« 平泳ぎからバタフライへ | トップページ | なんか変わったかも »

2007年8月29日 (水)

女子高生とハァハァ

 朝一にランティスに自転車を積んでマツダへ。パワステポンプは新品とリビルト品で見積を作ってもらうことにした。
 直ぐに自転車で帰宅。赤木峠の登りではそのままのギヤでケイデンスを落とさず、と言うことはどんどん強度を上げながら登ってみた。最後は死にそうになった。水のシャワーをしばらく浴びてから、身体を冷やしてやっと仕事の開始。
 ランティスは夕方に連絡があり、リビルト品を使って総額31,000円程度で作業して貰うことに決定。これからも怪しい補機類は、オルタネータ、エアコンコンプレッサ、ディストリビュータ&イグナイタ、等々、いくつか思い浮かぶ。予防的な交換を考えていく時期に来ているかもしれない。

 日曜日と言うよりもスイムの時の筋肉疲労が少し残っているような気がしたけど、玄海にむけてランの練習に出掛けた。疲労感を考慮して今日はピリッとした練習にしようと思った。
 トヨタに行ってみると実業団が帰ってきていた。コーチが1名だけなので、森下さんともう一人は三津谷選手と一緒に大阪だろうと思う。
 外周路を4分30秒くらいでジョグ。結構キツくなってきたときに年配のトライアスリートに追いついたので、ペースを落として話しながら心拍を下げた。
 給水してトイレから帰ってきたら、宗像高校が練習を始めた。女子と一緒に監督もジョグしている。悩んだけど一緒に走らせて貰う事にした。

 男子10000mのラストを見て思ったこと。どんなに才能があってどんなに素晴らしい練習が出来ていても、自分の中に限界を作っている様な選手にはあのラストの走りは出来ないだろうと。これは素人にも当てはまると思った。
 その事を思い出した。流石に高校男子は無理だけど女子高生に付いていく努力くらいはしてみろよと。思い切ってジョグの列に加わった。
 走りながら監督と話をした。体感的にキロ4分くらいと感じていたら4分20秒だった。少なくとも今日の調子は良くはない。。。
 今日のメニューは1000mを3本らしい。3分10秒目標で。やっぱり止めようかと思ったけど、限界を作らないために走ることにした。でも2本目と3本目だけ(笑)。

 1本目が終わってダウン中の女子選手に混じる。この辺りから廻りが女子高生じゃなくて女子選手に見えている。だんだんマジモードに成ってきた。
 スタートしたら結構ペースが速い。でも遅れる程じゃ無いので先頭に付いていく。600mを終えた段階で2番手。そのまま後ろに付いていって、最後の100mで根性を振り絞って追い越してゴールした。
 久しぶりにトラックの横に吐きそうになった。一緒にジョグをして3本目を待つ。この段階ではもう止めようと思っていた。でも3本目がスタートする直前に成って、このままじゃ自分の限界を壊せていないような気がしてきた。ほっぺたをパンパン叩いて気合いを入れ、リーダーの声に応えて声を出してスタートした。
 流石に2本目はキツイ。400mくらいまでは3番手で、そこから2番手に上がってそのままでゴール。1番の選手とは7秒くらい差がついてしまった。悔しかった。

 最後の100mを2本の流しでは、意地で2本とも先頭に出た。長距離の女子高生よりは筋肉量が多いので当然と言えば当然。この段階では廻りは女子選手にすら見えて無く、とにかく負けたくない練習相手に成っていた(笑)。
 生徒達と監督にお礼を言って帰路についた。グランドを出るところまでは良い格好をして軽くジョグしたけれど、見えなくなってからはヘロヘロになった。

 広島時代は月に1回はサタ陸でこういった刺激を入れていた。今後もどこかに無理矢理入れて貰ってでも、こういう機会を作っていこうと思う。無理はいかんけど自ら限界を作っていては進歩が無い。

バイク 10km
ラン 18km

|

« 平泳ぎからバタフライへ | トップページ | なんか変わったかも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平泳ぎからバタフライへ | トップページ | なんか変わったかも »