« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

いつものコースで16km

Drp07 空いた時間を全て使ってXSのオイル漏れを修理した。詳細はこの辺で。

 で、オイルを入れるときになって買い置きも無いし、今使っているのは1,000kmも走ってないし、古いのはまだ捨ててないし・・・上澄みをそうっと最注入してしまいました。すいません、整備の神様。

 脚の筋肉痛はほぼ無くなったのでいつもの距離を走ってみた。今日は疲れは無いけど関節の各部に軽い痛みがある。何故だろう??昨日は感じなかったのに。

 故障とは明らかに違うような気がするけど、もしもの事も有るので用心しながらあまり負荷をかけないように気をつけて走った。最後の方はあまり痛みを感じなかった。帰宅してからは何ともない。

ラン16km

| | コメント (0)

2007年2月27日 (火)

パリダカの整備じゃ無いんだから

Xsdr1 ふくらはぎの上の方に筋肉痛が残っていたけど、それ以外は何ともなくなったので軽く走ることにした。西中経由の短いコース。

 西中で水を飲んで裏の峠を越え、四郎丸から倉久に抜けて帰ってきた。ゲルカヤノを履いてゆっくり目にのびのび走ってきた。走っている最中はふくらはぎの痛みは感じない。室内でしゃがんだりするときの方が違和感を感じる。この調子なら明日には全快しそう。

 夜は昨日の続きでXSのオイル漏れを修理。昔はチャッチャッとエンジンを降ろしたりしていたけれど、今はめんどくさくて直ぐに手抜きをしてしまう。XSもだいぶ古くなってきたので、各部のゴム製品を何回も脱着したくないというまともな理由も有るけど。

 チェーンブロックで吊って可能な限り傾けてみた。これなら何とかなりそうなので亀裂の廻りを中心にリューターで汚れを落としながら表面を荒らした。接着剤は無難な線でデブコンのメタリックパテを使う事に決定。こいつは凶暴な値段でホームセンターのエポキシの10倍くらいする。600円のヤツで10回やり直せば良いじゃないか・・・とは考えずに無難な資材を選択する辺りも年を取ったのかもしれない(笑)。

 夜中にしゃがみ込んで作業していたら女の人の声がした。嫁さんの所に遊びに来た近所の奥さんだった。ダンナは元白バイ乗り。この奥さんもバイクに乗っていたらしくて「このメーター廻りが格好いい」とか「こんなガレージが欲しい」とか「ダンナのCBは売らない方が良かった」とか一人で盛り上がっている。堀ひろこの世代だろうか?女の人にXSを誉められたのは初めて。

ラン12km

| | コメント (0)

2007年2月26日 (月)

禍福はあざなえる縄のごとし・・・

Xsdr 各部の筋肉痛が酷いのでとにかく休養。多めに食べた蛋白質が筋肉に変わりますようにとお祈りしながら。

 仕事で使う雑貨類が無くなりかけていたのでXS1でナフコに行ってきた。快調快調。スプリングを自作品に交換してから、左右のプラグが同じように焼けるように成ってきた。定速走行中のフィーリングも悪くない。買い物に使って燃費が20km/Lは行くし、車のペースで走っても面白い。良いバイクやねぇ。と思っていたら。

 帰ってからリフトに乗せて下回りをざっと見た。ミッション側のドレーンプラグは買ったときから外れない。アホなバイク屋が銅ワッシャ入れずにバカみたいに締めたらしく、叩いてもパイプを噛ませても緩まなかった。代わりに廻りにひびが入った(笑)。

 いつもの様にひびの廻りをエポキシで埋めて見て見ぬふりを続けて幾星霜。。。そろそろここにも終止符を打とうかと思い立ち、インパクトやハンマーでガンガンやってみた。するとドレーンプラグがめでたく緩んできた!素晴らしいぞ!やっぱり神様は見ていてくれたと大感激。

 しかし甘くはなかった。アルミのボスの周辺にオイルのにじみが急速に広まってきて、ポタリポタリとオイルが落ち始めてしまった。角を矯めて牛を殺すとはまさにこの事と一人で泣き笑い。

 仕方ないので数十年前のエポキシを剥ぎ取り、ワイヤーブラシで白い粉を落としてみたのがこの写真。さてどうしましょう。今回もホームセンターのエポキシで行くべきか、ネットで見つけたGM-8300とやらを試して見るべきか、旧車の王道デブコンFを買ってくるべきか、ぜーんぶ分解してアルゴン溶接するべきか・・・・あぁ。。。悩ましいぞ。今回は。

| | コメント (0)

2007年2月25日 (日)

新型DHバー

Dh1 注文していたアルミパイプが入ったので、今シーズン用DHバーの試作品を作ってみた。今まではジャマーの曲がりを改造した物を使っていたけれど、手首の角度が少し立ちすぎている様に感じ始めていた。そのために今回の試作品は今までよりも寝ている。

 ついでなので肘置きの位置も少しだけ弄った。体が硬いので人並みの位置よりも相当幅広だったのを、片側で7mmだけ内側に寄せた。

 昨日までの刺激入れのおかげで体のあちこちが筋肉痛でたまらない。でも天気も良いのでこの状態で試走に行く。見坂峠を越えて福間に出て、後はずーっと海岸線を芦屋まで。遠賀川のサイクリングロードで中間まで出て、埴生の駅を経由して室木線跡の道を通って泉水越しで帰宅のパターン。

 走行中に2回ほどDHバーの突き出し位置を変えた。最終的には一番つきだした状態になっている。あとは肘置きをもう少し手前に引きたい。慣れてないのも有るけれど、体が硬いので肘置きの幅に一番の違和感を感じた。走りながら徐々にベストの位置を見つけていこうと思う。

 クランクのせいなのか乗ってないからか、とにかく登りが遅い。見坂峠の登りでも、平地で追いついた3人組のうち2名には軽々と置いて行かれたし、最後の泉水越しでは39x27にしているのにキツくてたまらなかった。

 平地は悪くない。パワーが出ている感触は無いけれど、ポジションがコンパクトになったおかげで空気抵抗が減っているのでは無かろうか、良いペースで巡航できている。
しばらくはポジションの微調整をしながら乗り込んでいこう。

バイク86km

| | コメント (4)

2007年2月24日 (土)

トヨタでヘロヘロ

 苦手な部分の筋力と神経。これを何とかしないともう一歩上には行けない。こう考えてトヨタグランドでドリル的な練習。ちょっと早めに行ったけど土曜日なので実業団は居ない。RCの人がジョグしている位だったのでトラックの4レーンを使わせて貰う事にした。

 100m走って100m歩きを繰り返す。走りの部分に関しては、今日は太ももを上げる練習。これは自転車の引き脚側のスムーズさにも繋がるような気がする。最初は10mくらいしか腿上げで走ることが出来なかったけど、最後の方は100mを何とか走ることが出来るようになった。

 筋力の問題じゃ無くて、動きを司る神経が動いて居なかったのだと思う。そんな感じで1時間ほど走っていたらへろへろになった。トイレの洗面所で水を飲んで、仕上げに室木へ抜ける峠を経由して帰宅した。

 久しぶりにシャワーを浴びた後に脚を引きずるくらいの疲労感がある。晩飯も1杯でおかわりができない。とりあえず低脂肪乳だけ600ccほど飲んだ。故障さえしなければ何か変えることが出来ると思う。

ラン18km

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

3本ローラ45分

 この冬はランの能力をもう一段階上げようと考えている。だから他のことは手薄になってしまう。一度に沢山のことは出来ないので仕方ない。とは言ってもトライアスロンの大会に出るには或る程度のレベルは維持したい・・・

 と言うことでバイクも色々工夫はしている。その一環でランに続いて動きの考察と洗練。クランク半径を7.6%短くしたので、ケイデンスを7.6%上げるかペダルに加える力を7.6%上げるか、総合で7.6%上げるかしないと同じパワーには成らない。どの辺に落ち着くかはしばらく乗り込んで決めようと思う。

 残るはペダリングの動き。効率の良いところで踏んで、戻すときは引き脚までは行かないにしてもマイナスの加重は加えたくない。このへんを考えて片足で回したり引き脚を強くしてみたり、色々試した。どうも左の引き脚の行程が下手くそみたいな感じ。動きもギクシャクしているし、力も出ていない。45分でばててしまった。

 ハムストリングスで膝から下を持ち上げるのが下手なのか、それとも太ももを持ち上げるのが下手なのか、どちらなのかは解らない。よく考えるとランでも脚を戻す方が上手じゃないと感じている事を思い出した。この辺の筋肉や神経系が発達して居ないのかもしれない。

 最近はトレーニングの後に目の奥がツーンと来ることがある。貧血気味かもしれないので、夜にスーパーに行った時におやつ用の干しぶどうを買ってきた。

バイク45分

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

フォームを変えてキツい

 引き続きフォームの変化を求めて色々試して走る。自分に対して一言で言うと今までよりも中距離的な走り方に成れと言う感じ。はたから見てどう見えているかは解らないけれど。

 脚を置いているだけに成らないように心がけている。かといってピョンピョン跳びはねていても前には進まない。カンガルーが走っていくようなイメージ。そう言う躍動感というかダイナミックな動きが私には無いように思う。そう思ってみているからか、先日のマラソンでも素人と玄人の一番の違いはその辺に有るように思えた。

 今日は思っている動きが出来たような気がする。いつもはあまり疲労感を感じない尻の下を中心に怠くなった。背面の筋肉が動員出来はじめているのだと思う。このイメージでしばらく走り、尻の下の筋肉を使えるようにしてみよう。

ラン14km

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

ショートクランクで絶好調?

Sc_1 昨日は休みにしたから今日は完璧と思っていたけど、両方のふくらはぎが軽く張って変な感じ。変な走り方を試したりしたから、筋肉痛の一歩手前くらいになっている。ランは止めて自転車にした。

 ランだとはっきりと不具合が解るくらいの張りだったけど、クリート位置を10mmくらい踵寄りに移動したおかげなのか?ふくらはぎの疲労や違和感は全く感じずに帰ってくることが出来た。

 不具合検証で預かっているFR301をお供に持ってきたので、速度を頻繁にチェックしながら走った。どうも登りがパッとしない。クランク半径が小さくなっているのだから、その分はケイデンスを上げないと同等の出力にならないのは解りきった事実。しかし感覚がそれに対応できて居らず、今までと同じ様なケイデンスのギヤを選んでしまう。結果的に登りでトルクが不足してしまう様な感じ。

 反対に平地はかなり好調。DHポジションを少し深くした事や、脚の動く範囲が狭くなって楽になったこと等の相乗効果だろうか、平地の速度の伸びがよい。室木線跡の道ではずっと向かい風だったけど、32km/hくらいが維持できた。無風なら35km/hが維持できそうな気配。

 総合的なタイムは今のところ大きく変わらない。あえて良いところを探してみると、今はクリート位置をふくらはぎ保護の考えで踵に寄せている。そのための不慣れやふくらはぎの筋肉を動員しにくい為のロスが考えられる。その分のパワーロスくらいは回収できているのかもしれない。

 クリート位置を10mm動かして、クランク半径も12.5mm短くした。これはかなり劇的な変化だと思うけど、最初の段階で従来と大差ない能力が発揮できている。私の体が鈍感なのかもしれないけれど、徐々に凄い効果が出てくるに違いない???

バイク35km

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

せめて子供にはヘルメットを

 朝の尿の色と臭いが違っているような気がした。動物的な感で?赤血球の残骸やウロビリノーゲンが多い感触がある。本当かどうか解らんけど。。。 回復中と言いながら2日ほど強度が高かったのは確かなので、今日はお休みにする。

 丁度、郵便物を投函したかったし、キャブのスプリングを交換してから試運転をしていない。XSでしばらくブラブラして気分転換でもしようと思い立ち、久しぶりに長井鶴に行った。誰もいなかったのでグルグル遊んでいたら大きなワンボックスが来た。

 お父さんと幼稚園児くらいの男の子。車からポケバイを出してエンジンを掛けた。自分でも色々やってきただけに、オートバイに関しては私の基準は人よりもずいぶん甘いと思う。ここは他の交通が有るから無免許は駄目とか、そんなことは思わない。

 近所の高校生がノーヘルでナンバー無しによろよろ乗っていても嫌な気持ちにはならない。「捕まるなよ」とか「盗んだらいかんぞ」とか要らん世話を焼きたくなるくらい。

 でもこのお父さんは男の子をノーヘルで走らせた。呆れたけど人様の子供がどうなろうと知ったこっちゃ無いと思い、勝手に8の字をグルグルやっていた。するとS字出口で不意にアクセル全開になった男の子は植え込みに向かってぶっ飛んでいった。

 怪我は無い様だけど流石に我慢が出来ずに近くまで行き、歩いて来た親にヘルメットくらい用意しろと注意した。すると「車に積んじょうっちゃんね」との返事。この後はヘルメットを出してきそうな雰囲気は有ったけど、アドレナリンがかなり出てきて冷静なバイクコントロールができそうに無かったので今日の長井鶴は止めにした。

 かつてのバイク乗りで良いお父さんだと思いたかったけど、あの状態で子供が大怪我したり死んだりしたら来期以降は整備の予算が付かないと思う。息子のためにもせめてヘルメットくらい被らせておくれと思いながら、いつもは4速で抜ける赤木峠のコーナーを2速全開で抜けたら気分が晴れた。

休息

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

RAP-319がやっと来た

Rap319 やっと、やっと、やっとRAMの小物が来た。もう腹が立つのも、心細くなるのも、悲しくなるのも、ぜーんぶ通り過ぎて単純に疲れただけ。ホントに定期的にRAMは無反応になるなぁ。。。

 会社の掲示板で依頼があったので取ってみたRAP-319。オートバイのバックミラーステーとか、カウルの支柱などのφ10(φ10mmは不可です。12.7mmが最低みたいです)くらいの丸棒にUボルトマウントを装着するときのアダプタ。せっかく取り寄せてみたので、困っている人は使ってみてください。

 昨日の続きで動きを洗練させたくて悩み続けている。今日は靴をRC800Bにして違う刺激を入れながら走る。トヨタのトラックで各種の動きを試すつもり。

 もう遅いのにグランドでは森下さんと選手が1名残っていて練習をしていた。とてもトラックには入れないので外周路を走って動きを試す。ジャンプ気味、腿を意識して上げる、小さな歩幅で、など色々やってみた。最後にトラックで流しを数本入れてお終い。最後の流しではバネ感のある良いイメージが有った。

 練習が終わった森下さんは、女性ランナーと走り始めた。先に帰ると負けたようで悔しいけれど、今日の夕食は焼き肉系と聞いていたので帰宅を急いだ。でも帰り着いたら既に夕食は中盤にさしかかっていた。次男は飯を4杯もおかわりしたらしい。私も頑張ったけど2杯目で肉が無くなった。悔しいので昨日買ってきたアイスを食べた。

ラン14km

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

CVキャブのスプリングを作る

Xssp いつもより遅めに起きて朝食を食べてコーヒー飲んで東京マラソンを見る。なんか私の嫌いな鬱陶しいスポーツ中継だったけど、いつも子供達に言うように、民放のTVなんて折り込み広告の余白に漫画が載っていたりオネエチャンの写真が載っているような物と考えれば腹も立たない。

 滅多にない機会なので、トップランナーと市民ランナーの走りの違いを色々感じながら見てみた。解ったような解らん様な消化不良気味の状態。何となく違いはわかるけど、それを自分に対してどのように展開するべきなのかが明らかじゃない。

 はっきり感じたのは、アシックスはナイキに成りたがっているらしい事と、ジェンガは浪花節的だなと言うこと。

 午後からは旋盤を使ってCVキャブ用のスプリングを自作してみた。XS1のスプリングが左右で違って居るけれど部品はもう出ない。山之内キャブレターにも無いので自分で作るしかない。0.9mmのピアノ線を丸棒にグルグル巻いて圧縮スプリングにしてみた。弾塑性域の微妙な所なので心棒の直径とかテンションの設定が微妙。でも夕方までにほぼ等しい2個ができたので取り付けた。

 試運転に行こうかと思っていたら嫁さんが走りに出掛けた。なんか負けたような気がしたのでオートバイは止めにして私も走りに出た。午前中のもやもやしたイメージを色々試す。走り込みも大事だけど、老化に打ち勝って能力を向上させるには、若い人よりももっと早く良い動きを習得する必要がある。

 熱中して走っていたらペースが偉く上がってしまった。後半はレースペースに近くなってしまい、帰宅したら飯が十分に食えなかった。夕食後にスーパーに買い物に行ったときに低脂肪乳と一緒に2kgのアイスクリームを買ってきた。帰宅して一皿食べたら血糖値が上がって落ち着いたみたい。

ラン16km

| | コメント (0)

2007年2月17日 (土)

3本ローラ1時間

 回復後初めての自転車。雨が降っていたので軟弱にガレージで3本ローラ。そんなに負荷もかけず回転をあげるわけでも無し、体を慣らすようなイメージで1時間ほど漕いでお終い。

 最後の数分間だけ回転をあげてみた。特に悪い印象は無い。暖かくなるにつれて実走で距離を伸ばしていけば何とかなるだろうと思う。

 夜は組合の常会。来期の役員決めらしい。まあじゃまくさいと言えばじゃまくさい。役員が決まったら飲みが始まる。組合長と副組合長と会計を決めて飲み終えるのに3時間かかった。もしここの近辺に住宅が建ち並んだとしても、やっぱ若い夫婦が入ってこれる雰囲気じゃない。

 アルコールが入って眠いので寝よう。

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

Forerunner301を試験しつつ走る

Fr301 お客さんのForerunner301を預かっているので試験のために走る。だからウエアもシューズも手袋もぜーんぶ業務のための機材。と言うことは必要経費で間違い無いよね、直方税務署さん(笑)。

 再放射アンテナを使った室内の試験では異常が現れない。装着して走っているときにも出たと言うことなので、実際に走って確かめる事になった。こういうのは良くある。でも中々同じ環境を作ることは難しく、再現できないことの方が多い。

 体調がだいぶ戻って来たのを感じたので、いつもの14kmを走ってみた。走りながらFR301を見ているけど問題ない。心拍センサは自分のを使っているけどこちらも正常。帰宅してデータを見ても正常。うーん。1週間くらい試してみよう。もしかしたら温度かもしれないので、今度は冷凍庫で冷やしてから試そう。

 今は新しい305が出ているので301は古くさいと思われがちだけど、こっちの方がすぐれている面も多い。まず電池、使い込んでも13時間は動作するのでウルトラやロングのトラで安心感がある。心拍計センサの到達距離と高圧線などのノイズには305よりも弱いけど、ウエアの静電気には301の方が強い。液晶が少し大きいので老眼が始まったランナーには305よりも優しい。等々。

 受信は305が劇的に良いと思っている人も多いけど、60Cと60CX程の差は無い。確かにログは綺麗で樹林帯での感度も良いけれど、普通のマラソンコース的な場所では301と305の差は小さくなる。さらにトンネルの前後では305の方が大きく乱れる事が多いし、値段も301の方がずいぶん安い。

 まあ、305の方が新しいだけに優れている面も多いのだけど、全ての面で305が優れているわけでは無いというお話し。

 体調的には徐々に良くなってきた感じで、気持ちよく走って、最初はキロ5分30秒くらいだった。徐々にペースが上がってきて後半はキロ4分55秒くらいを推移し、最後の3kmくらいはキロ4分30秒くらいまでちょっと頑張ってあげてみた。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

ランティスのエアーエレメント

Ltae 朝一に銀行に行く用があったので、その足でマツダに寄ってエアーエレメントを受け取ってきた。朝礼中に押しかけてごめんなさい。品番はAS01-13-Z40で3,675円。互換品なら1,000円台で有りそうだけど、部品が出る間は純正品を買ってあげようと思う。その代わり出なくなったらボケ・カス言うけどね(笑)。

 適用車種を見ていると5年前のカペラからの流用らしい。ランティスの設計はバブルのまっただ中だと思うけど、あの時期にあの狭いエンジンルームのスペースに、専用設計をせずにカペラの図面を流用してまとめ上げた設計者は偉いと思う。

 徐々に体調は戻ってきているようなので、トヨタのクロカンコースをゆっくりと回ってみた。負荷をかけると言うよりも使う筋肉や動きに変化を持たせたかった。帰りは室木に抜ける峠を頂上まで上がって四郎丸へ降りてから帰ってきた。約12km、脚が少し動く感触がある。

 昨日貰ったチョコレートを仕事の合間にポリポリかじっている。血糖値が高めを推移していることと口の中に糖分が何時までも滞留している影響だろうか。何となくお腹と歯の具合が良くない。こうなったら早く食い終わって通常の食生活に戻すしかない。

 嫁さんからランティスの具合が変わったと言われた。アクセルをちょっと踏んだだけで前に出るとか、サイドブレーキが良く効くとか。どっちも週末に整備して自分的には改善を体感していた部分。他人が同じように感じてくれたので客観的にも改善されていると解って嬉しい。

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

わりちょこ

Wrch 日本の商習慣に則り、嫁さんから義理チョコを貰った。千早にある「アーク・アン・シェル」と言う芸能人の名前なのか美容院なのか良く解らん名前の店のチョコ。

 以前この店のをいくつか食べたとき、残り物で作った様なこの「わりちょこ」が一番旨いなと言ったのを覚えていてくれたみたい。チョコは普通のミルクチョコ。中にはアーモンド、ヘーゼルナッツ、カシューナッツなどが入っていて、適度にサクサクする粒々が混ぜてあるので食べやすい。まあデブの元ではある。

 今日も走った。相当風が強かった。昨日は他人の体としか思えなかったけど、今日は凄く調子の悪い自分の体まで戻っていた。この調子で徐々に戻していこう。

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

ワンジルロード

Wjr 1週間ぶりに走ってみた。快調の訳がない。他人の体のような感じ。まあ仕方ない。年だから2週間くらいかけて戻していこうと思う。

 今日は短めに、西中から裏の峠を越えてトヨタグランドへ直行するショートカットコースにした。この道は私が勝手に「ワンジルロード」と名付けた所。今回でハーフの世界記録を2回も塗り替えた事から、正式に「ワンジルロード」に成る日も近いかもしれない。

 頂上に小さく写っているのは多分岡村選手。多分と書いたのはいつもの髭爺の顔じゃなかったから。でも表情は岡村選手の様な気がした。まあ、この道が「岡村ロード」に成る可能性もあるし、「中崎ロード」に成るかもしれない。(Exifデータを書き込んでみたけど、Niftyが縮小するときに駄目に成っているかも。)

 グランドに寄ってみたら今度入る高校生が走っていた。先頭をハッサン君が引っ張って高校生3名が続く。今井君は居なかったけど、3月くらいから加わるんだろうか?

 鉄棒をしながらぶら下がっている選手にワンジルの話を聞いた。ニューイヤー前は故障明けで1ヶ月しか走っていなかったらしい。それであの成績・・・そして今回の新記録。やっぱりヤツは普通じゃないと思う。今度会ったらお前凄いな!と言って腹を殴ってやろう。

| | コメント (5)

2007年2月12日 (月)

たまにはXS1も動かそう

Xs1plg 鼻が詰まって普通に調子悪い位に戻ってきた。走りたいというよりも、私が不調の間トレーニングしてきた人達に遅れてしまうと言う焦りに近い感情も出てきた。かなり体調は戻ってきたと思われる。今日までは我慢してトレーニングは止め。生活の強度は少しずつあげていく。

 昨日に続いてランティスを少し弄った。嫁さんが軽く当てていた右前のフェンダーを手で引っ張り出して軽く修正。隙間1mmが3mmくらいまで回復した。あと2mmは外してやらないと駄目みたい。車の板金はめんどくさいのでやりたくない。

 何となくダラダラして過ごし、昼過ぎにオートバイに乗ろうと思い立ってXS1のエンジンをかける。長く使ってないけどキック3発で目覚めた。ガソリンが無いので農協のスタンドでガソリンを入れてからその辺をブラブラ。昔は雪の中でもこいつで走っていたよなと思い出す。Gパン1枚で。

 寒くなってきたからかエンジンの調子は良い。アイドリングも1100rpmから1200rpmで安定している。中速から高速への伸びがイマイチとは思うけど、この範囲はほとんど使わないので今後も真面目にセッティングしないような気がする。

 帰ってからプラグをチェック。BPR6EYがこんな感じ。速度の割りに焼けすぎの様な気もするけど、これ以上はスピードを出さないので6番のままで良かろうと思っている。

| | コメント (0)

2007年2月11日 (日)

ランティスを軽く整備

 体調は昨日よりは少し改善。劇的に改善せんように成ったのはやっぱり年かも。。。無理せずに久しぶりのランティスの整備でもしようと思い立った。何が何処にあるか良く解らん。整備書を持っていたのに広島のマンションでは使わないからと譲ってしまったのが悔やまれる。とりあえず感で押していこう(笑)。

Lt1_1  1年くらい前からアイドリングの落ちが悪かったり、アクセル開度の低いゾーンでの感触が良くなかったり、の症状があった。

 エアフローセンサの清掃をやったけどあまり汚れてなかった。スロットルバルブは装着したままでパーツクリーナと筆を使って洗浄した。相当汚れていた。エアーエレメントも痛んでいたので注文した。

 スロットルバルブ廻りの清掃が効いたみたいで、アイドリングが700rpmくらいまで安定して落ちるように成った。通常走行域での反応もスムーズに成った。久々に結果が見えた嬉しい作業だった。

Lt2  次はブレーキ関係。ホイールをはぐるとリヤ左のサイドブレーキが引きずり気味だった。ピストンを押すリンクみたいな部分の動きが悪い。油を差してガンガン動かし、最後は二硫化モリブデン系のグリースを充填して調整でお終い。操作ケーブルの動きも良くないような気がするけど、これは見て見ぬふり。

Lt3  フロントも同様に確認しておく。こっちは最近パッドを交換している。リヤ同様にスライドピン部分の清掃・給脂等をやってお終い。

 特にリヤが錆で汚かったので「さび止め」を塗っておいた。長男からは「赤が良かったのに」と言われたけど、車検に出したときにマツダの整備のアンチャンに「いい歳こいて・・・」と笑われそうで止めといた。

Lt4  おまけで先日交換したバッテリー。55D23Lを80D26Lに載せ替えた。上のカバーやスペース的には何の問題も無い。下のトレイの出っ張りをニッパーで切る必要がある。

 前回も書いたけどセールで23よりも26の方が安かったのでこうなってしまった(笑)。ちょっと重いだけなのでまあ良かろう。

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

回復しつつ、すし伝の鮨を食う

 昨日に比べたらずいぶん体調が良い。横になりたいようなキツサがほとんど抜けてきて、鼻が詰まって鬱陶しいとか、喉が痛いとか、目がシパシパするとか、単純な症状が残っているだけになった。あと少しの辛抱。

Sd1  16日が私の誕生日なので、ちょっと早いけどこの週末にお祝いをやることに成った。たまには鮨でも喰おうと言うことで、高校時代の友人がやっているこだわりの鮨屋?「すし伝」に注文した。

 基本的に鯵・鰯系といなり寿司が好きで、WEBに掲載の棒寿司系を入れてくれと頼んだのがこれ。我が家は食通でも何でも無いので解らない魚がいくつかあったけど、まあ旨ければ文句は言わない(^^)。
Sd2  こちらに帰ってから直ぐに頼んだときよりも、今回のはネタがバラエティーに富んでいて我が家には好評だった。予算と好みを言っておけばそれなりに纏めてくれるのはありがたい。値段はリーズナブルだけどまともな鮨を食わせてくれる。何時までも友達で居ようね、吉田君。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

不調も底を打ったか?

 朝起きて昨日の夜よりは良い感じ。でもサラリーマン時代なら休んだよなぁと言う体調。でもでも、RAM社のバカのおかげで朝一から銀行に行ってキツかった。「私は何回か貴方にメールを出しました、しかし継続してエラーが発生した為に貴方にメッセージを届ける事ができませんでした。」ホンマか!?他の会社のメールは届いとるぞ。

 まあ、去年だったか以前も2ヶ月くらい反応無しのことがあったし、RAMの事務処理はなんか怪しいことが多い気がする。まあ、それ以上に今日は体がキツかったのでそれどころじゃ無かった。帰ってからも某N日本シティ銀行からは「手数料を計算に入れてませんでしたのでもう一度・・・」などとアホな電話がかかってくる。私ももう大人だし地方銀行も厳しそうなので(笑)、「お前の給料から出しとけ!」とは言わなかったけどねぇ。

 本当なら今日の夜は古い友人と晩飯を食うことに成っていた。下宿で一緒に過ごし、丸美屋の鳥釜飯を半分っこして、マルシンハンバーグを焼いて一緒に食った仲。岐阜から出てきているので本当に会いたかったけど、博多まで出て行く気分には成れなかった。スマン。5月にもう一回来るらしいのでその時に会おうと思う。

 さあ、今日も早く寝よう。この調子でグッと回復するぞ。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

絶不調

 朝起きて鼻をかんだら黄色いプリンみたいなヤツが出てくるし、喉も普通に痛くなってきた。動く気分が起きないし気温が高い割りに寒くて仕方がない。でも体は熱っぽい。こりゃヤバイかも・・・。

 会社勤めなら休みやなぁ。。。と思いながらGPSを2台試験して梱包して、書類を一つ作って今日はお終い。半完成品を半田付けして組み立てるのもあったけどとてもやる気が出なかった。ごめんなさい。

 夕方から布団に寝て晩飯だけは普通の量を喰って、その後もずっと寝ていた。汗が出て変な夢をずっと見ていて、目が覚めたから体温を測ったら36.6度しか無かった。いつもこんな感じ。高いと思って測ったときは高い値が出ない。それでいつも嫁さんから馬鹿にされる。気張って2回目を測ったけど36.7度までしか上がらなかった。

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

不調

 やっぱり風邪のような感じ。午前中は寒くてたまらなかった。夕方は顔と頭が熱っぽく成ってきた。トレーニング自体が目的じゃ無くて、能力向上が目的なんだからしっかりと休もう。

 やることが無くなったので納屋の裏の倒れてきた竹を3本切った。そう言えば鉈を研いで居ないと思いつき、日曜日に使った鉈を研いでもう1本を研ぎ始めたとき、家の裏から女の子が2名出てきてびっくりした。

 息子の同級生の女の子達だった。「オジサンが風邪で走ってないみたいだからお見舞いに来ました」と言うのかと思ったら次男に会いに来ただけだった。つまらん。愛想笑いして損した。最近は女の子の方から遊びに来るのか。。。とちょっとびっくり。

 頭がボーッとしてなんかやる気が出ないので、昨日の続きで1974年の航空写真をダウンロードして遊んだ。ちょっとだけ地図オタク的な部分があるので、こういうのをやり出すと止まらない。しかし速度はISDNなので超快適。田舎だからスローライフが丁度良いと無理矢理納得(笑)。

| | コメント (3)

2007年2月 6日 (火)

いつものコース、風邪引きかけか?

 いつものコースをぐるっと回ってきた。日が長くなってきたからか、途中で西中の長距離組に会った。今年は長距離に女の子が一人しか居ないけど、結構頑張っている子なので来年あたりが楽しみ。うちの三男は100m→高飛び→ハードルと変化しているらしい。ちょっと変わり身が早すぎる様な気もするけど(笑)、まあ良かろう。私の中学時代に比べたら100倍くらい体を動かしている。

 今日は信じられないくらい暑かった。それなのにウィンドブレーカを着てしまったのでペースが上がらない。羅漢橋の辺りをチンタラ走っていたとき、そう言えばこの道は昔は六坑に行く充填汽車の線路だったよな・・・と思い出した。

 帰宅してから国土地理院の古い航空写真を公開しているページを見ていたら、1974年の画像にその充填汽車が煙を吐いて走っているのが写っていた。びっくりした。このあたりに。

 走る前の心拍が高めだったけど、夜になって鼻水が少し出始めた。そう言えば今朝はくしゃみが数回出た。風邪気味かもしれない。ちょっと日曜日に頑張りすぎたか?

| | コメント (2)

2007年2月 5日 (月)

ミニAタイプのUSBコネクタ

Minia 昨日の運動量が多かったので今日は予定の休養日。最近は休むことは少なくて何らかの軽い運動をすることが多いけれど、今日は流石に休んだ方が良いような気がした。

 丁度良い機会でちょっとEU-700の特注品の依頼があったので、それに使うUSBのミニAタイプコネクタを探しに行ってきた。ミニタイプだけど小型機器にポツポツと使われ出したので1本くらいあるだろう・・・と考えたのが甘かった。1本も見つけることが出来ずにすごすごと帰宅。結局今回の分は通販で買うはめに。

 今回の分はW-ZERO3[es]用として使われるらしい。最近はUSBホストモードを持ったPDAも増えてきたので、こういった方向も考えないといけない。とは言ってもPDAの世界はかなりオタクっぽくて深いので、中途半端な物は受けないし、ピンポイントで作ると途方もない種類が必要に成ってくるし、マニアは良いけどネットで見たから買いました・・・的なお客さんは動くまでのサポートが大変だし...etc。と一筋縄ではいかない事が多い。

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

山のくろぎりと自転車少し

 今日は部落の共有林の「くろぎり」。くろぎりは多分方言だと思う。この地方では下草刈りみたいな作業の事を言っている。07:40から鉈と弁当を持って山に入り、15:00まで延々と作業をした。かなり動いた。左右の手のひらの筋肉が馬鹿になったような感じ。

 数十年前には希望を持って植林したはずなのに、田舎の山奥から切り出していると今ではマイナスになってしまう。でも手入れだけはしないとグチャグチャになる。負の財産とまでは言えないけれど、なんとも微妙な位置づけの財産ではある。日本の森や水を守っているという気持ちで作業するしか無いのかねぇ。。。

 出席率はあまり良くない。さぼっている訳じゃなくて高齢化で作業できる人の居ない家が増えてきた。年寄りだけの家にとってこの手の作業は負担でしかない。私はこんな作業は嫌いじゃないけど、作業後に飲みが始まって夜中まで続くとちょっと嫌。一度都会に出た若者に取っては両方とも耐えられないかもしれない。爺さん婆さんと廃屋だけの集落に成らないためには、色々改善すべき事が多い。

 今日は皆さんくたびれたようで、作業後の飲みは無しになった。16:00まで家でくつろいで自転車に乗ることにした。暇な時間にポジションなどを弄っているので、それに慣れたり検証したりが主目的。まだまだ自転車でトレーニングといえる段階には来ていない。

 クランクを短くしたぶんサドルを12.5mmあげている。ハンドルは15mm下げた。相対的に上体が27.5mm下がったことになる。ちょっと窮屈な感じもあるけど、クランクが短くて太ももが上まで上がらないので楽に漕げる。

 泉水越しを越えて室木線跡の道に出て、鞍手町の火葬場と遠賀高校を経由して平山口から倉久に戻り、トヨタの回りをぐるっと1周して帰宅した。約37km。今日は登りのトルク不足を凄く感じた。短いクランクのせいかもしれないし、山仕事の疲れかもしれない。その割りに最後までクタクタに成らずに平均的に漕ぐとこが出来た。この辺の疲れにくい感触はショートクランクのおかげかもしれない。

 世間の流れに乗ってショートクランクと言う言葉を使ってはいるけれど、身長が標準偏差から外れるゾーンに位置する人間にとって、世間のショートクランクは普通のクランクでもある。と言うことは今までロングクランクを使っていたのかもしれない。くたびれてくると太ももが上がらなくなる事などは、ロングクランクの弊害だったのかもしれない。

| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

久しぶりに30kmオーバー

 土曜日なので普段よりも早めに走り出す。久しぶりに赤木峠を越えて宗像側へ出てみた。玄海100kmのコースをたどってゆめタウン裏へ抜け、ぐるっと回ってユリックスへ行ってみた。

 中のコースを走ったことがなかったので軽く1周。1kmのコースだけどアップダウンがあってペースを上げるとキツそうなコース。その中に小さなトラックがあったので入ってみる。オールウェザーで本格的な作りだけど、笑えるほど全長が短い。200mも無いような感じ。話の種に走ってみたけど、速く走るには普通とは違うテクニックが要る。

 新しく出来たヤマダ電気の前を通って3号線を西進し、八並経由で本木に抜けて、見坂峠経由で若宮ICへ降りて帰ってきた。ずっと補給無しで走っていたけど、見坂峠の頂上で缶コーヒーを飲んだらそれが引き金になって?一気に喉が渇いてきた。この季節でもこの距離を補給無しは不味かった。

 若宮ICから高平経由で細い道を帰っているとき、大きな犬が向こうから走って来た。まあ犬は好きだけどちょっと驚く。ちょっとヨシヨシしてやると直ぐに来た道を戻っていった。家からロープを持ったオッサンが出てきた。デカいけど愛想の良い犬なのでちょっとだけ話してみた。大人の2倍くらい食べるらしい。こんな犬は好きだけど、我が家で飼うのは遠慮したい気分。こんなのは隣に居るくらいが丁度良い。

 テレビでシャラポワの事をやっていた。彼女も中々良いけど実の娘ではちょっと持てあます様な気がする。テニスが上手で綺麗な隣のお姉さんくらいが丁度良い。

 久しぶりに32kmほど走った。今日は最後までしっかりと走ることが出来た。腕振りも最後までしっかりと振れた。ライバル達も進化しているので彼らに勝てるとは言い切れないけれど、去年までの自分には勝てると思う。見坂の登りではカーブ毎に走り方を変えて、「今井!」とか「飛松!」とか言いながら走った。後半のキツいところでは、飛松バージョンの方が力が出るような気がする(笑)。

| | コメント (4)

2007年2月 2日 (金)

ハンドルを15mm下げた

Stm ハンドルを15mm下げた。これで一番下げたことになる。かといって凄く極端なポジションかというとそうでもない。今はブルホーンなのでドロップの下ハンは存在しない。ドロップのブラケット位置が今のノーマル位置に成っている。

 この状態で丁度良ければ問題ないけれど、皆生の写真を見ると他の選手よりもかなり上体が起きているのが解ってきた。体が小さくてパワーがないのに空気抵抗が大きくては勝てるわけがない。今期はもう少しハンドルを下げて空気抵抗の減少を目指したい。

 しかし体が小さい選手はサドルも低い。と言うことはハンドルが相対的に高い。ヘッドパーツの位置はタイヤの直径からだいたい決まってしまう・・・結果的に体の小さな選手がハンドル位置を低くするのは結構難しい。自転車の女子選手のバイクを見ているとその辺の苦労が伺える。とりあえず私のは15mmほどスペーサがあったので下げてみた。今は乗り込んでいないのでポジションを大きく変えるには良いタイミングかもしれない。

 雪が降って外はジュクジュクなので三本ローラ。30分はブルホーンで慣熟。それが終わってからはDHポジションに移行して1時間弱漕いでみた。背中など基本的な部分はそんなに違和感が無かった。唯一肘置きの部分が何となく変。この部分は自作品なので乗り込みながら弄ってみようと思う。DHバー先端の角度も少し寝かせた方が良い気もする。

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

RC800Bで15km

Rc800b  今日は靴を変えてみた。NBの赤いRC800B。会社が違うからかフラット走法に関係しているのか、履いた瞬間に他の手持ちのアシックスの靴とは印象が違う。踵のカップが低くてつま先の厚みがあって、全体にスリッパみたいな感じなのにホールド感は割とあるという妙な感じ。

 前にも書いたけどこの靴だと脚がくるくる回ってしまって忙しい。何故かバネとかピョンピョンとは縁のない、かといって脚を置いているだけとも違う、腰から下がタイヤになったような印象でくるくる回ってしまう。今日もそうだった。飛ばすつもりは無かったのにスピードが出てしまう。

 不思議な感触で15km強を走り終えた。先日からトヨタ近くのコースを変えて山沿いの田舎道を通っている。こっちの方がずいぶん走りやすい。トヨタの近くは関連会社の建設ラッシュで、歩道なんかがいつも堀り返されているから走りにくいし危ない。しばらくはこっちの道を通ろうと思う。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »