« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

直鞍一周駅伝申し込み

 書類が全て揃ったので、今日の昼休みに鞍手町の中央公民館まで書類を提出に行ってきた。チームの監督は我が部落の長老ランナー?である安永さん。西日本新聞に掲載される抱負も力の入った文章を書いていただいた。
 帰りに泉水越しで帰る途中、前から気になっていた中古車屋的な店に寄ってみた。10-20年前は解体屋だったと思うけど、今は建機や特装車などがパラパラと置いてある。2tのダンプに無理矢理乗りそうなユンボが2台有るのが気にかかる。
 安全フレームが付いて比較的新しそうな方は各部の消耗度合いが酷い気がする。エンジンもスチーム洗浄して黒塗装してある所が気に入らない。もう一台はヤンマーの結構古い機種に見えるけど、普通に使ってきたイメージが有って第一印象は悪くない。
 エンジンをかけて貰おうとしたらバッテリーが上がっていてカチカチだけ。充電して貰ってからもう一度出直そう。ロッド類は綺麗。シールは交換の作業跡が有るけど今のところ漏れはない。

 ここの所毎日、左官屋をやっていたので少々飽きてきた。今日の朝は家の横の土地の石垣廻りの草を刈った。草と言うより10mm程度の雑木とでも言う感じ。株になっているところは厚鎌だけでは歯が立たなくて、のこぎりでゴリゴリ。
 夕方もトレーニングは止めにして物置の土壁を塗った。これで土壁を荒っぽく塗る部分は全て終わった。あとは細かい部分を補修的に埋めて、漆喰を適当に数回塗ったら終わりにしよう。
 これでやっと床の施工に移れる。床はそれなりにノウハウと材料が揃っているので、それほど時間はかからないと思う。
 この週末は300kmブルベが有るけれど、人生において総合的に判断すれば家の補修をして点数を稼ぐ方が得策のような気がしている。どうしようか・・・。

| | コメント (0)

2007年10月30日 (火)

似非漆喰壁

1030 横の作業をしていたら土壁が壊れてきて、面倒になったから1区画を全部壊してしまった・・・的な感じで、この家の所々には土壁が撤去されている区画がある。
 向こうが見えない部分はそのまま。見えたら困る部分は2.3mmくらいの内装用ベニヤが細い釘で張ってある。改造した部分は湿気が充満して居るせいで紙みたいにブヨブヨになっている。
 帰ってきて以来、これをどうやって補修しようかとずっと悩んでいたけれど、今日一つの解決策が得られた様な気がする。

 柱の内側に2x2材か根太程度の角材で枠を組み、面が横の土壁とツライチになるように合板を張った。ちょっと高かったけどT1の構造用合板にした。
 この上に直接、薄めに作った漆喰を1回塗ったのがこの状態。物置ならこれで十分。さらに1-2回塗ればそれなりの見栄えになりそうな気配。和洋折衷のインチキ補修だけど、紙みたいなベニヤのままよりはずっと良い。
 一番嬉しいのは強度の向上が期待できること。柱と合板の接合が緩いので構造用合板を正規の方法で取り付けたほどの強度は期待できないにしても、横の土壁と同等以上の強度・剛性は期待できると思われる。
 関東や東海地方の人ほど地震に対して備える必要は無いと思うけど、今の家の構造はあまりに脆弱と思われるので、こうやって少しずつ補強していこう。

 今日もラン。西中から粥田橋に抜ける予定のバイパスを通り、一旦トヨタグランドへ。水を飲んで一息ついて100mの流しを3本。既に暗くて照明が点いている。いつものルートで直ぐに帰路についた。
 なんか脚が重い。脚というか尻というかその辺り。それほど強度の高い練習はしていないのに何故だろう。朝一番とか昼休みとか、空いた時間は物置の補修作業をやっているせいかもしれない。普段使わない筋肉を動員している模様。

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年10月29日 (月)

インチキ漆喰下地材

1029 ナフコは朝08:00!から営業していることが解ったので、今日は開店を待って漆喰を買いに行った。この時間なら仕事前に一仕事できる。
 漆喰と一緒に下地固定材なる物を売っていた。今回作業しようとしているような、ボロボロに風化したような土壁には使った方が良さそうな説明が書いてある。でも1L弱が1,500円くらいとメチャ高い。
 さらなる情報を求めて説明を読んでいくと、主成分は木工用ボンドに近いように読めた。確かに木工用ボンドを塗るという手は有るよなと考えて、建築用接着剤売り場で3kgが485円!の業務用ボンドを買ってみた。工作用との価格差はどうなっているのか??

 水でシャバシャバに薄めて塗ってみると、これがまた良いあんばいに表面が落ち着く。毛羽だったような気配が無くなり、近くを歩いただけで土埃が舞い立つ様子も無い。
 こんなに具合が良いなら、今の台所にもこの処理をしてみようと思う。「古民家」的な物を弄っている人にとっては酢酸ビニル樹脂エマルジョンなんで邪道とは思うけど、我が家は中途半端な民家なので合板の床板もアリだし、木工用ボンドでの下地処理もアリ(笑)。
 軽く固まってから漆喰を塗ってみたら接着性も悪くない。このまま塗り進めようかと思ったけど、上の方200mmくらいはなぜか土が塗ってないのでこれを何とかする必要がある。
 近所の山から土を掘ってきて、刻んだ藁は田圃からコンバインの屑を取ってこよう。めんどくさい。こういう仕事は好きな訳じゃない。嫌いでも無いけど。

 最近はサボリ気味なので、お腹の周りがタポタポする。これでは直鞍一周駅伝で苦労する。真面目に走ろう。
 西中経由で裏の峠を経由してトヨタへ。九州一周の後だからか実業団は少ない。三津谷選手がジョグしている。
 いつもの様にクロカンコースのインターバル。時間が遅くて暗かったので今日は5本にした。やはり脚の疲れは無いけど動きが悪い。体重が重そう。測りたくない。。。
 距離は踏んでおきたかったので、室木へ抜ける峠経由で倉久を回って帰ってきた。最後の方は少しだけ調子が上向いたか?

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年10月28日 (日)

物置の改造に着手

1028 昨日の夜に寝るまでは、八木山峠に今井君を見に行こうかと思っていたけど、作業をやり始めたそっちに熱中してしまって何処にも行かなかった。
 台所の横にくっついている物置。これももの凄い状態になっていて、何とかしなければと思いながらも手を出せずに2年が過ぎた。重い腰を上げて今日から作業開始。
 例によって廻りの土地が高い場所にもかかわらず、通気口は全て塞いであるし、土間に棚や古い水屋が直接置いてある。予想通りに全て下の方200mmくらいはグサグサに腐っていて運ぶのも難儀するくらい。
 柱の下の方も同じように腐っており、これはどうしようと新たな悩み。こんな部分はそのままで放って置いて、屋根だけは葺き替えたりしてあるのが何とも不思議でその金が勿体なく思える。

 中には無数とも思える食器類が入っていた。1種類に付き20客とかそう言うレベルで色んな食器が延々と出てくる。多分昔は色々と家で食事を出す機会が有ったので、こういう量の食器も必要に成ったのかと思う。
 どうしようか。。。どうせ聞いたら「捨てたらいかん」としか言わないだろうし。これだけの量を捨てるにしてももの凄いエネルギーが必要になる。
 取りあえず処分方法は考えずに、床を掃除して束の位置とか大引き、根太の配置を考えてみた。壁が中途半端に塗った土壁。このままだとボロボロ落ちてくるし、胴縁を入れて内装用化粧合板を張るのもパッとしない。漆喰を上から塗ってみようか。やったこと無いけど。

 何だかんだと夜中までやっていて、何もトレーニングはせずに1日が終わった。取りあえず腕を中心に凄く疲れた。

| | コメント (2)

2007年10月27日 (土)

ゴム長靴にインソール

1027 自分用の長靴が傷んできたのと下りで小指が痛いのも有って、新しい長靴か安全靴が欲しいなと思っていた。
 靴箱を見ていると息子用に買っていた新しいのが有る。今の息子には多分サイズが合わないのでこれを使ってみることにした。
 慣れない形も有ってイマイチ感触が悪い。そこでインソールを入れてみることにした。買い置きなど無いので自転車用の靴から外して入れてみた。
 これが結構快適。シマノの汎用品では有るけれど、ゴムで平らに整形した長靴の底よりは百倍楽になった。しばらくはこれで行ってみよう。

 朝一にママチャリで赤間の郵便局を往復。風が強くてキツイ。それ以上に昨日プールで刺激を受けた鼻の穴がまだムズムズする。
 仕事をして、空いた時間に家の庭の密集した木や草を切った。切っていると婆さんが出てきて喧嘩になる。でも先日から吹っ切れたので「知らん!」「あと何年生きられるか解らんとに、その上の年寄りの言う事やら聞く暇はない。」と言っては庭の木を半分くらい切った。自分の母親にこういう言い方をするのは気が引けるけど、これも同居。
 これでもまだ他の家に比べると圧倒的に木が多い。植木鉢なんか100個200個の単位で有る。ハハハ。どんだけ物を増やしたら気が済むんだろうか。

 夕食は爺さんの誕生日と手術後2周年と言うことで外で食べる事になった。時間がないのでその辺をラン。5kmほど走って直ぐに帰り、次男を高校で拾って自転車を屋根に乗せ、そのまま食べに行った。
 いつもの様に食べ過ぎた。でも昨日のスイムと今日の作業がキツかったので由とする。

バイク 23km
ラン 5km

| | コメント (0)

2007年10月26日 (金)

これはいかんやろ・・・

1026 マッカラーのチェンソーを持って山に行ったとき、途中の道でこんなのを発見してしまった。
 栗の木が道にはみ出してきており、孟宗竹で支柱まで立ててある。高さは1mも無いので通る人は結構苦労してしまう。凄く迷惑。
 この栗の木は我が家の栗の木。。。流石にこれは不味いので切るよと話したら婆さんが反対する。山道とはいえ公共の道を塞いじゃいかんと話しても、最後には大声で「惜しい!!」と言い出す始末。。。
 くたびれた。自分の母親でも有るので少し悲しかった。1本だけ残ったお婆さんの栗の木なら皆さんも我慢してくれるとは思うけど、数えてみたら13本も植えてある内の1本がこの状態。どう考えても欲深い婆さんの仕業にしか見えない。
 地域の皆様済みませんでしたと心の中で呟きながら、鋸で出ている枝は全部切ってしまった。こういう判断が出来なくなって来ているのだなぁと実感した。

 金曜日なのでプールの日。小雨が降っていて路面も丁度危ないくらいに濡れている。暗くなり始めたタイミングで事故の要因はほとんど揃っている。無理して自転車でいくことも無いので軽トラで行った。
 先週に続いてキックや身体の軸を感じるようなメニューが主体。当然、私にとっては地獄のメニュー。
 サイドキック、バタ足で腕を使わずに身体を捻るだけで息継ぎをして進むヤツ、この辺は全く付いていけない。それ以外の他のメニューも決められたサークルでは処理できない。どれだったか、1週抜かれてしまって1往復減らしてしまった。
 最後の方であまりにキツかったのと、全然付いていけない精神的な弱さから次の1本が泳ぎ出せないときがあった。先生に怒られて「あぁそうだ」と思い直し、何とかスタートしたけど何をやっているのか解らない位だった。
 悲しくて悔しかったのでレッスンが終わった後もしばらく自分で練習してみた。同じように出来ないけど、廻りに追い立てられる事が無いだけに気持ちに余裕がある。各ドリルの意味を考えながら、身体の軸とかひねりとか、指摘された事を反芻しながら色々やってみた。
 軽トラで良かった。自転車なら帰る気力がしばらく湧いてこない感じだった。

スイム 1.2km

| | コメント (4)

2007年10月25日 (木)

チェンソー復活

1025 ちょっと硬いような気がするけれど、取りあえず燃料ホースも入手できたので早速くみ上げてみた。
 チョークを引いて数回スタータロープを空回しし、キルスイッチを戻してからチョークを半分戻してスタータを引いたらあっけなく始動。
 キャブのHとLを適当に調整したら何となく気分が高揚する。根がそっち系の人なのかもしれないけれど、近くでエンジンがブンブン言っていると気分がよい(笑)。エンジンなら20LのディーゼルでもCOXの02でも何でも構わない。
 チェンソーオイルの出具合も悪くないので試し切り。いい感じで切れているので山に入ってみた。道を邪魔している竹とか風倒木を数本切った。山の頂上にあった大きな木が半分に折れて倒れていた。廻りの竹が20本以上巻き添えを食らって倒れかけている。
 こりゃ酷い。MTBのコースどころじゃない。素人の手に負えない感じがする。端っこの危なくない所から、徐々に片付けて行くしかないかな。エネルギーを溜めた竹は、へっぴり腰で鋸で切るしかなかろう。

 昨日電話を貰っていたランティスは朝一に取りに行った。ブルベ仕様のロードでマツダまで行き、屋根に積んで帰ってきた。当然と言えば当然だけど調子は良い。
 ついでのオイル交換までやって貰って68,250円だった。不動車の引き取りまで有ってこの値段は安すぎじゃ無いかと思う。でも今年だけでここの整備課には相当金を落としたからお得意様価格かもしれない(^^)。
 突発的な事例では、もうお世話になりたく無いけどね。。。

 夕方からチェーンソーの試験で山に入っていたのでトレーニングは無し。相当疲れた。アメリカ人向けなのか結構重たい。
 回転もキンキン回る感じじゃなくて、トルク型でブウォンブウォンと言う感じ。いつもの様に長靴で行ったけど、もう少しグリップの良い靴が欲しくなってきた。

バイク 10km

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

直鞍一周駅伝コース図

1024 今日はトヨタに走りに行ったら、同じ部落の年配のランナーに会った。直鞍一周駅伝に出たいと以前から言っていた人。
 ほぼメンバーが決まったことを伝えたら凄く喜んでくれた。直ぐにでも書類を書きたそうな勢いだったので、夕食後に自転車で書類を届けてあげた。
 やれやれ・・・と言った雰囲気で(笑)奥さんがお茶とお菓子を出してくれた。書類を見ながら色々と話す。
 ホノルルとかNYシティに何回も出たことが有るらしい。知らなかった。若い頃は体重が52kgで、5000mが17分を切っていたとか。若い頃に速かったことよりも、定年後の今でも走り続けてそれなりの走力を維持しているのが凄い。

 今日のメニューも以前と同じでクロカンコースのインターバル。これは何となく効いた気がして好き。死ぬほど追い込んで居ないのに、登りや下りではフォームや加重に関して改善点が見つかる。
 楽なペースでスタートしたつもりでも、1周したらそれなりにキツくて心肺面にも適度な刺激が加えられて居る気がする。翌日は筋肉痛で筋肉への刺激も十分。
 しばらくはこのメニューを繰り返すかもしれない。直鞍一周駅伝の距離に対しても、長距離のジョグよりは良い結果が得られそうな気がする。

 今日も家の廻りを片付けた。仕事前の30分間ゴミを集めただけで、宮若市の大きなゴミ袋が2袋一杯になった。ほとんどがビニール袋。何故こんなにビニール袋が沢山ため込まれて居るんだろうか?
 家の廻りのスペースを考えている。今はびっしりと庭木が植えてあって、家の廻りを自由に行き来しにくい。これを半分以下まで伐採してしまい、家の廻りを軽トラが自由に走れる位まではスペースを作りたい。
 嫁さんは結構過激なので、100万までなら出すから中古のユンボを買って一気にダーッと押し倒してしまいなさい。と宣う(笑)。
 説得して1本ずつ切ったりしていては爺さんと婆さんが五月蠅くてかなわんから、ある意味ではこういうショックを与えるやり方の方がスムーズなのかもしれない。これって黒船方式か?

ラン 17km

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

二度目の精米

1023 米が無くなってきたので二度目の精米をすることにした。少し慣れたのと飽きてきたので(笑)、走る前にセットして走りに行った。
 前回の反省から強度を緑の帯の中で上限に近い位置にセットし、その分時間は前回より短めの50分で行ってみた。
 帰ってから糠箱を引っ張り出したのがこの写真。最後の方は米粉に近い色合いになってしまっている。10.5分搗き位か?1合くらい損したかもしれない。
 またまた学習した。強度が今回程度であれば、時間は40分でも良さげな感じ。次回はそれで試してみよう。水分量とか色々とパラメータは有りそうだけど、私の経験値がまだそこまで行ってない。

 今日のランニングも西中往復の8km。もう少し長めでも良かったけれど、一気に戻すと無理になるかもしれないと思い、少しだけ用心してみた。
 最初から最後まで一定の気分の良いジョグが出来た。ただ、走り自体は昨日の最後の1kmの方が明らかに強く、速く走ることが出来ている。

 直鞍一周駅伝のメンバーがほぼ決まった。江口さんやShinakoさんがどうしても走りたいと言うので(笑)、メンバーに入れてあげた。あとは近所の若い子で去年まで東海大第五の陸上部だったのが居る。そいつも「強く」勧誘したら7名が揃う。
 福岡トライアスロンフェスタみたいなノリで、皆で楽しく駅伝が走れたら良いと思っている。上位の数チームはリレーマラソンなどの常勝チームなので、「相当速い人」を集めた位では勝てない。その次から最下位くらいまで分布する「それなりに頑張った人達」のチームとして楽しみたい。

ラン 8km

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

プライミングポンプ入手

1022 朝一に嫁さんを送っていった帰り、ナフコに寄ってみた。この辺のナフコは08:30から営業しているので凄い。しかも開店して直ぐだとコーヒーやパンのサービスまで有る。
 何処かで見たような記憶を頼りに探してみると、マキタの純正部品でポンプが販売されていた。値段も700円程度。素晴らしいナフコ。
 帰ってから並べてみると、ドームの直径がφ18mmに対してφ15mmと微妙に違う。しかし取付部分の寸法は全く同じでホースの差し込み口も全く同じ。これでペンディング事項が一つ解決した。
 後は燃料ホースを何とかしないといけない。調べてみたらアルコール燃料用のシリコーン製はガソリンには適して居ない模様。ついでなのでナフコでφ3mmxφ6mmのピンクのホースを買ってきてみたけど、φ4.5mm~φ4.8mm程度の穴には流石に入らなかった。

 Edge用の補助電源を作っている。本来なら昨日のブルベで実走行試験を行う予定だったのだけど、それが出来なくなったので卓上試験で検証中。
 最初から接続していれば50mA程度の消費で駆動できるのだけど、内蔵電池が無くなってから接続すると一気に370mAくらいまで流れてしまう。有無を言わさず内蔵電池も充電しようとする。こうなるとDC-DCコンバータの効率面や、一度内蔵電池に充電することによる効率低下などが問題になる。
 この辺を実際に動いて測位させながら見たかったのだけど、ちょっとそれが出来ていない。取りあえず定点測位でデータを確認だけしよう。

 朝一は体調がすぐれなかったけど、夕方になると少しだけ走ってみたくなった。軽めに西中を往復してみる。用心して長いタイツに長袖の上着で。
 前半は身体も脚も動きが悪かったけど、最後の2kmほどは割といい感じが戻ってきた。明日からは通常通りにトレーニングが開始できるかもしれない。

ラン 8km

| | コメント (0)

2007年10月21日 (日)

砥石の手入れ

1021 昨日は用心して早寝したけれど、今朝起きたらやっぱり鼻が詰まり気味で体調がイマイチ宜しくない。天気は滅茶苦茶良くて悔しいけれど、今日のブルベは止めにした。
 軽く走ろうかとか、赤間辺りまでブルベの様子を見に行こうかとか、色々考えたけど、そんなことをするとどうしても無理をするのは見えているので潔く家から出ないことにした。最近はずいぶん大人になったと自分でも感心する(笑)。

 片付けの延長線上で砥石を手入れすることにした。新しく設置したラックに砥石用の段を用意したので、今度からはそこに綺麗に片付ける事にする。
 私は身の回りを片付ける事が出来ない人間だけど、工具とか道具は片付けることが出来る(^^)。問題は爺さんで、中央を5mm以上凹ませて使っても気にしないし、外に放置するので砥石によっては直ぐにひびが入ってしまう。。。
 家中の砥石を引っ張り出してきて平らに修正した。荒砥の一部はあまりに凹みすぎていて断念したけれど。
 ついでに嫁さんから言われていた包丁を研いだ。勢いで鉋と鑿も研いだ。鑿はどうしても上手に研げない。でも叩き込めばそれなりに食い込むから良いや・・・。

 昼からは納屋の中を整理。こっちは手を付けないつもりだったけど、もうあまりに滅茶苦茶過ぎて放っておけなくなってきた。今後は「まだ使わるる」とか「これは捨てたらつまらん」とか「何かに使わるる」とかそう言うのは一切無視する。
 切れかけたVベルトとか、さび付いた操作ワイヤとか、10年以上前に改装したときのトイレの蛇口とか、指で穴が開くほど風化した肥料の袋とか・・・、もう見て見ぬふりはしない。全部捨てる。年寄りの気持ちを尊重しようとか、そう言った気持ちは忘れる。
 よく考えれば、80過ぎの爺さん婆さんの意見を気にしすぎる事が可笑しいことに気がついた。近所でも、年寄りが多すぎるとか五月蠅いとか言う話を良く聞く。でも逆の見方をすればその次の世代が不甲斐ないだけでもある。
 近所には年寄りと40代50代の長男だけと言う家が結構ある。どこも良い人ばかり。。。それも一つの生き方では有るけれど、自分の価値観で結婚して子供や孫に囲まれて、「爺さんはよクタバレや」と悪態をつくのも生物としては正しい生き方のような気がしている。
 ちょっと飛躍しすぎた。

 納屋のゴミの中からMcCULLOHと書いたチェーンソーが出てきた。聞いてみたらプライミングポンプが破れたので新しいマキタのヤツを買ったと。でもいつもの様に修理はしないけど「勿体ない」から捨ててはいない(笑)。
 圧縮もあるしまだまだ使えそうなので分解してみた。燃料ホースも硬化していて分解の途中でポキポキ折れる。ラジコン用のシリコーンチューブで代用出来そうな気配。
 プライミングポンプはどうしようか。こんなメーカー聞いたことが無い。何処に売っているのか?何か代わりのポンプでも付けておくか。
 夕食後もやっていたので結構疲れた。何のためにブルベ参加を取りやめて、家の中で休もうと考えたのか解らなくなってきた。

 夜にマツダから電話がかかってきた。気持ち的には予想が外れて「イグニッションのヒューズを交換しました!」等の言葉を期待していたけれど、予想通りの「デスビが・・・」と言う内容だった。
 まあ、予想していたとはいえ結構痛い。今年こそ薪ストーブを買おうとしていただけに、そっちの予算が取られるような気がしてハラハラする。
 「新しい車にした方がトラブルフリーで楽に成れるぞ」と悪魔の声が聞こえてきたけど、今の自分の美意識的には、普通の車を普通に修理して普通に乗り続ける事がカッコイイ気がするので修理する事にした。

| | コメント (2)

2007年10月20日 (土)

身体もランティスもボロボロ

 明け方に布団をはねのけて寒くなって起きるのを数回繰り返した。起きたときに鼻水が出ていた。占いでは水瓶座が1番になっていたらしいけど、全然良いことの無い1日だった。

 朝一番に郵便局までママチャリで往復。少し肌寒い気がしたので上だけ長袖にした。下は半ズボンのままだったけど、今考えるとこれも悪かった。
 昼前に買い物から帰ってくる途中の嫁さんから電話。赤木峠でランティスが止まったと。仕方ないので軽トラで迎えに行き、荷物と人間だけ帰ってきて昼食。
 昼食後にランティスを見に行った。水温は異常なし。バッテリーも元気良し。何とか始動するけどカムシャフトを組間違えたディーゼルの2気筒?的な感じ。エンジンさえ回れば取りあえず警告灯類は消灯する。
 エンジンオイルがディップスティックに着かないけど、これは坂道だからだと思われる。でも不安なので残り物のオイルを1L程追加したらディップスティックに着いたので安心。
 考えたくないけど点火系が滅茶苦茶になっているような・・・。このエンジンはディストリビュータとイグナイタと点火コイルが一体型になっている。ディーラーの整備士と話しても次はディストリビュータかな?と言う話が多い。熱いヘッド横にイグナイタなんか付けたからやろうなぁ。。。
 それにしてもこの1年の故障の発生頻度は凄い。14年と12万キロを経過して主要な補機類が相次いで故障してくれる。これが計算ずくの寿命だとしたら、マツダの設計と品質管理は素晴らしいと思う。一瞬だけどミラーサイクルのデミオが頭に浮かんだし(笑)。
 取りあえずディーラーに赤木峠まで引き取りを依頼して帰った。

 どうしても今日発送する荷物を仕上げたら、鼻水の量が増えてきた。なんか調子よくない。天気も良いし明日はブルベ200kmに行こうかと思っていたのにどうしよう。
 夕方になって走る気にもならず、仕方がないので先日から弄っている勝手口の辺りを片付けた。
 夕食の頃になって鼻水が劇的に酷くなり、クシャミも追加された。もうどうにでも成れの状態でティッシュの消費量が凄い。
 取りあえず、もう寝る。

バイク 18km

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

バタ足遅い

 スイムの日。先生が遅れたので19:30から始まった。18:30頃からプールに入って泳いでいたため、準備運動には十分すぎるほどだった。
 今日はもう一つのクラスに技術的な指導をしたかったみたいで、私たちのクラスは本数が多いドリルがメインだった。
 バタフライのキックと平泳ぎの手を色々組み合わせたようなヤツを500m分。次はクロールで片手とかヘッドアップとかのドリルで500m分。そして最後は私にとって悪夢のバタ足で50mを10本。1分30秒サークルで!!
 当然出来るわけ無いので最初から2分近いサークルになってしまう。キリが良いので2分で回していたら廻りもキツかったみたいでほぼ同じ様なペースに落ち着いてきた。
 5本を過ぎた辺りから2分でもキツくなってきて休みが無くなってきた。50mが終わったら直ぐにスタート。もう太腿の両側がパンパンでどうにでもしてくれ状態。
 最後の数本は先生が戻ってきた。今まではあまりにレベルが低かったせいと思うけど、バタ足で指導を受けたことが無かった。今回は初めて太腿を手で支えて動かし方の注意が有った。
 自分で思っていたよりも太腿を上に持ち上げる方向を意識しないといけないみたい。自転車でもそうだけど、大臀筋辺りを使う動きのような気がする。どうもそっち方面が出来ない。

 10本が終わったらヘロヘロで何もする気が起こらない。オバチャンから「顔が真っ赤ばい」とからかわれる。先生に「人殺し!」と言ったらニヤニヤ笑っていた。
 もっとバタ足を練習しないといけない。腕の方はこのクラスで速いほうになってきたのに、バタ足だと一気に最下位に転落する。情け無いし悔しい。

 帰りの自転車はキツイだろうなと思っていたら、意外にも自転車の筋肉とは違うところが怠くなっていた。尻と言うよりも尻の両側。丁度ハイレグの競泳水着で切れ込んだ部分に相当する。
 女子選手のあの部分が目立つのは、こういった練習で尻の両側が鍛えられるからだろうか?まあ、筋肉はどうでも良いけどもう少し速くなりたい。

スイム 1.9km
バイク 30km

| | コメント (2)

2007年10月18日 (木)

床下換気は重要

1018 走る前に一仕事。ガレージの奥の小部屋がグチャグチャなので、今週はここを整理しようとしている。30年、40年前の物をガレージに引き出して、大ざっぱに掃除したらああぁ。。。台所に続いてここも湿気の温床になっていた。
 私が幼い頃は一番奥に見えている面が外気と接していた。小学生の頃に台所を改造したときに、90cmくらい手前に壁を追加して道具などを入れる小部屋が作られた。この段階で奥の三畳の部屋の下は完全に密閉されてしまった。
 10年ほど前にオヤジがガレージをさらに追加して、いま撮影している所がその中。改造に改造を重ねて三重構造になっている。この辺りには床下を密閉したがる大工が多いみたいで(笑)、直ぐ横が山と言う条件も重なって奥の三畳の間は畳まで腐ってしまったらしい。今はコンパネが引かれて物置に成り下がっている。
 向こう側の穴は後で開けるとして、取りあえずこっち側の換気口を付けてみた。イタチなどの小動物が入ってくると困るので、この部屋の中に有った金網が張ってある。

 こんなことをしていたらくたびれ果てたので、メニュー的な事は一切無しでダラダラとジョグにしてみた。
 西中の下から長井鶴、羅漢橋を経由して新笠松へ戻ってきて、いつもの室木へ抜ける峠を経由して倉久からトヨタを抜けて帰ってきた。
 昨日のクロカンコースのインターバルが効いたみたいで、尻やハムストリングスを中心に軽い筋肉痛が有る。
 帰ってきてから中に入れる整理用の金属製のラックを組み立てた。3個買ってきたけど1個を組み立てたら嫌になってしまった。残りはまた明日。

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年10月17日 (水)

コネクタが取れない

1017 割と良くある修理で、GPS2+系の外部アンテナのコネクタが取れなくなったと言う内容です。
 今回の分も今までと同じ原因で、GPS側のコネクタ(ジャック)の固定ナットが緩んでしまい、アンテナ側のプラグを回そうとしても供回りして取れなくなっています。
 しかも悪いことにこうなってくると、緩んだナットがアンテナ側のプラグをダブルナット的にしっかりと固定してしまうために、ウンともスンとも言わなくなるわけです。
 この状態でグリグリやっていると、内部の同軸線や半田付けされている高周波回路、外部アンテナ用の電源回路などをショートさせたりします。
 修理は筐体を開けた状態で、両側から針のような工具や色々を使ってじわじわとナットを戻していきます。外した後は同軸や筐体の「D」型穴を補修して、緩み止めを塗ってナットを専用工具で締めてお終いです。
 ジャックが痛んでいたら相当品に交換したり、筐体の穴が駄目になっていたら新たに樹脂や板で成型したりしなければならない事も有ります。酷くなる前に相談してください。

 いつものコースでラン。今日は500mのインターバルを10本やろうと思っていたけど、トヨタグランドに行くと土のコースは満員状態。仕方ないのでクロカンコースに変更した。
 クロカンコースの外側を1週して内側をジョグで回るのを10本。心肺機能よりも脚や尻の筋肉が先にきつくなる。登りでは腕を振る勢いの感触が少し解った。下りではどうしてもブレーキをかけ気味になってしまう。
 足裏でブレーキをかけると、スピードが落ちるし筋肉的な負荷も大きい。何とか流れるような感じで、するーっと下り坂を通過したいのだけど巧く行かない。
 帰りの室木へ抜ける峠は真っ暗だった。電池を交換したばかりなのでそれなりに明るさは有るけど、どうしてもLEDだと山道は走りにくい感じがする。
 白い色は何故か凹凸が見にくい。それと緑系のスペクトルが出ていないからなのかもしれないけれど、廻りの木々が舗装した路面ほど見えない。ハロゲンの具合の良いのは持たないけれど、3-4日くらいは持って単三の充電式が使えればそっちも試してみようと考えている。

ラン 17km

| | コメント (0)

2007年10月16日 (火)

VentureHCでMSAS受信がうまく行かない

 とある方とMSAS処理時のNMEAデータに関して遣り取りをしていて、その関連でいくつかの機種の受信状況を見ていたら。。。
 VentureHCがどうも巧く受信できない。eTrexHは受信して「D」表示になる。でもこっちもMSAS衛星の番号表示などにバグっぽい動きが有る。ところがHCはいつまで経ってもMSAS衛星を捕まえる事が出来なかった。
 スキャンはしていると思われる。41番とか46番とか、見慣れない番号が出てきては白抜きのバーグラフが2-3秒立ち上がって消えるを繰り返す。42番と50番近辺を何回も通り過ぎるけど捕まらない・・・
 さらなるバージョンアップを待つしかないのだろうか。継続して調査が必要だ。

 寒いけどバイク。先日とほぼ同じコースをブルベ仕様の古いロードで走ってきた。出るのが遅かったので見坂峠の下りで既に薄暗い。内殿の交差点では既に点灯が必要。
 見坂の登りでも感じたけど、今日は何故か良く踏める。回転が上がると言うよりも疲れがない範囲でペダルを踏む力がそれなりに出る。何故だろうか?
 体調自体は大きく変化はない。ハンドルの位置を少し弄った。これが効いているのか?理由は分からないけど速いのは嬉しいことだ。

 帰宅したら上二人の晩飯が終わったところだった。食べ始めたら一番下の陸上部の息子が帰ってきた。食べ終わったら腕相撲をしようと言うのでやってみた。
 両方とも負けた。続けて高1のラグビー部のヤツとやってみた。右手は不調と言っていたがこちらは勝てた。左手は完璧に負けた。
 この二人は短距離とラグビーなので勝って貰わないと困る(笑)。何のために毎日クラブをやって多量の飯を食わせて居るのかを考えると。
 自転車や長距離で負けたら悔しいけれど、流石に腕相撲では悔しさは無かった。やっとここまで成長してくれたのかと、少しだけホッとした。

バイク 50km

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

新B2調子悪い

 ヤマト運輸の伝票発行のためのソフトというかシステムにB2と言うのがある。我が社のPCにもその端末板というかWindows版のソフトをインストールして使っているのだけど、このたび大幅なバージョンアップがなされた。
 先日、わざわざユーザーIDなんかを入れて認証を終えてダウンロードを始めたら百MB以上・・・デジタル格差社会を実感できるISDNの我が社の通信環境では不可能に近いサイズ。
 しばらく諦めていたらサービスドライバーがCD-ROMを持ってきてくれたのでインストールしてみた。で、使ってみたけど・・・駄目だこりゃ。しばらく旧バージョン使いますわ。

 先日は肌寒かったのでタイツで走ったけど、今日は少し暖かかったのか寒さに慣れたのか、短いスパッツで走りに出た。
 いつものコースで西中から裏の峠でトヨタグランドへ。相変わらず人が多い。例年だと10月中には駅伝が開催されていたと思うけど、今年はいつだろう?
 今日も土の500mを使って時間を定めないインターバル?をやる。心肺機能の強化と言うよりも、ウルトラ対策で鈍った身体に渇を入れるのが目的。取りあえず速い動きに慣れればよい。
 500mを5本走って100mの流しを3本入れてお終い。車で来たのならもっと走らないと意味がないけれど、私は往復だけで12-13kmは走っているのでこの程度で十分では無かろうかと言い訳。
 ヘッドライトを点灯して、室木に抜ける峠経由で倉久を回って帰ってきた。今日は昨日までよりも脚が力強く動いている感触がある。こんなことなら直方水辺マラソンに申し込んでおけば良かったか?

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年10月14日 (日)

草刈

 今日は午後から部落の草刈なので午前中しか時間がない。午前中は苦手だけど10時ごろからいつものコースを一回りしてきた。
 走る前からハムストリングスの内側が軽い筋肉痛。大変嬉しい。今までは後ろ側の筋肉を意識して使ったりが難しかったけど、大腿四頭筋を痛めている間にそのノウハウを少し習得した。昨日の自転車の間中、意識した筋肉が的確に痛くなっている。
 少しだけコースを変えて、坂本から芹田の集落の中の道を走って西中まで出た。水を飲んで再スタート。起伏のある道でトヨタグランドに行ってみたら何か大会が有っていた。とても走れる状態じゃ無いので直ぐに引き返す。
 室木に抜ける峠を経由して、四郎丸から倉久へ抜けて帰ってきた。ランでは腕の振りを中心に考えながら走った。何か掴めたような掴めないような。。。

 草刈が終わった後の飲みに向けて、アルコール類やつまみ類をルミエールまで買いに行く。今年は私が会計なのでこう言うのをやらないといけない。13人分の食料を買ったら相当な量があった。
 草刈は割と直ぐに終わり、直ぐに組合長宅で飲みが始まる。今年の組合長は忙しい人なので、早めに始まって早めに終わるからありがたい。21時22時までやられると疲れてしまうから(笑)。
 帰宅して夕食の残りを少しだけ摘み、ボーッとして居たら酔いが覚めてきた。朝一番にやりかけていたDC-DCコンバータの実験を続けようかと思ったけど、使っているICが0.65mmピッチなので止めにした。

ラン 17km

| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

初精米

1013 米が無くなってきたので始めての精米を行った。珍しいので最初だけは皆で見守った。次第に飽きてきて誰もいなくなったけど。
 量が少し多かったのと負荷をかける棒の出し方が足りなかったのだと思うけど、全行程で60分近くかかった。この辺のノウハウは使いながら会得するしか無かろうと思う。
 糠箱の形状に不具合が見つかった。奥の方は作り直しただけ有って具合が良かったけど、手前の隙間から外に少し漏れてしまう。糠と言うよりも少し重めの胚芽の部分が多い。質量と空気抵抗の割合で、胚芽の部分だけが隙間から飛び出してくる様だ。
 次回使うまでに手前にベニヤ板を追加して、漏れがないように対策をしておく必要がある。物置に床を張って台所と続きにしたら、そこに置こうと思っているから漏れると困る。

 今日は自転車に乗ることにした。FTFの結果が来たので眺めていたら、脚が痛くてセーブした割にはランは遅くなかった。でもバイクが自分の感触よりは遅くて少し感じる物が有ったから今日はバイク。
 直ぐに暗くなることは解っていたので、ライト類フル装備のブルベ仕様を使う。夕方から夜にかけてしか乗れないのだから、フェスティナ号の方も夜間走行が出来るように整備しておこう。
 見坂峠を越えて斜めに津屋崎まで出た。ハーモニー広場でトイレに行き、軽い起伏のある新しい道で神湊まで行く。宗像大社の横を通って東郷方面に走り、途中から左折して住宅街の山側を通るバイパスを経由して赤間に出た。
 あとは冨地原の交差点を抜けて赤木峠経由で帰宅。今日のコースは軽いアップダウンが続く道が多かった。こういう道はどちらかというと苦手意識がある。その辺を克服しようと思っている。

バイク 51km

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

往復が寒い

 今日はプールの日。行きの自転で既に暗いし肌寒い。下は膝上のレーパンにしたけど上は長袖ジャージにした。半袖は流石に寒くて着ておれん。
 30分くらい前に着いたので適当に泳いでアップをしておく。先週どうしても巧くできなかった片手を体側に付けた状態での片手回しを繰り返し練習してみた。

 今日は普通のメニュー。前半のバタ足中心のメニューはちょっと辛かった。やっぱりバタ足はこの組の中で一番下手くそ。
 それ以外は何とか皆の中で付いていける。手足を使ったクロールでは一番速くなった。ちょっと嬉しい。まあ、オバチャン達のグループだけど(笑)。
 今日は何故か20本とか10本とか回数の多いメニューばかり。ヘロヘロとまでは行かないけど結構堪える。
 最後は個人メドレーを2本。背泳ぎなんか生まれてこの方やったことがない。それでも泳げと言われるので適当に泳いでみた。死ぬほど鼻から水を飲んでしまった。
 平泳ぎでは右足でコースロープを力一杯蹴ってしまい、中指の皮が少し削れた。なんか今日はパッとせんなぁ。

 往復の自転車はまあまあ普通。太腿の痛みはほぼ解消したけれど、今までのダラダラ生活を反映してか、なかなか前に進まない。100km+100kmブルベはどうしようか。

スイム 1.2km
バイク 30km

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

身体が重い

 今日は普通のランメニュー。昨日よりは暖かく感じたので半袖に膝上までのスパッツで出掛けた。昨日の帰り道が怖かったので今日はヘッドライトを持参。
 西中で水を飲んで陸上部の練習を1分ほど観察し、裏の峠を越えてトヨタグランドへ。今日は珍しく髙島さんが来ていた。故障らしい。「速い人だと故障という言葉が似合う」などと森下さんと話す。同じように脚が痛くなったとしても、私の場合は単に脚が痛いオッサン。国際で20位くらいに入るランナーだと「故障」と言う言葉が様になる。じっくり治してまた独特のフォームで疾走して欲しいと思う。

 森下広一杯で頑張って20分で走った話や、福岡国際のワンジルの話などをしてから土の外周路を走り始めた。2週くらいしたところでトヨタの若手の選手に抜かれた。あまり変わらない速度でジョグをしているのでついて行ってみる。
 付いていけるけどちょっとキツイ感じ。聞いてみたらキロ3分55秒くらいで走っていると。3分55秒でこのキツサや身体の重さは無いやろ・・・と自分に突っ込みながら一緒に走る。
 しばらくしたらジョグが終了した。一人ではこのペースを維持するのがキツクなり、あと2周したら止めてしまった。廻りも暗くなったので丁度良いと言い訳をして。
 走りながら考えた。サタ陸に出ていた頃は3000mのベストが10分58秒。キロ3分40秒で走っている計算になる。今は絶対にこんなペースは出そうに無い。なんかショックを受けた。
 そう言う練習をしていないのも有るし、トライアスロンに向けてラン以外の筋肉が付いたのもある。「喰わなきゃ強くなれない」を錦の御旗として、最近はお菓子系統まで食べ続けている。なんかヤバイ。この辺で一度リセットした方が良いかもしれない。

 今日はヘッドライトを着けていたので、躊躇せずに室木に抜ける峠から四郎丸の道を通って倉久に抜けて帰ってきた。
 ティカのパチもんで購入したときは悪くないと思っていたけど、パトリオプロをCree仕様に改造した物と比べると明らかに暗い。しかも単四が3本と電池の仕様も中途半端。単三2本でCreeを130mA位でドライブし、12時間くらい持つヘッドライトを作りたくなってきた。
 ジャンクのeTrexにはMAX1677が付いている。同期整流のステップアップコンバータIC。無駄なピンも多いけど同期整流にCreeという組み合わせはカッコイイ気がする。

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

直鞍一周駅伝に出るぞ!

1010 去年は申し込み後に知って悔しい思いをした直鞍一周駅伝。今年はこちらからアクションを起こし、今日の昼休みに鞍手町の中央公民館まで行って要項を貰ってきた。
 「公民館」とは名ばかりで、宮若市の市庁舎よりも立派な建物でびっくり。昼休みにもかかわらず、色々と説明までして貰った。ありがとうございました。
 で、この駅伝。今年で62回の歴史を誇る由緒正しい?駅伝大会だったりする。去年見た限りでは案内放送をする先導車が有り、パトカーと白バイの先導が有り、全ての信号のコントロールが有りのマジな大会運営だったのが印象に残っている。
 とは言ってもレベルが高い訳じゃなく、参加の目安としては5kmを25分で走れることとなっている。去年は2区間を見たけれど、キロ5分よりも明らかに遅い参加者も居た。しかし規模が小さいけれども運営がマジなように、参加者のタイプも真面目に走ろうとしている人ばかり。悪いとは言わないけれど、ホノルルマラソンで最初から歩き出すようなタイプは場違いな感じ。
 この大会は福岡県警の協力体制も凄いけど参加費も凄くて2,000円。1名じゃなくて1チームで2,000円。37kmを7人でリレーするから、1人当たりは300円にも満たない。筑豊地区の行政には文句を言いたいことが多いけれど、今回だけは大々的に絶賛したい。

 この大会に近所の人と出ようとしています。でも人数が足りない。何方か一緒に出ませんか?もし自分たちでチームを組んで出たい人が居れば、直鞍一周駅伝を全国区まで盛り上げようと考えている?私が要項を送ります。
 大会は12月の2日で雨天決行。1区間は4kmから7kmくらいで区間によっては緩い坂が有るかな?という程度。ゼッケンは自作。給水は多分無い?。

 要項が来て気持ちが盛り上がったのでラン。トヨタグランドに真っ直ぐ行った。今日のメニューは軽めのインターバルを10本。タイムは計らないけれどちょっとキツイくらいのペースで土の500mを1周し、ジョグで250mを流して1本。これを繰り返した。
 今日くらいの強度なら、自分一人でも10本を楽にこなすことが出来る。まだまだ完調じゃ無いのでキツイメニューをする意味はない。身体の動きを考えたり、筋肉や神経にこういった強度や速度を経験させて行くことが主目的と考えている。
 今日も社内駅伝の練習が多かったけど、明確な目的が有ったので廻りの人はあまり気にならなかった。RCの人が2名で走っていた。やっぱり彼らは速い。

ラン 19km

| | コメント (5)

2007年10月 9日 (火)

10月の雨は冷たくて・・・

 肌寒いし、雨がしとしと降り続いているので外に出る気分じゃない。3週間くらい前の玄海100kmの時には、冷たい雨が降らないと文句を言って居たことを思い出す。その場の気分で勝手なことばかり言っていると、天気の神様がお怒りになるかもしれない。

 昨日のランで疲れたのもあったし、今日のトレーニングはあっさりと止めにした。最近はおやつをポリポリ食べる癖が付いてしまい、腹回りが何となくユルユルしているけどまぁいいか。
 ガレージに行って工具の手入れを始めた。先日不調だったコンプレッサは何とか持ち直した。吸気口からモノタロウの5-56?をぶち込んで一晩置き、翌日起動したら治っていた。しばらくはガレージに居る間は付けっぱなしで運転しておく。
 広島から福岡に帰ってきたときに錆だらけだった工具類。大まかに手入れはしたけど使用頻度の低い物には、まだそのままの物がある。その辺を少しずつやっつけていく。
 一番値段が高いものでも古いKTC程度。手間をかけて錆を落として手入れしてみても、見栄えは悪いし今後も錆びやすい状態が続く。思い切って買い換えても良いとは思うけど、金持ち相手にフェラーリの整備をしている訳じゃ無いのでこのまま使おう。
 使える物はそのまま使った方が環境にも優しい。工具の痛みもしばらくここを離れざるを得なかった私の人生を反映していると考えれば、怪我とか皺とか思い出の様な物だと考えれば愛着も湧く。
 やり出したら勢いが付いてしまい、夕食後もガレージに籠もって工具の錆や汚れを落とし、子供のオムツを切った油布でゴシゴシ拭き上げた。
 ニトリルの薄手のゴム手袋をしているので、家に帰ってから石けんで軽く洗えば普通に戻る。手洗い粉でゴシゴシやる必要は無いし、人前で指を丸めてしまう癖も付かない。良い時代になった。

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

ハブダイナモの修理

10081 鈍感にも程がある次男のハブダイナモ軸端部。ボールが完全に失われていて、ねじ軸とアウターレースの内径部がこすれて走っていた。何回見ても信じられない光景。
 取りあえず分解して汚れと錆を落とす。アウターレースは錆びただけ、インナーレースは多少の虫食いと錆。ボールがあったら何とか組めるので探してみたら、昔買っていたヤマハの純正部品で同じ径のボールが有ったのでそれを使うことにした。サイズは3/16インチで数は11個。パーツリストには10個と書いてあるのがあるけれど、反対側が11個だったので11個にした。
 このタイプのハブダイナモにはシールが入っているけど、それも失われている。金属リップのないオイルシールというか、専用設計のVリングとでも言う形状の品物。近いサイズにその辺のゴム板を切り出して取りあえず完成。

10082  本当は出力側にある32mmの8角部を回して総分解したかったのだけど、シマノの打ち抜いたような32mmスパナでやっていたら角を舐めてしまった。使い込んだ80mm近い細目ねじがこんな工具で緩むわけがない。この部分は後で工具を自作することにして、今回は後回し。
 専用テストベンチ?で試験したらそれなりに出力が出ていたのでOKとした。
 我が家にはハブダイナモが5台有る。うち4台は今回と同じシマノの製品。不安になったので全てのBrg.をチェックしたところ、他は異常が見つからなかった。うーん、この部分だけに何かが起こったと考えたら良いのだろうか?

 トレーニングは今日もラン。腕の振りを何とかしたい。今日は息子が使っていたアンクルウェイトを握って出掛けた。片側で500gとランニングのフォーム確認用としてはちょっと重すぎるような気もする。
 西中経由でトヨタグランドまで行ったけど、500gは結構重くて何もメニューをこなす気が起こらない。適当に2kmほど走って終了。
 いつもの峠のコースを通って倉久経由でトヨタの中を抜けて帰宅した。トヨタの中を横断する道の交差点を渡ろうとしていたら。横の道から突然ワンジルが出てきた。後ろにはコーチの車が着いている。
 顔がマジで結構なスピードが出ている。こっちも軽い登りでハアハア言っている時だったのもあり、声も出ないし手を振ることも出来なかった。
 トヨタ工場の外周路は適当なアップダウンが有るコース。私はそれよりも外側の昔からの道を走るので良くは知らないけれど、1週が4-5kmくらい有る。ワンジルがここで練習をしていると言うことは、福岡国際に向けてのロード練習なのだろうと思う。故障が無ければ7分を切るんじゃ無かろうか?

 シャワーを浴びたら肩が怠い。流石に500gは重すぎたかもしれない。でも腕を振る事による加速度をより強く感じることが出来て、自分の腕振りの状況を掴むには良い補助器具かなと言う感じ。

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年10月 7日 (日)

精米機完成

1007 空いた時間にボチボチやっていた精米機の整備がほぼ終わった。無難なメーカをあらかじめ選定して安全な道を選択したおかげで、ほとんど苦労なくここまで来ることが出来た。
 主な作業は、各部分解清掃、タッチアップ、網交換、電源ケーブル交換、糠箱製作、程度。
 今日は糠箱の製作を行った。オリジナルの形が解らなかったけれど、糠が落ちてくる部分の位置関係と開口部の寸法から必然的な形状が見えてきた。
 その辺に落ちているt=2.5mmくらいのベニヤ板を切り出し、ホットメルト系の接着剤で付き合わせ溶接や隅肉溶接的にくみ上げただけの手抜き品。タッチアップ用に調合した塗料を塗ったらそれらしくなった。あぁ~早く今の白米が無くならないかなぁ。

 トレーニングはラン。精米機の整備が昼頃までかかり、それから雨が降り出したのでガレージの掃除などをやっていた。夕方になって雨が上がったのでいつもの時間に走りに出た。
 西中で水を飲んでいるとグランドの向こう側の道をワンジルらしき選手が走って行った。日曜日にも走っているのか・・・。私もサボらなくて良かった。
 峠を越えてトヨタグランドに行ったら近所の人が走っていた。直鞍一周駅伝の事などを話し、私は400mの流しというか軽いインターバルというか、何となく中途半端なメニューを始めた。
 腕の振りを中心に、フォームや力のかかり方を感じながら400mを走る。キツイほどじゃなくてキロ4分くらいのペース。間は200mの歩きで繋いだ。これを5本やってお終い。まだまだ脚は重いけど、動き的には悪くない感じがある。
 室木へ抜ける峠を経由して、倉久経由で六郎丸から自宅まで帰った。

 次男の自転車のハブダイナモがおかしい。おかしいと言うよりも軸が滅茶苦茶。邪魔になるから動かそうとしたら前輪がロックしている。良く見ると右側の軸受けの玉が全部無くなっている。
 次男を呼んで聞いてみると気がつかなかったらしい。この状態で乗っていたらしい・・・。信じられん。これで「俺は理系」と言うのはもっと信じられん。ズボンとパンツを履かずに電車に乗るよりも、私的には壊れた軸受けをそのまま使う人間が信じられん。
 嫁さんはこういった傾向が顕著。指摘しても解らないと言われることも多い。最初の頃はショックで倒れそうだったけど、世の中にはそう言った人も数多くいることが解ってきた。
 私は私で別の部分では呆れられるような鈍い部分が有るわけで、どっちが良いとか言う話では無い。まあ、息子達には両方の遺伝子が適当に混じって受け継がれ、それなりに面白げな人生を送れる人間に育ってくれることを期待しよう。

ラン 17km

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

中学校駅伝

 小竹のサイクリングロードで直鞍地区の中学校駅伝が有ると言うので見に行ってみた。仕事も有ったので午後からは仕事の予定。
 昨日のプールとほとんど同じ道を通ってサイクリングロードへ。着いたらすでに女子の終盤にさしかかっていた。10:30からと言う話だったけどガセネタだったらしい。
 女子が終わってから折り返し地点の近くまで移動。男子のレースはここで応援することにした。息子の中学は1学年1クラスの弱小校なので期待はしていなかったけど、いきなり1走が2位争いをしながら来たので盛り上がる。
 6走まで有るけど西中は長距離陣が3名?しか居ない。他は短距離やハードルの人間が出ることになる。100mと110Hの息子も4区で4kmを走る。
 その割にはみんな頑張ったようで、最終的に4位に入って筑豊大会への出場を決めた。短距離の生徒的には県大会と近いので手放しでは喜べないらしいけど、若い頃は色々な事をしていた方が良い。

 帰りは昼飯を食べるために本城経由で帰った。いきいき本城の中にあるラーメン屋で昼食。ラーメンは嫌いじゃないけど数ヶ月に1回くらいしか行かない。最近は基本的に外食が少なくなった気がする。
 脚の調子は悪くない。ブイッブイッにはほど遠いけど、それなりの強度まで行けるようになった。FTFの時にここまで回復していれば、バイクが30秒から1分くらいは速くなっていたのに残念。
 帰ってからは仕事を終わらせて、17:00からは軽くラン。西中で水を飲んで裏山を越えてトヨタグランドへ。
 グランドでは100mを10本。いずれも手の振りを中心にフォームや加重の移動に関して考えながら。
 帰りの坂道でふと思った。下りで楽に走ろうとすると接地時の反力の向きが鉛直では無くて地面に垂直になるイメージが良い。前に出した脚でブレーキをかける感じでは無くて、身体の下に脚を着くというか、接地点の真上に素早く重心を持ってくると言うイメージ。
 こんな事を感じながら下っていて、この感触は何かに似ていると感じ始めた。そう、スキーの感じに似ている。鉛直に加重するのではなくて、地面に垂直に加重できるように重心を前に前に進めていくイメージ。
 スキーは上手じゃないのでこれが正しいのかどうかは解らないけれど、自分的にはそう言うイメージで滑ると良い滑りになった記憶がある。坂道の下りはそれと非常に良く似ている。

バイク 36km
ラン 16km

| | コメント (2)

2007年10月 5日 (金)

なんか調子良いぞ

 精米機の網が来たので昼休みにママチャリを飛ばして農協まで取りに行った。稲刈りがほぼ落ち着いて農機具センターは普通の状態に戻っていた。
 何回も買うのは面倒なので2個注文した。1個が1,000円ちょっと。この位の価格なら性能に直結する部品なのだからこまめに交換した方が良い気がする。

 仕事が終わってからはプールへ。今日からは最近出来た飯塚のプール。自衛隊の近くまで行く必要があって片道が15km。行きの段階で既に薄暗いのでライトが必要。
 何故か自転車がグングン進む。ふと思ったけど大腿四頭筋の痛みを感じていない。尻を中心に漕いでは居るけれど、8:2とか9:1の割合で大腿四頭筋も使ってしまう。今までは大腿四頭筋に痛みが有るから全体出力が引っ張られて低くなっていた。
 今日はこの制限を感じない。そのために全体の出力制限が無くなり、良く進むイメージを持てたのかもしれない。
 まだ完璧とは言えないけれども、今回は普通に戻るまでに3週間もかかってしまった事になる。頑張りすぎたと言うよりも、年齢的に回復に時間がかかり始めたのかもしれない。今後のトレーニングでは、そう言った面も考慮していかないと身体をこわしてしまう。

 スイムは先生が急用で来られなくなった。電話でメニューを指示されたのでそれをこなしていく。不在時のメニューだからか**秒サークルで10回などと、時間制限のメニューが多かった。しかもバタ足系が2つも続いて私的には相当きつかった。
 最後にクロールで25mを10本やったら不思議と水を掴んだ感触があった。直前のメニューが何か意味を持っていたのだろうか。凄く不思議。今度は自分一人で泳ぐときにも同じ事をやってみようと思う。

スイム 1.75km
バイク 46km

| | コメント (0)

2007年10月 4日 (木)

精米機

1004 今まで精米は下の家の人にやって貰ったり、気が向いたらコイン精米に行ったりして処理していた。ところが「年寄りばっかりで、そろそろ袋を抱えるとがきつうなった」と言われて、100%自分の家で処理しないと行けないようになってしまった。
 コイン精米も往復の時間を考えると面倒。多いときは1回に9合くらい炊くことも有るらしいので、3合とか5合なんて書いてある家庭用じゃ話にならん。しっかりした機械は10万くらいして買えない。
 と言うことで、農家用とでも言うべき位置づけの機械の中古を買うことにした。現存するメーカーで農協経由で部品が入る事を条件にメーカーは細川製作所が良かろうと思って探したのがこれ。
 20,000円弱で入手できた。20年くらい前の機械なのでそれなりに汚れてはいるけれど、送りのスクリュなんかは角が立っていて大して使っていない感じ。網は流石に錆と変形で痛んでいた。農協に電話したら在庫があって明日入荷。
 一旦分解して中身を清掃し、ちょっとだけ調整しながら組み立てたらほぼ完成。モータのBrg.音がちょっと大きいような気がするけど、モータを開けるのは面倒なのでしばらくはこのまま行ってみよう。

 タッチアップ用の塗料やら、網を止める蝶ねじやら、細かい部品を買い出しにグッデイを2往復したら脚が疲れてきた。ママチャリで起伏のある道を20km走ったわけで、今日はこれでお終い。

バイク 20km

| | コメント (6)

2007年10月 3日 (水)

従姉妹とお菓子

 松本に住んで塗料屋をやっている従姉妹が伯母さん達を連れてやってきた。数年前にも来たことがあるインプレッサで三才山を飛ばしていると言う50過ぎの恥ずかしい(笑)親戚。
 もうちょっと体重を減らしたら燃費も加速も良くなると思ったけど、ここを見ていると言っていたので、あんまり書くとクレームが来るからこれ以上書かない。
 長崎旅行の帰りに寄ってくれたらしくて、お土産を沢山貰った。総カロリーを計算したら卒倒しそうな量がある。相当走らないといけない。。。

 今日もラン。カロリー消費が目的ではなくて、大腿四頭筋が使いにくい状況下で色々な動きやフォームを試してみようと思って。
 今日のメインは腕の振り。今回のフェスタの写真とか今までの写真を見ていて気がついたのは私の腕振りがえらく下の方で終始していると言うこと。
 フォームは個人の体型や動きによって最適解が異なっているのは当然とは思うけど、人と相当違うのを見て人並みの動きも試してみようと思い立った。
 今は他人と違う動きによって他人と違うメリットを得ているのかもしれない。しかし今のままでは他人が得ているメリットを経験しないまま終わってしまう可能性もある。
 しばらくは人並みに上の方で腕を振る癖を付けて、何か変化が有るかを観察してみようと思った。腕振りを意識するためには、トヨタの若手がやっているように小さなウエイトを握って走るのも良いのかもしれない。

 西中で水を飲んでトヨタから室木の峠を回って帰るコース。西中の手前で陸上部のロード練習に追いついた。今週末が駅伝なのでその対策と思われる。
 一人はうちの三男だった。ちょっと話してから西中の坂を上り始めたら、不意に後ろからダッシュをかけて追い越していった。私に似て卑怯な手が巧い(笑)。
 このまま負けたら悔しいので、故障も忘れてこっちもダッシュで西中の坂を駆け上った。最後はほぼ並ぶくらいまで追いついた。
 頂上の向こう側では女の先生がストップウォッチでタイムを取っていた。必死で走り込んだ瞬間に目があった。相当恥ずかしかった。

ラン 14km

| | コメント (2)

2007年10月 2日 (火)

MSAS好調

1002 日本版WAASことMSASが正式運用になってから1週間弱、なかなか好調に受信できている。GARMINの言う精度2mは眉唾物だけど(笑)。
 ファームによっては古い47番の情報を離さなかったりして、日本の信号を受信できないことも有るけれど、そんなときはファームを最新にしてみたり、フルリセットをかけたりすると受信できる事が多い。
 バーグラフが白抜きじゃなくて中実になっていると言うことは、GARMIN的にも測距離データも活用していると言う事と思われる。

 今日は走ってみた。FTFでも或る程度走ったし、強度や坂道に気をつければ何とかトレーニングを続けながら回復を待つことが出来そうに感じたから。
 西中に寄って水を飲み、裏の峠を越えてトヨタグランドへ。社内駅伝前で人がうじゃうじゃ居るので、誰も走っていないクロカンコースを10周してから帰る。
 帰り道は室木に抜ける峠を経由して倉久から六郎丸を通って帰宅した。全般的に強度は緩く、特に坂道の下りでは極端に落としてみた。
 そう言えばワンジルが故障しているときに、芹田から数キロの区間を一緒に走ったことがある。その時のワンジルも下りは驚くほど速度を落としていた事を思い出した。部位にも依るとはおもうけど、下りは脚への負担が大きいのかもしれない。
 トヨタを抜けて六郎丸までの最後の区間では、少しペースを上げてみた。身体が温まって来たからなのか、割と良いイメージで進むことが出来た。でも調子に乗り過ぎたようで、家に帰ってシャワーを浴びていると左足のふくらはぎがえらく張っている事に気がついた。
 ちょっとだけ無理をしすぎたかもしれない。故障部位と違うところが過負荷に成ってしまった。

ラン 15km

| | コメント (2)

2007年10月 1日 (月)

ゆっくりバイク

 昨日は追い込むような走りが出来なかったので、肉体的にはほとんど疲れが無い。大腿四頭筋以外は休む理由がないので自転車にでも乗ってみることにした。
 最近は日没が速いのでブルベ仕様の方で走り出す。トヨタの廻りを半周して笹が峠の辺りから室木に抜けて、後は室木線跡の道を3号線まで。
 薄暗くなった3号線を東福間の辺りまで西進し、本木経由で見坂峠を越えて若宮ICの前を通って帰ってきた。

 大腿四頭筋を極力使わない漕ぎ方がだいぶ解ってきた。意識している間は痛めるほどの負荷をかけるような事は無くなった。大半の力を大臀筋辺りから出している。
 玄海もトライアスロンも終わったので、後はマラソンの大会に少しだけ出て冬のトレーニングを考えないと行けない。その前の準備段階的に比較的ゆっくりとペダルを漕いで走った。

 Twin Creeのライトを着けてから通行量の多い道路を通っていなかった。今日のコースはその辺の検証の意味もある。
 対車両的にはそれなりの意味がある事が解った。ハロゲンライトよりも迷惑照射が増えたからか色合いなどが目立つからか、廻りの車がはっきりと認識してくれているのが理解できる。かなり手前から右折待ちの車が止まったままで動かない。この辺はかなり安全に成ったと思われる。
 標識の見え方はちょっと見えすぎ。もう少し上向きの照射を減らしても良い。エネルギーの観点から言えば、その光を路面を照らす方に持ってこられれば一番良い。そう言った意味では最初に試験していたYukihira Reflectorを完成させるのが理想的かも。

バイク 48km

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »