« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

宮若スイムクラブ

 今までにも何回か一緒になったことが有るけど、昨日のB&Gでも子供のスイミングクラブと一緒になった。ただオマエらは魚か!?と言うようなレベルではなくて、近所の子供が泳ぎを覚えるために通ってきている感じ。現役時代からウエストが2.5倍に増えちゃいましたよ・・・みたいな男の先生が教えていた。

 丁度私が帰る頃、ビート板を沢山抱えたオバサンがやってきた。体型とビート板の量からしてスイミング教室の先生としか考えられない。こっちの先生は今でもマスターズに出てます的な肩廻りでちょっと怖そう。私が最後の2往復するときに横をスイースイーと泳いでいた。

 あそこにもスイミングスクールが有るのかな?と思って調べていると、宮若スイムクラブと言うのを見つけた。あの男の先生は幻のモスクワオリンピック代表だったらしい。なんでそんな人が宮田の片田舎でスクールをやっているんだろう??とか色々考えながら事務局に電話してみた。

 短期のコースの有無とか入会と退会の事とかを聞いていたら、こっちの素性も何も話して居ないのにいきなり「貴方、昨日泳いでいた人でしょ!?」と聞かれてしまった。相当驚いた。でもよく考えてみると、あそこでまともに泳いでいる大人は自分以外に見たことが無い。昨日のオバサンがそんな風に想像するのも解らないでもない。凄い世界だ(笑)。

 皆生の準備とか色々有るけれど、凄く近所なのでしばらく通ってみようかと考えている。

 明日は芦屋トライアスロン練習会。そう言えば最近は本番用のスペシャに乗ってないことを思い出し、その辺をぐるっと回ってこようと走り出した。今日はなんかおかしかった。心拍が上がらない。125とかその辺をうろちょろしている。泉水越しを越えても140行かない。なんか変。

 そのまま芦屋まで出て、明日のコースをたどるように垂水峠経由で神湊から津屋崎まで出た。少しだけ心拍が上がるように成ったけど、それでも155がMAX。やっぱり変。津屋崎からそのまま帰ろうかと思ったけど、そう言えば200kmブルベの試走をやっている事を思い出してゴール地点に行ってみた。

 ダンゴ虫代表達がまさに帰ってきた所だった。しばらくブルベや自転車関係の話をさせてもらい、見坂峠経由で帰宅した。見坂峠でも160拍まで上がらなかった。こんなのは初めて経験する。確かに必死になって漕いではいないけど、通常なら峠で170位までは上がっても可笑しくない。

 一昨日からの強度の高い練習のせいで脚が疲れているのだろうか?明日もこんな感じなら無理をせずに軽めの強度で終わろうと思う。明日の主目的は、OWSの慣熟と機材などを中心とした皆生の予行練習なのだから、無理をして変に成っては本末転倒だ。

バイク 70km

| | コメント (0)

2007年6月29日 (金)

三津谷が走る光安は泳ぐ

 本当は「三津谷が走る光安も走る」にしようかと思っていたけど、出発前にブログをみると花屋の小娘に怒られたので急遽スイムに切り替えた。私が同じ時間帯に走ってあげられなかったので、トヨタ九州の掲示板によれば三津谷君は2位だったらしい。

 雨なので軽トラでB&Gに向かった。でも途中で雨は止んで結局帰りも降らなかった。こんなことなら自転車で行けば良かった。

 いつもの様にチンタラ距離だけを伸ばしていては進歩が無いので、今日は500m単位で泳いでみることにした。プールに良くある秒針がグルグル回る時計は止まっているので、壁の大時計で計測する。この時計はスムーズに長針が動くタイプなのでそれなりにタイムは解る。

 最初の500mが11分弱。次の500mが10分弱だった。何となく1回目は数え間違えた様な気がしていたけど、タイムを見ても1往復多かったような感じ。この2本は自分なりに結構頑張った。流石にキツかったので3本目はタイム無しで距離だけを数えて泳いだ。最後の1本はビート板を腿にはさんで腕だけで泳いでお終い。

 今までで一番キツいスイム練習だった。2本目が終わったときは目の前が白っぽくなった(笑)。この速度を維持して6回繰り返せば、皆生でようやく1時間が切れる。とても到達できないような気もするけど、真面目に練習すれば来年には到達できそうな気もする。

 スイムで1時間が切れれば、総合で10時間切りが見えてくる。皆生で10時間が切れるようになれば、ジャパンで11時間が切れるかもしれない。来年の私は50歳。Gで11時間を切ればハワイが見えてくる。捕らぬ狸の・・・とも言えるけど、或る程度明確な目標を掲げることは悪いことでは無い。軽トラを運転しながら色々考えた。

スイム 2.0km

| | コメント (3)

2007年6月28日 (木)

コリメートレンズ

0628led ちょっと怪しげな中国の店に注文していたコリメートレンズが到着した。凄く安いけどバリがあったり色々と問題も有る。一緒に頼んでいたXR-Eチップの方も先日取れたと書いたドーム状のレンズが明らかにずれているのとかがある。

 取りあえずレンズの取れたXR-Eを装着してみた。このXR-EはHL-500に装着できるように銅板で放熱器を付けている。XR-E専用のコリメートレンズなので、そのまま先端に差し込めばできあがり。

 照射してみると適度に拡散して自転車用のヘッドライトに良さそうな配光に成っている。350mA駆動で4.8V-0.5A程度のハロゲン球よりは明るい。もしかしたら7.2Vクラスよりも明るいかもしれない。

 反対側からみると自作の反射鏡方式よりは明らかに眩しい。点光源を見つめる事に成るから当然と言えば当然。試しにランティスのヘッドライトを点けてみたら、当然というか明らかにそちらの方が眩しい(笑)。今は気持ちがLEDライトに向かっているから、「明るいだろうな、眩しいだろうな」と思って見つめてしまうからだろう。

 トレーニングはラン。例のピキピキ感の検証をやってみた。トヨタまで走っていきあまりに暑いので取りあえずドリンクを買って飲む。実業団がトラックに居たので外周路で検証開始。500mの軽いインターバルを5本やってみた。ピキピキ感は出てこなかった。暑くて暑くて倒れそうになった。

 芝のコースを30分ほどジョグをして身体を冷やし、最後にもう一回検証をやってみた。誰もいないので今度はトラックで400m。1本目にピキピキ感が出てきた。ちょっとふくらはぎをマッサージして、2本目は色々試しながら走った。解ったことは腕振りをおかしな位大げさに振ると、ピキピキ感がその後は出なくなった。

 大げさな腕振りで4本目まで軽いインターバルをやり、またもやあまりの暑さに倒れそうに成りながら今日のトレーニングはお終いにした。

 ピキピキ感よりも暑さのことが気になった。今季初の夏らしい天候だったせいもあるけれど、暑いときは自分が思うよりも1割くらい強度を落とさないと継続して水分の摂取が出来ない。一昨年の玄海100kmで倒れかけたときもこのパターンだったのだと思う。赤木峠を越えるところで、暑さの分をもう少し控えておけば倒れることは無かったはず。今年の皆生では注意しよう。

 何とか夕食を流し込んだら、嫁さんが買い物に行くという。仕方ないのでそのまま買い物に付き合った。なんかフラフラする。広島のサタ陸の後みたいな感じ。こんな暑い日に一人でインターバルなんかやるもんじゃない。やるなら女子高生の組に混じってやらないと。

 喉が渇いて喉越しの良い物が食べたくなったので、500g×2入った杏仁豆腐のパックをおやつに買って貰った。帰ってから1パック食べたらだいぶ落ち着いた。

ラン 22km

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水)

遅い、あまりに遅すぎる。

 2日続けて走るよりも、違う筋肉を使うためにプールへ行こうと自転車で出掛ける。自転車は先日のブルベ仕様のままなので、帰りが暗くなっても何も不安感は無い。準備は大変だったけど、結構実用的で良いじゃんと思う。

 3kmを泳ぐつもりでゆったりと効率的な動きを意識して泳いでみた。自分的には3kmを1時間6分くらいで行けてるんじゃ無いかと感じながら良い気分。30分ほど泳いだ段階でタイムを計ってみた。500mが13分くらいかかっている。計算間違いかな?とか思いながらさらに500mを泳ぐ。トータルで26分くらいかかっている。計算は合っている。。。

 この位の計算なら泳ぎながらでも出来た。13×3=39で1500mを39分かかっている。と言うことは皆生の3kmを1時間18分かかることになる。これって今までで最低のタイムに成る。ガーン。

 冬場はランのスピード強化。その後は自転車用の筋力強化と進んできた。スイムはおろそかに成っていたのは事実なので、当然と言えば当然。でも定量的な事実を突きつけられると結構ショックだったりする。

 3km泳ごうかと思っていたけど気分が萎えたので止めた。ビート板を腿にはさんで腕だけで泳いでみたら速かった。もう本番はウェットスーツ効果でこの状態にかけるしか無いね(笑)。取りあえず7/1は芦屋トライアスロンに申し込んだので、去年との状態の比較は出来る。

スイム 2.2km
バイク 22km

| | コメント (2)

2007年6月26日 (火)

水中GPSアンテナ

0626ant ずっと前に何でも掲示板で話題になった様な気がする、海中でGPSを使うためのアンテナ。3次試作くらい。

 最初はもっと小型で単純な形を想定していたけど、風呂場や池で試しただけでそんなサイズじゃ駄目なのが解ってきた。で、今のところこんな感じの凄いのに成りつつある。

 システムとしては単純で、海面上に出たアンテナからの電波を同軸ケーブルで海中に引き込み、GPSの近くで再放射するだけ。GPS側はこの世界では有名なハウジング専門メーカが作る事に成っている。

 考え方としてはGPS一式を海面上に保持しておき、海中には操作ボタンとディスプレイだけを設置する方法も考えられる。今回は船上と同じGPSを同じ様な操作感で操作する事などを重視して、上記のシステムに成っている。

 一番の問題は同軸ケーブル。一般的なPVCシースでは耐海水性が心許ない。ポリエチレンだと1桁くらい向上するらしいけど特注ベース。同じ特注ならフッ素樹脂シースにでもしようか・・・でもそれだと本体穴とのシーリングとか接着とかが著しく困難になる・・・。なんでも形にすると言うことは難しいね。

 体調は普通に戻った感じなので走ってみる。衝撃を最小にしたいので今日もトヨタの芝コース。先日から実業団を全然見ないので、合宿にでも行ってるんだろうか?気兼ねなく使えるのはちょっと嬉しいけど、速い人を見て楽しむ部分が無いのは少し寂しい。

 クロカンコースを入れて一定ペースで1時間走った。100mの流しを3本入れて最後に400mをバネ感を意識して走ってみた。そしたら最後の100mでふくらはぎにピキピキ感が発生してしまった。

 ちょうど錦帯マラソンで感じた予兆と同じ。筋肉の場所も同じでふくらはぎ内側の部分。もし400mを走らなければ気がつかなかった。と言うことは400mを走ることで錦帯マラソンと同様の刺激を与える事が出来るのかもしれない。皆生の前にこのような状態を出来るだけ経験させて、ふくらはぎの筋持久力を向上させよう。

ラン 23km

| | コメント (6)

2007年6月25日 (月)

TP10

0625tp 一人で作るグライダー界のカーグラ?TP10号の見本誌が到着した。関係者は見本誌なんか送ってもらって良いよなぁ。。。と思っているアンタは甘い。この見本誌は1冊ウン万円しますから(笑)。

 今日はトレーニングを休みにしたのでパラパラめくっているけれど、なぜか今号には懐かしい名前やJA番号が沢山出てきて不思議な気持ちになる。俺は今後どう言った形でこの世界と繋がっていくんだろうかと。

 真っ先に読み始めたのは材料関係の記事とライトフライヤーの記事。叶いはしなかったけど、航空工学科に行くか日大で人力飛行機でも作ろうかと悩んでいた元高校生にとっては一番興味が有る記事だった。

 その中にあるLBS-2のPR写真を見て同じ様な写真を思い出した。堀内浩太郎さんの本に載っていたヤマハ製FRPボートのPR写真。相手が水と空気の違いこそあれ、同じ様な時期に同じ材質で流体的な物体を作り上げた人間と会社が、同じ様なお姉さんを脇に立たせて写真を撮っている。まあこれが時代と言うものかもしれないけど。

 裏表紙が長年のホンダから富士重工業に変わっていた。Y田君にとって、この見本誌はいくらだったんだろうか・・・。もしランティスが大破してしまっても、ホンダは買わん。スバルを買おうと思った(笑)。

 色々な意見はあるみたいだけど、10号まで出し続けた事は素晴らしい。ニッチな部分に巣くう零細企業同志として素直に拍手を送りたい。頑張ろうね、瀬尾さん。

| | コメント (2)

2007年6月24日 (日)

ディスプレイ修理

0624crt 昨日の夜は結構遅くまで起きていたのに、疲れていたのか気分が乗らなくてブログの更新はやらなかった。今日起きて朝食後、おもむろにパソコンを起動したら画面が真っ黒。。。

 子供のパソコンからディスプレイを借りてきたりして試してみると、どうやら私のディスプレイが死んでしまった模様。ちょっと困った。いや相当困った。昨日できなかった仕事もやろうと思っていたのに。

 午前中一杯かかって調べた結果がこの画像。CRT後端のRGB信号を処理する?基板がCRTのソケットに取り付いている部分の接触不良だった。単純に叩いても直らなかったので、カバーを開けて電源を入れ、ゴム手袋をしてプラスチックの長い棒で各部を叩いて回って見つけた。

 この基板をしばらくグリグリしてやったら直った。ソケット部分の半田クラックかも?と思ったけど、一旦直った後はコンコン叩いても再発しなかったので再半田は止めた。後は、パワー素子の焼けとか電解コンデンサの漏れとかをチェックして。全てのコネクタは抜き差ししておいた。

 昼にやっと終わったのでその後残りの仕事を片付けた。今日は集荷が無いのでヤマトに荷物を持っていき、その足でB&Gに行って45分ほど軽く泳いで帰ってきた。いい感じにリフレッシュできた気がする。

 夕食はピザを焼くというので、例の業務用コンロのオーブンで焼いた。天板を出し入れするときに手抜きして手袋と「湿った」布巾を使ったら熱い湿気で親指を火傷してしまった。5mm×7mmくらいの水ぶくれが出来てしまった。手抜きしたのが不味かった。取り出し用の取っ手を作っておこう。

スイム 1.8km

| | コメント (2)

2007年6月23日 (土)

ブルベ300km走行会

0623bike 直前まで悩んだけどAJ福岡主催の走行会に参加。前日の夜に半井さんは曇りと言っていたのに、英彦山と嘉穂でカッパを着るような嫌らしい天気だった。週末だから山本さんにクレーム入れるべきか?

 自転車は前回と同じでライト類を補強した古いロード。フレームサイズが小さいこともあり、全備重量は12.4kg程度。最近の自転車に比べれば確かに重いけど、ハブダイナモの動力ロスと合わせて「より効果的にトレーニング出来る」と考えれば良い自転車とも言える(笑)。

 今日は運動強度と補給の量や間隔などを見極めたいと思っていた。短時間の運動なら気分が悪くなりながらも無理矢理補給して押し切ることも出来る。しかし長時間になるにつれてごまかしが効かなくなり、通常通りに消化排泄のサイクルが出来ていないとどこかで破綻する。ロングのトラよりも長い運動時間なので、その辺を試して見たかった。

 スタートはちょっと抑え気味。CP2辺りまではビリを行く。この程度の強度なら無理なく消化吸収している実感が有る。その後は英彦山の登りにかかって少しキツくなる。登りだからと言って強度を上げすぎると胃腸にも負担がかかるのでそこそこで押さえていく。CP毎にボトルの飲料を補充し直して、塩気の強い具の入ったおにぎりを1個食べた。走行中はアンパンとか魚肉ソーセージを食べてみた。今日くらいの強度ならソーセージなどの脂肪と蛋白質系でも問題なく消化できている感じがある。

 走行中の給水とナトリウム補給に関しては前回からだいぶつかめてきた。味と食べやすさから「塩っぺ」などの細切りの塩昆布を食べている。これを今日の場合は6L程度の水分に対して1袋弱食べた。こんな感じでいい感じ。水分補給だけだと喉が渇いて渇いて仕方がない状態になりやすいけれど、塩昆布を適宜食べているとそう言う状態になりにくい。

 英彦山を越えて青洞門から日出生台のあたりではバラバラに走行していた。CP4で前を行くフルカワさんに追いついた。フルカワさんは登りが強くて平地は私の方が少し速い。お互いに見える範囲で前後して走り続けた。最後の旧3号線にでる信号の所で、広島からきたテラダさんと合流した。土地勘のない場所でキューシートのみの夜間走行でペースが落ちてしまった様だ。

 そのまま3人で最後の数kmを走ってゴールした。テラダさんは私が広島でお世話になっていたスポーツサイクルウエキのお客さんだったのは驚いた。暗くならなければ追いつけていないタフな人だった。

 タイムは305kmを13時間13分なので総平均速度は23.1km/hとなった。当初予定していた20km/hよりはずいぶん速い展開になってしまった。原因の一つは雨模様だったので水分補給量が少なくて済み、吸収能力の弱い私の胃腸能力がネックに成りにくかった事が考えられる。もう一つはCP4以降はフルカワさんと前後して走るようになったため、どうしてもペースが上がってしまった事がある(^^)。

 初めての経験だったけど意外と面白かった。肉体的なダメージはランに比べると驚くほど低い。絶対にフルマラソンの後の方がキツい。こういうバイクの特性を上手に使うと、トライアスロンのトレーニングというかクロストレーニングというか、複数の種目の相互作用で上手に能力向上が出来る可能性があるように思う。年を取ってきたら効率的なトレーニングを考えていかないと老化に追いつかれてしまう。

 AJ福岡では今後も走行会を主催していくと書いてある。今後の走行会は皆生や玄海100kmと重なりそうで参加できないけど、機会があったらまた参加してみたい気はする。正式に発足してからでは敷居が高くなる。せっかく主催者がお試し期間を用意しているのだから、試してみるなら今かとおもう。自転車のレースやイベントに比べると、ずいぶんフレンドリーで参加しやすいと感じる。

バイク 305km

| | コメント (6)

2007年6月22日 (金)

ブルベ準備

 昨日の夜は結局申し込んでしまった。雨の300km走行会へ。でも日頃の行いがよいからか、天気予報は徐々に雨から曇り主体に変わってきているような気がする。ありがとう半井さん。

 プールに行こうかと思っていたけど、準備を始めると全然終わらずにプールどころじゃ無くなった。取りあえずカッパは昼休みにグッデイに行って498円のを買ってきた。滅茶苦茶ビニール臭くて身体に悪そうなやつ。数回使ったら可塑剤が抜けてゴワゴワになりそう。

 LEDライトは開発途上なので従来の電球方式に戻した。電源はハブダイナモと7.2Vバッテリーの2重構成で、ライトもキャットアイとシマノの2重構成。それぞれを互換性のあるタミヤコネクタで接続しているので、トラブル時にも残った機材で明かりをやりくりできる予定。

 ヘルメットの後ろには100均の赤いピカピカ光るヤツ。ヘルメットの前には同じく100均のキーホルダー用ライトみたいなヤツを付けた。ベストは先日改造したヤツをサドルバッグに詰め込む。補助的な機材の準備に凄く時間を取られる。

 仕事柄キューシートは補助でメインの航法機材はGPSにする。機種は初代のeTrex。トラックが2000点でオート記録のみ。ルートは1本だけで消費電流は130mAくらい食って、ショックで電源が落ちるヤツ。しかもこの個体は液晶に線まで入っている(笑)。どうして新しい機種の試験機を持ち出さなかったと言えば。。。

 今の私は他の自転車乗りよりもGPSに関して自由に機材を選べる立場にある。そう言う人間が新しい機種を使ってそのメリットを強調したところで、値段が高くて買えないとか、そんな頻繁に買い換え出来ないとか、色々な意見が帰ってきそうな気がしてきた。それならば2万もしないeTrexを使いこなして完走し、実績とノウハウを作り上げた方が少しは世のためになるんじゃ無かろうかと考えてみた次第(^^)。

 まあ、どうなるか解らんけどこんな状態で明日は走ってきます。平均時速20km/hならゴールは23:00頃の予定。

| | コメント (2)

2007年6月21日 (木)

Cree 死す?

0621led リフロー炉で取り外したCreeのLED、弄っていたら透明のドームが動いたような気がする。嫌な予感がしてそれ以上は確認しないようにしていたけど、何かの拍子に触ってしまうとやっぱり動くような気がする。

 気を取り直してピンセットでつついてみると、ポロッと取れてしまった。。。あぁ、やっぱりいい加減なリフロー炉が悪かったのだろうかとか、最初から不良品だったのだろうかとか、動揺する頭で考えながらも取れたドームを触ってみるとネバネバする。よくよく確認すると硬化していないゼリーみたいな物がPN接合?部の上を覆っていて、その上に透明のレンズが載せてある。さらに外側を金属の輪っかで固定してある構造だった。

 ゼリー状の物質だけど、最初から柔らかかったのか、繰り返された加熱で柔らかくなってしまったのか、接着に使ったスーパーXの影響でこうなってしまったのかは解らない。でも取れた物は仕方がない。試験してみると以前と同様に点灯はする。しかもビームの鋭さが無くなって、電球的な配光に少し近づいた。この部分だけを取り出せば使いやすくなった。

 どうせなら2個ともレンズを外そうとおもい、ピンセットでつつくと2個目も取れた。このゼリー状の物質。大気に振れると劣化したりしないだろうか?

 悩んでいても仕方ないので自転車に乗る。トレーニングがてら、こないだ見つけたサーキットに併設してある店でラジコン用のコネクタを買う予定。室木を通って3号線に出て、山田峠の交差点を右折してラジコン屋さんに向かった。

 コネクタは1組が200円もしないので5個買った。電動カーはやっていなかったので、このコネクタをタミヤタイプと言うのを初めて知った。今の電池の容量などの話を少しして、激しいユーザーが放り出した中古が有ることを教えて貰った。私の用途ならこの手の中古でも良いかもしれない。でも製品の用途が違うので、生ぬるい2000mAhくらいの方が良いかもしれない。

 昨日のランに続いて、今日のバイクも何故が調子がよい。行きは追い風の影響が大きかったけど、帰りの向かい風でもそれなりの速度が維持できている。すこし気分が良い。

 天気予報は週末が雨と言っている。ブルベの300km練習会に行くべきか悩んでいる。今は雨具を持たない。買うとしたら金曜日しか時間がない。お金も無いから精々2,000円位のしか買えない。そんな状態で雨の300kmは厳しそうな気がする。でも、やらずに後悔するよりはやってから後悔した方が良いような気もする。もうそんな青臭いことを考える年では無いのだけど(笑)、どうしようかねぇ。。。締め切りは今日中。

バイク 47km

| | コメント (2)

2007年6月20日 (水)

ガスコンロでリフロー

0620led せっかくLEDを購入したのだから色々楽しもうと思う。今はワイドな配光を狙ってサイドバイサイドで取り付けているけれど、これをバラバラにしてワイド配光のライト+スポット配光のライトみたいな事もやってみたい。

 と言うことで分解したいのだけど結構手強い。作るときはチップを銅板に半田付けして、そのサブAssyを放熱器にスーパーXで接着した。しかし今は放熱器が一体になっているので、ちょっとやそっとの半田鏝でははんだが溶けない。XR-Eはリフロー半田が可能なので、ガスコンロでリフローもどきをやってみることにした。

 案ずるより産むが易しで、あっけないほどすんなりと銅板からチップを外すことが出来た。半田かすを鏝で掃除して試験したら正常に光った。明日からは別の考え方でせめてみよう。

 日曜以来のラン。出がけに電話が立て続けにかかってきて、予定よりも30分くらい出るのが送れた。でも問い合わせの電話歓迎です(^^)。明るいうちなら17:00過ぎててもかけてみてください。居たら出ます。

 トヨタの芝のコースをグルグル走る。湿度が高くて走りにくい嫌な天候。身体も重い感じがする。体調もあるけど最近食べ過ぎの傾向が有るので実体重の影響かもしれない。でも走りは悪くない。この暑さのなかで芝の上で155拍で4分55秒くらいがずっと維持できている。日曜日とは全然違う。日曜日は何かがおかしかったのだろう。悪い記憶は早く忘れるに限る。

 家に帰るまでも同じ様な調子。身体は重いけどペースと心拍は悪くない。ちょっと自信が戻ってきた。300kmブルベと芦屋の練習会にエントリーしようかな。。。

ラン 22km

| | コメント (0)

2007年6月19日 (火)

ぱっとせん

0619led  いつもの時間に色々あって出ることが出来なかった。日曜日は体調が悪かったので神様がもう1日休めと言っているのだとおもう。休みにして自転車のライトを色々弄ってみた。

 反射鏡方式は仕組みとしては良いと思うけど、自作レベルで精度を出すのは難しい。そこで手元にあったレンズとアルミ蒸着シートなどをつかい、適当に集光して適当に発散したような光学系を作ってみた。

 集光した部分は片側に15度くらい。トータルで30度くらいの円錐形になっている。普通の虫眼鏡なので中央が特別明るいわけではなく、どちらかというと縁の方が明るいかも?と感じるくらい。要は暗闇にくっりと明るい輪が浮かんでいるイメージ。

 夕食を食べたら少し気分が高揚してきたので、昨日と同じコースを走ってみることにした。輪の中は雪平鍋方式よりは明るい。それ以外が真っ暗なのだから当然と言えば当然。明るい範囲はこの位でも悪くない感じ。このままの明るさで周囲のくっきり感を消し去り、中央部に強力なスポット光が有ればベストに近づく。

 なんか安物の懐中電灯を改造した方が楽な気がしてきた。

バイク 23km

| | コメント (0)

2007年6月18日 (月)

Experimental Yukihira

0618led 今日はトレーニングをするつもりは無かったので、夕食の前は例のLEDライトを昨日よりも真面目に取り付けてみた。

 アルミのFBを曲げてブラインドリベットで反射鏡に止めて、その先にRAM-B-238をビス止めした。あとは適当にRAMの部品を組み合わせて完成。こんなときにRAMは便利とはいっても、こんな自転車が迫ってきたら誰だって逃げたくなる(笑)。側面に大きく「Experimental」と書いておこう。

 晩飯を食べて薄暗くなってきたので試験走行開始。ここ数日は天候的にも月齢的にもライトの試験に好適な暗い夜が続いている。今日はフローティング式のバッテリーも追加した。0km/hからでも照射するのでやっぱりこっちの方が良い。ゆっくりした登りでも路面は明るいので不安感が無い。

 赤木峠を登っていると、夕食の時にTVで特集していた「負けないで」が何回も口から出てくる。昨日に続いて路面が明るいので気分が良くなり、山崎へ降りて倉久に抜け、宮田に出たりしてグルグル回ってしまった。最後は上倉線をとおって高平に抜けて、真っ暗の山道を通って谷の方から自宅に帰ってきた。23kmも走ってしまった。

 焦点距離を調整したので昨日よりも少しだけ良くなった。この反射鏡とサイドに並べた今のLED配置ではこの辺がベストかもしれない。次は500円位で市販されている強力ライトの反射鏡でも使ってみようかと思っている。

バイク 23km

| | コメント (2)

2007年6月17日 (日)

玄海50km

0617run 宮島トラを見に行こうかとギリギリまで悩んでいたけど、やっぱり天気が悪そうなので止めにした。天気が悪いとオートバイに乗らないなんて、若い頃はバカにしていたのを思い出す。

 午前中はLEDライトを或る程度まで仕上げてみた。雨がぱらついたりして不安定な天気。湿度が高いのか蒸し暑い。今日のレースは厳しいんじゃ無かろうかと思う。そんなことを思っていたら自分も走りたくなってきた。昼食を食べて走りに出た。

 これからは3種目とも長めの距離をこなしていこうと考えている。第一歩としてランで50kmを走ってみる事にした。家から見坂峠まで出て、後はずーっと玄海100kmのコースを走り、トヨタの50kmエイドから別れて帰宅するというコース。これで約50km有る。

 体感的に相当暑いので、ウエストバックにボトルを装着して出発。何となくからだが怠いけど、体調が悪いという程じゃない。間夫峠の登りまでは普通の感じで走れていた。しかし下りになってから何か感触が変わってきた。

 ここの下りではいつもキロ5分を切って4分40-50秒で駆け下りていたところ。でも今日は何故か5分30秒しか出ていない。おかしいなぁと思いながら力丸ダムの横を走り抜ける。処分されたはずなのにまた野犬が居た。烏が上空を舞う。スケート場跡地でははっきりと腐臭がする。昔から通っていた道じゃなかったら、こんなところ絶対に通らない。

 脇野のコンビニでドリンクと塩昆布を買った。そこで脚が止まってしまい、羅漢橋までの4kmくらいを歩いてしまった。こんなことは初めてでショックを受けた。脚が怠い。脚が痛い。気持ちが入らない。なんか全然駄目。。。羅漢橋を過ぎたら走る気分が出てきたので、ゆっくりペースで走って帰宅した。48kmを5時間22分もかかってしまった。

 父の日で買ってくれていたアイスクリームを食べて、夕食を無理矢理流し込んでお終い。まあこんな日も有ると思い直してガレージに行く。今はハブダイナモにLEDを直結している。バッテリーは装着していないので、純粋にハブダイナモとLEDの特性になる。

 庭で旋回するだけでそこそこ照らしてくれる。LEDは小電流でもそれなりに光るところが偉い。気分が良くなって下の道に出た。相当明るい。30m以上を照らすスポット光が不足しているけど、それ以外はほぼ満足できる配光特性と明るさに仕上がっている。嬉しいのでそのまま赤木峠を登り、山崎側に降りてトヨタを回って帰ってきた。

 途中のコーナーを非常に楽に通過できているのが解る。ブレーキをほとんど使っていない。LEDを2個横に並べてワイドな配光にしたので、コーナーの先が見やすくなっている。あとは反射鏡を綺麗に仕上げたら、スポット光も増えるんじゃ無かろうかと思う。そしたら新月の嘉麻峠も怖くない。

バイク 7km
ラン 48km

| | コメント (2)

2007年6月16日 (土)

Yukihira Reflector Ver2

0616led_1  昨日思いついた反射鏡を試作してみた。放物面を作るのが結構大変で、型紙に合わせてアルミ板の鈑金屋さんを楽しんだ。

 そのままでは反射率が悪すぎるので、回転ヤスリとかバフを使って可能な限りピカピカに磨いてみた。雪平鍋特有の凹凸は残したまま。これは適度に光軸を乱れさせて使いやすいパターンを産む(と思いたい)から。

 取りあえず思い通りの動作はした。反射鏡の精度が悪いので焦点を結ばないけれど、それっぽいところに光が集まっている。前方から見ても眩しくない。眩しくない理由の大半はLEDの直接光ではなくて、広い面での反射光を見ることになるからだと思う。それだけでもこの方式に意味があるような気がする。

 今の段階でも近くは十分に明るい。このままの明るさで前方の20-30m辺りにスポットが有ると嬉しい。そのためにはもう少しきちんと焦点を結ぶ反射鏡が必要になってくる。

 トレーニングは今日もラン。自転車の方がふくらはぎに無理がかかるのでもう少しは我慢しておく。西中で水を飲んで若宮方面へ走ってみる。花を作っている同級生の温室を見に行ってみようと思った。

 犬鳴川の川土手を走り、途中から竹原古墳の方向へ右折した。前方に巨大な温室群が現れた。何処が同級生の温室なのか解らないので、中の農道をうろちょろ走り回っていたら温室に名前が書いてあった。

 プレハブの作業小屋が開いていたので、中に入って声をかけたら奥の方から変わり者の科学者みたいな同級生が現れた。昔と全く変わってない。なんか嬉しかった。花のこととか経営の事とか跡継ぎのこととか、色々話して温室を後にした。

 若宮ICから高平へ抜けて、そのまま昔の山道を通って自宅までかえってきた。今日は最初から最後まで凄く良いテンポで走ることが出来た。いつもこんな調子なら良いのにと思う。

 明日はIMもあるし宮島トラもある。宮島を見に行こうかと思っていたけど天気が悪くなりそう。雨の中を自転車で往復は辛すぎるし、まだオートバイ用のカッパは持たない。残念だけど明日は無理かな・・・。皆さん頑張ってね。

ラン 15km

| | コメント (0)

2007年6月15日 (金)

Yukihira Reflector

0615led1 昼休みと夜のトレーニング後にアルミ板を叩いて反射鏡を作った。アルミ地肌のままでは反射率が悪いので、台所用のアルミ蒸着テープを貼ってみた。

 この状態で2直列を500mAでドライブしたところ、周辺光に関しては明らかに7.2V-0.75Aのクリプトン球を入れたHL-500よりは明るい。しかし中央部に関しては集光が旨くできていないのとLED単独の配光特性が災いしてか、クリプトン球ライトの方が明るい。

 自作LEDライトに関しては今日までの実験で使えそうな手応えを感じたので、今後は現実的な線に纏めていきたいと思う。ただ、上記の反射鏡は全方位型なので懐中電灯向き。ロービームやハイロー切り替えのない自転車には、以下の構想の方が良いような気がする。

0615led2  今日の遣り取りの途中で思いついたアイデア。放物面を半分に切った物の上に、こんな感じでLEDを配置する。そうするとほとんどの光を反射鏡でコントロール出来るという仕組み。

 上を塞ぐ板をアルミ板にでもしておけば、それがそのまま放熱器にもなって一石二鳥かもしれない。取りあえずこの方式ででっち上げてしまおう。多少効率が悪くても人と違う機材は楽しい。

 今日は久しぶりに走ってみた。ふくらはぎは何ともないと思っていたけど、西中で水を飲んだあとに裏の峠を登るときに違和感を覚えた。もう少し無理したらピクッと来そうな気配がした。

 室木に抜ける峠は止めて、今日の所はおとなしく平地で家まで帰ることにした。トヨタを抜けて六郎丸の信号に向かうとき、1kmくらいの間だけど今までと違う感じで良い印象で走れた気がする。ふくらはぎをかばうことにより、太ももなど他の部分を使う動きが出来たのかもしれない。

ラン 13km

| | コメント (2)

2007年6月14日 (木)

Cree XR-E 点灯

0614led 0.5mmの銅板に電極を避ける長穴を開け、半田でXR-Eを2個並べて固定した。さらにその銅板を適当な放熱器にスーパーXで固定した。給電は上側の電極を使い、耐熱電線で横に引き出す。

 接着剤の硬化を促進する意味と、取りあえず点灯させて電圧-電流の特性を知りたかったので点灯している時の画像。500mAくらいならそれほど熱を持たない。1000mA流すとほんのり暖かい位。

 四方八方に照射する電球に比べて、素子の段階で前方に指向性を持つLEDを比べても仕方ないけど結構明るい。でも明るいと言うよりも白く輝いていると言うのが実感。電気的には予定通りの特性が得られたので、あとは光学系と車体への固定を何とかしなければならない。

 雨がシトシト降っている。ふくらはぎは劇的な回復を見せているけど、元が酷すぎたので今が普通の筋肉痛程度。3本ローラは止めにして今日も泳ぎに行くことにした。

 B&Gのプールは一人で貸し切り。今日は脚が普通くらいには動かせるので、連続して泳いでみることにした。速くもないけど遅くもない。入水とその直後の水を掴む部分を気をつけている。この部分で推進力を得られなくても、せめて抵抗にならない様な動きを目指している。

 最後の500mは11分くらいで泳げた気がするのだけど、ターン数の記憶があやふやなので自信なし。安定してこの位のペースが出せれば、皆生で1時間10分は切れるのに・・・などと低レベルの事を考えてみたりした。

スイム 2.1km

| | コメント (3)

2007年6月13日 (水)

スイムで筋肉痛緩和

 朝一はもう駄目かと思うくらいふくらはぎが痛かった。何度触っても茹でたササミみたいに筋肉がカチカチに固まっている。筋肉痛というよりは肉離れとか少しだけ故障のゾーンに入って来たような嫌な感触だった。

寒くて血行が悪いよりは暖かめの方が良かろうと重い、今日一日は短パンを止めてトレパンと靴下を着用して仕事を済ませた。

 夕方になると少しだけ痛みが引いたような感触があった。小雨が降っていて外に出るのは気が重いし脚も痛い。軽トラでプールに行くことにした。B&Gに行くと監視員が一番端にロープを張って私専用のコースを作ってくれる。VIP待遇である。だって25mを連続して泳ぐのは私だけだもん(笑)。

 大半はビート板を腿にはさんで腕の練習をした。1/4くらいは脚も使ってみたけど、泳ぐと言うよりも水中で動かしてリハビリ的な気持ちで。今日は泳ぎと言うよりもふくらはぎのリハビリで終始したような気もする。

 帰ってきて晩飯を食べたくらいから脚が軽くなった。はっきりと動くようになってきて気分も凄く軽くなってきた。B&Gの水は温泉以上に脚に効くと言ったら笑われた。

 軽トラを裏に置くときに衝撃を受けた。昨日の昼食後に軒先に放置してあったドラム缶を捨てに行った。重かったし処理代まで払ったけど、少し片付いた事が嬉しかった。それから僅か16時間しか経過していないのに、その場所には山から持ってきた杉の枝などが積んであった。何かの呪いかと思った(笑)。爺さん達が元気なうちは、いくら片付けても無駄なんじゃ無いかと思い始めた。

 複数の人間が同居していると色々あるけれど、同じ価値観や世代の人間とだけ接しがちな新しいマンションや団地に比べると、こっちの方が自然かな?と思う時もある。

スイム 1.8km

| | コメント (0)

2007年6月12日 (火)

筋肉痛に苦しむ

 昨日は意識的に休んだので今日はスイムくらいから始めてみようか・・・等と考えていたら、昼過ぎからふくらはぎの内側にとんでもない筋肉痛が発生してしまった。普通に部屋の中を歩いているのに、痙攣したまま走っているような感じがする。手で触ってみると内側の筋肉だけが形が解るくらい張っている。

 困ったなぁと思いながらも、出来ることは休むことと優しくさすることくらい。おとなしく今日も休もうと決めた。でも上半身は何ともないので、ガレージの梁で懸垂をやった。少しずつだけど筋肉も付いてきたみたいで、6回を5セットくらいは出来るように成った。でもトヨタの人はもっともっと出来る。

 自転車のライトの件で「LEDは相当高いから当分使わない」みたいに書いていたら、あんたの買っているハロゲン電球と変わらない値段まで下がってきていると突っ込みが有った。具体的に調べてみると確かに1Wで1,000円以下のヤツがある。3Wでも1,300円位出すと買える事が解った。

 これは少し面白くなってきた。この値段なら前からやりたかった事が実験できる。数万円とか数千円で買う気にはなれなかったけど、1,000円前後なら買って試すことが出来る。失敗しても痛くない。と言うことで、3Wクラスを2個ほど注文してみた。

 やりたいことはハブダイナモとの連携。ハブダイナモは定電流的な特性だし、パワーLEDも同様に定電流駆動すると具合が良い。二つと蓄電池を上手に絡めると、複雑な制御無しで効率の良い自転車用ライトが出来る予定。

 以前輸入した10WのHIDも有るので「LED最強!!!」と叫ぶほどにはならないとは思うけど(笑)、7.2V-0.85Aのハロゲン球あたりと競合するようなライトが出来ると面白い。一晩中点灯できるシステムが出来たら、こんどの300kmブルベ試走に出てみようかと思っている。

| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

100円テールライト

0611light 先日ダイソーで買ってきた自転車用100円ライトの一つ。大きめのテールライトを弄ってみた。

 自分の自転車にはキャットアイのTL-500という大きめのテールライトを付けている。これは大きな反射鏡の内側にLEDが並んでいて、反射鏡としてもテールライトとしても、様々なシチュエーションで後方の車にアピールが出来る所が気に入っている。

 ダイソーの商品も同じ路線を狙ったようで、TL-500よりも大きな面積を有しているところは好感度大。電池はTL-500の単四に対して100円ライトは単三を使うのでちょっと重い。しかし汎用性を考慮すると単四の方が良いとは言い切れない。私は単三の方が好ましいように感じる。

 で、試験した。写真左で下側の丸いのがTL-500で、その上に載せている四角いのが100円ライト。薄暗い状態で撮影すると両者は同じ程度に見えている。ところが暗いところでフラッシュを焚いて撮影した右の画像では、100円ライトの反射具合が良くないのが解る。

 どちらも内部のLEDを点滅させたり点灯させた場合には、ほぼ同等の視認性が有ることは確認できた。そのためにブルベなどで常時点灯が義務づけられているイベントの場合とか、同様の使用方法では100円ライトでも大差なく使えると思われる。

 しかし中途半端な状態でライトに照らされた場合などは、上記の右側の様に100円ライトの反射鏡としての性能はかなり劣っている。次男の自転車用にしようかと思っていたけど、奴らはこまめに点灯させたりしないと思うので、やっぱりキャットアイのヤツの方が良いような気がしてきた。

 このテールライト、100円の商品にしては割としっかり作って有ってイメージは悪く無かったのだけど、反射鏡としての性能がイマイチなのでちょっと残念。あの三角錐が連続したような造形は難しいのだろうか?

 今日のトレーニングは無し。ふくらはぎの筋肉痛が治まるのを待っている。ママチャリで郵便局を往復しただけ。

バイク 4km

| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

筑豊カップ

0610cup 玄海トライアスロンクラブ主催のレース型式デュアスロン練習会「筑豊カップ」に参加。距離は5km+30km+5km。武友兄弟とか見月兄弟などの強豪が参加していなかったおかげで、見事1位でゴールして素敵な商品を頂いた(^^)。

 ジップロックの入れ物は嫁さんに喜ばれたけど、大きな息子ばかりなのにキティーちゃんのコップはどうしよう。私の歯磨き用にでもするか(笑)。

 昨日のランでふくらはぎが疲れ気味なのが不安材料。それ以外は特別に疲れていたり好調だったりは無くて普通の状態だった。大和青藍高校の学生も参加しており、彼らはリレーで走るらしい。800mを走っているというのが1走だったので、スタートラインで「高校生はゆっくり走れ」と威嚇しておいた。

 ランのコースは半分がアスファルトで半分が芝。その間は木製の細い橋で遠賀川を渡るという面白いコースを4周する。キロ4分くらいで行きたかったけど、最近は遅いペースが多いことと芝の部分の凹凸がじゃましてスピードが出にくい。3周目までは800mの高校生と前後して走っていたけど、4周目で高校生が落ちたので自動的にトップで1stランを終えた。タイムは21分26秒でトランジットが51秒。

 バイクは遠賀川のサイクリングロードを小竹辺りまで行って帰ってくるコースを2往復。行きは強い追い風で帰りは当然ながら強い向かい風。強度一定で漕ぐと行きが41km/hで帰りが28km/hと言った感じの差になる。結構精神的にキツい。
0610bike
 2番手はGAAPという小径車にHEDのカーボンホイールとか凝りまくった自転車を持ち込んだ人。出発前の雰囲気では、単なる小径オタクじゃなくて実力が有りそうに思えた。取りあえず必死で逃げて逃げて逃げまくる。1週目はかなり良い調子で終わったけど、2週目が始まったところの段差を飛んだところでふくらはぎが攣った。

 錦帯マラソン以降はドリンクの塩分を増加したりして気をつけている。200kmブルベでは全く攣るそぶりは見せなかったのに、またまた攣ってしまった。でも今日の主因は昨日の疲れのような気がする。痙攣に関しては錦帯マラソンで少しは勉強したので、重いギヤに変えて踵を落としながらふくらはぎの筋肉を伸ばし伸ばし漕ぎ続けた。

 だましだましの効果があったのか、ペースは少し落ちたけど時々ピリピリ来るだけでそのままの順位でバイクを終えることが出来た。タイムは52分57秒でトランジットが36秒。GPSでは29kmくらいしか無いように出ているので、そちらを基準にすると32.86km/hとなる。30kmを基準にすると33.99km/hとなる。今日の強風を考慮しなくても、バイク力が相当向上しているのは一番嬉しかった所。

 2ndランはちょっと厳しかった。ふくらはぎが攣りかけなので錦帯マラソンの25km地点のような感じ。後続とは1分くらい差が有りそうなので、ここで無理をせずにゆっくり目で走って回復を待つ作戦とした。これが旨く行ったのか1週目を終える頃には何とか走れるように成ってきた。

 そのままのペースを維持して4週を走り終え、最後の直線は結構頑張ってゴールした。タイムは21分10秒で1stランに比べて落ちていないのは自分なりに評価したい。

 と言うことで非常に気分良く練習を終えることが出来た。順位は棚ぼたなので何とも言えないけれど、強風の中でバイクの平均速度が向上していたことと、2ndランが落ち込まずに終了できたこと。攣りかけの脚を上手に誤魔化して最大の能力を絞り出す事が出来たことは以前よりも進歩していると思う。

 会場に着いてびっくりしたのは西中の陸上部に居た女の子が来ていたこと。先生と他の生徒が出場するので、ボランティアにかり出されたらしい。彼女たちの応援でキロ5秒は速くなった気がする(^^)。大和青藍高校陸上部の諸君ありがとう御座いました。そして急な申し込みにもかかわらず受け入れて頂き、弁当まで準備していただいたGTCの皆様もありがとう御座いました。一人では出来ない強度の練習が出来ました。

 帰宅途中に腹が減ったので、1位のお祝いと言い訳してコンビニでアイスクリームを買って食べた。軽く動いておこうと散歩したりホームセンターにママチャリで買い物に行ったりして日曜日が終わった。

バイク 40km
ラン 10km

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

ふたたび城山へ

0609run 昼にサンリブの100円ショップへママチャリで行ってきた。ヘルメットに付ける小さくて安いピカピカするのが売ってないか探すために。何種類か売っていたのでそれを購入し、クリプトンランプの自転車用ライトも100円だったので試しに買ってみた。

 寒気が入ってきているからだろう、風が凄く強くて空気が澄んでいる。気温も低めで気持ちがよい。条件の良さそうな雲がポツポツと浮かんでいる。

 空気が澄んでいたので夕方のランは2度目の城山へ。神湊側は逆光で見えにくかったけど、芦屋側はくっきりと見えて気持ちが良かった。前回と同じように三郎丸へ降りて赤間駅の裏に出た。そのまま自由ヶ丘の中を抜け、青葉台の裏を通ってカントリークラブから若宮ICのコースで帰ってきた。

 今日は30kmくらいになったかな?と思ってGPSを見てみたら、25kmにしか成ってなくてちょっとがっかりした。ペースは平地で5分30秒目安。心拍数はその時に145拍くらいの感じ。この心拍なら何処まででも行けるけど、脚の筋肉が怠くなり始めている。普段の練習で50km走くらいやらないと駄目かもしれん。

 夜にパソコンを起動してちょっとびっくり。芦屋トライアスロンの要項でも出来ていないかと先日「玄海トライアスロンクラブ」のサイトを見に行ったら、筑豊カップの申し込みがまだOKと成っていた。3日後だけど一応メールで希望を出してみた。でも今日のラン出発の時点で返事が来なかったので駄目だったと思い、長めの山登りランを走ってきた次第。

 ところが晩飯を食って嫁さんとスーパーに買い出しに行って帰ってくると、事務局から出場OKの返事が来ていた(^^)。ハハハ。ふくらはぎが凄く怠いんですけど・・・。でも距離は5+30+5と短いし弁当も出るらしいのでありがたく参加させていただくことにした。急な申し込みなのにありがとう御座いました→GTC様。

バイク 22km
ラン 25km

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

地蔵峠

0608bike いつものコースから少しだけ岡垣側に伸ばしてみた。3号線の山田峠のパチンコ屋の横から知らない道に入って北を目指す。途中の電柱に沢山看板が掛かっている。「SM ルーム」と書いてある。どんな建物なのか、何処のハウスメーカーのどんな構造なのか・・・と、結構マジで考えながら走っていたのに、前方にラブホテルが出てきて力が抜けた(笑)。

 この知らなかった道はオートバイの解体屋さんの近くに出る道だった。そこから少しだけ西進して高倉神社経由で地蔵峠へ向かった。今日はずっとギヤを一定。シングルスピードで走っている。下りは回転練習で地蔵峠の登りは筋トレ。

 地蔵峠を下ってサンリブまで出ずに、左折してバイパス的な道で教育大の方角を目指す。赤間で一旦旧3号線に出て平山口に抜け、倉久経由でトヨタを抜けて帰ってきた。今日のコースは悪くは無いけど、信号がなんとなく気に入らないタイミングで入ってくるのがイマイチ。

バイク 47km

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

スイムが少し速くなった!?

Ene2000 ちょっと挙動のおかしい電池があったので、先日作ったPICのUSB-ADコンバータで測定しながら放電試験をしてみた。良い感じにデータが取れて実用的に使えた。

 昔作った定抵抗の放電器なので時間軸を読んでもAhの単位が直読できない。トランジスタのVceと抵抗値は解っているので、瞬間の電流はこのデータから逆算できる。と言うことは積分していけば総エネルギーが出てくるはず。

 超概算で1.2Vで1A流して2時間=3600s持ったとすれば、4320Jのエネルギーを放出できたと言う事に成るのだろうか?カロリーとの比率は確か4.19?なので4320J=1031cal=1kcalという事に成る。クッキー1枚で30-60kcalくらいは有るので、単三のニッケル水素ごときでは太刀打ちできない(笑)。6本組のラジコン用でもクッキー1枚に負けそうなのが意外な気がする。本当に計算が合っているのだろうか?

 今日はスイム。先日はオープン2日目であまりに冷たかったけど、今日は適当に水温が上がっていて快適だった。強度の高い泳ぎが出来る人にとっては、逆に高すぎるのかもしれないとも感じた。

 花屋に真面目に練習しろと言われたので、先日からちょっと真面目に悩んでいたりする。肩廻りが硬いので腕が真っ直ぐに伸びない。それなのに今までは大きな泳ぎを目指して指先をグッと前方に突き出そうと頑張ってきた。

 浅いプールで色々な姿勢や体勢を取ってみて解ったのだけど、ちょっとの違いで抵抗が凄く増加する。特に腕が真っ直ぐじゃなくて少し手首が曲がっていたり、肘が出ていたりしたらスピードが急に落ちる。夜な夜な布団の上で考えてみたのだけど、どうしても真っ直ぐに成らないのなら水と同じ速度以上で動かせば良いじゃないかと。

 腕を真っ直ぐに出来る人は前方まで伸ばして先の水をキャッチして大きな泳ぎをすればよい。「くの字」にしか伸びない私は入水と同時に後方へ掻いているようなイメージで動かせば良くないか?と言うこと。「くの字」だろうが「への字」だろうが、水以上の速度で後方に動かしさえすれば抵抗には成らずに推力になる。外輪船に近い動きか?

 滅茶苦茶っぽい理屈だけどそんなイメージで腕を動かして泳いだ。結果的に100mが1分50-55秒と幾分速くなった。今までもこの位のタイムは出ていたけれど、それに比べると大幅に身体が楽なことが嬉しい。しかし今はまだこのペースで3,000mは泳げない。

 ランニングで言うと、今までは走りに慣れていないのに闇雲にストライドを伸ばして居たに近いのでは無いだろうか。今回は身の丈に合ったストライドやリズムで走ることによって、同じ身体でも速度が向上したと。

 しかしこれは長い目で見ると良いことでは無いかもしれない。小さな走りで一瞬のタイムを上げてみただけのようにも思える。この段階でしばらく練習した後は、次の段階を目指す必要は有ろうと思う。とは言っても、ロングっぽい泳ぎで100mが2分を切れそうな手応えが出てきたのは嬉しい。

スイム 2km
バイク 32km

| | コメント (3)

2007年6月 6日 (水)

ダメージの少ないラン

 たまには目的意識を持ってランニング。ペースは5分30秒辺りだけど、脚にダメージが少ない動きを考えたり試したりしながら走ってみた。

 今は距離が短いので何とも言えないけれど、こういう悩みを頭に置きながら40kmオーバーを何回か走ってみれば、何か得られる物が有るんじゃ無かろうかと思う。平日に40kmは難しいので、日曜日に出来るだけ長距離を走ってみようと思う。

 コースはいつものトヨタの芝コース。他のことを考えないようにGPSは持って行かなかった。GPSを持つとどうしてもペースや強度に気持ちが行ってしまい、身体の状態を感じたり動きを観察する事がおろそかに成る。どっちも大事なのだけど、私は二つを一緒には出来ない。

 今日も時間的に遅くまで実業団の練習が行われていた。寒い間は何となく監督や選手の表情に暗さを感じたのだけど、今は監督や選手の表情に明るい印象を受ける。チームとして良い感じなのだろうか?トヨタの利益が増えても嬉しくないけれど(笑)、陸上部の調子が良いと近所のオッサンとして何となく嬉しい。

ラン21km

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

28.3km/h

0605bike 出掛けに小雨がぱらついたけど、びしょ濡れになるほどじゃ無さそうなので構わずに自転車で出発した。宗像方面が明るかったのでそっちにしたけど正解だった。

 上倉線を通って四郎丸に出て小さな峠を越えて室木に出る。そこからは室木線跡の道を延々と3号線まで走り、あとは3号線を西進して八並まで行った。海老津の街中は旧道を通ったけど、信号が無いからバイパスの方が平均速度は上がるかもしれない。

 八並からは本木まで軽いアップダウンの有る道を走り、見坂峠を越えて若宮IC経由で上倉線を通って帰宅。今日のトータル速度は28.3km/hだった。この辺の道では最高記録かもしれない。筋トレのつもりで重いギヤでガシガシ漕いだのが良かったのだろうか?

 今日は見坂峠の登りでも52x14で登った。生きた筋トレのつもり。ケイデンスなんか測れんくらい遅い。でも私の場合は重めのギヤの方が良いタイムが出る傾向にある。重いギヤが得意なのかもしれない。

 ネガティブな見方をすれば回転力が無い事は明確だけど、ポジティブに捉えれば回転の練習をすればあと数km/hは速くなるとも言える。そういう風に捉えて頑張ってみよう。

バイク49km/h

| | コメント (2)

2007年6月 4日 (月)

トルコキキョウ

Torukok あまり詳しくないけれど、トルコキキョウらしき花を貰った。我が町の花団地で作られているのを、そこで働いている近所の人が持ってきてくれた。

 実際に作っているのは中学の時の同級生。貝島製作所の空き地で一緒にUコンを飛ばしていた。お金がない私たちはキットが買えず、放置された選挙の看板のベニヤ板を使って、機体を作ったりしていた。

 彼は農業高校に進み、卒業後は電照菊から始まって今はトルコキキョウの新しい品種を作るまでに成っているらしい。帰ってきてからまだ会ってない。今度温室にでも遊びに行ってみよう。

 今日のトレーニングは休み。朝一に筋肉痛を感じたので休息日に決めた。流石に山は刺激になっているらしい。結構キツいことをしたつもりでも、ここまでの筋肉痛には成りにくい。それが山なら単純に走って上り下りするだけでここまでの刺激を与えることが出来るのが凄い。

 食べ過ぎに成らない程度に食事をして、ゆっくりと過ごして今日はお終い。

 と書いてみたけど、ガレージに行ってみると先日作ったライトで走ってみたくなり、ふらふらと赤木峠から山崎へ抜けてトヨタの中を通って帰ってきた。車では気がつかないけれど、赤木峠の道の横は蛍が沢山飛び交っている。その中を自転車で走るのは悪くない。

 ライトの性能は必要十分。登りでもバッテリーで明るいし下りでも過電圧に成らない。疲れが無くて昼間と同等の注意力が有れば、峠の下りでも30-40km/hが維持できる程の明るさはある。ただ、キツいヘアピンカーブではもう少し照射の幅が欲しくなる。ライトの下にキューシートを設置すれば十分に使えることも解った。

バイク5km

| | コメント (0)

2007年6月 3日 (日)

城山登山

Shiroyama XSのガソリンが無いのでガソリンを入れに行こうと思った。ついでなのでPICのプログラムを少しだけ変更してから出掛ける。50-80km/hの辺りが非常に調子よくなった。振動が無くてトルクフル。

 気分が良かったのでそのまま見坂峠を越えて、海沿いを走って大回りで家まで帰ってきた。途中で釣川の横でランニングしている集団を発見。自転車のジャージみたいな格好も居る。こんなところを走るなんてバイキングだろうか?

 今日はXSを弄って過ごそうかと思っていたけど、人がトレーニングしているのを見てしまうと負けたようで気になる。昼飯の後は走りに行くことにした。晩飯は長男の誕生日なので外で食べるらしい。と言うことで3時間しか時間がない。キロ5分30秒で走って平地を30kmくらいのイメージか。そんな感触を持ってスタートした。

 赤間まで来たら「城山登山口」の看板が見えた。時間的にも丁度良さそうなので今日は城山に登ることにする。教育大の横から登ったけど、下から上まで全部丸太を横に渡した階段だった。走って登るにはピッチが規制されて走りにくい。その分トレーニングには成るかもしれない。

 走りながら考えた。シチュエーションが広島の鈴が峰にそっくり。山の規模、登山道の数と整備具合、登っている人達、etc。城山は宗像市民にとっての鈴が峰に違いない。山の向こうで鉄砲の音と犬の鳴き声が聞こえる。猪の駆除でもやっているのだろうか?

 少し時間が余りそうだったので、帰りは三郎丸経由で赤間駅方向に降りてみた。こっちの方がなだらかで走りやすい。その代わり距離は長い。走るならこっちの方が気持ちよく走ることが出来そうな感じ。各方面への縦走路なども整備されて居るみたいなので、機会を見つけて走ってみようと思う。

 帰ってからシャワーを浴びたら晩飯に出掛ける。行き先は今さっき降りてきた赤間のサンリブの中の店だった(笑)。バイキング形式だったので予定通りに食べ過ぎた。身体を絞りたい時期ではないのでまあ良かろう。

ラン 24km

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

柴田アスリートクラブ

 今日の昼は一人だし家には何も食う物がなかった。良い機会なので以前から行ってみたかった謎の?ラーメン屋「柴田アスリートクラブ」に行ってみることにした。

 ラーメン屋のくせに「来々軒」とか「泰平楼」とかじゃなくて「柴田アスリートクラブ」が正式店名の不思議な店。近所の大会ではこのチーム名で小中学生の女子が多数入賞している部分も謎。

 メニューにお勧めと書いてあった「五目ラーメン」を注文する。380円にしては悪くないと思うけど、豚骨ラーメンだけで育った人間にとって醤油味はラーメンじゃなくて別の麺料理(笑)。すこし量が少なかったので「麻婆丼」も追加した。こっちは不思議な味。辛さが全くなくて豆腐の甘味噌炒めとでも表現したい代物。ダシのきいた味だったのでうちの嫁さんは好きと言いそうな気がする。この2点を食っても760円は凄い。ジョイフル危うしか?

 肝心のチームに関しては娘と親類関係を中心にした女子長距離チームとのこと。中学生になっても県レベルくらいの結果を出しているのが凄い。一緒に走ったら確実に負けるな・・・。

 仕事が終わってからはプールへ。昨日からB&Gのプールが始まっているはずなので、若宮経由で顔を出してみる。受付のオッチャンが「ひさしぶり!いらっしゃい」と言って迎えてくれた。えらく愛想が良いなと思ったら客は私一人。プールは再塗装してあるし水は綺麗だし凄く気分が良かった。

 でもあまりに寒すぎた。水温は「23度は有ると思う」と言われたけど、寒くて寒くてたまらない。出来るだけ体温を上げようと強めのドリルを繰り返して見たけれど、40分くらいでギブアップしてしまった。出てからは小さな湯船に風呂が準備してあったのでそれでゆっくりと暖まってから帰宅した。

 これを書いていたら花屋の小娘から「100mを1分45秒で1,000m回せる」とか書いたメールが来た。クソ、嫌味なやっちゃ。来年の皆生では行きの日野川の土手で両手放しで抜いてやろう(^^)。

スイム 1km
バイク 36km

| | コメント (7)

2007年6月 1日 (金)

ペースをコントロールしてラン

0601run 何回も脚が痛くなるのはバカなので、今日こそはペースや強度をコントロールして走る。ロングのトラとかウルトラの事を前提に考えると、私の実力なら5分30秒ペースで良い。

 これ以上速くなるよりも、どんな体調でもどんな長距離でもこのペースで走り続ける事が出来るように成る方が重要なのは確か。と言うことでしばらくは5分30秒ペースで行ってみようと思っている。

 トヨタグランドでは丁度練習が終わったところだった。監督・コーチとワンジル、ハッサンが鉄棒の所でなにやら話している。去年に比べるとワンジルの身体が締まっているのを感じる。このまま故障さえしなければ、初マラソンで2時間5分くらいは出しそうな気配。

 芝の外周路も5分30秒ペースを維持する。1周に1回はクロカンコースもコースに入れて走る。50分くらい走ってGPSの記録では5分20秒から5分33秒に纏まっている。走っているときはGPSを見ていないので、それなりにペース感覚は習得できているように思う。

 今日も120円のアクエリアスを飲みながら走る。間隔は15分間隔。以前は5km間隔にしてたけど、実業団のマラソンを見ていると5km=15分に成るわけで、それならしばらくは15分の時間の方を基準に給水してみようと考えた次第。

 今日は涼しかったのであまり量は必要なかった。でも先日コーチから聞いたとおりに量は少なくても間隔だけは守って給水してみた。必要ないと感じたときは口に含むだけにしている。

 今日のGPSはForerunner205。スイッチ関係で初期不良のヤツだけど、今回は勉強の意味で自分で分解して修理してみた。最後に横のゴムの接着が汚くなったけどこれも勉強。何回か試して最適な接着剤を見つければ205/305系の修理の道が開ける。

 この205は貸出機にしようと思っている。WEB上ではかなりの人がランやバイクにGPSを使っているように見えるけど、そう言う種類の人達がGPSを使っているだけで一般的にはまだまだGPSの認知度は低い。初めての人に知って貰うためと、201/301系との違いを体感したい人の為に貸し出す予定で居る。

ラン20km

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »