2020年1月20日 (月)

中三日で再登板

 午前中は銀行とか役場に行って事務的な処理をしてきた。今日中に出来ることに関してはほぼ終わり、あとは郵便局からの最終的な書類が来てから妹と相続の手続きをしたらお終いの予定。

 午後になって少しだけ仕事をして居たら驚く電話がかかってきた。数日前の葬儀に来た親戚の婆さんが死んだと。
 80代とか90代が沢山居るから当然と言えば当然だけど、杖も無しでギリギリ自分の脚で歩いていた婆さんが死んだのは驚く。そしてほぼ同じメンバーで再び葬式をする事に何とも言えん気分に成る。
 しばらくしてふと気が付いた。49日も一周忌も重なるじゃ無いかと。そして2月の中旬には別の爺さんの一周忌が予定されている。3連チャンが延々と続くのか(笑)。考え方以前の問題として参加者の体力的に無理かもしれんな。
 夕方になってもう一つ不安な気持ちが出てきた。家の近所の小組合だけで入院中の年寄りが4人も居る事に気がついたから。別の小組合まで入れたら何倍にも成る。。。なんか凄いことに成るぞ。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

胡蝶蘭は開店の匂い

01191 葬儀屋が生花の残りを持ってきてくれた。爺さんの時はでっかい籠みたいなヤツでスペースを取って往生したけど、今回は胡蝶蘭の鉢なので少しだけ小ぶりで上品だ。
 ミニ祭壇の両側に並べてみたけど、なんか友達の美容室の開店祝いみたいな感じ。まあ寿命を全うしたんだからあの世での開店祝いとでも考えたら良いか。

 今日の夜までで全員が帰っていった。まだ残務処理が残っているけど少しだけホッとする。帰っていったヤツらもそれぞれにホッとしていると思う。時間とお金を使わせてしまって申し訳ない。そしてありがとう。まあ私が原因じゃ無いから私を恨まんでおくれ(笑)。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

今回も白骨号で斎場へ

01181 葬儀の当日。前回は12:00開式だったけど今回は11:00開式と早めた。これは火葬と初七日をやって食事までやると、家に帰る時間が遅く成りすぎた経験から。
 今回も白骨号で行った。3年間に無常の風に吹かれずに良かった。これからも頑張っておくれ。

01182  開式前に親族で「おとき」を食べる。前回は豪華なヤツにしたら多すぎた。その反省から安いヤツにしたら丁度良い量だった。
 開式が11:00スタートなので09:00頃から食べられる。これも朝食代わりに成るので11:00スタートの方がメリットが大きい。

01183  うん、通夜の時と変わり映えがしない。






01184  葬式は1時間で終わり後は火葬場へ。昔の火葬場に比べると雲泥の差。でも何となく味気ない気もする。




01185 焼き上がり?までは退屈。
 終わったら斎場まで帰り、初七日の法要の後で食事をして解散となった。



| | コメント (5)

2020年1月17日 (金)

通夜は滞りなく

01171 正月に重なった爺さんの時に比べて、全てが順調というか普通通りの段取りで進んだ。
 小ホールにしたことで、お花の並びとか椅子の数とか心配していたけど悪くない感じにまとまっている。このホールだと生花は左右で5セットくらい、椅子は最大で60脚くらいが適値とか。
 受付は通常なら部落の人に頼むけど、家族葬としたので息子や姪達に頼んだ。しっかりと仕事をしてくれる。もう私達の代がいつ死んでも大丈夫だ。
 通夜式は1時間弱で終わった。親類だけに軽い食事を出して今日の所はおしまい。人数は40名から50名くらいだろうか、ほぼ予想通りで良かった。一番心配していたのは人が多すぎて椅子が足りなく成る事だったから。

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

同調圧力は嫌い

01161 爺さんの時は婆さんの希望も考慮して普通の葬式にしたけど、今回は小ホールの家族葬とした。
 この辺りの田舎でも自宅葬は少なくなった。私がこちらに帰ってきてからだと自宅葬は20件に1件くらいだと思う。それ以外は全部斎場での式。通夜も通夜式の形式。
 ただ自宅葬の形式が残っていて同じ組合は手伝いをする。通夜の日は半日くらい、葬儀の日はほ1日弱潰れてしまうのが今の通常のやり方。そう言うのは自分が面倒であったり、他人に面倒をかけたり、意味が無いと考える人が出てきて家族葬という形で小さく葬儀を済ませる例もポツポツと。
 家族葬にも二つくらいの段階?が有り、最もシンプルなのは「会葬をご辞退します」と言う文面と共に連絡が回ってくるヤツ。これだと親族しか来ない。
 次が単純に「家族葬」と言う文面を付けて連絡を回すヤツで、これだと親族と凄く近い知人と極々近所の人しか来ない。今回はこの形式。爺さんの時は普通に連絡を回して200人弱の式だったけど、今回は100人以下に成るかな?全く解らんなあ・・・と言う気持ちで決めた。

 ここは日本、さらに田舎なので今までのやり方を変えようとすると反発も有る。五月蠅い親戚とか、仕切りたがりやの近所の爺婆とか。でも今回はその辺りからの明確な反発は無かった。ここに帰って来てから積み上げてきた「うるせーバーカ」と言いかねない立ち位置が効いてきたのか(笑)。
 唯一反発というか同調圧力を感じたのか依頼をしたお寺から。やれ「家族葬だとあとあとお参りが続いて逆に面倒に成るよ」とか、「ちゃんとしてやった方がお母様も喜ぶ」とか言うわけ。まあ面倒かどうかは自分が考えて一番エネルギ消費が少ないやり方を選べば良いけど、「ちゃんとした・・・」の方はカチンと来る。
 婆さんはどちらかというとこの手の言い方や同調圧力をかけてくる方だったので、私は小さい頃からこの手の圧力が大嫌いだった。別の言い方をすれば素直な子供では無くて捻くれて居た。
 今回も同じように「ちゃんとしたほうが・・・」と言われてしまい、少しだけ迷いが有ったけど「絶対に家族葬で進める!!!!」と決意した次第。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

寿命

 今日の夕方、やっと・・・とか書くと不謹慎だと怒られるけど(笑)婆さんがあの世に行きました。病院の先生が「相当丈夫な身体だったんでしょうねえ・・・」と言うくらい、最後の粘りが凄かったので「やっと」と言う言葉はあながち間違っては居ないと思う。
 12月の20日くらいだったと思うけど、手足がむくんで点滴が入らなくなった。先生から最後の説明が有ってクリスマスが葬式かな?と思っていたら命が繋がり、餅つきかな?と思っていたらさらに命が繋がり、正月かよ?と思っていたらまだまだ終わらず、正月気分が抜けても更に生き続け、4日ほど前から水も飲めなくなって、ようやく今日になって命の火が消えた。
 全然苦しんだり痛がったりせず、静かに枯れるように終わった死に方は、ある意味理想の死に方かもしれん。寿命という言葉に「寿」の字が入っている事に違和感を覚える事が有るけど、こんな死に方なら「寿」の字こそ相応しい様な気がしてきた。

 と言うわけで、これから数日間は仕事に成らんし連絡が付きにくく成ります。御免なさい。葬儀は家族葬を予定して居ますので、色々な知り合いの方はお気遣い無くお願いします。

| | コメント (7)

2020年1月13日 (月)

値段には訳がある

01132 福祉車両のリフト修理。電力用のカールコードが来たので組み上げた。
 コードは高いだけ有った、しっかりしているし外周部は滑りの良さそうな材質とコーティング?がしてあって取り回しがしやすい。そして内部の素線は凄く細いのが使ってあり、繰り返しの曲げ伸ばしに長寿命が期待できそう。
 古いのを切った感じでは、オリジナルで使ってあったコードよりも今回手配したコードの方が上等で耐久性が有りそうな気配。もし次回が有ったらこれに交換しよう。
01131  カッチンカッチンと巻き上げる電気機械式の時計。油が固まって居るだけと思ったら、中間くらいの軸の先端が折れている感じ。
 ロレックスの高級品ならマジの時計屋が削りだして作るんだろうけど、どうするのが良いのか解らん。
 取りあえず細い部分の手前でテーパに成っている部分で止まっている。ガタは有るけど動く範囲。少しだけガタを小さく調整して、掃除して極圧性の高い油を挿したら動き出した。
 うーん、これじゃ点検とインチキ修理の費用しか貰えんな。。。

バイク 12km

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

4倍はキツイっす

01124 古いポルシェのエンジンが止まって再始動不可。オリジナルがポイント式かCDIか解らんけど、今は国産社外品のフルトラに交換がしてあった。
 車上で試験してコイルもユニットもダメっぽいのが解ったので持ち帰った。帰って測定するとコイルが死んでいる。良く見ると破裂していた。

01121  ユニットも試験機と別のコイルで試すとダメ。オンオフはしているけど逆起電力のピークが50Vくらいしか行かない。メインのトランジスタかクランプ回路が死んでいる感じ。
 ケースを流用しようと思って充填物を撤去し始めて後悔、メチャ硬い。解析する気も部品を流用する気も無かったけど、基板のパターンを見る限りでは定電流制御は行われて居ない感じ。メインのでっかいトランジスタと、小さなトランジスタが2個しか無いから。メインの駆動用とデスビからの信号処理かな、セメント抵抗はメインのベース抵抗か?。
01122  休み休みやって半日かかった(笑)。こんな事ならケースを買った方が良かった、ハハハ。
 休みの間にスペックを調べると、このユニットの駆動能力は2Ωまでと成っていた。それに対してメチャ強そうな0.5Ωのコイルが直に付けてあった。コイル成分を無視して計算したら4倍か・・・流石に破裂するわな。

01123  どんなコイルを使うことに成るか未定だけど、6気筒で1コイルはドエルタイム的に楽じゃ無い。かといってドエルコントロールまで入れるとマイコンが必要に成る。
 少し悩んで最大電流を規制するだけにした。それならこのユニットの価格程度で作る事が出来るし、激しいコイルを付けても破裂まではしない。
 ただ低回転域でドエルタイムが過大気味に成るので、あまりに激しいコイルは使えないと思う。
 まあ、オリジナルよりは高性能な物に作り替える事が出来る感じ。あとは部品の手配と作業だけ。

バイク 12km

| | コメント (1)

2020年1月11日 (土)

ブッチャーナイフとErr-C

01111 例のBBQ動画に影響されてこんな物を買ってしまった。ブッチャーナイフと言うらしい。ピットボーイズのマークが入ったのは1万円以上するので、マーク無しで2,000円台のヤツにした。アメリカでは10ドルちょっとで買える一番安物のナイフ=包丁らしい。
 ヤツらは10インチモデルを使っている感じだけど、25cmと言えば短めの刺身包丁、流石に長すぎる気がして7インチモデルを選択。
 メールを送ったら長男が反応した。彼は私の変な物に反応する部分を引き継いでいる。次男は私の捻くれた物の見方を引き継いでいる。三男は私の骨格バランスを引き継いでいる。それぞれに謝りたい気分だ。
 日本語ではなんと呼ぶべきだろうと考えた。肉切り包丁とは違う。屠殺包丁ではちょっとキツイ。解体包丁くらいのニュアンスかな。

01112  一昨日の昼飯時に変なオッサンが電話してきて、仕事と昼食の邪魔をした。お世話になった先輩だけど、こうやって書けと言われたので書いておこう(笑)。
 そのお詫びというか、チャージの高い私の相談料として、今日に成ってミツトヨのノギスが送られて来た。流石に先輩は人間が出来ている・・・と思ったらエラーが出たジャンク品だった。誉めて損したわ。
01113 でも日頃の行いが良いので、基板まで分解してパーツクリーナ漬けにしたらあっさりと治ってしまった。これ1万円以上するヤツだ、毎回だけど神様ありがとう。



01114  常用しているMonotaROのノギスと比べてみた。MonotaROの方が字が大きいけどコントラストが弱い。ミツトヨの方がコントラストがハッキリしていて読み取りやすい。この辺りが値段の差かな?。


01115  デジマチックとかアブソリュートとか良く解らんけど、誰が見ても「男前MonotaRO」の文字よりカッコイイし信頼感がある。
 これからは人前ではミツトヨの方を使おう。スライドの滑らかさもミツトヨの方が良いし。


スイム 1.0km

| | コメント (4)

2020年1月10日 (金)

鋳肌にベアリング?

01101 単純なO/Hで済むと思っていたポルシェ356用のダイナモ。少し気になったのはロータまで入れ替えて12V化してある所。
 分解してみるとロータ外周に擦った跡が。



01102  相手の界磁鉄心にも擦った跡が。






01103  Brg.がグラグラする。分解したらホルダがなんかおかしい。Brg.外周も一部しか当たってないし、押さえの板も妙な当たり方。




01104  Brg.外径は35.00mmだけど、ホルダの内径は2段に成っていて小さい方が35.61mmもある。





01105 大きい方は更にガタガタで36.90mmも有るではないか。しかも鋳肌に見えるぞ。





01106  反対側を見てみると、大きめに穴加工して波板みたいなリングで支持がしてある。この手の方法はモータとかでも時々見る。 樹脂とかゴムのリングが間に入っている構造。振動とか微動の対策かな?と思うけど、良く解らん。


01107  37mm+αまで中ぐりして、






01108 1mmのアルミ板でリングを作って、






01109 適当に圧入してOKとした。完璧じゃ無いけど元よりは良いしロータの接触も無くなった。まあ良いでしょ。

| | コメント (2)

«電力用カールコードは高い