2018年1月21日 (日)

明大生とは好みが合わん

01211 今日の昼飯はお土産で貰っていたカップ麺。明大生が企画して明大の生協?で売っている「トマトらーめん」を食べた。
 居ないとは思うけど、東海・関西の人で目の不自由な人が音声読み上げで見ていたら誤解すると思うから追記しておこう。今日の「めいだい」は名古屋大学じゃ無くて明治大学の事です。
 で、感想は明大生とは味の好みが合わん(笑)という一言。九州人だから豚骨しか認めんのやろう、とか言われそうだけど、関西人の嫁さんも美味しいとは言わなかったのでそんなに偏った感想じゃ無いと思う。不味くは無いのだけどトマト味のスープパスタとでも言ってくれたら納得する味だった。
01212
 ラーメンを食べた以外は朝から晩まで薪割りばかりしていた。例の親戚の家を解体した廃材を、チェンソーで玉切りしては割ることの繰り返し。
 流石に斧で1日中は効率がガタ落ちなので薪割り機を使う事にした。でもこれを庭まで引き上げるのが一苦労。何時かは安い運搬車と組み合わせて、下にキャタピラを付けて自走式にしたいな・・・と思っていたのだけど、思っただけで何もしてないからこんな時に凄く苦労する。
01213  今日は坂道を引き上げる方だったからまだ良いけど、庭の作業が終わって定位置の下の土地に戻すときが問題だ。かなりの急坂なので危ない気がする。薪割り機に引きずられて骨折とか笑われる。なんか考えないと。
 薪はかなり割れて裏に設置している常用の薪棚がほぼいっぱいに成った。明日以降に割った分は下の土地の一次乾燥用仮設薪棚に持っていく事になる。
01214  肉体的にはかなり疲れたけど、いっぱいになった薪棚を眺めていると生活に対する安心感みたいなモンが沸いてくる。民俗学だったか古民家の本だったか忘れたけど、「嫁に出す時は、相手の家の木小屋に十分な薪が有るかチェックしろ」みたいな事が書いて有った事を思い出す。薪を使う生活をしていると、その言葉の意味というか重さが実感として解る。
 今回の薪は100年以上も室内で乾燥を続けて居たわけで、雨とか壁土を洗った水で表面は濡れているけど凄く良く燃える。柱に使ってある杉や檜は直ぐに火が着いて直ぐに燃え尽きてしまうけど、梁に使ってある松?は適度な火力と適度な火持ちで具合が良い。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年1月20日 (土)

デジタルフォトフレームの時計

10201 午前中はスイミング。今月はバタフライ月間らしいけど、一番難しかったのは背泳ぎから背泳ぎへのタッチターン?だった。正式名称は良く解らんけど、クルッと前転するやり方じゃ無くて、平泳ぎのターンみたいに手をついたら斜め横方向に回るヤツ。
 全然できん。こんなに出来ない練習は久しぶりだ。実際に身体を動かしても出来ないけど、説明を聞いても頭の中でイメージがまず出来ない。
 うーんとか唸りながら終わった後でも何回か練習をしたけど、いつもの様にターンの練習を続けてやったら気分が悪くなったので残りはグーのクロールに切り換えた。

10202  居間の時計を変えた。良くある柱時計からでっかい文字で日時とか曜日とか時刻が表示されるヤツに。何回か書いたように婆さんがアナログ時計を読めなく成ったみたいなのでその対策。古い時計はガレージにぶら下げた。
 もしかしたら時計が読めなくなった訳じゃ無くて、既に時間の概念が無くなっているのかもしれん。まあ今回の変更で何処まで症状が進んでいるかが解る。
 ちょっと面白いのはコイツは時計じゃ無くてデジタルフォトフレームと言われる表示器であること。それの制御用マイコンに時計プログラムが入っていて、でっかい文字の時計として動いているだけ。
 今風で成る程ねえ・・・と思う。でっかい時計用の専用液晶を作るよりも、汎用的な液晶パネルでデジタルフォトフレームを多量に作り、その一部は葬式のロビーで故人の写真を表示したり、田舎の爺婆に孫の写真を見せたりするのに使う。そしてその残りにはカレンダーと時計プログラムを入れて、でっかい表示の時計にしてしまう訳だ。
 マツダのエンジン工場で専用機を止めにして汎用のMCに切り換えている話を聞いたけどそれに近い発想かもしれん。汎用品の性能が十分向上してくれば、使い方を工夫するだけで専用品と同等の事が出来る。しかもフレキシブルだ。場合によってはコストも安い。

スイム 1.0km

| | コメント (0)

昔の木は太い

01191_2 昨日に続いて車の電装ネタ。今日のヤツはかなり古い自動車用DCダイナモで、これ用のレギュレータを修理したのだけど発電しないという事でダイナモもチェック&修理することに成った物。
 取りあえずモータリングで回るし、フィールドを励磁して軸を回せば発電はする。でもこれよりも直径が小さいBOSCHのダイナモよりも発電が少ないし、低速での立ち上がりがかなり悪い。

01192  こんな場合は「これだ!」とはっきり解る不具合は見つかりにくく、なんか調子が悪そうな箇所が見つかるかも?的な終わり方をする事が有る。そうなると嫌だなと思いながら分解した。
 直ぐに目に付いたのはフィールドコイル同士を接続してある箇所の絶縁補修。前の作業者が破損した絶縁被覆を補修していたみたいだけど、耐久性がイマイチだったのか長いタイボルトを入れる時に自分で引っ掛けてしまったのか具合が良くない。
01193  コンミュテータは綺麗だったけど、旋盤で削ってみるとかなりの凹凸が有る。全部で0.25mmくらい追い込んだ。ここに凹凸が有ると回転中にブラシの面圧が変化したり、最悪は踊ったりするからよろしくない。だから綺麗に磨くよりもまずは円筒度を確保する事が大事だと思う。
 もう一つ気になるのはコンミュテータにロータの巻線を接続する部分。以前にコンミュテータを削った際に接続部を変に削るというか押しつぶした感が有り、もしかして隣のセグメントと中途半端に接触してない?と言う感じ。金属的に接触してなくても、ブラシの削りかすなどで中途半端な接触はあり得そう。この部分をヤスリで綺麗に成型し直した。
01194  最後に痛み始めていた巻線をワニスで処理してロータはお終い。上記の配線接続部もワニスで表面を保護しておいた。テスタとか自作グローラでは正常と判断出来る状態に成ったけど、巻線もかなり痛んで居るからどうだろう。
 次はブラシホルダとフィールドコイルだ。

01195  廃材を2本ほど玉切りにして手斧で割った。最近は薪割り機を使うことが多かったので、大きな木を斧で割るのは久しぶり。割れたときと終わった後の爽快な疲労感が素晴らしい。なんか人生の?やる気も出てきた気がする(笑)。
 目測で梁の高さが40cmくらいあると書いたけど、元に成った木のサイズが気になったので中心からの直径を測定してみた。最後の写真で解るように半径で33cmくらい有る。単純に2倍だと66cmもの大木という事だ。まあ反対側の木目が詰まっていて20cmだったとしても53cmだからやっぱり太い。
 杉や檜じゃ無くて雰囲気的に松か何かのような感じ。昔はこんなに大きな木が沢山生えていて、それを人力で切り出していた訳か。。。凄いな。
 そう言えば昨年末のニュースで戦後に植林した杉や檜の1/3程度を元の広葉樹林に戻して行くとかやっていた。はっきり言ってバカだ。とにかくヤレと指示した政府も、それを聞いてただ必死で山の頂上まで植林していった田舎の爺さん達も、手入れが意外と大変だから放置してしまったその後の行為も。。。ぜーんぶバカだ。
 広葉樹林に戻す事は良いと思う。と言うかそれしか無いだろう。回りの植林された荒れた山を見て思う。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

ニッパの刃が折れた

01181 溜まっていたラビットのレギュレータが完成した。うちに入ってきた時の試験では、フィールドコイル用の接点が溶着していてかなり重傷と思われる状態。でもコイル類は全部生きていたのでやる価値は有るかな?と言う判断をした。
 1枚目でフィールドコイル用の可動接点とボディーアースに落ちる側の接点が溶着していた。どもタイミングでこの接点を閉にしても、間にフィールドコイルが入っているから溶着するような電流が流れるのはおかしい。
01182  何とか分離してアーム毎外したのが2枚目。右側が今回の接点で溶けて穴が開くほどの状態。やっぱり車体側に何か重大な問題が有ったか、一瞬で有っても作業者にミスが有ったとしか考えられない。
 2枚目の左側は交換用の接点。在庫のジャンクレギュレータから合いそうなヤツを捜し出して来た。これは接点がそんなに痛んで無いから使えそう。

01183  オリジナルと同様に銅のリベットを使って復旧。作業直後だからリベットの頭がピカピカしているけど、数ヶ月経てば何処を作業したか解らない位に馴染むはず。
 このレギュレータはこの部分以外も電流制限抵抗が破断していたのでそれも交換。最後に電圧を調整して完了と成った。
 部品単品の突発的な故障とか有るけど、今回の例はどう考えても周囲に何らかの問題が潜んでいると思われる。車両丸ごとの修理じゃ無いからその辺りが不明のままなのがもどかしい。
 良く解ってくれる依頼者なら車両側のトラブルシューティングもスムーズに進むのだけど、そうじゃ無かったり「レギュレータを修理したのに直ってない!」的な依頼者だとお願いしたチェックすらやって貰えない事が有るから前に進まない。
 まあ、この辺りは仕方ない。車の電装品に限らず、素人お断りで業者の依頼しか受けないという所が有るけど、そう言う依頼を最初から除外して被害を最小限に留めようという考えだろう。商売として或る意味正しいな。

01184  4枚目はプラスチック用の薄刃ニッパ。今回の作業中に刃先が片方折れてしまった。ユーミンがパールピアスで言っているように、ニッパの刃も片方無くなると役に立たない物の一つだ。
 反対側を研いだら使えそうだけど、先端の尖った形状が変わるからイマイチの状態に成りそうな気がする。これも広島時代から15年か20年くらい使っていたヤツだから、良い機会と買い換えても良かろう。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年1月17日 (水)

孤独のグルメ

01171 親戚の家を壊すことになり、その廃材を薪に貰うことになった。今日だけでも4トンダンプで2台分有るらしい。家が解らんので案内してくれと言う話に成ったので、私が現地まで行って1台目のダンプの助手席で案内する事にした。家から10kmくらいの場所だったから。
 ユンボに乗った社長が何回も「新人だから」とか「初めてだから」と言うのが少し心に残って居たけど出発。走り出して直ぐに意味が解った。自分でも言っていたけど4トン車とか初めて運転するらしい(笑)。
01172  平坦路でも時速30kmくらいしか出せないので、黄色線でもイライラした車から抜かれてしまう。家の前の坂では何回も落ちそうに成り、最後はクラッチを焼いたような臭いを充満させて任務完了。マジで何回も運転を代わろうかと思った。

 運転はハラハラドキドキだったけど話した内容は面白かった。兄さんの会社が忙しくて、定年退職したけど呼ばれて広島から手伝いに来て居るとか。
 私も広島に住んでましたよ・・・とか話が弾み、色々な話をするうちに家族の話になり、奥さんが店をやっているという話になり、小さな焼肉とラーメンの店という話に成った。話の流れというか場を盛り上げる意味が99パーセントで「テレビに出るような店ですか?」と聞いたら「はい、孤独のグルメで・・・」と。
 ハハハ、その番組は大晦日に見ていたよ。広島の話題だったけど「あの道は通らんなあ」とか話をしながら。行く可能性は低いと思うけど、今度広島に行ったら寄ってみたい。ちなみに広島ではまだ放映されて居ないとか。だから店は通常通りらしい。

01173  廃材は凄く立派で薪にするのが勿体ないくらい。2枚目のでっかい梁とか高さが40cmくらいある。明治時代の建物らしいけど、古い建物の材料は立派なヤツが多いなあ。
 いきなり来た多量の侵入者にちゃしろは少々ビビッている。下ろすときとか一番隅っこまで逃げて小さくなっていたし、下ろし終えた後でも中々廃材が見える所まで出て来なかった。
 散歩の時に怖々近づいて行って臭いを嗅ぎ、悪いヤツじゃ無さそうだと判断してからは少しだけ恐怖感が和らいだみたい。
 ゴメンね、ちゃしろ君。出来るだけ早急に処分しますんで。

バイク 12km

| | コメント (2)

2018年1月16日 (火)

滑りまくり

01161 志望校選びに頭を悩ませている受験生から殺されそうなタイトルだけど(笑)、我が家は受験生が居なくなったので気兼ねなく使わせて貰った。
 先日内部機構が妙な錆び方をしていると書いたポルシェの速度計。内部の錆に関しては物理的な方法で可能な限り錆を落とし、上塗り兼用のさび止めを塗って完了とした。これがベストかどうか判らんけど、あのまま放置とか磨いただけで組み直しよりは良かろう。

01162  この速度計の元々の症状はオドメータが動かないと言うもの。錆を取りあえず対策したらこちらの修理に着手しないといけない。
 入ったときは入力軸を回したらオドメータのリングも回って居たのだけど、ちょっと負荷をかけると滑り出して後は滑るように成った。前回と同じ箇所が怪しいと踏んで分解したら軸を指で持って空転する状態だった。ここは新品ギヤを持っているので交換して終了。
 これで終わりと思って組んで試験していると、やはり負荷をかけたらリングが回らなくなる。あれれ・・・と思って良く見ると今度は別の部分が滑って居るでは無いか。オドメータの数字が書かれたリングを回すリング。正確には何というのか分からんけど、一番端に有るアルミ?ダイキャスト製のリングと軸が滑っていた。
 どう処置するか悩んだけど、比較的軽傷なのとトルクが低い場所なので、軸にスプライン状のキズを入れて、更にロックタイトを併用して組み直して完了。
 いやあ、2箇所も滑るとは想定外だった。材質とか年数とか考慮すると、この手のトラブルはこれからポツポツと出てくると思われる。上手に早く処置できる様に色々と考えて試行錯誤しておこう。

 昨日はリハビリだったけど今日は婆さんの診察の日。昼に「2時15分頃に出ろう」と言っておいたら、1時台から外に出てウロウロし始めた。時計を見せて説明してもムッとした?顔で黙ってしまうだけ。
 先日の買い物の時に嫁さんが言っていたけど、もしかしたらアナログ時計が読めなく成ったのかもしれん。さらにもしかしたら時間の概念自体が無くなったのかも知れん。
 人が多いと嫌だなと思いながら病院に行ったら多かった。居るのは単独の爺婆と親族に付き添われた爺婆とインフルエンザの親子。それだけでも止めてくれよと言いたいのに、テレビでは「杉田かおるが激白」「母の介護で心身とも限界」とかやっている。ホントに止めてくれ!(笑)。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

ザックからお年玉

01151 夕方の散歩から帰ってきたら、八代のザックから封筒が届いていた。中を開けると小さな金色の犬が出てきた。おお、戌年だから犬のお年玉か、ありがとうザック。
 最初はちゃしろの首輪に付けようと思ったけど、アイツの散歩中の動きでは最初の1日で外れて行方不明に成りそう。だから私が何時も持ち歩いているウエストバックのジッパーに付けよう。
 ザックは八代保健所で殺処分寸前だった所を救い出された保護犬。清掃とか散歩などのボランティア活動をしている高野さんに飼われている。ちゃしろ2周年の時にも書いたけど、ちゃしろやザックの様に救い出されずに殺される犬が多数居る。本来なら野生で好きに生きて好きに死んでいくはずだったのに、現代生活を維持するために捕獲されて殺される。捕獲には肯定的な意見も有るかと思うけど、殺すのは人間のエゴでしかない。
 他の保護犬やこれから保護される犬達に幸運が訪れます様に、この御守りにお祈りしておいた。効くかな?。

01152  ザック繋がりでちゃしろの事でも書いておこう。彼は今、夜だけ玄関に入れられて居るのだけど、嫁さんの気分が盛り上がったタイミングで台所に連れてきて貰える。
 今まで見てきてちゃしろは一人が好きな犬なので、彼にとってもしかしたら飼い主と触れあわないといけない、鬱陶しい時間かもしれんけど(笑)。

01153  最初の頃に家に上げてみた事が有るけど、その時は各所を嗅ぎ回ったり走り回ったりで大騒ぎだった。それに比べたら最近は落ち着いて来た。
 そして来て直ぐは頭の後に手を回しただけで咬んだり嫌がって逃げたりしていたけど、今はされるがままでこちらもゆったりしている。でも時間が経つと人と距離を取った位置にそーっと逃げて行ったりして、基本的に一人が好きな事に変わりは無い。オマエは保護犬界のキアヌ・リーブスだ。
01154
 「儲かる物理」を一通り読んだ。物語じゃ無いから順不同で興味の有るところから読めるのは面倒が無くて良い。まあまあで悪くはなかったと思う。Amazonギフト券をくれた人ありがとう。
 著者と境遇が似ているからか、各所に共感できる事が多数有った。複式簿記を法人のエネルギと関連づけて理解するやり方は私もやっていたし、その他の話も「ウンウン」と思う事が多数。
01155  中でも一番同意なのは物理とか数学で「公式」とか「定理」とかを前提に考えちゃダメという部分。確かに今回の阪大の物理の問題でも、「固定端だから・・・」とか書いている人の文章は本質を理解していない事が丸わかりな物が多い。
 物理で「公式」とか言うヤツは解って無いと言うのは、私も小さい頃から思っていた事。状況に依っては先生に対しても感じていた。「ああ、内容を話さずにいきなり公式かよ・・・パッとせん先生やなあ」的に。
 で、儲かるかどうかに関しては、具体的にこうやると儲かるという話は無い。物理と経済を絡めたエッセイ的に捉えると良いと思う。唯一それっぽいのはブラックジャックの話くらいか。
 この章で私は、海外のカジノが日本の宝くじや公営ギャンブルに比べて期待値が凄く高い事を初めて知った。こんな調子だと日本でカジノが始まっても、低い期待値で胴元しか儲からない設定になるかもしれん。すると海外からの客なんか誰も来ない、来るのは今まで宝くじとか公営ギャンブルにお金を落としていた日本人。
 まあ仕方ない、宝くじの期待値とか言っても「お前は夢のない男やなあ」とか「買わんと当たらんとばい、解かっちょうね」とか言われる国だもんなあ、「カジノに行きもせんで、そげな屁理屈ばっかり言うな」とか怒られそう(笑)。

| | コメント (6)

2018年1月14日 (日)

農業用ドローンって高いな

01141 近所のクボタだったかイセキだったか忘れたけど、農機具の販売店がチラシを持ってきた。もうトラクタは買ったよと言ったら他の物も有るから是非来店してくれと。
 見ていくとドローンが2機種紹介されていた。そう言えばニュースで農薬散布をしているのが紹介されていた。これでヤマハのヘリも厳しくなるなと思って見た記憶がある。
 結構高いけどペイロードが必要だからこんなもんか、中国製の機体を改造して散布機構を追加した方が少しは安く自作できそうだなあ・・・と思って眺めていて気が付いた。1桁違って居ることに(笑)。
 良く見たら値段が20万じゃなくて200万!!だった。ハハハ、こんなのを買う百姓は居ないだろう。いや、狭い田んぼしか無くても500万くらいのトラクタを買っている家とかいっぱいあるから、みんなが買いだしたら一気に広まるかもしれんなあ。
 ヤマハのヘリが出たときもびっくりしたけど、あれもじわじわと田舎まで広まってきた。これは或るタイミングで一気に広まるかもしれん。1機が50万くらいまで下がれば。。。しばらくは面白い時代が続くかもしれん。しばらくは近代農業をチェックしておこう。

 嫁さんが休みなので朝のちゃしろの散歩は嫁さんが行った。コーヒーを飲みながらボーッとしていると婆さんが起きてきてウロチョロしている。いつもは10:00過ぎしか起きてこないのにどうしたんだろう?と思って居ると、08:30から買い物に行くと言ったのに嫁さんが居ないと騒ぐ。
 そんなことは無かろう。買い物は赤間のショッピングセンターに行くはずだから10:00頃に成らないと開かない。そう言う話をしたけど何回も「8時半ち聞いた」と繰り返す。でも嫁さんが居ないのは事実で仕方ないから、しばらくしたら諦めたみたい。
 いやあ、こりゃあ時間の感覚が全く駄目に成ってきたぞ。今の把握だけじゃ無くて約束の時間とかも全部滅茶苦茶だ。。。
 このまま行くと爺さんの最後の方よりも苦労しそうな気がする。爺さんの時は婆さんがまだ元気だったから或る程度は任せていた面も有るけど、今は任せる人が居ない。日常の小さな所がポツポツと手がかかったり心配になったりしたら、一つ一つは簡単な事でもトータルではボディーブローの様にジワジワ効いてきそう。はぁ。。。

バイク 12km

| | コメント (4)

2018年1月13日 (土)

前輪は細く後輪は太く

01131 午前中はスイミング。最初に4泳法のキックを8本というメニューが有ってかなり死んだ。最初のキックは体温が上がるメリットは有るけどその分だけ体力を奪われてキツイ。取りあえず全てで婆ちゃん達の先頭を泳いで面目だけは保った。
 基本はバタフライ。掻くときにもっと肘を曲げる事と、キックの時に踝以上まで水面上に出ているのが悪いと指摘された。どちらも修正しようとするけど身体が素直に動かない。これは時間が掛かりそう。
 終わってからは先週から出来ないグーのクロールを延々と泳いだ。歳なのと昔から運動神経ゼロと言われて居た事も有り、普通の人がやるように数本だけ練習するとかでは全然解らないし習得出来ない。キックでもそうだったけど、回りの婆ちゃん達を超えるだけでも、同じ練習を毎日毎日延々と繰り返した。はあ。。。

01132  インフルエンザとか正月とか色々有って書く機会を逃していたけど、白骨号のスタッドレス交換は割りと良い感じがする。良いと言うよりも夏タイヤから交換しても操縦性に大きな変化を感じなく成った。
 今までは夏タイヤから冬タイヤに交換すると、凄く回頭性が良くなったりこのままじゃスピンするんじゃ無いかと感じる事が多かった。でも今回のサイズ変更で夏タイヤとの差を感じずに運転する事が出来るように成った。
 今回の話は極端なリヤヘビーなんだから当たり前の事だけど、実際にそう言う組合せをやろうとしたらタイヤの選択肢が無いという難しさが有る。今年採用したサイズもフロントは比較的入手がしやすいけど、リヤは数年前にミシュランが一瞬だけ販売していたヤツくらいしか無い訳。そして今回もその古い中古を探し出して履いている。
 雪道のグリップは機体出来んけど、それでも夏タイヤよりは安全に走れると思う。そしてそれ以上に通常の路面での操縦性がニュートラルに近くなった事による安全性の向上が嬉しい。
 まあ実際の安全性に関しては、単純にタイヤの性能以上に運転者の技量とか気持ちとかの問題が大きいとは思うけど。

バイク 12km

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

ちゃしろラン倒壊

01121 嫁さんがちゃしろランが壊れていると言うから見に行ってみると、栗の木の枝が折れて下に落ち、その下に有ったランの金網を引き倒して居た。
 あらら、でも良く見たら金網は大して変形して居らず、蝶板として使っていた部分の針金が外れただけみたい。被害が最小で済んで良かった。
 これって柔な構造と言うよりも「ヤワ」な構造だったから助かったのかもしれん。しっかりと括りつけて居たり、しっかりした鈑金製の蝶板とか使っていたら横が大きく変形して居たと思う。いい加減な作業にもメリットが有るという事か。

 今日は婆さんのリハビリの日。15:00前に成ったのでそろそろ・・・と思っていると何か婆さんがバタバタしている。「そろそろ行くばい」と呼びに行ったら何と昼飯を喰っていた。最近は朝飯が10:00とか11:00で昼飯は食べないか食べても15:00頃が多い。確かにこんなタイミングに成るわなあ。
 取りあえず「リハビリばい」と言うと憮然とした顔でメモを指さして「次は12日ち書いりゃある!」と言う。確かに8日は祭日で休みとか12日は平常通りとか書いてある。リハビリの女の子が手書きで作ってくれたみたい。ありがとう、役に立たなかったけど(笑)。
 目の前の新聞を見せて「今日が12日」と言うと更に憮然とした顔をして黙ってしまった。少しだけ説明を試みたけど納得しない感が有ったのであきらめ、そのまま昼飯を食べて貰うことにして病院には休むと電話した。
 うーん、日にちとか時刻の感覚がますますグチャグチャに成って来たなあ。それにしては介護認定の人が来たときは日にちも曜日も正解するのはどうしてだよ!!(笑)。本当に世の中の人が言うとおりの劣化をしてくれて悲しいような嬉しいような気持ちだ。
 もうしばらくしたら間違いなく私が、婆さんの物や金を盗むように成るね。その時はちゃしろに慰めて貰おう。車に乗って若者を殺さないだけマシだ。

バイク 15km

| | コメント (0)

«おまえは寒くないのか?