« プール探し | トップページ | オートD »

2007年8月12日 (日)

楽松師匠のピースラン

0812_2 早く目が覚めたら高速バスで博多まで出て一緒に出発しようと思っていたけど、予定通り?に寝過ごした。06:30頃に起きて朝食を取り、ゆっくりと準備をしていたら出発したのは08:20に成っていた。
 見坂峠を越えて福間に出て、あとはひたすら旧3号線を博多に向かって走り続ける。博多駅を07:00に出発した師匠達に何処かで会えると信じて。
 古賀を過ぎてもうじき新宮かなと思う頃、養護学校の横を通り過ぎたくらいのタイミングで一行に出会えた。

 今日も暑い。暑い時間はひたすら歩く。キロ11分くらいのペース。数kmおきにコンビニで休憩して北九州を目指す。
 去年と同じくサポートはShinakoさん。タイミング良く水や冷たい果物を出してくれるキュートな女性だけど、赤いエナメルのターサー、アンクルウェイトを巻いた足首、ギリシャ彫刻のようなふくらはぎが、普通のお嬢さんとは違う世界の人で有ること物語る(笑)。

 今年は城山峠までおつきあいした。海老津まで行って平山口経由で帰ろうかとも思ったけど、そうなると帰宅が2時間は遅れてしまう。論地峠をライト無しで走るのも嫌なのでこの案は止めにした。
 城山峠から吉留の方角に下りる小道があったのでそこを通り、冨地原に出て赤木峠経由で帰宅した。

 今日も釈チャンのハイソックスを履いてみた。ふくらはぎのサポートに関してははっきりと良いと思う。色が黒なので日射によっては暑く感じる。水で濡らせば涼しい。
 走っているときは何ともないけれど、長時間の歩行だと加重条件が変わるようで不具合点が出てきた。一つは爪が押されること。ストッキングに近いので靴下が常時爪先を押しているのか、滑りが良いので靴の先に当たっているのか解らないけれど、ちょっと痛いくらいに爪が押される。
 もう一つはマメ。左右の拇指球下辺りに、φ17mmのマメが出来てしまった。これははっきりと歩行時のみ。最後の赤木峠を走るときにも増大しなかったしそれほど痛くも無かった。
 歩くことは解っていたのだから、換えのソックスを持参すべきだったと反省している。嫁さんに言われている見た目の悪さだけど、一応スポーツの世界なのだから速いほうが偉い。このソックスを履いて私のタイムが上がったら、そのスタイルの方がカッコイイと言うことに成る。

 今日は距離的には58km、時間的には9時間34分の運動と成った。途中は走ってこそ居ないけれども、炎天下の継続的な運動と給水や補給に関して自分的に良いトレーニングに成ったし、良い検証が出来たと思う。
 これが今年の玄海100kmやその後のマラソンなどに繋がることを信じて、今日はゆっくり休もう。

 この時間でも師匠達は走っていると思う、お気を付けて。長い間のサポートありがとう、Shinakoさん。

ラン 58km

|

« プール探し | トップページ | オートD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プール探し | トップページ | オートD »