« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

強風の中お花見

 裏山で近所の人と花見をしながら飲み食いをする日。15時からと言うことなのでそれまでは仕事をして、早めに切り上げて参加した。嫁さんも調子がだいぶ良いので一緒に出てきた。

 食欲は7割までも戻ってない。目の前で肉が焼けていても「さぁ喰うぞ!」と言う気分が出てこない。無理して胃腸が疲れ果てても困るので、花や景色を眺めながら細々と食べていた。

 広島に行っていた長男が夕方帰ってきた。新幹線を博多まで乗り過ごし、乗り越し運賃を払ったら赤間まで帰ってこれなくなったと電話。今日一番のダサい男は彼に決定した。うっかりトラブルは仕方ないにしても、最後の金銭的な余裕の設定が悪すぎる。途中の駅まで軽トラで迎えにいて、帰りの車内で教育的な指導が行われた。

 そう言えば自転車で長崎に行った次男はどうなったんだろうか?4月の2-3頃には帰ってくるような話だったけど。。。ここ数日は気温が高いので雨が降っても辛くは無さそうとは思う。

 夜はPICのプログラムを16ビット分解能に書き直している。なんかめんどくさい。私の知識が足りないだけかもしれないけど、計算の原理みたいな事をやらないといけない。専用ICが有るのにディスクリートで組む行為に相当するかもしれない。プリミティブで嫌いじゃないけどミスも起こりやすいし。。。やっぱりめんどくさい(笑)。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

オートバイで走ってみた

 そろそろ動き始めようかと思い、リハビリの第一歩としてXSで近所をぐるっと走ってみた。PICのコントローラがタンクの上に貼り付けてあるけれど、試験という意味合いはほとんど無くて気持ちと体のリハビリがメイン。

 とは言っても先日のような立ち往生も困るので(笑)、家から遠ざかるときは上り坂のコースを選んで走り回った。あまり家から離れないようにしながら、約30kmほど走って薄暗くなってきたので帰宅した。

 体はだいぶ良い。気持ちもだいぶ前向きになってきた。明日と明後日は地域の行事が入っているけれど、空いた時間は作れると思うので少しだけ体を動かしてみようと思う。でも喉と鼻の奥がすっきりとはしないので、普通に走ったりするのは少し控えようかと思っている。

 片付けていたらチューブが出てきたので、ガレージの天井に引っかけてスイム的なチューブ引きをやってみた。5分で腕が怠くなった。こんな調子じゃ100mでギブアップしそう。まあ、皆生までは数ヶ月かるからなんとか成るでしょ。

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

そのまんま東もインフルエンザ

Igbt02 走力が同じくらいの人は同じタイミングでインフルエンザに罹るのか(笑)。まあ、あっちは過労が引き金だろうけど。

 だいぶ良い。でも走るほどじゃない。食欲は完全じゃない。その割に体重は減ってない。ちょっと気持ちが落ち込む。ガレージの整理をしていたら、向こうの丘の上にトヨタグランドの明かりが見える。走っているんだろうな・・・と思うけど、まだ行く気にはならない。

 昨日の続きで抵抗入りプラグコードの継続試験。以前に買っていた小型のIGBTを試してみた。600V-14Aとスペックは十分なんだけど、如何せんあまりに小さいので直ぐに壊れてしまうだろうと考えて試してなかった。でも各社のイグニッション専用IGBTを見ていると、独立点火の為にこの位のサイズが主流に成ってきている。

 そこで試してみると、あっけなく動いてしまった。サプレッサダイオード無しでも壊れない。ピークは690V位まで出ているけど壊れない。このIGBTはターンオフが遅いので、それも良い方に働いて居るのかもしれない。

 コーヒー飲みながらRSコンポーネンツのカタログをめくっていると、耐圧430Vという変なIGBTを発見。スペックを見ていくと、なんとIR社のイグナイタ専用品だった!430Vクランプの保護素子も内蔵されていて1個が600円。これは神様からのお見舞いだと喜び、急いでWEBから注文を入れた。

 すると無情にも「取扱終了」の文字が。。。なんでや!?8月まで有効のカタログに載っているのに3月の段階のでなんで「終了」なのか。再びガックリ来た。デジキーなら有るけど送料が高いから遊びでは買えない。。。やっぱり私は神様は信じない。

 と言うことで専用品は入手できなかったけど、とりあえず壊れない超小型品が手元に有るから由とすることにした。トランジスタと抵抗にもチップ品を使えば、切手くらいの大きさでイグナイタが出来上がってしまう。点火コイルの横にぺたっと貼り付けてしまえば、自前のイグナイタ内蔵コイルの完成。ようやく現在の技術に追いついて来たかもしれない。

 イグナイタ専用IGBTだけど、個人や少量生産の会社が買うような品物じゃ無い。大量消費ユーザーに売り込めなければ後は市場が無いはず。と言うことは5年後くらいに秋月で300円で売り出される可能性が0.2%くらいは有ると言うこと(笑)。

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

徐々に復活したらFETが壊れた主因が解ったような・・・

Igbt01 絶対値的には決して良い状態では無いのだけれど、前の日よりは良くなっているのは確か。パーセントのレベルじゃなくて1割2割のレベルで改善しているような気がする。良かった。

 とは言ってもまだまだ動く気にはなれないし、XSのエンジンをかける気にもなれない。仕方がないのでイグナイタの試験機を引っ張り出してバチバチ言わせて遊んでいたら大発見。

 詳しくは別に纏めるとして結論から言うと、抵抗入りのプラグやプラグコードを使って容量放電電流を低い値に抑えると、当然ながら各部のノイズは激減する。するとすると・・・今まで壊れ続けてきた素子が壊れなくなってしまった。

 画像は秋月の300円IGBT、プラグコードを抵抗入りに変えただけでサプレッサダイオードすら使っていない。そのために自己の降伏電圧である650V近辺で延々と降伏している。でも壊れない。今まで壊れて居たのの大半?は、容量放電によるノイズがゲート辺りに回り込んでおかしくして居たんじゃ無かろうかと予想。

 少なくとも手持ちのIGコイルでは、このIGBTを650Vで降伏させて壊すことは出来ないことが確かめられた。松下のFETほど全部がタフじゃ無いけれど、容量放電によるノイズさえ押さえてやれば、他の素子の活用の可能性が出てきたのは素晴らしい一歩かと思う。

 それにしても今までやってきた事は何だったんだろう。何個も素子を壊して原因を想像して試験して、まあそのうちのいくつかはその時に考えた事が原因だったのかもしれないけれど、どの試験においても容量放電電流が、破壊の一因と成っていたのは間違いない。

 課題は沢山あるけれど、イグナイタ事業部にとって重要な一日になった。

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

普通の絶不調に戻った

 インフルエンザ特有の症状からはほぼ開放されて、朝起きられない、体が重い、気分がすぐれない、やる気が起きない、直ぐに横になりたくなる、食欲がない。。。こんな症状だけが残ってきた。これなら数ヶ月に一度くらいは直面する不調のピークと変わらない。体温を測ろうという気持ちも無くなったので、そろそろウイルスが退散し始めたような気がする。

 昼に嫁さんを連れて病院に行った。先生が居なかったので出直し、結局最初の時から数えると4回も病院に行ったことになる。院内はゴホゴホ言う患者が一杯(笑)。そう言う人に触れたくないという気持ちもあって自己回復力に賭けているのだけれど、今回はまあ仕方ない。どうせ隣に嫁さんが寝ているんだから。

 気持ちを振り絞って皆生の申込書を書いて投函した。こういう作業のやる気が出ない。仕事は何とか済ませているけれど、趣味の分野は全く手が付かない。トレーニング開始は何時になるのだろうか。

 今のところ一番気がなりなのは食欲が回復しないこと。平均すると普段の1/3位しか食べることが出来ていない。食べたいという気持ちが出ないし、状況によっては軽い吐き気が有る。昔、肝機能が落ちて入院したことが有るだけに、小便が黄色に見えるのもビリルビンだろうか?と考えると少し不安な部分も有る。でも白目は白いし今回はインフルエンザの余波と判断するのが正しいような気がする。

| | コメント (2)

2007年3月26日 (月)

仕事した。キツかった。

 夜中から嫁さんの調子がパッとしない。カロナールのおかげで熱は下がっているけれど、ほとんど食べずに服用したからか胃が荒れて居る。血が混じった粘液みたいなヤツを目の前で吐かれると、こっちの元気も少し萎える。医療関係者って精神的に強くないとやっていけないと思う。

 私の体温は、朝36.7度、昼36.8度、夜36.8度、とちょい高めで安定してきた。小便の色が黄色いと言うか濃い。症状が重いときには透明だったような気がする。なんで今の方が黄色いのだろうか?腎臓とかそっち系に疲れが出ているのか?

 平日なので仕事をした。正直言って今日はキツかった。昼くらいから嫁さんが食えるようになってきて、リクエストに応えて鍋焼きうどんとか蕎麦とかの買い出しに出たりもした。15時過ぎにちょっと休憩と思って布団に入ったら、気がついたら18時だった。

 嫁さんとは狭い部屋に布団を並べて寝ている。片一方だけが快方に向かうことは難しかろうと思う。同時進行で何とか進むしかない。

 トレーニングに関しては焦りは消えた。でもなんか投げやりに成ってしまったような傾向も感じられる。皆生の申し込みもまだやってない。人間が小さいので長いスパンで考えることが出来ない。数日不調が続くと気持ちが萎えてくる。ちょっと情け無い。似非アスリートにも届かないメンタル面だと思う。

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

少しは改善

 明け方にトイレに行ったら嫁さんが倒れていた。立ちくらみらしい。彼女は熱が出てからほとんど食べていないのでその辺が効いてきたんじゃ無かろうかと思う。病院にでも連れて行こうかと思うけど、夜が明けてからも起き上がる事すら難しい。夕方になってやっと立てるように成ったので、近所の当番医に連れて行った。

 予想通りにA型のインフルエンザ。さらに予想通りに点滴しておきましょうとなった。私は何とか自立歩行が出来る状態だったので(笑)自分の快復力に賭ける。診察無しで一旦家に帰って布団で寝た。17時頃になって病院に迎えに行って今日の一日は終了。

 体温は、朝37.1度、昼36.9度、夜37.3度、と一進一退か?38度台は出ていないので、少しは良い方向に向かって居るものと信じたい。しばらく起きていようなと言う気にはなるけれど、気分が悪くなって直ぐに横になりたくなる。横になると腰が痛い。贅沢な病人である。

 食事は三食とも次男と三男が作ってくれた。広島に旅行に行く予定だった長男は自転車で駅まで行ったらしい。私たちが居なくても生活が流れていることに感心した。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

頑張れ俺の白血球

 昨日の悪い予感が的中して朝から体調が悪い。朝37.0度、昼38.3度、夜38.1度。嫁さんはもう少し高い。大人で38度を超えると結構厳しい。子供から寝とけと言われるけれど、寝てばかりいても腰が痛くて飽きてくる。

 もう錦帯マラソンの成績は期待できん様な気がしてきた。明日はもう少し良くなっていますように。

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

調子が良いような悪いような

Xshall XSの検出部は元に戻した。以前とは磁石の部分が微妙に違っていて、カム軸上で正確に90度の範囲だけオンになるようにしてある。クランク軸上では180度に対応するので、前回作ったクランク検出同時点火プログラムが最小の変更で移行できるように。当然ガバナは固定。

 その甲斐有ってか、仕事前にプログラムを書き直して昼休みに動かしてみたら1発で動いてしまった。全てが予定通りの動作で自分でも驚いている。今までの失敗は忘れて、プログラマに成っておけば良かった等と考えてみたり(笑)。

 昼頃から何となく体調がおかしいような気配がある。三男はちょっと無理をしたのか風邪がぶり返して2日ほど休んでいる最中。長男も昨日の夜は何か変。今日は休もうかと思ったけど、ザイマさんに負けたら困るので昼休みに3本ローラを少しだけやった。

 夕方は鼻水が出始めたけど、なんか勢いで走りに出てしまった。トヨタは飽きたので西中から羅漢橋を経由するコース。各所で細い脇道に入り、出来るだけ変化と起伏を持たせてみた。筋肉的な疲れは無かった。でも鼻水が出やすいような気がする。

 帰ってから晩飯を食っていたら、嫁さんも鼻水をズルズルすすっている。困った。今年の我が家は風邪の波状攻撃を受けているような気配がある。まあ、次男の受験に影響が無かったので由としよう。

バイク8km
ラン16km

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

休養

 昨日の負荷でグッと下がった肉体レベルが、今日の休養でググッと向上する・・・そう言うシナリオを夢見てゆっくりと休養の日。昼休みにママチャリで郵便局まで往復しただけ。その時は疲れを感じなかったけど、夕方のトレーニングは止めにした。

 トレーニングしないなら・・・と、晩飯前はXSの点火系を色々弄った。結局元に戻した。同時点火は止め。元通りにコイル2個体勢で行く。XS1→TX650→XS650spの歴史的には退行だけど、世の点火系の流れから行くとダイレクトイグニッションなのだから進化とも言える。

 と言うことでセンサはカム軸に取り付けることになる。ガタや分解能の低さがが気になるけれど、クランク軸端にどうしても付かないから仕方がない。それにダイレクトイグニッションにしておくと、四輪用のコイル一体型プラグキャップ?が手に入ったときに、そいつを使ってプラグコード無しのシステムなどを作って遊ぶ楽しみも有る。

 あっ、そう言えば皆生の申し込みをしていなかった。宮島トラは悩むなぁ。

バイク4km

| | コメント (5)

2007年3月21日 (水)

一人ハーフ

Toyota21 XSのセンサにはホールICを使うことにして試験をした。フィールドコイル用の界磁が結構強くて邪魔をする。一番邪魔になるコイル固定用のM3ビスをステンレス製に変えようと思い、朝一番にナフコに行った。ナフコは8時から開いているのが凄い。

 トレーニングを兼ねてクロモリのロードで往復。結構良い感じで脚は回ってくれて、これなら165mmのクランクでも良いんじゃ無かろうか?とも思えるくらい。帰宅してビスを交換したけどやっぱり磁力が強くて旨くない。もう一度カムシャフト検出に戻るのか、それとも高温に耐えるフォトセンサを探すのか・・・・今日中にセンサ部分を仕上げる予定だったけど、行き詰まってしまったので午後からは走ることにした。

 錦帯マラソンに向けて距離は走っておきたい。脚へのダメージを考慮してトヨタの外周路を走ることにする。田川さんもザイマさんも35km走をやっている。私も真似しようかと思ったけれど、出るのが遅くて時間が無いのと、気持ちが弱くてそこまで粘れないような気がした。とりあえず20kmくらい走っておこうと考えてスタート。

 サブスリーのペースと思っていたけれど、10kmまでは500m1周が2分05秒くらいで安定している。良い感じと思っていたらトヨタの選手が登場した。このまま走っていても良いとのことなので20km目指して走り続ける。15kmくらいまでは何とかペースを維持できたけど、その後がガタガタに落ちてしまった。最後の方は500mで2分10秒くらいを連発。最終的に42周と1/4を走ってほぼハーフの距離にしてみた。1時間29分09秒。

 微妙な感じ。タイムはどうでも良いけれど、15km以降の落ち込みが良くない。最近は15kmくらいしか走っていないので、そんな体になってしまったのだろうか?そうだとしたらヤバイ。あと1ヶ月でなんとか42kmを走りきれる体を作り上げないと。

 上着を着ていたら練習が終わったハッサン君が通りかかったのでちょっと話した。先日の監督とスナッピー号の競争の話などを聞いて面白かった。彼はアミノバイタル?の粉末を2包飲んでいた。効くかどうか聞いてみたら「良く解らないけど効いたら儲けもの」みたいなイメージで飲んでいるらしい。ワンジルと同様に彼も日本語が旨い礼儀正しい青年なので好感が持てる。

 帰り道は結構ヘロヘロだった。でもペースは5分30秒がずっと維持できている。ロングのトラの事を考えると、ヘロヘロのペースでも5分30秒が出ているのは前向きなデータではある。

 帰って30分くらいで晩飯だった。流石に食えない。9割くらいしか食えなかった。アイスクリームかプリンが食べたかったけど、冷蔵庫には何もなかった。ちょっと悲しい。神様がもう少し体重を落とせと言っているのだと理解した。

バイク20km
ラン31km

| | コメント (1)

2007年3月20日 (火)

今日は普通のお父さん

 今日は次男の高校入試の発表日だった。長男と同じ高校を受けたので長男が掲示を見て電話をしてきてくれた。大丈夫とは思っていたらしいけど、結果を聞いて安心したみたい。

 たまたまだけど長男は今日遅刻した。授業じゃなくて朝課外に。朝課外なんか出たく無ければ出なくて良いと言っているのに、私に似ていない長男は真面目に出ている模様。でも今日は遅刻したので放課後に「遅刻指導」が有ったらしい。髪の毛、服装・・・何でもかんでも細かく管理管理。。。私も通った高校。いつからこんなに変な風潮が出来たのだろう?

 変なことに時間を費やすくらいなら、市販のプリントやら参考書やら買わせたりせずに、昔の先生みたいに自分で資料くらい作れや!と嫁さんと話した。こういう部分のみは嫁さんと話が合う(笑)。だから学校に行っても今の先生達とは話が合わない。

 この高校で次男は旨くやっていけるのだろうか?と心配になったけど、ヤツは先日中学をずる休みしたときに「体調が悪く・・・」と電話した。私は「学校に行きたくないからです」等と言っては、ことごとく先生と衝突していた。それに比べたら次男の方が数段世渡りが旨い。大丈夫のような気がする。

 お祝いに晩飯を食いに行くらしいのでトレーニングは短め。直ぐに中止できるようにガレージで3本ローラをやった。今日もケイデンス100で1時間程度。楽では無いけどとりあえずこの位なら回るようになってきた。その後は120位まで上げたりしてみたけれど、ここまで来ると1-2分が精一杯。ほとんどトルクを発生させて居ないのに、自分の足を回転させるだけでエネルギーを使っている。非常に効率が悪い。何とかしないと。

 昼に郵便局に行ってきた。錦帯マラソンの書類を出した。あと1月しかない。サブスリーを狙うには計画性がなさ過ぎるように思う。でも出来るだけの事はやろう。

バイク34km

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

秋月のホールセンサ

Kmi15 他の買い物も有ったので、秋月のホールセンサを買ってみた。2個で300円と秋月価格。品名はOH182/Eとなっているけど、KMI15/4の方が一般的なのかスペックなどはこっちで検索した方が沢山出てくる。

 私が使っているハネウエルのホールICはストライカとして磁石を動かす必要が有るけれど、KMI15/4はホールセンサに磁石がくっつけてあるので、ストライカは鉄でOK。そう言う意味では使いやすいのかもしれないけれど、ちょっと(凄く?)格好が変(笑)。

 あと、電気的にも15/4という型番は電流出力。おおざっぱに言えば消費電流がオンで14mA、オフで7mAと変化するのでそれをコントロール側で上手に検出しろ、と言うイメージ。自動車用として配線の本数を減らすためだろうか?同じシリーズで16/*と言う型番だとオープンコレクタ出力なので、フルトラでポイントの置き換えならそっちの方が使いやすそう。でも秋月で2個300円では売ってない。

 とりあえず今回のXSに関しては、スペースなどの問題からハネウエルのホールICを使う予定だけど、このフィリップスのKMI15/4は安いので、これを使ったフルトラキットでも作ると面白そう。でも・・・今の時代、こんなキットなんか数十個も売れないと思う。売る方も本当に趣味の世界。

 さて、トレーニング。午後になると予想通りに昨日の筋肉痛が出てきてしまった。今日は軽めに、しかし距離は稼ぎたかったのでトヨタの芝のコースに行く。誰もいないので一人でグルグル走り始めた。

 しばらく走っていると髙島さんが登場。丁度私と対角線の位置で彼女も走り始める。ペースがほとんど一緒なのでずっと同じ位置関係を保ったままでグルグルグルグル。さらにしばらくしたら彼女の友達が来て3名に。彼女のペースがちょっと落ちたところで追いついて、丁度時間だったのでトヨタを後にした。

 帰りはいつものコースで倉久を経由して帰る。トヨタの工場を横切るところで前方にランナー発見。見つけるとどうしても追いかけたくなる。ちょっとペースを上げたくらいでは差が縮まらない。やけくそで3分40秒位まで上げたら差が縮まりだした。最後の信号の所でギリギリ追いついたので軽く挨拶。時々見る年配のランナーだった。

 最後のペースアップが予想したよりも続いたのが嬉しい。500mも続かないと思っていたけど、走った距離から逆算したら1km以上は続いた事になる。仮にこのペースが42.195km続いても2時間34分にしかならない。昔の森下さんはやっぱり速かったみたい(笑)。

 結果が気になるので国際陸連のページを見ていたら、ワンジルがまた優勝して世界記録を塗り替えていた!記録に対するボーナスをお母さんが働く児童施設に寄付するらしい。弱冠20歳にして人間も出来ている・・・我が身と比べると情け無くなる。今度トヨタで会ったら、本気で爪の垢を貰ってこないといけない。

ラン18km

| | コメント (3)

2007年3月18日 (日)

過信

Xsps 昨日の夜中にフォトセンサ関係を取り付けた。基板と部品はエポキシで固めたし配線は割と真面目に既設の線に沿わせて引っ張った。気分的にはプログラムさえ出来ればこのまま実用か?と言う感じ。

 朝起きてキック一発で気分も良し。試運転がてら直方の図書館に行こうと思い立って走り出す。宮田の街を抜けて「しまむら」の前を好調に走っていたその時、プスッ、プスッ、パーンッ、と止まってしまった。

 そのまま歩道に乗り上げて、サイドスタンドを出して再度キック。一向にかかる気配はない。あんな止まり方は電気やな・・・等と無意味なトラブルシューティング(笑)。車載工具でプラグを外すと良い色に焼けている。突発的な何か・・・。プログラムかイグナイタか点火コイルかセンサか。

 ハッと思いついた。今までの試験ではカバーをしてなかった。日光避けにガムテープを上に貼っただけで、風は通り放題。でも今朝一番にカバーを付けたので密閉状態。センサは75度までの普通のセンサ。たぶんこれやなと思ってカバーを外してちょっと休憩。

 15分くらい放置して冷えたところでキックしたらかかった。良かった。家まで8kmくらい有るから結構ビビっていたので助かった。あとは左足で直射日光が入らないようにカバーしながら家まで帰りましたとさ。

 

やっぱ耐熱温度160度のハネウエル社製ホールICにするぞ!

 夕方はトレーニング。天気が凄く良いので山に行く。権現山から平山口に出て赤間経由で赤木峠を通って帰ってくるコース。山と峠を2個越えるので良い刺激になる。権現山では登山者が2名居た。

 今日は不思議なくらい好調。権現山の9割くらいまでは、つま先だけでほぼ走って登ることが出来た。息は上がっているけど大変気分がよい。こういうトレーニングが毎日出来ていれば強くなるだろうに・・・と思う。

 下りは平山口経由なので道がよい。ジムニーなら通れそうな道をハイペースで駆け下りた。下が柔らかいので脚は痛くならない。最後の赤木峠もずっと好調のままで走ることが出来た。なんか不思議な感触。走っている間ずっと、次のマラソンで快走しているシーンや、廿日市の登りで前のバイクを抜いていく事ばかりイメージしていた。

ラン18km

| | コメント (0)

2007年3月17日 (土)

ほぼ復活か

 15kmのコースにしてみた。ウインドブレーカを止めてタイツにしたからか脚が軽い。調子の良い時と同じ様な感覚で走ることが出来た。気分がよいし明るかったので室木に抜ける峠を回ってみたトータル16kmとちょっとになった。

 長井鶴の横を通ったら沢山のオートバイが走っていた。2台ほどスムーズで速いのが居たので走りながらずっと見ていた。特にS字とクランクの辺りが速い。私の2倍くらい速い(笑)。こういう人と練習すると上達するかなとは思うけどXSではちょっとね。

 不調が続いたので錦帯マラソンは止めようかと思っていたけど、この調子ならやっぱり申し込もうかと思い直した。良いか悪いかは別にして走らないことには記録は出ない。錦帯マラソンに出るなら宮島のトライアスロンはどうしようか。。。ツールド国東も面白そうだけど。

 XSのPICコントローラは普通に調整段階に入った。フルトラ時代と同じように始動はキック一発。アイドリングは進角を15度で一定にして、1350rpmから直線で進角させている。2000rpmから3000rpm位の領域では、既にガバナによるコントロールよりも勝っている。非常にスムーズになった。ただ、2000rpm辺りを通過するときに、極々たまに失火のような感じが有る。ノイズによる誤動作のような気がする。

 今のコイルのインダクタンスを測定してみたら4.5mHしか無かった。それならと電気代節約の為にドエルタイムを7msにした。この値は手持ちのコイル中で一番少ない。確かに高回転仕様の様な感じ。XSには合わないような気もするけれど、低回転で同時点火というとハーレーくらいだろうか?BMWも?とは言っても今のコイルは2個で1,000円位で買ってきた訳で、ハーレーやBMWの部品がこんな値段で有るはずが無い。

 となると実績のあるGX250フルトラ用コイルを2個使うか?でも左右の振り分けのためにはカムシャフトにセンサーが要る。今更追加も面倒だしシステムが複雑になるのは好きじゃない。XS650SPのフルトラ用コイルなら安いかもしれない。でも古いから信頼性が・・・そう言えばW650は同時点火だろうか。これなら性格が似ているような気がするが。悩みは有るけど前向きで楽しい悩みに変わってきた。

ラン16km

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

不退転の決意??

Xsnp  自ら退路を断ってこそ・・・等と威勢の良いことは言わないけれど、XSのポイントとガバナ一式を撤去してしまった。ポイントと言ってもフルトラ化していたので回転する磁石とホールICが有った。そいつらを根こそぎ撤去した。

 XSのポイントカバーは必要性からこの場所に設けては有るけれど、デザイン上のアクセントにもなっている。ただデメリットもあってガバナとポイントカム駆動のシャフトの部分が結構うるさかったりする。今日のトレーニング後に農協のスタンドまでガソリンを入れに行って来て、無事に往復できたので思い切った。ドキドキしたけどすっきりもした。

 イグナイタユニットが故障したらポイントに戻せるセミトラとか、フルトラだけど予備のポイントと交換したら何とか走れるとか、やっぱりそう言うのは美しくない。それならピストンが焼き付いた時のために予備のピストンとシリンダを持参するのかとか、リムが曲がったら怖いのでリムは何処に括りつけておこうかとか・・・結局何処が壊れてもそれなりの苦労は有るわけで、それなら点火系だけに予備を考えても仕方がない事に気がついた。その分の労力を信頼性向上に充当した方が真っ当な人生のような気がする。

 いくつか細かい問題点はある。今使っている同時点火のコイルはCBR?の物らしいけれど、フルトラに使っていたGX250フルトラモデルのコイルに比べたら低速時のエネルギーが少ないような気がする。アイドリングが下がってしまう。交換しても再現性がある。かといって走っての差は解らない。アイドリング回転数だけがちょっと違う。まあ、ボチボチ煮詰めていこう。

 進角はアクセル開度が少ないせいなのか、かなり進めた方がフィーリングが良い。バキュームアドバンサが付いていればこういう傾向になるはずなので、これはこれでまともな症状と思われる。しかし進めたままだとアクセル開度が大きい領域でノックが発生するのは明らかなので、まともに考えていくと吸入管の負圧センサか、スロットル開度センサが欲しくなるかもしれない。XSにこんな物付けるのかと言われると確かに変だとは思うけど(笑)。

 トレーニングは復活基調にある。今日は軽めに10kmのコースをジョグしてきた。喉が渇いたので西中に寄って水を飲んだ。3年生は昨日卒業したので閑散としている。1学年1学級なので今は学校全体に2学級しか無いわけだ。。。

 西中の裏の峠を越えてトヨタのアップダウンのあるコースを走って帰ってきた。休み明けで体は動きにくいけれど、疲労感や強い痛みは無い。明日はもう少し距離を伸ばしてみようと思う。

ラン10km

| | コメント (2)

2007年3月15日 (木)

少し手応え

 食欲が9割くらいまで回復した。昨日は自重半分・体調半分の理由で何もしなかったけど今日は動きたい気分。あいにくの雨だったのでガレージで3本ローラにした。

 軽めで1時間ほど。うっすら汗をかく程度でくるくる回した。ちょっと良いこと発見。以前なら特定の速度以外ではベルトがブンブンぶれていたのに、今日は低速から高速までほぼ一定して小さな振れ幅に収まっている。最近踏み方を注意しているので効果が現れたんだろうか?最後だけケイデンス120に上げてみた。ここでも少し違いがある。以前ならこの位でも尻が浮き気味になっていたのに、今日はしっかりと落ち着いて回す事が出来る。

 なんか気分が良い。気分がよいと考え方も前向きになって来る。昨日まではこのまま老化の速度に負けて3時間は切れないよな・・・とか考えていたのに、今日は皆生で白いアンカーを颯爽と追い越す所をイメージしていたりする(笑)。電気的に言うならポジティブフィードバックがかかった躁鬱病じゃなかろうか。

 XSの方も少しだけ進んだ。制御はちょっと方式を変えてみたけどアセンブラにだいぶ慣れたのでソフトの変更は出来た。それなりに回り始めたらノイズでPICが誤動作し始めた。そう言えば今の基板は電源とか入出力にはそれほど気を配っていない。未使用のピンもオープンのままだった。明日はこの辺をきちんと纏めてみよう。

 体調が良くなってきたら、色んな事が前向きに転がりだしたような気がする。本当は環境など何も変化していない。自分の気持ちが変わっただけ。

バイク30km

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

なんか、パッとせん

 パッとせん一日やった。仕事は待ちの状態みたいなのばっかりで進められんし、XSのPICコントローラは詰めの段階で嫌らしい問題が出てくるし、体調は良くなっているけど、今動いて悪化させたら馬鹿やろうけど、このままじゃ体が劣化していくようで焦ってみたり・・・

 晩飯の前になったら久しぶりに空腹感があったのに、多めについであった丼物を全部食べたら腹がもたれた。幸せな満腹感じゃなくて後悔を伴った膨満感に近い。

 まあ、一晩寝たら何とかなるでしょ。

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

少し復活

 毎回こんなことばかり書いているような気がするけれど、まあ今回の不調は子供と同期したヤツなので仕方ないような気がしている。三男は今日の夕食もほとんど食べなかった。ヤツが一番症状が酷いような気がする。嫁さんは何ともない(笑)。

 少し復活したような気がするので、昼間に郵便局に行ってきた。往復4kmの自転車が結構キツかった。まあ徐々に復活やね。仕事が終わってからはガレージでオートバイを弄る気分になった。これも少し復活のしるし。そうだ、肉体的な負荷は駄目だろうけど、柔軟くらいはやっておこう。

 夕食後にPICコントローラを実装してエンジンをかけるけど旨くない。調子が悪いと言うよりもたまに始動する感じ。色々見ていっても悪いところはない。ユニット毎にチェックしていくと、入力センサ部がおかしいことが解った。

 今まではホール「IC」を使っていた。完成品なので生の磁力データじゃなくて整形したハイローの出力がある。しかも相手が磁力だから持って生まれたヒステリシスも良い方に作用しているんじゃ無かろうか。しかし今回のは純粋にフォトトランジスタの出力を1石で受けただけ。生の光出力になっている。オシロで良く見るとデジタル回路にとっては非常に遅い変化だと言うことが解った。

 うーーん。PICのどこかの端子はシュミット入力だったけど、1個しかない。私は持たないけど(^^)、これでは4気筒に使う場合には旨くない。さらにこの型式のセンサ出力をダイレクトにイグナイタに突っ込む場合などを考えると、やっぱり急峻な波形に整えておくべきだろうと思う。

 となると、フォトインタラプタの横にシュミット回路でも置いてスパッスパッと切れの良い信号に整形するしかないのか、シュミット回路はトランジスタなら2石は要るやろう、なんか適当なICでも転がってないかな・・・とここまでが今日の作業。あとは寝ながら考えよう。

バイク4km

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

森下広一破れる

 

鬼コーチのブログを見ていたら我がライバル田川陽子がサブスリーを達成したと有った。ガーン。体調が悪くて走れないときにこんなニュースは落ち込む。でも女性トライアスリートでサブスリーは凄い。解るだけに素直におめでとう!と言いたい。

 去年の皆生では総合で勝ったけどランだけでは彼女に負けている。サブスリーを達成した彼女は今度はバイクを強化してくるに違いない。手強いけど負けたくない。年を取ってきてベストの日が少ないのは仕方ない。そんな時にも気持ちを途切れさせないようにすることの方が大事じゃなかろうかと思い出した。

 少し落ち込みながらも昼飯の時にラジオを聞いていた。実は先週森下さんと走ったときにラジオの収録の話を聞いていたから。RKBの移動中継車でスナッピーと言うのがある。その女性レポーターとトヨタグランドで競争するらしい。前回まではハンディー2分で連敗。それで今回はハンディーを40秒に変更して貰うとか(笑)。

 体調が普通なら絶対に見に行く所だけど、今の体調では外に出る気がしない。仕方ないのでラジオを聞いて想像する。500mを2周の1kmだから、土の外周路を2周するのだろう。ハッサン君が解説をしている。廻りの選手からも笑い声が聞こえる。森下さんは黒のピチピチタイツ姿で気合いが入っているらしい。あぁ。。。見に行きたかった。

 結局10秒差までは詰めたけど、今回も監督の負けだった。アナウンサーからも「監督駄目じゃん」みたいに言われてなかなか良いキャラを演じては居たけれど、本人は相当悔しがっていると思う。いつもはキロ5分位でジョグしているのに、先週は脚が痛いみたいでキロ6分も出ていなかった。このままでは勝てないから延期して欲しいと真剣に話していたのが思い出される。

 今度会ったら今回のことをネチネチ聞いてみよう。たぶん「前に出たらお尻が見えないでしょ」等と返してくるに違いない(笑)。

 吐き気はほとんど無くなってきたけれど、軽い腹痛が残っている。必要な仕事以外はやる気が起きない。気持ちを途切れさせずに焦らずに行こう。

| | コメント (2)

2007年3月11日 (日)

我が家は壊滅状態か?

Pic04 朝起きたら腹の調子が悪い。とりあえず朝食を食べたら吐き気が激しくなってきた。口から吹き出るのが10とすれば最大で8位まで上昇した。昼飯を食べる気分は全くなく、ガレージでゴソゴソしていたけれどこっちもやる気が出ない。夕方から布団を引いて寝ていた。

 相変わらず長男と三男は調子が悪い。三男は吐き気がすると言っているので症状が似ている。ただ私の方は熱は無い。夕食は少し吐き気が収まったので、軽く食べた。腹が気持ち悪くて少し痛い。

 名古屋国際を見た。弘山すげぇとか思ったけど、自分の体調が悪いのでイマイチ気分が盛り上がらない。最近は体調が悪いことが多い。年かもしれない。そう言う意味でも38歳で現役実業団は恐れ入る。

 XSのPICコントローラは少ししか進まなかった。センサ部分は安定性からクランクから取ることにしたけれど、XSのクランク端はスペースが無い。色々悩んで反射型フォトインタラプタでやってみることにした。反射率の違いは黒のマジックと銀のラッカー(笑)。

| | コメント (2)

2007年3月10日 (土)

PICコントローラがほぼ出来た

Pic02 下の段はデューティー比50%の信号入力。丁度、下死点から上死点までの間ポイントが閉じていて、その部分の電圧を測定したような感じ。20Hzなので1200rpmに相当する。

 上の段はそれによって導かれたイグナイタを駆動する信号。上死点前15度くらいで立ち上がっている。ここが点火。さらにその手前10msで立ち下がっている。ここがコイルへの通電開始。
Pic03_2
 こっちのデータは2400rpmの時。イグナイタへの信号は進角が進んでBTDC26度くらいになっている。ドエルタイムは10msで一定としているので、回転数が2倍になってもこちらは10msのまま。(オシロの横軸を調整しているので見た目は違うけど)

 と言うことで極低速モードにけりが付いたら、進角もドエル制御も全部出来てしまった(^^)。問題はプログラム能力が低いから16F84を8bitカウントのままで使っているため、分解能の不足からタイミングがゆらゆら変動していること。旧車的で良いとも言えるけど(笑)なんか気になる。落ち着いたら16bit処理に切り替えたいところ。

 トレーニングは雨が降っているので今日も3本ローラにした。昨日は凄く天気が良かったので走っておけば良かった。2日続けてケイデンス100で回すとキツい。やっぱり私は回転力がない。筋力がなくて足が短くてクランクを短くしたような人間なのに、そいつに回転力が無ければ始まらない。何とかしないと・・・

 晩飯がほぼ終わった頃、長男が博多から帰ってきた。デパートのくじ引きで当たったと言って、寿司のパック数個、調理パン数個、ハンバーグ数個をテーブルに置いた。すでに腹の95%くらいまで充填されていたのに、最終的には125%くらいまで追加されてしまった。ちょっと食い過ぎた。

 三男が風邪で寝込んでいる。長男も調子が悪いと言って部屋に籠もった。次男は13日が入試らしい。ちょうど悪くなりそうな予感。まあこれも人生やね。と言ってビビらせてやった。

バイク40km

| | コメント (2)

2007年3月 9日 (金)

PICでフルトラ

Pic01 3本ローラをやっていたらふっとアイデアが浮かんで、忘れないうちにとPICのプログラムを書いてみた。カウンタは8bitだし進角は無いし・・・と実用的ではないけれど、

 思いついたのは始動の部分とかエンストした後とか、そう言った極低速からアイドリングを行き来するような部分の処理。シグナルジェネレータとオシロを使って、思い通りの動作になっていることまで確認できた。

 ゼロ速からでも確実に最初の1発が点火するし、アイドリングでは出来るだけ最新の半回転前の情報を元にタイミングを計算して点火する。回転数を上げると分解能が足りないような感じだけど、とりあえずこのままでも行けそうな気配。

 この週末にはXSに取り付けて、実際に動作することを確認しようと思う。ハード自体は以前の単純入出力試験でまともに動くことが確認できているので、ソフトが変わっても大きな問題は出ないだろうと思う。これが旨く行けばあとは進角だけ。こっちの方はなんとか成りそうな気がする。16F84を使うかどうかは悩ましいところだけど。

 用があってママチャリで出掛けたとき、ペダルの上の靴を良く見ていて面白いことに気がついた。以前も何となくずれているなとは思っていたけれど、左足の方が10mmほどつま先よりで踏んでいる。左右が同じ位置に何回も直しておいても、しばらく走ると確実に左足だけつま先よりで漕いでいる。

 夕方ロード用のクリート位置をずらしてみた。右は調整範囲の真ん中くらい。左は調整範囲の一番つま先よりに。これで5mmくらいずれた位置になった。これで3本ローラに乗ってみると、気分かもしれないけど今までよりもスムーズに回転が上がるような気がする。そのまま高回転で1時間漕いだ。汗びっしょりになった。

 ロードでも感じるけど私は左足の動きがぎこちない。それを補正する意味で無意識のうちにママチャリでは漕ぎやすいつま先よりで漕いでいるのかもしれない。もしそうなら短期的にはつま先よりで漕ぐことが良い成績に繋がるかもしれないけれど、長期的には正しい位置に矯正した方が良いような気がする。

 いや、年も年なんだからいまさら矯正も難しいかもしれない。しかも脚の長さとか色々なアンバランスを体が最適に補正した結果がこれなのかもしれない。心臓だって胃だって腸だって、左右は対称じゃない(笑)。クリート位置がぴったり同じじゃ無くても良いじゃないか・・・という気持ちにもなる。

 よう解らんけどしばらくは5mmだけずらして漕いでみようか?

バイク40km

| | コメント (4)

2007年3月 8日 (木)

良い調子で15km

 昨日休んだのは正解だった。大きくマイナス側に落ち込んでいた体調がほぼゼロ近くまで戻った感じ。今日は普段通りの距離を走ったので、マイナス側にほんの少し小さな谷が出来たくらい。このような体調の上下を敏感に感じながら管理していけば、もう少しは強く成れそうな気がする。

 ここ数日は寒いので走り始めの体の状態が硬い。特に脚の先の方の血の巡りが悪いような印象があって、数kmの間は動きも悪いし衝撃を感じたときの感触もなんか変な感じ。別途準備運動をするのは面倒なので、こんなときはゆっくりとスタートして色々な動きを入れながら誤魔化している。

 走っている途中で少し距離を伸ばしたい誘惑に駆られたけど、距離の増加ではなくて峠の上下を入れることで刺激を入れる事にした。良い感じで坂を登れる。意識した筋肉に力を入れることが出来ている・・・ような気がする。

 21日に大濠公園でランニングクリニックが有るらしい。人の意見を聞くのも大切かと思うので行ってみたいけど、ここからじゃ遠いから悩む。

ラン15km

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

寒い

 寒い、あまりに寒い。部屋の温度が8.7℃までしか上がらなかった。夏タイヤに変えたというのに雪がぱらついた。嫌がらせか?

 息子達と天気予報を見ながら、半井さんはどうして腰の所に緩いベルトを巻くのか?とか、今日も首から数珠を何本も垂らしているとか、半分悪口みたいな批評ばかりしていたので彼女が怒ったとしか思えない(笑)。

 ごめんなさい半井さん。松田聖子をデフォルメした様な山本さんよりも、人間的な体型の貴方の方が安心感が有って好きです。

今日はトレーニングは休むつもりだった。昼休憩に自転車で郵便局に行っただけ。くるくる軽く回したら良い感じだった。夕方は3本ローラをやろうかと悩んだけど、あまりに寒くて着替えるのが億劫になって止めた。

バイク4km

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

色んな人から刺激を受けた

 仕事中に椅子に座ったままで腿上げをやってみた。結構効きそうな気配がある。もう一つは手にダンベルを頭の上に持って腰で折れるお辞儀動作。尻とハムストリングスの上の方に効く。二つとも腰の廻りの補強運動に成りそうな気がする。

 腰の廻りが少し疲れた状態で練習に出掛けた。直ぐに帰宅途中の次男に会い「速そうな女の人に会った」と言われる。田んぼの中の道に出たら前方にFUKUOKAユニフォームの女性を発見。ペースを上げるけどなかなか追いつかない。中有木の赤信号でやっと追いついてちょっと話した。

 戸畑商業→名城大学のバリバリの現役女子大生選手だった。だとしたらユニフォームは都道府県対抗の時のだろうか?色々興味は有ったけど、根掘り葉掘りは失礼な気もしたのでその辺で止めといた。その後彼女は宗像方面で折れて私はトヨタグランドへ。

 トヨタでは新しく入る高校生達が走っていた。森下さんにちょっとだけ挨拶して芝のコースとクロカンコースを走らせて貰う。昨日に続いて坂道はダッシュ。前方に三津谷選手が走っている。雰囲気的にそろそろ登場だろうか?三津谷選手は修行僧的な雰囲気があってワンジルよりも話しかけにくい。

 一息ついてフィールドで補強的な動作を色々やっていたら、髙島さんが登場。事務所からは私服に着替えた森下さんが登場。私も最後に1周だけしようと合流した。女性が一緒だと森下さんは饒舌。知らない人なら近所のス○ベオヤジにしか見えない(笑)。このオッサンが銀メダルなら私でも国体くらい行けるんじゃ無いかと思えてくるから不思議。これが森下流の選手操縦法かもしれない。

 FUKUOKAユニフォームの女性選手の事を言うと、森下さんに「どうして名前まで聞かなかったの!?」と怒られた。髙島さんは今井君がいつ来るのかが気になるらしい。とりとめのない話でダラダラと走ってしまい、家まで帰り着いたらクラブをやった三男よりも遅かった。一人で寂しく晩飯を食べた。今日は結構疲れた。

ラン22km

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

福岡県森林林業技術センター

Fftc 仕事のことは書きにくいのだけど、仕事してないんじゃないの?と思われても困るのでちょっとアピールしとこう。

 今日の午後、久留米にある福岡県森林林業技術センターへ「X」シリーズの性能検証へ行ってきた。宮崎県の林業技術センターの方も一緒で丁度良い。数名のオッサンとお嬢さんがGPSを持って試験林に入り、「オーッ」とか「受信するする!」とか騒いでいて、はたから見たら多分異様な光景(笑)。

 まさに「X」シリーズが得意な環境だったので、かなり感激していただいた。今回の杉林では現在使用中のLegend-Jに対して圧倒的な性能差だった。

 今日はランティスが空いてなかったので軽トラで行った。凄い風で何回が横にツツーッとずれた。帰ってきたら凄く肩が凝っていた。この環境で追い越していった赤帽の軽トラは凄い。

 体調は悪くなかったので夜かるく走りにいく。故障しないで距離を伸ばすためにはトヨタの芝の外周路が具合良いのでそっちへ直行。外周路を1周してクロカンコースに入って半周。これを繰り返す。クロカンコースの登りの部分だけ全力でダッシュした。

 帰り道は行きよりも感触が良い。体が良く動くようになったからか、クロカンコースのダッシュで刺激が入ったからか?自分が使いたい筋肉が使えている感触がある。事実帰ってからも尻の下とか意識したところが怠い。

 体重が徐々に増えている。空腹時に55kgある。この中のいくらかは筋肉で有って欲しい。

ラン17km

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

サイクリング日和

 自転車のトレーニングがてら海の中道にクロカンでも見に行こうかと思っていたら、嫁さんが風邪気味で不調とのこと。買い物を頼まれたので午前中は息子達を連れてサンリブへ。山ほど買ったら食料品だけで1万になった。お金がギリギリでレジで慌てた。

 昼前に自転車のポジションを見直す。肘置きの幅を元に戻し、それに合わせてDHバーも微調整。クリートの位置も前方限界から3割くらいの位置まで戻してみた。この状態で赤木峠からトヨタの外周路を走ってみる。こっちの方がずいぶん楽。

 先日から気になっている女の人が居る。赤木峠を越えてジョグをしている。何回も見るけど見かけた位置から想像すると毎日10km以上はゆうに走っているはず。しかも背中には大きく「FUKUOKA」とか入っていて素人じゃない雰囲気がプンプン。

 昼飯を食って琵琶湖を見始めた。ペースメーカーが何秒早いとか遅いとかそんな話ばっかり。私的にはこんなマラソン面白くない。こんなレースをやるのなら、スタジアム内に大きな動く歩道的なトレッドミルを作り、キロ3分でベルトを回してその上で20名位を走らせた方が良かろうと思う。脱落したら後ろのスポンジにドッカーンでTV的にもOK(笑)。

 面白くないし天気も良いので自転車に乗ることにした。先週とほぼ同じコースで海沿いをぐるっと回ってきた。今日は少し感触が違う。脚の疲れかポジションの変化か、はたまた慣れか。

 前半の登りは割と楽だった。海沿いに出てからは回転を心がけた。ケイデンス100以上をキープしてくるくるくるくる。芦屋までは調子良く回っていたけど、遠賀川に出てからガクッと回転力が落ちた。体全体としては全く疲れは感じて居なかったのに、なぜか脚が回らない。重いギヤにすると速度は出るけど、軽いギヤでケイデンス100が回らない。課題山積み。

 水だけで走ってきたけれど、長井鶴のローソンで我慢が出来ずにアイスを買った。苺味で廻りが粒々の入ったチョコで覆われたヤツ。結構好みの味だったけど290kcalくらい有った。

バイク92km

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土)

東洋工業には東洋ゴム

T1r タイヤであまり悩んでも仕方がないので、未体験のトーヨーとピレリを扱っている店に電話をしてみた。だいたいの価格が解ったので昼頃に軽トラにホイールを4本乗せて交換に行ってきた。

 今度使うのは4本2,500円で買っていた中古の純正ホイール。1本625円なら買っても良かろうと確保しておいた品物。現行の夏タイヤ195/60R15に対して205/50R16とインチアップになる。直前まで使っている冬タイヤは185/65R15なので2段階変わるようなイメージ。

 トーヨーのTEOとT1Rとピレリの安いのが候補に挙がった。一番安いTEOにしようかと思っていたら店のオニイチャンがT1Rを勧める。「こっちの方が静かなくらいです」とか何とか旨いことを言って、高い方を買わせようとする(笑)。T1Rはパターンが一昔前のハイグリップタイヤみたいでなんか下品。でも何となくそっちを買ってしまった下品な私(爆)。

 夕方、スタッドレスから交換する。イメージ的にタイヤ全体が小さくなったような感じがする。純正ホイールなので見た目は可もなく不可もなく。赤木峠の"いつものコーナー"を抜けてトヨタを一周して帰ってきた。

 期待はずれというか凄く意外。競技場で知り合った茶髪で臍だしユニフォームのオネエチャンとつきあい始めたら、10,000mは38分くらいだけど料理や洗濯の方が好きで両親への受けも凄く良かった・・・みたいな。

 スタッドレスから履き替えてさらにインチアップしたというのに、乗り心地は全く悪化してないし音はかえって静かなくらい。それなりにしっかり感は有って曲がるけど、グッっと切ったらガッっと曲がるみたいな感触は無い。凄く上品な感じがする。若気の至りですいませんみたいなパターンを除けば。

 前回のルマン701の時は自分の求める方向と違っていて少し落胆した。今回はかなり満足度が高い。店のオニイチャンの言うことはほぼ真実だった。やっぱ東洋工業には東洋ゴムよね、などと勝手に納得してしまう。

 タイヤが調子よかったので気分良く走りに出た。昨日休んだおかげか普通に戻った。今回で自分の回復力がだいぶ解った。キツすぎるポイント練習では回復に1週間近くかかっている。休んでも4日はかかるような感じ。今後は半分の強度で切り上げて、2-3日で回復できるように設定しようと思う。

 流石に暑いのでウインドブレーカは止めてタイツにした。それでも暑かった。短いスパッツにすれば良かった。かえってから低脂肪乳を600ccくらい飲んだけど、それでも喉の渇きは収まらなかった。そろそろ途中の給水が居るなあ。

ラン15km

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

ちょっと休憩

Rsus 腿上げ関係を1時間もやったのが悪かったのか、1週間たっても脚に小さな疲労感が残っている。ここは思い切って1日ほど休んで回復モードへ。

 XSはエンジン関係の不具合が無くなってきたので、足回りが気になりだした。まずはフロント。スプリングの上にあるパイプ状の部品を10mm短くした。改造すると元に戻せなくなるので、温室のパイプから旋盤で削りだした。ついでにオイルも交換。以前から滑りが悪かったので注油用に使っている二硫化モリブデンが入ったハンマーオイルというのを3割くらい混ぜてみた。

 赤木峠を往復してみる限りでは素直な良い感じ。変な感じや乗りにくさは無いのでしばらくこのままで行こうと思う。

 帰ってからはリヤ。掲示板に書き込みしてくれた人のページで紹介されていた方法を試してみた。下の方にタップ穴を開けて古い油を出して新しい油を充填する方法。1970年の油が数CC出てきた。

 サスペンションオイルなんて田舎には売ってないので、いつもの様にホームセンターのオイル。AZのVG32粘度を入れてみた。クシュクシュしてみると左は満足できる程度まで復活したけど、右はいつまでたってもスカスカのまま。エアーを噛んでいる様でこれ以上オイルが入らない。でも押すのに疲れたので今日は止め。廃材でクシュクシュ装置でも作って再挑戦しよう。

 クシュクシュのおかげで腹筋と肩胛骨廻りがえらく疲れてしまった。

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

まだちょっとだけ脚が痛い

 走り出したら左足のくるぶしの上辺りと、右足の膝が変な感じ。痛いのと違和感の間くらい。出来るだけ衝撃を減らそうと思い、トヨタに行ってクロカンコースを走ることにした。

 どうせなら筋トレや関節の柔軟性やフォームの確認などもやろうと思い、クロカンコースを横断するような形で、ゆっくりと上り下りを繰り返してみた。ゆっくり移動するのは意外と難しくて、重心移動などが綺麗に出来ていないとよろよろする。スキーの動きみたい。

 1時間ほどそんな動きで汗を流し、倉久経由で帰ってきた。RCの人に交じって中崎選手がジョグをやっていた。手に軽いダンベルみたいな物を持っていた。腕振りとか肩廻りのトレーニングだろうか?聞いてみたかったけど一緒に並ぶタイミングが無かったので聞けなかった。

 ランティスのタイヤを買わないといけない。嫁さんが犬鳴峠を使うことが多いので今もスタッドレスを履いている。でもこの暖冬なら早めに夏タイヤに交換した方が良いですよね?半井さん?

 と言うことで現在夏タイヤの検討中。純正のミシュラン???は悪くなかった。次のルマン???はドタバタする感じがして好きじゃなかった。CR-Xにレグノは良かったけどちょっと高いし同じじゃ芸がない・・・今度は何にしよう。使ったことのないメーカーは、ピレリとトーヨーに韓国系。

ラン10km

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »