« インチキ漆喰下地材 | トップページ | 直鞍一周駅伝申し込み »

2007年10月30日 (火)

似非漆喰壁

1030 横の作業をしていたら土壁が壊れてきて、面倒になったから1区画を全部壊してしまった・・・的な感じで、この家の所々には土壁が撤去されている区画がある。
 向こうが見えない部分はそのまま。見えたら困る部分は2.3mmくらいの内装用ベニヤが細い釘で張ってある。改造した部分は湿気が充満して居るせいで紙みたいにブヨブヨになっている。
 帰ってきて以来、これをどうやって補修しようかとずっと悩んでいたけれど、今日一つの解決策が得られた様な気がする。

 柱の内側に2x2材か根太程度の角材で枠を組み、面が横の土壁とツライチになるように合板を張った。ちょっと高かったけどT1の構造用合板にした。
 この上に直接、薄めに作った漆喰を1回塗ったのがこの状態。物置ならこれで十分。さらに1-2回塗ればそれなりの見栄えになりそうな気配。和洋折衷のインチキ補修だけど、紙みたいなベニヤのままよりはずっと良い。
 一番嬉しいのは強度の向上が期待できること。柱と合板の接合が緩いので構造用合板を正規の方法で取り付けたほどの強度は期待できないにしても、横の土壁と同等以上の強度・剛性は期待できると思われる。
 関東や東海地方の人ほど地震に対して備える必要は無いと思うけど、今の家の構造はあまりに脆弱と思われるので、こうやって少しずつ補強していこう。

 今日もラン。西中から粥田橋に抜ける予定のバイパスを通り、一旦トヨタグランドへ。水を飲んで一息ついて100mの流しを3本。既に暗くて照明が点いている。いつものルートで直ぐに帰路についた。
 なんか脚が重い。脚というか尻というかその辺り。それほど強度の高い練習はしていないのに何故だろう。朝一番とか昼休みとか、空いた時間は物置の補修作業をやっているせいかもしれない。普段使わない筋肉を動員している模様。

ラン 16km

|

« インチキ漆喰下地材 | トップページ | 直鞍一周駅伝申し込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インチキ漆喰下地材 | トップページ | 直鞍一周駅伝申し込み »