« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

忙しいのか怠いのか

 特注品的な仕事が重なっていて、意外と時間が直ぐに無くなってしまう。17:00過ぎてもゴチャゴチャやっていたらトレーニングの時間も無くなってきた。仕方ないので今日は止めにする。
 こうやって書いていると忙しいだけが理由と思えるけれど、僅かな時間でも何かやろうという気分に成らなかった事も事実。そう考えると身体が「止めようよ」と言っているとも考えられる。
 ちゅうことで、はっきりした原因は解らないけれど今日は休みになった。たまにはこんな日も悪くない。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

暑いときはどう走る?

 昨日の疲れはいつもと違う。体中の関節がバキバキに成った感じ。どこかが痛いとか怠いとかはなくて、体中の曲げ伸ばしが億劫なイメージ。畳の上で背伸びしてゴロゴロ転がると気持ちいい。 

0730  これは昨日のバイクの心拍数データ。スタート時にボタンを押し忘れてしまい、左端は実際の20km地点に相当する。
 凄く暑い日だったので、胃腸がやられて補給食や水分の摂取に障害が出始めてしまった。そこで途中から当初の165拍設定を見直し、155拍くらいまで落として回復を待ちながら走ることにした。

 グラフ的には40km地点(実際の60km地点)辺りから心拍が落ち始めているのが解る。昨日は心拍的にも筋肉的にも165拍の強度を維持することが出来たのだけど、胃腸的にキツかったので155拍まで下げて吸収能力の悪化を何とか食い止めた状態に近い。

 昨日に関してはどの程度で走るのが良かったのだろうか?165拍があの気象条件では過負荷で有ったことは明か。155拍程度に落ちた後はそれ以下に下がることは無くてサチレートしているように見える。と言うことは最初から155拍でスタートしていれば、急激に吸収能力が落ちることもなく、若干の能力低下を感じながらも順調に補給を続け、最後まで155拍程度の強度が維持できたのかもしれない。

 バイクと使う筋肉は違うけれど、この辺りの考察は玄海100kmにとっての大きなデータの蓄積に成る。人によって違うとは思うけど、玄海100km当日が高温に成った場合、私の走行速度を制限するのは心肺機能でもないし筋持久力でもない、胃腸の吸収能力が一番のボトルネックに成ってしまう。
 今日と同じくらいの気候に成ってしまった場合、総競技時間が長いこととバイクよりも走行風による放熱の低さを考えて、ウルトラマラソンでは155拍を上限と考えて走る事が望ましいのかもしれない。

 夕方は軽く走ることにした。関節のバキバキ感に対して、軽く動いた方が良いように感じたから。西中の往復を軽く軽く。かなりの区間を口を閉じて鼻だけ呼吸で走ってみた。

ラン 10km

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

バイキング練習会

0729 朝5時に起きたら外がもやっとしている。もしかして天気が崩れるんじゃ無いかと思うくらいのどんより感。これならランシャツで良かろうと甘い判断で出掛けた結果がこの写真(笑)。
 判断ミスは仕方のない面も有るけれど、予備のウエアも用意しておくべきだったと反省。。。

 練習はエイドの関係でスイム、バイク、ランの各パートを細切れに行った。スイムは2km。先日の芦屋のような白波は無くて泳ぎやすい。参加は20名。トップのタイムが24分を切るくらい。あまりに速すぎるような気がする。私は15番目くらいで37分丁度。2kmを37分なら速くなっているけれど、トップ24分から2km無いように思えるので私もそれほど速く成ってないような気がする。

 気になったのでカシミールで測ってみた。直線往復で1700mと出た。1700mを24分なら3000mを42分。皆生のトップのタイムとだいたい合う。と言うことは私も1700mを37分なので3000mを65分と言うことになる。ちょっとだけ速くなったかもしれないレベル。

 バイクは2kmほど離れた波津海岸横がスタート・ゴール。そこまで全員で移動した後、スイムのタイム順にスタートしていく。バイクコースは波津から津屋崎の往復を3回繰り返す。40kmx3=120km有るらしい。皆生よりも少し強度を上げようと考え、心拍を165拍で行ってみようと決めてスタートした。1ラップ目くらいまでは良い調子で推移していた。
 しかし次第に日光の照射が強くなり、強度よりも放熱の問題が出るように成ってしまった。例によって私の胃腸は弱い。グビグビ飲んでどんどん気化熱で冷却とは行かない。仕方がないので2週目くらいから心拍設定を落とし、155-160拍辺りで走るように変更した。
 この変更は割と巧く行き、固形物も水も受付にくく成っていた胃腸が少しだけ復活した。そのままの調子で3週目に入り、最後の海岸線だけは170拍くらいまで上げてゴールした。

 走っているときにも感じていたけど、この暑さは相当の物だった。参加者のうち約半数が2週目でDNFと成ってしまった。私は取りあえず3週目を終えてゴールした。ゴールした者の中ではビリから3番目だったような気がする。バイキングの練習会でこの位置は私的には或る程度満足できる位置。トップには池形、武友、酒見、等の選手達が居るのだから。

 その後昼食を摂ってミーティング。その後で最後にランと成ったけど時間が遅くなっていたので私は走らずに帰ることにした。
 いくつか勉強になった。バイクが速い池形さんとか酒見さんを観察すると、空力的なバイクにエアロヘルを使っている。注ぎ込むお金の事が有るので難しい判断では有るけれど、力の無い私の方が劣った機材で追いつける訳がない。
 バイクが終わって直ぐのこと、武友さんがプロテインを飲んでいた。私はその横でコーラを飲んでいた。話をしたら「良い練習が出来たのだから、こういうケアをするのは当然」と言われた。まさにその通り。今すぐに出来る事すら私はやっていない。こんなんで追いつける訳がない。強くなれる訳がない。

スイム 2km
バイク 120km

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

肩廻りが怠い

 昨日の疲れが出てきた。と言うか昨日の練習が終わってからずっとこんな調子。パドルは手強い。昨日の夕食を無理して食べてしまったのか、それとも胃腸が弱っていたのか、今日はイマイチ消化が良くないような感触がある。まあボチボチ行こう。

 そんな調子なので流石に今日は休み。ゆっくり休んで超回復し、強靱な肩廻りが出来上がっているのを信じる。でも昨晩は暑さなのか疲労なのか睡眠の質が良くなかったような気がする。

 明日はバイキングの練習会に参加の予定。バイクが120kmとか160kmとか書いてあるのは困ったもんだ。ここのチームは気力の9割はバイクに賭けているような所があるので(笑)、皆さん全力のTTになるに違いない。参加の承諾メールにも「バイク頑張る方は是非決戦ホイールでお願いします。TTメット、他気合入るもの用意してちょ。」と書いてあって思わずパソコンの前で後ずさりしてしまった。

 明日の準備でもして寝ようかなと思っていたら、東北大でグライダー死亡事故のニュースが入ってきた。189発乗ってて自家用持ち。ASK-23でヒューズ切れ後のスピンらしい。。。北東の方角に向かって手を合わせることしか出来ない。
 事故のニュースを聞いたとき、昔は「俺なら死んでないね」と感じていた。でも最近は「俺も同じように死んでるだろうな」と感じる様に成ってしまった。これは空の神様の航空身体検査が通らなくなった事を意味するんじゃ無かろうかと思う。

嫁さんと散歩 3km

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

花火

0727hanabi 金曜はスイムの日。今日も30分くらい前に着いて蹴伸びとか苦手なキックを軽く練習してウォーミングアップ。時間が近くなっても人が来ないのは何故?不安に思っていたら世話人のオバチャンが来た。今日は二人だけ。

 このオバチャンは結構泳ぐ。ちょっと嫌な予感がした。ウォーミングアップは十分やねと言いながら示されたメニューは、プルブイ+パドルに6回に1回の呼吸制限付きで75mを泳ぎ、20秒レストで25mを全力で。これを1セットとして20秒レストで10本!。これって田舎町のオバチャンとオジチャンがやるメニューですか??と思いながら二人で始める。
 予想を上回るキツサ。3回目くらいで止めたくなって6回目くらいで死にそうになって7回目くらいで「止めても良いからパンツ脱げ」と言われたらパンツでも何でも脱ぎます状態になって、なんか目の奥が白くなりながらなんとか10本を終えた。

 最後の25mはもっと腕を速く回せと言われるので必死で回していたら、今度は早めに抜きすぎて最後が押せてないと言われる。そんなにできんわ。。。と思いながらとにかく必死で回すだけ。
 終わったら苦手のキック。クロールのキックで75m+バタフライのキックで25mのセットを4本。腕主体のメニューはオバチャンに勝ったけど、キックになると4:3くらいの差が出来た。やっぱりキックは特に下手くそだ。

 毎回キツくて死にそうやけど、自分一人で練習していたら10年経ってもやらないような練習ばかりをやらされる。そう言う意味では入って本当に良かったと思う。ずっとついて行けたら本当に2割くらいタイムが上がるんじゃ無いかと思う。

 帰りは宮田の花火大会を見て帰った。花火が有るから今日の教室は出席率が悪かったのだと思う。凄くにぎわっているわけでも無し、柳田国男の気分に浸るほどでも無し、なんとなく中途半端な筑豊の田舎町の花火大会だった。私的には悪くない。

 最後にちょっとだけ懺悔しておきます。最初の10本の時に20秒レストと言われたけど、6本目か7本目くらいからどうにも成らなくなって25秒に延長してしまいました。先生は見てなかったと思うけど、水泳の神様は見ていたと思うので正直にごめんなさいしておきます。次からは20秒でやってみますから許してください。

スイム 1.7km
バイク 22km

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

ショートクランク

 今日の夕方、仕事の発送物と一緒に165mmのクランクをライバル宅に送った。バイクに関する試行錯誤の中で、我がライバルが165mmクランクを試してみたがって居たから、爽の抹茶味を3個と引き替えに1シーズン貸与の契約をした。
 このライバルはランが速い。今年の錦帯マラソンでコテンパンにやっつけられた。バイクに関しては私が勝っているのでは無いかと思う。スイムは同じくらい下手くそ(笑)。その彼のバイク能力が向上すると困るわけだけど、ベストの状態のライバルに勝ってこそ真のアスリートと言えるわけで、上杉謙信の気持ちになって敵に塩を送ってみた(笑)。来シーズンは泣くことに成るかもしれない。。。

 今日も暑かった。こんなときはトヨタでラン??。グランドに着いたら丁度実業団のメンバーが寮から走ってきたタイミングだった。一緒に門から中に走り込んだけど何か変な感じ。120円のアクエリアスを買って取りあえず補給。
 実業団は記録会に向けて刺激入れの練習をしているけど、こんな暑さの中で素人は強度を上げることは出来ない。ボチボチのペースで芝のコースを周回する。15分に1回給水して、45分走ったら水が無くなったのでお終い。流しを3本入れて帰路についた。
 室木に抜ける峠を経由して四郎丸に降りる。醤油屋の建物が道路に向けて倒壊しており、通行止めになっていて驚いた。

 夜はルミエールに食料の買い出し。暑くて喉が渇いて冷たい物が欲しかったので、子供のようにねだって2kgのアイスクリームを買って貰った(^^)。家に帰ってコーヒーカップに山盛りにして食べた。 あぁ小さな幸せ。

ラン 22km

| | コメント (2)

2007年7月25日 (水)

彼女、昔は俺と練習してたんだよね

 夏らしくなってきた。寝る部屋にも仕事場にも何処にもエアコンがないエコ住宅なので、季節の移り変わりを感じながら健康なのか不健康なのか良く解らない生活が続いている。
 昨日のスイムのおかげで肩廻りに重い感じが有る。回転練習のせいなのかキック練習のせいなのかは解らないけど、太腿の横辺りも何となく重い。軽かったとは言え皆生が終わって回復期間中なので負荷はかけたくない。今日は休み。

 とは言っても気持ちまでふにゃーと成っては困る。そんなときはこのブログを見ると気持ちが高揚してくる。昔の日記でここの21日に書いていたけど、彼女とは1回だけ一緒のコースを走ったことがある。その時は本当に世界に出て行くとは思っていなかった。そろそろ「彼女、昔は俺と練習してたんだよね」と言っても良い時期に来たかもしれない(笑)。
 彼女の文章を読むとじわーっと来る高揚感ではなくて、体育会系的に「オッシャーッ!!」と叫びたくなるような気分になる。気持ちだけは維持して身体は休めよう。

 特注のアルミ製アンテナ基台に不味い部分があり、夕方からアルミアングルを買いに行った。昼休みはあまりに暑かったので出掛けることが出来ない。ママチャリでナフコの往復。「軽」ギヤでクルクルクルクル。

バイク 20km

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

スイムキツイっす。。。

 昨日の寝る前にアップしようと思っていたけど、Niftyがメンテ中でアップできなかった。

 スイムは月に4回のコースにしている。基本は金曜日。皆生の週に行かなかったので今日と27日で残りを消化しようと計画。天気も良いのでブルベ仕様のロードでB&Gへ行った。
 始まるまでちょっと早かったけど軽く泳いでおこうとプールに行ってびっくり。皆生のキャップが2名もいる。成人男子が居ることすら珍しいのに、その2名が(私も入れたら3名)両方とも皆生のスイミングキャップを被っているのは奇跡に近い。
 話してみると一人は先日の筑豊カップで一緒だった大和青藍の先生だった。もう一人は何故か鞍校の陸上部員。ウェットまで着て泳いでいるのでトライアスロンをやっているのだろう。

 今日のレッスンはキツかった。毎回同じ事を書いているような気がするけど(笑)、やっぱりキツかった。パドルを付けて100mを8本もキツかったけど、顔を上げたバタ足で手は前方で和船の艪のような動きをするので死にそうに成った。脚はキック力の強化?手は揚力を出すイメージを掴むためだろうか?どうでも良いけど今の私にはキツイ。
 でも廻りのオバチャンとか小学生の女の子が付いてきているのだから、途中で脱落するわけにも行かない。人並みのスイム能力に成ることを夢見て頑張ろう。

 行きと帰りの自転車は回転メイン。回転数を上げると言うよりは回転させるための動きとか神経系を鍛えようとしている。昨冬は力でブイッブイッと下向きに踏むことをメインにしてきたけど、そのイメージのままだと回転が全然ズムーズじゃ無い。どちらかというと上死点で前に押して、下死点で後ろに引っ掻くイメージで脚を動かすとイイ感じ。
 これを意識すると太腿廻りが直ぐに疲れてくるので、そのための小筋群が発達して居ないのかもしれない。神経系と一緒にそれらが発達してくれるには、最低でも数ヶ月はかかりそう。こっちもボチボチ行こうとおもう。

スイム 1.5km
バイク 22km

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

Geko? Gecko?

0723geko  GPS信号を受信できない方のGeko。我が家ではムカデとも共存しているけどヤモリとも共存している。辺りが暗くなった頃、食堂の小さな窓の外側に数匹がやってくる。明かりに虫が集まるので恰好の餌場になるらしい。

 夕食後にコーヒーを飲みながら、ガラスの裏から彼らが餌を捕る仕草を眺めていると飽きない。彼らは垂直の壁でも鋭い動きが出来るのが凄い。網戸には張り付かずにガラスに張り付く事から、ギザギザじゃなくて吸盤的なくっつき方をしているのだろうか?

 今日はトヨタでラン。グランドに行くだけでも暑くて、直ぐに120円のアクエリアスを1/3位飲み干してしまった。実業団は集団のインターバル?。遅れた選手には容赦ない罵声が飛ぶ。若い頃脚が速くなくて良かった・・・。

 芝のコースを走っていたら久しぶりに髙島さん登場。皆生前から気になっていた武友妹のブログとの関係を聞いてみたらピンポンだった。ふーん、そんな風に繋がっているのか、と感心する。

 フォームというか重心の移動と接地の瞬間とかその後の脚の運び方とか、その辺を色々考えて試行錯誤しながら走ってみた。自分なりに色々と試してはいるけれど、それがどのように体の動きに反映されているかが解らない。その辺がもどかしい。だからといって何も考えずに走るだけでは強くなれないだろうと思う。

ラン 15km

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

出稽古は中止

0722 Dr.Tさんの所にやっと私の写真が掲載された。1stランが遅かったので仕方ない(笑)。いつも綺麗な写真をありがとうございます。Dr.Tさん、さぎしまは頑張ってください。

 今までの2回に比べると、バイクポジションがだいぶそれっぽい方向に進化しているようには感じる。漕いでいても感じるのだけど、もう少しハンドルを下げたい。スペーサは全て抜いているので後は肩が下がったTT用のハンドルバーに交換するしかない。この辺は背が低くて不自由な所。

 今日はバイキングの練習会に参加の予定だった。バイキングのバイク練習会は大会よりもキツいしレベルも今の私には少し高い。でももう一段階バイク力を上げるには、しばらく苦しんでみるのも悪くなかろうとの判断で酒見さんにお願いした。

 家は降ってなかったけどユリックスに行く途中は凄い雨。到着してからも小雨が降っているので練習会は中止になった。補給食に薄皮アンパンを買っていたので無駄にはしたくない。。。嘉穂陸上競技場まで三男の筑豊大会を見に行くことにした。

 回転力を付けるためにインナー固定。リヤも軽めに固定してクルクルクルクル回して回す。やっぱり回すことだけに凄くエネルギーを費やしている。これが簡単に回せるように成らないと、もう一段の能力アップは無かろうと思う。

 三男は100mと110mHに参加。直鞍大会でギリギリで拾われた割には善戦しているように思う。短距離やるにはもうちょっと筋肉が要りそうな感じ。ハードルは上手に跳んでいる。誰の遺伝子だろう??

バイク 74km

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

トランジスタ技術

0721 EMSで発送したい物があったので、昼間にママチャリで森林都市の郵便局まで出しに行ってきた。赤木峠を高ケイデンスでクルクル回して登った。
 夕方にこれまでは発送したいという荷物を作っていたら、偉く早めにヤマトが来てしまった。仕方がないからママチャリで営業所まで持って行った。なんか今日はママチャリによく乗る。
 某所に「dsPICっていままでのPICが自転車だとするとスーパーカ
ブくらいには進化していますね」と書かれていたのを思い出し、本屋に寄って数年ぶりにトラ技を買ってみた。まだ中は何も見てない。自転車すら乗りこなせていないので、私にはありがたみが解らないかもしれない。

 本屋の袋に同封された申し込み葉書を見てちょっと嬉しかった。以前は結婚相談所の葉書が入っていたのに、5年くらい前から「右脳の活性化」とか「速読で脳を鍛える」とかの方面ばかりが入るように成ってきた。
 レジのお姉さんが選択して入れているのだとすれば、「異性を考えるよりも自分の惚け具合を気にし始めなさい」と言われているようで落ち込んでいたから(笑)。でも今日のお姉さんは結婚相談所の葉書を入れてくれた。嫁さんに嬉しそうに報告したら「それしか無かったんでしょ」と軽くいなされた。。。

 帰りは時間があったのでトヨタグランド経由で帰ってきた。ちょうど実業団の大半が集合して居るときだった。今日は基本的に休みなのか?ポイント練習は新人の一人がペース走を始めただけで、他の選手は数周のジョグの後に帰った。
 中崎選手がイイ感じで外周路を走っていた。レベルが違いすぎるけどフォームとか体型とか、何か参考に成らないかとじっと観察させて貰った。中崎選手の太腿はトヨタの他の選手よりも太い様に思う。自転車に乗せたら直ぐにそれなりのタイムを出しそうな立派な太腿。走る度に筋肉が浮かび上がってカッコイイ。
 今日はちょっと離れた所から新人のペース走をずっと観察してみた。監督とコーチ2名に注目された中で一人のペース走。試合よりも緊張するんじゃ無かろうかと思う。3分25秒前後で16000mを走った。最後は流石にキツそうな顔になり、3分28秒くらいまで落ちていた。

 実業団でもキツいんやなぁ。。。と思うと、何となく気分が楽になった。各選手のフォームが微妙に違うのも面白かった。今日一日では何も解らないけれど、何回か見ていると何か得る物があるかもしれない。休養の日はパソコンの画面など見ずに、トヨタの練習を見に行くのも悪くない。

バイク 32km

| | コメント (2)

2007年7月20日 (金)

バタフライ

 宮若スイムクラブ2回目。バタ足で涙目になった後は呼吸制限のクロール。息継ぎを25mで3回に制限して泳ぐ。ゆったり泳いでいたら力入れて泳げと言われた。でもこれは結構楽にこなせた。

 次が問題でバタフライ。廻りのオバチャン達は今までに何回かやっているらしいけど、私は全くやったことが無い。初歩の初歩みたいな練習だったけど、それでもついて行けん。だいたい脚を2回バタバタやって片手をぐるっと・・・なんて最初から出来るわけがない。何回も鼻から水を飲んで、マジで半泣きに成りながら何とかオバチャンに付いていった。

 軽トラで家に帰って遅い晩飯を食べた。嫁さんが買い物に行くというので、日の里のサニーまで買い出しに行った。イワシ竹輪というのが有ったので買ってみた。美味しいけどちょっと塩辛い。

スイム 1.0km

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

妖怪水

0719 なんやかんやと色々ある。なかなか仕事が進まない、終わらない。

 今日はラン。軽めに身体の状態を見ながら走る。今年の皆生後は特に辛いと感じる部分は無い。特に怠くもない。特に痛くもない。左の親指踏面にφ10mmのマメが出来ていたくらい。これも今日は何ともない。

 裸足にゲルフェザーを履いてトヨタに向かう。芝のコースを軽く走って帰る予定。年配のトライアスリートと話をしながらキロ6分前後で軽めにジョグ。不意に別のランナーから「今年も玄海に出るんですよね?」と話しかけられた。
 話をしながら走ると、今年の玄海100kmに初参加予定の人らしい。私よりも年配だろうか?よく走り込んだような締まった体つきは速そう。Shinakoさんの事もご存じだった。一緒に話しながら走っていたら時間が過ぎていき、予定よりも大幅に走ってしまった。

 この方に色々質問をされて返答に困った。「このペースで完走できるでしょうか?」とか「フォームはどうでしょうか?」とか私に聞かれても困る(笑)。だってまだ2回しかウルトラを走った事のない素人なんだから。。。サロマとか阿蘇をご存じの様だったので、2.5kmおきのエイドとか、そう言うのは期待できないから自分で考える必要が有るとは話しておいた。

 最後に身体の動きを確かめるような意味で流しを3本。イイ感じに身体は動く。何処も変なところは無い。久しぶりに天気がよいので帰ってからも喉が渇く。皆生の参加賞でもらうミネラルウォーターを飲んだ。我が家では通称「妖怪水」と呼ばれている。「波動値が高く免疫力や自然治癒力を活性化すると言われています。」と説明書きにある。訳解らん(笑)。

ラン 16km

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

リカバリー

0718  溜まっている仕事がなかなか進まない。ごめんなさい。

 今日は軽く3本ローラでも回そうと思っていたけど、久しぶりに天気が良くなったので実走に切り替えた。皆生仕様のままの自転車に、Tシャツ+短パンという普段の格好で出掛けた。
 倉久から論地峠を抜けて、平山口の辺りでいつもの道を通らずに細い道を通ってみたら、海老津の先の赤鳥居の辺りに出た。こんな道初めて通った。
 後は城山峠を越えて赤間に出て、赤木峠を越えて山崎に抜け、トヨタを回って帰ってきた。

 インナー固定で軽いギヤを適当に回した。回復の過程でじっとしているよりも良かろう・・・程度の内容。本当に回復に役立ったかどうかは解らないけれど、精神的にはかなりすっきりとしてイイ感じになった。

バイク 25km

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

皆生が終わって

 レース終了直後の感想というか反省項目を、記憶が劣化しないうちに書いておこうと思う。

 第一はスイム。これはレース前から解っていたけど、デュアスロン化した皆生を普段より高順位で終えることが出来た事でいっそう強力に感じることが出来た。今後の方向としては入会したスイムクラブで素直に泳ぎ続ける事を第一とする。自分なりにあれこれ考えるのはしばらく封印。しばらくは素直な練習生になる。

 バイクはだいぶ上手に乗れるようになったし平均速度も少し向上した。今回は軽いアップダウンと風のあるコースを73kmで31.36km/hが出ているので、平地無風なら35km/hを2時間くらいキープ出来る能力は有るように感じる。
 来期はこの基準値35km/hを38km/hくらいまで引き上げて行きたい。今の私は大柄な選手よりもケイデンスが低い傾向があるので、トルクをキープしたままで回転数を上げることでパワーを向上させる余地がかなりあると思う。まずはこの辺を攻めていきたい。

 ランは錦帯マラソンと同様の傾向が出てしまった。ハーフまではイーブンで行けるのにその後が脚の筋持久力的に持たない。ここをイーブンで行ければ今年の皆生で3時間35分は切れたかもしれない。走り込みで筋持久力を養うと同時に、走り方を研究してダメージの少ない走り方を習得する必要も有ろうかと思う。これはウルトラマラソンの好結果にも繋がるはず。

 取りあえずこんな所だろうか?今日は朝一番にシューズを洗って脱水して干した。もしかしたらもう一回繰り返さないと臭いが取れないかもしれない。ウェットの洗濯が無いだけ楽か。。。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

帰宅

 今日は閉会式が終わったら福岡まで帰る日。来たときからアヤちゃんのお土産を悩んでいたけど、同世代の花屋の小娘が買いに行ったと言うケーキ屋で買うことにした。9時丁度くらいに行ったらまだ締まっていた。人の気配がするので叫んでいたらお姉さんが笑って開けてくれた(笑)。

 閉会式とパーティーだけ参加し、抽選会前に米子を出発。180号から183号のルートで庄原まで出てあとは高速。180号のバイクコース横のガソリンスタンドでガソリンを入れる。役員やボランティアのおかげで大会が開催できるのはよく言われるし事実だけど、ほとんど興味の無い人や不快と感じる人が「NO!」と言わないから開催出来ているのも事実。少しはそう言った周辺へ還元しておきたい。

 高速では脚が固まらないように約100km毎に止まって体操。特に何事もなく九州入り。中村家に寄ってアヤちゃんにお土産を渡す。北九州道路を通って行こうとしたら、名前が都市高速に変わっていたし、変なところに料金所が急に出現して驚いた。そう言えばこのあたりを最後に通ったのは何年前だろう?

 帰宅は19:00前くらい。プリウスの燃費は液晶画面では24.1km/Lまで伸びた。ただしこれはプリウスの画面が言う数値なので精度に関しては未検証。同じくらいのペースで初代シャレードが18km/Lくらい走っていたけど、プリウスの方が広くて快適なので進歩を感じる。
 プリウスの操作系にはだいたい慣れた。でもブレーキサーボの初期立ち上がりが異常とも思えるくらい急なのには最後までなじめなかった。

 身体の方は大きなダメージはない。皆さんを驚かせてしまったムカデの腫れはだいぶ引いてきた。

| | コメント (8)

2007年7月15日 (日)

フルマラソンで終わるデュアスロン

0715bike 1st Run 8.3km 40:02
 Bike 73km 2:19:40
 Run 42.195km 3:39:35
 Total 6:39:17
 総合 66位でした。

 今日は遅いスタートなので05:30起床で朝食。前夜コンビニで買った助六寿司、コーヒーデニッシュ、飲むヨーグルト、缶コーヒー、甘納豆、、、後は忘れた。
 ウンコは質量共に100点満点の20点くらい。あまり良くは無いけど、最近は睡眠時間とか朝のウンコとか、あまり神経質に気にしないように成ってきた。
 ドリンクはアクエリアスをボトル1個に入れて装着。最初のエイドまでなので1個で良かろうとの判断。空気抵抗は2個の方が少ないらしいので、最初のエイド通過後は2個装着で走る予定。
 今回の補給食はチョコシロップ?みたいなやつがメイン。容器に200g入っていてこれだけで540kcalもある。あとは大きな甘納豆。これらを筆入れ改造の補給食入れに入れる。DHバー間の塩昆布入れにはミネラル補給用の塩昆布を装着。

 右手の調子がおかしい。良く見るとムカデに噛まれた所を中心に、手のひらから肘の広範囲にかけて腫れが出ている。厚みにして最大で10mmくらい腫れている。手首の自由度と指のスムーズな動きが制限されているのは痛い。バイクが遅いときの言い訳が出来た(笑)。腫れの分は右手が重くなっているはずなので、左手のFR305とバランスが取れてランでは具合が良いかも??

 会場では他の選手や広島の応援組、福岡のライバル達と話してダラダラとスタートを待つ。緊張は無いけどペース配分には悩む。今までにこういう構成のレースを走ったことが無い。ただ全体のバランス的にバイクが追加された50kmマラソン大会に成るのは明らかなので、最終ラン勝負と考える事は直ぐに決めた。
 昨日の開会式の時にいくつかの案とそれようの数値は計算している。でもどのくらいをターゲットにするかは決めかねていた。取りあえず1stランは周囲が絶対にオーバーペースで行くはずなので、自分のペースを乱されないように注意しつつ、心拍と実際のペースをチェックして当日の調子を見極めてターゲットゾーンを決めようと考えた。

 昨日は次のように考えていた。皆生のマラソンはロスが多いのでクローズドの大会に比べて1割は遅くなる印象が有る。もしラン区間で3時間30分を出したいならクローズドの3時間11分相当のペースで走る必要があり、これは走行中キロ4分31秒のペースを意味する。
 今の私の実力を基準にすれば上記の計算値が最速例と思われるのは確か。そこでこのペースを1stランの8.3kmに当てはめると、1stランのタイムは37分33秒と成る。取りあえずこのあたりを最速例として頭にインプットだけしておいた。

0715run1  実際に走り出すと皆さん速い速い(笑)。私自身は上限を4分30秒程度と考えて走ってみたけどどんどん抜かれる。少し不安になりかけたけど、廻りの人間が全員最後のランを3時間30分以下で走れるようには見えなかったので、気持ちを強く持って自分の計算と考えを信じようと思い直した。
 GPSデータに依れば会場入口の曲がり角までが7.8km。そこまでを私は37分07秒かかっているのでほぼ想定内で走れている事になる。距離データは会場内のウネウネ道を入れて8.3kmくらいに成っている。

0715run2  心拍データはこんな感じ。160~165で走れたように感じていたけど、後でデータを見ると若干上昇傾向にある。走りながらここまでの分析はしていないけど、1stランの終了時点で今日のどんぶり勘定的なAT心拍は165くらいかな?と感じていた。
 トランジットを入れた正式の1stランタイムは40分02秒なので、堤防を離れてからのトランジットに2分55秒かかって居ることに成る。これは自分的に大変良いタイムだと思う。

0715bike1  バイクの距離は公表値もGPSデータも73kmとほぼ一致。これを2時間19分40秒なので平均速度は31.36km/hとなる。本物よりは起伏が少ないコースだったとは言え、後述するように強度を抑えめで走った割には良い数値が出たように思う。
 短い脚に合わせた(笑)ショートクランクや、空気抵抗低減の姑息な改善の積み重ねが実ったのかもしれない。
0715bike2
 心拍数はこんな感じで見事に横一直線になった。以前はこういった走りが出来なかったけど、今期はコントロールして上手に走ることが出来はじめた。これはブルベの200kmや300kmを走ったことが良い効果をもたらしたように思う。
 走るときの気持ちとしては、73kmでは無くて本コースの145kmを走る強度のつもりで走ってみた。理由はバイクで脚を使い切ってしまうよりは、数分遅くてもその分の余裕をランに残した方が良かろうと判断したから。しかしこのグラフと平均心拍の157拍を今になって見直すと、160-165くらいまで上げてもう少しだけバイクで稼いだ方が良かったかも?とも思う。

0715run3  最終ランのペースデータはこんな感じ。縦に沢山入ったノイズはGPSやデータ処理が悪い訳じゃなくて皆生特有の線。エイドと信号停止でこれだけの停止回数になってしまう。さらに歩道を走るわけだから、もしかしたら通常大会の1割り増しでは済まないかもしれない。
 25kmあたりまではキロ4分45秒程度で良い調子で行っていた。気分的も凄く楽で、今年はエイドが直ぐにやってくるなぁ。。。と感じながらどんどん進む。唯一の誤算は13kmあたりの立ちション。尿意を催してからエイドでトイレに入ろうとしたけど、順番待ちが並んでいて直ぐに入れない事が2回続いた。
 次のエイドでも無理だとすれば後は人通りが多くなるので今しか無い。。。錦帯マラソンのザイマさんを思い出して走りながら済まそうとした。走りながらゼッケンの陰に隠して○○○を取り出し、何回も頑張るけど出る気配が無い。とうとう諦めて松林の間にある草むらに2m程入り、用を済ませて出てきた瞬間に目に入ったのは車の窓から手を振るみょんみチャン
 自分の行いが悪いとは言え、どうしてこんなタイミングで通りかかるんだろう。しかも目の前を。。。20代ならそのままリタイヤしたかもしれん位ショックを受けた。

 その後は身も心も軽くなって快走を続けたけど、錦帯マラソンの悪夢か25km地点あたりで脚が重くなってきて心拍が落ちてきた。これではいかんと思ったけど、ここで無理に頑張ると痙攣とか最悪の事態になるかもしれん。走り方を少し変えて脚の回転数を上げ、ペースは落ちても心拍は維持できるような状態を作ろうと努力してみた。
 このあたりで気になったのはバイクで先行したはずのN田さん。バイクで10分先行されていたとしても、キロ当たり1分速く走っていれば10kmで追いつかないとおかしい。折り返し地点の応援団に聞いても知らないと言う。今年は負けたか。。。と感じながら走っていた。

0715run4  努力の甲斐有ってか、心拍数は5-10拍くらいの低下で済んだ。あとはこのまま後ろから追ってくるジャイ子さんに追いつかれないように、綱渡り的な走りを続けていくしかない。去年は総合で勝ったけどランのタイムでは負けた。
 今年の彼女は一目で分かるくらい身体がシャープに成っていた。サブスリーも達成した。こっちも今年は負けそうな気がする。
 不安ばかりを感じていても仕方が無いので、取りあえず前のランナーを追いながら走り続ける。「まだ8キロも有る」と考えずに「キロ1名抜けば8名抜ける」と考えて走る。事実このあたりに来ると全員が疲れているわけで、ちょっとした身体の動きや心の持ちようで±10位くらいの順位は変動してしまう。信号に引っかかった時でも余裕の表情を見せ、青になったら1番にダッシュして併走するランナーに「ヤツには追いつけない」と言う気持ちを持たせるように心がけた。こんな感じで最後の数キロで10名以上を抜けたように思う。

 新しいコースは走りやすいのか走りにくいのか良く解らん。最後の距離表示は可笑しくないか?とか感じながら、陸上競技場に入っていく。温泉街の直線路も良いけれど、ゴールするために競技場に入っていくという感触も悪くは無い。強い雨の中を3/4周してゴールイン。この時点では自分の総合タイムだけが解っており、順位も各パートのタイムも解らない。ウエキサイクル関係者はまだ到着して居なかったので、声をかけてくれた広大のマイマイとシューズの話などをする。ゴール直後なのに今日は余裕が有る「この娘、メッチャスタイルいいやん・・・」とか、いらん事ばかり考えている。

 少し遅れてジャイ子さんがゴールした。彼女は女子総合で5位に入賞した。カッコイイ憧れる。N田さんもゴールした。彼がトイレに入っている間に私が抜いたようだ。トイレ待ちの個室の中には彼が居たのかもしれない。小雨の中を他の人のゴールを待ち、知り合い関係が全員ゴールしたところでホテルに引き上げた。

 ホテルまでの車は花屋のなおチャンが用意してくれた車。今年は自分が参加していないにもかかわらず、こうやってサポートしたり応援したりしてくれる。本当にありがたいことです。いつも色々と悪口の言い合いをしているけれど、本心は本当に感謝しているわけなのです。

 夜は皆で牛角の焼き肉。「焼き肉にはご飯派」の私とN田さんが500gの特盛り丼飯を頼んだら、花屋の小娘も同じのを頼んだ。男と一緒の時によく食べる女の子は大好きだけど、物には限度が。。。

 夜、家に電話した。この時初めて総合で66位程度の位置に居ることを知った。出る前に、デュアスロンに成ったら100位どころか80位に食い込まないと恥ずかしい・・・と大口を叩いていたことを思い出す。66位で父親としての面目を保てて安心した。「50歳なら3位だったのに」と言われたけど、そんなに世の中都合の良い状況ばかりが重なったりはしない(^^)。

| | コメント (5)

2007年7月14日 (土)

皆生へ移動

 明け方03:30頃に右手首をムカデに噛まれて目が覚める。この時点では腫れは無し。これが大会当日には大変な状態に。。。

 05:00に起床して準備して出発。コンビニで朝飯を買い込んで運転しながら食べる。350円位のおにぎりとおかずが入った弁当、ホットドッグ、野菜ジュース、コーヒーのメニュー。ゆっくり走って100km毎に休憩。このペースでも11:30前には着いてしまった。海鮮丼+うどんの昼食を食べた後、サティーのパン屋で大きなアップルパイを買って追加。時間が余ったので車の中でうとうと。

 開会式の後はいつものうどん屋でみんなと食事。かつ丼とうどんのセットに野菜サラダのメニュー。ホテルに帰ってからなおチャンに近所のケーキ屋で買ってきたチーズケーキを貰い、自分の部屋に帰ってアロエヨーグルトと甘納豆と追加。50点くらいの本日2回目のウンコをし、TVで台風情報を見て10:30頃就寝。

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

裁縫

0713saw 皆生の準備をしながらふと気がついた。そう言えば去年のバイクでライバル田川陽子を抜いた後、チューブ類を入れた袋がサドルから落ちかけた事を。抜き返されそうで慌てて手が震え、再装着に偉く時間がかかってしまった。

 この件に関しては結局1年間何もしないままだったので、このままでは今年もゆるゆるの固定になってしまう。これでは進歩がないのでベルクロテープの位置を調整してきっちりと締まるようにした。少しずつだけどこうやって私も進歩している(^^)。

 残りの機材を準備して、全てをプリウスに積み込んだら後は寝るだけ。台風が来ているけどこればっかりは仕方がない。その時の環境に応じて、ベストのパフォーマンスを発揮できるように自分なりに努力するしかない。

 可能性としては
 ・通常通り開催 10%
 ・スイムのみ中止 50%
 ・スイムとバイク中止 30%
 ・全競技中止 10%
位だろうか。いや、スイムをやる可能性はもっと低いかもしれない。いくら太平洋側を通過したとしても、台風通過のタイミングでスイムをやることは主催者にとってもの凄いリスクを抱えることに成ると思われる。

 取りあえず先日の芦屋トラで荒れたスイムは経験した。雨のバイクとランは何回も経験している。全部中止になった時のメンタル的な打撃は昨年の玄海100kmで経験した(笑)。準備は出来た。どう転んでも今の実力は出せると思う。

 寝る前に皆生トライアスロンのサイトを見に行ったら状況が変わっていた。最も気象条件が良い場合でも、スイムは中止でデュアスロン化決定。受付を3時間遅らせてその分はバイクパートを短縮。。。らしい。

 フルマラソンで終わるデュアスロンも悪くないか。。。バイクの強度とか補給とか予定と変わる。明日はこの辺を考えながら運転しよう。取りあえず明日の早朝出発します。皆様御安全に。

| | コメント (2)

2007年7月12日 (木)

プリウス

0712pri 昨日の夜、中村家に行ってプリウスを借りてきた。教官が亡くなる前に購入し、その後はほとんど動いていない。動かさないのは良くないので乗ってくれと言われていたのを思いだした。丁度良いので皆生の往復に使わせて貰おうと。

 初めて乗るプリウスは違和感有りまくり。慣熟のために助手席のアヤちゃんから指示を貰いながら深夜の高須南をグルグル回ったけど、数十年ぶりに若い女性と夜のドライブをしていることを完璧に忘れるくらい「!?!?」の連続だった。

 私は基本的に変な物が好きな人間だけど、やっぱりエンジンとタイヤは物理的にしっかりと繋がって無いと安心できん(笑)。電動ラジコンとかゲームとか、そう言った方向からの方がすんなりと移行できそうな気がする。

 唯一共感を覚えたのは緩い起伏地帯を通過するときのリアルタイム燃費。まさに自転車のキツサと直結したような数値が出てくる。通常の車であっても、エンジンは自転車を漕いでいる脚と変わらないような負荷を感じていたんだな・・・と実感できた。

 プリウスだと興味の対象は燃費中心になるけれど、高速道路主体で皆生を往復ではハイブリットのメリットが出にくいシチュエーションだろうとは思う。エアロボディーと1.5Lのミラーサイクルエンジンの実力拝見と言ったところだろうか。

0712aero  自転車のハンドル廻りを少し弄ったので、確認の意味で軽ーく走ってきた。計算上は巡航速度が0.1km/h位上がる予定なのだけど、人間の感覚ではそんな差が解るわけがない。

 やり残した部分で、効果が有ると思われるのはハンドルの水平部分。今は丸パイプそのままだけど、ここが翼断面になったり、先日のレイノルズ数の話から行くと、フリーフライト機の翼のような薄いジュラルミン板に成ったりすれば確実に空気抵抗は減る。

 自転車界には遅いヤツが空気抵抗を考えても無駄と言う意見が多い様に感じるけど、ヘタレにも登坂時にも空気抵抗は有る。上体のポジションや係数の取り方ににもよるけれど、15km/h~20km/hでも全抵抗の半分近くが空気抵抗になってしまう計算になる。

 こういう数値を見てしまうと、同じお金と労力を機材に使うつもりなら軽量化よりも空気抵抗の低減に注ぎ込む考えも有りだと思うし、5%出力が減少しても5%空気抵抗が減少するポジションを採用する考えも有りだと思う。最近の私はそう言う傾向が強い。

バイク 46km

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

最終確認

0711bike 雨が止んでいた。バイクとランが続けて出来そうな日は今日しか無さそうなので、最後の確認的に二つを連続してやってみることにした。負荷をかけるつもりは無いのであくまで軽く。

 バイクはトヨタの横を通って鞍手町に出て、室木線跡の道で3号線に出て西進。朝町のあたりから左折して国際CC横を通って若宮IC経由で帰宅のコース。店の幟がはためくくらいの風はあるけど強くはない。確認には悪くない気象条件。気温は28度くらいで湿度は高い。

 心拍は130程度を心がけて走ってみたけど、信号などの関係で実際の平均は125拍とちょっと低めだった。安定した状態では30km/h以上の巡航が出来ていたように感じたけど、データを見ると小さな登りや信号の影響が大きく、トランジットを入れた平均速度は26.4km/hにしか成らなかった。

 平均速度自体は低いとは思うけど、平均心拍数の125拍前提で評価すれば悪くは無いデータ。高強度の領域はあまり変化が無いけれど、最近は低強度の領域で余裕が出来たような印象が有る。

0711run  帰宅したら直ぐに靴を履き替えてランのスタート。全体の流れを確認するのとバイクからランへの身体の変化を確認するのが目的なので2kmで折り返す。

 こちらは心拍数がちょっと高めに成ってしまい、150拍でキロ5分02秒と成った。もうちょっと低い心拍数でこのペースが出て欲しい気もするけれど、春からのランの状況を考えれば上出来かもしれない。この辺で手を打って後は本番に臨もう。

 先日から我が家と隣の爺さんの行動を見ていると面白い。先日の雨の中、隣の95歳?の爺さんは長靴を履いて川と田圃の見回りをしていた。雨が止んだ今日、我が家の爺さんは母家と納屋の屋根に梯子をかけて屋根に登っていた。

 雨が強かったり台風が来たりしたら、昔の記憶がよみがえってアドレナリンが出てくるのかもしれない。この位の年寄りと暮らした事がある人なら解ると思うけど言っても聞かない(笑)。強く言うと誰もいないときにやるから一緒。葬式と皆生が重なりませんように・・・とお祈りするしか無いのも何だかなぁ。。。と。

バイク 40km
ラン 4km

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

荒技

0710hr 大臀筋、大腿二頭筋という言葉が頻繁に出てくるブログは何処にでも有るわけですが。。。と今日は為末ブログのパクり的な書き出しでスタート。

 一昨年くらいから今の彼と同じ様な事で悩んでいた。ランニングや自転車に関して大臀筋や大腿二頭筋の話が良く出て来る。そのトレーニングとしてスクワットが出てきたりもする。しかし私はどうしてもそれら身体の裏側の筋肉を意識する事が出来なかった。

 自転車漕ぎを例にとれば、上記の筋肉を使って太腿を振り下ろす様な動きで漕ぐことが普通らしいけど、それとは別の動きとして大腿四頭筋を使って曲げた膝を伸ばす事によってもクランクに回転のトルクを発生させる事が出来る。裏側の筋肉がほとんど痛く成らずに大腿四頭筋ばかり疲れる私は、そのような漕ぎ方をしていたのだと思われる。

 これではいかんと当然のように身体の裏側の大きな筋肉を使おうと思い立ってはみたものの、為末が書いているように一度他の代替え処置を身体が覚えてしまうと、なかなか裏側の筋肉を使うことは難しかった。スクワットで尻を効かせると言われても、どうしても大腿四頭筋で膝を伸ばすことで立ち上がってしまう。。。

 為末のように鍼を打つ事はしなかったけれど、私も普段とは違う状況に自分をおくことで後ろの筋肉を意識しようと努力した。具体的には、尻を突き出したり上体を深く折り曲げた変な体勢でスクワットをしてみたり、大腿四頭筋がヘロヘロに成った状態でとても重いギヤをゆっくりと踏むことで裏側の筋肉を少しでも動員しようとしたり、漕ぎながら尻をパンパン叩いてみたり・・・。

 その成果が少しあったようで今期くらいから腿の裏側が疲れるように成って来た様に思う。為末とはレベルが違うけれど、トップアスリートも同じ様な状況で苦しんだりするのだと思うとちょっと嬉しかったりする。

 グラフは今日のラン。150拍位を目標に走ってみたけど、4kmの西中を過ぎてからは起伏が有るので一定に保つのは難しい。所々180くらいまで上がっているのはノイズ。トヨタの横はこんな場所がいくつかある。工場だから仕方ない。

 給水して信号待ちをした総合ペースは5分21秒となかなか悪くない。自転車の後でこのペースが出れば文句ないのだけどね。

ラン 12km

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

レイノルズ数

0709kaike 今日の営業時間中(=勤務時間中)に、Y田君から電話がかかってきた。味噌の容器を括りつけたりボトルを束にしたり・・・航空工学系の技術者として、あまりの惨状を見るに見かねての電話の様な気がする。

 彼の説明は良く解る。中途半端に解っている人間の説明は難しいけど、良く解っている人間の説明はシンプルで解りやすい。レイノルズ数から始まって剥離させる話や剥離させない話など、凄くためになる話が満載だった。1時間くらい喋ったような気がする。もう次の車は絶対にSUBARUしか買えなくなった(笑)。

 そう言えば子供の頃読んでいた木村秀正氏の模型飛行機の本にも、レイノルズ数が低いから実機のアスペクト比では巧くないとか、模型特有の考え方をするべきと言うような話が有ったような気がする。方向としては雷電よりも鍾馗の方向で??実機のグライダーよりもフリーフライト機の方向で?考えていく頭が必要なのかと感じた。どっちみち間に合わないので、今回の皆生は無難な細かい煮詰めをやっておくことにした。なんか去年も同じ事を書いていたような気がするが・・・。

 トップチューブ上の白いのは補給食入れ。先日ブルベ試走を見に行ったとき、AJ福岡のスタッフSさんがやっていたのが良さそうだったので真似をしてみた。構造は単純で100円ショップのビニール製筆入れの底に穴を開け、タイラップでギュッと縛り付けて有るだけ。私はTNIのベントバコを使っているけど、これよりも筆入れ方式の方がぐらつきもなくしっかりと固定されていた。

 今日は軽くトレーニングを兼ねて赤間のダイソーに筆入れを買いに行った。筆入れも見つかって気分良く店を出たら雨が降っていた。今年の皆生も雨かなぁ。。。とか考えながら、平山口から論地峠経由で雨の中を帰ってきた。

バイク 28km

| | コメント (4)

2007年7月 8日 (日)

中村家で作業

 頼まれたままで1月以上そのままに成っていた、ソーラープレーンの再修理と犬遮断用扉のロック機構追加作業のため、中村家まで出張に行ってきた。

 ソーラープレーンの方は親戚が落としてしまい、機体をぶら下げている梁が折れている。この梁は良く見ると自転車のスポークが使ってある。末端の金具はニップルが上手に流用してある。設計者は絶対に自転車乗りだと思う(^^)。ニップルにスポークのねじ部が折れ込んでいて取れないので、旋盤で真鍮棒を削りだして同様の部品を作り、残ったスポークに半田付けして修理した。

 扉の方はちょっと苦労してなんとか作業完了。この家は室内外共に打ちっ放しのコンクリートなので、こういった作業が凄く難しい。十分に検討して配置を決め、最小のコンクリートドリル穴を開けて取り付けることになる。使い勝手的には悪くないロックが出来た。見た目はあまり良くないのであの世の中村教官が苦い顔をしているような気がする。これを開けることが出来る犬は相当賢いはず(笑)。

 コーヒーを飲んだり桃を貰ったりして話しながら作業したので、昼から初めて16:30頃までかかった。それから家に帰って軽く走る事にした。昨日は割と調子よく走れたけど、調子が良くなるのが早すぎるような気がした。もう少し身体をいじめ続けて、大会当日の朝は少し身体が重い位に仕上がって欲しい気がする。

 今日も裸足にゲルフェザー。西中で水を飲んでトヨタの横を走り、室木に抜ける峠を経由して倉久から帰ってきた。イイ感じに走れている。前にかかった体重を後ろから戻ってきた脚がトンッと受けて後ろに流す感じ。気温が低かったせいか心拍も低め安定。本番がこの調子なら3時間40分位出ると思うけど、そんなに世の中甘くない。

ラン 13km

| | コメント (2)

2007年7月 7日 (土)

決戦仕様?

0707 昼に自転車のスプロケットを交換した。いつもは12-27を使っているけれど、皆生用に一つだけ安全側にと言うことで13-30に交換してみた。

2005年は165mmクランクに13-30スプロケットで参加。2006年は165mmクランクに12-27スプロケットで参加。そして2007年は152.5mmクランクに13-30スプロケットで参加しようかと考えている。最も軽いギヤでは、2005→2006で1.11倍重くなっている。2006→2007では、クランクの長さも考慮すると0.97倍重くなる(3%軽くなる)。

 今シーズンはずっと重いギヤを踏み続けてきたので、152.5mmクランクであっても12-27で行けるとは思っている。しかし平地から軽い起伏のある地形で常用するギヤの組み合わせにおいて、12-27よりも1段ずらした13-30の方がチェーンが真っ直ぐになる事が好ましい様な気がしたので組み替えてみた。

 仕事が終わって軽く試走してみた。平地や登りでは大した差はない。登りはどんなギヤでもキツいので、27から30にした所でそんなに軽くなった感じはない。やはり劇的に軽くなったと感じるには、MTB用の32とか34を付ける必要が有るかもしれない。

 差を感じたのは緩い下りの部分。今の私は回転力がないので、13では脚の回転数不足から速度の上限が決まって居るような印象を受けた。どうしようか・・・。もう少し悩んでみよう。

 負荷的には軽く漕いだので凄く楽だった。皆生のペースよりももっと低くて、300kmブルベのペースに近い感じ。鞍手町をぐるっとまわってから帰宅。直ぐにランシューズに履き替えてランに移る。ランも軽ーく西中往復の平地コース。

 今日の靴はゲルフェザーにしてみた。裸足に慣れてきたので今日も裸足。感触はソーティーエキデンの方が良いけれど、ゲルフェザーの裸足も悪くない。ショック吸収能力はこちらの方が少しだけ高そうな感じ。しかしゲルフェザーは濡れたら結構重くなるし、何時までもグチュグチュ言って水が渇きにくいところが気になる。この辺もあと数日で結論を出さないといけない。

バイク 38km
ラン 8km

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

入会

 意を決して宮若スイムクラブ事務局をやっているオバチャンの散髪屋に行った。B&Gのプールは室内だけど温水ではない。だから冬期は飯塚まで行く必要がある。往復で結構な時間がかかる。3種目有るトライアスロン練習にとって、時間が無くなるのは結構困る・・・。その辺の相談をした。

 B&Gを使う9月までだけ参加でも問題ないと言ってくれたので、取りあえず9月までは一緒に泳いで見ることにした。簡単な手続きをしてそのままプールへ。まだ時間が早いけど子供のクラスの横で蹴伸びをしたりして軽く身体を動かしておく。

 クラスは19:00-20:00の1時間。オバチャンが6名くらい。中学生の男の子と小学生の女の子が各1名。男は年配の会長さん、それに私。男性会員が少ないと言われていたけど確かにそんな感じ。コーチはちょっと体重が増えすぎた元モスクワオリンピック代表。コーチに不足はない(笑)。

 最初はビート板でキック50mを8本!!。聞き間違えかと思った。レベルの低い私のスイム中でも、キックは際だってレベルが低い。途中で止まりそうに成ることすら有る。「みんなそんなに速くないから」と誘われた陸上クラブで、いきなり400mのインターバル10本と言われたくらいの衝撃とキツサだった。ほとんど半泣きで8本が終わった。

 あとはプルブイをはさんで泳いだり、手に板みたいなのを付けて片手クロールをしたりした。コースの途中にコーチが立っていて、手を掴んだりして「もっと最後まで伸ばして」とか「肩の力を抜いて」とかやってくれる。言葉は優しいけどなんか怖い。慣れてないのでその都度動きが止まってしまう。

 「力を抜いて」を何回も言われた。動きにスムースさが無いのだと思う。小さい頃からそう言うのは苦手なので何とか克服したい。一番の収穫はクロールのリズムが今の自己流リズムと全く違うことを体感できたこと。口では旨く表現できないけれど自分の中では解った。一人の練習でも反復して身体に覚え込まそう。

 取りあえず9月末までの3ヶ月間。素直に言うことを聞いてスイムに取り組んでみようと思う。皆生のスイムで花屋の小娘に勝つための第一歩として。

スイム 1.5km

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

レースロック

0705st 今日の予定は軽めに自転車。先日から探している靴用のレースロックを探してみようと赤間を走る事にした。田舎のスポーツ用品屋ではなかなか手に入らない。直方の先のスポーツオーソリティーか福岡のランザローテまで行けば売っているのは解っているけど、小物のためにそこまで行くのもめんどくさい。さらにスポーツメーカーのロックには100%満足して居ない事もある。

 と言うことで先日からアクセサリー屋とか雑貨屋を探していた。靴はSPDシューズで手にはヘルメットをぶら下げた変な格好で赤間のゆめタウンをうろついていたら、入口近くの手芸用品屋さんでそれらしい物を発見した。名前はコードストッパーと成っている。レースロックでは検索しても擦りもしないはずだ。

 2個で200円から400円と値段はスポーツ用と大差ない。出来るだけバネが強そうな物を2種類購入して帰った。写真の向かって右端が今日購入したコードストッパー。右から2番目がユニクロの手袋に付いていた物で手持ちの中では一番強力で具合が良い。左から2番目は古いアシックスのヤツで弱すぎて使い物に成らない。一番左端はニューバランスの物で悪くはないけどもう1個が何故か変形した。

 試しに2kmほど走ってみたけど緩みはしなかった。ユニクロのヤツと同等の固定力が有るかもしれない。ユニクロのヤツは定常的に入手できないので、これが具合良く使えるなら全ての靴をこれに変えようかと思っている。

バイク 30km
ラン 2km

| | コメント (6)

2007年7月 4日 (水)

直方税務署来社

0704hr 今日は直方税務署の国税調査官2名が来社。多額の脱税が発覚した!!訳では無くて、消費税申告の内容に不備か不明な部分が有るからお話しを伺いたい・・・との事。うちは零細の割に輸入が有ったり個人から自治体まで相手にしているので面倒では有る。それと新しく来た会社なので、税務調査程じゃ無いけどちょっと見て来ようか。的な所じゃ無いかと思う。

 広島で最初の税務調査が入ったときは身構えたけど、自分の会計知識の未熟さを恥じることは有ってもそれ以上でも以下でも無かった。逆にその他の役所に比べて税務署員がまともで親切だと感じた事を思い出す。今回もほとんど同じ様な状況で、親切に間違っている部分を指摘して貰い、修正の方法を教えて貰って全てが終わった。広島の時もそうだったけど、今回もお金が返ってくることに成った(^^)。

 基本的には担当者によるのだとは思うけど、労働基準監督署と社会保険事務所には良い印象が無い。前者は起業時に就業規則を提出しに行ったとき、電話では海外出張が多いなら零細でも提出した方が良いと言われて持って行ったのに、「(零細なのに)ホントにこんな立派なの作ったの!(笑)」と嘲笑された。慣れない手続きのために連日、法務局や公証人役場などを回っていただけに、ただただ悲しくて疲れ果てた事を思い出す。

 社会保険事務所は以前に書いたけど、うちが社会保険に未加入であると言う間違ったデータ作り、うちの住所などのデータを社会保険労務士に渡した前科がある。自分で読み返してみると、まさに今問題となっている年金問題その物じゃ無いかと思ってぞっとする。もし私の年金データに未加入期間が有ると言われたら、もう私は怒らない。そんな所に老後のお金を預けるほどお人好しじゃ無い。「もう良いですから明日からは年金を払いません」とだけ言って事務所を出る。

 まあ色々有るけど走りに行った。昨日と同じようにソーティーエキデンを素足に履いて走り出す。感触は確かに違うけど大きなトラブルの元は感じない。小雨交じりで水たまりが有るけれど、足下が濡れても気にならないのは凄いことだと思う。

 皆生のペース感覚を掴むために、平地でキロ5分30秒くらい。今日の気温で心拍数135拍位を目安に走ってみた。起伏や信号があるので一定には成りにくいけど、凄く良い感触で走り終えることが出来た。

 全部トータルのペースは5分50秒。これならキロ6分を切っているので皆生のランで4時間は切れるな・・・と思ったけど、良く計算したらこれだと4時間6分かかってしまうペースだった。トランジットも含めて4時間を切るには全部トータルで5分30秒くらいは出さないと行けなかった。これだと走行時に5分から5分10秒くらいのイメージに成るはず。ハハハ。もうちょっと心拍が上がるなぁ。ちょっと甘かった。

ラン 12km

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

竹原古墳

0703kofun 昼過ぎに会社の電話が鳴る。「竹原古墳に行こうとしていま飯塚に居るんだけどさぁ。。。」こんな電話をしてくるのはあのTP編集長しか居ない(笑)。

 こう言うのはきらいじゃないのでママチャリで竹原古墳まで行き、編集長と一緒に古墳内部を観察してきた。石室の壁に小さなガラス窓があり、装飾壁画をかろうじて肉眼で観察できるように成っている。見にくくても良い。劣化が多少進んでも良い。ここはずっとこのままで居て欲しいと望む。

 私の素人考えて間違っているとは思うけど、1000年以上も眠ってきた過去の遺産を、今生きている者の考えだけで掘り起こし、今生きている者が最善と思う方法で弄ってしまうのは暴挙で間違っている様に感じる。

 朝一に旅行に行くという爺さん婆さんを農協まで送っていった。帰りに芹田のあたりでワンジルとハッサンらしい二人を発見。私が布団でゴロゴロしていたり、眠い顔で朝食を摂っている時にも彼らは走っている。もし私の潜在的な能力がワンジルと同等で有ったとしても、朝も走るワンジルと寝ている私の走力には大きな差が出るはず。少し反省した。

 夕方は西中経由で近いコース。トヨタによって水を飲んだついでにグランドにも顔を出してみた。監督コーチに数名の選手が居た。監督に三津谷選手の選出おめでとうを言い、500mを3本ほど走っただけで後はワンジルのインターバルを見ていた。

 流石にワンジルは速い。1000m、400m、200mを各5本らしいけど、1000mが2分35秒、400mを58秒くらいでこなしている。信じられん。一緒に見ていたランナーと、100mなら付いて行けるかね?と話していた。

 今日の靴は古いソーティーエキデン。ジャパンと違って踵にクッションが有るし拇指球の下も柔らかい。中高の長距離本番シューズにも多く使われて居るので、同じソーティーでもジャパンとは違った位置づけなのかもしれない。一般にクッション最高と言われているゲルカヤノだけど、私にはどう走っても硬いとしか思えない。このソーティーエキデンは上級者のレース用と成っているけど、ターサーと同じくらいのクッションを感じる。

 で、今日はこれを裸足で履いてみた。さらに西中で水を飲むときにわざと脚に水をかけて濡らしてみた。結果は良好。数点だけ赤くなった場所があるけど豆は無い。痛みも無い。水は直ぐに抜けるし表皮は直ぐに渇く。足のダメージさえ無ければ、びしょ濡れのレースでは裸足が良さそうな気がしてきた。

バイク 10km
ラン 12km

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

休息日

 先週末から強度・量共に充実していたので今日は休み。意識して調整してもあまり差を感じないしそこまでのレベルでも無いので、皆生に向けての大げさな調整は多分しないと思う。

 昨日のランの途中で水を何回も被ったらゲルフェザーが一気に重くなるのを感じた。昨日は厚手の靴下を履いていたことも影響していると思う。もうちょっと水はけの良い靴が欲しいとか、裸足で履いた方が良いかもとか、色々考えながら古いソーティーエキデンを引っ張り出してみた。

 一般的な評価とは違うかもしれないけれど、私の感触ではこの靴は踵のクッションがかなり有る。走り始めて2年目くらいは普段のトレーニングにもこの靴を使っていたくらい。試しに裸足で履いて見ると悪くは無い。水を被るレースではこんな感じの方が良いのかもしれない。

 そんなことを考えながら、赤間のグローバルスポーツに行ってみた。後継の位置づけらしいソーティーマジックというのを履かせて貰ったけど、指先の形状が足に合わなくて断念した。同じメーカーのシリーズ物と言っても、やはりそれぞれに個性が有るから同一視は出来ない。今週はソーティーエキデンを裸足で履いて見ようかと思っている。

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

芦屋トライアスロン

0701tr 玄海トライアスロンクラブ主催のレース形式練習会に参加。スイム2km、バイク60km、ラン16kmの独自の距離。去年初めて参加して、皆生前の予行演習とか最終チェックに役に立ったので今年も出ようと思っていた。

 去年は自分の不慣れからスイムの最初でドキドキしてしまったけど、今年はもの凄い波で泣きそうになってしまった。海水浴場を岸に平行に泳ぐのだけど、沖のテトラポットと海底の関係で一部に変な波が立っている。本当のところは解らないけど、高さが1mくらい有って先が白い。明らかにサーフィンが出来る(笑)。

 先頭はコース取りも良いからそれなりに進むけど、後ろの方の力のない組はその辺でアップアップ。私も「死にそう」とか「リタイヤしよう」とか思いながら何とか進んだ。終わってから聞いたら皆さん同じ事を言うから笑った。

 バイクは海岸沿いを60km。峠が1個だけ有る。信号が結構あるので、去年に比べて±5分程度の差では力の変化は解らない。主催者に迷惑をかける訳にはいかないので、今年も赤信号は全部きっちりと守って走った。

 心拍は155-160キープが目標。ほぼ目標ゾーンで走れたと思う。昨日の練習のためか脚が重かったけど、それなりに走れたのは力が付いてきた証拠と信じたい。トップの武友さんとのすれ違い位置が去年よりも3km程向こう側に成ったのは嬉しい。この大会ライバル?の中川さんも行きの途中で追い越せた。

 ランもバイクと同じ心拍をキープしようと思って居たけど、相当暑くて心拍が上がる。仕方ないので170まで許容する事にした。去年は180位まで上げて走ったけど、今年は脚が重いことやダメージを残したく無いことから、そこまでは無理をしない。

 ランで数名を抜いてゴール。エイド毎に氷水をかぶり、まるで皆生やなぁ。。。と思いながら走り終えた。正式では無いけど本部のメモを見たタイムは、順に0:40、2:08、1:20と成っていた。タイム的には去年よりも落ちている。体感的にはランの時に身体が重い気がする。廻りとの相対的な比較では悪くは無い。本当の所はどうなんだろうか??

 補給はバイクのスタート後に「よもぎ大福」を1個。30km地点で「何とかバー」を1本、ランのスタート時に「パワージェル」を1袋、それぞれ補給した。水分はバイク中にボトル2本と塩昆布適宜。ランの間はエイド毎に給水を取って水を被った。

 帰りのコンビニで「爽の抹茶味」を買って食べた。コテコテのハーゲンダッツよりもこっちの方が好き。帰ってからは自転車の水洗いやウェットの洗濯などをしてお終い。

スイム 2.0km
バイク 60km
ラン 16km

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »