2017年3月22日 (水)

あんまり進んでないなあ

03221 今日は1日中大きなドリドリ君の検討図を書き直したり、カバーの寸法を決めたり、そんなことをしていたら1日が過ぎた。この手の検討作業は集中してやらないと進まないから、なんとか時間を作ってガーッとやってしまいたい所。

 2柱リフトの方は少しだけ進んだ。2枚目の床板もさび止めまで終わったのと、モータの制御用にスイッチ配線を上のユニットから引き出して下ろして来たくらい。
03222  オリジナルは三相の2.2kW誘導モータが付いている。油圧ポンプと一体型に近いヤツなので、単相モータに変えて100Vを突っ込むとか出来ない。
 ということでインバータを噛ませて単相で使う事に決めたのだけど、問題はインバータの置き場所。上に有るユニットAssyからMCを外したら少しスペースが出来る。この場所にインバータが入らないかな?と試行錯誤したけど入らなかった。
 配線的にはここにインバータを入れるのが一番スッキリする。ここから電源線だけが出るだけですむから。カバーを作り直してここに入れようかな?とも考えたけど、高所作業で危ない気がしたのでこの案はボツ。結局インバータは柱の途中にボックスを追加して付ける事にした。
 その為に操作レバーの付け根にあるスイッチから配線を下ろし、インバータの正転信号端子に繋ぎ込まないといけない訳。言葉で書くと面倒な気がするけど電気的には面倒な話じゃ無い。面倒なのはインバータのケースだろう。屋外設置の盤とか買うと小さくても高いから、なんか適当なヤツで代用するか鉄板でも溶接して作るか。。。

バイク 12km

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

3種ケレンの後、直ちに防錆塗装の事

03213  夕方に成って養生用のブルーシートを剥がしモルタルの状態をチェックした。雨で流される事もなく、私が作業した下手な鏝目が残ったままで硬化を始めていた。ああ良かった。
 一応下地のコンクリ面は清掃して水を打ったけど、コールドジョイントだから剥がれやすいと思う。でも理屈から行くと圧縮応力しか加わらない部分だから、まあ行けるだろうという目論み。

03211_2  何となく気分が良かったので、ちゃしろの散歩までの時間でカバーの錆落としと防錆塗装をした。ディスクグラインダに新品カップブラシを付けたので両方出来るかな?と期待したけど、錆が酷くて片方しか出来なかった。
 今までは安物のカップブラシを通常の砥石用ディスクグラインダに付けて居た。今回は少し高価なヤツを低速型ディスクグラインダに付けてみた。そしたらこれだけの面積を処理してもカップブラシは全然痛んで無かった。これなら少々高くてもこっちの方がトータルでだいぶ安いわ。
03212  さび止めは良くある赤さび色のヤツ。基礎上のフレームもこれを塗った後で黒のペイントを塗った。でも翌日に塗ったら完全に乾燥して居なかった様で、一部はシワシワの味のある(笑)塗装に成ってしまった。今回は上塗りまで2日くらい間を開けよう。
 最終的には50mmほどコンクリを追加して見えている面を平坦にしたいと考えて居る。でもしばらくはこの状態で使わざるを得ないと思うし、それなりの作業量が有るから平坦化は何年先に成るか解らん。

03214  最後はポルシェの燃料ポンプ。ポルシェと書いたら直ぐに「遊びだろ」と言うヤツが居るけどこれは仕事。マジで仕事だからね(笑)。
 先日書いたように分解して各部を調査し、耐ガソリン性のOリングを各種買い集めては最適なヤツを選定して試験していた。やっと何とか行けるんじゃ無いの?という感じに成ったのでチラ見せ。
 たったこれだけのポンプに5種類のOリングが必要。ということはそれだけ漏れる可能性のある接合部が有るという事。NBRでもしばらくは行けると思うけど、今はそれより良い物が有るのだから良い物で組み上げたい。
 今は試験装置の構成を考え中。このポンプのO/Hをやっている人がほとんど居ないのだから、試験装置の紹介とかも見つかる訳が無い。自分でゼロから考えて作るしかないから面倒だけど、その分面白いし他社・他人との差別化も出来る。

 お彼岸で貰い物のおはぎを追加で食べた。今日もエアロバイクだけは漕いでおかないとダメに成りそう。

バイク 12km

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

グラウトなんか無いよ

03201_2  昼から雨の予報。ちゃしろの散歩は嫁さんが行ったので朝一から外の作業に着手した。
 最初は2柱リフトのワイヤーロープを軽くチェック。配置的に最もシーブとの摩擦が激しそうな部分を選んで洗浄してみた。摩耗はしているけど最外周の素線基準で40%摩耗といった所か。
 その後で全長に渡ってロープ用赤グリースを塗って行ったけど、素線切れは1本も無かった。このままで行けるだろう。

03202  次はレベルの調整と柱の傾き調整。最後にコンクリを均した棒の方向の関係で、左右の支柱のレベル差は無視できる程だったけど柱の傾きが或る程度有った。
 2枚目の様に鉄板を挟んでXY方向の傾きを修正。安物の建築用レベルで許容範囲くらいまで追い込んだ。まあ十分だと思う。
 あとは現地工事なら隙間にグラウト材を流し込む段取りだけど、ここにはグラウト材とか無い。有ってもメチャ高いから普通のモルタルを流し込む事にした。500円位で売っている砂とセメントが混ぜてあるインスタントモルタルを練って鏝で隙間に押し込んだ。
03203  はみ出したモルタルの量が一様じゃ無いので見栄えが悪いけど、隙間部分にはきっちりと入ったと思うので性能的な実害は無いと思う。
 あとはこれが硬化したら基礎ボルトを締め付けて完成なのだけど、普通のモルタルを使ってしまったから強度が出るまでに4週間かかってしまうのか・・・。失敗したなあ、値段が2-3倍しても即硬化タイプにすれば良かったよ。
 まあ1週間くらいすれば6割の強度が出るわけで、その後もアームの整備とか電機系とかやっていたら丁度よいのかもしれん。

 天気予報通りに昼頃から雨に成った。慌ててブルーシートをかけたけど染みこんだ雨水が今日のモルタルを流してしまいそう。何割も流れる事は無いと思うけど、全体の2-3%位は流失してしまうかもしれん。その時は後で補修しよう。
 初彼岸?と言うことで3組ほどお参りが有った。その度に手と鏝を洗って話をしたりして何となく気ぜわしい1日。今日も寝る前にエアロバイクだけ漕いでおこう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2017年3月19日 (日)

1週間早いけど

03191 昨日の夜遅くまで話して従姉妹は帰った。正確には自分の家には帰らずに別の親戚の家に行くことに成っている。お互いに歳を取ってきたし、その上の世代は何時死んでもおかしくない年齢ばかり。ということで今回の訪問は有意義だった様な気がする。

 で、今日は天気が良い。誘導加熱の装置を少し弄ったり、少しだけ仕事をしたり、ちゃしろと遊んだりして、最後の仕上げにリフトをコンクリの上に引き上げておく事にした。
03192  基礎までに危険な作業は無かった。でもリフトの移動は少々危険を伴う。脚がそれなりに広いので転倒はしにくいと思うけど、何かに引っかかったりすると自分の方に倒れて来るかもしれん。まあその時は死ぬしか無いけどそう言う可能性は低くしておきたい。
 丸棒をぶった切ったコロを使ってユンボで引きずったり、コンパネの上を滑らせたりしてなんとか定位置まで持ってきた。かなり緊張したから精神的に疲れた。事故が無くて良かった。
03193
 前後左右の位置を±5mmくらいまで追い込んで位置決めした。リフト自体の位置はどうでも良いけど、下の鉄筋とボルト穴の関係が有るから意外と重要。
 ここまでやったら何となくその先もやってみたい気がしてきた。天気も良いし作業が長引いても明日も休み。来週は天気が悪いかもしれん。コンクリの強度も90%以上はでているはず。うーーん、やってしまおう。
03194  貰い物のコンクリートドリルにMonotaROで買った一番安いキリをつけてガガガッと穴を掘った。1個2個なら良かったけど12個目は手が怠くて嫌になった。
 穴の掃除は金属ブラシとエアガンを併用して丁寧に施工。試しにエアガンだけでやったら全然細かい粉が取れない事が判明。穴の底まで届く長いノズルでもダメだった。説明書通りに金属ブラシも併用しないと接着強度が出ないと思われる。
03195  打ち込むだけの「MUアンカー」にしたので施工は楽。底まで打ち込んだ後は念のためにグリグリ回し、もう一度打ち込んでセンタを出してしばらく放置。3月にしては気温が高めだった事も有り、打ち込んで5分もすれば、基礎ボルト穴のセンタで自律する位までは硬化した。
 動かない程度まで硬化したら基礎ボルト用の座金とナットを軽く引っ掛けて今日の所は完了。明日以降にレベルを出してボルトを締め付けよう。
03196  途中で安物のキリがダメに成ったらどうしよう、と心配だったけど、12個の穴を無事に最後まで開けることが出来た。でも4-5個目くらいから切れ味が悪く成った様な気がする。
 貰い物の20mmドリルも壊れずに最後まで正常に動いた。19mmの穴明けは少し苦しそうな時も有ったけど、プロ用の20mmだから定格まではちゃんと仕事をするみたい。ただドリルチャック方式の取付だったのと、キリがノスドリル形状で掴み部の径が13mmで摩擦力的に厳しかったらしい。終わってから外してみるとチャック部が滑ってキリのシャンクに傷が入っていた。
03197  取りあえず仮設置まで終わった。あとはレベルを出して隙間にグラウト材の代わりに砂の細かいモルタルでも詰めて出来上がりとしよう。
 ここまでやったらようやく安心してワイヤとかアームとかの整備に取りかかれる。いやあ、長かった。でも少しずつでも前に進んでいれば何時かは完成するモンだ。

 半日くらい作業ばかりで疲れたから、夜はエアロバイクでも漕いで意識して「運動」的な行為を取り入れておこう。

バイク 12km

| | コメント (4)

2017年3月18日 (土)

塗料にはウルサイ

03181 午前中はスイミング。来ている中学生が高校受験だったので結果はどうかな?と思っていた。普通の顔で来ていたので聞いたら無事に合格したらしい。うん、良かった。
 高校受験とか何十年前の話だろう?、自分が受験したのかどうかすら忘れてしまって定かでは無い(笑)。大学受験は何となく覚えているけど不思議だ。
 レッスンでは久しぶりにバタフライが出てきた。骨折後は全くと言って良いほどやってないので、良い方の肩も固まってしまって水面上でリカバリーが出来ない。ああ情け無いなあ。クロールは何とか許容範囲で行けたかな?。

 昨日から塗装や塗料にウルサイ従姉妹が来て居て、アルファの全塗装は合格点をもらった。彼女は私がちゃしろの散歩中に到着したのだけど、真っ先に塗装中の2柱リフトのチェックをしたらしい。下1回に上2回塗ったと言ったらまあ良かろうとこちらも合格?。
 あとは錆が出ている家の屋根を見てもらったりして、さび止めと上塗りを何にしたら良いか?とか色々とアドバイスをもらった。上塗りは一斗缶で2缶要るみたい。
 写真は白骨号の雨樋部分で、錆が出てきたのでワイヤーブラシで塗膜と浮き錆を落としてローバルを塗った所。このままで乗っているので見苦しい。こちらも早く全塗装してやりたいなあ。
 昼飯はこのブログを見てエイミーの所のピザを食べようと思っていたらしいので、婆さんも連れて皆で押しかけた。今はエイミーもエリサもルーカスも居なかったけど、写真を色々と見せてもらっていた。自分の勝手な想像よりもエイミーがずっとカワイイと言っていた。
 ちゃしろも写真とか動画で見たよりもカワイイと言うので、一緒にちゃしろランに連れていったら脹ら脛を噛まれて居た(笑)。ガブッとは噛まんけどズボンの裾とか噛んで引っ張ろうとして、数cmずれて肉をギリギリチクッと噛む事が有る。それにやられたみたい。躾の出来ていない犬で申し訳ない。今度来たときは少しは改善していると期待したい。。。

スイム 1.0km

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

方言萌え!?とチクホー男子

03171 もうすぐ返さんといかん図書館で借りた本で「方言萌え!?」。岩波ジュニア新書と書いてあるから小中学生が対象と思ったら中身はそうでも無かった。
 なかなか面白い。「バーチャル方言」とか「打ちことば」とか、ある種コピーライター的な造語感を感じるのは、著者が大学の研究者で有りながら新聞社勤務の経歴が有るからだろうか。
 そしてその中で紹介されていたのが美月うさぎ氏の「チクホー男子」。「男おいどん」や「博多っ子純情」などの古い九州弁漫画とは違う新種として紹介されて居たから興味が湧いて買ってみた。一般的には人気が無いみたいで1円だったけど(笑)。
 確かに今までのヤツとは違う。はっきりと筑豊の男の子達を感じることばと内容が書かれている。福岡県鞍手郡出身とあるから当然か。登場する電車も筑豊電鉄と室木線をミックスしたようなヤツだし、高校もいかにもこの辺りに有りそうな設定。筑豊人には面白いけど一般受けは難しかろう・・・1円も納得だ。
 絵は気持ち悪くて好みじゃ無いのだけど、ほかの作品を調べて納得した。BL系と呼ばれる作品を多く手がける作者だったから。知らなかったけどBLとはボーイズラブの略らしい、オッサンが解るように書き直せば「ホモ漫画」だ。成るほど。

03172  夕方のちゃしろの散歩から帰ってきたら小太りのオバチャンが来ていた。普段は暴走オバサンだけど、1000kmほど有るから流石に車では来ずに飛行機とレンタカーで来たらしい。
 お土産にお菓子の包みを2個もらった。賞味期限が今日までのヤツを開けたら小ぶりなシュークリームが入っていた。サイズとかクリームのバランスが良いのか、なかなか美味しい。勢いで3個も食べてしまった。
 小太りのオバチャンは「羽根の付いた車からこんなオバサンが降りて来ちゃ行けないね」と反省しながらも、私の目の前でシュークリームをパクパク食べ続けた。血糖値大丈夫かね、脚が壊死したらクラッチ踏めん様に成るよ(笑)。
 家系図を前にどうでも良い話を延々と続けていたので、エアロバイクを漕ぐのを忘れていた。エアロバイク漕ぐから・・・と言う言い訳でシュークリーム3個も食べたのに。運動の神様御免なさい。

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

西内まりやの大腿四頭筋

03161 随分前に成ると思うけど、誘導加熱で錆び付いたネジ類を焼いて緩みやすくする工具の紹介を見た。面白そうだな、欲しいな、と思って見ていたけど10万くらいしてたまに使うくらいじゃ元を取れないので、諦めて指をくわえて見ていた。
 すると、もう死んでしまったけど北の整備士がこれを買って使い始めた。彼は仕事だし融雪剤まみれの地域だから簡単に元を取れたと思う。ジェットタガネの「バリバリ」と同様に「チン」するという言葉で何回もブログに登場していた。

03162  買えないなら自作しようと思い、本を買って調べたりもした。でも1枚目に写っている本は使用者用の全般的な説明で有り、回路設計の本じゃ無かった。そして回路設計の本や資料は中々見つからなかった。
 去年くらいからネットで自作した人の記事をいくつか見つけ、それを真似て回路を作って基礎的な実験をはじめた。でも色々な事が溜まっていて全然進ますに時間だけが過ぎた。
03163  そんな中で見つけたのが中国製の安物電源とコイルのセット。これは全部で3,500円くらいのセット。もう一個1,500円くらいのセットも注文しているけどまだ来てない。
 安物なので最初から色々と問題があり、手直ししてから電源を入れたのが3枚目の画像。簡単に錆びたM5のボルトナットを赤熱してしまったでは無いか。ハハハ、もうゼロから作る気力が無くなったよ。これをベースに改造した方が速い。
03164  4枚目はシールド線の網を加熱してみた所。銅だから鉄みたいに真っ赤っかには成らないのかな?。春から夏に向けて夜のオモチャが出来た。

 晩飯を食べて居るとき、西内まりやが司会のローカル歌番組が始まった。最初は短いスカートだったけど立派な脚に感心。ただ細いだけの最近の女の子の脚じゃ無い。膝が凹んでいて大腿四頭筋の方が出ている。素晴らしい。
 その後で派手な柄のワンピースに着替えて居たけど、今の日本の若い女優?で唯一、レッドカーペットの上を歩いても見劣りしない位のお尻と太腿。やっぱり息子の嫁は西内まりやに決めた。
 コーヒーを飲み始めたら森高千里まで出てきた。こんな番組だから「この街」でも歌うのかな?と思ったら「ララ・サンシャイン」だった。うん、まあそうかもしれん。
 今日の夜は気分が良いぞ。

バイク 12km

| | コメント (13)

2017年3月15日 (水)

シンプルに行こう

03151 浄化槽の臭気抜きファンを交換した。これはこっちに帰ってきてから定期的に交換しているのだけど、何が悪いのか2-3年しか持たない。交換の度に違う製品を試しているけど全部同じようにダメ。
 前回は取付前にモータや金具部分にさび止めを塗って取り付けてみたけど、あまり差を感じないうちに故障して停止した。いつも金属部分が激しく腐食してダメに成っている。

03152  ということで今回は昔ながらの便所の臭気抜きを付けてみようと思った。ブリキ細工で出来ていて、回りにフィンが付いていて風でカラカラ回るヤツ。これならシンプルな構造だし最初からモータなんか付いてない。無い物は故障しないのだからシンプルが一番だろう。
 そう思って色々探してみたら驚愕の事実が判明してしまった。金属製のカラカラ言うベンチレータだけど今は滅茶苦茶高い。もう信じられないくらい高くて何回も見直したくらい。
 安いのは無いか?と探してみたら同じ形状でプラスチック製が有った。これだと腐食の心配が無いからブリキ製よりも良いかもしれん。でも下品な青色でグリコのオマケみたいな作りなのに値段も3,000円以上する。。。

03153  こうなったら煙突の上にベンチュリー形状の筒でも付けて、横風が通ったら臭気を吸い出す様なヤツを作ろうと考え始めた。で、簡単な構想図を書いて材質は何にしようかな?と更に調べ始めたところ、今回購入した回転しないベンチレータを見つけた訳。
 そのまま付けても良かったけど、吸い出す部分の隙間を少しでも無くそうと65→75の径違いソケットを使ってみた。
 取付作業はちょっと怖かったけど、なんとか落ちて死んだり怪我したりせずに完了した。性能はどうだろう?。あと耐久性はどうだろう?。可動部は無いけど樹脂の質によっては紫外線で劣化してしまう可能性も高い。

 今日も風呂の前にエアロバイク。ちゃしろの散歩でも夕方は8割くらい走ったのでよい運動に成った。

バイク 12km

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

譲渡判定落ちだぞ

03142 「ちゃしろ 待て!」
 「ジャーキー食べたいけど待ちますっ」

 「よしっ!」
 「うーーん、美味い!」


03144  「次のジャーキー出せっちゃ! ガウガウ」 
 「こらっ! 人に牙を向けたら譲渡不可やぞ」

 「しぇからしいっちゃ、はよジャーキー出せっちゃ」
 「このやろう、八代に帰すぞ、殺処分やぞ!」

03143_2  「首輪掴むなっちゃ、はなせっちゃ」
 「じゃかましいゎ、本気で保健所に帰す、はちボラに返品!」

 「苦しかろうが、はなせっちゃ、ガルル」


03145  「まだ小屋には帰らん!」

 「もう少し、ちゃしろランで遊ばせてください」
 「いいこチャンにしますから、お願いします・・・」

 来たときに比べたら劇的に改善はしたけど、まだまだ要求時に口が出る。甘噛みだけどまだまだ改善の余地が有る今日のちゃしろ君。孫が出来てもコイツの前には置けんな。

03141  こっちはポルシェの燃料ポンプのO/H。メカポン用と聞いたような気がするけど忘れた。まあ作業自体にあまり関係は無いからいいや。
 一言で言うと中々難しい。Oリングの直ぐ横がカシメて有ったりするから、専用の工具を作って丁寧にカシメを開けたり、変なサイズでバイトン系のOリングを探し出すのに偉く苦労している。
 でもネットで検索してもこの燃料ポンプを修理している人はほとんど居ないので、もし上手く行ったらそれなりの達成感は有りそう。

 今日も風呂前にエアロバイクを漕いだ。もうしばらく軽負荷で行って徐々に負荷を上げていこう。

バイク 12km

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

我が社の基準に達しません

03131 先日書いていた中国製のA軸ユニット。内部の細かい不具合などを修正しながら組み立てていき、モータの仕様を想像しながらドライバも作って動かして居る。とりあえず動くけど今のままじゃ駄目だわ・・・というのが感想。

 まずはウォーム軸。こちらは軸端のベアリングナットに高強度のネジロックが使ってあったみたいで、前任者がメチャ苦労してナットが相当痛んでいた。その過程で軸を曲げてしまったかねじ山を痛めてしまった可能性もあるけど、うちにきた段階で1回転毎に重い場所があってモータが止まっていた。
03132  仕方ないので押したり削ったりしてスムーズに回転するように修正加工した。ここに関してはオリジナルのままならスムーズだったと信じたい。

 次に困ったのがバックラッシュの調整。2枚目のようにネック側ベアリングのプリロード調整ナットに隠れてウォームホイールの位相調整が出来ない。ナットを外すとネックベアリングにガタが出るし、そもそもこの状態はテールベアリングを外して居るわけで、正常な調整など出来るはずがない。
03133  仕方ないから何回も何回も調整と組立と分解を繰り返し、何とか妥協点を見つけて組み上げた。私が用意したドライバでギュンギュン回る。行けるかな?と思った瞬間。でもそれは長く続かなかった。
 しばらく馴染み運転してから再調整し、そして各部の状態を測定していた時のこと。今度はウォームホイール側に問題が出てきた。
 ホイールの位置でバックラッシュが違うわけ。慎重に調整したら360度の2/3くらいはバックラッシュレスの状態に持って行ける。でも残りの1/3くらいはバックラッシュが出てしまうわけ。3枚目のように測定してみると、最大で0.08mmもガタが出る。
 うーん。。。という感じ。うちの製品はいい加減なヤツばかりだけど、流石にこれは駄目だろう。0.08mmだと国産の普通のウォーム減速機の方が少ないし、そっちはこんなに1回転毎に差が出たりしない。しかもホイール側に砲金系が使って有ったりして材質面も安心できる。
 偉そうな事を言える様な会社じゃ無いけど、今のままだとうちの基準に達してませんわ。としか言い様が無い。ただしばらくしたら品質が改善して居るかもしれないので決めつけは出来んけどね。

| | コメント (2)

«隠蔽力が低いなあ