた。

 土曜日だけどやることが少しだけ有り、その作業をしたり梱包をしたりしていたらほぼ夕方に成ってきた。走ろうかとも思ったけど、薪棚をもう一個作ろうと思っていたのでそっちをやっつけることにした。
 今までと同じで廃材のパレットのサイズを生かした立方体にちかい薪棚。キチキチに詰めたら1.5立米くらい入るのだろうか?
 作っていたら、強電系?の知り合いが来たので話しながら作業を続け、もう一個を完成させた。なんか色々と面白い物を作っているらしい。出来たら見せて貰う事に成っているので楽しみ。
 トレーニングはしなかったけど、作業で適当に身体を動かしたので悪くない感じ。無理をしないで徐々にあげていこうと思う。

 晩飯を食べてそろそろ風呂にでも入ろうと思っていたとき、旋盤を確保してくれた知り合いがやってきた。北九州まで行った帰りらしい。なんか今日は北九州の帰りに寄ってくれる人が多い(^^)。
 昔の話とかモーターグライダーの話とか五島の空港の話とか、色々話した。この友人も電動のヘリを持っている。しかも車に積んでいるらしい。テールがピッチコントロールのタイプ。
 どうして我が家にやってくる人間は、車にこんなおもちゃを積んでやって来るんだろうか。精神的にも経済的にも非常に迷惑である(笑)。
 現物を見て飛ばしてみたい衝動に駆られたけど、既に深夜でもあったし今から長崎まで帰ると言うことなので今日は見送った。今度じっくりと見てみたい。

 寝る前に成って強烈に腹が減ってきた。良い感じである。お菓子を食べたくなったけど我慢した。少しだけ大人になった。

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

快方には向かっている

 腹の下がりが悪い現象。具体的には胃の内容物が次の食事時になってもまだ半分くらいは残っているような感触が有った。実際にもそんな感じじゃ無かったかと思う。その状況に今日は少し変化があった。
 次の食事のタイミングでは、胃の内容物が9割は無くなっている感じがある。空腹でたまらない感じはまだ無いけれど、少しは前進したと思われる。
 胃に関するもう一つの変化は胸焼け。今までは下がりが悪くてむかむか感に近い物だったけど、それが無くなって軽い胸焼け状態を感じることが有った。
 もう一つは腸に関する変化も有った。それはあまりに多量の屁が出ること(笑)。とにかくこれだけの量が何処に入っていたのか解らないし、こんなレートで発酵か分解が進むとも思えないくらいの量の屁が出る。
 全般的な気分はだいぶ良い。食欲も増えてきた。そこで今の状態を自分なりに考えてみた。風邪や嘔吐下痢の余波なのか、新しいインフルエンザの影響なのかは解らないけれど、胃腸の動きが停滞していた時期があった。その次の段階として今は動き始めて何らかの変化が発生していると。
 医者ならお腹を手で押してみただけで、何かが解るのかもしれないけれど、自分でお腹を押しても良く解らない。
 又は何か悪い状態の始まりかもしれない。我が家は胃ガンの家系?なのでこの辺は怪しいところはある。

 だいぶ気分は良いので今日も走った。西中から裏の峠を越えて、トヨタグランド経由でぐるっと回って帰ってくるコース。
 厚着でゆっくりペースで走って居たけれど、それでも途中でなんとなく嫌になってしまい、トヨタグランドから1kmほどは歩いてしまった。
 今はそれでも良いと思っている。ここで無理をしても始まらない。故障中のワンジルは私と併走できる位のペースでジョグをしていた。こういう部分で私は無理をしがちな性格である。その割りに次の段階でもう少し強度を上げて継続的にやらないといけない部分が頑張れない。
 精神的な構造改革が必要かも。

ラン 9km

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

本当の鉄人

 朝一番に電話が鳴った。自転車に付けるGPSに関して話を聞きたいと。飯塚から自転車で来るとの事だったので、今までと同じようにロードに乗った30-40台の男性だろうと無意識で考えていた。
 11時頃に来客があって出てみてびっくり。ヤマハのパスの横に70歳前後?と思えるオッサンと言うよりもお爺さんが立っていたから。パスには前籠が付いていて、そこにはヘルメットもぶら下げて有る。リヤにはボックスが装着してあって、予備のリチウム電池が入っている。。。
 飯塚からここまでは20kmくらいある。特に今日は冷え込んでいて寒い。普通はちょっと話を聞きに自転車で往復しようとは思わない。話を聞いてもっと驚いた。普通に博多までママチャリで行ったりするらしい。今度は打ち合わせに鐘崎まで行くとか。たまげた。

 GPSの用途は3月に広島を往復する時に使うためらしい。なんかもう開いた口がふさがらない状態(^^)。普通の爺さんに見えるのに元気すぎ。気負った感じもないし普通に自転車に乗っているように見える。そこがカッコイイ。
 話を聞いていると、ここは何処ですか?的なタイプではなくて、或る程度航法的な話の通じる人だった。既に自分でルートも造っているとか。これなら詳細な地図は要らない。予算的な面とも絡めて、eTrexにRAMマウントか型遅れの白黒LegendにRAMマウントのセットに成りそう。
 取りあえず今日はお金を持ってきていないので、又来ますと言うことで帰られた。普通の顔で普通に近所の家に行くような感じで。

 仕事が終わってからはサンリブ近くの本屋に行ってみた。某氏からトラ技がGPS特集だと教えて貰っていたから、トレーニングがてらこれでも買いに行ってみようと。
 本屋で探すけどトラ技が見つからない。パソコンを叩いていたお姉さんに聞いてみたら、パソコンで調べずにボロボロの冊子をめくって調べてくれた。一緒に書棚を探したけど無い。「売り切れみたいです」と言われてお終い。
 こうなるとどうしても読みたくなってきて、赤間経由で帰って赤間の本屋を覗いてみた。以前は有ったと思う本屋は閉まっていた。教育大生は本を買わないのか?
 なんか虚しく帰宅した。食欲はイマイチよろしくない。腹の下がりが悪いというか、極軽微なむかむか感というか、そう言うのが残っている。胃腸に問題が有るのかもしれないし、新たにインフルエンザなどの軽い症状が出ているのかもしれない。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

やっと走った

 やっと走った。2週間ぶりくらいかもしれない。バカみたいに無理をしてはいけないので、ウインドブレーカの下にTシャツとトレーナーを着込んで出掛けた。この状態で汗をかかないくらいのペースに押さえるつもりで。
 いつもの西中経由のコースを走ってみる。500m位までは普通に感じていたけど、1kmを過ぎるくらいから進まない感触が増えてくる。西中まで行った時は止めて歩いて帰ろうかと思ったくらい。
 だいぶ低下している。ゼロから走り始めるオッサンのつもりで、徐々に走る習慣を作って行かなければならない。
 でも、なんとなく嬉しかったのは事実。不調で走れない日々が続いていると、何となく気持ちまで落ち込んでネガティブな思考になってしまいがち。この悪循環を断ち切れただけでも、今日は意味のある1日だったと思う。

 走った日は夜の体温が高めだと感じる。夕食後に旋盤のところに行き、ママチャリの車軸に装着する位置決め用スペーサを2個削りだした。
 その後、昨日巧く行かなかったねじ切りを試してみたところ、同じバイトを使っているのに今度は上手に切れる。今日の材料は鉄筋を削ったやつ。
 鉄筋で巧く行って昨日の片側でも巧く行ったと言うことは・・・、巧く行かない片側だけに焼きが入っていたと言うことかもしれない。訳が解らないジャンクな材料を使っているとこういう事に成ってしまう。素人こそ標準的なきちんとした段取りで物事を進めなければ成らない。再確認してしまった(笑)。

ラン 9km

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

旋盤作業は寒かった

0122 雨がちで走る気分には成れなかったけど、体調は悪く無かったので夕方から薪作りをすることにした。
 トヨタ関連の会社から貰ってきたパレットを分解した廃材。これをストーブに入る大きさに切っていくだけ。作業は単純だけどリハビリの肉体労働としては悪くない。
 屋外の木小屋に入れていた廃材を出してきて切り、屋根続きの方のガレージ内に三男が作ってくれた薪棚へ積み上げていく。これは雨の日や寒い夜に木小屋や裏の薪棚まで取りに行くのは億劫なので、パソコンで言えばキャッシュメモリー的な位置づけの薪棚。

 何となく気分が大きくなって夕食は久し振りにおかわりをした。エネルギーなんかほとんど使っていないのに・・・。
 夕食後は旋盤でママチャリの車軸を削る。だいたいの形を作るまでは良かったけど、両端にBC3/8のネジを切るのが時間がかかった。
 ピッチは26山なので1mmで代用する。まだ127枚の歯車を手配していないし、25.4山と26山ならほとんど差は無かろうと思って(笑)。
 ねじ切りバイトは旋盤と一緒に来た材質不明のヤツしか無かった。端っこが金色に見えるからハイスだろうか?取りあえずこれを研いで削る。
 片方は割と巧く削れたのだけど、もう片方になると切れなくなってきた。直ぐに再研磨をすれば良かったのだけど、面倒なのでそのままゴリゴリやっていたら先が丸くなった。
 そこで再研磨してやり直したけれども、ゴリゴリしたときに雄ネジの山を潰してしまったようで、なんか綺麗なねじ山に成らない。
 どんな作業でも一つ一つの行程をきちんとやらないといけない事は解っている。でも寒くて寒くて気持ちがおろそかに成ってしまった。反省しているけどどうにも我慢が出来なかった。
 精神力が弱いとも言えるけれども、作業環境が劣悪であるとも言える。解決を前者に求めようとするのが古い日本の方式?で、後者に求めようとするのがアメリカ式?かなぁ。。。等と適当な事を考えながら、薪ストーブで暖まってから風呂に入って寝た。

| | コメント (9)

2008年1月21日 (月)

ママチャリの車軸修理

0121 体調は昨日よりも良いけれど、仕事を終えたら何か寒くて運動する気分が失せた。うーん、精神的にもリハビリが必要かもしれない。

 そこで先日壊れた長男の安物ママチャリの車軸を修理してみることにした。取りあえずじっくり眺めてみて、いくつかの案を思いついた。
 ワンも痛んでいるので車軸だけを手配しても済まない。全部手配していたら結構な金額になる。中古の車輪もなかなか無いし、最近は鉄材の高騰で道にも落ちていない。
 と言うことで、深溝玉をぶち込んで新しい車軸でも作ってみようと思い立った。今の車軸はBC3/8。これの谷の径はφ8.49mmしかない。ベアリングとして内径10mmの6200を使った場合、最大応力は1/1.6倍に低下する。さらに12mmの6001を使った場合、最大応力は1/2.8程度まで低下する。
 せっかくなので12mmで行こうと思ったら、引き出しからゴムシールの6001が2個出てきた(^^)。マイレッジマラソンで前輪の車軸に使っていたヤツのスペアかと思う。

 軸は何か?のバイクの車軸から削り出すことにした。たぶんS45C程度の材質は使ってあると思うので、まあオリジナルよりは十分丈夫になると思う。
 晩飯を食ってから旋盤でゴリゴリ削ってみた。寒くて寒くてなんか辛かった。仕事でも無いのにどうしてこんなことをしているのだろうと思ってしまい、あまりに悲しくなったので適当に止めて薪ストーブの前に逃げ帰った。
 軸はこの調子で削れば何とかなりそう。ハブは外側のワンを打ち出したらφ30mmの穴が開いた。6001の外径は28mmなので、28x30のリングを作らないといけない。SGPの25Aが使えそうだったけど、納屋の裏に転がっているのは内部が錆びすぎていて28mが確保できなかった。これだけ買ってくる必要があるかも?

 まあ、こんなことまで出来るようになったと言うことは、身体は普通程度まで回復したと思って良いと感じる。色々とご心配いただきました皆様。おかげさまで元通りに復帰いたしました(^^)。ありがとうございました。
 時間的な経過をみてみると、次男も私もノロウイルスによる嘔吐下痢症状だったと思われる。二人に共通しているのは疲労。次男はクラブでヘロヘロだし、私は咳による睡眠不足でフラフラだった。やはり基礎体力の弱い物から倒れていく訳だ。
 明日から動く方も始めよう。無理をせずに薪割りや歩くくらいから。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

両頭グラインダ台

0120 だいぶ身体の調子がよい。普通の生活が出来るようになった。無理したら走れるかもしれないけれど、ここで無理して変になってもバカらしいのでおとなしくしておく。
 取りあえず今日の私の仕事は、夕方に教育大までセンター試験が終わった息子を迎えに行くことだけ。なんか1日で出来ることは無いかな?と考えてみたところ、放置していた両頭グラインダの台を作ることにした。

 この両頭グラインダ、数ヶ月前に1,000円!で買ったもの。200mmの砥石が使える両頭グラインダが1,000円とは安すぎるけど、まあそれなりの物でも有った。
 ベアリングから音が出ていたので交換。内部の巻線などはエアーを吹かして掃除。左の砥石カバーが無いのでt2.3mmの鋼板をたたき出して製作。スイッチが壊れているので製作。等々。
 銘板も無いのでメーカ名も定格も解らない。電流値から400Wクラスだろうと当たりはつけてみた。メーカー名は解らないけれど、使ってあるボルトナットが全てインチ規格。アメリカ製だろうか?まあ良いけど。
 ここまでやって放置していたので、実用的に使えるように台を作ることにした。12mmの構造用合板が少し残っていたのと、薪用に貰っている中国のパレットの廃材をフレームに利用する。
 適当に組み合わせて切っていき、接合は全て2x4用のコースレッド。剛性を確保するために沢山ねじ込んだ。
 色を塗る段になって何色にするか迷う。夕方にグッデイに行って塗料売り場を眺めていたら、薄い緑色がいかにも鉄工所とか製鉄所とかの機械の色っぽく見えたので買ってきてみた。
 下地は第1種ケレン、下塗りはエポキシ系さび止め2回、上塗りはフタル酸系エナメル2回、塗装色はマンセル***とか、適当に頭の中で遊びながら帰ってきて、塗ってみたらあらびっくり(笑)。
 全然イメージと違ってパステル調のおめでたい色合いに成ってしまった。アハ。

| | コメント (3)

2008年1月19日 (土)

センター試験1日目

0119 長男のセンター試験の日。親としては何もすることが無いし、実を言うと10日ほど前までは今日が試験日だと知らなかった(笑)。

 共通一次も経験していない世代の者としては、試験その物がどういうイメージなのが良く解らない。解らないからあまり興味も湧かない。唯一興味が有るとすれば、長男の機械にトラブルが起きたかどうか。

 その辺は息子も良く心得たもので、帰宅するやいなやテーブルの上にこれを放りだしてくれた。期待したトラブルは何も無かったらしい。
 一回しか聞けないのかと思っていたら、何回でも聞けるらしいので聞いてみた。結構はっきりと聞こえて聞きやすい。これなら故障以外は言い訳には成らない感じ。
 1問はだいたい聞き取れるなぁと思っていたら、2問目くらいで三男が帰ってきて、私の両側で嫁さんと口論的な会話が始まった。
 こうなると私のリスニング能力では聞き取れない。ギブアップである。1:1で丁寧に喋って貰えば聞き取れるかもしれないけれど、雑踏の中で放送を聞き取るような能力は皆無という事が解った。
 まあ、以前から解ってはいたけど。。。

 少食の女性くらいは食えるように成ってきた。先生が出した薬も今日の夜まで。明日からは普通に近くなって来るものと期待したい。

| | コメント (2)

2008年1月18日 (金)

車軸が折れた

0118 まだまだ体調が悪く、発送が終わってから足元が寒いので布団に入り直そうかと思っていたとき、長男から電話がかかってきた。自転車が壊れたと。
 面倒なので(^^)、息子達は雨とかちょっと困ったくらいでは助けを求めて来ないようにしつけてある。雨の日も風の日も自転車で通学して、今まで迎えに行ったのは2-3回しかない。
 その息子が電話をしてくるのだから、まあ仕方のない事態が起こったのだろうとは想像できた。身体はだるくてやる気が出ないけど、軽トラで迎えに行ってきた。
 後輪のベアリングがどうにかなってしまったようで、取りあえず走れる状態では無い。あと12kmくらい残っている地点なので、救助要請も仕方なかろうと言う感じ。

 センター試験の前日の夕方、自転車が潰れてしまうとは何とも象徴的な出来事(笑)。年寄りなら「縁起が悪い」と忌み嫌うかもしれないし、信心深い人なら「**教のおかげで当日ではなくて前日に起こって良かった」と思うかもしれない。。。等とどうでも良いことを話しながら帰宅した。

 当日は分解する気力も湧かなかったので、翌日の午後になって分解したのがこの写真。後輪の車軸がポッキリと折れている。最大応力が加わるまさに最弱断面が折れている。
 断面を良く見ると直径方向に1/5くらいは貝殻状の断面が確認できる。ここまでは疲労的にじわじわと3年かけて進行したと思われる。あとは一気にポッキリと折れてしまっている。
 成るほど・・・と思ったけど、よく考えたら一発破壊に対して安全率が低すぎじゃないか?と感じてしまう。普通に設計すれば、2/3くらいまで疲労破壊が進んでいって、残りが一発という感じじゃ無かろうか?
 自転車の各部寸法はほぼ決まってしまっているので、安全率を左右するのは材料とか加工とか、設計ではなくて工場での比重が高い。と言うことは材質が弱かったのかもしれない。あとでグラインダーで削ってみよう。SS400みたいな火花だったらどうしよう。ハハハ。

 後になって書いているけど、当日はまだまだ書く気力は皆無。

| | コメント (0)

嘔吐下痢

 風邪の末期の咳にプラスして、次男が持ち込んだ嘔吐下痢にやられてダウンです。痛みとかよりも中途半端なむかむか感には耐えられません。流石に病院に行きました。薬飲んで寝てます。

| | コメント (2)

2008年1月17日 (木)

発症

 前日に次男が貰ってきた嘔吐下痢、今朝から私も発症。今にも吐きそうな気分でむかむかしており、身体もキツくて何もやる気が無い。
 ここ2日間ほど夜の咳が酷くて、よく眠れていないのが良くなかったような気がする。やはり基礎体力は大事と感じた。

 痛いのは少しは我慢できるけど、気持ちが悪いのは苦手。午前中に病院に行って薬を貰ってきた。「昨日来た息子さんと同じだね」と言われてしまった。血液検査では白血球は正常値の範囲内。息子はオーバーしていた。私の方がこらえ性が無いと言うことか?
 最低限の発送作業だけやって、あとは布団に倒れこんだ。気持ち悪い。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

湯島天神

0116 昨日の夜は寝付けなかった。咳が定期的に出てなんとも苦しい。このまま治らないんじゃ無いのか?とか、弱気な気持ちが湧いて出る。
 残っているのは乾いた咳だけなので、治らない可能性は低いとは思うのだけど、病になるとやはり気持ちがなんとなく萎えてくるのは弱い人間の性。
 このまま不調が続いてしまうと出遅れるよなぁとか、増えた体重は絶望的だなとか、ネガティブな事ばかり考えてしまう。咳をしては眠りかけて、咳をしては眠りかける事を繰り返した。

 想像してごらん、絶好調なんて無いんだ。
 考えてみれば直ぐに解る。
 絶不調も無い。
 私たちの前には道があるだけ。
 他の選手も同じように
 前に向かって走り続けている。

 寝ながら考えたら、なんか逆に落ち込んだ。ハハハ。

 東京なのか埼玉なのか山梨なのかよく知らないけれど、自称「東京のオバサン」を名乗る私の妹から品物が届いた。湯島天神と書いた「はちまき」で長男用らしい。
 私にとって湯島というのは秋葉原のはずれで、なんか寂れて来て店も無い様な路地に書いてある地名という認識しか無かったけど、こういう御利益も有るのなら有りがたく頂いておこう。
 我が長男は私に似ずにバカ者なので(笑)、こう言うのが大好きで困る。早速頭に締めてニヤニヤしている。晩飯の時もその後もずっとこの格好。もうすぐ試験らしいけど、この調子で本当に大丈夫か??

| | コメント (2)

2008年1月15日 (火)

電波時計

0115 昨日の夜、安売り王ルミエールで買ってきた電波時計。正月は1,480円で売っていたのに時期を逃したので1,990円に成ってしまった。
 何となくの物欲で買ったわけではなくて、ここ数ヶ月ほどダイニングの時計が変になっていることが有ったから。数分とか数時間とかのずれが非常にランダムに発生する。電池を2回変えたけど変わらない。修理にトライするにも、最近のは裏に小さなユニットが付いているだけなので手に負えない感じ。
 と言うことで昨日の夜に食材の買い出しに出たついでに、嫁さんに好きなデザインのを選んで貰った。取説には型番が何処にも書いてないけれど、マルマンのDIMPLEと言う壁掛けタイプ。
 40kHzと60kHzの自動切り替えタイプで、1日に12回補正を行うらしい。受信していないときの平均月差が±30秒なので、スペック通りに動作すれば1月に1回の補正でも最大1分くらいのずれで済みそう。
 まあ、安物なのでどう出るかは解らないけれども、普通の電波時計は既に成熟商品で低価格に成りつつあり、そう言った製品分野では価格の高低と信頼性の相関関係は低いと感じているので、普通に動いてくれるような気がする。
 スペックを眺めていて気になったのが電池の項目。動作電圧が1.3Vから1.7Vと成っているし寿命は単三で1年間。時計にしてはかなり大食いだし、最低動作電圧も凄く高い。安定して使用するには、こまめな電池管理が必要と思われる。

 夜中にもかかわらず、帰ったら直ぐに設置。電源を入れたら針が高速回転する。感動して息子達を呼びつけた。息子達も感動して皆で大口を開けて上を見ている(笑)。
 04:00で停止した後、電波を受信して現在時刻に移行すると書いてある。でも動きが無い。羽金山送信所は我が家から南西の方角。裏のバーアンテナが横向きに成るように時計を斜めにしてみると、再び針が高速回転して現在時刻を示した。素晴らしい!
 でもちょっと問題でもある。南西の方角に向けるには、東西南北に向かって建っている我が家では斜めに取り付ける事になる。これは困る。取りあえず時刻は合ったので1月以内に対策を考えようと思って寝たのが昨日まで。
 今日の昼に実験をしたところ、もう少し待っていればどの向きでも受信できていることが解った。これで安心した。我が家のダイニングでは、どの壁に設置しても受信することが出来る。

 体調は良いのか悪いのか解らない。昨日の夜は乾いた咳が続いてしまい、2度ほど起きてうがいをして飴をなめた。結構キツかった。
 今日起きてからは身体は調子が良くなったのを感じた。仕事は連休明けでメチャいそがしかったけど、途中で数回喉に埃が引っかかったような感じで咳が出た。
 夕方に成るにつれて落ち着きを取り戻しつつあるので、明日になればもう少し良くなっていると期待できる。
 それにしても最近は一度調子が悪くなると、ほぼ確実に一週間かかっているのが情け無い。でもこれが加齢と言うものだから、これに上手につきあえてこそ年齢別での上位進出が見えてくるのだろう。まぁ頑張ろう。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

煙突掃除

0114 今日は先月無くなった叔母さんの四十九日をするらしい。うちの近所のお寺でやって、昼飯はうちで食べるらしい。
 法事には出なくて良いけど昼飯だけ一緒に喰えと言うことなので、例によって弁当と言うには過大な量の昼食を食べた。
 それ以外の時間はずっと裏山の作業と煙突掃除の一日だった。トレーニング的な動きは無いけれど、それなりに運動量は有ったし身体も少しずつ動く気配がある。
 煙突掃除は30分もかからなかったので、ほぼ1日中、山で鋸や鉈やチェンソーを振り回して居たことになる。途中でシャツを1回変えた。風邪引きのすることじゃ無いなぁと少しだけ反省(笑)。

 掃除道具は先日ナフコで買っていた配管ブラシという製品。植物性の繊維かと思っていたら鋼線だった。不用意に触るとささるので痛い。
 うちの煙突はφ106mm。その物は無くて直径で4インチ用、4.5インチ用etc.と有ったので店員に聞くと、ちょっと大きめの方が良いと言われたので4.5インチ用を買っていた。ところがこれが失敗で、ちょっとでもでかいと繊維がトグルみたいな感じに突っ張って抜けなくなる。仕方ないのでペンチで全ての繊維をグチャグチャに曲げて、軽くはいるように改造してから作業した。
 400円位のブラシしか買ってきていないので、裏山からφ20mmで5m位の竹を切ってきてこの先に括りつけた。例の図鑑によるとヤダケだろうか?
 我が家の煙突はストレートなので作業は一瞬で終わる。煤を袋に取るのもめんどくさいし、ストーブの中には触媒も何も無いのでストーブの中に落とした。煙突内部の煤の量が少なかったので期待?はして居なかったけど、期待通りにごく少量の煤だった。
 コップ1杯分も無い。この調子なら1年間は掃除無しでもいけそうな気配。でも簡単に屋根に登って掃除ができるのだから、その気になったら掃除してやろうと思う。

 身体の動き的にはだいぶ戻ってきた感じが有る。喉の痛いみもだいぶ引いた。代わりに乾いた咳が出始めた。ちょっと嫌。

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

タイヤレバー

0113 今朝は久し振りに09:00まで寝た。そのおかげか、何となく身体の動きだけは良くなったような気もする。
 ゆっくりと食事をしてガレージに行った。そう言えばランティスをアルミに変えたときの古い鉄ホイールとタイヤがそのままに成っている。
 タイヤだけにしておかないとタイヤ屋さんは引き取ってくれない。ホイールは最近の鉄材の高騰で廃品回収業者が頻繁に回ってくる。取りあえず外そう。
 工具箱からタイヤレバーを出してきた。2本の先が潰れている。こんなことをするのは我が家に約1名、腰の骨を折る前の仕業だろうか(笑)。叩き棒は沢山用意してあるのに、どうしてこう言ったもので叩くかねぇ。。。
 グラインダーで整形し直してから作業開始。ビード落としの気の利いた工具が無いので、大ハンマーでガンガン叩いて落とした。最近の薪割りのおかげで狙いも良いし疲れも少ない。
 入れる方なら気を遣うけど、捨てるために外すだけなら気楽で良い。4本を外してコーヒーを飲んでいたら昼になったので一旦リセット。

 午後からは裏山の竹切り。ゼットソーの竹切り刃を買ってみたのだけど、安全仮枠と書かれた目の粗いのとあまり差を感じなかった。確かに滑らかに切れるけど、生木が切りにくいので次も買うかと言われたら迷うところ。
 まだまだ間引く段階には来て居らず、枯れて斜めに成ったヤツを切っては引きずり出す作業が続く。切るだけなら良いけれど、引っかかった竹を引きずり出すと100mダッシュくらいのエネルギーを使う。
 咳というか風邪気味な体調は治っていないのに、こんなことをしていて良いのかな?と悩みながら15:30頃まで作業を続けた。
 少しだけ向こうが見え始めたような気がするけれど、50歩100歩のような気もする。先は長い。気楽に行こう。

 夕方はパソコンの出張サポート。三男の同級生のお母さんから電話がかかってきて、インターネットに繋がらなくなったので来て欲しいと。私自身はよく知らない家なのだけど、場所を聞いたらジョギングで裏を良く通る家だった。
 理由までは解らなかったけど、プロバイダのIDとパスワードが何故かリセットされた状態になっていた。そのへんを適当に?復旧してお終い。
 お礼に「まきまきや」のロールケーキを貰った。ちょっとした作業しかやってないのに凄く恐縮してしまう。でもありがたく頂いて帰った。
 この家には大きめの犬が2匹いた。帰りにちょっと遊んでから帰った。犬は良いなぁ、なんか犬を飼いたくなってくる。

 咳が残っているし時間も無かったのでトレーニングは無し。でもタイヤ外しと竹切りの両方で、それなりのトレーニングには成ったと思う。この調子で回復して欲しい。

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

フェリーパイロット

0112 今日の昼前、若宮IC近くの空き地でGPSとRAMマウントのセットを渡した。寡黙で老練なフェリーパイロットは黙って受け取り、ゆっくりと電源ボタンを押した・・・。
 と書くと格好いいけれど現実はちょっと違った。一昨日の夜、飛行機の某教官から電話があり、「172を旭川からフェリーするんだけどGPSも何もないから用意しといて。」と言われた。
 で今日の朝、「明日出るけど用意できた?」とMさん。ハハハ。話が直前過ぎますわ(笑)。とは思ったけど取りあえずGPSとかヨークマウントとかサクションカップとかその他諸々を用意した次第。
 饒舌なMさんは矢継ぎ早に質問を投げかけてくるけれど、喉が痛くていつもの様には喋れない。それでも最低限のMAPをみる操作と、目的地へのGOTOまで教えて別れた。
 大丈夫かな?とは思ったけど、あの年まで飛び続けていると言うことは何らかの"Right Stuff"を持たれているわけで、まあ数日後には元気な声を聞くことが出来るだろうと思っている。

 渡したGPSは航空用じゃなくて一般用。それに空港のデータだけがWaypointで登録してある。このへんのやり方は中日本航空のやり方をまねてみた。航空用GPSはあまりに高いので、一般用を工夫して使用している使用事業者が多いのが事実だったりする。この辺りは個人パイロットの方が裕福にお金を使っている感じを受ける。
 このデータ、ついでなので滑空場や場外着陸場も入れてしまうと良いなと思いだし、ポチポチと作り始めて作業が止まってしまった。
 問題の一つは生きている滑空場と死んでいる滑空場が良く解らなかったこと。もう一つはRJFFみたいな名称をどうすべきか迷ったこと。
 画像は久住滑空場の例だけど、取りあえずSPKJとしてみた。木曽川ならSPKG、妻沼ならSPMNといった具合。備考にはランウェイの方位と無線周波数。この辺のやり方も中日本航空のやり方をまねてある。
 今回は滑空場を「SP**」としてみたけど、これが最適なのかどうか解らない。不勉強なのでもしかしたら法律で決まっているのかもしれない。特に県央飛行場の様な場外着陸場の場合は有りそうな気がする。
 何方かご存じの方、またはこういう名称が良いと言うご意見をお持ちの方、どうぞご意見をお願いします。

 体調は少しだけ良くなったかもしれない。鼻や喉は変わらないけれど、熱っぽさが少し緩和したような気がする。この調子。もう一息。いや、年だからもうしばらくかも(笑)。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

依然不調

 痰は少なくなったけど喉は相変わらず痛いし、熱っぽくてやる気が起きない状態は強くなったような気がする。
 でも何となくじっと寝ているのがやりきれなくて(笑)、朝食を食べたら山に行って竹を5本ほど切ってきた。汗が出てけっこうキツクなり、気分も悪くなった。「俺たちが戦っているのに、いらんことして体力を消耗するな、バカ!」と白血球が怒っていると思う。ゴメン。

 昨日から対応に苦慮する問い合わせがある。某商社に3年前に2個売ったUSB接続のGPS受信機。まともに対応して居るつもりだったけど、そんな回答では駄目と言われる。今になってMTBFとかMILスペックとか言う話が出てきた。
 頭が痛いのも有るけれど、流石に付き合いきれない話なので、「お買い上げ頂いたのは1万円台のGPSでして、そう言う事をご希望でしたら今話題の防衛関係の商社様から一桁か二桁違う商品を買われたら如何ですか?」と言ってしまった。
 商社経由なので話が歪んでいるのかもしれないけれど、3年以上経過して言い出す話じゃ無いでしょと。。。痛い頭がまたまた痛くなってしまった。

 プールの日だけど当然中止。なんもやる気が起きない。

| | コメント (5)

2008年1月10日 (木)

喉が痛い

 昨日の午後あたりから何となく変ではあった。そして夜になるとはっきりと喉が痛かったので早めに寝た。
 そして今日の朝、トイレに行ったら多量の痰が出る。鼻の奥にも溜まっている様なので、鼻を啜ってみるとさらに多量の痰というか鼻水の濃いのが出てきた。喉もはっきりと痛い。鏡で見たら喉が赤く成っているに違いない。
 やる気も起きないので今朝の山行きは止めにして、仕事を始めるギリギリまで布団の中で寝ていた。

 取りあえず仕事を始めたら普通に身体は動いた。昼飯の後に散歩がてら山をぐるっと一周してきた。スパイク長靴は素晴らしい。でもグリップに頼った歩き方に成ってしまうようで、これ以外の靴を履いたときに転けてしまいそうな気がする。
 仕事が終わっても流石にトレーニングは止め。身体がだるくて何となく熱が有るような気がする。ジッとしていると身体に悪いような気がして(笑)、納屋の裏の竹を5本ほど切った。ちょっと身体がキツくなった。止めとけば良かった。。。

 今日も早めに寝よう。明日のプールは止めといた方が良いかもしれない。

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

スパイク長靴

0109 今日は仕事が終わった後のトレーニングは止め。代わりに欲しかったスパイク長靴を買いに行った。
 最近は毎日山に入っている。平日でも朝食後の1時間は毎日山で竹を切ったり倒木を処理したりの毎日。
 今は普通の長靴か防寒用の980円のブーツを使っている。でもこれらは山用じゃ無いので滑りやすく、靴底にスパイクを打ったヤツが欲しかった。

 候補というかプライオリティー的には、スパイク付き、上が締まる、耐水性が有る、耐チェンソー性が有ると嬉しい、つま先に芯が入っている、価格が高くない、などなど。
 ネットで調べてみると、「マジカルフォレスター」と言うその物の商品が有ることが解った。ちょっと高いけどジョギングシューズよりは安い。林業の町でも無いので売っている可能性が低いと思うけど、取りあえず作業服屋に行ってみることにした。
 最初に行った店では2種類のスパイク靴を売っていた。一つがスパイク長靴で、もう一つが軽登山靴にスパイクを付けたような形の物。
 軽登山靴タイプの方が下りでつま先に負担がかからずに良さそうに見えたけど、かなりビチャビチャの時でも行くので長靴の方が良い様にも思えた。
 長靴を履いてみると家にあるゴム長よりはフィット感が有って悪くない。値段も1,990円と意外なほど安い。と言うことで簡単にこれに決めてしまった。
 プロレインスパイクM-30という製品。ネットで見た価格よりもずいぶん安いけど、この手の商品は専門店の方が安い世界なのだろうか?

 帰ってから家の廻りを歩いてみた。スパイクがグリグリ言ってちょっと変な感じ。コンクリの上を歩くと、昔のスパイクタイヤその物のような音と感触。
 そんなことをしていると効果を試してみたくなって、懐中電灯を持って少しだけ山に入ってみた。我ながらバカである(笑)。
 効果は絶大で坂道の安心感が全く違う。スパイクも効いていると思うけど、イボイボ主体のパターンもかなり貢献している様に感じた。
 明日の朝が待ち遠しい。新しい靴を買って貰った子供のような気分(^^)。

| | コメント (2)

2008年1月 8日 (火)

富士重工のカレンダー

0108 去年の今頃、日記をブログに移行したタイミングで同じ事を書いた記憶が有る。今年も同じ様に時間が過ぎていると言うことだろう。
 大学時代に近所に住んでいたY君から、今年もカレンダーを貰った。この手の物が好きな人にとっては垂涎の?一品。ありがとうね、Y君。
 最近は息子達が大きくなったので一人前のことを言う。「これでFAMOUS?」とか、「試作機」とか「試験機」が多いとか。まあずっと続いているのと作者の趣味が相まって、段々と狭くて深い方向に進んでいるのかもしれない(笑)。

 今日も走った。ちょっと長めで15kmのコース。昨日のような脚のはっきりとした疲れは消えていたけど、身体は相変わらず重くて遅い。
 正月の間にだらけてしまったので、1月くらいかけて元に戻して行く必要がある。ああ~、こんなことなら正月の間もサボるんじゃ無かったと思うけど、後になって思うのが凡人の証拠。仕方ない。
 直ぐに体重は落ちないとは思うけど、身体が元通りに動くように成るまではじっくりと我慢しながら走っていこう。暖かい日にはそろそろ自転車にも乗ろう。

| | コメント (2)

2008年1月 7日 (月)

スダジイ

 今朝起きて直ぐに長男の言葉を聞いて驚いた。「今朝は熾で火を付けた」と言ったから。前夜にそれなりの努力をして、その結果としてならそこまで驚かない。でも昨夜は24時頃に寝るとき、炎としてはほとんど消えかけの材が2本ほど残っているだけだったから。
 やっぱり比重の思い広葉樹は違う。椎の木は強い。こんなに長持ちするとは思わなかった。確かに熾火になった状態で、オレンジ色の硬い木炭でも燃えているかのような見え方をする。杉や檜とは全く違う。
 とは言ってもこういった木ばかりを選んで燃やすのは私的にはかっこよくない。山で朽ち果てる運命の木とか、廃棄される建材とか、そう言った内容に高いプライオリティーを与えて薪を収集したいと思っているから。まあ、今回は裏山の倒木がたまたま椎の木だったと言うわけ。
 この椎の木、例の図鑑で調べてみると「スダジイ」と言うのが正しい名称と解った。椎の木は椎の木とばかり思っていたけど、こういった名前が有るとは知らなかった。なかなか面白い図鑑である。唯一使いにくいと思うのは、今回の例で「シイ」では検索出来ないこと。

 そろそろ日常のパターンに戻そうと思い、夕方からは走ることにした。休みの間の仕事が溜まって居たので少しだけ出るのが遅くなったけど、何となく日が長くなった様な気がして年末と同じ様な明るさだと感じる。
 西中で水を飲んでいつものコース。スタート直後から走りが重い。体重のせいとかトレーニングに間があいたせいとは違う気がする。明らかに昨日の搬出作業で何回も山に登ったため、足腰を中心にかなりの筋肉疲労と成っている模様。
 腰回りを中心に使ったような気になっていたけど、ふくらはぎも結構痛いことが解って意外だった。肩廻りが怠いのは薪割りのせい。
 徐々に徐々に、今までのパターンに戻していこう。そうすればきこり作業で強化された筋肉がそれらを下から支えてくれて、去年の私に比べると見違えるようなパフォーマンスを発揮してくれるはず??

ラン 13km

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

搬出

0106 裏山の椎の木を切った時の写真を送ってもらったので貼ってみた。後ろに立っているのが5mくらいの位置で折れた方の幹。右手前に僅かに写っているのがもう片方の幹。
 ほとんど同じ太さの2本の幹が、地面から出た辺りから二股に別れて生えていた。その接合部が裂けるような感じで倒れたのがこの姿。

 今日は朝から搬出ばかりをして過ごした。やりたくてやっているわけでは無いけれど、山の中に放置していても邪魔に成るだけだし、ひとりでに薪には成ってくれない。
 玉切りして裏庭まで運び出し、それをさらに斧で割って乾燥させる必要がある。延々と一日中こんな作業をやっていると流石に疲れ果てた。
 正月休みの最後の日。何も考えずにこういった作業で終わるのも悪くない。走ったり自転車を漕いだりはしていないけれど、体幹部のトレーニングとスクワットを延々とやり続けた位の効果が有ると思う。

 立ち枯れ状態でそれなりに乾燥した枝が有ったので、切って割ってから薪ストーブにくべてみた。既に或る程度の熾が出来ていれば十分に燃えてくれる。この調子なら針葉樹の廃材と一緒に今期から燃やせそう。
 やはり比重の分だけ燃焼時間が長い。コイツが安定して使えるようになれば楽になる。でも火力は針葉樹を沢山入れたときの方が強い感じ。

| | コメント (2)

2008年1月 5日 (土)

新年会

0105 毎年恒例の中村教官宅での新年会。主が居なくなってしまったけど、まあいいでしょと言うことで今年も集まった。
 日程が5日と遅めだったからか、例年よりも少しだけ人数が少なかった気がする。もしかしたら一番五月蠅いヤツがオーストラリアに行って不参加だったので、そのように感じただけかもしれない。

 昼過ぎから集まることに成っていたので14:30頃に長男と三男を車に乗せて連れて行った。次男は高校でラグビーの練習が終わってから自転車で直行。
 メモを作ってしっかりとチェックしていたのに、冷凍してあった餅を忘れてしまった。直前に積み込もうと思って除外していたのが悪かった。こう言うのが老化の始まりかもしれない(^^)。
 アヤちゃんが後で取りに行くと言ってくれたけど、奥さんから何といわれるか怖かったので直ぐに取りに帰った。片道が20-25分なので気が楽と言えば楽。

 今年の主役はスウェーデンハウス住人T氏の双子の兄妹。ちょうど歩き始めて可愛い盛りだったので、何時も皆の注目を集めていた。息子達にもあんな頃があったはずだけど、もう完璧に忘れてしまった。
 もう一人の主役はアヤちゃん。今年で27に成るということから、「結婚しろ」「良い人は居ないのか」攻撃に悩まされていた(笑)。居づらくなって子供の部屋におりていくと、今度は「26歳!」攻撃を受けたらしい。
 ゆっくりとワインを飲み、広末的にアゴをツンッと出し気味に喋る姿は悪くない。でも「若い子とは話が合わない」とか「コンパで打ちひしがれて帰ってくる」等の発言を聞くと悩んでしまう。何故ならここにいるメンバーは皆、「宿舎で彼女の面倒を見て育てたのは俺」と思っているヤツばかりだから(笑)。
 こうなったら各自がお見合いの相手を探してきて、写真とスペックを比べようと言うことに成った。果たして彼女に釣り合う男は居るのか??

 帰ったら24時を過ぎていた。遅くまで御免なさい。散らかしたままでさらに御免なさい。また来年も行きます。

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

玉切り

 昨日倒した巨大な椎の木。中途半端に枝で浮いた状態で倒れている。これを怪我をしないように搬出して薪として利用しないといけない。想像通りにけっこう厳しい作業になった。
 まずは邪魔になる竹を切って邪魔にならない場所に片付けていく。これだけで午前中一杯くらいかかってしまう。それでも綺麗に片付いた訳じゃなくて、取りあえずの通路外に出しただけ。
 次は浮いていて荷重のかかっていない枝を落としていく。モーメントのかかり方を想像し、その枝が何処に落ちるか、落ちた後に残った本体がどう動くか、等を考えながらチェンソーを入れる場所と向きを考えた。チモシェンコの演習問題を沢山やっていて良かった。
 こうやって地道にシンプルな姿にしていき、最後に太い幹の部分を切った。下に曲がろうとする場所だったので、上にV型の切り込みをいれてから下からチェンソーを入れた。ビキビキ言い出したので逃げたら綺麗に折れて、両側とも地面にべったりと落ちた。これで取りあえず完成。
 これよりももう少し難しいのがもう一組残っている。こっちの方が幹が太く、地面から浮かんだ高さも高い。正常に予定通りに落とすことが出来たとしても、結構な恐怖心があると思う。軽く失敗すると怪我をしそうだし、大きな失敗をすると死んでしまうかもしれない。でもこれは自転車に乗っていても同じ事だから、細心の注意をはらって取り組んでみよう。

 朝から夕方まできこりをやっていたので、身体は十分すぎるほど疲れていた。でも運動的な動きは無かったので3日ぶりに走ってみた。
 いつものコースをぐるっと回って帰ってきた。取りあえず正月でメタメタになった体調の維持と体重の維持が目的。
 西中の裏の峠を越えてトヨタグランドの方へ向かって走っているとき、一人のランナーとすれ違った。ニューイヤーで4区を走った岩永選手に見えたのだけど、流石に今日は休みじゃ無かろうか?それともすでに自主トレなのだろうか?。あの最後の粘りを思い出だせばやっぱり本人だったのかもしれない。
 帰ってからシャワーを浴びているとき、恐る恐る鏡を拭いたらお腹のたるんだオジサンが居た(笑)。これはいかんぞ。キツイ作業を続けては居るけれど、エネルギーを消費するような運動は少ない。食事や間食の量は増えている。そろそろ見直そうと思うけど、似非アスリートの私は6日の夜までは良いことにしておこうかとも思う。

ラン 13km

| | コメント (3)

2008年1月 3日 (木)

空撮日和

0103 朝の気流が静穏なうちに近所の空撮開始。AVRを使ったインターバルシャッターを搭載したEXILIMを搭載した機体を飛ばす。
 電動機が飛ぶところは見たことが有る。でもこの分野でも技術は進歩していた。おもちゃっぽい機体ではあるけれども、それなりのサイズのペラが付いている。ギヤユニットは無しでダイレクトらしい。モータはなんとブラシレスモータだと!。しかもそれが数千円から売られて居るらしい。またまたびっくりした。
 離陸の状態を見ていてもパワーは十分。以前のモーターグライダーの様な上昇ではなくて、昔の09とか15クラスのエンジン機と遜色ない。凄いの一言。ひまし油の汚れに悩まされる事もなく、手軽にこうやって飛ばせるのは素晴らしいと思う。価格も信じられないくらい安い。
 しかしラジコン人口は減少しているらしい。特に飛行機関係は激減とか。何故だろう?

 空撮が終わってデータを整理し、昼食を食べた後は息子も連れて友人と一緒に裏山へ入る。午後は林業実習(笑)の時間。
 裏山の上の方で倒れている大きな椎の木。これを皆で完全に横倒しにするのが今日の目的。息子や私はチェンソーの使い方だけでなく、各作業のやり方とか判断基準と言う物が出来ていない。
 友人に基本的な部分をやって貰いながら、出来るだけその辺を勉強しようと思って観察した。難しい作業だったので一人で作業するしかない。作業している友人は一人だけ汗だくで気の毒。
 大きな木で多数の竹も巻き込んでおり、縦に裂けたり途中で折れたりと変な部分満載。途中でジャッキやロープを取りに戻ったりして、結構苦労して全部を倒し終えたら16:00に成っていた。
 でも友人のおかげでこの木を倒すことが出来て安心した。通路にかかって中途半端に倒れてしまっていたので、このままでは危険で何時も気になっていた。あとは私が少しずつ玉切りして山から出せばよい。
 立ち枯れの部分も多いので、簡単に乾燥させただけで薪に使えそうな部分がある。今年の最後には使えそう。硬くて重い木なので、長持ちする良い薪に成ってくれそうで楽しみ。
 晩飯まで一緒に食べて友人は帰っていった。寒い部屋で寝かせた上に、作業でこき使って御免なさい(^^)。でもとっても楽しい24時間だった。息子達も凄く楽しそうにしていた。ありがとうね。

| | コメント (2)

2008年1月 2日 (水)

友アリ遠方ヨリ来タル

0102 夕方までは正月らしい1日を過ごした。夕方になってから広島時代の友人というか仕事関係の人というか、まあ、そう言う関係の人がやってきた。
 退屈気味な正月の時期なので、珍しい人がやってくるのは歓迎なのだけど、この人は色々な物を持ってきたからさあ大変(笑)。
 デミオの車内には、室内で飛ばせるラジコンヘリ2機、屋外用の空撮用ラジコン機が4機?くらい詰まっている。到着してまずやることはリポバッテリーの充電。
 世間一般の反応として、嫁さんは「何!?」と言う反応だけど、私と息子達の目がギラギラ輝きだしてしまった。

 この手の安価なラジコンヘリが有ることは知っていたけど、それが目の前で実際に飛ぶのを見たのは初めてだった。手のひらに載るくらいの機体が実際に浮かび、もう少し大きな機体が本物のホバリングをしている。かなり驚いた。
 ヒノデの2chかG-45スペースコマンダーにサーボだけ2個買おうか?ガルモデルのキットは高いので、スカイカンガルーにエンコン固定で行こうか・・・。等と考えていた世代の人間にとって、ヘリコプターはラジコン技術の特集記事でチラチラ眺めるだけの存在だった。
 その後もヘリは何十万もかかる「大人」の領域であり、とても模型少年が手を出せる品物とは思えなかった。そのラジコンヘリが、目の前で立派にホバリングしている。安っぽいスチロールの機体だけど、ジャイロまで搭載して実際に飛ぶ。。。胸がドキドキした。

 少しだけやらせて貰ったけど、心拍数が40拍くらい上昇して、一回で腱鞘炎になるくらいガチガチに緊張した。滅茶苦茶難しい。若しくはセンスがない。
 本当はもっともっと一晩中でもやりたかったけど、長男が受験と言うことと、何となく嫁さんの顔が怖くなってきた様に思えたので止めて寝ることにした。
 明朝は朝一に電動の飛行機を飛ばして空撮をする予定。その後は裏山で林業の講習を受ける予定(^^)なので、その意味でも早めに寝た方が良い。

| | コメント (3)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

0101 今年一年が私と我が家にとって、そして皆様にとっても良い一年で有りますように。
 画像は今年の年賀状に使った画像。餅つきの時に貰ったお菓子の入れ物が可愛らしかったので、薪ストーブの前で撮影してみた。

 今日は冷え込んだ。明け方に寒くて目が覚め、布団を探すのが面倒なのでウインドブレーカを着込んでから寝直した。そのために起きるのが8時を過ぎてしまった。
 ニューイヤー駅伝を見ながら、お正月らしいブランチを食べた。トヨタ九州は善戦した様に見えたけど、森下さんの目標の3位にはあと少し届かなかった。今夜は祝杯なのだろうか?同じ地域の安川に負けたのは悔しいかもしれない。
 30日頃から食生活が乱れているので、少し意識して食べる量をコントロールしてみた。それでも目の前に摘みやすい物が置いてあると、ついつい摘んでしまう意志の弱さよ・・・。

 中途半端に成っていた年賀状を仕上げて、ランニングでポストに入れに行くことにした。雪が降っているけどたいした事はない。路面が濡れているので滑りにくいゲルフェザーにしてみた。けっこうつま先がスースーする。
 中有木の笠松郵便局で年賀状を投函し、そのまま裏山を超えて高取口に向かった。途中で気分が変わってトヨタグランドに行ってみた。
 誰もいない。ゆっくりと歩いて一周しながら色々な事を考えた。玄海で3勝目をあげることは出来たけど、タイム的には不本意。相変わらずサブスリーは達成できていない。皆生のタイムには満足している。今年は満足のいくトレーニングが出来るのだろうか。
 色々と考えながら一周を終えた。トイレに行ってからグランドを後にし、タニコーの交差点経由で倉久を回って帰ってきた。

 夕食は牡蠣の鍋だったので、野菜を中心に食べるように心がけた。でも薪ストーブで餅を焼きたくなったので、2個ほど焼いて黒豆を着けて食べてしまった。200kcalほど余計だった。
 こんな感じで2008年が始まった。

ラン 8km

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »